「最優秀脚本賞」タグアーカイブ

「アマンダ(原題)」第31回東京国際映画祭コンペ最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞W受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品「アマンダ(原題)」が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!!


審査委員長 ブリランテ・メンドーサ監督 コメント
本作は、一見シンプルに見えるものの決して単純な作品ではなく、私たちの心をとても強く惹きつけ、複雑な人間の感情を映画として体験させてくれる素晴らしい作品だ。

ミカエル・アース監督 動画コメント
受賞に慣れていないのに二つも受賞し、しかもひとつはグランプリと、大変幸せで誇りに思います。一緒に映画祭に参加したプロデューサーのピエール・ギュイヤールとこの賞を受賞した喜びを分かち合います。そしてヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレーらの俳優たちとも。観客のみなさんとは、作品上映後に素晴らしい議論が交わせました。地球の反対側くらい離れていても映画が人々を感動させる、これ以上大きなご褒美はありません。みなさんの情熱と寛大さに感謝します。改めてメンドーサ監督、そして素晴らしい審査員のみなさんのご厚意に感謝します。同席できないことが残念ですが、また日本でみなさんと再会して交流し、議論できる日が待ちきれません。

映画情報どっとこむ ralph 美しいパリを舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく丁寧に紡いだストーリー、そして全ての人びとの心に寄り添う普遍的なテーマが評価され、見事W受賞へと輝いた。

「アマンダ(原題)」原題:AMANDA

は、来年2019年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開する。

便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。

ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していくストーリー。

今年フランスで主演作が3本公開される大注目の若手俳優 ヴァンサン・ラコストを主演に迎え、恋人役には『グッバイ・ゴダール』のステイシー・マーティン、さらにアマンダ役には今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトゥリエが好演している。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ
撮影監督:セバスチアン・ブーフマン
音楽:アントン・サンコー

出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、

ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ 

2018 年/フランス/107 分
配給:ビターズ・エンド


チェルシー映画祭で『最後の命』最優秀脚本賞を受賞!



アメリカNYで開催されていた「チェルシー映画祭」のコンペ部門に出品されていた、

『最後の命』

が、<最優秀脚本賞>を受賞しました。邦画として初出品での初受賞。

松本監督にとっては、初の映画祭出品での受賞となりました。

最後の命
松本准平監督<松本准平監督>
新進気鋭の作家たちによる、本質を問う素晴らしい作品たちの中で、今回の賞を受賞できたことを大変誇りに思います。中村文則さんの原作の素晴らしさはもちろん、脚本に一緒に取り組んだ高橋知由さん、そしてこの映画に関わってくれたすべての方々に心から感謝し、今回の受賞の喜びを分かち合いたいと思います。


<原作者:中村文則氏>
素晴らしい映画は国境も文化の違いも越え人の心に深く届きます。才能に溢れたこの映画の関係者の全ての人に、心からの敬意を込めて祝福の言葉を伝えたいです。本当におめでとうございます。

映画「最後の命」

芥川賞受賞後、米国文学賞受賞等世界が注目する作家 中村文則。

その初の映像化作品が「最後の命」。
過去に傷つく彼らに起きた事件 その真相は生きる理由に「最後の命」なるとは―

幼少期に凄惨な事件に巻き込まれた桂人と冴木。事件の記憶に苛まれながら成長した二人が再会 した夜、桂人の部屋で顔見知りの女が殺される。取り調べを受ける桂人に刑事が告げた「冴木裕一を知ってるね。奴は全国指名手配中の容疑者だ」。

最後の命2
幼少期のあの事件の時、冴木は何を感じ、何を抱えて生きてきたのか。そして何の為に桂人に会いにきたのか。ラストに明かされる衝撃の真実。

“最後の命”この言葉の意味を知った時、あなたは何を思うだろう。

映画『最後の命』

11月8日(土)新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開です。

公式 ホームページ http://saigonoinochi.com/

********************************************************************


アメリカNY「チェルシー映画祭」
開催地/アメリカ ニューヨーク チェルシー  
会 場/SVA Theatre
日 程/10月16日~10月19日 ※現地時間

映画『最後の命』
出演:
柳楽優弥 
矢野聖人 比留川游
内田慈 池端レイナ 土師野隆之介 板垣李光人
りりィ 滝藤賢一 中嶋しゅう
原作:中村文則「最後の命」(講談社文庫)
監督:松本准平
配給・宣伝:ティ・ジョイ
©2014 beachwalkers.
 


『渇き』『かぐや姫の物語』米ファンタスティック映画祭で受賞!


現在アメリカ・テキサス州、オースティンで開催中(9月18日~25日)のファンタスティック映画祭において米国時間の23日夜に行われた授賞式で、

中島哲也監督『渇き。』が最優秀脚本賞を受賞!

高畑勲監督の『かぐや姫の物語』は観客賞を受賞!

日本映画が2つの部門で受賞しました!

ファンタスティック映画祭とは
アメリカ・テキサス州オースティンで毎年開催されるジャンル映画祭。
スペインのシッチェス、カナダのファンタジアと並ぶ世界三大ファンタ系映画祭の一つ。アメリカ最大のジャンル映画祭として人気が高いものです。

因みに、その他受賞作について下記になります。
Fantastic Features部門 
作品賞:「ALLELUIA」ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督 
(ベルギー/フランス)  
監督賞:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督 「ALLELUIA」 
(ベルギー/フランス)  
男優賞賞:ローラン・リュカ 「ALLELUIA」 
(ベルギー/フランス)  
女優賞:ロラ・ドゥエニャス 「ALLELUIA」 
(ベルギー/フランス)

「ALLELUIA」が4冠!観てみたいですね。

********************************************************************


『渇き。』『渇き。』 出演:役所広司 小松菜奈      
   妻夫木聡 清水尋也 二階堂ふみ 橋本愛 / 國村隼 / 黒沢あすか 青木崇高 オダギリジョー / 中谷美紀

監督:中島哲也 
脚本:中島哲也 門間宣裕 唯野未歩子 
原作:深町秋生「果てしなき渇き」(宝島社刊)
企画:ギャガ/リクリ 
製作:ギャガ/リクリ/GyaO!/TSUTAYA
制作プロダクション:リクリ 
配給:ギャガ
(C)2014「渇き。」製作委員会