「暁に祈れ」タグアーカイブ

ジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督ファンの松江哲明監督『暁に祈れ』トークショー


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイトロッテン・トマトでも驚異の96%(2018年8/1付け)という高評価を獲得した戦慄の実話アクション『暁に祈れ』が、12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国にて大ヒット公開中です!

映画の公開を記念して、12/15(土)にヒューマントラストシネマ渋谷にて、本作を絶賛する映画監督の松江哲明さん、ライター・デザイナーの高橋ヨシキさんによるトークショーを行いました!
日付:12/15(土)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:松江哲明、高橋ヨシキ

映画情報どっとこむ ralph 松江哲明監督は、本作のジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督の前作にしてリベリア反政府軍の少年兵達の姿を実際の元少年兵達に演じさせた大傑作『ジョニー・マッド・ドッグ』日本公開当時に衝撃を受けて以来の監督作品のフォロワー。

その上で、『暁に祈れ』を観た時の感想を

松江監督:『ジョニー・マッド・ドッグ』の監督の新作なら必ず観ないといけないと思っていて、観た感想はいい意味でのぐったりです。

と振り返ると、

高橋さん:監獄映画は『ミッドナイト・エクスプレス』とか色々あるけど、この映画は異常な迫力がよかった。自分では体験したくないことも沢山体験できて、「スター・ツアーズ」みたいなまさに“ライド映画”

と本作の魅力を語ります。

松江監督:『ジョニー・マッド・ドッグ』もまさにライド映画。乗りたくないけど乗っとかないといけない、疑似体験映画で本当に凄かったから、次はどんなものを撮るんだろうと待っていたんですが、『暁に祈れ』まで10年ぐらい経ってしまって。この監督はバンバン撮るんじゃなくて、自分でじっくり取材したい人なんだなと。

と両作の共通点を挙げる。

ソヴェール監督作品の特徴として

松江監督:体験した当事者に演技をさせるんですよね。

と紹介。

高橋さん:例えば『タイタニック』で船が沈没しても誰も沈んだことは実感しない。(有名な俳優など)知っている人がいることでライドの妨げになる。

と、本作で実際の元囚人を多くキャスティングしたことにより観る者が得られる“没入感”が増すことを指摘。一方で、

高橋さん:この映画に出てくる元囚人達はFacebookで探したというけど、実際はこんなに入れ墨を入れまくっている人ばっかりじゃないだろと(笑) そこはちょっと盛っているよね。

とツッコミも飛び出す。

原作者であるビリー・ムーア本人が映画のある場面に出演していることについて

松江監督:こうきたか…という。観る人には地獄のような壮絶な経験をさせる一方で、映画というものを(映画の題材である)本人にとっての通過儀礼としても捉えているんだろうなと思いました。この監督の映画はこれからも観ていこうと改めて思いました。

と熱く語る。


映画情報どっとこむ ralph 高橋さん:バイオレンスシーンの描き方は、それを嫌いと思っている人とそうでないかで差が出ます。ハリウッドではCGとかでごまかしてむしろ暴力をよしとする向きもあるけど、この映画では殴られた顔がパンパンに腫れちゃって、監督は本当に暴力が嫌いなんだろうな。

と、暴力描写の描き方を指摘。

松江監督:殴られたら本当に痛いのよと伝える意味で、バイオレンス映画を作るならこういう方向性は正しいですよね。

と同意する。さらに、実際の出来事を映画にしていることについて、

高橋さん:『ジョニー・マッド・ドッグ』もそうだけど、本当に経験した人に話を聞いてそれを演じてもらっていて、映画のセリフも含めてとても想像では描けないことが入っている。

と指摘。

松江監督:途中で話が逸れていくことがあるけどそれが本当のことだからで、それがこの監督ならではの面白さなんです。

と続けると、

高橋さん:特異な経験をしている人達は話を盛るのが本当に上手い(笑) 2作とも監督がそれを上手くすくい上げて映画にしているんでしょう。

と、ソヴェール監督のコミュニケーション能力の高さを指摘。


その上で、松江監督は主人公ビリーについて

松江監督:ビリーはまさに3歩進んで2歩下がる状態で、ちょっとずつクリアしてもまた失敗して、物語がどっちに転ぶのか分からないという魅力。実話だから死んではいないんだけど、映画を観ていてこの人死ぬんじゃないか…と思わせてくれる。そのまどろっこしさが、監督いいな…って。

とソヴェール監督をべた褒め。

高橋さん:この監督の映画は、観る側が先回りして安易なオチを考えても無駄かもしれない(笑)

と同意する。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

高橋さん:就職、転校、誰かの結婚式、友達に誘われたクラブ…これらは言ってしまえば刑務所に入るのと同じ経験(笑) この映画の牢名主みたいな奴がいて、“ほら新入りが来たぞ”を見られる機会ばっかりでしょ? 僕らは殺伐とした時代を生きているんです。

と持論を展開。

松江監督:自分の身にもしも何かあった時に、この映画を観たことが活きてくるかもしれない。この映画は“どんな状況でもやっていくしかない”映画。映画がそれを描いてくれていると、それに感謝する時が来るかもしれないですね。

と同意した。

映画情報どっとこむ ralph 汚職や殺人が蔓延し“地獄”と呼ばれる実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。

地獄に落されたアウトローが人間性をはく奪されながらも、ムエタイを通じて光を見出していく、さながら監獄版「あしたのジョー」のようでありながら、<撮影場所は本物の刑務所><キャストのほとんどが本物の元囚人><クライマックスは約3000人の囚人エキストラが集結>など、ヤバい注目作です!

『暁に祈れ』
原題:A Prayer Before Dawn

公式サイト:
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/ 

TWITTER:
@APBD1208

ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国大ヒット順次公開中!

【ストーリー】
ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。ベストセラー自伝小説をベースにした真実の物語。

***********************************

監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール『ジョニー・マッド・ドッグ』
原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand’s Prisons」
出演:ジョー・コール『グリーンルーム』「ピーキー・ブラインダーズ」、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』、ソムラック・カムシンほか
2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分
日本語字幕:ブレインウッズ
提供:ハピネット+トランスフォーマー  
配給:トランスフォーマー
© 2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS 


『暁に祈れ』実録!タイの刑務所24時:特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイトロッテン・トマトでも驚異の96%(2018年8/1付け)という高評価を獲得した戦慄の実話アクション『暁に祈れ』が、12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかにて全国公開となります。

汚職や殺人が蔓延し“地獄”と呼ばれる実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。地獄に落されたアウトローが人間性をはく奪されながらも、ムエタイを通じて光を見出していく、さながら監獄版「あしたのジョー」のようでありながら、<撮影場所は本物の刑務所><キャストのほとんどが本物の元囚人><クライマックスは約3000人の囚人エキストラが集結>など、この冬一番ヤバい注目作です!


映画情報どっとこむ ralph 『暁に祈れ』<実録!タイの刑務所24時>特別映像解禁!“ヤバさ”全開なエピソードを紹介

この刑務所で繰り広げられる“ヤバさ”全開のエピソードが次々と明らかになる、題して<実録!タイの刑務所24時>特別映像が解禁となります!

この刑務所に収監された唯一の白人である主人公ビリー・ムーアの視点を通して描かれるのは、超過密の大部屋で寝返りを打つと隣の人にぶつかってしまうようなすし詰め状態の中、朝起きたら隣の人は突然死/牢名主による“新入りへの洗礼”ともいうべき強制腕立て伏せ(妨害、ひやかし付き)/薬物の斡旋と引き換えに、商売敵である同僚への暴行を強要してくる看守/観ているだけでも生きた心地がしなくなる“恐怖の殺人予告”・・・と、思わず「タイの刑務所だけには入りたくない」と思わされるような驚愕のエピソードの数々だ。


『ジョニー・マッド・ドッグ』でリベリアを舞台に暗躍する反政府軍の少年兵たちの姿をバイオレントに描き、世界的評価を受けたジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督が本作の監督を引き受ける条件として提示したのが「タイで、実際の刑務所で、実際の囚人を起用して撮影する」という徹底したリアルの追求だった。撮影には1年ほど前まで実際に刑務所として使われていた場所がロケ地として使われ、囚人役のキャスティングにはFacebookのプロフィール画像をもとにスカウトを続けるなど特に時間をかけたという。そして、演技では完全に素人である彼らに、演技指導をする代わりに刑務所内での自身の経験を語ってもらうワークショップを行った上で、それが劇中のエピソードとして多く盛り込まれた。こういった<リアリティではなくリアル>が詰め込まれた、この映画ならではの戦慄の一端を味わえる映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph 一方、そんな獄中をサバイブしていくことになるビリーを演じたのはイギリスの新星ジョー・コール。共演者のほとんどがごまかしのきかない実際の元囚人であることは、俳優として大きなチャレンジといえる中で、ボクサーを演じるために何か月もの肉体改造のすえ鋼の肉体を手に入れ、孤軍奮闘するビリーを熱演している。そのジョー・コールが、現地時間12月2日に発表された本年度英国インディペンデント映画賞で主演男優賞を受賞!カンヌ国際映画祭男優賞作『ビューティフル・デイ』でのホアキン・フェニックスを抑えての受賞という快挙だが、同映画祭の授賞式に出席したジョー・コールは、授賞にあたってのスピーチで「この役を演じるにあたっては多くの準備が必要でした。僕は、ボクシングや麻薬中毒者について、学ぶ必要がありました。でも、ぜひとも挑戦してみたかったんです。僕は長い時間をかけ狂ったように練習し、タイの人たちから厳しい指導を受けました。毎日ボコボコにされていましたね。まるで毎日、一日の終わりに日銭をもらうような感覚の撮影でした。僕はリラックスして演技に取り組むことが多いんですが、この映画では違いました。撮影が終わって、やっと帰りの飛行機に乗れたときは最高に嬉しかったです。」と、元囚人達に囲まれての異色の経験と感慨を得られたことを語った。さらに、自身が演じた原作者のビリー・ムーアにも触れ、「残念ながら今夜の授賞式に参加できませんでしたが、彼はとても寛大で、すごく助けられました。僕は長い時間を彼と共にし、彼のことを知りました。彼はたくさんの意味で本当に素晴らしい人物です。」と最大限の感謝を贈った。

暁に祈れ
原題:A Prayer Before Dawn

12月8日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開です。

公式サイト:
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/

TWITTER:
@APBD1208

【ストーリー】
ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。ベストセラー自伝小説をベースにした真実の物語。

***********************************

監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール『ジョニー・マッド・ドッグ』
原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand’s Prisons」
出演:ジョー・コール『グリーンルーム』「ピーキー・ブラインダーズ」、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』、ソムラック・カムシンほか

2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分
日本語字幕:ブレインウッズ
提供:ハピネット+トランスフォーマー

配給:トランスフォーマー
© 2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS


犯罪ジャーナリスト・丸山ゴンザレスが暴く『暁に祈れ』現地取材報告トークショー


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイトロッテン・トマトでも驚異の96%(2018年8/1付け)という高評価を獲得した戦慄の実話アクション『暁に祈れ』が、12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかにて全国公開となります。

汚職や殺人が蔓延し“地獄”と呼ばれる実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。地獄に落されたアウトローが人間性をはく奪されながらも、ムエタイを通じて光を見出していく、ヤバい注目作です!

そんな本作にいち早く注目し「ここだけには絶対入りたくない!」と語る、紀行バラエティー番組「クレイジージャーニー」などでおなじみの犯罪ジャーナリスト・丸山ゴンザレス氏が、タイ当局からの厳しい監視の目もある中で10月下旬に主人公ビリーの足跡を辿るタイ現地取材を強行!11/29(木)に丸山氏によるデンジャラスな現地取材報告トークイベントを行いました!
日付:11月29日
場所:ユーロライブ
登壇:丸山ゴンザレス

映画情報どっとこむ ralph 映画の感想として
丸山さん:かなりの衝撃を受けて、個人としての思い入れもかなりある映画です。今年ナンバーワンの映画かもしれない。

と熱く語る。本作の舞台となる“刑務所”という場所について、

丸山さん:昔から刑務所にはすごく興味があっていくつか取材したこともありますが、タイの刑務所の中には入ったことがないんです。だから、今回の取材をきっかけになんとか中に入ってみたいと思いました。この映画の舞台になるのが刑務所の中だから、観ながら“これは本当にそうなのかな?”とすごく気になっていたんです。それほど地獄のような場所だから(笑)

と現地取材に向かった理由を説明。


イベントでは丸山さんが現地で撮影してきた約4時間にも及ぶビデオ映像の一部を上映しながら、“生コメンタリー”という形で映画をより楽しめる背景などを説明してくれました。

丸山さんがまず訪れたのは、ビリー・ムーアが実際に収監されていたバンコクのクロンプレム中央刑務所。
現在のタイ軍事政権下においてこういった場所は外でカメラを回すことさえ簡単ではなく、撮影の1年以上前からタイ入りし、長い時間をかけて準備を行った本作のジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督でさえ当局から許可が下りず、一歩も中に入ることが叶わなかった場所だ。丸山氏も、係官に駆け付けられる前に急いで撮影したという貴重な映像なのだ。


本作の撮影が行われたのは、撮影の1年ほど前に囚人達が他の場所へ移送されるまで実際に刑務所であった場所(当時の名称:ナコーンパトム刑務所)。丸山さんのカメラにより捉えられたその建物は、現在も撮影当時からほぼ変わらない状態で残り、刑務所時代の数々の遺留品を映し出す中で、囚人部屋の壁にはプミポン前国王や仏教国らしく仏陀のポスターに加えて、なぜかセクシーな女性や高級車の写真が多く貼られていた。

丸山さん:刑務所の抑圧された生活の中で、囚人達は将来こうありたいという願望を貼り付ける傾向があるんです。

とその背景を説明していく。さらに、映画にも出てくる刑務所の通路やビリー達ムエタイチームが切磋琢磨する練習空間と全く同じ光景が映像で映し出される。

丸山さんは、ビリーと苦楽を共にする囚人ファイターを演じた実際の元囚人ファイター:チャルームポン・サワットスックさんにインタビューを敢行。
彼は殺人と麻薬所持の疑いで収監されたものの刑務所の内外でチャンピオンとなり、その経歴が監督の目に留まり出演オファーをされた人物だ。金銭目当てのバイト感覚で殺人を犯したという衝撃の経歴を丸山氏に明かしつつ、映画の感想を聞かれての第一声が

映像の中で サワットスックさん:怖かったです。

であったことから、場内は爆笑の渦に巻き込まれる。実際に刑務所に収監されていた当事者として映画で描かれる出来事について、

サワットスックさん:80~90%はリアルですね。

と明かす。さらに、ビリーを演じるジョー・コールのムエタイスキルについて、

サワットスックさん:この映画のために始めたものだけど、かなりのセンスを感じました。でも、僕には絶対勝てないけどね(笑)。

と共演者を称えつつ、強い自信をのぞかせる。監督による演技指導はなかったといい、

サワットスックさん:監督からは刑務所にいた時そのままの雰囲気でやってほしい、と言われていました

と振り返る。

丸山さんは、彼へのインタビューを踏まえて、

丸山さん:映画の中で語られる囚人達のエピソードは、全て彼ら自身たちのものなんです。その面においてはドキュメンタリーのようでもありますよね。

と、本作の見どころを説明する。

さらに、映画でムエタイに心身を捧げるビリーがその覚悟の証に獄中で仲間たちにタトゥーを掘ってもらう場面に着目し、タイでカリスマ彫師として活動する人物にもインタビューを敢行。

そのエピソードを紹介しつつ、

タイにおいて入れ墨を入れるという行為は、霊的なものを宿らせる意味合いが強いんです。ビリーは大事な試合の前に“虎”の入れ墨を入れますが、虎の入れ墨というのは、己の内なる霊力を高めて自分を強くするためのもの。相手に勝ちたいから入れてるんじゃないんです。この入れ墨の意味を理解できていないと、あの場面が出てくる理由が分からないかもしれない。

と、当事者に話を聞いてきたこそ語れる、映画をより深く味わうためのヒントを教えてくれた。

映画情報どっとこむ ralph
最後に

丸山さん:犯罪を犯して刑務所に入るような人であっても、この映画みたいな地獄のような刑務所で生きていくのは本当に大変です。そんな彼らにも“再生”のチャンスが必要なんです。そんな中で、ビリーはどうやって再生していくのか。彼は、泥沼の中に足を取られながらも綺麗な花を咲かせていきます。それを皆さんに感じていただけたら、

と締めました!

暁に祈れ
原題:A Prayer Before Dawn
12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開

公式サイト:
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/ 
TWITTER:
@APBD1208
***********************************

監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール『ジョニー・マッド・ドッグ』
原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand’s Prisons」
出演:ジョー・コール『グリーンルーム』「ピーキー・ブラインダーズ」、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』、ソムラック・カムシンほか
2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分
日本語字幕:ブレインウッズ 提供:ハピネット+トランスフォーマー  
配給:トランスフォーマー © 2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS 


映画『暁に祈れ』本編オープニングシーン映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph いよいよ来週末公開となりますこの冬一番ヤバい映画『暁に祈れ』で、本作が持つ狂気と詩的さの両立という唯一無二の世界観が垣間見れる約3分半の本編オープニングシーン映像が解禁となります!

主人公の英国人ボクサービリーが地獄と呼ばれる刑務所に収監される前、タイで繰り広げられるボクシングの“闇試合”に臨む様子を捉えたこの映像では、薬漬けとなっているビリーの不自然な様子や自制のきかない凶暴性だけでなく、

監督が本作で強く意識したという“没入感”を強く感じられる、インパクト絶大の映像となっています。




映画情報どっとこむ ralph この映像では、主人公ビリーが刑務所に収監される前のタイの闇ボクサーとして試合に臨む様子を捉えているが、薬漬けの生活を送るビリーの瞳孔は不自然に開き、試合を止めようとするセコンドや審判に襲いかかるなど自制の利かない凶暴性を垣間見ることができる。また、周囲の騒音が全く耳に入らず自分の呼吸しか聞こえていない“彼自身”が感じているであろう世界が度々挿入され、拳や体がぶつかり合う生々しい音も印象的。さらに、異常なまでにビリーを至近距離で捉えるなど、観る者がビリーと一体になっていると感じられる演出が随所に盛り込まれ、監督が本作で特に意識したという“没入感”を強く感じられる映像となっている。


この試合シーンも含め映画にたびたび登場する刑務所での格闘シーンは、ジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督の強いこだわりにより、撮影においてジョー・コールはじめ出演者はカットをかけられることなく実際に戦ったといい、編集により細かく切られている。

監督はそのようなハードな演出を行った理由について「撮影で格闘シーンをカットしなかったら本当に格闘しなければならない。私は嘘モノにはしたくありませんでした。」と語る。こうした監督の高い要求に応えるために、ジョー・コールは、さながらボクサーと同じように肉体改造を行い、ほぼ毎日が格闘シーンだったという30日間のタフな撮影に臨んだ。そんな彼に対して監督は、「ジョーには本当に感銘を受けました。彼は私を信頼し、自分を本当にプッシュしてくれました。私がプロの俳優を起用する時は、自分が持っているものを全面的に演技に出してくれることを期待しますが、それは、試合に臨むボクサーも同じかもしれないですね。」と最大級の賛辞を送っている。

こうした文字通り“全身全霊”の熱演を見せつけるジョー・コールは、今日11月28日で30歳を迎える。高い演技力を武器に『グリーンルーム』や『きみへの距離、1万キロ』、人気クライムドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」など、幅広い役どころをこなしているが、俳優として飛躍の30代、今後のキャリアに注目したいが、まずは『暁に祈れ』でその圧倒的な男の狂気に触れてほしい。

映画情報どっとこむ ralph
『暁に祈れ』

12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開!

公式サイト:
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/ 
TWITTER:
@APBD1208

【ストーリー】
ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。ベストセラー自伝小説をベースにした真実の物語。

***********************************

監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール『ジョニー・マッド・ドッグ』 原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand’s Prisons」
出演:ジョー・コール『グリーンルーム』「ピーキー・ブラインダーズ」、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』、ソムラック・カムシン、ポンチャノック・マーブグラン、
2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分/原題:A Prayer Before Dawn  日本語字幕:ブレインウッズ 提供:ハピネット+トランスフォーマー 配給:トランスフォーマー © 2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS


『暁に祈れ』とハードコアチョコレートとのワイルドなコラボTシャツ発売決定!


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイト、ロッテン・トマトでも驚異の96%(2018年8/1付け)という高評価を獲得した戦慄の実話『暁に祈れ』が、12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかにて全国公開となります。
そして!

映画公開を直前に控えた12月上旬より、“Tシャツ界の悪童”ことハードコアチョコレートと本作とのワイルドなコラボTシャツが発売されることが決定しました!

前面には原題:<A Prayer Before Dawn>。 

背面には、刑務所の中でムエタイに身をささげる覚悟でタトゥーを刻む主人公ビリーの鍛え上げられた背中を大胆にデザイン。それを取り囲むのは、刑務所で唯一の白人であるビリーに目を付ける囚人部屋のリーダーや、ともに切磋琢磨していくプリズンファイターたちだ。
上部には、米国公開時のティザービジュアルでもキャッチコピーとして使用されていた<FIGHT YOUR WAY OUT>(自由のために戦え 注:この映画にあわせての訳です)という力強いキーワードが載り、ブラック×オレンジのカラーリングが更に鮮烈な情景を突きつけるデザイン。

この商品は、ハードコアチョコレートの東中野ヘッドショップ/大阪/オンラインストア/Amazonと、本作の一部の上映劇場にて12月上旬より購入できる。価格は定価4,300円(税込)で、サイズ展開は160/S/M/L/XL/XXL となっている。詳細はコアチョコのWEBサイトなどでチェックしてほしい。

映画情報どっとこむ ralph 汚職や殺人が蔓延し“地獄”と呼ばれる実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がっていったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。新星ジョー・コールが、ボクサーを演じるために何か月もの肉体改造のすえ鋼の肉体を手に入れ、孤軍奮闘する主人公ビリーを熱演している。

戦慄の実話アクション『暁に祈れ
原題:A Prayer Before Dawn

12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開!

公式サイト:
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/ 
TWITTER:
@APBD1208

物語・・・
ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。ベストセラー自伝小説をベースにした真実の物語。

***********************************


監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール『ジョニー・マッド・ドッグ』
原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand’s Prisons」

出演:ジョー・コール『グリーンルーム』「ピーキー・ブラインダーズ」、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』、ソムラック・カムシン、ポンチャノック・マーブグラン

2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分/
日本語字幕:ブレインウッズ
提供:ハピネット+トランスフォーマー
配給:トランスフォーマー
© 2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS