「是枝裕和」タグアーカイブ

是枝裕和監督 最新作はフランスで!カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークら出演へ!


映画情報どっとこむ ralph 第71回カンヌ国際映画祭にて最高賞<パルムドール>を受賞、現在も公開中の是枝裕和監督作『万引き家族』は、観客動員300万人、興行収入37億円を突破、大ヒットを記録しています。

そして、是枝裕和監督の長編15作目、仏題«La Vérité»(仮)・邦題未定の製作が決定しました。

↑ロケハン中の是枝監督(フランス・マルヌにて)


最新作の舞台はフランスで撮影を予定。
主演は、フランスの至宝、世界的大女優のカトリーヌ・ドヌーヴ。
共演には、『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞助演女優賞を受賞し日本でも人気の高いジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞作品『6才のボクが、大人になるまで。』(14)lのイーサン・ホーク、日本でも大ヒットを記録した仏映画『8人の女たち』(02)、『スイミング・プール』(03)のリュディヴィーヌ・サニエらを迎え、力強く情感豊かな家族の葛藤の物語を描き出します。

彼らと現地スタッフたちとタッグを組んだ日仏合作となり、公開は2019年予定。
◎撮影期間 10月初旬~12月初旬(約8週間予定)

映画情報どっとこむ ralph キャストの皆さんと監督からコメントが届いています!

◎カトリーヌ・ドヌーヴ
ここ数年、是枝監督の映画を観て、そしてパリ、カンヌ、東京でもお会いする機会がありました。賞賛の気持ちをお伝えすることはできたのですが、まさか私たちが一緒に映画を作れる日が来るなんて想像もしていませんでした。一緒に映画を作れる…それもフランスを舞台に! 魅力に溢れ、ユーモアと同時に残酷さを備えた素晴らしい脚本です。言語の壁については、恐れるよりも私はむしろ好奇心をそそられます。それがもう一つの挑戦になるだろうと知りつつも、是枝監督と一緒に仕事をするのがたいへん楽しみです。


◎ジュリエット・ビノシュ
是枝監督とこの人生の一時を分かち合えることを楽しみにしています。14年前にお会いしてから、この瞬間を待っていました。是枝監督の視線は、柔らかなベルベットのレーザーのように、私たちの心を見透かします。


◎イーサン・ホーク
是枝監督にお会いできて嬉しかったです。監督の映画はすばらしい。現役で活躍している偉大な監督の一人とコラボレーションできることはまたとない機会です。また、パリで、カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュと一緒に映画を作れるなんて、夢のようなお話です。ある一人のアメリカの俳優にとって、本当に唯一無二の体験になりそうです。


◎リュディヴーヌ・サニエ
是枝監督に初めてお会いしたのはカンヌで、「そして父になる」という素晴らしい作品の上映時でした。それ以来、ほとんどの是枝作品を観て、交流を持ち続けていました。パリで映画を撮られることを、私は秘かに夢見ていたんです!この作品への参加をお声がけいただいた時には、耳を疑いました。一緒に映画作りができること、そして是枝監督のフランスの夢の一部になれることを、とても誇りに思います。


◎是枝裕和監督
役者とはいったいどんな存在なのだろう。役を生きている時、演技で泣いている時、笑っている時、役者本人の存在と感情はどこにあるのだろう。そんな素朴な疑問から書き始めた脚本でした。
今から15年程前に、『クローク』というタイトルで劇場の楽屋だけを舞台にした一幕もののお芝居を書き始めたのがスタートでした。しかし、この時は残念ながら力不足で脚本は完成しませんでした。2011年に、以前から親交のあったジュリエット・ビノシュさんが来日し、対談させていただいた折に、「何か将来的に一緒に映画を」と意気投合しました。企画のキャッチボールをしていくプロセスで、引き出しの奥に眠らせておいたこの企画が再浮上し、フランスを舞台に書き直してみることにしました。その時にこの物語を、女優の母と女優にならなかった娘の話にしてみようというアイデアが生まれました。
カトリーヌ・ドヌーヴさんは、自作のフランス公開時にお会いしたことがありました。自分にとっては、フランス映画のアイコンのような存在ですが、せっかくフランスで撮影するのなら、と思い切ってオファーをさせて頂きました。映画について、演じることについて、ドヌーヴさん本人にヒアリングを重ねながら、今脚本を執筆中です。
今回は言語や文化の違いを乗り越えて監督するという、刺激的なチャレンジになりますが、本物の「役者たち」に正面から向き合ってみたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 仏題 « La Vérité » (provisoire) ・邦題未定

◎キャラクター紹介

母(カトリーヌ・ドヌーヴ)・・・仏映画界屈指の大女優。そろそろ第一線を退く時期だが、本人は老いを認めたくない。

娘(ジュリエット・ビノシュ)・・・元女優志望の脚本家。拠点をアメリカに構え、夫と娘をもつ。


───ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?───

母はフランス映画のスター女優。今の恋人、元夫、パーソナルアシスタント… 彼女を愛してやまない男たちの上に君臨する。そんな彼女の自伝の出版を機に、娘がアメリカから、夫と幼い子どもを連れて帰省する。母と娘の再会は、たちまち対立へ変容する。さまざまな真実は露わになり、愛と恨みは告白される…。母は、SF映画に出演することになるが、自伝に自分の名前がないことに傷ついたパーソナルアシスタントが突然辞めてしまい、娘が代わりに撮影現場に付き添うことに…。その現場で出会った新進女優の姿に、母はかつて親友でライバルだった今は亡き女優の面影を重ねていくのだった。母と娘は長年に渡ってへだてられてしまったふたりの関係を果たして修復出来るのだろうか・・・。

***********************************


原案・監督・脚本 是枝裕和

出演;カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ
撮影:エリック・ゴーティエ『モーターサイクル・ダイアリーズ』(03)『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(14)
製作:3B Productions(フランス)、分福(日本)、M.I.MOVIES(フランス)
日本配給:ギャガ
海外セールス:Wild Bunch・ギャガ
仏配給:Le Pacte
   


常盤貴子 開会宣言で思わず大笑い!フランス映画祭2018レッドカーペット&オープニングセレモニー


映画情報どっとこむ ralph 1993年より日本で開催され今年で26回を迎えるフランス映画祭。2006年からは場所を横浜から東京に移して開催されていましたが、日仏交流160周年を迎える今年は2005年以来13年ぶりに横浜で本日から24日(日)まで開催。初日である本日、オープニングセレモニーがみなとみらいホールで行われました。

フランス映画祭2018レッドカーペット&オープニングセレモニー

日程:6月21日(木)
場所:みなとみらいホール
登壇:常盤貴子(フェスティバル・ミューズ)、ナタリー・バイ(映画祭団長)、是枝裕和(スペシャルゲスト)ローラン・ピック(駐日フランス大使)、イザベル・ジョルダーノ(ユニフランス代表)、林文子(ふみこ)(横浜市長)、カルロス・ゴーン(日産自動車(株)会長)、他映画祭代表団

映画情報どっとこむ ralph <常盤貴子、艶やかな着物で、フランス映画祭の開幕を宣言!ナタリー・バイ、フランソワ・オゾン!そして、是枝裕和!日仏代表メンバーが大集結!「フランス映画祭2018」オープニングセレモニーが華やかに開催!>

今年で26回目を迎える「フランス映画祭2018」が6/21(木)に遂に開幕しました!

華やかなレッドカーペットを皮切りに、映画祭団長のナタリー・バイをはじめ、フランスの鬼才・フランソワ・オゾン監督、オープニング作品『セラヴィ!』の監督で『最強のふたり』の監督コンビ・オリヴィエ・ナカシュ監督&エリック・トレダノ監督など豪華来日ゲストに加え、フェスティバル・ミューズとして横浜市出身で何度もフランスを訪れたことのある常盤貴子さん、また直近のカンヌ国際映画祭で日本人史上4人目、自身最新作『万引き家族』で21年ぶりのパルム・ドールを受賞、自身も「フランス映画に育ててもらった」と語る是枝裕和監督が、オープニングイベントを祝して駆けつけ、13年ぶりに開催される横浜でのフランス映画祭にふさわしい、豪華な開幕となりました。

映画情報どっとこむ ralph 梅雨の合間の天気に恵まれた中、横浜の海を彷彿させるような艶やかなエメラルドグリーンの帯と白色の着物でレッドカーペットに登壇したフェスティバル・ミューズの常盤貴子。

常盤さん:自分が育った街でこの映画祭が開催できることをとても誇りに思います。このままどんどん映画祭が馴染んでいき、”横浜といえばフランス映画祭”、”フランス映画祭といえば横浜”と言っていただけるよう、どんどんお洒落な雰囲気の街になると期待しています。

続いて流暢なフランス語でも

常盤さん:映画祭が横浜で開催されてとても嬉しく思います。

と挨拶をし、レッドカーペット会場に駆けつけた300名以上の観客とメディアを盛り上げました。

また、今年のフランス映画祭団長で、常盤貴子さんも憧れるフランスを代表する女優、ナタリー・バイさんの登場に、

常盤さん:このような機会でお会いできることがとても嬉しいです。

と、常盤さんの笑顔もさらに弾けました。

映画情報どっとこむ ralph 日本でも絶対的な人気を誇るフランスの鬼才・フランソワ・オゾン監督の登場にはフラッシュが鳴り止まず、観客の中には2時間以上も前からレッドカーペット前に並ぶ熱狂的なファンが多く詰め寄り、盛り上がりを見せました。


日仏交流160周年、13年ぶりの横浜での開催とあり、開催前からフランス映画祭のビジュアルが横浜の街をジャックするなど盛り上がりをみせていましたが、地元の横浜市民はオープニングセレモニー&上映が500円でみれるという嬉しい特典もあり、当日はたくさんの横浜市民が来場し、約1200名の会場はあっという間に満席となりました。満席の会場の中、オープニングセレモニーに続いて登壇

常盤さん:私の故郷でもある横浜にフランス映画祭が帰ってきたタイミングで、“フェスティバル・ミューズ”に選んでいただけたことを、改めてとても嬉しく思います。今日ここにいらしている皆さんは、きっととてもフランス映画に詳しいかと思いますが、私はこのフェスティバル・ミューズに選ばれるまで知らなかったのですが、フランスからお忙しい監督やゲストの皆さんが日本にやって来るのは、“日本のみなさんにフランス映画を知ってほしい!”という想いからだそうです。みなさんのフランス映画に対する情熱をこの横浜でぶつけていただき、大いにこの映画祭を盛り上げていきましょう!

と会場に呼びかけました。

続いて登場したナタリー・バイさんは、

ナタリーさん:私は初めて日本に来日したのが、15年前の横浜でした。こうして横浜に戻ってくることができてとても嬉しいです。日本が大好きです!

と喜びを語りました。上映作品の監督や出演者などのフランス代表団に続いてスペシャルゲストとして登壇したのは、日仏の映画界の架け橋となる存在といっても過言ではない、是枝裕和監督。

是枝監督:映画祭は本当に映画を愛する人の交流の場で、僕たち作り手にとっても本当に貴重な時間であり、場所です。僕自身を育ててくれたフランス映画、一人の作り手としても、フランスの映画祭などに呼んでいただいて、フランスのファンの人に育てられて映画を作るエネルギーをもらっています。今日来日されているフランスの作り手の方も、日本のみなさんとの出会いによって次の作品を作るエネルギーをもらえる、そんな機会になることを願っています。今日は僕の尊敬するフランスの映画人、またこの映画祭を支えている人たちと同じステージに立て、本当に光栄です。

とフランス映画に想いを馳せました。


スポンサーである日産自動車会長のカルロス・ゴーンさんも

ゴーンさん:フランス映画祭が横浜に戻ってくることに少しでも貢献できてとても嬉しく思います。

と祝福。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、映画祭団長のナタリー・バイさんとフェスティバル・ミューズの常盤貴子さんで日仏の開幕宣言。

ナタリー・バイのフランス語による「フランス映画祭、開催します!」、そしてその日本語通訳の後に同じ”日本語”で開幕宣言をすることになった常盤さん。思わず大きな声で笑ってしまい、
常盤さん:(日本語の通訳があったので)同じことになりました。笑!2018、フランス映画祭、本日横浜にて開催します!

と高らかにフランス映画祭の開幕を宣言しました。その後サプライズとして披露された、巨匠マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』にも楽曲を提供するピアニストの、ジャン=ミシェル・ベルナールの華麗なピアノの演奏後、オープニング作品『セラヴィ!』の上映。華やかに「フランス映画祭2018」の開幕を彩るオープニングセレモニーとなりました。


フランス映画祭2018
6月21日(木)~24日(日)横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらい他にて開催!

公式サイト:
http://unifrance.jp/festival/2018

***********************************

   


是枝裕和監督 総合監修 『十年 Ten Years Japan』 特報&ティザービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本・タイ・台湾・香港の国際共同プロジェクト映画『十年 Ten Years Japan』(今秋、テアトル新宿ほかにて全国順次公開)の6/9(土)からの前売り発売開始に先立ち、特報映像とティザービジュアルを解禁いたします。


本作は、香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を元に、日本、タイ、台湾それぞれで、自国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、各国約5名の新鋭映像作家が独自の目線で10年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクト「十年 Ten Years International Project 」 の日本版。

最新作『万引き家族』が日本人監督として史上4人目、21年ぶりのパルム・ドールを受賞する偉業を果たした是枝裕和監督が、初めてオムニバス映画の総合監修を務めます。

タイ版は、アピチャッポン・ウィーラセタクン(『ブンミおじさんの森』)が監督として参加し、「 第71回(2018)カンヌ国際映画祭特別招待作品」として選出。また、台湾版は「台北国際映画祭(6/28-7/14開催)コンペティション部門」に選出されています。

そんな世界中から注目されている本プロジェクトの満を持して完成した日本版の特報映像・ティザービジュアルの解禁。
映画情報どっとこむ ralph 昨年の釜山国際映画祭で行われた製作発表から始まる特報映像。

「フランス World Wide Festival」など国内外の大型フェスに出演しアジア、ヨーロッパでも活躍、ドラマ「僕たちがやりました」(CX/17)の劇伴を担当するなど、世界を舞台にマルチに活躍するKan Sano(origami PRODUCTIONS)が紡ぎ出す繊細なピアノの旋律にのって、是枝裕和監督によって脚本のオリジナリティ・クオリティ・将来性から選ばれた5人の新鋭監督たちが描く「5つの未来」が、美しく、そして力強く描き出されています。

各作品の主演、杉咲花、國村隼、太賀、川口覚、池脇千鶴の「未来を見据える表情」も印象的な特報映像となっております。

映画情報どっとこむ ralph
十年 Ten Years Japan

公式HP:
http://tenyearsjapan.com/


物語・・・・

『PLAN75』
【キャスト】川口覚、山田キヌヲ、牧口元美ほか
【監督】早川千絵
75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度『PLAN75』。
公務員の伊丹(川口覚)は、貧しい老人達を相手に”死のプラン”の勧誘にあたっていた。

『いたずら同盟』
【キャスト】國村隼ほか
【監督】木下雄介
AIにより理想的な道徳を刷り込まれているIT特区の小学校。
用務員の重田(國村隼)が世話する老馬に殺処分の判断が下された時、クラスのはみ出し者の亮太(大川星哉)は…。

『DATA』
【キャスト】杉咲花、田中哲司ほか
【監督】津野愛
母の生前のデータが入った「デジタル遺産」を手に入れた舞花(杉咲花)。
データをもとに母の実像を結ぶことに喜びを感じていたが、知られざる一面を見つけてしまい…。

『その空気は見えない』
【キャスト】池脇千鶴ほか
【監督】藤村明世
原発による大気汚染から逃れるために地下の世界に住む少女・ミズキ(三田りりや)。
友達のカエデ(田畑志真)から地上の話を聞き、母(池脇千鶴)の意向に反発して地上の世界に憧れを抱くようになり…。

『美しい国』
【キャスト】太賀、木野花ほか
【監督】 石川慶
自衛隊徴兵制が導入された日本。
告知キャンペーンを担当する広告代理店の渡邊(太賀)は、
ベテランデザイナー・天達(木野花)のもとに、ある報告をしに訪れるが…。


***********************************

杉咲花、田中哲司/太賀、木野花/川口覚、山田キヌヲ、牧口元美/池脇千鶴/國村隼
エグゼクティブプロデューサー:是枝裕和
監督・脚本:早川千絵、木下雄介、津野愛、藤村明世、石川慶

エンディングテーマ 「I’m Still In Love」作曲・演奏 Kan Sano(origami PRODUCTIONS)
プロデューサー:髙松美由紀、福間美由紀、水野詠子、ジェイソン・グレイ
製作:分福、吉本興業、十年電影工作室、朝日新聞社、フリーストーンプロダクションズ
配給・宣伝:フリーストーン 〈 2018/日本/カラー/ビスタ&シネスコサイズ/99分〉
©2018 “Ten Years Japan” Film Partners


安藤サクラ記者会見『万引き家族』パルムドール受賞後初 喜びと胸中を語った!


映画情報どっとこむ ralph 第71回カンヌ国際映画祭【コンペティション部門】にて最高賞<パルムドール>を受賞!
様々な“家族のかたち”を描き続けてきた是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身作『万引き家族』が6月8日(金)より全国公開となります。

そしてこの度、日本中を沸かせその興奮冷めやらぬ中、主演女優の安藤サクラの記者会見が行われました。

受賞後に安藤さんが映画について語るのは初めての場となった今回の会見。

国内外からその高い演技力で好評価を得た安藤さん。それは、審査委員長のケイト・ブランシェット他、レア・セドゥ、クリスティン・スチュアートら女優陣が安藤さんのお芝居に熱狂し、本編で披露した「泣き」の演技に「今後同じ演技をしていたら安藤さんを真似したと思ってください」と言わしめたほど!そんな安藤さんが受賞の喜びや、映画についてのことなどその胸中を存分に語りました。

『万引き家族』安藤サクラ記者会見
日時:6月4日(月)
場所:NHKホール・リハーサル室
登壇:安藤サクラ

映画情報どっとこむ ralph 想像した以上の数のマスコミが会場に待ち構えていたことに

安藤さん:ふら~っと入ってきてしまいましたが、こんなにいらっしゃるなんて…

と戸惑う様子をみせ、パルムドール受賞について

安藤さん:今ようやくめでたいことだっていうのをまた改めて感じています。

と笑顔で挨拶。

その後、MCと記者からの質疑応答に応えました。

Q, パルムドール受賞おめでとうございます!受賞結果報告を受けて、どう思われましたか?

安藤さん:この“家族たち”と夜中だけどYouTubeで中継をみようとやりとりをしていて、慣れないPCも繋げて、せっかくだからとマネージャーさんも呼んで、準備万端でその中継をみていたんです。そしたらいつも間にか眠ってしまいまして…そしたら、リリーさんから「サクラ起きろと!」とメールがすごい来ていて、マネージャーさんには、真っ暗にして寝ていた部屋で「パルムドールです!」と言われて…それですぐにTVをつけてニュースが流れているをみて、これは残さなきゃとフィルムのカメラでその画面を撮りました(笑)
受賞発表前から私は(撮影の為に)大阪にいたので、まだみんなと喜びを分かち合えていないですし、監督にも直接おめでとうございますも言えていない状況なので、気持ちとしてもまだふわふわとした感じです。

映画情報どっとこむ ralph Q,受賞記者会見では審査員長で大女優のケイト・ブランシェット、そして同じく審査員であるレア・セドゥやクリスティン・スチュワートなども安藤さんの演技に大変高い評価をしておりました。女優陣たちが「自分たちが劇中のあの泣き方をしていたら安藤さんを真似したと思ってかまわない」とまで言っていましたが、この賛辞、安藤さんはどう思っていますか?

安藤さん:そのように言ってくださっていると、監督からメールをいただいたんですけど、やっぱりスターの方たちは粋な誉め言葉を使うんだなと思って…。

Q,安藤さんが演じた‘信代’とは共感する部分などはあったのでしょうか?

安藤さん:台本を読んでいて共感することはなかったですが、フイルムの中にいる信代が過ごした時間は、私自身が“家族”と過ごした時間でもあります。それは、現場で生まれた“家族たち”の時間に寄り添うように監督が撮影されていたからです。なので、共感というものではなく、私自身がこの“家族”の温度を自分の身体で感じていたので、その温かさが今もまだ残っています。
ものすごい楽しい時間を是枝組として過ごさせていただきました。

カンヌにも行かせていただいて、パルムドールも受賞して、なんて良い時間を過ごさせていただいたのだろうと、すごい経験をさせていただいたと思っています。是枝さんは、受賞したことを子供がかけっこで一等賞獲ったのを喜ぶみたいな感じで喜ぶんです。そしてその喜びをみんなと分かち合っている姿がカッコいいなと思いました。その喜びを分かち合える中に、自分がいさせてもらえたことをすごく嬉しく感じています。

Q,映画では、家族のこと母性についても描かれていますが、撮影中や映画を観た後に、家族に対してや母性に対しての考え方について変化はありましたか?

安藤さん:撮影中は、母性が溢れ出ているような状況だったので、戸惑いながらの撮影でした。私は正直、妊娠中、出産後はできるだけ仕事はしないし、できるだけ子供と一緒にいるのがいいと思って、そうしたいと思っていましたが、こうやってこの作品に出会えたことがよかったですし、それは是枝組でしか成り立たなかったことだと思うので、すごく良い時間を過ごせたと思っています。役柄としては自分は真逆だけど、産後初めてあの役を演じるというのは面白い経験でした。

映画情報どっとこむ ralph Q, 是枝監督の次回作は海外の俳優達と噂を耳にしていますが、世界の監督と組んでみたいと思いますか?

安藤さん:あまりそういうことは考えたことはないですし、海外だから出たいなどは特にないです。でも違う文化をもつ方たちと作り上げていくというのは面白いだろうなとは思います。

Q, お母様の和津さんはご一緒にカンヌに行かれていましたが、受賞を受けて何と言われてましたか?また、他のご家族の反応も教えて下さい。

安藤さん:母がカンヌに行ったことについてエッセイを書いていて、それを監督が送ってくださったんです。久しぶりに母の仕事をみましたけど、ものすごく母親として喜んでくれている気持ちが伝わって、それはものすごく感動しました。

Q, カンヌの影響で城くんとみゆちゃんが学校で大人気のようです。撮影中やカンヌでふたりとの印象的なエピソードがあれば教えてください。

安藤さん:ある番組で、“家族”と過ごしていた映像をみたんですけど、それをみただけで、このふたりが愛おしすぎて泣いちゃうんです。特にカンヌに行ってからは、この“家族”がより大事な存在になっていて、すぐに元気かな、会いたいなと思っちゃうんです。特にみゆは、すごいご縁だなと思うんですが、私の娘と同じ誕生日なんです。だから撮影中から、それこそ血の繋がりではない何かの繋がりがあるようなそんな気持ちを感じていました。映画が公開したら、あまりこの“家族”と会う機会がなくなるのかなと思うとすごい寂しい気持ちになって、たまにちょっと泣きそうになります。

Q, 受賞理由について、ケイト・ブランシェットが審査基準である「Invisible People=見えない人々」をとことん描いていたからといっていましたが、安藤さんもこれまでにそういう世の中から見捨てられた人たち(=Invisible People)を演じてこられてきた中、それをカンヌが今作で認めたということで、女優としてどのような感想ももたれていますか?

安藤さん:あまり難しく考えていないですし、人として、まずはきちんと色んなところに目を向けながらも自分自身きちんと生きることをきちんとやっていかなければと思うのみです。そういったことに目を向けて、何かを考えてその役柄を演じるというのは、私自身向いていない気がするので、これからも考えるつもりはありません。そんなことを考えられていたら、監督になっていたかもですね!

Q,最後に、ご挨拶をお願いします。

安藤さん:今日は質問に対して全然違う回答ばかりをしてしまってすみません・・・。いよいよ6月8日公開です!9日の東京での舞台挨拶の場で監督にお会いできますが、祝福できたらと思っています!是非劇場でご覧ください!

映画情報どっとこむ ralph 万引き家族

6月8日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:gaga.ne.jp/manbiki-kazoku

物語・・・
想像した以上の数のマスコミが会場に待ち構えていたことに「ふら~っと入ってきてしまいましたが、こんなにいらっしゃるなんて…」と戸惑う様子をみせた安藤さんですが、パルムドール受賞について「今ようやくめでたいことだっていうのをまた改めて感じています」と笑顔で挨拶。その後、MCと記者からの質疑応答に応えました。
***********************************

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)
出演:リリー・フランキー 安藤サクラ / 松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ /緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 ・ 柄本明/ 高良健吾 池脇千鶴 ・ 樹木希林
配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.


細野晴臣x是枝裕和監督『万引き家族』オリジナル・サウンドトラックが公開日と同日配信リリース決定!!


映画情報どっとこむ ralph 先日開催された第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で、最高賞となるパルムドール賞を獲得した是枝裕和監督『万引き家族』。

6月8日(金)より全国公開となります。

この度、映画公開を来週8日に控え、細野晴臣さんが劇半を手掛けたオリジナル・サウンドトラックのリリースが決定!
公開日と同日の6月8日(金)より配信スタートとなります。

是枝裕和監督の悲願でもあった細野晴臣とのコラボレーション。「素晴らしい音楽をつけていただいた。」と監督も大満足の、映画にしっかり寄り添った細野の映画音楽。収録全曲を作曲から演奏、ミックスまで細野自身が手掛けた価値ある作品でもあります。

万引き家族(オリジナル・サウンドトラック)
配信Album
2018年6月8日(金)発売
全14曲(ボーナストラック含む)
作曲/編曲/演奏/Recording&Mixing〜細野晴臣
01.Shoplifters
02.Yuri’s Going Home
03.Living Sketch
04.Shota & Yuri 1
05.Yuri & Shota’s Shoplifting
06.The Park
07.Like A Family
08.Nobuyo & Yuri
09.Going To The Sea
10.Beach
11.Shota & Yuri
12.Run Away
13.The Empty Room
14.Image & Collage(Bonus Track)

映画情報どっとこむ ralph 細野晴臣PROFILE
1947年東京生まれ。音楽家。
1969年「エイプリル・フール」でデビュー。1970年「はっぴいえんど」結成。
73年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。
78年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント・ミュージックを探求、作曲・プロデュースなど多岐にわたり活動。

オフィシャルHP
http://hosonoharuomi.jp/

ライブ情報
Haruomi Hosono + Acetone Light in the Attic
2018/6/23(土) open19:30 @ ロンドン Barbican Hall
https://www.barbican.org.uk/whats-on/2018/event/light-in-the-attic-haruomi-hosono-acetone

HARUOMI HOSONO LIVE AT THE OLD MARKET
2018/6/25(月) open 19:15 / start 20:00 @ ブライトン The Old Market

Haruomi Hosono



映画情報どっとこむ ralph 万引き家族

公式サイト:
gaga.ne.jp/manbiki-kazoku

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。

冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。


***********************************

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ / 松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ /緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 ・ 柄本明
/ 高良健吾 池脇千鶴 ・ 樹木希林

配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.