「是枝裕和」タグアーカイブ

是枝監督作品『万引き家族』が第76回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 既に公開スタートから6ヶ月目を迎え、動員数3,703,954人、興行収入45億円強(12月5日時点)という、是枝監督作品最大の興行収入を記録している、現在も全国で大ヒット公開中の『万引き家族』。

米国時間12月6日(木)、『万引き家族』が第76回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞にノミネートされました。アカデミー賞前哨戦として重要となる同賞は、ハリウッド外国人映画記者協会の投票により選出される映画賞で、日本映画では2013年宮崎駿監督の『風立ちぬ』以来のノミネートとなります。

なお実写映画としてノミネートされるのは第48回(1990年度)の『夢』(黒澤明監督)以来、28年ぶり。

授賞式は2019年1月6日(現地時間)に開催され、受賞すれば第17回(1959年度)で外国語映画賞を受賞した市川崑監督の『鍵』以来、半世紀以上ぶりのゴールデン・グローブ賞獲得となります。
(※日米合作作品としては、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』(06)が、外国語映画賞を受賞。)


第71回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞、そして、第91回米国アカデミー賞外国語映画賞部門<日本出品作品>にも選ばれ、サンセバスチャン映画祭での是枝監督によるドノスティア賞(生涯功労賞)受賞、バンクーバー映画祭観客賞受賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー外国語映画TOP5に選出など既に世界の各映画賞にて多数のノミネーションと受賞の結果を出しており、本年度アカデミー賞の日本代表としても出品されている本作の動向に引き続きご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph 万引き家族』 大ヒット公開中!!

公式HP:
gaga.ne.jp/manbiki-kazoku

公式twitter:
@manbikikazoku

<STORY>
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。
彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。
足りない生活費は、万引きで稼いでいた。
社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。
体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。
だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

***********************************

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ
松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ
緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 / 柄本明
高良健吾 池脇千鶴 / 樹木希林
配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.


『万引き家族』日本映画初!アジア人初第55回アンタルヤ国際映画祭<監督賞>受賞!!


映画情報どっとこむ ralph 既に公開スタートから4ヶ月目を迎えた今も全国で大ヒット公開中の『万引き家族』。

そして、この度、トルコのアンタルヤで開催中の第55回アンタルヤ国際映画祭(開催期間:9月29日(土)~10月5日(金)[現地時間])にて、コンペティション作品として出品され、<作品賞、監督賞、男優賞、女優賞>の4部門にてノミネートされている本作ですが、この度、監督賞を受賞しました!!

これは日本映画初!アジア人初の快挙となります!

日本時間10月6日(土)AM2:00(現地時間10月日5(土)20時)に行われた授賞式には、是枝監督に代わりリリー・フランキーさんが登壇。受賞結果が発表されると、場内は割れんばかりの拍手に包まれました。

トロフィーを受け取って

リリーさん:国とか言葉を超えて、一つの映画が世界に繋がること、それは1番素晴らしいことだと思います。それを是枝監督がやったことを誇りに思います。Thank you very much

とコメントしました。


現地時間10月4日(木)夜には、トルコで初となるプレミア上映が行われ、会場の800の席が満席。
チケットはソールドアウト。上映後は会場から拍手がわき、観た多くの人の目には涙が。
トルコの観客にも深い感動が響き渡りました。
  
映画情報どっとこむ ralph ▼第55回アンタルヤ国際映画祭概要
2018年9月29日(土)~10月5日(土)[現地時間]開催。アンタルヤは、トルコ南西部アンタルヤ県の県都。
地中海に面したリゾート地として人気がある風光明媚な港町です。アンタルヤ国際映画祭は、
トルコで初めて確立された国際映画祭となります。
日本映画では昨年2017年(第54回)に河瀨直美監督『光』がコンペティション部門にてノミネート、
公式上映が行われました。

『万引き家族』絶賛公開中

公式HP:gaga.ne.jp/manbiki-kazoku
公式twitter:@manbikikazoku


<STORY>
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。
彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。
足りない生活費は、万引きで稼いでいた。
社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。
体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。
だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく。

***********************************


原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ 
  松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ
緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 / 柄本明
高良健吾 池脇千鶴 / 樹木希林
配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.


柳楽優弥 主演広瀬奈々子監督デビュー作『夜明け』第23回釜山国際映画祭出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 是枝裕和・西川美和監督が立ち上げた制作者集団「分福」が満を持して送り出す新人監督、広瀬奈々子のデビュー作『夜明け』が、第23回釜山国際映画祭(韓国)のコンペティション(ニューカレンツ部門)に出品が決定、本日映画祭公式サイトにて発表。
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞『万引き家族』是枝監督のもとで監督助手を務めてきた愛弟子のデビュー作に、『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭・史上最年少で主演男優賞を受賞した柳楽優弥が14年の時を経て主演する、まさに“運命の映画”といえます。

過去には『そして父になる』『三度目の殺人』『永い言い訳』等が師匠の作品が招待されてきたアジア最大級といわれる本映画祭に、デビュー作にして出品を果たす快挙を成し遂げた大物新人・広瀬奈々子監督。日本の若い才能に、世界からの熱い視線が注がれています。

映画情報どっとこむ ralph 10月5日の公式上映に参加も予定されている柳楽優弥さん、広瀬奈々子監督からの喜びのコメントが届いています。

主演・柳楽優弥コメント
映画祭に参加出来る事がとても嬉しいです。以前参加した際に、釜山国際映画祭はとても活気に溢れた映画祭という印象を受けたので、今回も参加出来る事をとても楽しみにしております。広瀬監督の作品が多くの方に届いたらいいなと思います。

広瀬奈々子監督コメント
昨年、釜山国際映画祭のAPMという場で映画の企画をプレゼンする機会があり、街全体に帯びる映画への情熱と、他国の映画人への懐の深さを感じ、またここに戻ってくることを一年間目標にしてきました。素晴らしい映画祭でデビュー作を上映できることを心から嬉しく思っています。言葉にできないものを言葉にしないまま描くことに挑戦した本作を、韓国、アジアの方々にどのように受け取ってもらえるかとても楽しみです。今ここでしか味わうことのできない様々な景色や言葉に触れ、たくさん吸収してきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『夜明け』

日本での公開は1月18日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなる。

公式HP:
yoake-movie.com

是枝裕和、西川美和監督の愛弟子・広瀬奈々子 鮮烈のデビュー!

その他人が、昨日を消してくれるはずだった。

地方の町で木工所を営む哲郎(小林薫)は、ある日川辺で倒れていた見知らぬ青年(柳楽優弥)を助ける。

「シンイチ」と名乗り、素性を語らない青年になぜか惹かれた哲郎は、彼を迎え入れ、職を与えて一緒に暮らし始める。
この男は誰なのか?なぜこの町へ来たのか?何が目的なのか?周囲が疑いの目を向ける中、哲郎はシンイチをかばい、シンイチもまた哲郎を慕っていく。何かを埋め合うように、父と息子のような関係を築いていくふたり。

だがある夜の出来事をきっかけに、ふたりの人生は思わぬ方向へと走り出す――。

***********************************

出演:柳楽優弥 
YOUNG DAIS 鈴木常吉 堀内敬子 芹川藍 高木美嘉 
清水葉月 竹井亮介 飯田芳 岩崎う大(かもめんたる)
小林薫
監督・脚本:広瀬奈々子 製作:バンダイナムコアーツ、AOI Pro.、朝日新聞社 配給:マジックアワー 
(C)2019「夜明け」製作委員会 


是枝裕和監督 最新作はフランスで!カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークら出演へ!


映画情報どっとこむ ralph 第71回カンヌ国際映画祭にて最高賞<パルムドール>を受賞、現在も公開中の是枝裕和監督作『万引き家族』は、観客動員300万人、興行収入37億円を突破、大ヒットを記録しています。

そして、是枝裕和監督の長編15作目、仏題«La Vérité»(仮)・邦題未定の製作が決定しました。

↑ロケハン中の是枝監督(フランス・マルヌにて)


最新作の舞台はフランスで撮影を予定。
主演は、フランスの至宝、世界的大女優のカトリーヌ・ドヌーヴ。
共演には、『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞助演女優賞を受賞し日本でも人気の高いジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞作品『6才のボクが、大人になるまで。』(14)lのイーサン・ホーク、日本でも大ヒットを記録した仏映画『8人の女たち』(02)、『スイミング・プール』(03)のリュディヴィーヌ・サニエらを迎え、力強く情感豊かな家族の葛藤の物語を描き出します。

彼らと現地スタッフたちとタッグを組んだ日仏合作となり、公開は2019年予定。
◎撮影期間 10月初旬~12月初旬(約8週間予定)

映画情報どっとこむ ralph キャストの皆さんと監督からコメントが届いています!

◎カトリーヌ・ドヌーヴ
ここ数年、是枝監督の映画を観て、そしてパリ、カンヌ、東京でもお会いする機会がありました。賞賛の気持ちをお伝えすることはできたのですが、まさか私たちが一緒に映画を作れる日が来るなんて想像もしていませんでした。一緒に映画を作れる…それもフランスを舞台に! 魅力に溢れ、ユーモアと同時に残酷さを備えた素晴らしい脚本です。言語の壁については、恐れるよりも私はむしろ好奇心をそそられます。それがもう一つの挑戦になるだろうと知りつつも、是枝監督と一緒に仕事をするのがたいへん楽しみです。


◎ジュリエット・ビノシュ
是枝監督とこの人生の一時を分かち合えることを楽しみにしています。14年前にお会いしてから、この瞬間を待っていました。是枝監督の視線は、柔らかなベルベットのレーザーのように、私たちの心を見透かします。


◎イーサン・ホーク
是枝監督にお会いできて嬉しかったです。監督の映画はすばらしい。現役で活躍している偉大な監督の一人とコラボレーションできることはまたとない機会です。また、パリで、カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュと一緒に映画を作れるなんて、夢のようなお話です。ある一人のアメリカの俳優にとって、本当に唯一無二の体験になりそうです。


◎リュディヴーヌ・サニエ
是枝監督に初めてお会いしたのはカンヌで、「そして父になる」という素晴らしい作品の上映時でした。それ以来、ほとんどの是枝作品を観て、交流を持ち続けていました。パリで映画を撮られることを、私は秘かに夢見ていたんです!この作品への参加をお声がけいただいた時には、耳を疑いました。一緒に映画作りができること、そして是枝監督のフランスの夢の一部になれることを、とても誇りに思います。


◎是枝裕和監督
役者とはいったいどんな存在なのだろう。役を生きている時、演技で泣いている時、笑っている時、役者本人の存在と感情はどこにあるのだろう。そんな素朴な疑問から書き始めた脚本でした。
今から15年程前に、『クローク』というタイトルで劇場の楽屋だけを舞台にした一幕もののお芝居を書き始めたのがスタートでした。しかし、この時は残念ながら力不足で脚本は完成しませんでした。2011年に、以前から親交のあったジュリエット・ビノシュさんが来日し、対談させていただいた折に、「何か将来的に一緒に映画を」と意気投合しました。企画のキャッチボールをしていくプロセスで、引き出しの奥に眠らせておいたこの企画が再浮上し、フランスを舞台に書き直してみることにしました。その時にこの物語を、女優の母と女優にならなかった娘の話にしてみようというアイデアが生まれました。
カトリーヌ・ドヌーヴさんは、自作のフランス公開時にお会いしたことがありました。自分にとっては、フランス映画のアイコンのような存在ですが、せっかくフランスで撮影するのなら、と思い切ってオファーをさせて頂きました。映画について、演じることについて、ドヌーヴさん本人にヒアリングを重ねながら、今脚本を執筆中です。
今回は言語や文化の違いを乗り越えて監督するという、刺激的なチャレンジになりますが、本物の「役者たち」に正面から向き合ってみたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 仏題 « La Vérité » (provisoire) ・邦題未定

◎キャラクター紹介

母(カトリーヌ・ドヌーヴ)・・・仏映画界屈指の大女優。そろそろ第一線を退く時期だが、本人は老いを認めたくない。

娘(ジュリエット・ビノシュ)・・・元女優志望の脚本家。拠点をアメリカに構え、夫と娘をもつ。


───ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?───

母はフランス映画のスター女優。今の恋人、元夫、パーソナルアシスタント… 彼女を愛してやまない男たちの上に君臨する。そんな彼女の自伝の出版を機に、娘がアメリカから、夫と幼い子どもを連れて帰省する。母と娘の再会は、たちまち対立へ変容する。さまざまな真実は露わになり、愛と恨みは告白される…。母は、SF映画に出演することになるが、自伝に自分の名前がないことに傷ついたパーソナルアシスタントが突然辞めてしまい、娘が代わりに撮影現場に付き添うことに…。その現場で出会った新進女優の姿に、母はかつて親友でライバルだった今は亡き女優の面影を重ねていくのだった。母と娘は長年に渡ってへだてられてしまったふたりの関係を果たして修復出来るのだろうか・・・。

***********************************


原案・監督・脚本 是枝裕和

出演;カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ
撮影:エリック・ゴーティエ『モーターサイクル・ダイアリーズ』(03)『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(14)
製作:3B Productions(フランス)、分福(日本)、M.I.MOVIES(フランス)
日本配給:ギャガ
海外セールス:Wild Bunch・ギャガ
仏配給:Le Pacte
   


常盤貴子 開会宣言で思わず大笑い!フランス映画祭2018レッドカーペット&オープニングセレモニー


映画情報どっとこむ ralph 1993年より日本で開催され今年で26回を迎えるフランス映画祭。2006年からは場所を横浜から東京に移して開催されていましたが、日仏交流160周年を迎える今年は2005年以来13年ぶりに横浜で本日から24日(日)まで開催。初日である本日、オープニングセレモニーがみなとみらいホールで行われました。

フランス映画祭2018レッドカーペット&オープニングセレモニー

日程:6月21日(木)
場所:みなとみらいホール
登壇:常盤貴子(フェスティバル・ミューズ)、ナタリー・バイ(映画祭団長)、是枝裕和(スペシャルゲスト)ローラン・ピック(駐日フランス大使)、イザベル・ジョルダーノ(ユニフランス代表)、林文子(ふみこ)(横浜市長)、カルロス・ゴーン(日産自動車(株)会長)、他映画祭代表団

映画情報どっとこむ ralph <常盤貴子、艶やかな着物で、フランス映画祭の開幕を宣言!ナタリー・バイ、フランソワ・オゾン!そして、是枝裕和!日仏代表メンバーが大集結!「フランス映画祭2018」オープニングセレモニーが華やかに開催!>

今年で26回目を迎える「フランス映画祭2018」が6/21(木)に遂に開幕しました!

華やかなレッドカーペットを皮切りに、映画祭団長のナタリー・バイをはじめ、フランスの鬼才・フランソワ・オゾン監督、オープニング作品『セラヴィ!』の監督で『最強のふたり』の監督コンビ・オリヴィエ・ナカシュ監督&エリック・トレダノ監督など豪華来日ゲストに加え、フェスティバル・ミューズとして横浜市出身で何度もフランスを訪れたことのある常盤貴子さん、また直近のカンヌ国際映画祭で日本人史上4人目、自身最新作『万引き家族』で21年ぶりのパルム・ドールを受賞、自身も「フランス映画に育ててもらった」と語る是枝裕和監督が、オープニングイベントを祝して駆けつけ、13年ぶりに開催される横浜でのフランス映画祭にふさわしい、豪華な開幕となりました。

映画情報どっとこむ ralph 梅雨の合間の天気に恵まれた中、横浜の海を彷彿させるような艶やかなエメラルドグリーンの帯と白色の着物でレッドカーペットに登壇したフェスティバル・ミューズの常盤貴子。

常盤さん:自分が育った街でこの映画祭が開催できることをとても誇りに思います。このままどんどん映画祭が馴染んでいき、”横浜といえばフランス映画祭”、”フランス映画祭といえば横浜”と言っていただけるよう、どんどんお洒落な雰囲気の街になると期待しています。

続いて流暢なフランス語でも

常盤さん:映画祭が横浜で開催されてとても嬉しく思います。

と挨拶をし、レッドカーペット会場に駆けつけた300名以上の観客とメディアを盛り上げました。

また、今年のフランス映画祭団長で、常盤貴子さんも憧れるフランスを代表する女優、ナタリー・バイさんの登場に、

常盤さん:このような機会でお会いできることがとても嬉しいです。

と、常盤さんの笑顔もさらに弾けました。

映画情報どっとこむ ralph 日本でも絶対的な人気を誇るフランスの鬼才・フランソワ・オゾン監督の登場にはフラッシュが鳴り止まず、観客の中には2時間以上も前からレッドカーペット前に並ぶ熱狂的なファンが多く詰め寄り、盛り上がりを見せました。


日仏交流160周年、13年ぶりの横浜での開催とあり、開催前からフランス映画祭のビジュアルが横浜の街をジャックするなど盛り上がりをみせていましたが、地元の横浜市民はオープニングセレモニー&上映が500円でみれるという嬉しい特典もあり、当日はたくさんの横浜市民が来場し、約1200名の会場はあっという間に満席となりました。満席の会場の中、オープニングセレモニーに続いて登壇

常盤さん:私の故郷でもある横浜にフランス映画祭が帰ってきたタイミングで、“フェスティバル・ミューズ”に選んでいただけたことを、改めてとても嬉しく思います。今日ここにいらしている皆さんは、きっととてもフランス映画に詳しいかと思いますが、私はこのフェスティバル・ミューズに選ばれるまで知らなかったのですが、フランスからお忙しい監督やゲストの皆さんが日本にやって来るのは、“日本のみなさんにフランス映画を知ってほしい!”という想いからだそうです。みなさんのフランス映画に対する情熱をこの横浜でぶつけていただき、大いにこの映画祭を盛り上げていきましょう!

と会場に呼びかけました。

続いて登場したナタリー・バイさんは、

ナタリーさん:私は初めて日本に来日したのが、15年前の横浜でした。こうして横浜に戻ってくることができてとても嬉しいです。日本が大好きです!

と喜びを語りました。上映作品の監督や出演者などのフランス代表団に続いてスペシャルゲストとして登壇したのは、日仏の映画界の架け橋となる存在といっても過言ではない、是枝裕和監督。

是枝監督:映画祭は本当に映画を愛する人の交流の場で、僕たち作り手にとっても本当に貴重な時間であり、場所です。僕自身を育ててくれたフランス映画、一人の作り手としても、フランスの映画祭などに呼んでいただいて、フランスのファンの人に育てられて映画を作るエネルギーをもらっています。今日来日されているフランスの作り手の方も、日本のみなさんとの出会いによって次の作品を作るエネルギーをもらえる、そんな機会になることを願っています。今日は僕の尊敬するフランスの映画人、またこの映画祭を支えている人たちと同じステージに立て、本当に光栄です。

とフランス映画に想いを馳せました。


スポンサーである日産自動車会長のカルロス・ゴーンさんも

ゴーンさん:フランス映画祭が横浜に戻ってくることに少しでも貢献できてとても嬉しく思います。

と祝福。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、映画祭団長のナタリー・バイさんとフェスティバル・ミューズの常盤貴子さんで日仏の開幕宣言。

ナタリー・バイのフランス語による「フランス映画祭、開催します!」、そしてその日本語通訳の後に同じ”日本語”で開幕宣言をすることになった常盤さん。思わず大きな声で笑ってしまい、
常盤さん:(日本語の通訳があったので)同じことになりました。笑!2018、フランス映画祭、本日横浜にて開催します!

と高らかにフランス映画祭の開幕を宣言しました。その後サプライズとして披露された、巨匠マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』にも楽曲を提供するピアニストの、ジャン=ミシェル・ベルナールの華麗なピアノの演奏後、オープニング作品『セラヴィ!』の上映。華やかに「フランス映画祭2018」の開幕を彩るオープニングセレモニーとなりました。


フランス映画祭2018
6月21日(木)~24日(日)横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらい他にて開催!

公式サイト:
http://unifrance.jp/festival/2018

***********************************