「星野源」タグアーカイブ

小栗旬×星野源 映画初共演! 土井裕泰監督で『罪の声』 映画化


映画情報どっとこむ ralph 2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で国内部門第1位を獲得し、第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得た塩田武士先生の同名小説「罪の声」。

フィクションでありながら、昭和最大の未解決事件をモチーフに、作者の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティに溢れた物語が話題を呼び、現在18万部を超えるベストセラー小説です。

この度、本作の映画化&キャストが決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 主人公の新聞記者・阿久津英士を演じるのは小栗旬さん。

30年以上前に起き、すでに時効となっている昭和最大の未解決事件の真相を追う新聞記者を、その圧倒的な存在感で演じます。
■小栗旬さんコメント
原作を読み終えたあと、開けてはいけないと言われている扉をあけてしまったような興奮と不安を持ったことを覚えています。
この作品を映画化するのか、これは覚悟のいることだなと思いましたが、制作チームにお会いし、皆さんの揺るぎない覚悟を伺って、その覚悟の一員にさせてもらうことを決意しました。
素晴らしいスタッフ、キャスト、そして独特の存在感を持ち、物腰が柔らかく、私自身、時折ただのファン目線で一緒に撮影していることを喜んでしまう、星野源という素晴らしいアーティストと共に作れること。そして、阿久津という人間を通して、数々の声と向き合い、寄り添い、反発しながら、真実の声を聞き逃さないように真相にたどり着けたらと思います。
時代が変わろうとしている今、それでも忘れ去ってはいけない小さな小さな声がある。
ご期待下さい。


もう一人の主人公・曽根俊也を演じるのは星野源さん。

俳優・音楽家・文筆家として幅広く活躍している星野さんが、父から受け継いだテーラーを営み、平凡な毎日を過ごす中で、偶然にも幼少時の自分が知らないうちにこの昭和最大の未解決事件に関わっていたことを知ってしまう男を繊細に演じます。

■星野源さん コメント
3年前、とある作品の撮影中にプロデューサーの那須田さんと雑談していた時。この作品のストーリーを聞き、その発想と恐ろしさに激しく鳥肌が立ったのを今でも覚えています。「この役を源ちゃんでイメージしているんだ」と言って頂いた時から長い年月を経て、その役・曽根俊也を演じられることを感慨深く、嬉しく思います。そして、随分前から知り合っていた小栗くんと初めてじっくりとお仕事できること、心から信頼し、尊敬している土井監督、野木さんとまたご一緒できることも本当に嬉しく、幸せに思います。悲劇でありながらも、人間がこの社会で生きる上でとても大切なメッセージが込められたこの作品の中で、曽根俊也の悲しみと共に生き、演じていきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、『いま、会いにゆきます。』『涙そうそう』『ハナミズキ』『麒麟の翼~劇場版・新参者~』『ビリギャル』など幅広いジャンルを手掛ける土井裕泰。脚本は、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」「アンナチュラル」「空飛ぶ広報室」、『図書館戦争』シリーズなどの野木亜紀子さんが担当。

■土井裕泰監督 コメント
「平成」から「令和」へと時代をまたいでゆくこの春に、小栗旬、星野源という今を代表する2人の表現者とともに、この「昭和」の未解決事件の物語に挑める幸せと責任を感じながら日々現場に立っています。

撮影は既に3月末にクランクインし、6月にクランクアップ予定。公開は2020年を予定しております。

映画情報どっとこむ ralph 『罪の声』

2020年 全国東宝系公開

あらすじ

平成も終わりを告げようとするとき、昭和最大の未解決事件に翻弄される2人の男がいた。
新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる毎日を過ごしていた。そして30年以上前の事件の真相を追い求める中で、どうしても気になることがあった。なぜ犯人グループは、脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか。 京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)は、父の遺品の中にカセットテープを見つける。何となく気に掛かり再生すると聞こえてきたのは、幼いころの自分の声。それは30年以上前に複数の企業を脅迫して、日本中を震撼させた昭和最大の未解決事件で犯行グループが使用した脅迫テープと全く同じ声だった!

やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かうのだった。


***********************************

原作:塩田武士『罪の声』(講談社)
脚本:野木亜紀子
監督:土井裕泰
出演:小栗旬 星野源
制作:TBSスパークル、フイルムフェイス
配給:東宝
Ⓒ原泰久/集英社 Ⓒ2019映画「キングダム」製作委員会
   


星野源“引っ越し”に困り顔!高橋一生、高畑充希『引っ越し大名!』ビジュアル&特報映像も初披露!


映画情報どっとこむ ralph 土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」を犬童一心監督で映画化される『引っ越し大名!』が8月30日(金)に全国公開となります。

そしてこの度、本作のティザービジュアルと初めての映像となる特報が解禁となります!

ビジュアルは縁起の良い紅白を背景とした2種で験担ぎ!

片面には、周囲からは「かたつむり」と呼ばれ、本ばかり読んでいる書庫番の片桐春之介(星野)が引っ越し奉行という大役に任命され、「頭を抱える」表情が写し出されています。
そしてもう片面では、春之介の幼馴染であり武芸の達人・鷹村源右衛門の高橋一生、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を演じる高畑充希の2人のビジュアルを初公開!
本作が時代劇映画初出演となる3人が困り顔、晴れやかな笑顔、心配そうな顔と、各々が演じるキャラクターの性格を表現しながら、力を合わせて城ごと引っ越しプロジェクトに臨む姿をポップに描いています。

映画情報どっとこむ ralph 特報では、<人数:10,000人、移動距離:600km、予算:なし?>のテロップとともに、参勤交代よりも厳しいとされる本作のテーマ・国替え(引っ越し)という超難関プロジェクトに挑む春之介たち藩士の活躍が、コミカルかつスピーディーな映像で映し出されています。普通に取り組んでは絶対に不可能なこのプロジェクトで、 「ひとつ思いつきました!」と語る春之介。一体どのような知恵と工夫とひらめきで、次々に降りかかる難題をクリアし、この難局を乗り切るのか!鷹村源右衛門、於蘭といった個性豊かな姫路藩士たちとともに、無事にこの壮大な引っ越しを成し遂げることができるのか!春之介の「かかれぃ!」という掛け声とともに、今、引っ越しが始まります!



映画情報どっとこむ ralph 本作のテーマは“引っ越し”!(国替え)。
すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題です。そんな引っ越しを幕府から生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。その大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、星野源演じる引きこもり侍の主人公・片桐春之介を含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。

『引っ越し大名!』

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp 

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

***********************************


出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心
配給:松竹
ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会


『引っ越し大名』こと松平直矩は、及川光博!他、追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓した土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。その小説を、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め、また、星野源、高橋一生、高畑充希ら豪華キャストによって映画化される『引っ越し大名!』が8月30日に全国公開となります。

本作のテーマはなんと“引っ越し”!参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題の国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。そんな大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の主人公含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。
映画化発表時より、タイトルにもなっていて物語のきっかけとなる実在の「引っ越し大名」を誰が演じるのか、原作ファンなどの間で話題になっていましたが、いよいよ、解禁です! 引っ越し大名こと松平直矩役は、及川光博に決定いたしました! 生涯7回もの国替えを幕府から命じられた不運の大名である松平直矩を、大名の風格漂う及川が時に熱く、時にコミカルさも加えながら演じ、新しい大名を生み出しました。


そして、春之介と共に引っ越しに奮闘する姫路藩士たちを演じる超豪華キャストも解禁です!

多額の費用工面に協力する勘定頭・中西監物役には濱田岳。冷酷な上司との狭間で葛藤しながらも春之介を支えます。 勤勉で将来有望な藩士・山里一郎太役には小澤征悦。春之介との熱き友情で物語を盛り上げます。 次席家老・藤原修三役には西村まさ彦。春之介に飄々とプレッシャーをかける役どころを表情豊かに演じます。 春之介を引っ越し奉行に命じる国家老・本村三右衛門役には松重豊。圧倒的な存在感で映画のスケールを大きなものに昇華しています。 この度、邦画界を代表する豪華キャストが集結し、映画「引っ越し大名!」を鮮やかに彩ります。

映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』
引っ越しは戦ござる!
姫路藩書庫番の片桐春之介は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。
藩まるごと1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。
 国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!与えられた期限は3か月!
 果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

***********************************

出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊) 
監督:犬童一心
配給:松竹
ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会


中村誠監督、高森奈津美 登壇『ちえりとチェリー』初日。星野源はビデオメッセージ


映画情報どっとこむ ralph 高森奈津美・星野源をはじめ豪華キャストでおくる、心温まる日本初の長編オリジナルパペットアニメーション『ちえりとチェリー』が、口コミで話題を呼び、ついに全国公開!

2月15日(金)より全国のイオンシネマにて全国ロードショーとなり、公開を記念した初日舞台あいさつに、主人公ちえりの声優を務めた高森奈津美と中村誠監督が登壇しました。同監督作品チェブラーシカによるサプライズも!

日時:2月15日(金)
場所:イオンシネマ
登壇:中村誠監督、高森奈津美

映画情報どっとこむ ralph 初日の2月15日(金)にはイオンシネマ「シアタス調布」で初日舞台あいさつが行われ、主人公ちえり役の声優・高森奈津美さんと中村誠監督が登壇しました。

大好きな父親を亡くし喪失感を抱えた少女ちえりが、いのちの輝きと向き合い、新たな未来に向けて一歩を踏み出そうとする姿を描いた本作は、命と想像力の大切さをテーマに、困難を乗り越えようとする少女がちょっぴり大人になる心の成長の軌跡を、ファンタジックな美しい映像で描き出しました。大勢の観客で埋まった会場内を見渡した高森さんは

高森ん:こうして全国上映となって。皆さまにお会いすることができてうれしいです。

とあいさつ。

中村監督:皆さまの声で全国公開に引き上げていただきありがとうございます。

と笑顔を見せました。

映画情報どっとこむ ralph 2016年よりスローシネマという上映活動をスタートした本作は、チケットの完売が続出。
観た方から”もっと多くの人にこの作品を知ってもらいたい”という熱い要望をいただき、全国での公開が決定した、という経緯があります。そのことについて

中村監督:少しずついろんなところをまわって、いろんな声をいただきました。その言葉を聞くと、手応えというよりは、皆さんに届いているんだなという感覚がありました。

としみじみ。


高森さん:わたしたちがアフレコをやったのは4年くらい前だったと思います。それからスローシネマで上映しているという状況は知っていたので、全国上映と言われても実感が湧かなかったんですけど、イオンシネマで映画を観た声優の方とかから『「ちえりとチェリー」という映画がやるんだね』とか、『今度はこういう作品に出るんだね』と言われることがここ1カ月くらいで増えてきて。それでやっと本当に全国で上映するんだなということを実感しました。今日から上映が始まるということで、皆さんがこれからどういうことを感じてくださるのかな、と思うと感慨深いし、ワクワクしております。

と晴れやかな顔を見せました。


高森さんのキャスティングについて

中村監督:最初の方では、ちえりちゃんはいわゆるいい子ではない。でもそれには理由があって、映画の中で少しずつ変わっていくという役柄なんですが、そういった生来持ってる哀しみというものを高森さんの声に感じていました。高森さんなら段階を追って成長していく過程を演じてくれる、という信頼感があってお願いしました。

と説明。高森さんへのオーダーは「普通にやって」ということだけだったと言いますが、当の高森さんは

高森さん:一番難しいオーダーがきたなと思いました。大人が子どもを演じるわけなんですが、アニメのように絵の華やかさに助けられるタイプの役じゃない。等身大の、わたしたちの身の回りにいるような女の子なので、普通が一番難しいなと思いました。

と感じたそう。これに

中村監督:ごめんなさい。今日、9年ぶりに謝ります。

と返答し、会場を沸かせました。

この日はチェリー役の星野源さんのビデオコメントも上映。

パペットアニメーションの声優初挑戦だったという星野さんは、楽しみながらアフレコを楽しんだということをビデオメッセージの中で明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そしてイベント終了時には同時上映の『チェブラーシカ 動物園へ行く』の主人公チェブラーシカが来場し、高森さんに花束をプレゼント。会場をほっこりした雰囲気に包み込みました。

ちえりとチェリー

www.chieriandcherry.com

STORY
誰もがみんな、いのちの火を持っているー
ちえりは小学6年生の女の子。幼い頃に父を亡くし、母親と二人暮らし。そんなちえりの唯一の友人は、蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”で、ふたりはいつも一緒にいた。ある日、久しぶりに祖母の家を訪れる。そこでちえりを待ち受けていた事とは・・・。空想と現実の狭間で、不思議な冒険が始まる!
***********************************

キャスト(声の出演):高森奈津美、星野源、尾野真千子、栗田貫一、田中敦子、伊達みきお(サンドウィッチマン) 、富澤たけし(サンドウィッチマン)ほか

原作・監督:中村誠 
脚本:島田満、中村誠 
キャラクターデザイン:レオニード・シュワルツマン、伊部由起子 
音楽:大谷幸 
主題歌:Salyu「青空」(TOY’S FACTORY)

製作:「ちえりとチェリー」製作委員会(フロンティアワークス、東映アニメーション、ギャガ) 
配給:フロンティアワークス 
配給協力:イオンエンターテイメント 
上映時間:54分 
Ⓒ「ちえりとチェリー」製作委員会 


高森奈津美、星野源ら『ちえりとチェリー』スタッフ・キャストによるコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 高森奈津美・星野源をはじめ豪華キャストでおくる、心温まる日本初の長編オリジナルパペットアニメーション『ちえりとチェリー』が口コミで話題を呼び2019年 2月15日(金)より全国のイオンシネマにて全国ロードショーとなります。
本作の公開を前に、中村誠監督、声の出演をした高森奈津美、星野源、主題歌を務めたSalyuなど、スタッフ・キャストによるコメントが到着しました。


「ちえりとチェリー」を作り始める少し前、私は母親を亡くしました。
決して褒められたような親子関係ではありませんでしたが、それでも自分と世界を繋いでいた何かの線がふっつりと切られてしまったような喪失感がありました。それから、「命とは何なのだろう」ということを漠然と考えはじめました。企画のスタートとほぼ時期を同じくして、あの東日本大震災がありました。
多くの人が被災しているのを見ながら、そして私と同じように、大きな喪失感を感じているだろう人たちに対して、「物を作る人間は何が出来るのだろう?」ということも考えました。
その中で生まれた物語が、「ちえりとチェリー」です。この映画が皆さんの元に届くことを願っています。
―監督:中村誠


ちえりと、チェリーと、関わっている全ての方々と、この作品をご覧下さったみなさんのお力で、この度全国公開される事になりました。本当にありがとうございます。
大切な人と何度も観て頂けたら嬉しいです。
―ちえり役:高森奈津美

もう既に忘れてしまっていた幼い自分と、その頃見ていた景色、現実と空想を同時に映したようなあの景色を思い出させてくれました。
凄くかわいくて、凄く感動できるお話になっていると思います。是非皆さん、楽しんで頂けたらと思います。
―チェリー役:星野源


丁寧に築き上げられた心温まる感動作。仲間に入れていただきとても嬉しいです。
私もたくさんの方に「ちえりとチェリー」を観ていただきたいです。
―主題歌:Salyu

この物語の主人公・少女ちえりは、大好きだったお父さんを亡くした痛みを、小さな心にとじこめて生きています。
ちょっぴり弱虫だったちえりは、想像力の世界で楽しい友だちに出会い、不思議な出来事を体験して、困難を乗りこえる強さを身につけていきます。
そして、大冒険の果てに、かけがえのない宝物が自分の心のなかにあったことに気づくのです。
『大切なもの。それは家族の愛と、前に進んでいく勇気』
……たくさんの方の心に、暖かい涙と、感動を届ける映画です。
―脚本:島田満


私が「ちえりとチェリー」に参加できたことは、この上ない喜びです。
私には、中村監督がロマン・カチャーノフのソビエト・クラッシク・アニメーションの伝統を引き継いでいると思えてなりません。作品には善意に満ちた心が感じられ、キャラクターのイメージは、カチャーノフ監督の≪ミトン≫のように心に訴えてきますし、私たちを感動させてくれます。
―美術監督:レオニード・シュワルツマン

映画情報どっとこむ ralph 本作は、『劇場版 チェブラーシカ』(10)を手掛けた中村誠監督が、主要スタッフを再集結して完成させた日本初となる長編オリジナルパペットアニメーション。大好きな父親を亡くし喪失感を抱えた少女ちえりが、いのちの輝きと向き合い、新たな未来に向けて一歩を踏み出そうとする姿を描いた冒険ファンタジー。命と想像力の大切さをテーマに、困難を乗り越えようとする少女がちょっぴり大人になる心の成長の軌跡を、ファンタジックに美しい映像で描く。2016年よりスローシネマという上映活動をスタートし、チケットの完売が続出!観客からの熱い要望を受け、遂に全国公開が決定しました。



声の出演には、主人公ちえり役に豊富なキャリアを持つ声優の高森奈津美、ちえりが蔵で見つけたぬいぐるみで、助言者として彼女に寄り添う‟チェリー″役に星野源、ちえりの母親役に尾野真千子、ほか栗田貫一やサンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしといった錚々たるメンバーが顔を揃えている。し新たな愛すべきキャラクターを作り上げた。そして、チェブラーシカ最新作『チェブラーシカ 動物園へ行く』も同時上映される。


ちえりとチェリー

2/15(金)より全国のイオンシネマにて2週間限定ロードショー!(一部劇場を除く)

www.chieriandcherry.com

STORY
誰もがみんな、いのちの火を持っているー
ちえりは小学6年生の女の子。幼い頃に父を亡くし、母親と二人暮らし。そんなちえりの唯一の友人は、蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”で、ふたりはいつも一緒にいた。ある日、久しぶりに祖母の家を訪れる。そこでちえりを待ち受けていた事とは・・・。空想と現実の狭間で、不思議な冒険が始まる!

***********************************


キャスト(声の出演):高森奈津美、星野源、尾野真千子、栗田貫一、田中敦子、伊達みきお(サンドウィッチマン) 、富澤たけし(サンドウィッチマン)ほか
原作・監督:中村誠
脚本:島田満、中村誠 キャラクターデザイン:レオニード・シュワルツマン、伊部由起子 音楽:大谷幸 主題歌:Salyu「青空」(TOY’S FACTORY) 製作:「ちえりとチェリー」製作委員会(フロンティアワークス、東映アニメーション、ギャガ) 配給:フロンティアワークス 配給協力:イオンエンターテイメント 
上映時間:54分 
Ⓒ「ちえりとチェリー」製作委員会