「星めぐりの町」タグアーカイブ

小林稔侍,壇蜜,荒井陽太,神戸浩,高島礼子,登壇!映画「星めぐりの町」完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 小林稔侍が76歳にして初主演した愛知県豊田市が舞台の映画「星めぐりの町」の完成披露試写会が11月25日、この日がオープンのイオンシネマ豊田KiTARAで行われ、小林稔侍をはじめ共演の壇蜜、荒井陽太、神戸浩、高島礼子、メガホンを取った黒土三男監督が舞台挨拶に登壇しました。

日付:11月25日
会場:イオンシネマ豊田KiTARA
登壇:小林稔侍,壇蜜,荒井陽太,神戸浩,高島礼子,黒土三男監督

映画情報どっとこむ ralph 大観衆の中、イスズ ベレット1600GTに乗った小林稔侍、トヨタスポーツ800に乗った壇蜜、トヨタ2000GTに乗った高島礼子、トヨタクラウンDX(デラックス)に乗った黒土光男監督がレッドカーペットに登場した。

映画情報どっとこむ ralph
レッドカーペットの感想を聞かれ

小林さん:初めてでして。私は映画会社に入りまして、ずっと下から上を見てばかりで、汚い路地裏ばかり歩いていたようなものですから。監督に思いを拾っていただいて。レッドカーペットを、新しい靴で歩きました。タキシード用の靴じゃないんですけども。長年の忸怩(じくじ)たる思いで歩きました。タキシードも初めて着ました。なんだかクラブのマスターみたいな感じですけれども。ホコリを被っていたタキシードも喜んでます。温かい皆さんのおかげでこうして先行上映が行えました。ありがとうございます。
壇蜜さん:私も初めてだったんですけど。チャンスはあったんです。チャンスはあったんですけれども、その時の映画があまりにもお子様向けではないもので、チャンスがなくなってしまい……。レッドカーペットは自分とは縁がないのだろうと思っていました。なので、今日は記憶にとどめておこうと思いながら、歩きました。心なしか、歩幅も広めに歩いていたと思います。これでオープンです、というイベントでレッドカーペットを歩かせていただけるなんて光栄です。2日に1回は行っていた、スポーツクラブもそこにあって。今日も行ってきました。私の心のオアシスin豊田だったので。

と語りました。

高島さん:私はそれより、トヨタ2000GTに乗れたというのが。元々、車好きなものですから。とても興奮しました。他にもクラウンとか。それが走っているのを見るだけで非常に、感動しました。でもそれが豊田の町には馴染んでいる感じがしたりして。

と興奮気味。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶において、小林さんは初主演の感想を聞かれ、
小林さん:まるで宝くじに当たったような。また当たらないかな、なんて思ってるんですが。97%くらいずっと私の役、勇作さんを書いてくださって、それにまずびっくりしました。普段はテレビの仕事が多いですが、一つの役でこんなに出ていいのかな、という気がしました。この映画も、出会いの物語です。『サヨナラだけが人生』という大切な、大きな言葉がありますが、出会いというのはとても大事で。出会いが人生の始まりだと。右に行くか左に行くかで人生は大きく変わりますから。こんな俳優ですが、色んな人と出会ってここまで来られました。こんな歳でもこんないい出会いがあったんですから、若い皆さんも出会いを大切にして欲しいと思います。良い出会いは、人生の全てです。

と驚きと喜びを語った。愛知県民の神戸は「We Love 豊田。」と豊田愛を語った。黒土監督から小林さんが兄のように慕っていた故・高倉健さんの名前が挙がり、

小林さん:どこかで健さんも観てくれていると思う。

と語りました。


映画情報どっとこむ ralph 星めぐりの町

は1月20日(土)より愛知県先行上映、1月27日(土)より丸の内TOEIほか全国公開。
映画では主人公の実直な豆腐屋・島田勇作を演じる小林稔侍が 東日本大震災で家族全員を失った少年・政美に優しく寄り添いながら、心の再生を見守る昔気質の男を存在感たっぷりに演じる。少年役は、オーディションで選ばれたシンデレラボーイの荒井陽太。勇作とふたりで暮らす娘・志保役には壇蜜。勇作が豆腐を卸している料理屋の女将を高島礼子が演じるほか、平田満、六平直政、神戸浩ら実力派俳優が脇を固める。『蝉しぐれ』(05)以来12年ぶりの映画となる黒土三男監督が、ものづくりのまち愛知県豊田市全域でロケを行い、人と自然に誠実に向き合い、額に汗して働き、生きる人々の物語。

***********************************

出演:小林稔侍/壇蜜 荒井陽太/神戸浩
六平直政/平田満/高島礼子

脚本・監督:黒土三男『蝉しぐれ』
音楽:羽岡佳
エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子
プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション/ケイセブン
宣伝協力:プリマステラ
上映時間1時間48分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
©2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会


小林稔侍、壇蜜 映画『星めぐりの町』場面画像到着!


映画情報どっとこむ ralph 小林稔侍主演の映画『星めぐりの町』が、2018年1月27日より、丸の内TOEI他、全国公開となります!

この度、主人公・勇作が「生涯をかけて取り組む豆腐づくり」のシーンと、ともに暮らす親子(小林稔侍、壇蜜)が、自然と寄り添いながら生活している様子が伺えるシーンを切り取った「囲炉裏で豊かな食卓を囲むシーン」など、8点の写真が解禁しました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は2011年の震災時に千葉県で被害にあった黒土監督が、その後姉や兄が暮らす豊田市に移住、その自然あふれる場所で生活していく中で強く感銘を受け「この地に根を張り、人と自然に誠実に向き合い、生きる人々の物語を描きたい」という想いから実現、オールロケ地である豊田市の劇場にて本作を先行公開することも決定しました。

ミッドランドスクエアシネマ/イオンシネマ豊田KiTARA/トヨタグランドの3館にて

映画情報どっとこむ ralph 名匠・黒土三男監督が紡ぎ出す、かけがえのない日常。

黒土三男監督のコメントが到着していますので、どうぞ!

2011年3月、東日本大震災が起こりました。
千葉県浦安市にあった自宅は半壊し、私は姉や兄を頼って豊田市に移り住みました。

豊田市に来たのは初めてではありません。40年も前からしょっちゅう遊びに来ていました。

だから豊田の町のことはよく知っていました。「そうだ、豊田の町を舞台にして、映画を作ろう」そう思ったのは、ごく自然なことでした。この映画に登場するのは、偉い人でも何でもありません。

ごく普通の人々です。
企業に勤める人、農業や漁業を営む人、商店街で働く人、米屋さん肉屋さん八百屋さんなどなどです。
映画の舞台となる場所も、町、山、川、田んぼ、会社、工場・・・などごく普通の風景です。

そんな豊田の普通の場所と普通の人々が織りなす感動的な映画にしたいと思っています。
クスクス、ゲラゲラ笑って、けれど次第に涙がぽろぽろ流れ、映画が終わっても席を立てない、いや立ちたくない、そんな映画を作りたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『星めぐりの町

2018年1月27日(土)より丸の内TOEI他、全国公開。

物語・・・ 
家族を失った少年と、実直に生きる豆腐屋との運命の出会い。
心の再生を通じて、生きていくことの大切さを教えてくれる物語。
妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする主人公の島田勇作。京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやって来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然の不幸により心に傷を抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。 自然に根差した自給自足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう。

***********************************

出演:小林稔侍/壇蜜 荒井陽太/神戸浩
六平直政/平田満/高島礼子

脚本・監督:黒土三男『蝉しぐれ』
音楽:羽岡佳
エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子
プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション/ケイセブン
宣伝協力:プリマステラ
上映時間1時間48分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
©2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会


小林稔侍、映画初主演『星めぐりの町』俳優55年目にして夢を果たす


映画情報どっとこむ ralph 映画やドラマなど、数多くの作品に名バイプレイヤーとして出演する 小林稔侍主演の映画『星めぐりの町』が、2018年1月27日より、丸の内TOEI他、全国公開することが決定しました!

主人公の実直な豆腐屋・島田勇作を演じるのは、76歳にして本作が映画初主演となる小林稔侍。

小林稔侍さんからのコメント
映画初出演の話をもらった時は、夢というか、信じられなかった。 今までも何回か話はあったけど、立ち切れたりしてて、本当に自分が主演の映画を撮れる なんて思ってもいなかったんです。これも人との縁だと思っています。色んな縁が重なって、こうして夢を果たせて本当に嬉 しいですし、黒土監督をはじめ、みなさんに感謝しています。映画の中では、震災で心に傷をもった少年と主人公が出会います。少年は主人公に出 会えたからこそ変わっていけるようになる。そんな少年の成長に、僕は凄く共感したんです 。人との縁が、人生を大きく変えることってありますよね。本作品をみて、一人でも多くの方 に「人の縁の大切さ」や「生きることの素晴らしさ」を感じてもらえると嬉しいです。
映画情報どっとこむ ralph 震災で家族を失った少年・政美に優しく寄り添いながら、心の再生を見守る昔気質の男を存在感たっぷり に演じる。家族を失った少年役は、オーディションで選ばれたシンデレラボーイの荒井陽太。

勇作とふたりで暮らす娘・志保役には壇蜜。

勇作が豆腐を卸している料理屋の女将を高島礼子が演じる ほか、平田満、六平直政、神戸浩ら実力派俳優が脇を固めています。

また本作は、『蝉しぐれ』(05)など数々の映 画を手掛けてきた黒土三男監督が、ものづくりのまち愛知県豊田市全域でロケを行い、人と自然に誠実 に向き合い、額に汗して働き、生きる人々の物語を描いたハートフルヒューマンドラマが誕生しました。
映画情報どっとこむ ralph 予告は、島田勇作が、2011年の震災で家族を全て失った一人 の少年を、不思議な縁で預かることから始まる。しかし、どんなに 気持ちを尽くしても少年は心を閉ざしたまま。うんざりする娘(壇 蜜)だったが、勇作は「この子は想像もできないほどひどい目に あってきたんだ」と娘を諭し、根気強く少年と向き合い続ける。し かし、一台の消防車がサイレンを鳴らしながら走り去る姿に少年 は「幸せが一瞬で、また消える」ことに怯えてしまう。そんな少年 に対して勇作はどんなに辛くても一人で強く生きていく力を持つ ことの大事さを伝える。囲炉裏で炊いた土鍋のご飯や美味しい 手作りお弁当など、見るだけで優しい気持ちになる愛知県豊田 市の食や自然の風景なども必見です!


物語・・・
妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする 主人公の島田勇作。京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっく りと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届け る生活を続けていた。そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、 東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやっ て来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然の不幸により心に傷を 抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。 自然に根差した自給自 足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、 少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている 最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災 の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう…。

***********************************

出演:小林稔侍/ 壇蜜 荒井陽太/神戸浩 六平直政/平田満/高島礼子
脚本・監督:黒土三男『蝉しぐれ』
音楽:羽岡佳 /エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子/プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション/ケイセブン
宣伝協力:プリマステラ
上映時間1時間48分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
(c)2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会