「早乙女太一」タグアーカイブ

最後のピースがはまった!「キルラキル」本能字四天王、再繍結 !柚木涼香、プロメア参戦!


映画情報どっとこむ ralph 「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)のTVシリーズを手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組む、TRIGGER制作の待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)より公開!

さらに本作の声優キャストとして松山ケンイチさん、早乙女太一さんのW主演が実現!
堺雅人さん、ケンドーコバヤシさん、古田新太さんと超豪華声優陣の発表も続き、更に主題歌アーティストとしてSuperflyの参加が発表されるなど、公開までの期待がどんどん高まっています!

そしてこの度、「キルラキル」で主人公・纏 流子と相対するライバル・鬼龍院 皐月を演じた柚木涼香が『プロメア』に参加していることが分かり、SNS上で大きな反響を呼んでいます!
本作では「天元突破グレンラガン」(2007)の主要キャラクター・カミナを演じた小西克幸を始め、纏 流子を演じた小清水亜美など過去の今石×中島作品への参加経験があるメンバーが多数参加しています。中でも「キルラキル」の中で圧倒的な存在感を誇る生徒会四天王(吉野裕行、稲田徹、新谷真弓、檜山修之)全員が本作に参加していることから、生徒会長・鬼龍院 皐月を演じた柚木の参加はファンから待ち望まれていました。

映画情報どっとこむ ralph また今回W主演として声優を務めた松山、早乙女、そして堺は劇団☆新感線への出演経験があることから、脚本の中島らスタッフ陣の第一希望でキャスティングされており、今回の柚木の参加によって今石×中島作品のオールスターともいえるキャスト陣がより一層豪華なものとなりました!本作で柚木が演じるのは堺が演じるクレイ・フォーサイトの秘書ビアル・コロッサス。クールな大人の女性といった雰囲気のキャラクターですが、果たして劇中でどのような活躍を見せるのか…? SNSでも「プロメア、キルラキル生徒会メンバー勢揃いやんけ!」、「本能字学園の王もプロメア参戦や…」、「プロメア、絶対クレイラスボス説はミスリードで秘書のビアルがラスボスで松ケンvs柚ねえという新感線vsキルラの構図やるやつじゃないですか……」などその活躍に期待する声が数多く寄せられています!

また柚木からも「キリッとしたビジュアルが最高にクール!熱いトリガー作品に再び参加できて胸踊りました!」とのコメントが届いています!

更に、4月6日(土)からは「キルラキル」の再放送がTOKYO MXにて毎週土曜21時00分からスタートしており、ファンからは「1話から他のアニメの最終回以上の勢い。

これが、失速せずに2クールやるから、もう面白くないわけがないんだよなあ·····。」、「何度見ても胸焼けする濃さの1話だなぁ(笑)」、「キルラキルの1話は100回観ても飽きないほど面白いぞ!ちなみにその後も全部面白いから全人類はキルラキルから逃げるな!」など熱い反応が多数!

映画情報どっとこむ ralph 公開に向けて益々燃え上がる『プロメア』から目が離せません!!!

5月24日(金)世界大炎上‼

公式HP:
promare-movie.com

公式Twitter:
@promare_movie

ストーリー
世界大炎上。
全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の出現だった。あれから30年――攻撃的な一部の面々が〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。

対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロ(松山ケンイチ)と〈マッドバーニッシュ〉のリーダー・リオ(早乙女太一)。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は̶̶。

***********************************


【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香
【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき

監督:今石洋之
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト

美術:でほぎゃらりー
美術監督:久保友孝 
色彩設計:垣田由紀子
3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 
編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 
音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じ込めて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松山ケンイチ・早乙女太一サプライズ登壇!AnimeJapan2019 『プロメア』スペシャルステージ


映画情報どっとこむ ralph 「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)を手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組む、製作TRIGGERの完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)全国公開いたします!

新たな情報が解禁される度に大きな盛り上がりを見せる本作は、声優キャストとして松山ケンイチさん、早乙女太一さんをW主演に迎え、堺雅人さん、ケンドーコバヤシさん、古田新太さんと超豪華声優陣が参戦しています!

この度、3月23日(土)から4日間開催されている、世界最大級のアニメイベント、AnimeJapan2019にて『プロメア』のスペシャルステージが行われ、松山ケンイチ(ガロ・ティモス役)さん、早乙女太一(リオ・フォーティア役)さん、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)さん、稲田徹(バリス・トラス役)さん、今石洋之監督、中島かずき(脚本)さんが登壇しました!

AnimeJapan2019 『プロメア』スペシャルステージ 
日時:3月24日(日) 
場所:東京ビッグサイト AnimeJapan COBALTBLUEステージ
登壇:松山ケンイチ(ガロ・ティモス役)、早乙女太一(リオ・フォーティア役)、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)、稲田徹(バリス・トラス役)、今石洋之(監督)、中島かずき(脚本)

映画情報どっとこむ ralph 24日(日)に行われたスペシャルステージイベントには、公開を待ち望む約1000人のファンが集結し早くも、その期待の高さが伺えます。

イベントが始まると、今石洋之監督と、脚本を手掛けた中島かずきさん、本作に声優として参加している佐倉綾音(アイナ役)さん、稲田徹(バリス役)さんが登壇!

ファンからの盛大な拍手で迎えられました。


そして、会場のお客様にはサプライズのW主演の松山ケンイチ(ガロ役)さんと早乙女太一(リオ役)さんも登場!
知らされていなかったファンからは歓声が上がり、会場のボルテージは作品の熱さに負けないぐらいの熱気に満ち溢れました。今回、AnimeJapanに初参加となった松山さんは

松山さん:熱いお迎えありがとうございます!お客さんとして来たかったな(笑)熱気があって感動しました!
と興奮した様子で語り、同じくAnimeJapan初参加となった早乙女さんも

早乙女さん:ここに来られて嬉しいです。向こう(ステージ外)が気になって、うずうずしています!
と会場の盛り上がりに喜びの様子をみせました。

本作は今石監督×中島かずきさんの初のオリジナル劇場作品ということで、

今石監督:長い時間かけて構想を重ね、過去最高に手間暇掛かった作品です。

と話し、

中島さん:劇場版なので、劇団☆新感線でご一緒していた松山さん、早乙女さんに声優をお願いしました。本当に第一希望が通って、AnimeJapanで2人と一緒に出るのは不思議な気持ち。声優も含めて新しいチャレンジです。

とこの豪華声優のキャスティングが実現した経緯を語り、会場を盛り上げました。

また、ご自身が演じたキャラクターについて

松山さん:勇気を与える熱を持ったキャラクターです。

と熱血漢・ガロについて語り、早乙女はオファーを貰った経緯を聞かれると

松山さん:とても、嬉しかったです。舞台中にお話しを貰って、すぐにやります!と返事をしました。

と作品に参加できた喜びを語りました。

また、TRIGGER作品の常連でもありイベントでは自身が演じるバリスの格好で登場した稲田さんは

稲田さん:もし、この作品に出られなかったら(悔しくて)作品を観ることは出来なかった。今回、参加できたのでいい形で作品を観ることが出来ます!

と作品への熱い思いを話しました。

また、佐倉綾音さんはトリガー作品でオーディションを受けたことがないと話し、更に声が大きい人が受かる!という噂話しを暴露し会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、AnimeJapan参加が叶わなかった堺雅人さんの声の演技についても言及し、

松山さん:3人でアフレコが出来たのですが、本当に芝居をしているような感じで出来た。堺さんの芝居の幅が広すぎて驚いた。

と絶賛!
早乙女さん:叫んだ時の演技が凄かった。3人の中で“誰が一番叫ぶか選手権”ぐらい叫んだのですが(笑)堺さんが一番凄かった。

と堺さんの演技に圧倒されたと話しました。

また、アフレコ現場でのエピソードも披露され、

松山さん:休憩中に3人でニコニコ話していたのに、収録が始まると堺さんが凄い顔をしていた。笑ってはいるんですが、狂気を感じるぐらいです(笑)

と現場での裏話も披露しました。

映画情報どっとこむ ralph イベント終盤では『プロメア』のサントラ発売の決定や、「キルラキル」再放送の決定にBlue-rayBOXの発売が決定したことも解禁され、会場につめかけたファンから割れんばかりの拍手が起こるなど終始盛り上がりをみせました。

『キルラキル』Blu-ray Disc BOX 6月26日(水)発売決定!!
4月6日(土)~TOKYO MXにて再放送決定!!


「キルラキル」Blu-ray Disc BOX6月26日(水)発売決定!
■発売日:2019年6月26日(水)
■形態:完全生産限定版 Blu-ray Disc BOX
■仕様:DISC5枚組
■価格:\28,000+税
■品番:ANZX-12651~12655
■収録内容
★収録話:TV放送全24話+TV未放送の第25話(計25話)
〈完全生産限定版特典〉
★新規描き下ろしBOXジャケットイラスト
★特製ブックレット
★映像特典:PV・CM集
発売:アニプレックス 販売:ソニー・ミュージックマーケティング
※特典内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
「キルラキル」TOKYO MXにて再放送決定!
■日時:2019年4月6日より毎週土曜日21:00~
■放送局:TOKYO MX
※放送日時は都合により変更となる可能性がございます。



映画「プロメア」 オリジナルサウンドトラックCD発売決定!

監督:今石洋之×脚本:中島かずき×アニメーション制作:TRIGGERによる初の完全オリジナル劇場アニメーション
『プロメア』のオリジナルサウンドトラックの発売が決定しました。
■発売日:2019年5月24日(金)
■価格:\3,000+税
■品番:SVWC-70414
■初回仕様限定盤特典:
★三方背ケース
★特製ブックレット
発売:アニプレックス
販売:ソニー・ミュージックマーケティング
※特典内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松山さん:今石さん、中島さんらしい作品ですが、その中に新しい演出、新しい要素が入っています。そこを楽しんでいただけたらと思います。ガロは大人な部分と子供な部分を持ち合わせていますが、いいバランスで持っているキャラクターだと思うので、是非そういう部分も楽しんでいただけたらと思います。

と、作品への期待を語り、イベントは幕を閉じました。

映画『プロメア』

公式:
promare-movie.com

公式Twitter
@promare_movie


***********************************


キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸
【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 
音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
アニメーション制作:TRIGGER  
製作:XFLAG 
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アニメ映画『プロメア』ネズミ役:ケンドーコバヤシ・科学者役:古田新太で参戦!


映画情報どっとこむ ralph この度、「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)のTVシリーズを手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組む、TRIGGER制作の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)に全国公開することが決定致しました!

『プロメア』をさらに熱くさせる追加声優キャストが解禁!!

今年1月に俳優の松山ケンイチさん、早乙女太一さん、堺雅人さんが本作に声優として参加することが発表され、大きな話題となりました!そしてこの度、追加声優キャストが解禁となりました!

本作に登場する消防隊〈バーニングレスキュー〉のマスコット的存在のネズミ・ビニー役に、近年映画やドラマ、声優と活躍の場を広げているお笑い芸人のケンドーコバヤシさんが決定!ケンドーコバヤシさんは実写映画、劇場アニメーションの声優を何度も経験しており、その吹き替えの上手さにも注目されていますが、本作では人間役ではなく、ネズミ役ということもあり、一体どのような声の演技をしているのか。

ケンドーコバヤシさんは、

「今回私が演じたのはビニーというネズミの役です。気合を入れてスタジオに入ったのですが・・・セリフが無い(笑)26年の芸歴の中で初めての経験でした!どうなったかは劇場で確かめてくださいね!」

と、コメント。

映画情報どっとこむ ralph また、劇中で重要な鍵を握る、謎に包まれた科学者デウス役に、その独特な世界観で数々の作品に出演しては強烈な印象を残し続ける個性派俳優の古田新太さん!

古田さんは1984年から〈劇団☆新感線〉に所属しており、劇団の座付作家であり本作の脚本を手がける中島かずきさんとは35年来の盟友。“中島節”を知り尽くす古田さんが本作でどんな演技を見せるのか、非常に注目されています!

古田さんは今回のオファーについて

「デウスの役は(中島)かずきさんから「今回難しい役だけどゴメンね」と言われてオファーされました。台本を読んだら正にかずきさんの脚本らしく、でした。小難しい言葉がいっぱいあって(笑)汗だくで演じさせていただきました。皆様、劇場で一緒に燃え上がりましょう!」と熱いコメントを寄せました。ケンドーコバヤシさんも「今回私が演じたのはビニーというネズミの役です。気合を入れてスタジオに入ったのですが・・・セリフが無い(笑)26年の芸歴の中で初めての経験でした!どうなったかは劇場で確かめてくださいね!」

とコメントしています!

映画情報どっとこむ ralph また、今石洋之監督は二人の演技について「デウス役の古田さんはさすがの存在感でした。ただ・・・キャラクターについては話せません(笑)ケンコバさんのビニーはセリフが本当に面白いので是非とも楽しみしてください!制作陣も完成に向けてラストスパートをかけています。5/24の公開をお楽しみに!」と絶賛!中島かずきさんは「追加のキャストも濃いですよ。古田くんもケンコバさんも、かなり飛び道具な役でお願いしています。お二人の活躍はぜひとも劇場で!僕も完成が待ち遠しいです。皆様もあと少し、お待ちください!」とキャスティングの理由も明かしました!



映画情報どっとこむ ralph AnimeJapan 2019 『プロメア』情報

世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2019」でのスペシャルステージ開催が決定!3月24日(日)に行われる「プロメア」スペシャルステージでは監督の今石洋之さん、脚本を手掛けた中島かずきさん、そしてアイナ役の佐倉綾音さん、バリス役の稲田徹さんが登壇予定となっています!ファンの間で新たな情報を待ちわびる声が多い本作なだけあり、このスペシャルステージではどんな話が飛び出すのか注目です!さらにAnimeJapan会期中、XFLAGブース(東京ビッグサイト 東2ホール)では「プロメア」の特別展示、TOHO animation STOREブース(東1ホール)ではムビチケ先行発売も決定!特製Tシャツをバンドル商品としてご用意、AJ限定特典のB2ポスターも付く豪華な仕様に。「プロメア」情報盛りだくさんのAnimeJapan2019にぜひご来場ください。

【AnimeJapan 2019 『プロメア』スペシャルステージ 概要】
【開催日】3月24日(日)
【場所】東京ビッグサイト Anime Japan COBALT BLUE ステージ
【登壇者】今石洋之(監督)、中島かずき(脚本)、佐倉綾音(アイナ役)、稲田 徹(バリス役)

映画情報どっとこむ ralph 映画『プロメア』
5月24日(金)全国大炎上ロードショー‼

公式HP:
promare-movie.com    

公式Twitter:
@promare_movie

ストーリー
世界大炎上―― 全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種<バーニッシュ>の出現だった。あれから30年――攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロ(松山ケンイチ)と<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオ(早乙女太一)。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は̶̶。

***********************************



【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸

【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG 配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アニメーション映画『プロメア』声優に松山ケンイチ & 早乙女太一 & 堺雅人


映画情報どっとこむ ralph この度、「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)のTVシリーズを手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組み、アニメーション制作:TRIGGERと製作:XFLAGで贈る、待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が今年5月に公開することが決定しました!

2017年夏にロサンゼルスで開催された北米最大のアニメイベント“Anime Expo”で、プロジェクトの立ち上げが発表され、いち早く海外のアニメファンからの注目を集めていた『プロメア』ですが、昨年10月に第一弾PVとティザービジュアルが解禁されるやいなやTwitterでトレンド入りを果たし、本作の注目度と期待度の高さがうかがえました!

映画情報どっとこむ ralph そして!
本作の豪華声優キャスト陣が解禁!

本作の主人公で消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ役に大河ドラマからコメディ映画まで幅広く活躍する国民的俳優の松山ケンイチさん。

松山さん:僕もガロに負けないくらい、思いっきり熱く、そして楽しく演じさせて頂きました。この熱き男たちのド迫力のアクション、人間ドラマを映画館で是非とも体験してください!

ガロの宿敵となるリオ役に舞台、映画やドラマと近年注目作への出演がめざましい早乙女太一さんとのW主演が実現!

早乙女さん:映画も冒頭から熱さ全開の作品となってます。自分も完成が待ち遠しいです!5月の公開をぜひ楽しみにしていてください!」

さらにガロの上司であるクレイ役に日本を代表する 俳優の堺雅人さんが決定しました!

堺さん:私の演じたプロメポリスの司政官、クレイはガロたち<バーニングレスキュー>の後ろ盾をする男です。ただ、、、これ以上はまだ言えません(笑)。

と其々コメントされています!


脚本の中島さんからは

中島さん:松山さん、早乙女さん、堺さんは僕が脚本を書いている<劇団☆新感線>の独特のリズム等を理解してくれている方たちなのでまさに第一希望が通った!という感じです(笑)。完成が本当に楽しみです。

と3人に熱いエール。

今石洋之監督は3人のアフレコを行って

今石監督:今回のキャスティングは本当にはまりました。松山さんの熱い 演技は圧巻でしたし、早乙女さんは第一声で、まさにリオ! でした。堺さんもさすがのセリフ回しでアフレコ現場も非常に楽しかったです。また TRIGGER 作品お馴染みのキャストさん達 にも注目してください!

と感想を述べています。

映画情報どっとこむ ralph さらに『プロメア』の世界感やストーリーも明らかに!近未来的かつカラフルな映像美とドラマティックな音楽から、新元号改元を迎えた日本が新たな時代に突入するのと時を同じくして、新時代アニメーションの誕生を予感させる映像が到着!



「燃えていいのは魂だけだ! 燃えて消すのが俺の流儀だ!」と啖呵を切って派手に登場する松山さん演じるガロと、炎を操る人種<バーニッシュ>である早乙女さん演じるリオが激しく戦うシーンがついにお披露目!

ガロは赤と白を基調とした マシンに乗り込み、消防士の“マトイ”のような武器を豪快に振り回す姿がなんとも勇ましく、怪しげな黒い鎧を身にまといながらも鮮やかな炎で戦うリオも、敵ながら洗練されたカッコいい立ち回りでその存在感を見せつけます!


完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が今年5月に公開

公式HP
promare-movie.com

公式Twitter
@promare_movie

世界大炎上―― 全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種 <バーニッシュ>の出現だった。あれから 30 年――攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に 襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロと <マッドバーニッシュ>のリーダー・リオ。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は̶̶。

***********************************

【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸
【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト 
美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子
3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 
編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 
音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松田龍平、豊田利晃監督 登壇台湾プレミア!「泣き虫しょったんの奇跡」


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。

主演を務める松田龍平さんほか、野田洋次郎さん、永山絢斗さん、染谷将太さん、妻夫木聡さん、松たか子さん、國村隼さんといった<主役級>の豪華キャストが集結!本年度の第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品された話題作が、現在、全国の劇場で絶賛ロードショー中!

この度、台湾で本作のプレミア上映が行われ、松田龍平さん、豊田利晃監督が登壇し、舞台挨拶が行われました。


「松田龍平 最高」という手作りのパネルを持つ観客も見られる中、満席となった会場にゲストらが上映前の舞台に登壇!

場内は一気に黄色い歓声に包みこまれる中、そのまま松田さんと監督も席に腰掛け、観客らと共に本編を鑑賞。

劇中、様々なシーンで笑いが起き、上映後には拍手が沸き起こった!
映画情報どっとこむ ralph そして、その後に観客からの質問に答える“ティーチイン”。

まずは女性客から「この映画に想い入れのあるシーンは?」と問われ

松田さん:奨励会でのシーンがキツかったので、奨励会を退会した後、家のシーンの撮影の時はホッとしたのは覚えています。

と回顧。一方で

豊田監督:やっぱり小学校の先生が松たか子さんだったら最高だなと。そのシーンが、一番夢が叶ったシーンですね。

と即答すると、会場では笑い声が響き渡った。


続く男性客からは、「実際にプロ棋士がたくさん出演されていますが、プロ棋士と対局してみていかがでしたか?プロ棋士の演技についての感想は?」という質問。

豊田監督:プロの将棋指しというのは、皆さん侍のように度胸があって、演技をつけなくても自然に芝居してくれたので助かりました。

と語り、一方で

松田さん:プロ棋士の方たちは皆さん個性があって。劇中の対局シーンでピンク色のスーツを着てらっしゃる神吉宏充さんとか…

と呟くと、監督が(神吉氏が)奨励会時代の先輩だったことを明かすと、会場からは驚きの声があがった。

また、今度は女性客から監督に、「映画全体で一番難しかった撮影はどこですか?」と質問が及ぶと、

豊田監督:やっぱり泣くシーンが一番難しくて。色んな方に涙してもらったんですけど、中学時代の晶司を演じた窪塚愛流の泣くシーンは、てこずりましたね。なかなか涙が出なくて・・・。

と撮影時の苦労を明かした。一方で同じ女性客から、「泣くシーンと泥沼に沈んでいくシーンは、どちらが難しかったのでしょうか?」と松田に質問が向けられ、

松田さん:もちろん泣くシーンでした。劇中でも特に辛い場面だったので。泥沼のシーンは、2回ほど撮影させてもらったんです。撮影は大変そうに見えるかもしれないですが、実はあの泥が美容に良くて。お肌ツルツルになりました(笑)

と満足げで語ると、場内は大爆笑!


さらに話題は本作でしょったんの親友役を演じた野田洋次郎に。「松田さんは野田さんに演技面でのアドバイスなどはされましたか?」という観客からの質問に、

松田さん:まったくないです。逆に僕がすごく助けられることが多かったですね。普段から仲良くしている友人でもあるので、そういう意味でも演じながら“ここからここまでがお芝居”という境界線がなく仕事が出来て、ホッとしました。本当に彼には感謝の気持ちしかないです。

と熱く語ると、観客たちは真剣な様子で静かに耳を傾けていた。

また、イベントでは日本語で質問をする男性客の姿も!
台湾で日本語学校に勤務しているという男性が「この映画は小学校の先生が重要な役を担っていましたが、松田さんが小学校の頃、先生に言われた一言で心に残っているものがあれば、教えていただきたいです」と伝えると、


松田あん:中学生くらいの時に、先生に職員室に呼ばれたことがあって。よくそこで説教されていたんですが、その先生とはよく職員室で話をしたのは今でも覚えていますね。

と懐かしんだ。

場内のあちこちで質問の手が上がる中、イベントでは監督と松田のサイン入りのポスターを観客の中から抽選で1名にプレゼント。

当選した観客は喜びのあまり腰を抜かしそうになりながらも、プレゼントを受け取り、さらに松田と握手も交わす姿も見られた。最後には監督と松田が300名もの観客と記念撮影を行い、最後まで熱気漂う中、ゲストらは会場をあとにしました。

映画情報どっとこむ ralph
泣き虫しょったんの奇跡

物語・・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

***********************************

監督・脚本:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP 
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ