「新藤兼人賞」タグアーカイブ

『鈴木家の嘘』野尻克己監督登壇!第23回新藤兼人賞授賞式「金賞」受賞


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と 再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国大ヒット公開中!
そして!
本日、第23回新藤兼人賞授賞式が行われ、見事「金賞」に輝いた野尻克己監督が登壇しました!

日本インディペンデント映画の父、新藤兼人の名を冠した「新藤兼人賞」。今年第 23 回を迎える同賞 は、 日本映画の独立プロ50社によって組織される日本映画製作者協会に所属するプロデューサーが「この 監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」という観点から、その年の最もすぐれ た新人監督を選ぶ映画賞である。

冒頭、審査員の総評より「満場一致に近い形で『鈴木家の嘘』が選ばれた。野尻監督の助監督として映画 の製作現場を支えてきた経歴や、作品の演出・脚本の力、そしてキャスティングすべてを評価した結果」と絶賛された。

野尻監督:新藤兼人監督の背中を追いつつ、抜かす!

壇上でトロフィーを渡された野尻監督は、開口一番、先日惜しまれながらもこの世を去った映画プロデューサー・黒澤満さんへ
野尻監督:黒澤さんとは生前ご挨拶した程度だったのですが、 とてもかっこいい不良で、やさしいプロデューサーでした。子供の頃に観た作品を思い出し、 かっこいいと思っていました。どうぞやすらかにお眠りください。

と追悼の意を表した。

黒澤さんは今年度特別に設けられた日本映画製作者協会特別賞を受賞している。

映画情報どっとこむ ralph またこの度の受賞について

野尻監督:この場を借りまして、『鈴木家の嘘』のスタッフのみ なさまに御礼を申し上げます。

と感謝の気持ちを述べると、声が詰まり目には涙が。

野尻監督:『鈴木家の嘘』で私は映画監督になることが出来ました。関わってくださったすべての人に感謝 しております。賞というものをあまりもらったことがないので、喜びよりも緊張の方が勝っていますが、とにかく嬉しいです。

と涙をこらえながら喜びの言葉。さらに

野尻監督:新藤兼人監督の冠がついた賞を頂いたということは、これからが映画監督 のスタートラインに立ったということ。また生涯 250 本以上の脚本を手掛け、100 歳まで監督をやられていた方なので、その背中を追いつ つ、抜かすという目標が出来ました。100 歳まで映画を作れるかは分かりませんが、引き続き良い作品を撮っていきたいと思っています。応援宜しくお願い致します!

と今後の意気込みを語った。

野尻克己監督は涙をこらえ感謝!!

野尻監督:『鈴木家の嘘』が私を映画監督にしてくれました。


当日は本作のヒロインを務めた木竜麻生さんも参加し、野尻監督の晴れの日のお祝いに駆け付けた。授賞式後には緊張が解けた野尻 監督と木竜麻生さん二人でツーショットを撮り、喜びを分かち合った。

鈴木家の嘘

公式サイト:
www.suzukikenouso.com
***********************************

監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮 岸本加世子 大森南朋
音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl)
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ハーベストフィルム
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド
©松竹ブロードキャスティング
2018 年/日本/133 分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

趣里 x 菅田将暉 熱演!映画『生きてるだけで、愛。』関根光才監督、新人監督の登竜門「新藤兼人賞」銀賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 『異類婚姻譚』で第 154 回芥川賞を受賞、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子氏の、芥川賞・三島賞候補作となった傑作小説
『生きてるだけで、愛。』が待望の映画化、現在大ヒット上映中です。

キャストには、主演の趣里をはじめ、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗ら実力派俳優が集結し話題に。すでに映画を観た観客からは、「趣里の壮絶な演技に心揺さぶられた」「間違いなく日本映画の新たなる傑作」など、SNSを中心に絶賛の声が続出しています。

この度、本作でメガホンをとった関根光才監督が、優れた新人監督に贈られる「新藤兼人賞」にて銀賞を受賞しました!

『新藤兼人賞』金賞・銀賞は、「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」というプロデューサーの観点で選考を行う“日本で唯一の個性を持つ新人監督賞”です。

「今後の日本映画界を背負う人材を育てたい」という映画製作者達の思いから1996年に創設され、日本のインディペンデント映画の先駆者である故・新藤兼人監督を呼称にいただいた本賞は、今年で23回目を迎えます。

授賞式は12月7日(金)正午より開催いたします。

映画情報どっとこむ ralph 生きてるだけで、愛。
大ヒット上映中!

公式サイト:http://ikiai.jp



今を懸命に生きる、不器用な男女の真っ直ぐでエモーショナルなラブストーリー。

生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが……。

***********************************


出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲 里依紗

原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
監督・脚本:関根光才
製作幹事:ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『鈴木家の嘘』野尻克己監督 「新藤兼人賞」金賞 受賞!!


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて公開となり、11月17〜18日の「ミニシアターランキング」(興行通信社)ではアニメ『続・終物語』に続いて初登場第2位を記録、実写映画では1位となる快調なスタート。

SNSでは、「今年の邦画N0.1」「映画で自分に『革命』が起きたのは『この世界の片隅に』以来はじめて」「今年1番泣いた」「2018年マイベスト映画を更新した」などなど、映画をご覧になった方たちの熱のこもったコメントが続々とあがっております。

橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『セトウツミ』)ら、数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己の監督デビュー作となる本作は、脚本も野尻監督自ら手がけたオリジナルです。

映画情報どっとこむ ralph 日本インディペンデント映画の父、新藤兼人の名を冠した「新藤兼人賞」金賞 受賞!!

将来性のある新人監督と優秀なプロデューサーに授与される2018年度の「新藤兼人賞」の「金賞」に、本作『鈴木家の嘘』の野尻克己監督が選!!

「新藤兼人賞」は、日本映画の独立プロ50社によって組織される日本映画製作者協会に所属するプロデューサーが「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」という観点から、その年の最もすぐれた新人監督を選ぶ映画賞です。

授賞式は12月7日(金)です。

映画情報どっとこむ ralph 受賞の一報を聞いた野尻克己監督のコメントが届いています!
(写真:初日舞台挨拶での野尻監督)

野尻克己監督 コメント

映画の神様の名前が冠についた新藤兼人賞というのはやはり特別の思いがあります。「いい映画を撮れ」という新藤監督のプレッシャーが私に一生つきまとうからです。嬉しいと同時にこれからは映画の神様を背負わなければならない。神様は250本以上の脚本を書きましたが、私は250本以上の脚本を書けるだろうか?神様は100歳まで映画監督をしていたが、私は100歳まで監督ができるだろうか?新しい目標が二つできました。

ここからが本当の映画監督としての本当のスタートラインだと思っています。


鈴木家の嘘

新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて上映中!

公式サイト:
www.suzukikenouso.com

***********************************

監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮 岸本加世子 大森南朋

音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl)
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ハーベストフィルム
2018年/日本/133分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド
©松竹ブロードキャスティング




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『新藤兼人賞』受賞者決定 金賞 『鈴木家の嘘』 銀賞 『生きてるだけで、愛。』P賞『カメ止め!』


映画情報どっとこむ ralph 「新藤兼人賞」は、日本映画の独立プロ50社によって組織される日本映画製作者協会に所属するプロデューサーが 「この監督と組んで仕事をしてみたい」 「今後この監督 に映画を作らせてみたい」 という観点からその年度で最も優れた新人監督を選びます。

他の映画賞とは全く違う選考基準を持ち、現役プロデューサーの みが審査員をつとめる日本で唯一の新人監督賞です。 今年で23回目を迎える本賞は 「新人監督たちを発掘、評価し、今後の日本映画界を背負ってゆく人材を育てたい」 というプロデューサー達の思いから 1996年に 「最優秀新人監督賞」 として始まり、2000年より“日本のインディペンデント映画の先駆者“である新藤兼人監督の名前をいただき現在の名称 となりました。

受賞者には新藤監督デザインのオリジナルトロフィーと、金賞には副賞として 50 万円、銀賞には 25 万円を授与いたします。

2018 年度は 185 作品が選考対象となり、

金賞:野尻克己監督 『鈴木家の嘘』

銀賞:関根光才監督 『生きてるだけで、愛。』

を受賞しました


【プロデューサー賞】 “優秀な作品の完成に貢献を果たしたプロデューサーや企画者”の功績を称えることで映画製作者への刺激を与え、日本映画界の活性化に繋げたいと いう願いから 2005 年創設されたプロデューサー賞は今年14回目を迎えます。 受賞者にはクリスタルクリスタルトロフィーと、副賞として賞金 50 万円を授 与いたします。

『カメラを止めるな!』市橋浩治氏、上田慎一郎氏、豊島雅郎氏



【日本映画製作者協会 特別賞】

永年にわたり質の高い娯楽映画を作り続けている功績を称え贈賞します。 受賞者にはクリスタルトロフィーを授与いたします。

黒澤 満 氏

***********************************






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『凶悪』 新藤兼人賞2013金賞獲得!


新藤兼人賞2013【金賞】を、『凶悪』の白石和彌監督が受賞!!

9月21日全国公開され大ヒット公開中の映画『凶悪』(配給:日活)の白石和彌監督が、新藤兼人賞2013の【金賞】を受賞しました。

白石和彌監督映画『凶悪』の白石和彌監督が
「新藤兼人賞2013」【金賞】を受賞。

【銀賞】には、奥谷洋一郎監督の
『ソレイユのこどもたち』が選ばれました。

過去にこの賞を受賞した監督には、『幻の光』是枝裕和監督、『ハッシュ!』橋口亮輔監督、『蛇イチゴ』西川美和監督、『BORDER LINE』李相日監督、『運命じゃない人』内田けんじ監督、『アヒルと鴨のコインロッカー』中村義洋監督など、現在の日本映画界の最前線で活躍している映画監督たちが名を連ねています。

凶悪メイキング
【新藤兼人賞】とは、日本映画の独立プロ56社によって組織される日本映画製作者協会に所属するプロデュ―サーが「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」という観点からその年度で最も優れた新人監督を選びます。他の映画賞とは全く違う選考基準を持ち、現役プロデューサーのみが審査員をつとめる日本で唯一の新人監督賞です。

今年で18回目を迎える本賞は、「新人監督たちを発掘、評価し、今後の日本映画界を背負ってゆく人材を育てたい」というプデューサー達の思いから1996年に「最優秀新人監督賞」としてはじまり、2000年より、日本のインディペンデント映画の先駆者である新藤兼人監督の名前をいただき、現在の名称となりました。第9回(2004年)から新人監督作品に該当する全作品(前年12月~本年11月公開)の中から選考するという方針になりました。新人監督に該当する作品数は年々増えており、2013年度は、126本の中から選ばれました。


凶悪ポスター授賞式は、12月6日(金)12:00~14:00 東京會舘11階 ゴールドルームにて行われる予定です。

因みに、白石和彌監督は、TAMA映画賞「最優秀新進監督賞」も受賞。(※授賞式は11/23(土・祝) )

今年の年末から年明けに行われる賞レースこの問題作が、いくつ賞を取るんでしょうか!

楽しみです。


****************************************

余談ですが、先日、映画の編集とかやってる先輩と飲みながら話したときに今年は『凶悪』だよね。。

で、一致しました。

********************************************************************


『凶悪』
■出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
■原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
■監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌
■企画協力:新潮社
■配給・宣伝:日活
©2013「凶悪」製作委員会 www.kyouaku.com




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ