「新田真剣佑」タグアーカイブ

オフショットも満載!広瀬すず「ちはやふる -結び-」メイキング映像一部公開!


映画情報どっとこむ ralph 2009年第2回マンガ大賞受賞など、数々の高い評価を受け、累計2200万部を超える国民的大ベストセラーとなった『ちはやふる』(末次由紀/講談社「BE・LOVE」連載中)。2016年に2部作([上の句][下の句])として公開された実写映画は200万人を超える観客動員数を記録しました。

それから2年。
前作から続投の小泉徳宏監督が書き下ろした脚本では、原作にないキャラクター、物語が紡ぎ出され、映画ならではの結末をもって大ヒットシリーズの完結編に相応しい物語が完成、シリーズ3作目にして最高興収となる17億円の大ヒットを記録し、有終の美を飾りました。

その「ちはやふる ―結び―」のBlu-ray&DVDがいよいよ明日10月3日(水)に発売となります。

映画情報どっとこむ ralph 豪華版には<下の句>と<結び>の間に起こったエピソード集「ちはやふる ー繋ぐー」や、未公開映像、メイキング、豪華キャストが登壇したイベント映像集も収められるほか、瑞沢高校競技かるた部員が一堂に会した新撮のシーンセレクトビジュアルコメンタリーも収録されます。

この度、リリースを記念して、Blu-ray&DVD豪華版に収録される映画『ちはやふる』 ファン必見、 感動のメイキング映像<メイキング 「ちはやふる」青春全部懸けて挑んだ最後の夏>を一部公開します。

今回公開されたのは、メイキング映像の一部。
2年振りの撮影に主人公・綾瀬千早 を演じた広瀬すずは「千早として(現場に)みんなといられるか心配だった」と振り返る。 同じ瑞沢高校競技かるた部の一員・大江奏を演じた上白石萌音から「千早ちゃんだ ね」と声をかけられ「嬉しい」と思ったことを明かす。一方の上白石も「また(奏に)戻れる か不安だった」と言い、ただ「(瑞沢かるた部の)5人が揃ったら、あの空気感が蘇ってきて、 わぁ2 年経った瑞沢かるた部だと思った。」とインタビューにこたえている。本作では 5 人 が揃うシーンが少ないが、同じシーンともなれば空き時間はすぐに 2 年前にタイムスリップ。当時、即興で作ったギャグを思い出し、また同 じ様に盛り上がっている映像が微笑ましい。 ただ、撮影が進むにつれて二度と戻ってこられなくなってしまう思い出の場所。メイキング映像では“最後の部室での撮影”“最後の屋 上での撮影”など、その撮影を終える度に思い出に浸るキャスト達が映し出されていく。特に本作(上の句)で初主演を務めた広瀬は、 クランクアップを控えた時の心境を「もうボイコットしたかったです。(クランクアップ後は)心に穴が空いたような感じで。」と振り返り、並々 ならぬ想いで撮影に臨んでいたことが窺える。 この、メイキング映像は10月3日(水)発売の豪華版 Blu-ray&DVDセットの特典映像として収録される。その他にも未公開 映像や、シーンセレクトビジュアルコメンタリーなど 4 時間を超えるの映像特典が収められている。



映画情報どっとこむ ralph 「ちはやふる -結び-」10月3日(水)Blu-ray&DVDリリース

豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付き 3枚組)\5,800+税
通常版 Blu-ray&DVDセット(本編Blu-ray&本編DVD 2枚組)\3,500+税


※「ちはやふる -結び-」Blu-ray&DVD同時レンタル開始
※「ちはやふる 完全版 <-上の句・下の句・結び->【初回生産限定版】 (\9,800+税)同時発売

発売・販売元:東宝
(c) 2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (c) 末次由紀/講談社


***********************************



DA PUMP、会場の 300人と「C’mon, baby パシリム!」『パシフィック・リム:アップライジング』BD&DVDリリース記念 上映会



映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム』から 5 年。続編『パシフィック・リム:アップライジング』のブルーレイ&DVDが、10 月 11 日(木)に発売、レンタル 開始します。


パシフィック・リム:アップライジング』ブルーレイ&DVDリリース記念 親子ペア応援上映会
サプライズゲスト:DA PUMP
日付:2018年9月30日(日)
場所:109シネマズ木場
登壇:DA PUMP

映画情報どっとこむ ralph 親子ペア応援上映会に、DA PUMPの7名がサプライズゲストとして登壇した。
MC からサプライズゲストして紹介された DA PUMP は、劇中に登場する巨大人型戦闘兵器“イェーガー”に乗り込むパイロットを イメージした衣装で登場。

早速、話題の楽曲「U.S.A.」を披露すると、会場は大盛り上がり!!!!


ISSAさん:いつもとは違う衣装なんで すが、これもライブのオープニングで使っていた衣装なんです。今日はこのイベントということで、これを着るしかないだろうと思って着て来 ました。

と挨拶。 本作を観た感想を聞かれると・・・パイロットが2人組で意識を共有して操縦するイェーガーを見て、

YORIさん:もし自分が乗るとしたら、 メンバーの誰と乗ろうかなと考えていました。結果、誰とも乗りたくないなと思いました(笑)!

とコメント。これに対して

ISSAさん:俺だった ら、YORI さんを選ぶな。。。

とラブコールを送くるも・・・

YORIさん:ISSA くんの脳を見たら、トラウマになっちゃいそうですね、すご過ぎて (笑)

と嫌がる素振りを見せると、

ISSAさん:大丈夫だよ!昔の話だろ!(笑)

との苦笑いに会場からは笑いが!!

映画情報どっとこむ ralph 次に、親子で観た思い出の映画として、TOMOさんはドライブインシアターに家族で行って観た『ライオン・キング』、KENZOさんは初めて 映画館で親と観た『ドラえもん のび太と雲の王国』をそれぞれ挙げ、子供の頃の思い出を懐かしんでいた。会場が和やかな雰囲気 となる中、

ISSAさん:俺は映画館に親と一緒に行ったことはあるんですが、“表にいるから見てきなさい”と言われていました。子供向けの映画は見たくなかったのかな?(笑)

と少し変わったエピソードを明かし、これを聞いたメンバーは驚いた様子だった。

続いて、トークは開催された応援上映会にちなみ、

「応援したいこと、応援されたいこと」

について話題に。

DAICHIさん:映画の タイトルがアップライジングですが、僕らの事務所の名前もライジングと言うので、是非応援して下さい!

と自身が所属する事務所をアピール。

ISSAさん:『U.S.A.』を運動会でたくさん使っていただいているようで、一校でも応援しに行けたらいいなと思います

と今後の目標を語った。 その後、TOMOさんを中心に『U.S.A.』の正しい振り付けを会場に集まった親子にレクチャーし、この日のために歌詞が変更された“パ シフィック・リム応援バージョン”を披露。

ISSA が歌う「C’mon, baby パシリム!」のフレーズに合わせ、会場に集まった来場者と一緒に「いいねダンス」を踊り、さらに会場を盛り上げました。
最後に、ISSA は応援上映会に参加した来場者に

ISSAさん:本当に自分の好きタイミング、応援の仕方で声を出して楽しんでいただければ と思います。

と楽しみ方をアドバイスして、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム:アップライジング』


本作の舞台は、前作で描かれた人類が操縦する巨大人型戦闘兵器“イェーガー”と巨大生命体“KAIJU”の戦争から10年後。再び姿 を現した“KAIJU”と人類の命運をかけた新たな戦いが描かれ、その最終決戦の舞台に選ばれたのは“TOKYO”!劇中の随所に見られ る日本愛から目が離せません。さらに主役を演じるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で頭角を現したジョン・ボイエガ!前作に続く 菊地凛子の出演をはじめ、新田真剣佑やスコット・イーストウッドら豪華俳優陣が出演しています。

ブルーレイ&DVD 10月11日(木)発売、同時レンタル開始!

ブルーレイ+DVDセット 3,990円+税

発売・販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント 『パシフィック・リム:アップライジング』

公式サイト:
pacificrim-movie/

© 2018 LEGENDARY AND UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.



***********************************




新田真剣佑、海外映画祭に初参加!映画『OVER DRIVE』in 上海国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大さん・新田真剣佑さんの熱演で大ヒット公開中の映画『OVER DRIVE』。

そんあ、本作が世界12大映画祭の一つ、中国の一大都市・上海で開催となる第21回上海国際映画祭(SIFF)に招待され、6月16日(土)にレッドカーペットアライバル、翌17日(日)に公式上映&舞台挨拶が行われました。

6月16日(土)に行われるレッドカーペットアライバルにあわせ、天才ドライバー・檜山直純を演じた新田真剣佑さんと羽住英一郎監督が現地入り。

虹橋(ホンチャオ)空港には現地ファン200人以上がお出迎え!


2人が到着出口に現れるやいなや「マッケーンッ!!」と大歓声。
現地ファンたちは、手作りうちわや新田の大好物であるタピオカミルクティ持参で上海入りを歓迎!2人は現地の熱狂ぶりに驚きつつも、車に乗り込む最後までファンとの交流を楽しみました。
ボディーガード怖っ!マッケンさんの顔が小さいっのショット!

映画情報どっとこむ ralph その後向かったのは「上海オペラハウス」。
毎年ここでは上海国際映画祭のオープニングを飾るレッドカーペットアライバルが行われています。

新田さんにとって記念すべき海外映画祭デビューとなる本映画祭。全世界から集まったメディア延べ300人以上が待ちわびている深紅のカーペットに登場した新田さんは、煌びやかな衣装に身を包み、初めての海外映画祭とは思えないほど堂々と闊歩!
レッドカーペット上では

新田さん:国境を越えてこの熱い映画は必ず心に届くと思うので、国問わずより多くの方々に楽しんでもらえたら嬉しい。

と語り、さらに今回参加できなかった東出昌大に向かって

新田さん:兄貴ー!兄貴がいたらもっと楽しかったけど、でも兄貴の分まで楽しんでます!

と呼びかけました。

海外メディアからの声掛けに応えつつも、ハンディカメラで自撮りを行うなど映画祭の盛り上がりを満喫し、エンジン全開でレッドカーペットを駆け抜けました!

映画情報どっとこむ ralph 翌6月17日(日)には、1928年に建立された中国最古の映画館で、数々のスター達が舞台挨拶を行った歴史ある「上海大光明電影院(グランドシアター)」にて『OVER DRIVE』のインターナショナルプレミアにもなる公式上映と、上映後の舞台挨拶が行われました。

上海での人気ぶりは凄まじい勢いで、本作の上映チケットは発売した瞬間、即完売。

その熱は当日も伺え、1200席が満席となった劇場での本編上映中、新田さん演じる直純のシーンでは歓声が沸き起こり、クライマックスでは涙を流す現地ファンが続出するなど、上海が『OVER DRIVE』の熱気に包まれました。
上映後、拍手喝采となった場内に2人が登場すると劇場のボルテージはマックスに!熱烈な大歓迎を受けた2人が、それぞれが中国語を披露すると、更なる歓声と拍手に包まれました。舞台上で、

新田さん:
大家好 我叫 新田真剑佑。(こんにちは、私は新田真剣佑です。)
『OVER DRIVE』楽しんでいただけましたか?今度は上海で運転してみたい!羽住監督に、次は上海で撮影ができるような映画を撮ってもらいたいと思います(笑)。上海の方々は、僕の出身・アメリカのようにとてもフレンドリーで親しみやすい。次はプライベートで上海を訪れたいです。

羽住監督:
大家好 我是 导演 羽住 英一郎。(こんにちは、私は監督の羽住英一郎です。)
电影 好看吗?(映画はいかがでしたか?)
上海は、何もかもが大きいと感じました。そんな上海で、次は『OVER DRIVE 2』の上海ラウンド撮りたい。その為にも、中国で大勢の方たちに『OVER DRIVE』を観てもらえたら嬉しいです。

と、実現したら面白い思いを披露しました!

その後、質疑応答が繰り広げられ、上海の印象や本作に込めた想いを熱く話す新田に、現地ファンは終始歓喜の声を上げていました。相次ぐ質問に答えながらファンたちとの交流を楽しんだ2人は、最後に感謝の気持ちを述べ、大盛況のうちに舞台挨拶が終了しました。

おまけショット!上海料理に舌鼓のお二人。

第21回上海国際映画祭『OVER DRIVE』公式上映
日時:2018年6月16日(土)
レッドカーペット 18:00~19:00 @上海オペラハウス
2018年6月17日(日)
上映後舞台挨拶 12:20~13:00 @上海大光明電影院(グランドシアター)
登壇者:新田真剣佑、羽住英一郎監督   

映画情報どっとこむ ralph 「OVER DRIVE」 
公開:大ヒット上映中



ストーリー

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。
スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。

「攻めなきゃ、勝てねーから!」

WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。

真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。

なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。
***********************************

東出昌大 新田真剣佑
森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎

監督:羽住英一郎
脚本:桑村さや香
音楽:佐藤直紀
公開: 6月1日(金) 全国東宝系公開
配給:東宝

制作プロダクション:ロボット
©2018「OVER DRIVE」製作委員会
   


東出昌大x新田真剣佑x北村匠海「OVER DRIVE」スペシャルロングトレーラー解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画「OVER DRIVE」(6月1日公開)の監督を務める羽住英一郎が自ら監修した、約3分におよぶ【羽住英一郎監督監修スペシャルロングトレーラー】がこのたび解禁となりました!
本作の主題歌・WANIMAの「Drive」に熱い感銘を受けた羽住監督が新たに監修し完成した本映像。

初解禁となる本編映像も多数含まれ、さらに予告編とは異なる箇所を使用されたWANIMA「Drive」も本映像の見どころのひとつ。胸を突くエンジン音とダイナミックなラリーシーンから始まり、東出昌大と新田真剣佑が演じる檜山兄弟はじめ、過酷な自動車競技『ラリー』に己の全てを懸ける男たちのドラマを映し出します。篤洋(東出昌大)と直純(新田真剣佑)の衝突と涙、直純とライバル・新海(北村匠海)の熾烈な闘い、そしてラリーカーに全てを注ぐ篤洋率いるメカニックチームのプライド。

疾走感と希望に溢れた主題歌「Drive」と共に駆ける映像に、見るものすべての胸がアツくなること間違いなし!!!


羽住英一郎監督コメント

映画『OVER DRIVE』の編集上がりを観て、「今からすぐスタジオに入って曲を作ります!」と言って試写室を後にしたWANIMAの三人から届いた主題歌「Drive」。まさに映画の持つアツいテーマを観客たちの心のど真ん中に投げ込む素晴らしい楽曲に心震えました!そしてこの曲に映画の世界を凝縮した映像作品を作りたい衝動に駆られました。このロングトレーラーを観て映画本編を観る、映画本編を観てからまたこのロングトレーラーを観て更にアツくなる。そんな楽しみ方をしてもらえたら最高です!

映画情報どっとこむ ralph “信じて、駆けろ!!”

OVER DRIVE』は6月1日(金)全国公開となります!

『OVER DRIVE』は、公道をアクセル全開で駆け抜ける最も過酷な自動車競技、『ラリー』の世界を舞台に、若者たちの熱い絆と愛を描いた、新たなヒューマンエンターテインメント映画。完全オリジナル脚本となる本作の監督を務めるのは、『「海猿」を超える作品にしたい』と自ら語る、羽住英一郎監督。「海猿」「MOZU」「暗殺教室」など数々の大ヒット作品を手掛けた確かな演出力と、最新の撮影機材を駆使し、誰も見たことの無い圧倒的なカーアクションと、若者たちの絆と愛を描いたヒューマンドラマが融合したエンターテインメント超大作が、今夏、スクリーンを駆けます!主人公・檜山篤洋(ひやまあつひろ)を演じるのは、俳優として着実に実績を積み、同世代の中でもその活躍が目覚ましい東出昌大。

チーフメカニックという、作り手側に立ち、誇りと愛との間で揺れ動く繊細な芝居に挑みます。その弟であり、天才ドライバー・檜山直純(ひやまなおずみ)役には、国内外の多数の映画に出演し、いま最も旬な若手俳優・新田真剣佑。

さらに、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎などフレッシュな顔ぶれから実力派まで豪華俳優陣が脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。
スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。

「攻めなきゃ、勝てねーから!」

WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。

真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。

なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

***********************************


東出昌大 新田真剣佑
森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎

監督:羽住英一郎
脚本:桑村さや香
音楽:佐藤直紀
公開: 6月1日(金) 全国東宝系公開
配給:東宝

制作プロダクション:ロボット
©2018「OVER DRIVE」製作委員会


WANIMA 初の映画主題歌!! 最新曲「Drive」が映画『OVER DRIVE』の主題歌に決定!!コメントあり!


映画情報どっとこむ ralph 8月25日(土)、26日(日)の2DAYSで計7万人規模となる、埼玉メットライフドームでのワンマン公演の初開催を発表したばかりの、熊本県出身の大人気スリーピースロックバンド:WANIMA。

そんな彼らの最新曲「Drive」が6月1日(金)公開の映画『OVER DRIVE』の主題歌に決定したことが発表となりました!

WANIMA初となる映画主題歌である「Drive」は、メンバー自ら映画本篇を見て書き下ろされた完全オリジナルの最新曲で、【過去への後悔】【未来への不安に思い悩む日々から抜け出して、その先へ進もうとする姿】を描いた力強い一曲となっています。


【WANIMA新曲「Drive」】
●タイトル:「Drive」
●作詞:KENTA 作曲:KENTA 編曲:WANIMA


そんな一曲をふんだんに使用した、映画の最新予告映像も解禁!!


映画情報どっとこむ ralph そして!
起用に関して、WANIMAさん、羽住監督、東出さん、新田さんからコメントが到着しました!

WANIMAからのコメント
完成前の本編を観させて頂き、キモチもカラダも熱くなったままメンバー3人でスタジオに直行し「Drive」を創り始めました。主題歌を担当させて頂き、控えめに言って非常に嬉しく思います!!これからも諦めず決めつけず全力で限界突破しながら音楽を通じて応援していきます!!映画館でともに開催お願い致します!!

羽住監督コメント
完成前の本編を観てもらい、試写室から出て来た時の、「これからスタジオに入って、すぐに曲を作ります!」という3人の言葉と表情が、とても力強かったのが印象的でした。登場人物それぞれが壁にぶつかりながらも自分の信じた道を進んで行く、この映画の熱いテーマを、この素晴らしい主題歌が観客達の心のど真ん中に届けてくれると信じています!

東出昌大コメント
爆音で流したスピーカーから、WANIMAが飛び出して来ました。ラリーのもつ疾走感、緊張感、悔しさ、逆境に立ち向かうたぎる情熱、全ての感情と価値を、この曲も代弁してくれた様に思います。撮影のあの熱い日々を思い出しました。映画と共に、劇場で鑑賞出来る日を、楽しみにしております。

新田真剣佑コメント
がむしゃらに夢に向かって走り続ける人、頑張っている人への最高の応援ソング。悩みやつらい過去を乗り越え、一歩前に踏み出した先には、目指したゴールがある。理屈じゃなく、心にストレートに響く曲だと思います。

映画情報どっとこむ ralph
WANIMAが主題歌を務める映画『OVER DRIVE』は、公道をアクセル全開で駆け抜ける自動車競技「ラリー」を舞台に、若者たちの勝利への闘いと絆が描かれたエンターテインメントの新領域。

『海猿』や『暗殺教室』を手掛けた日本映画界の気鋭・羽住英一郎監督の最新作。
主演に東出昌大、共演に新田真剣佑や森川葵、北村匠海など今話題の実力派俳優たちが顔をそろえています。


映画『OVER DRIVE

6月1日(金)より全国東宝系でロードショー

公式HP:
http://overdrive-movie.jp


***********************************

監督:羽住英一郎
キャスト:東出昌大、新田真剣佑、森川 葵、北村匠海、町田啓太、要 潤、吉田鋼太郎ほか

脚本:桑村さや香
音楽:佐藤直紀
©2018「OVER DRIVE」製作委員会