「新津ちせ」タグアーカイブ

夏木マリ、BRAHMAN、榊いずみ、映画『生きる街』公開記念プレミアムライブ開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 夏木マリが主演を務める映画『生きる街』が、2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次公開となります。

そして!その公開記念として2018年2月26日(月)に、夏木マリ、BRAHMAN、榊いずみによる、映画『生きる街』公開記念プレミアムライブの開催が決定しました!


73年に歌手デビューし、2006年にはブルースバンド「ジビエ ドゥ マリー」を結成した夏木マリ。2年前からは自身のライブハウスツアー「MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk」をスタートさせ、精力的にライブ活動も行っている。

2009年には、途上国の子供たちの教育環境とその母親たちの雇用整備向上を目指す支援活動『One of Loveプロジェクト』を立ち上げ、さらにその活動を東日本大震災への支援にも発展した。映画を力強く、そして優しく包み込む主題歌「ナミノウタゲ」を担当したのは、BRAHMAN 。

One of Loveプロジェクトのイベントでの共演するなど、夏木と親交が深いボーカル・TOSHI-LOWが作詞を手掛け、ハナレグミがコーラスとして参加している。そして鋭い言語感覚と叙情的な世界を同時に持つシンガー ソングライターの榊いずみが、映画音楽を担当。

この3組のアーティストが、映画公開記念プレミアムライブにて夢の競演を果たします!

映画情報どっとこむ ralph ライブチケットにはもれなく映画鑑賞券がついてきます!!

「Living Notes」〜映画「生きる街」Showcase Live〜
出演:BRAHMAN / 夏木マリ/榊いずみ and more…
日時:2018年2月26日(月)18:00開場/19:00開演
会場:渋谷O-EAST 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目14-8
チケット:\4,400(映画鑑賞券付き) 入場時1ドリンク\600別途
オフィシャル先行: 2017/12/21(木)18:00 ~ 2018/1/8(月) 23:59 (チケットぴあ)
一般発売: 2018/1/26 (金)
主催:「Living Notes」実行委員会  制作:NOFRAMES / TACTICS RECORDS / ファミリー・ツリー
協力:TOWER RECORDS / アークテンタテインメント / 太秦 / シブヤテレビジョン

映画情報どっとこむ ralph 幾たびかの春夏秋冬を過ぎて、我々は生きている。
どんなに理不尽な事が起きようとも、我々は生きてきた。
そしてこれからも、我々は生き続ける。
たとえこの身が朽ち果てても、この世界は美しいはずだ、なぜなら我々が泣き、喚き、笑い、歌ってきたからだ。
森羅万象の狭間に、一瞬だけで燃え尽きる。
2月26日、集え! 宴を始めよう!!!

映画『生きる街』監督:榊英雄 

映画情報どっとこむ ralph 映画『生きる街』

2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー!
http://www.ikirumachi.com/
あらすじ
生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった――。

***********************************


夏木マリ
佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン(CNBLUE) 岡野真也 吉沢悠
石田法嗣 小柳友  ラサール石井 斎藤工 内田理央 新津ちせ 菅原大吉
石倉三郎(写真の出演) 仲間由紀恵(声の出演)  /  原日出子  升毅
監督:榊英雄 主題歌:BRAHMAN「ナミノウタゲ」
挿入歌:イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「ひかりのまちで」
題字:ジョージ秋山
配給:アークエンタテインメント/太秦
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/124分 ©2018「生きる街」製作委員会 


神木隆之介、有村架純 12名が登壇!『3月のライオン』前編初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 羽海野チカのコミック「3月のライオン」を大友啓史監督が神木隆之介さんを主演に迎えて実写映画化!

『3月のライオン』【前編】が、3月18日(土)についに公開となりました。

その公開を記念して、初日舞台挨拶が行われ神木隆之介さん、有村架純さん、倉科カナさん、染谷将太さん、清原果耶さん、佐々木蔵之介さん、豊川悦司さん、前田吟さん、板谷由夏さん、中村倫也さん、新津ちせさん、大友啓史監督の超豪華キャスト・監督が登壇!
映画のテーマの一つでもある“愛”にちなんで、キャスト陣の中から「愛おしい(=かわいい・気になる)」人を発表!

もう一つの映画のテーマである“闘い”にかけ、登壇者が2チームに分かれ、とっても楽しそうにチーム対抗玉入れ合戦が行われました!

映画『3月のライオン』前編初日舞台挨拶
日付:3月18日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:
神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、大友啓史監督

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりのお客様の大きな声援と拍手の中監督とキャスト12名が登壇!

神木さん:本当にこの日をドキドキして待っていました。無事この日が迎えられてありがたいなと思っています!


大友監督:僕テレビから映画に移って8作目。面白いのはクランクインして、アップして、試写があり、公開日。皆さんがおめでとうって言ってくれるんです。映画をやっていて映画をやっていてよかったなと燃える瞬間なんです。後半に向かって桐山零を祝福するような映画になっています。応援していただければと思います。

との挨拶からイベントは始まりました。

映画情報どっとこむ ralph 愛を求めて魂がぶつかり合う内容にちなんで、この人が愛おしいなと思ったキャストは?の問いに
神木さん:染谷将太。普段の僕は染ちゃん!て行く方ですが、映画では逆で。桐山のために泣いたり喜んだりしてくれるのは嬉しかったです。愛おしいです。

と、いう神木さんに対して

染谷さん:照れますよ。神木君が、他所でまた染ちゃんと共演したいって言ってたと聞いて・・・ニヤッとしてる俺って感じです。僕も愛おしいのは神木君。相思相愛。現場で笑顔で毎日出迎えてくれて、心落ち着く感じでした。

と相思相愛アピールに、間にいた有村さんは場所変わる?と、聞くほど・・・。その有村さんは劇中では悪女役。

有村さん:私はももちゃんに魔女って呼ばれてるんですけど、魔女!!って抱きついてきてくれて、ほわっと気持ちが柔らかくて天使みたいに可愛らしいんです。

と、にやにや。なぜ魔女と呼んでるかというと、もも(新津)ちゃん曰く、原作でももちゃんが魔女と呼んでるからだそう。

映画情報どっとこむ ralph 続けて・・
倉科さん:撮影中は川本家で零君か神木君かわかりませんが、こたつでぽかぽか寝てる姿は可愛らしかったです。

神木さん:それは神木君です。

と、神木さんは撮影中はしょっちゅう寝ていたことも明かしました。

清原さん:先日ひな祭りに倉科さんとももちゃんとお寿司を作った時の倉科さんの包容力・温かさが凄くて、こんな女性になりたいと思いました。大好きです。魅力的です。

と目標設定。

佐々木さん:島田(佐々木)と宗谷(加瀬)の対局の待機場所で加瀬君無口なのに結構喋ってはって、ハンドクリームを神木君と匂ってたり、塗ってる姿が愛おしいなと。だって零と宗谷がですよ。

と、迫真の棋士たちの対局の裏では意外に女子力高めな会話が行われていたよう。

前田さん:モモちゃんですね。ももちゃんテストからめいっぱいたべちゃうんだけどね。心配で。可愛かったですね。

ちせちゃん:いっぱいたべました!大好きなのはカメさんハンバーグ!

と、天真爛漫な、ちせちゃんに前田さんメロメロ。

映画情報どっとこむ ralph
中村さん:神木くんが愛おしかったです。撮影の合間3時間位あいて・・・漫画好きなのでマンガクイズやろうと!キラキラした顔で。遊園地に来た子供みたいに、あの目差しがいとおしかったです。

ちせちゃん:ひなたおねえちゃん(清原)!!わたしが 撮影で誕生日に監督からカメラをもらって。ひなちゃんをいっぱい映してたら、おもしろい顔してくれて。楽しい写真がいっぱいアルバムに残ってるんです!、

と、撮影の時の思い出と共にお姉ちゃん大好きが伝わってきます!

板谷さん:和菓子屋で撮影が終わった日に、監督が和菓子をパクッて!可愛かったです。

大友監督:甘いもん好きなの。川本家の食事は全部味見してます。

豊川さん:川本家は楽しそう!幸田家はつらい毎日でしたからね。俺も川本家が良かったなと。神木君は小学生の時に共演して。天才子役が天才ペラペラ役者になって、座長感を持って笑顔を見せて凄いなと思いました。

大友監督:博愛主義なので、全員いとおしいいですが・・・中村君とかほっとくと、ずっと演じてくれてね。楽しませていただきました。

中村さん:監督がカットかけないからです!!(笑)

中村さんのアドリブ演技が大好きな監督でした。

映画情報どっとこむ ralph そしてトークの後は、川本家VS将棋棋士に分かれて玉入れ!
めっちゃ楽しそうにボールを投げる皆さん!
勝者は!川本家!!!!


最後に・・・

神木さん:皆さんの中で素敵な作品だと思っていただけたら嬉しいです。そして後編もあるので、そちらも楽しんでいただければ。

と、イベントは終了しました。

物語・・・
闘う、愛したい、生きる――17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。
中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士、桐山 零(きりやま れい)。彼は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けた。そんなある日、零は同じ下町に住む三姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会う。それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった…。激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、陽だまりのような川本家の食卓。数々の対局とあたたかな人々との交流を通じ、零は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく。



映画公式サイト 
3lion-movie.com 
映画公式Twitter 
@3lionmovie 
映画公式Facebook 
@3lionmovie
***********************************

監督:大友啓史
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬亮
前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏 伊藤英明 / 豊川悦司
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)   
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
前編主題歌:ぼくのりりっくのぼうよみ「Be Noble」(コネクトーン)  
後編主題歌:藤原さくら「春の歌」(スピードスターレコーズ)
配給:東宝=アスミック・エース  
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会


ヤングアニマル6号は巻頭 倉科カナ/清原果耶/新津ちせ『3月のライオン』総力号


映画情報どっとこむ ralph 神木隆之介主演の『3月のライオン』は3月18日(土)より【前編】が、 4月22日(土)より【後編】が全国公開となります。

そして・・・

本日3/10発売のヤングアニマル6号ですが、春のライオン祭り総力号となっていて、内容は


【表紙&巻頭グラビア】 
倉科カナ/清原果耶/新津ちせ
映画「3月のライオン」公開記念!! 川本3姉妹役の3人が月島・花やしきへおでかけ♪ヤングアニマルだからできたグラビアです。他誌で同様の企画はありません。

【巻頭マンガ】
二階堂が憧れだった宗谷に、同じ世界の住人として戦いを挑む!!
「3月のライオン」 羽海野チカ

【巻末グラビア】 
3/10発売「ビジュアルブック」より厳選フォト公開!!
「映画 3月のライオン ビジュアルブック」フォトセレクション

【特別付録】 
原作イラスト使用の雑誌限定プレミアム仕様!!
「3月のライオン クリアファイル2枚セット」 by 羽海野チカ

【特別企画】
映画 「3月のライオン」神木隆之介×清原果耶 特別対談

と、盛沢山なものになっています!

映画情報どっとこむ ralph

『3月のライオン』は2部作

3月18日(土)より【前編】が、 4月22日(土)より【後編】が全国公開となります。

映画公式サイト 3lion-movie.com

物語・・・

17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

***********************************

監督: 大友啓史
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)

脚本: 岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
音楽: 菅野祐悟
出演:
神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶

佐々木蔵之介 加瀬 亮

前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏

伊藤英明 / 豊川悦司

製作:『3月のライオン』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
    


神木隆之介、有村架純ら12名登壇!『3月のライオン』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 神木隆之介が主演の話題作『3月のライオン』が、【前編】3月18日(土)・【後編】4月22日(土)の2部作連続で公開となります!

その完成を記念し、[前編]の完成披露試写会が行われ神木隆之介をはじめ、神木隆之介、有村架純、倉科カナ、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、中村倫也、新津ちせ、大友啓史監督が4000人が待つステージに登壇。
映画『3月のライオン 【前編】』完成披露試写会
日時:2月22日(水)
場所:東京国際フォーラム
登壇:
神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、前田吟、奥野瑛太、中村倫也、新津ちせ、豊川悦司、大友啓史監督

映画情報どっとこむ ralph MCに撮影時のエピソードを聞かれ、
MCがイベントの進行をする予定が「クロストークで」と言われた一同。


神木さん:棋士として生きている時の雰囲気も楽しかったし、3姉妹といる時の現場も楽しかったですね。でも、監督が1回15分くらいの長回しをするので、対局中は正座をしていて足がしびれて大変。いつも『イテテテ…』となって。ね、蔵さん!

と、しきりだす座長の神木さん、
佐々木さん:対局の後は足腰が痛くて、しばらく立ち上がれなかった。棋士の皆さんってすごいよね。

すると流れで、
豊川さん:僕はベテランなので将棋盤の前は掘りごたつだったので、腰かけた状態でした。

とジョークで笑わせました。もちろん豊川さんも正座だったのでしびれたはず。
次に指名された有村さんは、神木さんとの共演を振り返り

有村さん:神木君が撮影の合間に枕の下に何かを忍ばせているなと思って枕の下を見たら、チョコレートが隠されていて『これ何?』と聞いたら『食べていいよ!』と言われました。

と撮影疲れの補給用おやつ事情を報告。

神木さん:皆で合間に食べたいなと思っておいたんです。

と照れさせた。

一方、神木から「染ちゃん」と指名されて
染谷さん:これからずっと隆が仕切っていくの?

と主演兼司会に驚きつつ、

神木さん:僕らもいくつか共演しましたけれど、ライバル役はどうでした?(特殊メークで太っている染谷さん)話題になっていましたよね?撮影中も染ちゃんとはわからなかった。

染谷さん:撮影は楽しかったですね、何をやっても大丈夫な気がして。二海堂メイクで現場に入って、そのまま、さよならしていたので、佐々木さんとは、素顔で会うのが初めてです。

佐々木さん:始めまして。

と、笑わせます。

映画情報どっとこむ ralph 前田さん:前日が72歳の誕生日。映画出演102本目です!(祝福の拍手)でも、こんなに食べた映画はなかったね。おせち、すき焼き大会とワンシーンで5、6カットくらい撮るので、その間に6回くらい食べる。僕はベテランだから食べる真似だけど、モモちゃん(新津)は最初から食べちゃう。それを止めるのが大変でした

前田さんの話を受けて子役・新津ちゃんは無邪気に
新津さん:撮影の中のゴハンは凄く美味しかった!

と元気に答えていた。

そんな、新津ちゃんともう一人の姉妹清原さんと撮影で使用した家で、実際に寝泊まりしたそうで、
倉科さん:スーパーに行って、ゴハンを作って、ももをお風呂に入れて、果耶ちゃんに拭いてもらって、夜は絵本を読んで楽しかった。でもモモ(新津)が全然寝なくてね。

と優しい表情。それに

神木さん:撮影では3姉妹の空気感が確実にありました。僕はその場にいることは出来ましたが、3姉妹の輪には入れませんでしたね。距離がありました。

と苦笑いするほど結束感が強かったそう。

トークを上手に回す神木の姿に
中村さん:こんなに喋る主演っているんだなぁ。

と感服すると、

神木さん:温かい映画だと思ってもらいたかったからね。

と本音。

中村さん:撮影中の僕は神木隆之介を、素で笑わせることに専念して。でも、神木役に入ってると強いんだよね。箸休め的に観て下さい。

最初の対極相手になる奥野さんは、
奥野さん:対局で向かい合わせになっている時に(神木が)懐からスティック状の砂糖を出してくるんです。魂を削った対局でしたね~。

と懐かしそうに振り返っていた。
大友監督:今日は見てもらえばいいです!

と、控えめな監督。15分間のクロストークを上岸さん一人で乗り切りました!

映画情報どっとこむ ralph 最後に約4,000人の観客に向かって

神木さん:おかげさまで素敵な瞬間が出来ました。魂を削ってスタッフ・キャスト一丸となって作った作品。皆さんに観ていただいて楽しんでいただき、何かを持ち帰ってほしい。皆さんの中でこの映画が名作の一つとして思っていただければ。

とメッセージ。これから観るお客さんに

神木さん:ゆっくり楽しんで。

と声援に応えた。


3月18日(土)より【前編】が、 4月22日(土)より【後編】が全国公開となります。

映画公式サイト 3lion-movie.com



物語・・・

17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

***********************************

監督: 大友啓史 原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)

脚本: 岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
音楽: 菅野祐悟
出演:
神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬 亮
前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司

製作:『3月のライオン』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会


「3月のライオン」主演:神木隆之介 に続き、第2弾キャスト発表!


映画情報どっとこむ TJ 羽海野チカ原作の国民的人気コミック「3月のライオン」が、2017年[春]に【前編】【後編】2部作で実写映画化となります。

数々の漫画賞を総ナメにし、最も映画化が待ち望まれていた「3月のライオン」。今年春、監督を大友啓史が、主演を神木隆之介が務めることが発表されると、原作ファンを中心に大きな反響を呼びました。
『3月のライオン』神木隆之介
この度、注目の“第2弾キャスト”が解禁となりました!

業界注目の新星から重鎮までが揃った競演陣の顔触れは、佐々木蔵之介(島田開役)、伊藤英明(後藤正宗役)、加瀬亮(宗谷冬司役)、倉科カナ(川本あかり役)、清原果耶(川本ひなた役)、新津ちせ(川本モモ役)、前田吟(川本相米二役)、有村架純(幸田香子役)、豊川悦司(幸田柾近役)。
『3月のライオン』キャスト
映画情報どっとこむ TJ 神木隆之介さんが演じる主人公・桐山零役と同様に、実写映画化発表後に原作ファンがネット上でキャスティングを熱望した棋士・島田を演じる佐々木蔵之介さんは、「ご期待に応えられるのか、島田八段のごとく胃がキリキリ痛んでおります」と原作キャラを意識してコメント。

同じく原作ファンの間で川本三姉妹の長女・あかり役の支持が厚かった倉科カナさんは、「もし演じるなら、いつかは「あかりさん」を演じたいなっと思っていた」と告白。また、プロ棋士の中でも天才・宗谷を演じる加瀬亮さんは「食堂で食券を渡す時に人差し指と中指で挟んで渡してしまうくらい疲れています。」と撮影に没頭している胸の内を語りっています。

後藤九段を演じる伊藤英明は「男と男の勝負の世界にどっぷり浸かっていくのにゾクゾクしました。」と、大友監督と創り出す現場を楽しんでいる模様。

500人ものオーディションを勝ち抜いて川本家次女・ひなたに選ばれたのは清原果耶さん。「自分の中に強い芯を持っているけど、どこか儚い。そんなひなたを私なりに精一杯演じたいと思います。」と初々しい。『プラチナデータ』以来の大友組となる豊川悦司さんは零の義父・幸田での出演に「久しぶりに大友作品に帰ってこれて、とても嬉しく思っています。」と喜びを伝えています。

そして、これまで演じてきた役柄とは異なり、零の義姉であり、美しくも気性の激しい女性・香子に挑戦した有村架純さんは、「毎回密度の濃い撮影でした。何度も何度もテイクを重ねて作られていくシーンが不思議と心地よくて、まだまだ役を演じていたい思いでした。」と、初となる大友組での撮影を振り返っています。

その他、川本家の三女・モモを演じる子役の新津ちせから、川本家の祖父・相米二を演じる大ベテランの前田吟まで幅広い世代の俳優陣が揃い、神木演じる主人公・桐山零の人生にどの様に関わり、物語を紡ぎ上げていくのか?気になります。

映画情報どっとこむ TJ 新たな出演者と大友監督からのコメント

●佐々木蔵之介・・・島田開(しまだ かい)役
映画 『3月のライオン』に参加させて頂くことを、心より光栄に思います。私が演じる島田開八段は、原作の漫画でも、とても魅力的な人気あるキャラクターの一人です。羽海野チカさんの、原作ファンの皆様のご期待に応えられるのか、島田八段のごとく胃がキリキリ痛んでおります。劇場公開、楽しみにしてください。

●伊藤英明・・・後藤正宗(ごとう まさむね)役
繊細さと豪快さを持った、憧れの大友組に参加できる喜びを感じながら、今回初めて棋士の役を演じさせて頂きました。対局の場面をやっていくうちに、ただ将棋を指すだけではなく一手一手に意味と感情があり、男と男の勝負の世界にどっぷり浸かっていくのにゾクゾクしました。

●加瀬亮・・・宗谷冬司(そうやとうじ)役
将棋の撮影は思ったより過酷で、スタジオの食堂で食券を渡す時に人差し指と中指で挟んで渡してしまうくらい疲れています。

●倉科カナ・・・川本あかり(かわもと あかり)役
原作はずっと読んでいて、もし演じるなら、いつかは「あかりさん」を演じたいなっと思っていたので、お話を受けてとても嬉しく、ただ、とてもプレッシャーに感じました。でも、そのプレッシャーを糧にして、楽しみながら演じたいと思います。

●清原果耶・・・川本ひなた(かわもとひなた)役
原作を読んだ時に“どうしてもひなたになりたい”と強く思い、オーディションを受けました。今、キャストやスタッフの皆さんと楽しく撮影をさせて頂けていることがとても嬉しいです。自分の中に強い芯を持っているけど、どこか儚い。そんなひなたを私なりに精一杯演じたいと思います。

●新津ちせ・・・川本モモ(かわもと もも)役
川本家3姉妹の三女。保育園に通う末っ子。素直な性格で、零によく懐いている。

●前田吟・・・川本相米二(かわもと そめじ)役
大友監督の作品では、いつも俳優陣が生き生きとしている印象があります。今回初参加の大友組で、生き生きとしている「川本相米二」を是非皆様に見ていただきたいです。

●有村架純・・・幸田香子(こうだ きょうこ)役
今回は今までに演じた事のない役柄に挑戦し、毎回密度の濃い撮影でした。何度も何度もテイクを重ねて作られていくシーンが不思議と心地よくて、まだまだ役を演じていたい思いでした。
一人一人の葛藤や想いが将棋を通して描かれている人間ドラマだと思います。大友組、素敵な共演者の方々の中に自分も仲間入り出来た事が本当に嬉しいです。私も全編早く観たいです。楽しみにしています

●豊川悦司・・・幸田柾近(こうだまさちか)役
久しぶりに大友作品に帰ってこれて、とても嬉しく思っています。孤高な男達の静かなる決闘の世界に、神木君とどっぷり浸りたいと思います

●大友啓史(監督)
将棋のシーンを撮る毎に、それは盤上の闘いだけではないことに気づかされる。棋士たちが丸ごと背負った人生の、ゴツゴツと音を立て、神経がささくれ、骨が軋むようなぶつかり合い。そんな棋士たちの世界に近づくために、各々が背負った人生が香ってくるような、そしてその人生がまったく違う価値観であることが匂って来るような、多彩なキャスティングを目指しました。異種格闘技戦の如き、個性豊かなキャストによるぶつかり合いを日々楽しんで撮影しています。映画「3月のライオン」、どうぞご期待ください。

映画情報どっとこむ TJ 映画『3月のライオン』

2017年春【前編】【後編】2部作・全国ロードショー!

物語・・・
その少年は、幼い頃にすべてを失った。家族も、居場所も、夢も――。

彼の、人生を取り戻す闘いが、いま始まる。

中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士、桐山 零(きりやま れい)。彼は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けた。そんなある日、零は同じ下町に住む三姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会う。

それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった…。激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、陽だまりのような川本家の食卓。数々の対局とあたたかな人々との交流を通じ、零は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく――。

★原作オフィシャルファンブック第2弾発売決定!
「3月のライオン おさらい読本 中級編」
7月29日発売

***********************************

監督:大友啓史

主演:神木隆之介
佐々木蔵之介、伊藤英明、加瀬亮、倉科カナ、清原果耶、新津ちせ、前田吟、有村架純、豊川悦司

原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)

制作プロダクション:アスミック・エース、ロボット 配給:東宝=アスミック・エース

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会