「新宿K’s cinema」タグアーカイブ

主演の蔭山征彦、司会のヴィヴィアン佐藤が登壇!台湾LGBTQ映画『バオバオ フツウの家族』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 世界のどこかで愛する人と家族になる! “2組の同性カップルの妊活”を描く。

本日9月28日(土)、新宿K’s cinemaで台湾LGBTQ映画『バオバオ フツウの家族』が公開初日を迎え、主演の台湾で活躍する日本人俳優・蔭山征彦が、司会のヴィヴィアン佐藤と共に第1回目の上映後に舞台挨拶に登壇した。
蔭山征彦,ヴィヴィアン佐藤 台湾映画『バオバオ フツウの家族』初日舞台挨拶
日付:9月28日(土)
場所:新宿K’s cinema
登壇:蔭山征彦
MC:ヴィヴィアン佐藤

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられ登壇した蔭山さんは、

蔭山さん:こんにちは。本日はありがとうございます。僕は台湾に住んで既に20年に経ちます。俳優・脚本家として活躍しています。今まで東京国際映画祭、大阪アジアン映画祭等では自分が出演した作品が上映されることはあったのですが、こうして、正式に作品がロードショーされることは初めてですし、ずっと願っていたことですので、今日は記念の日になります。

と語った。

日本と台湾のLGBTに関する皆さんの意識は剥離していないのではという質問に関して、

蔭山さん:すごく開放的で町を歩いていても皆さん女性同士、男性同士で手を繋いて歩いていても普通のことです。知り合いに同性愛の男性がいて、クランクイン前にお話を伺って役作りの参考にさせて頂きました。

と、話します。
蔭山征彦,ヴィヴィアン佐藤 台湾映画『バオバオ フツウの家族』初日舞台挨拶 また、映画作りに関しても自由な感じなのかと聞かれると

蔭山さん:日本と全く違うなと思うのは、狭いので、ステップを踏まないでいいということろがあります。アシスタントディレクターから始まって、一歩一歩上がっているスタイルが日本ではどの業界でもそうだと思います。でも実力と才能があれば、いきなり引っ張ってくれるのが台湾のいいところだと思います。

と語った。

台湾で出演したドラマの演技が認められ、台湾版エミー賞=台湾金鐘奨で助演男優賞にノミネートされ、来週土曜日に台湾で受賞式に出席するそうで。また本作の後、自らが脚本を書いた作品が日本公開されるなど、この秋の活躍が目覚ましく、司会のヴィヴィアン佐藤から「この秋は蔭山フィーバーですね」と聞かれると、

蔭山さん:そういわれると賞を獲りたくなってしまいますね(笑)。本当に第一線で活躍する方々と一緒にノミネートされたので、意義のあるものだと思っています。

と答えてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 台湾LGBTQ映画『バオバオ フツウの家族』

原題:親愛的卵男日記
英題:BAOBAO

公式サイト:
www.baobao.onlyhearts.co.jp
twitter:
@baobao_movie

BAOBAO
≪STORY≫
「赤ちゃんが欲しい」と、ロンドンに住む2組の同性カップルが協力して妊活を始める。双子を妊娠したシンディは、ひとりロンドンから台湾に戻る。不安と悲しみに満ちた彼女が頼ったのは幼馴染の警官タイ。かねてよりシンディを密かに思っていたタイは、理由も聞かずに自分がお腹の子の父になると言うのだが、シンディの心は癒されない。子供を持って家庭を築きたいと願うシンディとジョアンがようやく待望の子宝に恵まれたのに、なぜ彼女はひとりで帰国したのか…。
バオバオ フツウの家族
***********************************

監督:謝光誠(シエ・グアンチェン)≪第1回長編監督作≫
出演:雷艾美(エミー・レイズ)、柯奐如(クー・ファンルー)、蔭山征彦(カゲヤマユキヒコ) 
蔡力允(ツァイ・リーユン)、楊子儀(ヤン・ズーイ)
2018年/台湾/97分/1:1.85
配給:オンリー・ハーツ/GOLD FINGER
協力:GENXY/ビームス
後援:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
©Darren Culture & Creativity Co.,Ltd




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宇野祥平×瀬戸かほ×深水元基『愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景vol.1』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、『海辺の生と死』、『アレノ』、『二十六夜待ち』など男女の濃密なひとときを描いてきた越川道夫監督が、新たに取り組む“誰でもない恋人たちの風景”シリーズの第一弾作品『愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景vol.1』が10月19日(土)より新宿K’s cinema ほかにて公開します。
愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景
今回、予告編を解禁となりました。

癒えない悲しみを抱え、人の間を漂うように生きてきたユリは、小さな古本屋にたどり着き、店主・トモさんの妻になる。トモさんは、亡くなった前の妻のことを毎日思い出す一方で、今はユリがいない生活は考えられない。同じ頃、トモの幼馴染で父を亡くしたリュウタは、遺品の中にとある詩集を発見する。ユリとリュウタはどうしようもなく惹かれ合い、求め合うが、それはユリがトモさんのもとを去ることを意味していた……。

主人公のユリを演じるのは、今最も期待されている女優、瀬戸かほ。映画、ファッション、広告、ミュージックビデオなどで唯一無二のアンニュイな存在感を放ち、同世代から支持を集める瀬戸が、二人の男と情を交わすヒロイン役を体当たりで演じ、本作で初ヌードを披露。

ユリの年上の夫・トモさん役には『俳優 亀岡拓次』や『焼肉ドラゴン』の宇野祥平。ユリが恋に落ちる夫の幼馴染・リュウタには『新宿スワン』『コーヒーが冷めないうちに』の深水元基。日本映画界からのラブコールが絶えない個性派俳優二人が対照的な男を演じ、ヒロインの魅力を最大限に引き出している。その他、舞台の古本屋をはじめとする個性的な商店や公園が織りなす東京・武蔵野の風景、ギターとチェロを中心としたエモーショナルな音楽など、見どころ聴きどころは尽きない。

この度、解禁された予告編には、古本屋で働くトモさんと妻・ユリの生活。「本を引き取りに来てくれない?」と古本屋を訪れるトモさんの幼馴染、リュウタ。そして、次第にリュウタとユリが引かれあう様子が描かれている。後半では、リュウタとユリが裸で抱き合い、濃密な接吻を繰り返す姿も捉えられ「花びらみたいに、触ってください」と告げるユリのナレーションが挿入されている。そして、戻らない妻を心配して電話をかけるトモさんが、携帯電話を地面に叩きつける姿。二人の男の間で揺れ泣きじゃくるユリの泣き声で予告編は終わっている。


監督は、『アレノ』『海辺の生と死』『二十六夜待ち』と、男と女の不確かで濃密な情愛を描き続け、その一貫した美学でファンを魅了する越川道夫。ドイツの詩人・ゲーテが晩年、若い人妻マリアンヌと恋人関係になり、のちに傑作「西東詩集」の核をなすことになる愛の詩を共作したエピソードから着想を得て、新たな愛の物語を作り上げた。


映画情報どっとこむ ralph 『愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景vol.1』

10月19日(土)より新宿K’s cinema ほか全国順次公開!

公式URL:aireki2019.com

愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景
***********************************


2019年/日本/106分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
出演:瀬戸かほ、宇野祥平、深水元基/山田キヌヲ、縄田かのん
撮影・編集・脚本・監督:越川道夫(『海辺の生と死』、『二十六夜待ち』)
製作:村上潔|プロデューサー:山口幸彦|音楽:斉藤友秋|チェロ演奏:菅原雄大|音響:近藤崇生
監督助手:内田周作|メイク:薩日内麻由|演出部応援:張元香織
協力:ジャングル、ブレス、アノレ、ノックアウト、古書音羽館、コクテイル書房、江代充
機材協力:内堀義之|衣装協力:evam eva|参考文献 菊池栄一『唱和の世界』朝日出版社刊
製作:キングレコード株式会社|制作:スローラーナー|配給:コピアポア・フィルム
©2019キングレコード株式会社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

同性カップル4人の妊活『バオバオ フツウの家族』YOU、ミッツ・マングローブ、東ちづる等から応援コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 9月28日(土)より新宿K’s cinema他で順次公開される台湾映画『バオバオ フツウの家族』にたくさんの著名人から応援コメントが寄せられました。

5月にアジアで初めて同性婚が認められた台湾から届いた本作は、2組の同性カップル4人が協力して、「赤ちゃんが欲しい!」と妊活をし、家族になる物語です。
バオバオ フツウの家族 過去、『青春神話』『ウェディング・バンケット』『藍色夏恋』『僕の恋、彼の秘密』『花蓮の夏』『GF*BF』など、特に青春映画にてLGBTを描いた秀作を生み出してきた台湾ですが、本作に描かれるのは、同性を愛することに逡巡して悩める高校生を中心とした若者たちの姿ではありません。すでにそのステップを超え、社会の軋轢や、理解することが難しい親たちとの確執と対峙しながら、自由な形で自らの幸せを力強く掴もうとする4人の主人公達が爽やかに描かれ、心を打ちます。

映画情報どっとこむ ralph 今回公開されたコメントでは、タレントのYOUさん、歌手でタレントのミッツ・マングローブさん、社団法人Get in touchを設立しLGBTに関する映画を作るなどする女優の東ちづるさん、ここ数年年に4~5本ペースで様々な映画に挑戦し続ける女優の渡辺真起子さんなど、以下、19名の方々です。

YOU タレント
映像もとても美しく、主題の重さだけじゃない、作品としての面白味がたくさん詰まった映画である事が、とても好きでした。愛する人達が皆誰かを愛して、家族になってゆく、愛の物語。ちゃんと愛してる?と問われるようで、ドキドキして、眩しいようでした。ありがとう。世界中の人にたくさん観てもらえますように!!

ミッツ・マングローブ 歌手・タレント
幸福や願望は、思い描きすぎないほうがいい。
だけど、自分で何かを選んでゼロになるのと、最初から選ぶ余地がゼロなのとでは、目からは同じに見えても意味が全然違う。

東ちづる 女優・社団法人Get in touch代表
愛する気持ちは変わらないのに、愛し方は変わっていく。家族になりたい、親に認めてほしい、相手を守りたい、将来を安定させたい・・・そんな願いが絡み合って、不安が募り、やがて傷つけあってしまう。4人の誰の立場で観ても、胸がギュッとなる。誰も悪くない、誰も。みんな真摯に生きようとしているだけ。何がエゴで、どこまでが愛なのか・・・観賞後にたくさん対話したくなる映画だ。

渡辺真起子 俳優
私の幸せが、誰か他の人にとっての幸せに続いていて、その逆も当たり前にそうあってほしいと願う。幸せのあり方は様々でいい。未来の私の幸せやあなたの幸せが、いったいどんな様子なのか、私はちゃんと望みたい。バオバオは、そういう事を考えるのにいい広場だと思えた。そして、台湾でのアジア初の同性婚合法化おめでとうございます!

ヴィヴィアン佐藤 ドラァグクイーン・美術家
複雑な編集方法は、生まれてきた子供が大人になるまでの間に聞かされた断片的な物語の再構成。ひとりの人間が生まれ出ずるまでには様々な物語が絡み合っている。語られない個人の歴史たちを救済する物語。
桜沢エリカ 漫画家コスモポリタンたちは国境のみならず、性差も軽々と超えていく。同じアジアの物語なのに、台湾のこの自由な空気感はかなり刺激的!愛のかたちも家族のあり方もいろいろあって良いのだと、あらためて感じ入りました。

牧村朝子 文筆家
ひとりが怖くて、ふたりになって。ふたりになれずに、ひとりさまよう。星の数ほどありふれた孤独たちを、ただ包む。この映画は、そんな宇宙。

渡辺万美 プレイメイト
涙がでました。
理解しようとするんではなくてそれはすごいシンプルなこと。
人を愛すること。
誰にも止められないし誰にも止める権利はない。
ただ、ストレートの人間はこの世界を知ろうとしない。知らなくていいと思っている。
そんなのはおかしなことだ、
この映画は素晴らしいしわかりやすい。
沢山の人に観て欲しい。そして知ってほしい。

UMMMI. 映画監督・アーティスト
一度(本当の)愛がはじまってしまったら、どんな困難や問題が待っていてもそれが終わることはない、という当たり前のことに改めて気づかせてくれる映画だった。年齢や性別が存在したり存在しなかったり揺れ動いたりする世界に生まれたからこそ、色んなことが可能になったり難しくなったり、あるいは普通だったら出会えないような美しい奇跡に出会えたりする。アタシたちは全てのことなんて到底わかりえない世界のなかで、わからないなりに、目の前の愛する人を通してまだ知らないことについてちょっとずつ学んでいくことができるのだ。

ブルボンヌ 女装パフォーマー
シビアな問題だけに、主人公たちのイラっと行動多発…。でもティムとタイが可愛すぎいい子すぎてヤバい♡ちょっと笑えちゃう精子提供シーン、アタシの周りのカップルたちも実際にトライしてるんです。まさに「今」の子作り問題!

滝沢ななえ  パーソナルトレーナー・元バレボール選手
この映画を見てLGBTの家族の在り方を改めて考える事ができました。いろんな家族の形があって良いんだなと多様性を伝えてくれている素敵な映画だと思います!

かずえちゃん YouTuber
「言葉」で表現したくない。すごく大きな愛に包まれた作品でした。

PELI DJ・デザイナー
相手のためにと思えば思うほど、空回りする様が歯がゆい…。 続編も見てみたい映画。

エルビアンTV (Reyang&U) YouTuber
レズビアン・ゲイの2組のカップルによる妊活という同じ目標の中で複雑化される事柄がとてもリアルで刺激をもらいました。当事者人生を理解する一歩になる映画だと思いました。

杉山文野 トランスジェンダー・活動家
好きな人と子を持つ、こんなシンプルな営みにどれだけのハードルがあるのか。でも、その壁を越えた先に見えた景色は、希望しかなかった。

名取寛人 NY「トロカデロバレエ団」元ダンサー・バレエスタジオ経営・舞台制作
当事者の思いやその周りの人達の事が描かれていて、重くなく、泣けて笑える映画でした。この作品は当事者だけではなく、すべての人が感動する映画です。

矢吹春奈 女優
美しい映像と共に進むストーリーは、キャラクター達の抱える思いと、それが思い通りにならないフラストレーションがダイレクトに伝わるよい作品でした。中でも同性愛者に対してのケアレスがまだまだ感じられる世の中の描写があったので、早く皆んなが住みよい世界になればいいなと思いました。

よしひろまさみち 映画ライター 
子供をめぐる同性カップルの作品は数あれど、これが今の台湾で作られたことが最大のポイント。よそ様と違ってることがフツウと受けとめられない心を鎖国している方ほど観るべきよ。だってもう令和。

マーガレット ホモ本ブックカフェ「オカマルト」店主・ドラァグクイーン
荒唐無稽。絵空事。夢物語。でも、夢見ることさえできなければ、夢を叶えることは出来っこしない。台湾発のちょっぴりビターな夢物語。本当は、なんでもかんでも手に入れられることより、手に入らなくても幸せを感じられる人生こそが大切なんだけどね。

映画情報どっとこむ ralph また、下記日程で公開記念イベントが開催されます。

『バオバオ フツウの家族』公開記念イベント開催!
We Love台湾night
GF ALL-STAR GIRLS DJs are waiting for you GIRLZZZ!!
日時:9月21日(土)21時から
場所:AiSOTOPE LOUNGE  [Saint Flour BLD.1F 2-12-16 Shinjuku Shinjuku-Ku Tokyo]
出演:PELI、ENBUNsWARI、QB、GWNS、UNOFUMI、KASUMIPSYCHO、Aerobies girls、
    DJ NCODLES(from台湾/World’s First Female Chanmpion of DMC)
*台湾女生都免費入場!(台湾のパスポート提示で入場無料)*ADM.\2500w/1Drink *女性のみ入場可
台湾ナイトフライヤー『バオバオ フツウの家族』
映画情報どっとこむ ralph 台湾映画『バオバオ フツウの家族

本作は、9月28日(土)より新宿K’s cinema他にて順次公開されます。

公式サイト:
www.baobao.onlyhearts.co.jp

twitter:
@baobao_movie

バオバオ フツウの家族
≪STORY≫
「赤ちゃんが欲しい」と、ロンドンに住む2組の同性カップルが協力して妊活を始める。双子を妊娠したシンディは、ひとりロンドンから台湾に戻る。不安と悲しみに満ちた彼女が頼ったのは幼馴染の警官タイ。かねてよりシンディを密かに思っていたタイは、理由も聞かずに自分がお腹の子の父になると言うのだが、シンディの心は癒されない。子供を持って家庭を築きたいと願うシンディとジョアンがようやく待望の子宝に恵まれたのに、なぜ彼女はひとりで帰国したのか…。

***********************************

監督:謝光誠(シエ・グアンチェン)≪第1回長編監督作≫
出演:雷艾美(エミー・レイズ)、柯奐如(クー・ファンルー)、蔭山征彦(カゲヤマユキヒコ) 
蔡力允(ツァイ・リーユン)、楊子儀(ヤン・ズーイ)
2018年/台湾/97分/1:1.85/原題:親愛的卵男日記 英題:BAOBAO
配給:オンリー・ハーツ/GOLD FINGER
協力:GENXY/ビームス 後援:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
©Darren Culture & Creativity Co.,Ltd




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

カメ止めENBUゼミナール シネマ第8弾!柴田啓佑監督 「あいが、そいで、こい」予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 6 月22 日より3週間、新宿K’s Cinema での1日3 回上映が決定した、柴田啓佑監督初長編映画『あいが、そいで、こい』。

今泉力哉監督作品『サッドティー』(第2 弾)、『退屈な日々にさようならを』(第6弾)、上田慎一郎監督作品『カメラを止めるな!』(第7 弾)、題作を制作したENBU ゼミナール主催の「シネマプロジェクト」。

そして、

プロジェクト第8弾監督に選ばれたのは、短編作品にて、国内・外の映画祭にてグランプリや各賞を受賞し、TV ドラマ演出など幅広い分野で活躍している柴田啓佑監督。

◆柴田啓佑(監督)コメント:
過ぎていく日々の中で、時代が変わったとして、誰の心にもあるだろうかけがえのない時間、そんな想い出が、いまを生きる自分の明日への力となるのかもしれません。笑って、ちょっと泣いて、スッキリして、映画を観たあとに、あなたの特別な人を思い浮かべ、『さぁ、明日もぼちぼちやりますか!』となればいいな、なんて思っております。この平成の終わりに、日本の片田舎の高校生と台湾からの留学生の新世紀のラブソングを作りました。たくさんの人にこの物語が届けばと切に願っております。


そして、完成後のイベント上映では連日満席、田辺・弁慶映画祭やさぬき映画祭でも話題となり劇場公開が決定した本作の、予告映像&ポスターヴィジュアルが到着、監督&出演者、いち早く本作をご覧になった方々よりコメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph
主演には、柴田啓佑監督の短編映画「運命のタネ」(第10 回さぬきストーリープロジェクト グランプリ受賞)、「窓の外側」(第19 回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 短編映画コンクール入選)でもタッグを組んだ小川あん。

◆小川あん(ワン・ジャーリン役)コメント:
わたしにはわたしの夏があって
わたしにはわたしの恋愛があった。
それは、誰に何も言わせない。
わたしには『あいが、そいで、こい』にしか感じれないものがありました。
そんな瞬間を、たくさんの人に見ていただきたいです。

イルカ調教師を目指す台湾からの留学生をいうハーフ役を等身大に体現してる。あらゆることにもがきながらも、イルカ調教に参加する高校生・萩尾亮役に髙橋雄佑。

◆髙橋雄祐(萩尾 亮 役)さんコメント
あつい夏の映画をあつい仲間とつくりました。
そんな映画が夏に公開されること嬉しく思います。
夏といえば海、太陽、アイスなど様々なことを連想すると思います。
そこに新しくこの映画「あいが、そいで、こい」が入ったら嬉しいです。よろしくお願いいたします。


父親役にお笑い芸人で個性派俳優の山田雅人をはじめ、ワークショップオーディションで選ばれた長部努、古川ヒロシ、廣瀬祐樹、中垣内彩加など若手キャストが集結。

彼らを包み込むような音楽は、東京藝術大学生&卒業生によるカルテット(弦楽四重奏)Less is More。

限りある時間の中で、笑って、泣いて、もがいて、恋した、かけがえのない夏が和歌山、静岡ロケで撮影された。

映画情報どっとこむ ralph 到着した予告編には、2001 年、ノストラダムスの予言が外れた21世紀の夏を満喫すべく、仲間を誘いアルバイトをはじめた高校3年生の亮(髙橋雄祐)が、イルカのトレーナーを目指す「金髪ではないハーフ」の台湾人留学生ワン・リージャン(小川あん)との出会いが映し出される。海、女、水着、友達、あい、そいで、こい?̶最高の夏になりそうな予感と交錯するそれぞれのもがいた思い。「自分のホントウの気持ちは…」と打ち明けるワンに、「いけー!」とエールを送る亮。̶「ゴメン」のかわりに泣いた。「サヨナラ」のかわりに叫んだ。



映画情報どっとこむ ralph 公式SNS では、約2 ケ月後に迫る公開日にむけて「#あそこい」公開カウントダウン(60 日間)や撮影時のスチールの公開がスタート。

オリジナルステッカー特典付劇場鑑賞券も発売中。
描いた未来とは違う人生を歩んでいたとしても、あの日々は、いまを生きる糧になっている。人生はハッピーエンドばかりではなく、どこか悲喜劇であり、だからこそ愛しい時間を思う珠玉の青春映画の誕生です。

映画情報どっとこむ ralph 映画『あいが、そいで、こい』

公式HP:
http://aigasoidekoi.com/

Twitter:
https://twitter.com/aigasoidekoi

6.22 (土) より 3 週間 新宿K’s cinema にて、ほか全国順次ロードショー


STORY
21 世紀になって初めての夏―ノストラダムスの予言は外れ、世界は続き、テクロノジーは進化した。
でも、僕らはただの高校生だった。
2001 年の夏、海辺の田舎町に住む高校生・萩尾亮は、同級生の学、小杉、堀田と共に高校最後の夏休みを過ごすことになった。
ある日、イルカの調教師を夢見て台湾からやってきた留学生・王佳鈴(ワンジャーリン)と出逢う。イルカや海を嫌う亮はリンと対立
するが、彼女の来日した本当の想いを知ったことをきっかけに心を通わせることとなる…。

***********************************

監督:柴田啓佑
出演:小川あん 髙橋雄祐 長部努 古川ヒロシ 廣瀬祐樹 中垣内彩加/山田雅人
吉岡そんれい 水沢有礼 黒宮けいた 寺林弘達 藤井桂 中澤梓佐 武田祐一
五十嵐美紀 石川誠 坂井宏充 タカヨシ 高石舞 木村知貴 藤代太一 二ノ宮隆太郎
脚本:村上かのん
撮影:神野誉晃 照明:山田弘樹 録音:茂木祐介
編集:菊池智美 仕上げ:田巻源太 ヘアメイク:道地智代 
スタイリスト:齋藤哲 制作:佛木雅彦 原由希子
音楽:Less is More 音楽プロデューサー:多田泰教 
アソシエイトプロデューサー:黒川和則 児玉健太郎 
プロデューサー:市橋浩治
協力:田辺市、田辺商工会議所、田辺観光協会、中田食品
制作:DREAM MARKET
製作:ENBUゼミナール
115 分・シネマスコープ・カラー・ステレオ・2018 年
©ENBU ゼミナール




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

クー・ファンルー×東ちづる登壇 LGBT映画『バオバオ フツウの家族』先行上映会


映画情報どっとこむ ralph 映画は、2018年秋に、同性婚の是非を問う国民投票の行方が注目される中、台湾で公開されヒットを記録した。ジョアンとシンディ、チャールズとティムという、二組の同性カップルが子供を持ちたいという願望からなんとか「赤ちゃん(バオバオ)」を授かろうと奮闘するこの物語は、日本で9月新宿K’s cinema他にて全国順次公開される予定。

昨年秋、同姓婚を巡る是非の国民投票が話題となっていた中、台湾で公開され話題となった映画『バオバオ フツウの家族』(原題:親愛的卵男日記)の日本公開に先立つ先行上映会が29日(月・祝)18時30分から渋谷アップリンクで、東京レインボープライド関連企画として行われ、台湾の女優で主演クー・ファンルー(柯奐如)と女優の東ちづるが上映後の舞台挨拶に登壇した。

主演女優クー・ファンルー(柯奐如)が役柄を思わせる黒いドレスと白の皮ジャケットで登場すると、満席の会場からはその凛とした美しさにどよめきが上がった。また、2017年にLGBT映画『私はワタシ over the rainbow』をプロデュースし、get in touch という、誰も排除されないごちゃまぜの世界があってもいいという考え方の下、エンタメで見せる、体験させる活動をしている女優東ちづるもレインボーカラーの花を髪に飾って登壇、進行役を務め、トークセッションが行われました。
日付:4月29日(月・祝)
場所:渋谷アップリンク
登壇:クー・ファンルー(柯奐如)、東ちづる

映画情報どっとこむ ralph 本作のプロモ―ションのため東京レインボープライドに併せて来日したクー・ファンルー(柯奐如)は、4月28日(日)29日(月・祝)と2日間、代々木公園で行われたイベントに参加。28日(日)午後、代々木公園会場でラジオ出演、ステージでのトークに出演、合間に個別取材を行うなど、精力的にプロモーションに参加した。

東さん:日本は何回目ですか?

クー・ファンルーさん:まずは答えの前に、今回、このトークショーにご登壇頂いた東さんに感謝します。また、本作を台湾以外の観客の方にご覧頂くのが初めてですので、映画が伝えたいことが伝わるといいと思っています。日本は何度も訪れています。

東さん:オファーを受けた時の気持ちはいかがでしたか?

クー・ファンルーさん:脚本家がレズビアンで、子供が欲しいと思ったところから、この脚本のアイデアが出来ました。ですので、とてもリアルで興味深く感じました。

東さん:気持ちが揺れ動く難しい役でしたね。

クー・ファンルーさん:とても難しかったです。ジョアンは女性なのですが、男性よりも強く「シンディを守りたい」と思っています。

東さん:仕事でも個人的にもいろいろな事を我慢していてずっと抑えた演技だなと思いますが、2回爆発するシーンがありますよね。最初のシンディとの喧嘩のシーンと、赤ちゃんが出来たとシンディが打ち明けるシーンです。

クー・ファンルーさん:はい。そうです。

東さん:映画の途中に回想シーンが入って、時系列が難しいですが、どうお芝居を計算したのでしょうか。

クー・ファンルーさん:時系列のまま撮っています。ロンドンの2人の生活から撮って、台湾部分を撮影しました。イギリスでは1日12時間以上撮影してはいけません。準備部分も含めてですので、実際は1日7時間ぐらいの撮影になります。1シーン、1~2テイクですね。全てを3週間で撮り切りました。ロンドンでは短期間でシンディを深く愛さねばならず、大変でした(笑)

東さん:お腹の中の赤ちゃんが1人になって、主人公4人の気持ちが揺れ動き始めましたね。ティムがシンディに寄り添うシーンで、赤ちゃんの面倒は見てもいいけど、シンディの事は気にしないで、という内容のセリフがありますね。

クー・ファンルーさん:ティムは、子供を産んでくれる女性に対して、心配をしています。気持ちは分かりますが、彼がシンディに近づくことがジョアンには複雑な気持ちなのです。シンディの幼馴染のタイに関しても同様で、シンディに対して気持ちのある事は、気になっています。ジョアンの生活はとても大変な生活です。ジョアンの心のやさしさでもあるのですが、シンディは絵を描くアーティストで、金銭的な事はあまりわからない、センシティブな人です。だから自分で解決できることは、自分一人で背負うというのがジョアンです。

東さん:ラスト、あの後どうなるのでしょうか?

クー・ファンルーさん:当初2時間30分のつもりで撮って、編集で90分になりました。結果、3人(ジョアン、シンディ、タイ)の間に信頼関係ができます。映画は、愛とはどういうものか、多様なスタイルの愛、家族というものがあるという事を教えてくれます。

東さん:日本語のタイトルはフツウって何だろうと投げかけていますね。

クー・ファンルーさん:台湾の上映時にも、男性2人、女性2人のカップルが子供を連れてくる場合がありました。

東さん:体外受精のシーンは、スタイルが変わっていますね?。

クー・ファンルーさん:監督の思いがあって、出来たシーンです。監督はデビッド・ボウイが好きで、実は主人公2人が住んでいるロンドンの町は、デビット・ボウイの出身地の設定です。また、彼の音楽の中で、10年に1回出てくる宇宙飛行士がいるのですが、この宇宙飛行士がシンディを守る、という設定になっています。

東さん:原題にある卵男とはどういう意味ですか?(原題:親愛的卵男日記)

クー・ファンルーさん:卵男というのは、妊活している事が反映されています。卵の発音は中国語であたたかいという言葉と同じ発音で、あたたかい、やさしい男の日記、ということです。ジョアンもあたたかい男のイメージですね。4人でシンディを守るということです。

東さん:台湾で上映された時の反応はいかがでしたか?

クー・ファンルーさん:作年の選挙前に公開されています。ある女性の友人が、映画を見た後に、実は自分がレズビアンだということを告白してくれました。驚きましたが、自分から打ち明けてくれた事に、映画が彼女の心に響いたのだと思い感動しました。

映画情報どっとこむ ralph クー・ファンルー(柯奐如) プロフィール

ジョアン役:柯奐如(クー・ファンルー)
1980年生まれ。2002年人気アイドルドラマ『流星花園(流星花園〜花より男子)』で道明寺の婚約者役としてデビュー。『求婚事務所(求婚事務所〜Say Yes Enterprise〜)』『危險心靈』『泡沫之夏(泡沫の夏)』『姜老師,你談過戀愛嗎?(先生、本当の恋って?)』『人生劇展』シリーズほかアイドルドラマとシリアスドラマ両方で活躍。

映画は2002年『7-Eleven之戀』を始め、『情非得已之生存之道(ビバ!監督人生)』『夏天的尾巴(サマーズ・ テイル~夏のしっぽ~)』『阿霞的掛鐘』『對面的女孩殺過來(ロマンス狂想曲)』などに出演。2009年台湾とドイツの合作映画『曖昧(Ghosted)』は、ベルリン国際際映画祭に参加、2010年台湾、フランス、オランダ合作の『你在嗎?(R U There)』は、カンヌ国際映画祭のある視点部門にノミネートされ、国際的な映画の共同制作にも関わっている。本作では、第58回亞太影展(アジア・パシフィック映画賞)の助演女優賞にノミネートされた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『バオバオ フツウの家族』
原題:親愛的卵男日記
英題:BAOBAO

9月 新宿K’s cinemaにて公開



≪STORY≫
「赤ちゃんが欲しい」と、ロンドンに住む2組の同性カップルが協力して妊活を始める。
双子を妊娠したシンディは、ひとりロンドンから台湾に戻る。不安と悲しみに満ちた彼女が頼ったのは幼馴染の警官タイ。かねてよりシンディを密かに思っていたタイは、理由も聞かずに自分がお腹の子の父になると言うのだが、シンディの心は癒されない。子供を持って家庭を築きたいと願うシンディとジョアンがようやく待望の子宝に恵まれたのに、なぜ彼女はひとりで帰国したのか…。

***********************************

監督:謝光誠(シエ・グアンチェン)≪第1回長編監督作≫

出演:雷艾美(エミー・レイズ)、柯奐如(クー・ファンルー)、蔭山征彦(カゲヤマユキヒコ)

蔡力允(ツァイ・リーユン)、楊子儀(ヤン・ズーイ)
2018年/台湾/97分/1:1.85/
配給:オンリー・ハーツ/GOLD FINGER
協力:GENXY/ビームス
後援:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
©Darren Culture & Creativity Co.,Ltd
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ