「新宿武蔵野館」タグアーカイブ

田中俊介(BOYS AND MEN)、チェ・ヒョンヨン監督 登壇!『デッドエンドの思い出』2日目舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph スヨン(少女時代)と田中俊介(BOYS AND MEN)がW主演をつとめた映画『デッドエンドの思い出』が2月16日ついに全国公開となり、初日2日目を迎えた今日(2月17日)、本作に出演した田中俊介とチェ・ヒョンヨン監督が舞台挨拶を行いました。

日韓合作の映画『デッドエンドの思い出』2日目舞台挨拶が17日、東京・新宿武蔵野館で行われ、名古屋発エンターテイメントグループ・BOYS AND MENの田中俊介、メガホンをとったチェ・ヒョンヨン監督が登壇した。

映画『デッドエンドの思い出』初日舞台挨拶
日程:2月17日(日)
場所:新宿武蔵野館
登壇:田中俊介、チェ・ヒョンヨン監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は、作家・よしもとばなな氏による同名短編小説を、スヨン(少女時代)&田中俊介のW主演で実写映画化したもので、婚約者に裏切られたソウルに住むユミ(スヨン)が、名古屋のとあるカフェにたどり着き、カフェを営む若い男性・西山(田中)や周囲の人々に癒されていく姿を描く。

 公開初日を迎えた16日には出演者のドン・ヒョンベとヒョンヨン監督が舞台挨拶に登壇。2日目となったこの日、満員の観客の前に登壇した2人は、本作をスクリーンで見ての感想を聞かれると、

田中さん:見終わった後にゆったりと時が流れるような映画はなかなか日本で巡り会うことがないので、僕自身も味わうことのできない映画体験ができたなと感じました。

と吐露し、新宿武蔵野館がどういう映画館か知らなかったというヒョンヨン監督は

ヒョンヨン監督:幸せな経験だなと今、思っています。このスクリーンで上映ができて、スタッフを代表して感謝の気持ちです。

と感慨深げに語った。


また、原作を読んだ際の感想について

田中さん:純粋にめちゃくちゃ面白いなあと思ったのと、舞台は原作を改変しているんですが、僕自身、名古屋に生まれて、今も住んでいるので、自分の大事にしている場所に、韓国のキャストさん含め、チームがやってくるというところが、物語とリンクしました」と語り、「僕自身、今までと違ったアプローチがしたいなという思いがあって、よりフラットな気持ちで作品に向き合いたいなという思いになりましたね。

と回顧した。

そんな田中さんと初対面した際の印象を尋ねられ

ヒョンヨン監督:スヨンはアイドルの活動はもうあまりやってないのですが、田中君は有名なアイドルだから“ちょっと大丈夫かな”って思っていました。でも、会った瞬間、同じ世代を頑張って生きている“いい男”だなと思いました。人と人として話ができる瞬間があって、シナリオに対して話をするときも、私よりいろんなことを研究してくれていてすごく感動しました。

と笑顔を見せ、

ヒョンヨン監督:『日本で1番好きな俳優は誰ですか?』って聞かれたら、田中君しかいないです。また日本の俳優と撮影する機会があるときも、『日本の初俳優の印象はすごかった』って言うつもりです。

と絶賛。

映画情報どっとこむ ralph 逆に、ヒョンヨン監督の印象について

田中さん:スヨンさんが来日する前から日本にみえていて、その段階からお会いしてディスカッションする時間を設けさせてもらったんですが、撮影に入る前からコミュニケーションの場をたくさん提供してくださって、そこから監督の演出が始まっていたんだなというのを後から感じました。(撮影に入った際に)この作品にうまく馴染めるように、空気にすんなり入れるように監督はだいぶ前から作ってくれていたんだと感じて、嬉しいなあ、助かるなあという思いでした。監督とだったから、この空気感の映画が作れたのかなと思います。

と感謝した。

さらに、スヨンの印象について

田中さん:今回が初対面でした。僕自身も人見知りな部分があって、でも作品の中でコミュニケーションを大事にしたいと思ったので、いっぱいお話ししたいなと思って、本読みの後の解散のタイミングに、僕がスヨンさんに『もっと深くお話をしたいから時間ありますか?』って聞いたら、スヨンさんも『ぜひ!』ということで、2人で何時間も一緒に本を読んで、お互いの気持ちはどうなんだろうってディスカッションすることができました。僕自身、親身になって1つの作品に向き合う経験が今までなかったので、それをスヨンさんだったからできたのかなって思います。

とエピソードを明かし、

田中さん:スヨンさんもそこへの貪欲さがすごくて、やるからにはトコトンやりたい。そして日本人の気持ちをしっかり理解したいし、自分との気持ちのズレをうまく合わせていきたいとこだわっていたので、純粋にかっこいい役者さんだなと思いましたね。

と目を輝かせた。


また、終盤の重要なシーンとなる満開の桜の下での撮影を、桜の開花時期の影響で撮影2日目に行ったそうで、

田中さん:ラストのシーンを最初のうちにやるというのはリスクもあると思うんですけど、今回に至っては事前のコミュニケーションがたくさん取れていたので不安はなくて、出来上がったものを見ても2人の心の交流が深くなっていって、ここまでたどり着いたという温かいものが出せたんじゃないかなと思います。

と満足気な表情を見せ、

田中さん:今回の作品は現場が大事だと思っていたので、いろんなお話をして、皆さんに助けられて、そこで生まれた温かさが芝居に入ってスクリーンから放たれるんじゃないかと信じてやっていました。こんなにチーム一丸となってやったのは初めてだったので、すごくいい経験になりました。

としみじみと語った。

そして、最後にメッセージを求められた

田中さん:何かにぶち当たったとしても、そこで諦めることなく、いろんな人と会って、いろんなお話をして、塞いでしまいそうな心も少しずつ開いていけばいいなとこの作品を通して思いました。映画を見てもらって、もう一歩進みたいな、明るくなりたいなという原動力になれば嬉しいなと思います。

とアピールした。

映画『デッドエンドの思い出

公式サイト:
dead-end-movie.com

***********************************

出演:スヨン(少女時代) 田中俊介(BOYS AND MEN) 他
原 作:よしもとばなな『デッドエンドの思い出』(文春文庫刊)
監督:チェ・ヒョンヨン
配給 アーク・フィルムズ
Ⓒ2018 「Memories of a Dead End」 FILM Partners  


ドン・ヒョンベ、チェ・ヒョンヨン監督 登壇!映画『デッドエンドの思い出』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph スヨン(少女時代)さんと田中俊介(BOYS AND MEN)さんがW主演をつとめた映画『デッドエンドの思い出』が2月16日ついに全国公開となり、本作に出演した韓国人気グループBIGBANのメンバーSOLの実兄、ドン・ヒョンベさんとチェ・ヒョンヨン監督が来日し武蔵野館にて舞台挨拶を行いました。

映画『デッドエンドの思い出』初日舞台挨拶
日程:2月16日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:ドン・ヒョンベ、チェ・ヒョンヨン監督

映画情報どっとこむ ralph 作家よしもとばななによる同名短編小説を、チェ・スヨンさん&田中俊介さんのW主演で実写映画化。
婚約者に裏切られたソウルに住むユミ(スヨン)が、名古屋のとあるカフェにたどり着き、カフェを営む若い男性・西山(田中)や周囲の人々に癒されていく。

ユミの友人ジンソン役のヒョンベさんは、日本での舞台挨拶初体験。

ヒョンベさん:日本の映画館は初めて。新鮮な気分です。

と笑顔で、本作について

ヒョンベさん:偶然にこの作品のシナリオを読んで、本当に面白いと思いました。ジンソンという役柄に没入できたし、演じたいと思った。心を動かされたのです」と熱弁した。ヒョンヨン監督については「サイコー!(笑)本読みの段階から大好きになりました。作品に対するイメージもしっかりとできていて、現場ではたくさんの演出を受けることができました。そんな私は幸せ者。

と感謝しきり。

映画情報どっとこむ ralph スヨンさんとの共演には

ヒョンベさん:少女時代と言えば、私にとってはスター!女優としてのスヨンさんと一緒に演技するときは楽しい気持ちでいっぱいでした。自分は本当にラッキーな男。

と感慨。田中については

ヒョンベさん:現場でいいエネルギーをくれる方。長い間付き合っている友人のような印象を受けました。私が日本語の練習をしていると教えてくれたりして、その時間が幸せな思い出となっています。

と人生初の日本人俳優との共演を振り返った。

ロケ地となった名古屋も初めて訪れ

ヒョンベさん:東京や大阪は、常に忙しく動いているようなイメージだけれど、名古屋はゆっくりでリラックスできるような雰囲気。何をしていなくも癒される場所なので、気持ちも非常に楽でした。

と好印象。笑える話として

ヒョンベさん:東京や大阪の量販店ドン・キホーテは『急いで買わなければ!』という気持ちになるが、名古屋はゆっくりと品物を選べるような雰囲気。それが個人的にいいなぁと思いました。

と笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph 名古屋ではご当地グルメにも舌鼓。
ちなみに本作の公開を記念して新宿武蔵野館で販売された名古屋名物・味噌トーストは即完売で、

ヒョンベさん:本当に美味しい!

と太鼓判。

最後に・・・

ヒョンベさん:皆さんがどれほどこの映画を観てくれるか、SNSで毎日チェックしますので、どんどん宣伝してくださいね。

とPR。

ヒョンヨン監督:もう少し編集の時間があれば…と思う部分もあるけれど、皆さんの顔を見てちょっとだけ安心しました。どのような評価をもらえるかわからないけれど、スタッフ・キャスト全員の力を合わせて作った作品。

と思いを込めて、ヒョンベについては

ヒョンヨン監督:人間的にもいい俳優。絶対に売れる俳優だから、頑張ってほしい。

とエールを送った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『デッドエンドの思い出

新宿武蔵野館ほかにて公開中。

公式サイト:
dead-end-movie.com


物語・・・
30歳を目前にしたごく普通の日々を送っていた韓国人女性・ユミ(チェ・スヨン)。ひとつだけ気にかかっている事があるとすれば、仕事で名古屋へ行ってしまった婚約者テギュとの未来だった。

そんなユミはふと思い立ち、テギュに会いに名古屋へと向かう。

久々の再会を待ちわびていたユミが、テギュのアパートで見たのは、見知らぬ女性の姿だった。
突然知らされたテギュの裏切りに絶望し、あてもなく街をさまようユミ。そんな彼女がたどり着いたのは、エンドポイントという名のゲストハウスを兼ねた古民家カフェだった。エンドポイントのオーナー・西山(田中俊介)は不思議な存在感でユミに寄り添い、カフェに集うちょっぴりおせっかいな常連客たちも傷ついたユミの心をゆっくりと癒していく。
そして西山の心の傷に触れた時、ユミの中で確実に何かが変わり始めた。

***********************************

出演:チェ・スヨン(少女時代) 田中俊介(BOYS AND MEN) 他
原 作:よしもとばなな『デッドエンドの思い出』(文春文庫刊)
監督:チェ・ヒョンヨン
配給 アーク・フィルムズ
Ⓒ2018 「Memories of a Dead End」 FILM Partners
    


アルパインクライマー・山岳カメラマン:平出和也『クレイジー・フォー・マウンテン』山の日記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 新宿武蔵野館・シネクイントほか全国にて公開中の世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を追った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』。

8月11日の山の日を記念し、アルパインクライマーで山岳カメラマンの平出和也さん(39歳)迎えてトークイベントが行われました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』
日付:8月10日
場所:新宿武蔵野館
登壇:平出和也(アルパインクライマー/山岳カメラマン)

映画情報どっとこむ ralph 平出さんに密着した「情熱大陸」(MBS・TBS系)が7月29日に放送され、彼のその果てしない山への挑戦に、視聴者が「ガチですごい!」「衝撃!」などとSNSで発信するなど多くの話題を集めたばかり。

この日も、お客様たちと一緒に本作を観賞された平出さんが、上映後そのまま客席からステージに登場すると歓声が起き、その人気ぶりがうかがえました。

そして、今見た感想を開口一番

平出さん:哲学的な映画で、自分も何故、山に登るのか改めて考えさせられました。

と感想を述べました。

平出さんに関する最新ニュースとして、MCが“登山界のアカデミー賞”とも言われる「ピオレドール賞」を日本人で唯一、しかも2009年に続き二度目の受賞決定が先日発表されたことに触れると、未踏峰・未踏ルートにこだわり、数々の新ルートを制覇し続ける平出さんは

平出さん:この賞は順位を競うようなものではなく、わたしの探求心に対して、よく見つけたね!というような賞なんです!

と、「ピオレドール賞」について説明。今回の受賞は、昨年の夏、15年かけて挑み続けてきたパキスタンのカラコルム山脈「シスパーレ」に4度目の挑戦で見事登頂した功績が称えられて贈られるものであることを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 映画についてのトークでは、本作の撮影監督であるレナン・オズタークと、ミャンマーのカカボラジ山で偶然遭遇したことがあるというエピソードが飛び出し、その際、レナンが撮影に使っていたドローンを3基も墜落させてしまい

平出さん:和也、ドローンもらえないか?と言われたことがあるんですよ!

と平出さん。世界有数の山岳カメラマンであるレナンの意外な部分が垣間見えるエピソード。

また、本作を手掛けたジェニファー・ピードン監督が前作『Sherpa』の撮影監督を探していた際に

平出さん:ジェニファー・ピードン監督にレナンか和也か悩んでいる。と言われていたんです。あの時、僕が選ばれていたらこの映画にも関わっていたかもしれないですね。

と笑顔で語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・山の日記念ということで自身の心の山は何処か聞かれ

平出さん:小さい頃に親に連れて行ってもらった八ヶ岳。木々の匂いを嗅ぐだけで充実した気持ちになる。皆さんも大切な人と登った山や季節を変えて登る山があれば大切にしていただきたいです!

とイベントを締めました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開中です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************


製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク
ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face  
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ  


三浦雄一郎 x 大場美和 登壇 『クレイジー・フォー・マウンテン』トークショー付き特別試写会


映画情報どっとこむ ralph 世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7/21(土)より新宿武蔵野館・シネクイントほか全国順次公開。

その公開を記念して・・・・

世界最年長エベレスト登頂記録を持つ冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(85歳)と世界で活躍するプロクライマーの大場美和さん(20歳)をゲストトークイベント付き特別試写会が行われました!


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』イベント試写会
日時:7月10日
場所:神楽座
登壇:三浦雄一郎(プロスキーヤー/冒険家)、大場美和(プロクライマー)

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられる中、現在85歳で世界最年長エベレスト登頂記録を持つ三浦さんと美しすぎるプロクライマーとしてテレビやCMを含め、世界で活躍する大場さんが挨拶し、イベントはスタート。

5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を映し出している本作。長年スキーや登山の世界で活躍する三浦さんは、とくに印象に残ったシーンを聞かれ

三浦さん:やっぱりエベレスト!エベレストは歩いて宇宙に近づいている感覚が味わえます。

と自身にとっても特別な場所であることを明かした。

一方、9歳からスポーツクライミングを始め、現在は自然の岩を登っている大場さんは

大場さん:アスリートたちによる命がけでしか得られない体験がスクリーンを通して観客も味わえる贅沢な映画ですね。

と本作を絶賛!!それを受け

三浦さん:小さな画面で観るのはもったいない映画。大きなスクリーンと素晴らしいサウンドを味わうために公開したら真っ先に劇場へ行こうと思いました。

と付け加えた。

映画情報どっとこむ ralph 本作が投げかける「人は何故山に登るのか」という問いについて、

三浦さん:自分に対する好奇心ですね。

大場さん:限界に挑戦することが面白いから。死と隣り合わせなこともあるが嫌ならやらなきゃいい!

と笑顔。

本作を手がけたジェニファー・ピードン監督は登山家であり、山岳ドキュメンタリー監督としてはとてもめずらしい女性監督。

音楽の使い方や映像にも女性ならではの目線が映し出されているのも印象的な作品になっていることに、大場さんもプロクライマーとして

大場さん:実際に登る時は、指の場所が数ミリ違ったり足の向きを間違うだけで登れるところが登れなかったりするんです。

と実は繊細に考えながらクライミングしているそうで

大場さん:気持ちを落ち着けるのに音楽を聴いたりもします。

と話した。
映画情報どっとこむ ralph 本日7月10日は実は“富士山の山開き”。一般の方に向けて

大場さん:自然を絶対に傷つけないで!

三浦さん:想定外のこともあるのが山。ことわざの“年寄り半日仕事”をモットーにしたことでエベレストにも登れた。余裕を持ちゆっくり挑みましょう。

とメッセージ送り、イベントを締めくくりました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は7月21日(土)より新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ    
©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd
      


オダギリジョー小粋に鼻歌「お富さん」!『ルームロンダリング』本編映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 事故物件を綺麗にロンダリング!
池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

人付き合いが苦手、彼氏なし、人生こじらせ真っ最中の八雲御子。彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにする、“ルームロンダリング”。そんな御子の悩みは、仕事先の部屋で元住人たちがユーレイとなって出没すること。この世に未練タラタラなユーレイたちに振り回される日々を送るうち、周囲の人々も巻き込んで、御子に人生初の恋とトラブルが訪れる!?
こじらせてきた分だけ幸せになれる、ハートウォーミング・コメディが誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁されたのは、主人公・八雲御子の叔父・雷土悟郎(演:オダギリジョー)が、春日八郎が歌い大ヒットを記録した名曲「お富さん」を口ずさむワンシーン。
事故物件に御子を住まわせ、事故の履歴を帳消しにする、“ルームロンダリング”を斡旋したり、不法滞在者の外国人に偽造パスポートを作成したり、執拗に立ち退きを迫る悪徳不動産屋を営んでいる悟郎。

しかし、すべては御子の学費を稼ぐ為という姪っ子想いの心優しい顔も見せる、二面性のある役どころを、オダギリが飄々とした雰囲気で演じている。
カルチャー好き女子たちからの根強い人気を誇るオダギリジョー。本作で御子を優しく見守る眼差しやサングラスの奥から垣間見せる微笑みに、女子たちのハートは鷲掴みされること間違いなしだろう‼



7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

roomlaundering.com

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、事故物件に自分が住むことによって“部屋を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・!?
***********************************


出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋 脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテイメント
配給:ファントム・フィルム