「新宿武蔵野館」タグアーカイブ

アルパインクライマー・山岳カメラマン:平出和也『クレイジー・フォー・マウンテン』山の日記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 新宿武蔵野館・シネクイントほか全国にて公開中の世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を追った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』。

8月11日の山の日を記念し、アルパインクライマーで山岳カメラマンの平出和也さん(39歳)迎えてトークイベントが行われました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』
日付:8月10日
場所:新宿武蔵野館
登壇:平出和也(アルパインクライマー/山岳カメラマン)

映画情報どっとこむ ralph 平出さんに密着した「情熱大陸」(MBS・TBS系)が7月29日に放送され、彼のその果てしない山への挑戦に、視聴者が「ガチですごい!」「衝撃!」などとSNSで発信するなど多くの話題を集めたばかり。

この日も、お客様たちと一緒に本作を観賞された平出さんが、上映後そのまま客席からステージに登場すると歓声が起き、その人気ぶりがうかがえました。

そして、今見た感想を開口一番

平出さん:哲学的な映画で、自分も何故、山に登るのか改めて考えさせられました。

と感想を述べました。

平出さんに関する最新ニュースとして、MCが“登山界のアカデミー賞”とも言われる「ピオレドール賞」を日本人で唯一、しかも2009年に続き二度目の受賞決定が先日発表されたことに触れると、未踏峰・未踏ルートにこだわり、数々の新ルートを制覇し続ける平出さんは

平出さん:この賞は順位を競うようなものではなく、わたしの探求心に対して、よく見つけたね!というような賞なんです!

と、「ピオレドール賞」について説明。今回の受賞は、昨年の夏、15年かけて挑み続けてきたパキスタンのカラコルム山脈「シスパーレ」に4度目の挑戦で見事登頂した功績が称えられて贈られるものであることを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 映画についてのトークでは、本作の撮影監督であるレナン・オズタークと、ミャンマーのカカボラジ山で偶然遭遇したことがあるというエピソードが飛び出し、その際、レナンが撮影に使っていたドローンを3基も墜落させてしまい

平出さん:和也、ドローンもらえないか?と言われたことがあるんですよ!

と平出さん。世界有数の山岳カメラマンであるレナンの意外な部分が垣間見えるエピソード。

また、本作を手掛けたジェニファー・ピードン監督が前作『Sherpa』の撮影監督を探していた際に

平出さん:ジェニファー・ピードン監督にレナンか和也か悩んでいる。と言われていたんです。あの時、僕が選ばれていたらこの映画にも関わっていたかもしれないですね。

と笑顔で語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・山の日記念ということで自身の心の山は何処か聞かれ

平出さん:小さい頃に親に連れて行ってもらった八ヶ岳。木々の匂いを嗅ぐだけで充実した気持ちになる。皆さんも大切な人と登った山や季節を変えて登る山があれば大切にしていただきたいです!

とイベントを締めました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開中です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************


製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク
ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face  
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ  


三浦雄一郎 x 大場美和 登壇 『クレイジー・フォー・マウンテン』トークショー付き特別試写会


映画情報どっとこむ ralph 世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7/21(土)より新宿武蔵野館・シネクイントほか全国順次公開。

その公開を記念して・・・・

世界最年長エベレスト登頂記録を持つ冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(85歳)と世界で活躍するプロクライマーの大場美和さん(20歳)をゲストトークイベント付き特別試写会が行われました!


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』イベント試写会
日時:7月10日
場所:神楽座
登壇:三浦雄一郎(プロスキーヤー/冒険家)、大場美和(プロクライマー)

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられる中、現在85歳で世界最年長エベレスト登頂記録を持つ三浦さんと美しすぎるプロクライマーとしてテレビやCMを含め、世界で活躍する大場さんが挨拶し、イベントはスタート。

5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を映し出している本作。長年スキーや登山の世界で活躍する三浦さんは、とくに印象に残ったシーンを聞かれ

三浦さん:やっぱりエベレスト!エベレストは歩いて宇宙に近づいている感覚が味わえます。

と自身にとっても特別な場所であることを明かした。

一方、9歳からスポーツクライミングを始め、現在は自然の岩を登っている大場さんは

大場さん:アスリートたちによる命がけでしか得られない体験がスクリーンを通して観客も味わえる贅沢な映画ですね。

と本作を絶賛!!それを受け

三浦さん:小さな画面で観るのはもったいない映画。大きなスクリーンと素晴らしいサウンドを味わうために公開したら真っ先に劇場へ行こうと思いました。

と付け加えた。

映画情報どっとこむ ralph 本作が投げかける「人は何故山に登るのか」という問いについて、

三浦さん:自分に対する好奇心ですね。

大場さん:限界に挑戦することが面白いから。死と隣り合わせなこともあるが嫌ならやらなきゃいい!

と笑顔。

本作を手がけたジェニファー・ピードン監督は登山家であり、山岳ドキュメンタリー監督としてはとてもめずらしい女性監督。

音楽の使い方や映像にも女性ならではの目線が映し出されているのも印象的な作品になっていることに、大場さんもプロクライマーとして

大場さん:実際に登る時は、指の場所が数ミリ違ったり足の向きを間違うだけで登れるところが登れなかったりするんです。

と実は繊細に考えながらクライミングしているそうで

大場さん:気持ちを落ち着けるのに音楽を聴いたりもします。

と話した。
映画情報どっとこむ ralph 本日7月10日は実は“富士山の山開き”。一般の方に向けて

大場さん:自然を絶対に傷つけないで!

三浦さん:想定外のこともあるのが山。ことわざの“年寄り半日仕事”をモットーにしたことでエベレストにも登れた。余裕を持ちゆっくり挑みましょう。

とメッセージ送り、イベントを締めくくりました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は7月21日(土)より新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ    
©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd
      


オダギリジョー小粋に鼻歌「お富さん」!『ルームロンダリング』本編映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 事故物件を綺麗にロンダリング!
池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

人付き合いが苦手、彼氏なし、人生こじらせ真っ最中の八雲御子。彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにする、“ルームロンダリング”。そんな御子の悩みは、仕事先の部屋で元住人たちがユーレイとなって出没すること。この世に未練タラタラなユーレイたちに振り回される日々を送るうち、周囲の人々も巻き込んで、御子に人生初の恋とトラブルが訪れる!?
こじらせてきた分だけ幸せになれる、ハートウォーミング・コメディが誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁されたのは、主人公・八雲御子の叔父・雷土悟郎(演:オダギリジョー)が、春日八郎が歌い大ヒットを記録した名曲「お富さん」を口ずさむワンシーン。
事故物件に御子を住まわせ、事故の履歴を帳消しにする、“ルームロンダリング”を斡旋したり、不法滞在者の外国人に偽造パスポートを作成したり、執拗に立ち退きを迫る悪徳不動産屋を営んでいる悟郎。

しかし、すべては御子の学費を稼ぐ為という姪っ子想いの心優しい顔も見せる、二面性のある役どころを、オダギリが飄々とした雰囲気で演じている。
カルチャー好き女子たちからの根強い人気を誇るオダギリジョー。本作で御子を優しく見守る眼差しやサングラスの奥から垣間見せる微笑みに、女子たちのハートは鷲掴みされること間違いなしだろう‼



7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

roomlaundering.com

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、事故物件に自分が住むことによって“部屋を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・!?
***********************************


出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋 脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテイメント
配給:ファントム・フィルム 


枝優花 監督感涙!保紫萌香、モトーラ世理奈登壇『少女邂逅』初日舞台挨拶


枝優花 監督感涙!保紫萌香、モトーラ世理奈登壇『少女邂逅』初日舞台挨拶

映画情報どっとこむ ralph 6月30日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開、枝優花 監督 初長編映画『少女邂逅』。

200人以上の応募者から選ばれ、ともに映画初主演となる、保紫萌香 x モトーラ世理奈 W主演。

ミスiD2016グランプリにして注目若手女優の保紫萌香。

ファッション誌「装苑」専属モデルをはじめ、モデルとして各界で活躍するモトーラ世理奈。

24歳の新鋭・枝優花監督が、いじめによって声が出なくなってしまった14歳の頃の経験を軸に、蚕のように容姿も中身も変容する少女たちの残酷で美しい青春映画を完成。この公開を記念して、初日6月30日(土)に初日挨拶舞台挨拶イベントが行われました。

映画『少女邂逅』初日舞台挨拶
日時:6月30日(土)
会場:新宿武蔵野館
登壇:保紫萌香、モトーラ世理奈、枝優花監督

映画情報どっとこむ ralph 温かい拍手の中登壇した監督とキャストの二人。

保紫さま:こんにちわ・・・。お暑い中こんなに沢山お集まりいただき嬉しいです。

モトーラさん:今日はありがとうございます。

枝監督:長い作品ですが色々稚拙なところもありますが観ていただいてありがとうございます。

と、3人とも控えめな挨拶からスタート。



本作は、監督の故郷でもあり、実際に監督がいじめ体験された地での撮影だったそうで

枝監督:私の14歳の時の実体験に基づいて、18の頃に脚本を書きました。出てきた高校や喫茶店は母校だったり、よく行っていたところだったり。群馬県高崎市の方達に全面バックアップしていただいて撮影しました。

実はその撮影は、一軒家で12日間合宿して行ったそう。

高崎での撮影で・・・・

保紫さん:共同生活が印象的ですね。俳優もスタッフもまぜこぜで。チョットした家族みたいでした。あと高崎の方たちが協力的で。

モトーラさん:東京出身・育ちで高崎は・・・全部田んぼで。土手を走ったりしたのは新鮮で。気持ち良かったです。

映画情報どっとこむ ralph オーディションの末、初主演を勝ち取って・・・
保紫さん:聞いた最初は嬉しくて、いままでも、主役でない作品は出ていましたが、カメラの前に居られることがいかに幸せかって気づきました。高崎での撮影はシンドかったですけど。良い経験になりました!

監督が学生だった頃を演じて

保紫さん:他力に頼る感じで、周りに流される印象で・・私は割と正反対で嫌なものは嫌!で一人でいるのもいとわないので。。。ですが、監督に愛しさを持って演じました。

長編のお芝居も初めてのモトーラさんは
モトーラさん:オーディションはミユリで受けたので・・決まったと聞いて性格的にもミユリかと思ったら紬役で。紬役がどうしてもつかめなくて。リハーサルの時に江田監督が親身に相談に乗って下って。紬年表とかも創ってくださって。高崎に入ったときには紬になっていました!

と、監督の熱心な指導で乗り切ったそう。

一方二人をオーディションで決めた理由を

枝監督:凄く可愛くて秀でているところが沢山あるのですが、セレ以上に、見た目と中身が違ってコンプレックスがある。この映画で必要だったのは、見えてる部分と見えたない部分の違いがポイントだったので、魅力的に映りました!

映画情報どっとこむ ralph 本作は、映画×音楽の祭典<MOOSIC LAB 2017>観客賞受賞、インディーズ映画としては異例の香港国際映画祭、上海国際映画祭正式出品していて、現地にもいかれたそう
枝監督:日本のお客さんは静かに心の中で観ますが、香港と上海の方は感情表現が豊かで笑ったり息をのんだりが劇場で一体化していて。新鮮でした!

保紫さん:香港は楽しかったです。お客さんの反応が良くて。ゼッタイ私の事なんか知らないはずなのに盛り上がってくれて。気が大きくなって(笑)今修正中です!(笑)

モトーラさん:お客さんの熱が強くて、サインしますって言ったらみんな下りてきちゃって。。
と、其々思い出を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

枝監督:14歳の時に経験したことをベースに描いていて、当時は人と喋りたくない、学校に行きたくないと思っていましたが・・こうして、皆様に観ていただけて・・・・胸がいっぱいです。ありがとうございました。
と、涙涙の監督。久しぶりにいい涙を見た気がしました!。

『少女邂逅』絶賛公開中!
http://kaikogirl.com

物語・・・
いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ(保紫萌香)。ミユリの唯一の友達は、山の中で拾い「紬」と名付けた蚕。」窮屈で息が詰まるような現実から、いつか誰かがやってきて救い出してくれる──といつも願っていたミユリだったが、いじめっ子の清水に蚕を捨てられてしまう。そんなある日、絶望したミユリの学校に「富田紬」という少女(モトーラ世理奈)が転校してくる──。

***********************************

監督・脚本・編集:枝優花
劇中歌・主題歌:水本夏絵
出演:保紫萌香 モトーラ世理奈
土山茜 秋葉美希 近藤笑菜 斎木ひかる 里内伽奈 根矢涼香 すぎやまたくや 松澤匠
松浦祐也

撮影:平見優子/照明:佐久間周平/録音:小川賢人/ラインプロデューサー:鄭銓聖/アシスタントプロデューサー:小峰克彦/スタイリング:松田稜平/ヘアメイク:七絵/特殊造形:土肥良成/整音:mauve/音楽:大石峰生/美術:すぎやまたくや/映像投影:阪実莉/スチール:秋山大峰/企画:直井卓俊/アソシエイトプロデューサー:前信介
製作:「少女邂逅」フィルムパートナーズ
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
2017年/カラー/ステレオ/シネマスコープ/101分
©2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ


南沙良,蒔田彩珠,萩原利久,湯浅弘章監督登壇!『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』プレミア!


映画情報どっとこむ ralph 7月14日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。公開を前に6月26日(火)にプレミア上映&舞台挨拶を行いました。

本作は、人気漫画家・押見修造の実体験をベースにした同名原作の映画化。待望の映画化に、期待値マックスのプレミア上映は満員御礼!最速となる上映に駆けつけてくれた熱気溢れる観客たちに直接お礼を伝えたい!とキャスト&監督が集結しました!

日時: 6月26日(火)
場所:新宿武蔵野館 
登壇: 南沙良(みなみさら)、蒔田彩珠(まきたあじゅ)、萩原利久(はぎわらりく)、湯浅弘章(ゆあさひろあき)監督

映画情報どっとこむ ralph 南さん:観終わったあと、余韻に満たされました。志乃・加代・菊地の三人は、自分たちのままで進んでいけるんだなと感じ、心の奥の方があったかくなりました。

蒔田さん:実際の自分の歳と近い役を演じて、作品を観て、グッと胸に迫るものがありました。自分たちが伝えたかったことが伝えられたと感じています。

萩原さん:一足先に観て、現場で感じたエネルギーをスクリーンからそのままに感じました。みなさんにも僕たちが現場でぶつけあったものをご覧いただけると思います。

湯浅監督:夜中、一人編集しながらウルッときていました。多くの作品を作ってきましたが、生まれて初めて「これ、イケるな?」感じました。ハードルあげすぎですかね?でも自信ありますよ!



自分が演じた役について

原作者押見修造先生のファンの南さんは

南さん:原作を読んだときに、「志乃をやりたい!」と強く思ったので、それが実現して何より嬉しかったです。でも同時に原作の雰囲気を壊さないか、不安もありました。

蒔田さん:加代は、人と関わりたいけど積極的にはできない。でも理解しようとする純粋な子。志乃と関わる際には「相手の話しを聞く」ことを強く意識しました。

萩原さん:漫画の菊地のキャラが素晴らしく、とにかく撮影初日から飛ばしまくって。普通なら徐々に気持ちが盛り上がっていくと思うんですけど、菊地は序盤がピークでした。でもクランクアップの日に原作者の押見さんから「菊地が菊地だったね!」と言われて、本当に嬉しかったことを覚えています。

と、其々話しました。

映画情報どっとこむ ralph 現場でのエピソード

静岡の沼津で2週間行われた合宿のような撮影。当時の様子について聞かれると

湯浅監督:とにかく主演の二人が本番直前まできゃっきゃっしてるんですよ。でもヨーイがかかった瞬間にスイッチが切り替わって、ドキッとする瞬間がありました。「あぁ、本当に女優の顔をしているな」と実感しました。

そんな撮影当時14歳の南さんと蒔田さんが見せる様々な表情が映し出された本作。これまでアイドルのMVなどを数多く手がけてきた湯浅監督は美しくとる秘訣について

湯浅監督:自分が思う、映画の中の美しい女性は、撮影技巧で撮れた“美しさ”ではなく、困難を前にしても必死に生きようとする姿にこそ本当の美しさがあると思うんです。今回は、それを二人に伝えました。本作の中にもそうした姿が映っていると思います。

とアツく語った。

映画情報どっとこむ ralph 登場人物たちが上手く想いを伝えられないという物語にちなんで、撮影時には言えなかった“今だから言えるお互いへの想い”をパネルに書いて打ち明けることに。

勢いよく萩原がパネルをあげると「みんなで菊地扱い」との文字。

萩原さん:最初は「菊地そのままだ!」と言われていて、嬉しかったんですけど、カメラが回っていないときでも「菊地ウザイ〜!(笑)」と言われるようになり、ショゲました。笑。

とのエピソードに会場からは笑いが。

蒔田さんのパネルには

「南さんへあの時は可愛かった…。」との文字。隣で聞く南さんは思わず照れ笑い。

蒔田さん:撮影中の宿で、夜中に私の部屋に来て、怖い話をテレビで見てながら大きいリアクションをして。気づいたら隣に眠っていて…笑 起こしてもおきないんですよ。

と仲良しエピソードを吐露。すると

南さんは「彩珠へ、夢男」と自分で書いた渾身のイラスト入りの意味深な内容のパネルを見せる。蒔田と見ていた怖い話しのキャラクターだったそうで、二人は大盛り上がり。

「考えが通じあってるね」とお互いがニコニコ微笑みあう様子も。

そんな中、

最後に監督が出したパネルは

監督:「3人へ、絶対仲良くならないと思ってた!」仲が悪かった時用の演出も考えてたんですけど、一つも使わずに済みましたね

と冗談交じりに打ち明け、舞台挨拶は幕を閉じました。


志乃ちゃんは自分の名前が言えない

7月14日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

【STORY】

伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。

高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。

そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。

そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…


***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会