「新宿ピカデリー」タグアーカイブ

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』佐藤健&土屋太鳳クリスマス婚を見届ける


映画情報どっとこむ ralph 結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎の奇跡の実話を描いた映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」。

ついに全国公開を迎え、週末の興行収入&観客動員数でも邦画実写第1位を獲得!
さらに洋画の超大作や、大人気シリーズの映画を抑え、「ぴあ映画初日満足度 1位92.5点」を獲得!(12月16日調べ)映画をご覧になった方からは「今年一番泣いた映画」、「涙なしでは見られない!」といったコメントが全国で相次いでおり、「ハチハナ」ブームが到来!この度、映画の大ヒットを記念し大ヒット舞台挨拶を実施しました。
『8年越しの花嫁 奇跡の実話』大ヒット舞台挨拶
日程:12月25日(月)
場所:新宿ピカデリー
登壇:佐藤健 土屋太鳳
MC:笹川 友里(TBSアナウンサー)

映画情報どっとこむ ralph 観客の大歓声に迎えられて登場した佐藤健と土屋太鳳。本日12月25日クリスマスの日を受け、

佐藤さん:こんな大切な日にお会いできて光栄です。メリークリスマスですね。

と話すと、

土屋さん:メリークリスマス!

と元気よく挨拶。


観客動員数70万人突破の大ヒットを受け、

佐藤さん:尚志さん麻衣さんのお話、実際にあった話にただただ誠実に向き合った結果なのかな、と思います。もっともっと広がっていけばいいな、と思います。

土屋さん:麻衣さんの大切な8年間を演じさせていただきました。感動の声をお聞きして、インスタグラムで感想をみて、言葉だったり声の一つ一つに感動をいただいています。今まで見ていただいたからこその舞台挨拶、感謝しています。

と話し、イベントはスタート。

印象に残っているシーンを尋ねられると、

佐藤さん:演じてて、土屋さんが特殊メイクをして動けなくなっている時の空気感とかは今までにない空気感でした。絶妙な緊張感というか… でも僕は土屋さんをなんとか笑わせようとして(笑)(土屋さんが)笑うとメイクが取れちゃうから。ちょっかいをだす、っていうのをやっていました。

とエピソードを披露すると、

土屋さん:笑い、耐え切れると思いますか?(笑)本当に笑わせてくるので、愛情を感じましたね。ちょっと困りましたけど。(笑)

と述懐。また自身の印象に残っているシーンについて

土屋さん:いっぱいあるんですけど、最初のアーケードでのシーンはすごく難しくて、移動中の新幹線の中で健先輩と携帯でやり取りをしてギリギリまで作ったシーンでした。あとはあのシーンが酔っ払っているっていうシーンだったので、日本酒を飲まず、香りだけを嗅いでその雰囲気を出しました。

と、振り返ると

佐藤さん:そんなことあったね!

と思い出したご様子。また本作では”結婚”が大きなテーマであることにかけ、理想の結婚式を尋ねられると

佐藤さん:結婚式に理想はなくて…男の人には共感してもらえるかもしれないんだけど、大切な人がやりたいっていうからやるんであって、大切な人の願いを叶えてあげる、ということだと思う。

と持論を展開。

土屋さん:相手の方によるな、と私も思います。健先輩の思いも素敵だな、と思うんですが、一緒に考えるのがいいかな、と思います。感謝をいっぱい伝えて、2人がおもてなしをするような式ができたらいいな、と思います。

と、こちらも土屋さんらしい理想の結婚式を披露。

佐藤さん:尚志さんもウェディングプランナーの方に、『結婚式は感謝を伝える場所なんだ』と聞いてやりたくなったと言ってました。

と、モデルとなった尚志さんの話を引き合いに出しました。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、「『8年越しの花嫁』presentsサプライズ人前式」コーナーに。

会場にいるカップルの名前を佐藤さんと土屋さんが読み上げ、高田さん、伊藤さんカップルが登壇。付き合って一昨日で”8年に”なる2人。今日のことは伊藤さんにはサプライズであり、「意味がわからない…」と伊藤さんは困惑&感激の様子。

そんな伊藤さんに高田さんから「結婚してください。」と手紙をもつ手を震わせながらプロポーズが。プロポーズを目の当たりにした

土屋さん:見ているこちらが感動しちゃって。私たちこそこの場にいれて幸せです。

佐藤さん:かっちょいいねー!女性はストレートな言葉嬉しいと思いますね。

とそれぞれ感激の様子であった。そして、佐藤さんと土屋さん、そして会場の観客を前に人前式が行われた。誓いの言葉を佐藤さんと土屋さんが読み上げ、高田さん、伊藤さんが誓いの言葉を交わし、佐藤さん、土屋さんも結婚証明書にサイン。

佐藤さんと土屋さんも「生プロポーズ初めてでした。ドキドキしました。

と初めてのプロポーズ立会いの感動を改めて話した。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・土屋さん:麻衣さん、尚志さんのように戦っていらっしゃる方、支えていらっしゃる方がまだたくさんいらっしゃいます。その方にとってこの作品が心の燃料になりますよう、心のお守りとなりますよう、温かいものになりますよう、心から私はずっと寄り添っております。

と話したのち、佐藤さんへサプライズの手紙があることを明かし、

土屋さん:これまた緊張します。

と手紙の準備をすると、

佐藤さん:じゃあ家で読みます。(笑)

と照れ隠し。「聞きたい!」という観客の言葉を受け、

土屋さん:健先輩へ。健先輩にお返事を書こうと決めたものの、伝えたいことがありすぎて、何から書けば良いのか、三日間考え続けました。今日は思っていることをそのまま、まっすぐにしたためたいと思います。健先輩と初めてお会いしたのは8年前のことでした。なので8年越しに妻役を演じさせていただきました。心に刺さっている健先輩の言葉がありました。それは2012年に放送されたある番組での健先輩の言葉です。そのとき「変わらない愛はない。」と、健先輩はおっしゃいました。私はその時、この方に「変わらない愛はある」と伝えたいと思いました。TVに向かって話した私に、一緒に見ていた家族は笑っていたけど、私は本当に本気でした。その時すでにスターでいらした健先輩に伝えるといってもいつ伝えるんだろう、と思っていましたが、もしかしたらその時からこの作品でご一緒する未来があったのかもしれません。変わらない愛はあります。しかもそれは健先輩の心の中に。ファンの方に向き合い、感謝をして、スタッフさんを労う姿は熱く、暖かく、柔らかく、優しい、本当に豊かな変わらない愛を宿しています。その姿や言葉、舞台挨拶に元気よく出て行く楽しそうな背中、嬉しそうに観客の方を見つめる眼差し、役者として大切なたくさんのことを教えていただきました。心から心から感謝しています。健先輩の笑顔は本当に素敵です。なんでもわかるのに、仕事以外の自分のことだけよく分かっていないと思います。健先輩の笑顔は素敵です。健先輩の笑顔はたくさんの人を幸せにするんです。お誕生日プレゼントはおばあちゃんになるまで土屋太鳳は使いますよ!おばあちゃんになるまでずーっと健先輩の孫でいます。性別が違うだけで、コミュニケーションが取りにくくなる世界ではありますが、これからも同業の後輩の1人として、変わらぬ孫愛と一緒にお願いします。またその背中に辿り着けるよう、全力で追いかけていきたいと思います。

と涙で言葉をつまらせつつ手紙を読み上げた。

佐藤さん:恥ずかしいの10乗くらいですね。びっくりしました。「変わらない愛はある」とまっすぐに本心から信じて伝えられる土屋さんを尊敬しています。映画も見ていただき、よかったな、と思っていただけましたら、力を貸していただけたら嬉しいです。ロマンチックな時期にこの映画を大切な人と見ていただき、グッと距離を縮めていただけると嬉しいです。

と話し、最後に「メリークリスマス!」とそれぞれ観客に声をかけ、イベントは幕を閉じた。

***********************************

佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子
主題歌:back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)
監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「ひよっこ」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会
    


映画『覆面系ノイズ』中条あやみ、恩師からのサプライズに感激の涙!


映画情報どっとこむ ralph 絶賛公開中の『覆面系ノイズ』。

その公開記念舞台挨拶が行われ、中条あやみ、志尊淳、小関裕太、三木康一郎監督が登壇。

主演として本作を引っ張ってきた中条さんにサプライズで手紙のプレゼント!こぼれる涙まで美しい中条あやみ

最後には、お客様への感謝の気持ちと、より一層のヒットへの願いを込めて、キャストから会場のお客様へ少し早めのクリスマスプレゼントも!

日程:12月6日(水)
場所:新宿ピカデリー
登壇:中条あやみ、志尊淳、小関裕太、三木康一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中登場したのは、中条あやみ(有栖川 仁乃/ニノ役)さん、志尊淳(杠 花奏/ユズ役)さん、小関裕太(榊 桃/モモ役)さん、三木康一郎監督。登場した皆さんマイク無し・・・実は観客の皆さんのSNS拡散用にフォトセッションからスタート。

中条さん:この映画をもう見た人はいますか?

と尋ねると、会場からは多くの手が上がり、中にはすでに3回以上観た人も大勢!

実際に周囲からの反応について聞かれると、

中条さん:歌を地元の友達が褒めてくれました。みんなでカラオケとかに行ったことがないから、『いつの間に練習してたの?』って驚かれました!

と嬉しそうに明かし、志尊さんは、これまで自分の活動に興味を示さなかったお姉さんが、評判を聞いて本作を見てくれたことを告白。
志尊さん:あやみちゃんや裕太さんのことはほめるのに、海のシーンだと思いますが、『あんたくちびる青かった』って言われました!

と打ち明け会場を笑わせた。

劇中で本格的なベース演奏に初挑戦した小関さんは、
小関さん:ミュージシャンの知り合いから、『あの弾き方いいね』『心奪われちゃった』と言ってもらえて嬉しかったです。

と努力した演奏シーンが、音楽のプロからも高評価だったことを語った。

三木監督は、自身のお気に入りシーンであるオープニングが好評であることに触れ、
三木監督:見てくれたら伝わる作品だと思っていました。

と自信をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph また、本作で登場するファッションも注目されていることについて、中条さんは劇中で着用する衣装を自ら選んだことを告白。
中条さん:監督にも『自分で決めて』って言われて、原作漫画を見ながら研究したり、原作者の福山リョウコ先生の私服がニノっぽかったので参考にしたり。衣装さんたちとも相談しながら、自分たちで衣装を決めました。

と裏話を披露すると、志尊さんは、劇中に登場するユズの衣装が一部私服であることを語り、小関と監督も「知らなかった!」と驚いてました。

私服の一部が、本作で印象的なユズとモモのセッションシーンで採用されたことを明かすと、これから映画を見る観客たちは大盛り上がり!

映画情報どっとこむ ralph また、この日は主演として作品を引っ張ってきた中条さんに手紙のサプライズプレゼントが!贈り主は、本作で本格的な歌に初挑戦した中条さんに寄り添い、歌への向き合い方を教えた音楽ディレクターの北村岳士。
中条さんは予想外の展開に「泣かせようとしてるやつじゃない!?」と警戒。しかも、会場に流れる曲もしっとりと。

手紙が代読されると、徐々にその目には涙が…。

手紙では、過酷なボイストレーニングやレコーディングにも中条さんが一度も弱音を吐かなかったことや、2オクターブ近い音域が必要になる難易度の高い主題歌「Close to me」に挑戦し、他の誰にも真似のできないパワフルな歌声を手に入れたことなどが語られ、当時を思い出したのか中条さんは涙を止められない様子。その泣き姿まで美しい中条さん。

北村手紙:『覆面系ノイズ』という作品と、たくさんの人に支えられて生まれて来た、その胸がすくような歌声で、これからもたくさんの人の胸に、あやみさんの優しさや強さ、その力を届け続けて・・・歌い続けてください。

とエールで締めくくられ、会場からは中条さんをたたえるあたたかな拍手が沸き起こった。

中条さん:まんまとやられましたね(笑)大変なこともたくさんあったが、みなさん優しく励ましてくださったので、頑張ってここまでこられたんだと気づかされました。

と感慨深げにコメントした。

撮影を共にした志尊さんは、プレッシャーに負けず乗り切ったことを

志尊さん:座長の中条ちゃんがひっぱってくれたから、僕らも頑張れた。

小関さん:監督の愛あるダメ出しを受けながら頑張る姿を見ていたし、何よりスクリーンで見ると本当に心を動かされた。

と大絶賛。
三木監督:中条も頑張ったけど、周りのみんなの支えも大きい。

と共演者たちについても評価した。
映画情報どっとこむ ralph 最後には・・・、

観客がピンクとパープルのサイリウムを振るなか、光り輝く客席をバックに記念撮影。
そして集まった観客に感謝の気持ちを込めて、キャスト・監督からひと足早いクリスマスプレゼント(ニノのトレードマークでもあるマスク)が客席に投げ込まれ、会場は大盛り上がりのうちにイベントは幕を閉じた。


覆面系ノイズ

11月25日(土)より全国ロードショー!


物語・・・
歌うことが大好きなニノ(中条あやみ)は高2の春に転校先の学校で、幼いころに出会った曲作りをする男の子・ユズ(志尊淳)に再会。ニノを想って曲を書き続けてきたユズは、思わぬ再会に戸惑いながらも気持ちを募らせる。一方ニノは幼いころに離れ離れになった幼馴染・モモ(小関裕太)に今でも思いを寄せていた・・・。いつかモモにこの歌声を届けたい!日々練習を重ねるニノはある日とあるオーディション会場でモモらしき人物に遭遇!せっかく再会できたのにモモに気持ちを伝えられないニノ。そんな時、辞めてしまったボーカルの代わりにユズの所属するバンドでボーカルを担当することに。それぞれの恋する気持ちが交差する中でニノが気づく本当に大切な人とは!?

過去記事:
『覆面系ノイズ』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/91081

***********************************

出演:中条あやみ 志尊淳 小関裕太 真野恵里菜 磯村勇斗 杉野遥亮

監督:三木康一郎
脚本:横田理恵 三木康一郎
原作:原作 福山 リョウコ「覆面系ノイズ」(白泉社「花とゆめ」連載)
主題歌:in No hurry to shout;「Close to me」(ソニー・ミュージックレコーズ)
エンディングテーマ:MAN WITH A MISSION「Find You」(ソニー・ミュージックレコーズ)
©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会


夏帆×染谷将太×東出昌大×黒沢清監督登壇!『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本作は黒沢清監督が劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の同名人気舞台を映画化し黒沢清監督9月9日(土)公開した『散歩する侵略者』のなざーストーリーで前日譚。WOWOWでのTV版が好評ゆえに劇場公開へとなった作品です。

11月11日に公開となった『予兆 散歩する侵略者 劇場版』の初日舞台挨拶が行われ、夏帆さん、染谷将太さん、東出昌大さんと黒沢清監督が登壇し、劇場での公開をに対する思いなどを語りました。そして、もうすぐ世界が終わるとしたらどうする?の質問に・・・・。

日時:11月11日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:夏帆、染谷将太、東出昌大、黒沢清監督

映画情報どっとこむ ralph 温かい拍手の中、登場した皆さん。
夏帆さん:本日は休日にありがとうございます。

黒沢監督:2か月前に映画「散歩する侵略者」をこの劇場で初日舞台挨拶をして、2か月後にこうして新作を公開することが出来て、作品に携わってくれた関係者とお客様たちのおかげです。感無量です。

との挨拶からスタート。


本作を観ると先に公開された劇場版を見に行かねば!となる作品でもあります。

夏帆さん:凄くうれしいです。大きいスクリーンの良い環境でこの作品を見て見たいと思っていたので嬉しいです。

染谷さん:撮影中から劇場でも掛けられるようにと聞いていたのですが、こうして公開。楽しめるのが嬉しいです。

と、答えるお二人。一方で東出さんは、打ち合わせの後にどこかに消えていたそうで。。。

東出さん:大きなスクリーンで見たくて、上から少し見させていただきました。作品は俳優部だけでなく、すべてのスタッフさんが頑張って、綺麗に撮ったので、こうして映画館で掛かるのは嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 黒沢監督の演出について、共感できるところは

夏帆さん:強さを意識して演じて下さいと。怯える芝居も多いですが、その中でも強さを意識して演じていました。特別な力を持ってると言われて世界が終わると対峙しますが、自身は夫と日常を守りたいと。。。その部分は共感しますね。

MCが映画の方でも女性が強いが、そては監督が意識してかと問われると

黒沢監督:女性が強いのは常識的ですよね。何の疑問もない。男は揺れ動き、女は安定している。

と、きっぱり。脚本の高橋洋さんの価値観だとも。それを受けて

染谷さん:脚本を読んだ時に、男らしい弱さを感じてたので。弱いのに粋がる。逆に男らしいな(笑)と思ってました。自分が普通にやるとそうなるなと(笑)

と話す人間の男役の染谷さんに対し、概念を奪ってしまう宇宙人役の東出さんは・・

東出さん:概念を奪うことはないので、安心してください!宇宙人にはなったことがないですが・・・目的がはっきりしてるので演じててすがすがしかったです。色々考えなくてよい宇宙人だったので。


映画情報どっとこむ ralph 実は撮影中にあまり会話がなかったお三方。

東出さん:この3人マイペースなんです。共演もあるんで、仲はいいんですけどね。

染谷さん:確かに各々すごしてましたね。東出君はうろうろ散歩してて、夏帆ちゃんはずっと座ってました。俺は・・・ずっとコーヒーを飲んでました。
監督に真相を聞くも、実は次のシーンの用意で見ていなかったそうですが。

監督:東出君には、宇宙人ですが・・・悪魔。なんとなく休み時間もその役から外れないようにしていることが多い気がします。

実際、概念を奪われそうで近寄りがたかったと夏帆さん。


撮影時のエピソードを聞くと・・・

夏帆さん:染谷君が包丁を持って・・・のシーンで光がちゃんとカメラに映るようにするとき、芝居から一瞬素に戻るんです。

染谷さん:角度が難しいんです!僕が印象に残ってるのは、東出君を思い切り殴るの気持ち良かった~。
東出さん:イキウメのシーンはハラハラしました。


東出さんは映画版では牧師さん。つながりは?

監督:微妙につながってるんです。ご想像にお任せします。

と・・・・。

映画情報どっとこむ ralph もうすぐ世界が終わるとしたら?

夏帆さん:本当にごく普通に過ごします。

染谷さん:終わらないかもしれない。という希望を持ってすごします。

東出さん:何かしなきゃ・・・・と思ってるうち終わりそう。

監督:長い人類の歴史が終わる。その瞬間に立ち会えてるのはラッキー。貴重。見届けたい。格好良いかカメラ回しますか。。。誰が見るかわからないですが、映像残ってるの良いですね。

と、流石、想像主である監督らしいお答えで時間切れ。


凄い3人の俳優の演技を見て欲しい!との監督の言葉でイベントは終了となりました。

予兆 散歩する侵略者 劇場版

yocho-movie.jp

あらすじ

山際悦子(夏帆)は、同僚の浅川みゆき(岸井ゆきの)から、「家に幽霊がいる」と告白される。みゆきの自宅に行くとそこには実の父親がいるだけだった。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科へみゆきを連れていく。診察の結果、みゆきは「家族」という《概念》が欠落していることが分かる。

帰宅した悦子は、辰雄に病院で紹介された新任の外科医・真壁司郎(東出昌大)に違和感を抱いたことを話すが、辰雄からは素っ気ない返事のみ。常に真壁と行動をともにする辰雄が精神的に追い詰められていく様子に、悦子は得体の知れない不安を抱くようになる。ある日、悦子は病院で辰雄と一緒にいた真壁から「地球を侵略しに来た」と告げられる。冗談とも本気ともつかない告白に、悦子は自分の身の周りで次々に起こる異変に、真壁が関与しているのではないかと疑い始める-

***********************************

出演:夏帆 染谷将太 東出昌大

中村映里子 岸井ゆきの 安井順平 石橋けい 吉岡睦雄 大塚ヒロタ

千葉哲也 諏訪太朗 渡辺真起子 中村まこと / 大杉 漣

原作:前川知大「散歩する侵略者」
監督:黒沢 清
脚本:高橋 洋 黒沢 清
音楽:林 祐介
配給:ポニーキャニオン 
上映時間:140分/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル5.1

©2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ 
   


TOSHI-LOW(BRAHMAN)生歌披露!そして菅田将暉の・・・『あゝ、荒野』後篇初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 寺山修司が、唯一遺した傑作小説を『二重生活』の岸善幸がメガホンをとり再構築し映画化。菅田将暉とヤン・イクチュンをW主演に迎えた『あゝ、荒野』は現在前篇が絶賛公開中、後篇が10月21日(土)に公開となりました。

期待が高まる後篇の公開初日、上映後の舞台挨拶に菅田将暉と岸善幸監督が登壇します。さらにかねてより寺山修司のファンであり、主題歌「今夜」を手がけたBRAHMANのボーカル・TOSHI-LOWも駆けつけ花束贈呈!なんとサプライズで弾き語りで今夜を熱唱!
監督と菅田さんのやり取りも抜群な、とても良い舞台挨拶となりました。
日時:10月21日(土)
会場:新宿ピカデリー
登壇:菅田将暉、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、岸善幸監督

映画情報どっとこむ ralph 菅田さん:朝早くからありがとうございます。個人的には、この雨と寒さはは荒野っぽいなと。

監督:1年前にヤンさんの誕生日をやってあれから1年。ようやく完結の後篇を観ていただける。嬉しいです。

釜山での好評を受けて

菅田さん:ヤンさんの力もすごくあります。海外の方は素直なので、良い悪い、僕のことを知らない人たちが観てくれるあの環境はいいなと思いました。新鮮!言語は違えど・・・伝わるものは伝わるなと感じました。
監督が感想をすぐ言わないのを観て

菅田さん:この方、監督ですからね。新宿のその辺から連れてきたおじさんじゃないんですよ!

監督:・・ヤンさんの母国でできたのはよかったですね。Q&Aは鋭くて これからの励みになります。

と、答えました。

映画情報どっとこむ ralph 1年前の撮影では

監督:歌舞伎町に5時に集まって、菅田君走ってね!何テイクもしました

菅田さん:歌舞伎町は人がいなくなるまで待たなきゃいけなくて、通り沿いに隠れて、新宿らしいお店の看板と寝てる人もいっぱいいたし。リアル新宿でした。西新宿のビル街は、見通しが良くて色々見えて、太陽を消すようなビルがあって。そこを走ってるのが・・・荒野だなと。
監督:カラスが出てきますが、背後からカラスがくるの。菅田将暉カラスまで呼ぶのか~と思いました。、

監督;新宿は猥雑で新旧があって。取り込もうと思いました。新宿の夜景とかビル群の撮影はこのビル。新宿ピカデリーの屋上で撮ったんです。聖地巡礼はできないですが・・・。

へーと見上げる菅田さん。


ボクシングシーンは5日間で撮り終えたそうで山田君との戦いは2日間、ヤンさん3日間続けて撮ったそうでなんと菅田さんは当然ながら5日間ぶっつづけ。

菅田さん:その状況を観て山田裕貴が「人を超えたね」って讃えてくれました。

プロより過酷だと言われてたそう。
菅田さん:試合前は炭水化物抜きでささみ食べてましたけど、試合始まってからはOKで、最終日朝方まで撮った日に『地味にスゴイ』も撮ってて、身体が発熱していて高熱になってました!ちょうど校閲ガールでなく高熱ボーイになってました。たまにがいいですね。ああいう撮影は。

と、笑いながら、大変だったエピソードを語りました。また、新宿のおじさんこと岸監督を
菅田さん:岸さんのかっこいい瞬間があって、ボクシング僕もやると・・・と言っていたのに、このおじさんやってないな。と思ってたんですけど。実はボクシングを始めて辛さを知ると、心配で早くカットをかけちゃうので、作品のためにはあえてわからないようにしてたと。トレーナーに聞いて、カッコいい監督だなと思いました。
拍手!

映画情報どっとこむ ralph ここで、主題歌「今夜」を手がけたBRAHMANのボーカル・TOSHI-LOWが花束をもって贈呈。

TOSHI-LOWさん:寺山修司原作を監督がとても丁寧に紐解いたなと。とても正解の一つだと。

菅田さん:映画は映像だけで終わるのでなく、最後まで、映画館にいて余韻を感じたい曲だなと思いました。
ラジオで流させていただいてるんですが、若い人たちもかっけーってなってたんで!

TOSHI-LOWさん:ホント!?俺んとこ届いてない!

ここで、「強引だな!嫌だな」と言いながらも生で「今夜」を披露!

菅田さん:ぼくはこのまま寝たいです。

TOSHI-LOWさん:出来たらこの歌ライブで歌って!
続けて、本作を観て

TOSHI-LOWさん音楽が一番カッコいい表現だと思ってきたのですが、映画観て・・自分でびっくりしたのは・・・木下あかりのおっぱいよりも、菅田将暉のお尻をずっと見てしまった。そして・・探してしまいました!(めっちゃ拍手)役者ってかっこよいんだなと。思いました。カッコいいです菅田将暉!
これには、観客の皆さんも共感していた様子でした!

映画情報どっとこむ ralph 「あゝ、荒野」公開中!!!!

かつて、母に捨てられた新次(菅田将暉)は兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二らにより襲撃されてしまう。そして2021年新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。一方、同じ新宿で吃音(どもり)・赤面対人恐怖症に悩む”バリカン”こと建二(ヤン・イクチュン)はいつも通り床屋の ッシュ配りをしていると、ひょんなことから新次と共に″片目“こと堀口からボクシングジ へと誘われる。言われるがままボクシングジ を訪れた2人は、それぞれの想いを胸にト ー ングを始める。新次はボクシングで裕二への復讐を果たすため。バリカンは内気な自分を捨てるため。試合を重ね、徐々に名を挙げて行く新次に対し特別な感情を抱くようになっていく建二。そのさなか、新次は宿敵・裕二との戦いに挑む。一方、バリカンもまた大きな決断を下し、新次との関係が変わろうとしていた…。

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア ほか

原作寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎 主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン
R15+
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
    


新宿に強面たちが集結!『アウトレイジ 最終章』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』が10月7日全国公開となり、初日舞台挨拶が行われました。北野武監督、西田敏行さん、大森南朋さん、ピエール瀧さん、松重豊さん、大杉漣さん、金田時男さんが新宿歌舞伎町がすぐ近くの新宿ピカデリーに一歩出たら会いたくない強面たちが集結。

『アウトレイジ 最終章』初日舞台挨拶
日時10月7日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:北野武監督、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男

映画情報どっとこむ ralph 暖かな拍手に迎えられ、キャストの皆さんが一人づつ登壇。最後に北野武監督が現れると一層大きな拍手!全くボケずに着席。

初日を迎えての感想を聞かれた西田さん
西田さん:小説『アナログ』(北野武:著)の販売促進会においでいただきましてありがとうございます!!!(拍)

こんなに沢山の方々にお集まりいただき、感謝の念に堪えません。

心から御礼申し上げます!

(誰が生き残るのか?と言うことで、役者界での生き残り方法を)ともかく、風が吹く方に尻尾を振りながら元気に歩いていく。(笑)これが方法です。

大杉さんは9年ぶりの北野組
大杉さん:もう9年経つのかなと思いますね。アウトレイジは良い緊張感の現場で、北野組は僕にとって独特で・・・帰ってきたな。と言う気持ちでいっぱいです。
(個性的なキャラクター)誰からも信頼されていないというキャラは、中途半端で役作りが難しかったですが、やりがいはありました。

初北野組のピエールさん
ピエールさん:北野組初めてだったので、緊張しながら現場に入り、わからないまま終わってしまった感があります。アウトレイジと言う最高の作品に出させていただいて光栄です。
(役作りは・・・)変態なやくざなので、いつも通り(笑)プライベートを出し過ぎないように心がけました。入れ墨を入れるのに8時間かかるのですが・・・・出来上がりみたら、後の方は背中書かなくても良いんじゃないかなと。今思いました。(観たばかりの観客、大笑)

映画情報どっとこむ ralph 金田さんは本来実業家。で前作に続き出演する素人さん。
金田さん:今回は監督が表現したいことがだんだんわかってきました。家族を巻き込んで、役に入り込みました。

前作に続いてマル暴(組織犯罪対策部)刑事役で出演
松重さん:ビヨンドで、台本上では死ぬ役だったんですが・・・撮影中皆死にたくない!って雰囲気になってきまして、桐谷君と新井君は「死にたくない!」と、死んだシーンで生きてるかもを自分で演出する。生き残りにかけた男たちの映画でもあります。ぼくの場合は生き残れまして・・・そして生き残った5年でした!
(正義感溢れる刑事役に共感は?)全員悪人問い看板の中で、善良な公務員。一人だけ浮いてるなと思ってはいました。

アウトレイジへの出演を度々画策していたことで知られる大森さんは念願かなって初参加。
大森さん:夢にまでみたアウトレイジ出演です。遂に最終章で呼んでいただき、感動しました。
(アウトレイジの魅力は?)北野映画が好きなのと、バイオレンスものが好きなので・・現代で、ここまでやくざを描いているのは珍しいので、その辺りは魅力ですね。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中に印象に残った
西田さん:思いではすべてのシーンですが、脳溢血の後遺症がある塩見さんと初日に撮ったんですが、私も頸椎も亜脱臼して、歩行がままならなかった時で。二人とも抱えられながらの撮影。監督が「大丈夫?本変えちゃう?」って、気遣いをしていただきました。

北野監督:西田さんが怪我。塩見さんが病気になったり。体の悪さ具合が迫力があって生かそうと思っていて観ている俺の首はこんなだから・・・どんな撮影なんだと(笑)。

北野監督:アウトレイジは一度死ぬと、二度と出られないのがルールなので、いよいよ最終章です。三部作で自分なりにうまいまとめ方が出来たなと思ってます。次の映画は恋愛()ものとかをやって、その間にバイオレンス映画を見直して、次は日本の役者オールスターズで撮るかなと。この映画に呼ばれない役者は認められてないという追い込み方をして・・・お車代だけ出てもらおうかなと思ってます。仲代さんも500円で出てもらいます!(笑)
と笑いを取ったところで、強面集団退場となりました。

アウトレイジ 最終章

ただいま絶賛全員暴走中!次回の原作?北野武著小説『アナログ』絶賛販売中

outrage-movie.jp

あらすじ・・・
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。
そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武
音楽:鈴木慶一

出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会