「新宿ケイズシネマ」タグアーカイブ

『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』Dリマスター版上映決定!


映画情報どっとこむ TJ フランスの巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の名作『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』がデジタル・リマスター、寺尾次郎氏の新訳となって生まれかわり、7月23日(土)より新宿K’s cinemaにて公開となります。是非、若い世代に映画館にて観て欲しい作品。

『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』Dリマスター 今回、公開に合わせポスタービジュアルも一新、そして今回は両作品共にARUTA SOUPによるデザインのオリジナルTシャツ・トートバッグ各数種類が作成されるなど、アートワークにも力を入れています。

その他、『気狂いピエロ』ではアンナ・カリーナが着用していた水色のバスローブも、バスローブ専門店affettよりオリジナルで再現しています。

映画情報どっとこむ TJ あなたに愛されたい でも同時に- もう愛されたくない

勝手にしやがれ

28歳のゴダール、26歳のベルモンド、20歳のセバーグが、映画に革命を起こした!
圧倒的な影響を及ぼし続けるヌーヴェルヴァーグの金字塔。



物語・・・
自動車泥棒の常習犯ミシェル(ベルモンド)は、マルセイユで盗んだ車を走らせパリに向かう。その道中、白バイに追いかけられ、とっさに車中にあった拳銃で警官を射殺してしまうミシェル。パリに着いた彼は、アントニオ(ユエ)から約束の金を受け取るために旅行会社を訪ねるが、渡されたのは小切手で、ベリュッティという男が現金化してくれるという。そうこうするうちにヴィダル刑事(ブーランジェ)の尾行が。まんまとまいたミシェルは、シャンゼリゼ通りでヘラルド・トリビューン紙を売るパトリシア(セバーグ)に会いに行く。彼女はアメリカ人の留学生で、2人は南仏の海岸で出会いベッドを共にした仲。けれど、記者志望の彼女はミシェルの誘いをけり、新聞社の男に会いに行ってしまう。仕方なく彼女の部屋に無断で入り込み、一夜を明かすミシェル。翌朝、彼とたわいないひと時を過ごしたパトリシアは、有名作家パルヴュレスコ(メルヴィル)の記者会見に参加するためにオルリー空港へ。一方、新聞に「警官殺し逃走犯」として大きく顔写真が載り、パトリシアのところまで刑事が事情徴収にやって来て、次第に追い詰められていくミシェル。彼は現金が手に入るまで、パトリシアを連れて、カンパーニュ・プルミエ通りのアパルトマンに身を隠す…。

キャスト
ミシェル・ポワカール(別名ラズロ・コヴァックス):ジャン=ポール・ベルモンド /パトリシア・フランキーニ:ジーン・セバーグ /ヴィダル刑事:ダニエル・ブーランジェ /作家パルヴュレスコ:ジャン=ピエール・メルヴィル/アントニオ・ベルッチ:アンリ=ジャック・ユエ/密告者:ジャン=リュック・ゴダール

監督・脚本・台詞:ジャン=リュック・ゴダール/原案:フランソワ・トリュフォー/監修:クロード・シャブロル/製作:ジョルジュ・ドゥ・ボールガール/撮影:ラウル・クタール/音楽:マルシャル・ソラル
1960年/フランス/90分
配給:オンリー・ハーツ
©StudioCanal

●受賞 ベルリン国際映画祭銀熊賞/フランス映画批評家連盟作品賞/イタリア・ゴールデングローブ賞/ジャン・ヴィゴ賞

映画情報どっとこむ TJ 優しくて残酷 現実的で現実的でなく 恐ろしくて滑稽
夜のようで昼のよう 月並みで突飛 素晴しき気違いピエロ!

気狂いピエロ

35歳のゴダールが、長編10作目で到達したヌーヴェル・ヴァーグ波高の頂点!
自由!挑発!疾走!目くるめく引用と色彩の氾濫。饒舌なポエジーと息苦しいほどのロマンチスム。

『勝手にしやがれ』以来の盟友である撮影のクタール、ゴダールのミューズでありながらゴダールと離婚したばかりのカリーナ、『勝手にしやがれ』で大スターになりこの映画でゴダールと決別することになるベルモンド。各自がキャリアの臨界点で燃焼しつくした奇跡的傑作!マスターポジ消失のため今回撮影ネガをデジタル化、新たな音ネガも復元したデジタル・リストア版。寺尾次郎渾身の新訳!


物語・・・
フェルディナン(ベルモンド)は、金持ちの妻との生活に退屈し、逃げ出したい衝動に駆られていた。そんなある夜、夫婦がパーティに出かけるため、幼い娘のベビーシッターがやって来る。彼女はなんと、かつての恋人マリアンヌ(カリーナ)だった。パーティを抜け出し、1人で帰宅したフェルディナンは、彼女を車で送り、そのまま一夜を共にする。翌朝目覚めると、彼女の部屋に、首にハサミを突き立てられた男の死体が。驚く彼とは裏腹に、平然と朝食を作り歌うマリアンヌ。フェルディナンは、わけは後で話すという彼女と一緒に、着の身着のままでパリを後にし、マリアンヌの兄がいる南仏へ向かう。お金のない2人は、ガソリン代を踏み倒したり、物語を語ってチップをもらったり、車を盗んだり。はては海岸の一軒家で、ロビンソー・クルーゾーよろしく自給自足生活。フェルディナンは大満足だったが、マリアンヌは欲求不満を募らせ街に飛び出す。そこで出会った小男(カルービ)がまたもハサミで殺され、マリアンヌは姿を消す。フェルディナンはギャング2人組に捕まって、彼女の居場所を教えろと拷問されるが、何も知らないと分かり解放される。マリアンヌを探し歩いたフェルディナンは、ようやく彼女を見つけるが…。

キャスト
フェルディナン・グリフォン(ピエロ):ジャン=ポール・ベルモンド/マリアンヌ・ルノワール:アンナ・カリーナ/フェルディナンの妻マリア:グラツィエラ・ガルヴァーニ/マリアンヌの兄レッド:ダーク・サンダース/アメリカ監督:サミュエル・フラー/小男:ジミー・カルービ/港の男:レイモン・ドボス/政治亡命者ラズロ・コヴァックス:ラズロ・サボ /ギャング:ロジェ・デュトワ/ギャング:ハンス・メイヤー/映画館の若い観客:ジャン=ピエール・レオー

監督・脚本・台詞:ジャン=リュック・ゴダール/原作:ライオネル・ホワイト/製作:ジョルジュ・ドゥ・ボールガール/ディノ・デ・ラウレンティス/撮影:ラウール・クタール/美術:ピエール・ギュフロワ/音楽:アントワーヌ・デュアメル
1965年/フランス・イタリア/105分
配給:オンリー・ハーツ
©StudioCanal

●受賞 英国映画協会作品賞

***********************************



PANTA・佐藤寿保監督ぶっちゃけトーク!「華魂 幻影」イベント


映画情報どっとこむ TJ 日本のスプラッター映画の草分けでピンク四天王=佐藤寿保監督が、大西信満を主演に迎えた最新作「華魂 幻影」。
1左から佐藤寿保監督、PANTA
現在新宿ケイズシネマで絶賛ヤバヤバ公開中です。

ミュージシャンのPANTAさん(「頭脳警察」)と佐藤寿保監督のトークイベントが行われました。末井昭さんの『素敵なダイナマイトスキャンダル』や昨今の不倫の話、”ピンク映画”という名前の由来やAVとロマンポルノの話まで飛び出しました。


「華魂 幻影」トークイベント
日付:5月16日(月)
場所:新宿ケイズシネマ
登壇者:PANTA(「頭脳警察」)・佐藤寿保監督

映画情報どっとこむ TJ “華魂”とは、俗世の欲望の象徴であり、この花が咲くところでは、人間は欲望の箍が外れて理性が崩壊する。本作は、映画愛に満ちた支配人やスタッフ、そして、個性的な客たちによって支えられてきた映画館の閉鎖が決まり、映画館に欲望の象徴“華魂”が暴走する話・・・・アナーキーなSFホラーパンクエロ。色々詰まっている作品。
3左から佐藤寿保監督、PANTA
佐藤監督:今日PANTAさんをお呼びしたのは、今日冒頭で特報が流れた『眼球の夢』という僕の次回作で重要な役で出て頂いたということもあるのですが、『華魂 幻影』と『眼球の夢』はある部分根底は同じなんですけれど、肌合いが違うので、どういう感想か個人的に聞きたかったんです。

PANTA:まず大前提として、佐藤監督からオファーがあった時に、『華魂 幻影』の三上寛の役じゃなくてよかったなと。(笑)

佐藤監督:まさに音楽的には、『華魂 幻影』は三上寛的な映画なんだけれど、『眼球の夢』はPANTAさん的映画かなと自分では思っているというのがあるんです。

PANTA:皆さん素晴らしいです!ぶっとんだ演技をしていますね!三上寛も、ああいう人間なんじゃないかって、まあそうなんですけど。すごく上手くてですね、あれをやれと言われたらできないですけれど。それと、昔『世にも怪奇な物語』という映画がありまして、エスカレーターの少女が出てくるんですよ。エスカレーターの上にいるパッツンの少女は、世の中で一番怖いんです、俺。

華魂 幻影佐藤監督:『華魂 幻影』の謎の少女も?

PANTA:全くそうですね。そんな感じですね。にこっと上目遣いで見られた日には鳥肌ゾゾゾゾゾですよ。世の中で一番怖いもの。

佐藤監督:“見たくはないんだけれど、ちょっと覗き見的な感性”って俺もガキの頃からあったね。

映画情報どっとこむ TJ PANTA:ジャック・ニコルソンの『シャイニング』のイメージもある。最初ホラーかなと思って、あれ違うのかなと思って、最後まで見るとやっぱりホラーだったという印象で、とっても楽しみました!あと全編を通して『華魂』とは何なんだろうなとね。モラルが崩壊する一点の集中したところなのかなと思ったりもするんですけれど。モラルはまだまだ崩壊させられるところいっぱいあるよね、という。

佐藤監督:“THIS IS 日本映画”をやりたくて、上辺だけの今のご時世に対して、映画というのは非日常というところがあるんで、楽しんでもらいたいなという。

PANTA:こういう映画なんだけれど、佐藤監督は映像に関してものすごい細かいところにこだわるじゃないですか。めちゃくちゃキレイじゃないですか。最後の(劇中映画の川瀬陽太さんと愛奏さんの)爆発のシーンで、ふっと末井さんのことが浮かんだり。

佐藤監督:あっ初めてトークイベントのゲストの方で末井昭さんについて触れて下さいました。白夜書房で『写真書房』の編集をやっていた末井昭さんのことです。『素敵なダイナマイトスキャンダル』ですよね。

2左から佐藤寿保監督、PANTA
PANTA:岡山の方で、彼がある日小学校から帰ってくると、人だかりがあって、何があったのかと思ったら、自分の母親と隣の青年がダイナマイトで心中したというね。

佐藤監督:そうなんですよね。愛の事件というか。今の不倫どころじゃなくしてね、不倫なんて日常茶飯事でしたからね。関係性ではなくしての、年齢差を超えたところの隣近所の愛の結晶みたいな。ゴダールの『気狂いピエロ』のベルモンドが一人で、というよりも、末井昭さんの『素敵なダイナマイトスキャンダル』の影響があって、ダイナマイト心中という題材はピンク映画の時からやっているんですよ。でも死ぬに死ねない、みたいな。映画の中では死んでないじゃないですか。

映画情報どっとこむ TJ PANTA:レイプシーンのところもそうですけれど、レンズを構えていて、助けるべきなのか、それを映すべきなのか、それで興奮する奴もいるわけですよね。現実の方がもっと残虐な事件が今いっぱい起きていますから、これは想像の世界で、妄想の世界ですよね。

佐藤監督:まさしく映画って妄想なんです。そういった美的感覚というか。映画館というのは老若男女が集まる場所で、ダイレクトに映像と棘のあるキャッチボールをしてもらいたいなと思って。

PANTA:妙にリアルで、妙に妄想で、閉館される映画館の中で官能的なモラルの崩壊かもしれませんけれど、それを映像にすればこうなるかなというね。

佐藤監督:昔ながらに持っている疑問符というかね、映画館というのはずっと自分にとってのキャッチボールの場所だったので、それをやりたかった。これをピンク映画でやったら叱られちゃいますからね。『また佐藤が腹切って』みたいな。

映画情報どっとこむ TJ PANTA:僕はAVがだめで。即物的じゃないですか。過程がなくて。それを一回加藤鷹に文句言ったんですよ。顔射とかありますよね。あんなことやったら青少年皆ああやらないといけないと思っちゃうじゃないですか。彼には、『あれは、両方、表情も見れるし、映像的にはいいんですよ』と言われて。そりゃそうですけれど。でもロマンポルノの『ロマン』というのはよく付けたなと思って。

佐藤監督:『ピンク』っていうのも、桜紙(ちり紙)から取ってますからね。桜紙で後処理するというのを、昔の評論家が、60年代初頭にピンクという横文字でつけたんですよ。

PANTA:大友(良英)の音楽いいですよね。

佐藤監督:第1弾『華魂 誕生』の時は、「あまちゃん」と並行していたんで、『監督、好き勝手当てな』っていうノリで、舞台は変われど、テーマとしては変わらないから。

PANTA:安足(正生)さんの映画で、『幽閉者 テロリスト』(2006)という作品で、フランス人の役をやったんです。その時の音楽が大友で、最後に大友のノイズをバックに詩の朗読をするっていうのがよかったんですよ!

PANTA:『華魂』の1作目、俺まだ観てないんですよね。

佐藤監督:1作目はいじめの話で、復讐劇みたいに捉えられてしまった部分もあって。

PANTA:そういわれると見たくなりますね。

佐藤監督:『華魂』シリーズは1話完結で、全部舞台が違うんです。とりあえず4本分構想があるんだけれど、『華魂』の場合は、時代に沿ったテーマを選ぶというか、新たなものを提示していきたいなという。『華魂 幻影』の舞台にした飯田橋くららという発展場でもある映画館が今月末で閉館になるということが公開直前に発表されたりして、まさしく映画そのものな感じなんです。もしよければPANTAさん、次回もお付き合い願えませんか?

PANTA:(『華魂 幻影』の三上寛さんのように)パンティーを被させるのだけはやめて下さい(笑)

佐藤監督:業界の、表現者の絶滅危惧種にはなりたくないなと思いながらも、この映画も皆さんに楽しんで頂けたらなという部分と、劇場で体感して頂いた皆さんに、より広げて頂きたいという思いです。


映画情報どっとこむ TJ 今後のトークイベントの予定は

5/18(水)21:00~の回上映後
大西信満さん(本作主演)×川瀬陽太さん(本作出演)×佐藤寿保監督

5/20(金)21:00~の回上映後
外薗昌也さん(漫画家)×佐藤寿保監督
華魂 幻影2
華魂 幻影

新宿K’s Cinemaにて公開中
公式HP:
http://www.hanadama-movie.com/

5/21~東京・ニュー八王子シネマ
5/28~神奈川・シネマ・ジャック&ベティ
6/4~ 福岡・中洲大洋劇場
6/11~宮城・桜井薬局セントラルホール
時期調整中 愛知・名古屋シネマテーク、大阪・第七藝術劇場、京都・立誠シネマ、広島・横川シネマ

***********************************

華魂 幻影ポスターあらすじ
閉館間近の映画館の映写技師で沢村貞一(大西信満)は、毎日狭い映写室からスクリーンを見つめ続ける日々を送っていた。ある日、画面に見えるはずのないものが見えだしていた。黒ずくめの少女(イオリ)である。少女は何かを訴えるように沢村を見つめている。上映後、フィルムをチェックするが、少女などどこにも映っていない。
ある日、上映後の客席に幻影で見たあの黒ずくめの少女が目の前にいた。沢村は、少女を劇場の映写室の控え室でかくまう。上映中、ふと気がつくと、少女がいなくなっている。少女を捜すがどこにもいない。街をさまよう沢村。少女の幻影が沢村を誘う。少女に導かれるように、川原に来る沢村。沢村の失われた記憶が蘇る・・・。少女の頭に毒々しい色の花“華魂”が不気味に咲いている。少女は一体誰なのか。沢村との関係は。
出演:大西信満 イオリ 川瀬陽太 愛奏 吉澤健 真理アンヌ 三上寛 他
監督・原案:佐藤寿保 
プロデューサー:小林良二 
脚本:いまおかしんじ 
音楽:大友良英

共同研究:東京工芸大学 
制作・配給・宣伝:渋谷プロダクション  
製作:華魂プロジェクト
2016年/日本/カラー/ステレオ/83分
   


エロ・グロ・狂気そして情熱な「華魂 幻影」完成披露試写舞台挨拶


この度、大西信満主演、ピンク四天王からの佐藤寿保監督の最新作「華魂(はなだま) 幻影」が完成!

その完成披露試写会が大西信満さん、イオリさん、川瀬陽太さん、愛奏佐藤寿保監督が登壇して行われました。

華魂 幻影_舞台挨拶
本作は昨今、閉鎖が相次ぐ映画館が舞台。
映画愛に満ちた支配人やスタッフ、そして、個性的な客たちによって支えられてきた映画館も最後の日を迎える。そんな映画館に欲望の象徴“華魂”が暴走する。映画館の最後を締めくくる劇場内では、日本映画史に残るであろうカオスが展開する作品です。

“華魂”それは、荒野に咲いた花。俗世の欲望の象徴であり、この花が咲くところでは、人間は欲望の箍が外れて理性が崩壊する。

「華魂 幻影」完成披露試写舞台挨拶
日付:1月15日(金)
場所:新宿ケイズシネマ
登壇:大西信満、イオリ、川瀬陽太、愛奏、佐藤寿保監督
MC:川上史津子

MC:華魂の続編完成しましたが、思いや苦労などお話下さい。

佐藤監督:華魂は企画で2年前に四季で1本ずつ撮ろうと始めました。映画人とお金がかかるので2年越しで第2弾完成しました。ケイズシネマさんを初め、理解ある映画館さん、スタッフ、キャストの皆さんに感謝しています。苦労は言いたくないです。
華魂 幻影_佐藤監督
MC:佐藤組は初めてですが。

大西さん:本を読んだ時に思いがこもっているのを感じまして、監督にお会いして凄まじい勢い・力を感じて大変なことになるんだろうなと思いました。でも、撮影はスムーズで迷うことなく濃密な現場でした。
華魂 幻影_大西信満1
MC:映画初出演をオーディションで射止め、体当たり演技していますが。

イオリさん:オーディションも撮影も初めての現場で。皆さんに優しく接していただいたので良い経験が出来ました。
華魂 幻影_イオリ
MC:佐藤組の常連ですよね。

川瀬さん:いいえ。20年前から成人映画から出てきて、その頃から知っていたのですが、初めてだったんです。監督の作品の激しさは知っていたので、おっかないなこんな人とやりたくないなと思っていたんです。で、やってみたらいい感じだったので。ありがとうございます。
華魂 幻影_川瀬陽太
MC:劇中劇で川瀬さんの相手役でしたが撮影はいかがでしたか?

愛奏さん:勝手なイメージで監督は凄く厳しい監督と思っていたんですけど。とても細かく教えてくださってホッとしました。
華魂 幻影_愛奏
MC:映画初めてのイオリさんですがいかがでしたか?

大西さん:彼女は、かなり大変なことを臆さず挑んでいます。一つ言えばなかなかなまりが取れなくてね。
イオリさん:(出身は)京都なので・・・。
華魂 幻影_大西信満2
MC:最後にメッセージを。

華魂 幻影_大西信満
大西さん:なかなか映画観てもらうまでが大変で。多くの方に観ていただけたらと思います。

イオリさん:かなり体も張ったと思いますので、是非。

川瀬さん:大西君とは知り合いだったので、撮影前に監督ってどういう方ですかって?聞かれたので。普通じゃないよ。正確に言うといかれてるって伝えました。その通りの言かれた映画になっています。

愛奏さん:現場が極寒で。私の乳首は常温ではもう少し・・・。

佐藤監督:この映画は他の映画館では見られない映画です。熱気と狂気と愛に包まれた映画です!是非劇場へ!!!!

華魂 幻影_舞台挨拶eyecatch
あらすじ
華魂 幻影2閉館間近の映画館の映写技師で沢村貞一(大西信満)は、毎日狭い映写室からスクリーンを見つめ続ける日々を送っていた。

ある日、画面に見えるはずのないものが見えだしていた。黒ずくめの少女(イオリ)である。少女は何かを訴えるように沢村を見つめている。上映後、フィルムをチェックするが、少女などどこにも映っていない。

華魂 幻影ある日、上映後の客席に幻影で見たあの黒ずくめの少女が目の前にいた。沢村は、少女を劇場の映写室の控え室でかくまう。上映中、ふと気がつくと、少女がいなくなっている。少女を捜すがどこにもいない。街をさまよう沢村。少女の幻影が沢村を誘う。

少女に導かれるように、川原に来る沢村。沢村の失われた記憶が蘇る・・・。少女の頭に毒々しい色の花“華魂”が不気味に咲いている。少女は一体誰なのか。沢村との関係は。

華魂 幻影

4月30日ケイズシネマにて公開。

公式HP:http://www.hanadama-movie.com/

今回、拝見させていただきました!

フィルム時代の町の映画館を懐かしむ、昭和へのノスタルジー。
狂気とグロとアンダーグラウンドな映画への情熱。

僕的にはグロいのダメなので、ダメでしたが、ハマる人はハマるんだろうなと。

マニア向け一本です。

今年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映後の4.30で公開となります。
ゆうばりさんって凄いな。

因みに新人のイオリさん、着痩せするタイプです。
かなりのメリハリボディーです。

********************************************************************

華魂 幻影ポスター出演:大西信満 イオリ 川瀬陽太 愛奏 吉澤健 真理アンヌ 三上寛 他

監督・原案:佐藤寿保 
プロデューサー:小林良二 
脚本:いまおかしんじ 音楽:大友良英
共同研究:東京工芸大学 

制作・配給・宣伝:渋谷プロダクション  
製作:華魂プロジェクト
2016年/日本/カラー/ステレオ/83分
(c)華魂プロジェクト