「斬、」タグアーカイブ

アジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード」日本映画勢が多数受賞!!


映画情報どっとこむ ralph アジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード」日本映画勢が多数受賞!!

『万引き家族』 最優秀作品賞・作曲賞受賞
役所広司さん(『孤狼の血』)最優秀主演男優賞受賞
塚本晋也さん(『斬、』)最優秀編集賞受賞


3月17日(日)夜、香港TVB Cityにて東京国際映画祭が香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共に共催するアジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード(以下AFA)」セレモニーが開催され、『万引き家族』が最優秀作品賞・作曲賞(細野晴臣さん)をW受賞した他、役所広司さんが『孤狼の血』にて最優秀主演男優賞に加え、アジア映画界・アジア文化における業績と貢献を称えるExcellence in Asian Cinema Awardを、塚本晋也さんが『斬、』にて最優秀編集賞を受賞と日本映画勢が主要部門で多数最優秀賞に輝きました。

セレモニーでは、AFA Next Generation Awardを受賞したキム・ジェジュンさんがパフォーマンスを披露。特別審査委員として渡辺謙さんが主演女優賞のプレゼンターを務めるなど、アジア全域よりスターが集まる大変華やかな式典となりました。

映画情報どっとこむ ralph <是枝監督受賞コメント>
「ありがとうございます。AFAの授賞式は賞の結果よりも、尊敬するアジアの映画人たちと再会し、交流を深めることができることを一番の目的だと思って来ていますが、やはり賞を頂けると嬉しいものですね。昨年の9月に亡くなった樹木希林さんと最初に映画祭に参加したのもこの香港の映画祭だったことを先ほど思い出していました。来ることができなかったスタッフ、キャスト、そして樹木希林さんにも、戻ったらお墓参りをして報告をしたいと思います。本当にありがとうございました。」

<役所広司さん受賞コメント>
最優秀主演男優賞受賞時
「この賞を頂けるとは思いもよらなかったことで、なんだかこんなにAFAで幸運を頂いてしまったら、僕の人生の幸運を使い果たしてしまったのではないかと怖くてしょうがありません。でも日本で『孤狼の血』を作った仲間がびっくりするだろうし、喜んでくれると思います。本当に今幸せでいっぱいです。この受賞で『孤狼の血』をアジアの皆さんが見てくれるかもしれないということが、尚更嬉しくて仕方ありません。ありがとうございました。」

Excellence in Asian Cinema Award受賞時(英語にて)
「このような華やかな場に慣れていないので、人混みに隠れてしまいたい気持ちです。しかし、私も年を重ねてきているので、自分に受け入れるよう言いきかせています。私はこのような賞を頂くのに相応しいのでしょうか?逆の受け止め方になってしまうのかもしれませんが、頂いた賞にふさわしい俳優となるためにも、これからもより一層努力していくつもりです。このようなモチベーションを下さったAFAに心より感謝いたします。」

<塚本晋也さん受賞コメント>
「本当にびっくりしています。長いこと編集をしており、(編集は)映画の最後の楽しい作業ではありますが、いつが終わりかわからず、今回もとても難しかったです。実は30年間ずっと一緒に音楽を作って頂いていた石川忠さんが、この作品の編集の前にお亡くなりになってしまいました。石川さんがこれまで作ってくれた曲を全部聞いて、それを編集して、足りない分は石川さんの部屋にあった音楽を使いつくったものです。石川さんはこの作品を見ていないのですが、音楽は石川さんがつくってくれました。長い編集の期間、しみじみ石川さんと静かに対話できたことを思い出しています。ありがとうございます。」

<細野晴臣さん受賞コメント(英語/中国語にて)>
「ありがとうございます。とても驚いているとともに、この場にいられることを嬉しく思います。『万引き家族』の音楽はとても少なく、とてもシンプルなのに、(AFAが)私を見つけてくれて、とても幸運でした。これからもしっかり頑張っていきます。ありがとうございました。」


***********************************

©Asian Film Award


芸術選奨文部科学大臣賞『斬、』塚本晋也監督が受賞決定


映画情報どっとこむ ralph この度、映画部門において、平成30年度(第69回)芸術選奨文部科学大臣賞を塚本晋也監督が受賞することが決定。

古くは成瀬巳喜男、溝口健二、市川崑など名だたる監督たちが受賞した、今年で69回目を誇る由緒ある賞です。

贈賞の理由については

「一貫して脚本、美術、撮影、編集、出演を兼ねた映画作りをしているが、制約の多い時代劇の『斬、』においてもそのスタイルを貫き、映画を志す者に刺激を与え続けている。一方で、日本映画史上の時代劇に敬意を払いつつ、「人を斬る」ことの意味を通じ、今までの時代劇には見られない「生と死」を巡る哲学的な考察に踏み込んでいる。それは正に現代社会を撃つことにほかならず、時代を超えた塚本映画の到達点となった。」
と挙げられ、

「常に高度な作家性を保ちながら独自の映画製作を続けて世界にもその名を知られ、今回は初の時代劇『斬、』に挑戦した映画監督の塚本晋也氏を選出した」

との選考理由も届いている。

国内外を問わずに多くの受賞に輝いている『斬、』は、ユーロスペースにて15週のロングランを続けている。
芸術選奨文部科学大臣賞授賞式は12日に行われる。

【公式サイト】
zan-movie.com


太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。
 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。時代の波に翻弄されながらも、人を斬ることに疑問をもつ侍と彼に関わる人々を通して、生と暴力の問題に迫る。観る者の心に刃(ヤイバ)を突きつける衝撃作。


***********************************

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也
出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー
製作:海獣シアター
配給:新日本映画社
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


「活弁シネマ倶楽部」10月からスタートした番組を振り返って一挙ご紹介


映画情報どっとこむ ralph レプロの若手が仕掛ける映画を盛り上げるWEB番組「活弁シネマ倶楽部」ですが、年内の配信はひと段落。

公開後のプロモーションとして、監督が自身の作品を何の制限もなく語る場として、2019年も番組制作&配信していくそうです!

と言うことで、2018年の10月からスタートした番組を振り返って一挙ご紹介!

映画情報どっとこむ ralph 活弁シネマ倶楽部#0【映画興行ぶった切り!】
ゲスト:映画ジャーナリストの大高宏雄さん
内容: 2018年夏映画の興行収入



是枝監督が太鼓判!『十年 Ten Years Japan』高松美由紀プロデューサー×藤村明世監督 対談!活弁シネマ倶楽部#1
ゲスト:『十年 The Ten Years』高松美由紀プロデューサー、藤村明世監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/131666



東京国際映画祭 受賞作品『鈴木家の嘘』を語る!野尻克己監督×木竜麻生 活弁シネマ倶楽部 #2
ゲスト:『鈴木家の嘘』野尻克己監督、木竜麻生さん
文字ベース⇒http://eigajoho.com/132848



14歳の少女と27歳女性のラブストーリー『真っ赤な星』を語る!井樫彩監督×月永理絵 活弁シネマ倶楽部 #3
ゲスト:『真っ赤な星』井樫彩監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/135076



男だらけで『ヌヌ子の聖★戦〜HARAJUKU STORY〜』を語る!進藤丈広監督×深川栄洋プロデューサー 活弁シネマ倶楽部 #4
ゲスト:『ヌヌ子の聖★戦』進藤丈広監督、深川栄洋プロデューサー
文字ベース⇒http://eigajoho.com/135430



世界中を熱狂させる塚本晋也監督が挑む、初の本格時代劇『斬、』を語る! 活弁シネマ倶楽部 #5
ゲスト:『斬、』塚本晋也監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/135606



PFFアワード2018に選出作品『からっぽ』の新鋭・野村奈央監督!活弁シネマ倶楽部 #6
ゲスト:『からっぽ』野村奈央監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/136245



武正晴監督が『銃』を語る!山田孝之主演『全裸監督』のNetflix製作現場にも言及!活弁シネマ倶楽部 #7
ゲスト:『銃』武正晴監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/136839



***********************************



映画「斬、」塚本晋也監督書き下ろしクリスマスカード&年賀状 プレゼント決定!


映画情報どっとこむ ralph ユーロスペースほか全国にて大ヒット公開中の塚本晋也監督最新作『斬、』。

ご来場して頂くお客様たちに感謝の気持ちを込めて、塚本監督が『斬、』の登場人物たちをモデルに描き下ろしたポストカードのプレゼントが決定しました。

ユーロスペースほか一部の上映劇場にて 12 月 22 日(土)~25日(火)にご来場のお客様に先着順で、クリスマスカードをプレゼント。
またお正月にご来場のお客様には先着順で年賀状をプレゼントします。

(どちらもなくなり次第配布終了。対象劇場、配布開始日など詳細につきましてはオフィシャルサイト、各劇場 HP をご確認ください。)

また 12 月 25 日(火)19:00の回上映後には、塚本監督が一般の観客からの質問に答える質疑応答のトークショー「塚本監督に聞いてみよう!」を開催予定です!

映画情報どっとこむ ralph 斬、

ユーロスペースほか全国にて大ヒット公開中!

公式サイト:
zan-movie.com


太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。
250 年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。時代の波に翻弄されながらも、人を斬ることに疑問をもつ侍と彼に関わる人々を通して、生と暴力の問題に迫る。観る者の心に刃(ヤイバ)を突きつける衝撃作。

***********************************

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也

出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前⽥隆成、塚本晋也

2018年/⽇本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー

製作:海獣シアター/配給:新⽇本映画社
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


「活弁シネマ倶楽部」塚本晋也監督が挑む初の時代劇『斬、』を取り上げ!高密度トークを展開


映画情報どっとこむ ralph 12月15日(土)10時から、“映画を語る”「活弁シネマ倶楽部」第5回が放送されました。
本番組は、“映画を語る”楽しさを提供し、映画業界を新たな側面から盛り上げていこう!という若手制作の番組。

今回取り上げた作品は、塚本晋也監督が挑む初の時代劇『斬、』。

世界中に熱狂的なファンを持つ塚本晋也監督が、監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた完全オリジナル作品。池松壮亮、蒼井優ら豪華キャストが出演した本作は、江戸末期の時代を生きた一人の侍を通して、生と暴力を描いた衝撃作。塚本晋也監督は、『鉄男 THE BULLET MAN』(09)、『野火』(14)に続き、本作で三度目のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門の出品を果たしています。
活弁シネマ倶楽部では、塚本晋也監督をゲストに招き、製作の経緯から過去作との関連、塚本晋也監督の原点に至るまで、『斬、』だけにとどまらない高密度のトークを展開。MCは、映画評論家の森直人さん。

映画情報どっとこむ ralph 番組冒頭、塚本監督は本作のアイディアについて話した。元々『斬、』のアイディア(「人間を一瞬にしてモノに変えてしまう刀という兵器を過剰に見つめる若い浪人の話」)は、24年近く前に雑誌のコラムで書いた内容で、時代劇はいつかやってみたいと思っていた映画だと語った。

また、『斬、』が製作に至る経緯について、自身が手がけた『野火』に絡めて振り返った。戦後70年が経ち、戦争の痛みを知る方がいなくなるにつれて、戦争に近づいていると感じた塚本監督は、その恐怖から『野火』の製作に踏み切ったと語った。そして、『野火』を多くの観客に見てもらい、世の中が好転したかと思えば、実は何も好転していないことに気づいたという。
塚本監督:(その時に)悲鳴のような感覚が起こって、『斬、』のアイデアと結びついた。自分の一瞬の悲鳴みたいな映画」と語った。

冒頭の、ハンマーで鉄を叩く印象的なシーンにも言及した。このシーンについて塚本監督は『野火』のラストシーンとのつながりを意識したとして、

塚本監督:(『野火』の)たくさんある兵器が、時間を逆行して、(『斬、』の)1本の刀にキューッとシンプルになる」と過去作との関連を明言した。世界中にいる塚本晋也ファンは、この言葉を聞いて、さぞ腑に落ちたのではないだろうか。加えて、塚本監督は刀について「人間と鉄は、最初に知り合った瞬間から恋愛関係が始まっていると思う。鉄が変形していくのが技術の進化でもありますから、みんなそのことに関しては一番興味がある。一番原型的な道具であり、暴力のシンボル。

と表現した。これも過去作の『鉄男』との関連性を感じさせるものであった。


MCの森さんは、『斬、』を

森さん:世界を覆っている現代の暴力の縮図であり、普遍的な暴力の法則を最もミニマムな形で描いている。

と評し、それに対して
塚本監督:そればっかり考えていた。今の世の中の動きの不安をそのまま縮図にして。

時代考証をしたという。時代考証をすればするほど、

塚本監督:その時代(江戸末期)と今が似ていることにますます気付いた。ミニマムな農村の中だけで行なわれるような話に、縮図のようにしたかった。

と語った。

本作において、塚本監督は監督でありながら、俳優としても出演している。
MCの森さんは、塚本監督の著書『冒険監督』の内容にも絡めつつ、塚本監督が演じるキャラクターは、『鉄男』の”やつ”のようなSっ気のある役柄と、『野火』のような悪夢的な不条理の中に放り込まれる主人公の2つのパターンがあると分析し、自身が演じるときの立ち位置はどのように決まるのかと質問を投げかけた。これについて、

塚本監督:本当ですね。教えてください。

と森さんの正確な分析に驚いたようだった。 さらに、番組終盤では、

塚本さん:すごい深い。こういう番組なんですね。最初少し油断してました。こんなに掘り下げていただいて、いつも森さんにお話していただく時、自分で気が付かなかったり、忘れちゃったりとかしたところを、もう一回ギュッと掘り起こしてもらったりとか、気づかせていただいて。

と嬉しく思うと興奮気味であった。


斬、

公式サイト:
zan-movie.com

太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。
250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。時代の波に翻弄されながらも、人を斬ることに疑問をもつ侍と彼に関わる人々を通して、生と暴力の問題に迫る。観る者の心に刃(ヤイバ)を突きつける衝撃作。

映画情報どっとこむ ralph 活弁シネマ倶楽部」とは、

様々な切り口で、様々な人が“映画を語る”ことで、映画の新たな楽しさを発信するトーク番組。番組タイトルにもなっている「活動弁士」は、映画の上映中、映画を自由闊達に語り、表現し、解説をすることを生業とする人たちである。本番組では、活動弁士の精神をそのまま受け継ぎ、映画に関わる様々な人をゲストに迎え、制作陣の想いや映画の知られざる一面など、様々な角度から映画を掘り下げていく。

FRESH LIVE:こちら


***********************************