「斎藤環」タグアーカイブ

自殺防止活動に取り組む僧侶『いのちの深呼吸』トークショー続々決定!


映画情報どっとこむ ralph この度9月8日(土)よりポレポレ東中野にて公開となります『いのちの深呼吸』の出演者・ゲストによるトークショーが決定いたしました。

デビュー作「After Tiller」(2013年)でエミー賞を受賞した女性監督ラナ・ウィルソンさんは、雑誌「The New Yorker」に掲載された自殺防止活動に取り組む僧侶・根本一徹さんの存在に魅了され、日本を訪れ3年半にわたって撮影を敢行。

根本さんの日常を通してアメリカ人である監督が日本社会の<現実>を浮き彫りにしていくドキュメンタリー作品です。

この度、出演者である僧侶の根本一徹さんによる初日舞台挨拶をはじめ、自伝「素敵なダイナマイトスキャンダル」が映画化されたエッセイストの末井昭さん、精神科医:斎藤環さん、神経科医:春日武彦さんなど豪華なゲストによるトークショーが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 『いのちの深呼吸』公開記念イベント決定!

9/8(土)11:40の回上映後 初日舞台挨拶
登壇者:根本一徹
9/9(日)11:40の回上映後トークイベント
登壇者:末井昭(エッセイスト)
9/10(月)18:00の回上映後トークイベント
登壇者:斎藤環(精神科医)
9/15(土)11:40の回上映後トークイベント
登壇者:春日武彦(神経科医)

場所:ポレポレ東中野(中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル地下)

映画情報どっとこむ ralph いのちの深呼吸

9月8日(土)よりポレポレ東中野にて公開!

オフィシャルHP:
いのちの深呼吸.com

大善寺サイト:
https://daizenji.business.site/

「もう誰も死なせたくない」

自殺防止活動に取り組む僧侶の日常とは・・・

岐阜県。大禅寺の住職、根本一徹のもとには、全国の自殺志願者からのSOSが昼夜問わずに届く。

日常生活で徹底的に追いつめられ、誰も頼れない彼らのもとに根本は駆けつけるが、特別なことはしない。
じっと話を聞き、一緒に食事をしたりして、さりげなく寄り添うだけだ。

それでも彼らは根本の存在に安堵し、いのちの深呼吸をするように、少しずつ生気を取り戻す…。

根本も身近な人間を自殺で亡くしていた。心臓に病魔を抱えながら、大量のメールや電話に心身は限界にきていた、いったい何が、彼を突き動かしているのか—

***********************************


登場人物:根本一徹
監督・製作:ラナ・ウィルソン
挿入曲:クリスチャン・フェネス+坂本龍一、他
推薦:厚生労働省
後援:日本自殺予防学会
2017年/アメリカ/日本語/デジタル/87分
配給パンドラ
(C)DRIFTING CLOUD PRODUCTIONS, LLC 2017
    


鬼才デヴィッド・リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?著名人コメント続々


映画情報どっとこむ ralph この度、その悪夢のような難解で不可解な世界感がファンを熱狂させ続けているデヴィッド・リンチ監督のドキュメンタリー『デヴィッド・リンチ:アートライフ』が2018年1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、立川シネマシティ、横浜ジャック&ベティ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開。

本作では、映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチが、美術学生時代の「退屈」と「憂鬱」、悪夢のような街フィラデルフィアの暮らし、長編デビュー作『イレイザーヘッド』に至るまでを自らの口で語りつくします。

昨年マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』への出演で世界から注目され、監督業に留まらず多方面で活躍する塚本晋也さんや、かねてよりデヴィッド・リンチのファンだという内田春菊さんはじめ、リンチの描く世界観に魅了された各界の著名人からリンチへの愛に溢れたコメント第二弾が到着しました。


デヴィッド・リンチに魅了された著名人の、愛に溢れたコメント第二弾が到着!!*敬称略・順不同

デヴィッド・リンチの創作の謎に迫っていて、とても面白く、興味深かったです。リンチと切っても切り離せないアート。それが動くというシンプルな喜びからリンチの映画の歴史が始まっていたのですね。後期の映画ほど、ここに映された初期映像作品の原点に戻ってゆく。そう感じました。そして原動力であるアートに回帰しどんどん自由になってゆく姿に勇気付けられました。
―― 塚本晋也(映画監督)


人物と作品の両方に興味を持つということは、実はとても大変で罪深いことだったのだ。作品だけでよかったかも、と後悔するような重みのあるシーンもちらほら。もしもああやって目の前で語られていたら、私はその有り難い疲れを消化するのに何日かかるだろうか。
――内田春菊(漫画家・作家)


フランシス・ベーコンの絵を観ると、よくリンチの映画のワンシーンが頭によぎる事があった。美しい悪夢。一体リンチはどうゆう発想でこうゆうシーンが思い浮かぶのだろう…と前から興味があった。自伝も読んだ。そしてツイン・ピークスの続編で再び世界を騒がせたリンチのドキュメンタリー!
意外にも、愛娘とアトリエで絵を描いてるシーンが親密で愛おしかった。この監督、やっぱ面白いわ。
――木下理樹 (ART-SCHOOL)


絶え間ない創作行為の連続こそがリンチをリンチたらしめる。指で絵の具とたわむれるように描き続ける画家リンチ。様々な媒質と対話しながら、異様なイメージを析出させるリンチ・システム。その謎めいた創造の秘密には、得体の知れない感染力がある。
――斎藤環(精神科医、批評家)


リンチはリンチにならざるを得なかった。父や兄弟からの理解が全く得られなくても、この道を進むしかなかった。そのことがよく分かります。そしてリンチが自分について赤裸々に語れば語るほど、謎と神秘は深まり、観る人は、世界の深淵を覗きこむでしょう。
――タカノ綾(アーティスト)


映画情報どっとこむ ralph コメント第一弾 *敬称略・順不同


ボブ・ディランのライブを中座した青年が、ジョージ・ルーカスからの『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』監督オファーを断り、後に『ブルーベルベット』や『マルホランド・ドライブ』を作る。“コーヒーを飲み、タバコを吸い、絵を描く。創作の喜びをひたすら極める生き方”を選んだ彼の顔は、歳を重ねるごとに耽美になる。
裕木奈江(女優)


大金を動かすメジャーなハリウッドの監督ではあるけれど、「生涯一美大生」みたいな人でもあることがよくわかりました。普通の善良な家庭で育ったにもかかわらず――であるからこそ――こういう人物になったということも、なんとなく納得できました。子供の頃から微かな遠雷のように感じていた「生の不穏さ」のようなものを、美大の暗く孤独なアトリエの中で、人知れず育んでいったんだなあ‥‥と。
会田誠(美術家)

デヴィッド・リンチが画家でもあることをはじめて知りました。そしてそのイマジネーションに満ちた作品群に驚くとともに、大いに納得しました。
新しいアイデアの背後に彼の歩んだ人生がある。そして映画は絵画に、絵画は映画に相互に刺激を与えながら、彼の芸術は、より高みへと昇華したのだと思います。
伊藤潤二(漫画家)

無常に流れていく時間の中で、誰の心にもうっすらと存在し続ける”不安”
その部分を冷たいものでそっと撫でられるような気持ちになる。冷たい水で洗われるような感覚にも近いかな。
彼自身が人生の中で感じ取った感情が、彼の作品の中には流れている。人の人生が一つとは限らないんだなと教えられた。
中田クルミ(モデル/女優)

我々は知っている。この世にデヴィッド・リンチという<魔都>が存在することを。そこには決して逃れることのできない蠱惑(こわく)的退廃と致命的依存が潜んでいることを……。魔術的なまでに俗世を掻き回し、惑乱させ続ける鬼才の藝術の原点。その源泉を我々は目撃する。
平山夢明(作家)

映画情報どっとこむ ralph 原題:David Lynch: The Art Life

2018 年1月27 日(土)、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開


公式サイト:
www.uplink.co.jp/artlife/

Twitter:
@LynchArtLifeJP


リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、
映画界で最も得体の知れない監督――その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。


映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチ。「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去。「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。その中に潜む「恐怖」「苦悩」は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で私たちの前に現れては消えていく。


アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001 年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976 年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。

***********************************

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム(『ヴィクトリア』脚本)
出演:デヴィッド・リンチ配給・宣伝:アップリンク
(2016 年/アメリカ・デンマーク/88 分/英語/DCP/1.85:1/)

(C) Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016