「斉藤和義」タグアーカイブ

『アイネクライネナハトムジーク』プロポーズシーンも!メイキング映像解禁


映画情報どっとこむ ralph ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を、斉藤和義の音楽にのせ、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化することでも話題を呼んでいる『アイネクライネナハトムジーク』が全国大ヒット公開中です。

この度本作よりメイキング映像が解禁となりました。

今回解禁されたのは、三浦春馬さん演じる佐藤が、多部未華子さん演じる紗季にプロポーズをする大事なシーンの裏側。緊張のあまり指輪の箱を開けようとするも、箱の向きを間違えてしまう、という細かいところまで佐藤を演じ切る三浦さん。そんな佐藤を演じた三浦さんですが、「オッケー」の声がかかると嬉しそうにガッツポーズ。プロポーズを受ける紗季を演じた多部さんの表情も映し出されます。続いて、映画終盤のバス停で佐藤と紗季が会話をする大事なシーンの裏側も公開。三浦さんが多部さんと今泉監督にシーンの提案をし、その提案に熱心にうなずく監督と多部さん。「僕の仕事は役者の芝居を見ること。役者を信じ、芝居を信じることで、勝手に魅力的になっていくものを大事にしたいと思っています。」という今泉監督の演出がまさに、垣間見える瞬間となっています。


映画情報どっとこむ ralph 『アイネクライネナハトムジーク』

Eine kleine Nachtmusik
ドイツ語で、【小さな夜の音楽】の意味。

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

本作は、人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集で、すでに56万部を売り上げるベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)の映画化。出演者として彩るのは、人気実力派の三浦春馬、さらに多部未華子。三度目の共演となる二人の恋を軸に、豪華かつフレッシュな魅力きらめくキャスト陣が演じる、不器用ながらも愛すべき人々のめぐり会いの連鎖を10年に渡り描く。メガホンを取るのは、恋愛群像劇の旗手として今最も注目を集め、「映像化するなら彼しかいない」と伊坂がラブコールを送った今泉力哉。脚本は伊坂原作に定評のある鈴木謙一。さらに、映画の中でもキーとなる主題歌『小さな夜』と劇中音楽をシンガーソングライターの斉藤和義が手がける。多くの才能の<出会い>の連携が生んだ、愛と驚きに満ちあふれた<出会い>についてのラブストーリーです。
三浦春馬 x 多部未華子 アイネクライネナハトムジーク
物語・・・
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季(多部未華子)と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司(原田泰造)や、分不相応な美人妻(森絵梨佳)と可愛い娘を持つ佐藤の親友(矢本悠馬)、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師(貫地谷しほり)らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─―。

***********************************

原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
主題歌:斉藤和義「小さな夜」(スピードスターレコーズ)

監督:今泉力哉 『愛がなんだ』
脚本:鈴木謙一

出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造

配給・宣伝:ギャガ (c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

斉藤和義 主題歌熱唱に三浦春馬、多部未華子ら“贅沢”と感動『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台


映画情報どっとこむ ralph 人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集で、すでに56万部を売り上げるベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)が待望の映画化し、大ヒット公開中です。

三度目の共演となる三浦春馬(佐藤)、多部未華子(本間紗季)をはじめ、佐藤の学生時代からの親友・織田一真役の矢本悠馬ら豪華でフレッシュな魅力きらめくキャスト陣が演じる、不器用ながらも愛すべき人々との“出会い”の連鎖を“10年”に渡り描いた愛と驚きに満ちた<出会い>についてのラブストーリー。

本日、公開記念舞台挨拶が主演の三浦春馬さん、多部未華子さんに加え、貫地谷しほりさん、森絵梨佳さん、恒松祐里さん、萩原利久さんらキャストと今泉力哉監督が登壇して行われ、更に斉藤和義さんが主題歌「小さな夜」を披露しました。
三浦春馬、多部未華子、貫地谷しほり、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、斉藤和義、今泉力哉監督『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台
『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台挨拶
日時:9月21日(土)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:三浦春馬、多部未華子、貫地谷しほり、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、斉藤和義(音楽)、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の会場の温かな拍手で迎えられた登壇者。主人公・佐藤を演じた三浦さんが

三浦さん:撮影が終わって約1年半を経てこうして作品を届けることができること、本当に嬉しく思います。宜しくお願いします。

と、偶然佐藤と出会う女性紗季を演じた多部さんが

多部さん:本日はお忙しい中、こんなにたくさんの方に集まっていただき、作品をご覧いただくことが嬉しく思っております。

と、顔も知らない電話の相手が気になる美容師・美奈子役の貫地谷さんが

貫地谷さん:2、3日しか撮影していなかったのに、この場に立てて光栄です。(笑)宜しくお願いします。

と、佐藤の親友・一真の妻で2児の母、由美を演じる森さんが

森さん:昨日から全国公開で、今日こうしてみなさんの前でお話しできるのが嬉しく思っております。

と、由美の娘、高校生になった美緒を演じた恒松さんが

恒松さん:とってもとっても素敵な映画になっています。今日はたくさんお話できるよう頑張りますので、宜しくお願いします。

と、その美緒が気になって仕方ない高校生和人を演じた萩原さんが

荻原さん:本日はお越し下さりありがとうございます。宜しくお願いします。

と、そして、今回主題歌の「小さな夜」と劇中音楽を担当された斉藤和義さんが

斉藤さん:音楽を担当させていただきました。いい映画になっているのではないかと思いますので、気に入っていただけると嬉しいです。

と、

今泉力哉監督:去年宮城で取った作品がこうして初日を迎えられるのが嬉しく思います。宜しくお願いします。

と其々挨拶からスタート。


映画情報どっとこむ ralph 「出会い」がテーマの本作にかけて、最近あった素敵な出会いを尋ねられると、

三浦さん:この作品を通して、クライマックスのシーンで監督に初心に戻れるようなアドバイスをいただきまして、これが最近の自分の仕事の大きな軸になっていて、それが、お芝居をする相手の表情をしっかり使ってください、というアドバイスだったんですけど、とても大事にしていきたい言葉だったなと思います。

と話し、

多部さん:この映画に絡めると、仙台にこの間キャンペーンで行ったんですが、タピオカずんだシェイクが信じられないくらい美味しかったんです。あれなんであんな美味しかったんだろうね。

と多部さんが話し始めると、

三浦さん:多部さんは今までずんだシェイク飲んだことなかったんだよね。

と三浦さん。

多部さん:撮影の時は存在も知らなくて。キャンペーンで行った13日に出会ってしまいました。一口飲んだ瞬間から天にも昇るような気持ちでした。

と感動の様子を隠せない多部さんに、

三浦さん:ずんだタピオカシェイク、仙台行く時は絶対飲んでください。

と仙台の魅力をアピールした。様々な出会いの形が描かれている本作にかけて、“理想の出会い”を尋ねられると、

貫地谷さん:やっぱり、偶然ですかね。出会い頭ぶつかる、みたいな。

と話すと、

三浦さん:ぶつかって斉藤さんのような素敵な方に出会う・・。

と斉藤さんに振ると

斉藤さん:振らないでください(笑)

と困った様子の斉藤さんに会場は爆笑。

森さん:知り合いに映画館で出会って、結婚された方がいて。見たい映画がやっていなかったそうなんですけど、それがきっかけで出会ったみたいで。映画館で出会ってみたいって思いました。

と話すと、登壇キャストもその奇跡に驚いた。


事務所の先輩でもある主演の三浦さんとの共演を尋ねられると

恒松さん:お芝居が素敵な方だなと思っていて。実はこれは初めてお話しするんですが、小さい頃から、三浦さんのお顔がすごく好きで。(笑)その方と一緒にアイスを食べるシーンがあって、幸せだなって思いました。私、三浦さんの顔が好きなんです。(笑)本当に素敵な先輩で。後輩思いのとてもとても素敵な先輩です。

との告白には三浦さんも嬉しそうな様子。また、和人を演じた上で気をつけたことを尋ねられると、

萩原さん:撮影していた時19歳だったんですけど、今泉さんに“高校生ってもっと若いんじゃない?”って言われて、テンションを二段階くらいあげてました。あとは憧れのチャリ通だったので、それも楽しみましたね。

と答えた。


映画情報どっとこむ ralph 続いて、10年という長い歳月をかけた恋を描いていることから、“長い間ずっと好きなこと”、“長い間ずっと苦手なこと”を登壇者がそれぞれフリップで発表するコーナーに。

三浦さん:サーフィンがずっと好きなことですね。サーフィンにまつわる映画をやらせてもらってから続けてます。苦手なものはカマキリです。幼少期から嫌いで、カマキリの様相というか、戦闘モードになった時の姿がなかなか苦手でして、一生克服できないんじゃないかなと思います。

と答えた。

多部さん:海外に行くことをずっと続けてますね、10年前に友達を尋ねてロスに行ってから自然に続けています。苦手なことは整理整頓が本当にできないんです。部屋もすごい汚くなって、一気に綺麗にする。カバンも汚くて、ポーチをいっぱい入れていて、全部外に出ている、みたいな。片付けるは片付けますけどね。

とイメージとは異なる告白に一同驚きを隠せない様子。

貫地谷さん:水を飲むことをずっと続けています。肌が荒れやすくて、水を飲んだら良くなって、それが習慣になってます。苦手なことはじっとしていること。なんでしょう?病気なのかな?無駄な動きしていたりとか。撮影中に着物とかでずっと立っているので、じっとしていることに耐えられなくて、涙が出ちゃいました。

と、ここでも驚きの告白。そんな貫地谷さんに

多部さん:しほりちゃんは17歳の時から知っているんですけど、本当によく喋るし、なんでそんなに話し尽きないんだろうって思います。

と、反応すると、

貫地谷さん:いつも聞いてくれてありがとうね。これからも宜しくね。

と返し、仲の良さをアピールした。

森さん:神田駅が大好きで、神田駅によく飲みにいきます。大好きな喫茶店もあったり、いい街でここしか行けなくなっちゃいました。苦手なことは会話をすることが苦手なので、克服したいです!

と話すと、

貫地谷さん:いっぱいしゃべったじゃないですか!

とツッコムと

森さん:貫地谷さんみたいになりたいです。

との返す森さん。そして、

恒松さん:誕生日動画をインスタやツイッターで毎月あげることを続けています。苦手なことはお釣りの計算です。分からなくなっちゃうんですよね。

萩原さん:ずっと続けていることは缶蹴りですね。真剣に考えていたんですけど、これしか思いつかなかったんです。苦手なことですが、“起きること”って書いたんですけど、これ書いている最中に思いついたんですけど、字を書くことが苦手で。これも実はシャーペンで下書きをしているんです。

とそれぞれ話す中、

斉藤さん:本当はジョギングとか言いたいことなんですけど、大人のサイトですね。無料がずっと好きで、有料が嫌いですね。

と話すと会場からは大爆笑が起こった。続いて、

今泉監督:続けていることはダメな人みたいなんですけど、ダラダラお酒を飲むことですね。苦手なことは早起きと夏ですね。夏はなんでこんなに暑いんだろう・・。

と話す今泉監督にMCから「三浦さん、サーフィン誘ったらいいんじゃないですか?」と振られると、

三浦さん:全く予想つかないですけどね!監督にやる気があればお連れできます。

と返した。そんな

今泉監督:本当に運動音痴で卓球だけできるんですけど・・。

と自信なさげな監督。そんな監督にMCから「全員で缶蹴りすればいいんじゃないですかね?」という提案が上がり、萩原さんはガッツポーズ!

映画情報どっとこむ ralph 次に、本作の誕生秘話に関して話が移ると、

斉藤さん:(伊坂さんと)コラボで作品を作ってみようということで、歌詞を書いてくれませんかと伊坂さんに頼んだら、伊坂さんが歌詞は書けないですが、小説ならば、というところで、そこから曲を作りました。最初、小説から曲ってどう作るんだろうって途方にくれたんですけど、小説の気になったところを抜いて作りましたね。

と、振り返ると、

今泉監督:今回斉藤さんには劇中音楽もですし、主題歌もやっていただいて。最初お話ししてから一ヶ月経って送ってきていただいた曲が何も修正するところがな買ったんですよね。

と抜群の相性であったことを明かした。

斉藤さん:全く音のないラフをいただいて、それだけで成立しているのに、音を入れて邪魔したらやだなぁと思って。でもここに入れたらいいなとか思ったり。多部ちゃん大人になったなって、静止画で見ちゃったり(笑)春馬くん見て、こんな顔で生まれたかったなと思ったり。

と斉藤さんも製作秘話を明かし、会場を沸かせた。

ここで斉藤さんがサプライズで主題歌の「小さな夜」を披露。
美しい音楽に会場は温かな感動に包まれた。
斉藤和義『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台 斉藤和義『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台 斉藤和義『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台 斉藤和義『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台
演奏後に

三浦さん:こんな贅沢なことはないですね。改めて歌詞を聞いて素晴らしいって思っちゃいました。三年前からプロデューサーや皆さんがこの作品の計画を立てて、時間を費やしてきたんだなと改めて思いましたね。

三浦春馬、多部未華子、貫地谷しほり、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、斉藤和義、今泉力哉監督『アイネクライネナハトムジーク』公開記念舞台
最後に・・・、これから映画をご覧になるみなさまに向け、

三浦さん:本日は本当にありがとうございました。奇跡ってとても特別な響きなんですが、誰かが誰かをほんの少し思いやることから始まって、そこから行動を生んで、その連鎖が奇跡に繋がるんじゃないかな、と思います。実は自分の周りにも思いやりは沢山あふれていて、ご自身の普段の生活をより誇ってもらえるような作品になったんじゃないかと、優しく多幸感を届けてくれる作品になったんじゃないかなと思います。

と話し、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『アイネクライネナハトムジーク』

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

三浦春馬 x 多部未華子 アイネクライネナハトムジーク
ストーリー
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季(多部未華子)と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司(原田泰造)や、分不相応な美人妻(森絵梨佳)と可愛い娘を持つ佐藤の親友(矢本悠馬)、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師(貫地谷しほり)らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─―。

***********************************


原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
主題歌:斉藤和義「小さな夜」(スピードスターレコーズ)
協力:スピードスターレコーズ
監督:今泉力哉 『愛がなんだ』
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造
配給・宣伝:ギャガ
(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『アイネクライネナハトムジーク』恒松祐里演じる美緒 場面写真&メイキング写真解禁


映画情報どっとこむ ralph ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を、斉藤和義の音楽にのせ、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化することでも話題を呼んでいる『アイネクライネナハトムジーク』が9月20日(金)より全国公開いたします。


この度本作より場面写真、メイキング写真が解禁となりました。今回解禁されたのは、今年だけでも5本の出演映画が公開し、話題作に続々と出演している恒松祐里演じる美緒の劇中写真とメイキング写真。

主人公佐藤(三浦春馬)の大学時代からの親友の一真(矢本悠馬)と由美(森絵梨佳)の娘・美緒は美人でしっかりものの母がどうして変わり者の父と結婚したのか理解できず、父に冷たい態度を取ってしまう思春期真っただ中の女子高生。

解禁されたメイキング写真では織田家の仲の良さが伝わってきますが、高校生役のイメージも強い矢本さんとの親子シーンは見どころの一つです。
『アイネクライネナハトムジーク』恒松祐里 矢本悠馬 森絵梨佳
また、場面写では、三浦春馬さん演じる佐藤とは美緒が幼い頃からの付き合いで、美緒が佐藤に本作のテーマ<出会い>に関して問いかけるシーンは、重要なシーンの一つとなっています。
『アイネクライネナハトムジーク』恒松祐里 クラスでも注目を集める美緒は同級生の和人(萩原利久)と、とあることがきっかけで距離を縮めていき、2人の「出会い」がさらに多くの人の「出会い」に結びついていきます。
『アイネクライネナハトムジーク』恒松祐里 そんな思いがけない絆でつながっていく人々が呼び起こす、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡の物語を、是非劇場でお確かめください。

映画情報どっとこむ ralph 『アイネクライネナハトムジーク』

Eine kleine Nachtmusik 【アイネクライネナハトムジーク】
ドイツ語で、【小さな夜の音楽】の意味。


公式サイト:
EinekleineNachtmusik

9月20日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
9月13日(金)宮城県先行ロードショー

三浦春馬 x 多部未華子 アイネクライネナハトムジーク
本作は、人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集で、すでに56万部を売り上げるベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)の映画化。出演者として彩るのは、人気実力派の三浦春馬、さらに多部未華子。三度目の共演となる二人の恋を軸に、豪華かつフレッシュな魅力きらめくキャスト陣が演じる、不器用ながらも愛すべき人々のめぐり会いの連鎖を10年に渡り描く。メガホンを取るのは、恋愛群像劇の旗手として今最も注目を集め、「映像化するなら彼しかいない」と伊坂がラブコールを送った今泉力哉。脚本は伊坂原作に定評のある鈴木謙一。さらに、映画の中でもキーとなる主題歌『小さな夜』と劇中音楽をシンガーソングライターの斉藤和義が手がける。多くの才能の<出会い>の連携が生んだ、愛と驚きに満ちあふれた<出会い>についてのラブストーリーです。

ストーリー
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季(多部未華子)と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司(原田泰造)や、分不相応な美人妻(森絵梨佳)と可愛い娘を持つ佐藤の親友(矢本悠馬)、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師(貫地谷しほり)らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─―。

***********************************


原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
主題歌:斉藤和義「小さな夜」(スピードスターレコーズ)

監督:今泉力哉 『愛がなんだ』
脚本:鈴木謙一

出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造

配給・宣伝:ギャガ
(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「出会い」を繋げていく・・・『アイネクライネナハトムジーク』主題歌「小さな夜」映画版特別MV解禁


映画情報どっとこむ ralph ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を、斉藤和義の音楽にのせ、『愛がなんだ』の今泉力哉監督が映画化することでも話題を呼んでいる『アイネクライネナハトムジーク』が9月20日(金)より全国公開となります。

この度本作より主題歌「小さな夜」の映画版特別ミュージックビデオが解禁となりました。仙台駅前で主題歌「小さな夜」を歌うストリートミュージシャンの斉藤さん(こだまたいち)の前で、主人公・佐藤(三浦春馬)と紗季(多部未華子)が初めて出会うシーンから始まる映像は、同じ会社に勤める佐藤と藤間(原田泰造)、美容師の美奈子(貫地谷しほり)とその常連の香澄(MEGUMI)、佐藤の大学時代からの親友・一真(矢本悠馬)とその妻の由美(森絵梨佳)、娘の美緒(恒松祐里)、そして美緒の同級生の和人(萩原利久)などが続々と登場。その中には初公開映像も含まれ、愛と驚きに満ち溢れた<出会い>を交差させていく登場人物のキャラクターがより明らかになっています。その登場人物たちの劇的ではないけど、小さな日常の奇跡を彩る主題歌「小さな夜」は、斉藤和義さんの書き下ろし楽曲であり、その歌詞は登場人物たちの心情にシンクロし、映画の感動体験をさらに盛り上げます。原作者・伊坂幸太郎さんと運命的な絆で結ばれ、原作の始まりに関わった斉藤和義さんだからこそ書き下ろすことのできた楽曲と劇中映像のコラボレーションは生まれるべくして生まれた、心震わせるものとなっています。


また、解禁されたMVでも、仙台の街風景が魅力的に映し出している本作が「第6回仙台シネマ」に認定されました!仙台市により、「新規の映画作品で、仙台市を舞台としてロケーション撮影を実施し制作されるなど、特に仙台市の観光振興及びシティセールスに資すると認められるもの」を基準として認定される「仙台シネマ」は、本作で6作品目であり、過去には『重力ピエロ』や『ゴールデンスランバー』、『ポテチ』など、本作の原作を手掛けた伊坂幸太郎さん原作の作品も認定されています。認定理由は「仙台在住の伊坂幸太郎氏の同名小説を原作とし、原作の舞台でもある仙台でオールロケにより撮影された本作品は、仙台の街の風景全体が映画の重要な要素となっており、本市のプロモーションに大きく貢献されることが期待される。映画の宣伝にあたり、製作委員会としても地元と連携したPRを行うこととしており、この映画を第6回の認定作品とすることで、仙台の観光振興及びシティセールスに貢献するものと考えられる。」とされており、宮城県先行公開に向け、地元仙台での盛り上げを期待されています。

映画情報どっとこむ ralph 『小さな夜 〜映画「アイネクライネナハトムジーク」オリジナルサウンドトラック〜』 CD購入者特典決定!!
下記対象店舗にて9月18日発売の斉藤和義『小さな夜 〜映画「アイネクライネナハトムジーク」オリジナル・サウンドトラック〜』をお買い上げの方に先着で“斉藤和義 オリジナル生写真”をランダムでプレゼント!生写真は全部で6種類で共通の不透明なアルミ袋に封入!
<対象店>
◆タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン◆HMV全国各店 / HMV&BOOKS online
◆TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYAオンラインショッピング◆Amazon.co.jp
◆楽天ブックス◆ビクターオンラインストア(WIZY)

※特典は対象店にランダムで配布されます。※特典写真はご自身で選べません。
※Amazon.co.jp では、特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※特典には数に限りがございます。お早めにご予約下さい。※特典がなくなり次第キャンペーンは終了とさせて頂きます。
※一部取り扱いの無い店舗がございます。※特典の内容・デザインは予告なく変更する場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 思いがけない絆でつながっていく人々が呼び起こす、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡の物語を是非劇場で。

アイネクライネナハトムジーク

9月20日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
9月13日(金)宮城県先行ロードショー

三浦春馬 x 多部未華子 アイネクライネナハトムジーク 本作は、人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集で、すでに56万部を売り上げるベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)の映画化。出演者として彩るのは、人気実力派の三浦春馬、さらに多部未華子。三度目の共演となる二人の恋を軸に、豪華かつフレッシュな魅力きらめくキャスト陣が演じる、不器用ながらも愛すべき人々のめぐり会いの連鎖を10年に渡り描く。メガホンを取るのは、恋愛群像劇の旗手として今最も注目を集め、「映像するなら彼しかいない」と伊坂がラブコールを送った今泉力哉。脚本は伊坂原作に定評のある鈴木謙一。さらに、映画の中でもキーとなる主題歌『小さな夜』と劇中音楽をシンガーソングライターの斉藤和義が手がける。多くの才能の<出会い>の連携が生んだ、愛と驚きに満ちあふれた<出会い>についてのラブストーリーです。

Eine kleine Nachtmusik 【アイネクライネナハトムジーク】
ドイツ語で、【小さな夜の音楽】の意味。

ストーリー
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季(多部未華子)と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司(原田泰造)や、分不相応な美人妻(森絵梨佳)と可愛い娘を持つ佐藤の親友(矢本悠馬)、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師(貫地谷しほり)らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─―。


***********************************


原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫) 主題歌:斉藤和義「小さな夜」(スピードスターレコーズ) 
監督:今泉力哉 『愛がなんだ』   脚本:鈴木謙一
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造
配給・宣伝:ギャガ
(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

出会いがないという全ての人に送る『アイネクライネナハトムジーク』予告編とポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 人気作家・伊坂幸太郎ベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」が、三浦春馬主演、多部未華子や原田泰造など豪華共演で映画化!!
この度、斉藤和義の主題歌『小さな夜』を使用した予告編と、ポスタービジュアルが解禁となります!

予告編は、3度目のカップル共演となる三浦春馬演じる佐藤と多部未華子演じる紗季の雲行き怪しい会話から始まりつつも、二人の出会いの様子が描かれます。佐藤の大学の同級生で矢本悠馬演じる織田一真と、森絵梨佳演じる由美は結婚して子供も2人、幸せそうな家庭を築いています。一方で、由美の友人の貫地谷しほり演じる美容師・美奈子は、電話の相手に「今のままがいいというか・・・」とつぶやき悩んでいる様子も。また、原田泰造演じる佐藤の会社の先輩であり、妻に逃げられた藤間はショックを受けながらも妻との出会いを振り返り「彼女でよかった」と佐藤に伝えます。さらに、注目の若手俳優、恒松祐里と萩原利久演じる高校生たちも登場。爽やかな斉藤和義らしさ溢れる主題歌にのせて“それぞれの10年間”が巧みに絡み合い、佐藤と紗季の恋が何か動き出しそうな予感を感じさせる予告編となっています。


映画情報どっとこむ ralph ポスターは、佐藤と紗季の2人を軸に、豪華かつフレッシュなキャスト陣がそれぞれ魅力的な表情を見せるチャーミングなビジュアルに!昨年4月にクランクインし、オール仙台・宮城ロケで撮影が行われた本作。仙台出身のサンドウィッチマンの登場も見逃せません。
アイネクライネナハトムジーク
多くの才能の〈出会い〉の連携が生んだ、愛と驚きに満ちあふれた〈出会い〉のドラマ。グルーヴィーなサウンドが優しく包む、愛おしいラブストーリーに心震わせ、小さな日常の奇跡に気づく時、あなたの毎日もまた輝き始める—。

アイネクライネナハトムジーク

9月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー


ストーリー
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司や、分不相応な美人妻と可愛い娘を持つ佐藤の親友、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす。

映画情報どっとこむ ralph 原作情報

伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わる、六章から成る連作小説集。伊坂には珍しく恋愛がテーマとなっており、すでに51万部を突破するベストセラー。(2019年4月現在/電子書籍を除く)

 
主題歌情報 
斉藤和義「小さな夜」(スピードスターレコーズ)
原作の始まりに関わり、劇中音楽も手がける斉藤が、映画のために新たに書き下ろした主題歌。
劇中に登場するストリートミュージシャンが10年に渡って奏でる、映画の中でもキーとなる楽曲でもあり、映画自体もこの楽曲で締めくくられる。

Eine kleine Nachtmusik
【アイネクライネナハトムジーク】
ドイツ語で、【小さな夜の音楽】の意味。

***********************************

監督:今泉力哉
キャスト:三浦春馬
多部未華子、原田泰造、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、貫地谷しほり、MEGUMI、濱田マリ、八木優希
サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)

配給:ギャガ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

斉藤和義 有村架純にやっと会えた!『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 人生を鉄道になぞらえて描いてきた、映画「RAILWAYS」シリーズの最新作『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』が、いよいよ11月30日(金)より全国公開となりました!本作は、鹿児島県~熊本県を結ぶ〈肥薩おれんじ鉄道〉が走る美しく彩り豊かな九州の西海岸を舞台に、愛する人を失った血の繋がらない3人の家族の再出発を描き、映画を観たあと誰もが愛しい「家族」に会いたくなる─すべての人へ贈る、愛と希望に満ちた感動作です。

そして!全国公開を記念し、初日舞台挨拶を有村架純さん、國村隼さん、桜庭ななみさん、歸山竜成さん、青木崇高さん、斉藤和義さん、吉田康弘監督さんが登壇して行いました!
さらに、イベント後半にはサプライズゲストとして主題歌を担当した斉藤和義さんが登場して、有村さんと合えた喜びを語りました!

『かぞくいろ―RAILWAYSわたしたちの出発―』初日舞台挨拶
日時:11月30日(金)
場所:新宿ピカデリー
登壇:有村架純、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、青木崇高、斉藤和義、吉田康弘監督
サプライズゲスト:斉藤和義

映画情報どっとこむ ralph 有村さん:皆さんこんばんわ。(今晩は!!)本当に沢山の方々に来ていただいてびっくりしています。楽しい時間を皆さんと共有できたらいいなと思います!

との挨拶から初日舞台挨拶がスタート。続いて

國村さん:公開初日にありがとうございます。映画にとって初日は誕生日のようなもの。誕生日を祝ってこれだけの方が来てくれた!本当に嬉しいです!

桜庭さん:(桜庭!!!!!の掛け声に笑いだすキャスト!)初日を迎えて、凄く嬉しいです。これからもっともっと愛あれる作品になればと思っています。皆さん宜しくお願いします!

歸山くん:この日を楽しみにしてきましたが、今。監督やキャスト。スタッフとお別れになっちゃうなと思うとと寂しいです!

青木さん:こんばんわ!(大ボリューム!!)数ある映画の中から選んでいただいてありがとうございます。映画の初日は誕生日だと國村さんが言っていましたが!なんと竜成が明日誕生日です!おめでとう(拍手)

歸山くん:ありがとうございます!

と、会場の皆さんにお礼!そして・・・
吉田監督:無事に初日を迎えることが出来て、スタッフとキャストと鹿児島・熊本の方々に深く感謝します!映画最後まで楽しんでください!

と其々挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 周りの方の感想は
有村さん:大阪に行ったときに母と親友が観てくれて。本当に家族って何だろうと考えさせられた。と言ってくれて伝わったなと嬉しかったです。
國村さん:友人のご夫婦が観てくれて。ありがちな軽い映画かなと思って行ったら、凄い染み込む映画だったと。嬉しかったです。

と、近しいものの感想に満足のお二人。

鹿児島出身の桜庭さんのご両親は先行上映に行かれたそうで
桜庭さん:家族から連絡がきました。友人や鹿児島・熊本の方たちが楽しみにしてくださっていたので。なじみのある風景が広がってるので地元の方達が元気になってくれるといいな。

と語ります。國村さんは鹿児島弁がネイティブに話せなければいけない役。

國村さん:結構大変な思いをしました!

と、明かします。
歸山くん:お母さんはちゃんとやり切ったね。と言われて嬉しかったです。

と話。
青木さん:今日初日なので、大阪の実家の両親は今まさに観ているかもしれません!LINEの返信が楽しみです!

この作品が動き出してから7年の歳月がたっているそうで
吉田監督:息子も7歳になりました。今、子供が錦糸町で観ています!どういう風に言うのか興味ですね。運転士になるって言うかもしれませんね。大阪の試写では姉とか姪っ子が観てくれて。号泣したらしくて嬉しかったです。

映画情報どっとこむ ralph 今回、キャストと監督に内緒のゲスト:主題歌:「カラー」を手掛けた斉藤和義が登場!
実は有村さんと会うのが楽しみだったそうで
斉藤さん:そうですね。嬉しいです。たまらないですね。

國村さん:私の友人が斉藤さんのコンサートに行って、僕は有村架純ちゃんの大ファンで、かぞくいろの主題歌歌ってるのにイベントに呼んでくれない!って言ってたと聞いてます。
斉藤さん:そうしたら、呼んでもらえたんです!愚痴ってみるもんです。

有村さん:とても光栄です!

斉藤さん:映画の話をもらって台本読んで。オレンジ鉄道に乗ってみて。監督にもお藩士をうかがって、イメージが立体的になったので。会いそうなイメージで書きました。カラーは、青木さんの絵描きのイメージもあったし。白黒だった生活がカラーになるような雰囲気になるといいなと。

と、制作秘話を語ってくれました!ここで、有村さんと國村さんにオレンジ色の薔薇を斉藤さんがプレゼント!花言葉は絆。
有村さん:オレンジ色の薔薇は初めて!嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph ここでフォトセッション。

最後に・・・
有村さん:家族の在り方って何だろう?って考えていただける作品になってると思います。お家に帰ったら。皆さんお大切な人に愛情を伝えて下さい。

國村さん:今日が誕生日。玉子を私たち作り手が産み落とし、ひなが今日生まれました。これを育てていただけるのはお客様。雛を育てて下さい!

と舞台挨拶を締めました!

『かぞくいろ―RAILWAYSわたしたちの出発―』
11月30日(金)全国ロードショー

物語・・・
晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、3人の共同生活が始まった。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。「このままじゃダメだって分かってます。変わりたいんです。」血のつながらない息子の母として、そして運転士になるためまっすぐに生きようとする晶の姿に、これまでの人生で見出せなかった<大切なこと>に気づいていく節夫。愛する人を亡くし、一度家族を失った3人は、もう一度<家族>になれるのだろうかー。

***********************************

出演 有村架純 國村 隼 桜庭ななみ 歸山竜成/木下ほうか 筒井真理子/板尾創路 青木崇高
監督・脚本:吉田康弘
音楽:富貴晴美
主題歌:「カラー」斉藤和義(スピードスターレコーズ)
配給:松竹©2018「かぞくいろ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

斉藤和義が主題歌!有村架純&國村隼W主演『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』


映画情報どっとこむ ralph 日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく描き、多くの世代から愛され る人気シリーズとなった映画『RAILWAYS』。 シリーズ最新作となる『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』が有村架純と國村隼のW主演にて、 11月30日(金)に公開となります。


この度、本作の主題歌に斉藤和義さんによる書き下ろしの楽曲「カラー」に決定しました!

主題歌「カラー」は斉藤が⿅児島での本作撮影現場を訪れ、実際に主人公・晶(有村架純)や節夫(國村隼)が劇 中で運転する肥薩おれんじ鉄道に乗車する等して、イメージを膨らませ書き下ろしたもの。

この「カラー」によって、鉄道を舞台に、愛する人を失った家族の“再出発”を描く物語がより⼀ 層きれいに彩られます。

映画情報どっとこむ ralph そして、斉藤和義さんからのコメント、有村架純さん・國村隼さん・吉田康弘監督からのコメントも到着しました。

斉藤和義さんコメント
お話を頂いて、おれんじ鉄道に乗ってみたくて⿅児島へ行ってきました。 現地で吉田監督にもお会いできて、映画への熱い思いや、 晶の裏設定など貴重な話を聞かせて頂きました。 撮影された家、神社や学校。 小さな駅や、雄大な海の横を走るたった1両の気動車。 自分なりにこの家族の幸せな未来をイメージして書きました。

有村架純さん コメント
ローカル線の駅や、周りの風景が、鮮明に浮かび上がってきます。 これからどこへ連れて行ってくれるんだろう。家に帰ると、どんな顔をして家族が待っていてくれるんだろう。 そんな、楽しいとは少し違う、優しい期待や、優しい希望が生まれる歌だと思いました。 色んな人の色んな感情を乗せて動いている鉄道に、まさにピッタリの曲です。

國村隼さん コメント
この曲を聴いたとき… モノトーンの画面に美しい海岸線を走るおれんじ鉄道の気動車が見えて来て、 やがてそれが車窓の景色に変わり…雲に覆われていた空が割れて陽の光が溢れ出て来る。 それから⼀つ⼀つの色が輝き出し眩しい光の中を気動車は走り去って行く…。 そんな情景がフワッと浮かんで、なんだか気持ちが暖かくなる曲でした。

吉田康弘監督 コメント
ロケ地である⿅児島で、登場人物と同じ⽬線に⽴ち、線路の写真や猫の写真を撮りながら、イメージを膨らま せて頂いた斉藤さん。⼀両だけでゆったり走る肥薩おれんじ鉄道にも乗って頂き共有して下さった想いは、 しっかりと主題歌に反映されていて、とても感動しました。映画のラストを⼒強く、そして温かく包み込んで くださる名曲です。 何より、斉藤さんらしい楽曲に仕上がったところが、学生時代からの⼀ファンとして、とても嬉しいのです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―

公式HP:
http://www.railwaysmovie.jp/

わたしたちにしか描けない、 家族のカタチ。 晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸⼭⻯成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で 生活は⼀変。残された駿也と共に夫の故郷・⿅児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転 士の仕事⼀筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを⼾惑いつつも受け⼊れ、⺟としてまっすぐに生きようとする晶の 姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を⽬指すこと に。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていく―。

***********************************

有村架純 國村 隼 桜庭ななみ 歸⼭⻯成/⽊下ほうか 筒井真理子/板尾創路 青木崇高

エグゼクティブ・プロデューサー:阿部秀司
監督・脚本:吉田康弘
⾳楽:富貴晴美
主題歌:「カラー」斉藤和義(スピードスターレコーズ) プロデューサー:⽯⽥和義/秋吉朝子/櫛⼭ 慶/⽯⽥聡子 ライン・プロデューサー:渡辺栄⼆ 撮影:柴崎幸三照明:上⽥なりゆき 美術:古積弘⼆ 装飾:小林宙央 録⾳:⽩取 貢 編集:村上雅樹 サウンドエフェクト:北⽥雅也 特機:奥⽥ 悟 ⾐裳:岡⽥敦之/牧 亜⽮美 ヘア・メイク:宮内三千代 スクリプター:⾚澤 環 助監督:甲斐聖太郎 制作担当:間⼝ 彰 特別協賛:出⽔酒造 協賛:⿅児島県阿久根市/映画「かぞくいろ」制作を応援する会 撮影協⼒:肥薩おれんじ鉄道/九州旅客鉄道 製作:「かぞくいろ」製作委員会 企画:阿部秀司事務所/ROBOT 制作プロダクション:ROBOT
配給:松⽵
©2018「かぞくいろ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ