「文月悠光」タグアーカイブ

詩人の文月悠光 朗読&トークイベント 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』が2月3日より新宿ピカデリー他全国公開いたします。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、 ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になる と決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。そして、アカデミー賞に 2 度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングル マザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

そしてこの度、スペース FS 汐留にて詩人の文月悠光さんをお呼びしトークイベントが行われました。

『アバウト・レイ 16 歳の決断』 朗読つきトークイベント
日付:1 月 15 日(月)
場所:スペースFS汐留
登壇:文月悠光(詩人)

映画情報どっとこむ ralph MCを勤めた映画ライターの門間雄介さんから映画の感想を尋ねられると、

文月さん:レイのトランスジェンダーという設定に注目しがちで、性的マイノリティの深刻な話として、見る前に覚悟がいるのかなという思いがありましたが、実際は深刻過ぎずに描いていることに好感 が持てました。

鑑賞前の先入観と鑑賞後の印象の差について語り・・・、

文月さん:イの話だけでなく、家族の中のユーモアや、母親の葛藤など 周囲の人たちにも焦点を当てていて面白かったです。

と本作の感想を率直に語る文月さん。

それを受けて「LGBT 映画というのが全面に押し出されていないですよね」というMCに、

文月さん:LGBT という型から自由になっていっているのもこの映画のいいところだなと 思います。

とジャンル映画にとらわれていないことを評価しました。

映画情報どっとこむ ralph 印象的なシーンを聞かれると

文月さん:(マギーが)‟私はひとりで娘を失 った、これからもひとりで息子を育てていく“というセリフがありましたが、悩みに悩んで一人でレイを育てた矜持が感じられて、祖母に対してはまだ弱く少女らしさがあり、ある種まだ母親になれなかったマギーが殻を破った印象的なシーンでした。

と熱く語った。 さらに

文月さん:自分が母になったときは子供がレイのような状況になった時に、どんな風に支えられるか自然と考えてしまった。特殊な家族ではなく、自分と地続きの不安や葛藤の中にこの人たち(マギーやレイたち)もいるのかなという感覚で見ていました。

と本作が描く普遍的な問題に共感していました。


そして本作をから受けた印象を書き下ろした詩「わたしたちの愛し方」を披露。

会場から感動の拍手が沸き上がり、詩の着想を聞かれると、

文月さん:(本作を)家族たちの群像劇としてとらえたときに、食卓のシーンが印象的でした。祖母とその同性のパートナーと母、当たり前のように一緒に食事をしているけど、少しギクシャクしているいびつさは、親しい友達との距離感とは違うものを感じさせ印象的でした。

と詩の冒頭『食卓に八つの手を集わせる。~(一部抜粋)』について説明。

さらに

“もっと みんなのことを知りたい”というレイの言葉や表情から現れる、彼の気持ちの変化や世界観が広がっていく様子に感化されました。鏡のシーンはエル・ファニングの目と中性的な佇まいと複雑な感情ながらもきれいな表情は素敵だなと思い、詩にも取り入れました。

と本作の印象的なシーンから得た強い想いとともに、詩への着想について語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

文月さん:大きなテーマとして、自分の不完全さ、少し世間一般から外れている部分も魅力的で愛おしいものであると肯定してく れる映画です。家族の在り方や自分自身の在り方をレイの物語と重ね合わせて、変わっていけるきっかけになればいいと思います。

と観客にメッセージ送り、大きな拍手の中イベントは幕を閉じた。 今回披露された文月悠光の詩「わたしたちの愛し方」は『アバウト・レイ 16 歳の決断』劇場販売用パンフレットにて全文掲載されます。


アバウト・レイ 16歳の決断
原題:3 Generations
2017年2月3日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!

<自分自身に正直に生きる>

ためのレイの決断とはー?新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


今年は4会場!第九回下北沢映画祭 10月7日〜9日開催決定!


映画情報どっとこむ ralph ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを切り口にしたプログラムを行う下北沢映画祭。

9回目を迎える今年は10月7日(土)〜9日(月・祝)の3連休、過去最多となる4会場で開催いたします。

第九回下北沢映画祭
日程:10月7日(土)〜9日(月・祝)
会場:
しもきた空間リバティ
(世田谷区北沢2-11-3イサミヤビル4F)
下北沢トリウッド
(世田谷区代沢5-32-5-2F)
ライブハウス近松
(世田谷区北沢 2-14-16)
HIBOU HIBOU
(世田谷区北沢2-7-2)

公式サイト

第九回のテーマは「Light up! Cinema 映画を照らせ」。
ミニシアターの閉館など、映画を取り巻く環境が劇的に変化している昨今。下北沢映画祭ではそれらの変化をポジティブに捉え、映画を様々な角度から照らすための5プログラムを開催。

会場は、しもきた空間リバティ、下北沢トリウッド、ライブハウス近松、ギャラリーHIBOU HIBOUなど過去最多となる全4会場。演劇の街、音楽の街、アートの街と様々な表情をもつ街ならではの4会場です。

そして今年のキービジュアルは、イラストレーターの高橋由季さん、デザイナーのカヤヒロヤさんから成るデザインユニット、コニコが担当しました。

映画情報どっとこむ ralph プログラム解禁第1弾!ひと組の家族を見つめた
ドキュメンタリー『ディスタンス』上映

初日7日は、岡本まな監督がばらばらに暮らす家族との物語をカメラを通して紡ぎ出す、セルフ・ドキュメンタリー『ディスタンス』を上映。上映後、岡本監督、詩人の文月悠光さん、音楽家の柴田聡子さん、異なる舞台で活躍する同世代のお三方によるトークを行います。

企画タイトル:わたしとあなたの『ディスタンス』
日時:10月7日(土)19:30〜(開場19:15)
会場:下北沢トリウッド
チケット:1800円
トークイベント:岡本まな監督、文月悠光、柴田聡子
「ディスタンス」(80分) 
© Heather Film MANA OKAMOTO

映画情報どっとこむ ralph コンペティション ノミネート作品発表!&青山シアターとの連携も決定!

実写、アニメーション、ドキュメンタリーなどジャンルを問わずに公募を行うコンペティション。応募総数244作品の中から選ばれた全9作品を期間中3日間にわたって上映。最終日9日にグランプリと準グランプリのほか、観客の皆様の投票による観客賞、日本映画専門チャンネル賞が決定! 授賞式前にはゲスト審査員の今泉力哉監督の短編上映、授賞式後は審査員とノミネート監督全員によるトークセッション、交流会を行います。


「カランコエの花」(中川駿監督)
「電気100%」(幸洋子監督)
「阿呆の舞」(坂田貴大監督)
「弱者よ踊れ」(安楽涼監督)
「あみこ」(山中瑶子監督)
「a whisper」(三輪隆監督)
「タクシー野郎 昇天御免」(川田真理監督)
「わたしが発芽する日」(野本梢監督)
「猿芝居」(渡邊世紀監督)
※応募順


ゲスト審査員は今泉力哉監督!

代表作に『たまの映画』『サッドティー』など。『こっぴどい猫』でトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞受賞。2016年『知らない、ふたり』(NU’EST出演)、2017年『退屈な日々にさようならを』が全国公開。

【下北沢映画祭出演によせて】

私が下北沢映画祭に入選したのは2010年の第2回のコンペでした。

実は第1回の時に応募しようとしたのですがパソコンが苦手でエントリー時に手間取って応募できなかったのです。翌年、再チャレンジで無事にエントリー。憧れの映画監督である橋口亮輔さんに自分の映画を見てもらえたこと、グランプリをとった片岡翔さんの映画「くらげくん」の素晴らしさ、奥田昌輝監督のアニメーション映画「くちゃお」が楽しかったことなど、今でもはっきりと憶えています。その後も中編「TUESDAYGIRL」や長編「こっぴどい猫」のお披露目など、たびたびお世話になってきた下北沢映画祭で審査員をさせてもらえることは最高に嬉しいですし、一番の恩返しだと思っています。入選監督やお客さんには悪いですが、私が一番楽しみます。いひひひひ。

今泉力哉(映画監督)

映画情報どっとこむ ralph 青山シアターにて過去のノミネート作品を限定配信も!

今年から、映画配給会社ギャガが運営する動画配信サイト「青山シアター」との連携が決定! 

連携第1弾として、9月7日から12月31日まで、過去3年の下北沢映画祭ノミネート作品の中から3作品ずつをセレクトし、オンライン公開します!

ラインナップ、料金など詳細はこちら

***********************************