「押井守」タグアーカイブ

押井守、町山智浩も賛辞 伝説の超大作『恐怖の報酬 オリジナル完全版』メインビジュアル、場面写真を解禁


映画情報どっとこむ ralph ウィリアム・フリードキン監督『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』(11/24公開)のメインビジュアル、場面写真を解禁します。

解禁にあたり映画監督の押井守さん、映画評論家、町山智浩さんからも本作への熱いコメントを頂きました。

南米奥地の油井で大火災が発生。祖国を追われ、その地に流れてきた4人の犯罪者は、1万ドルという「報酬」と引き換えに一触即発の消火用ニトログリセリン運搬を引き受ける。2台のトラックに分乗した男たちは、道なき道を300キロ、ジャングルの奥へと進んでいくが、その先に待ち受ける彼らの運命とは―?
『恐怖の報酬』(77)は、『フレンチ・コネクション』(71)でアカデミー5部門受賞、『エクソシスト』(73)で全世界にオカルト・ブームを巻き起こした巨匠ウィリアム・フリードキンによる、手に汗握る緊張と興奮のサスペンス巨篇。

今回解禁されたメインビジュアルは、「密林の果てに、地獄を見た―。」というコピーが添えられ、今にも崩れ落ちそうなつり橋の上を、ニトログリセリンを積んだトラックが、大きく傾きながらも、決死の覚悟で橋を渡ろうとする瞬間が捉えられている。
1978年の日本公開時は、約30分カットされた92分の【短縮版】が配給され、黙殺同然に公開終了となったが、それから40年、フリードキン自ら監修した4Kデジタル・リマスター、121分の【オリジナル完全版】が遂に日本初公開となる。


映画情報どっとこむ ralph 今回の【オリジナル完全版】に対して、コメント

今回の【オリジナル完全版】は、フリードキンという監督が単なるヴィジュアリストに留まらない優れたドラマ演出家であることを証明しています。
登場人物の過去を描いた冒頭部分の手際の良さは見事というしかなく、人物描写に奥行きを与えることに大きく貢献しているだけでなく、この作品の時代背景にスケール感を与えています。リメイク作品は評価されにくいものですが、私はクルーゾーの『恐怖の報酬』よりもフリードキンの『SORCERER』を選びます。フリードキン自ら監修した4Kデジタル・リマスター版で、是非ともこの傑作を堪能して戴きたい。
押井守(映画監督)

完全版はさらに非情!殺伐!絶望!悪党どもの『オズの魔法使い』!黄色いレンガ道は地獄の吊り橋だ!
町山智浩(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph 恐怖の報酬【オリジナル完全版】
原題:SORCERER(魔術師)

今秋11月24日(土) シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー
URL: SORCERER2018.com


***********************************

出演:ロイ・シャイダー、ブルーノ・クレメル、フランシスコ・ラバル、アミドゥ
監督・製作:ウィリアム・フリードキン
脚本:ウォロン・グリーン
原作:ジョルジュ・アルノー
音楽:タンジェリン・ドリーム
【1977年|アメリカ映画|カラー|ヴィスタサイズ|5.1ch|DCP|上映時間:121分】
提供:キングレコード
配給:コピアポア・フィルム
© MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.


南沙良&蒔田彩珠ダブル主演『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』押井守、朝井リョウ、安達祐実ら絶賛コメント!


映画情報どっとこむ ralph 7月14日(土)より、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

原作は「惡の華」「血の轍」などで人気を博す漫画家・押見修造の同名作。
主演を務めるのは共に15歳の実力派女優。志乃を演じるのは、現役モデルにして『幼な子われらに生まれ』に出演、
女優としても注目を集める新星、南沙良。加代役を『三度目の殺人』やドラマ「anone」などでの高い演技力が記憶に新しい、蒔田彩珠が熱演する。

誰もが経験してきた思春期の痛み、誰もがもつコンプレックス、それらを抱えてもがきながらも前を向く主人公たちの
心の葛藤を丁寧に描き出した本作に、各界から「絶対に見逃して欲しくない映画!」「見れば世界ががらりと変わる!」と、映画監督、俳優、作家たちがこぞって絶賛!熱いコメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 鎌田實さん(医師・作家)

涙が溢れる。圧倒的なラストに心打たれた!生きているから悩みがある。もがく青春。瑞々しい命の叫び。ラスト、涙の感動が待っている。ステキな映画だ。

安達祐実さん(女優)
すごいな。圧倒的なエネルギーが打ちのめしてくる。思春期って息苦しいんだな。頑なな純粋さって、もどかしいんだな。あんなふうにがむしゃらに生きてるんだ、人って。美しいです。尊いです。

三島有紀子さん(映画監督)
涙も鼻水もにらんだ瞳も全部、キラキラしてた。なんともかっこ悪くて、不器用で、不細工で、はがゆいくらいうまくいかない。だからこそ、その先にある”あのシーン”の二人の表情にたどりつくのだ。これこそ、ほんとの青春キラキラ映画だと私は思う。南沙良と蒔田彩珠を力いっぱい抱きしめたくなった。自分もまた、青春映画を撮りたいな。

押井守さん(映画監督)
観ればがらりと世界が変わる。これからを生きるすべての人に観て欲しい!吃驚するほどの直球です。変化球を投げ続けてきた私には投げられませんがこれから人生を踏み出す人たちにしっかりと打ち返して欲しい映画です。

朝井リョウさん(小説家)
情けない姿をさらけ出そう。まっすぐ受け止めてくれた人を信じよう。それだけで世界はがらりと変わる。殻にこもっていた高校生の頃の自分に観せたい。――こだまさん(作家/「夫のちんぽが入らない」「ここは、おしまいの地」)独りでも、誰かといても、思いを伝えられても共に何かをやり遂げても、自分を象るのは自分。甘えを許さない脚本だからこそ輝く少年少女の一秒ずつが、見知った光でなくとも照らされる未来があることを教えてくれる。

浜野謙太さん(ミュージシャン・俳優/Instagramより)
苦悩、葛藤…体当たりの演技に、あの頃の必死だった自分を思い出す。とにかく、若いメイン3人の必死なぶつかり合いに釘付け。そういや苦しくて恥ずかしくて恐ろしくて、でも必死だったよなと。間に散りばめられてる、のどかで美しい海の風景とのコントラストがまた…。

荻上チキさん(評論家・ラジオパーソナリティ)
僕たちが憎んでやまなかった「学校のすべて」が濃縮されている。嘲笑と自己嫌悪が渦巻く青春時代に、少女たちは叫ぶ。魔法が使えなくても、呪いをはねのけるために。

栗原類さん(モデル・俳優)
誰にも言えない、言っても理解されないコンプレクスを持つ事は誰にだってある。だからこそ、志乃が抱く、悲しさや苦痛ではない“くやしい”という感情は、誰もが理解し共感できるのではないだろうか。

映画情報どっとこむ ralph 映画好きが「この映画に出会って欲しい」と感じる新たなる青春映画の傑作。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

公開は7月14日㈯より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。


http://www.bitters.co.jp/shinochan/

物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は、喋ろうとするたび言葉に詰まり、名前すら上手く言うことが出来ずに笑い者になってしまう。
ひとり過ごすなか、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。
ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。
文化祭に向けて不器用なふたりの猛練習が始まった。コンプレックスから目を背け、人との関わりを避けてきた志乃と加代。
自分の殻を破るため、互いに手を取り小さな一歩を踏み出すが――。

***********************************


出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫
監督:湯浅弘章  原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版
©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


『バイオハザード:ヴェンデッタ』辻本貴則監督&押井守トークショー上映決定!


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラーゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』が全国で大ヒット上映中です。

公開前に映画PRで対談が実現してましたが、この度、大ヒットを記念しまして、辻本貴則監督が普段から〝師〟と仰いでいる押井守氏( 『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』 )をゲストに迎え、上映終了後にトークショーを急きょ開催する運びとなりました。

遠慮なく言える師弟関係だからこそのトークが聞けるチャンスが到来!!かつ上映後のトークショーなので、ネタバレありのここでしか聞けない話を語っていただく予定だそうです!

映画情報どっとこむ ralph 『バイオハザード:ヴェンデッタ』大ヒット御礼!
辻本貴則監督&押井守氏によるスペシャル・トークショー付き上映

実施日:6月13日(火)
場所: 新宿ピカデリー (新宿区新宿3-15-15)
実施時間:19:30回上映終了後
登壇予定:
辻本貴則(『バイオハザード:ヴェンデッタ』 監督)
押井守(『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』)
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。
※チケット発売、上映時間などに関する詳しい情報は劇場HPをご確認ください。
新宿ピカデリー 劇場公式HP:こちら  
***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.


『バイオハザード:ヴェンデッタ』押井守、津田健次郎らコメント到着


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計販売本数7,700万本を超えるサバイバルホラー・アクションゲームの代名詞『バイオハザード』シリーズ。
そのフルCG長編アニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』が5月27日(土)より公開いたします。



公開に先駆けましてマスコミ試写等で見ていただきました、各界の著名人よりコメントが到着しました!!

また、『バイオハザード:ヴェンデッタ』オフィシャルツイッター(@bio_vendetta)をフォローしキャンペーンツイートをRT(リツイート)すると、RT(リツイート)を行ったアカウントの方の中から抽選で映画オリジナルグッズが当たるRT(リツイート)キャンペーンを開催いたします。

映画情報どっとこむ ralph 到着コメント(順不同)

押井守(映画監督)
いまどき珍しい正統派バディ・ムービー。
男くさいクリスと悩めるレオンがタッグを組んで可憐なレベッカも健在です。
アクションとドラマにホラーも復活して欲張りだけど、ちゃんと火は通してます。劇場でもう一回見ようかな、と。


押切蓮介(漫画家)
呪怨もある!ガンカタもある!
この作品がバイオの中で一番好きかもしれません。勿論見終わった後はゲームの『バイオ』もやりたくなりました。これを書き終わったら間髪入れずにやるつもりです。


伊藤美和(『ゾンビ論』『ゾンビ映画大辞典』著者)
ゲームと映画、ホラーとアクションの美味しいとこ取り!個人的にはとても新鮮な映像体験でした。


津田健次郎(声優)
バイオハザードシリーズの世界観に、CG技術を存分に活かしたアクション。
とてもエンターテイメントしてました!


大河元気(声優)
これこそ待ち望んでいたバイオ映画!!このクリスが!このレオンが観たかった!!

映画情報どっとこむ ralph ★『バイオハザード:ヴェンデッタ』 RT(リツイート)キャンペーン概要★

【開催期間】5/19(金)17:00~5/31(水)<23:59まで>
【参加方法】オフィシャルツイッターをフォローの上、オフィシャルツイッターより発信されるキャンペーンツイートをRTで応募完了。
※ツイートをRT(リツイート)頂くだけで特に応募の手続きは発生しません。

【賞品】
A.マスコミプレスシート&ポスターセット 5名様
〝清水崇エグゼクティブ・プロデューサー〟&〝辻本貴則監督〟直筆サイン入り
マスコミプレスシート(A4サイズ・非売品)と劇場メインビジュアルポスター(B1サイズ・非売品)をセットで!
※画像はイメージです。※画像のプレスシートにサインを入れたものになります。

B.ノベライズ本 10名様
本作で脚本も務める、〝深見真〟氏によるノベライズ本を〝深見真〟氏の直筆サイン入りで!
※画像はイメージです。※画像のノベライズ本にサインを入れたものになります。
「バイオハザード ヴェンデッタ (深見真 著・角川ホラー文庫 刊)」
定価 605円(本体560円+税)発売日:2017年05月25日


【注意事項】
※当選者には後日、商品のお送り先について公式アカウントからDMにてご連絡があります。
※ご当選者へのご連絡及び商品の発送については6月中を予定しています。
※本キャンペーンの実施に関する問い合わせに関しては一切お答えできませんのであらかじめご了承ください。
※本キャンペーンは諸般の事情により期間内に早期終了の場合がございます。あらかじめご了承ください。
※商品の選択はできませんので、予めご了承くださいませ。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
製作:マーザ・アニメーションプラネット
配給:KADOKAWA
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

    


映画『ザ・ウォーク』に松江哲明監督、押井守監督らからコメント


いよいよ1月23日(土)より日本公開となります映画『ザ・ウォーク』。

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411mの道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に、ある一人の男が挑んだー。

前人未到の夢の実現のためフランスからニューヨークに渡った名もなき男フィリップ・プティ。巨匠、ロバート・ゼメキス監督が圧倒的3Dで描く、感動の実話です。
ロバート・ゼメキス監督
―手に汗握りながら号泣という初体験―

巨匠ロバート・ゼメキス監督が、自身の集大成として挑んだ本作に対し、一足先に本作をご覧になった著名人の方々より、熱いコメントが続々と到着しています!

今回、松江哲明さん(ドキュメンタリー監督)、トラン・アン・ユンさん(映画監督)、大根仁さん(映像ディレクター)、小島秀夫さん(ゲームデザイナー)、押井守さん(映画監督)をご紹介!

『ザ・ウォーク』監督コメント(順不同・敬称略)

3Dの開拓者であり、常軌を逸した人間を描き続けるゼメキス監督の到達点には、手に汗握りながら号泣という初体験が待っていた。
-松江哲明(ドキュメンタリー監督)

「ザ・ウォーク」はゼメキス監督による愛、友情、忍耐、そして夢の実現を物語ったすばらしい映画。アメリカ映画の伝統そのものであり、希望と情熱と感動に満ちた作品になっている。
―トラン・アン・ユン(映画監督)

世界一の映像マエストロにして、常に新しい映像表現にチャレンジし続けるゼメキス監督が、また新たな大傑作を作った!圧倒的エンタテイメント映画でありながら、今は亡きニューヨークのツインタワーを綱渡りする男を題材に選んだゼメキス監督に感服。現代に生きる我々もまた、行くか戻るかの綱渡りをしているのだ。絶対に劇場で観るべき、いや、劇場で観なければ意味がない!!
-大根仁(映像ディレクター)

昨今はCGを使ったVFX映画を軽視する風潮があるが、この高所歩行(ザ・ウォーク)を体験すれば、それらの認識が早すぎた批評だったと気づくはず。ゼメキスがCG映画を作り続けていたのも、これまでの3DCG技術の進化も、全ては本作へと繋がる「歩み(ザ・ウォーク)」だったのだと。
-小島秀夫(ゲームデザイナー)

高所恐怖症なのでこの映画だけは見られない。
-押井守(映画監督)

THEWALK_3
その道のプロフェッショナルである方々が、胸を熱くした本作。
「手に汗握りながら号泣」というその結末を、是非劇場でお確かめください!

ザ・ウォーク
TheWalk_sub1
1月23日(土)全国ロードショー。上映も!

公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/

********************************************************************

TheWalk_新ポスター
原題:The Walk
月面を歩いた人間は12人―。
しかし、ワールド・トレード・センターの間を歩いた人間は1人しかいない。永遠に―

原作:「TO REACH THE CLOUDS」 
by フィリップ・プティ

監督:ロバート・ゼメキス

出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、
シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメントをいただいた監督さんたちの作品!ア~この人。押井監督はあえて実写を紹介