「戸松遥」タグアーカイブ

松岡禎丞、戸松遥登壇!『劇場版 ソードアート・オンライン -OS- 』完成披露舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 2月18日(土)から全国公開の『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』。

この度、本作の完成を記念し新宿バルト9にて、松岡禎丞さん(キリト役)、戸松遥さん(アスナ役)、伊藤智彦監督登壇の舞台挨拶付き完成披露試写会が行われました。

今回、初の劇場映画化を果たした本作が完成した今の感想や、原作小説から続く『ソードアート・オンライン』シリーズの魅力、劇場版の見どころなどを余すところなく語り尽くしました!

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』完成披露試写会
日程:1月30日(月)
場所:新宿バルト9 
登壇:松岡禎丞(キリト役)、戸松遥(アスナ役)、伊藤智彦 監督
MC:吉田尚記(ニッポン放送)

映画情報どっとこむ ralph 大きな歓声に迎えられ登場した松岡禎丞さん、戸松遥さん、伊藤智彦監督。本作が完成した今の心境を聞かれ

松岡さん:この『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は『ソードアート・オンライン』の集大成と言っても過言ではない作品です。皆さんの心に突き刺さってもらえると嬉しいです。

戸松さん:今回の『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は原作者の川原礫先生によるオリジナルストーリーで、台本をもらった時からどんな話なのか気になってワクワクしていました。実際に観てみると、もの凄い展開が待っていますので、皆さんにも楽しんで頂きたいです。


今回、ソニーがデザインした《オーグマー》について

伊藤監督:最近はスマートフォンでのARゲームが話題ですが、それを実際に目の前で見ることの出来るデバイスで、ソニーのデザインチームの方々が総力を挙げて作ってくださいました。とても洗練されていて、近い未来に本当にこういったものが作られるんじゃないかと期待しています!

松岡さん:時代が『ソードアート・オンライン』に追いついてきたと感じますね!

締めの一言挨拶

戸松さん:この作品の魅力はこういう世界が現実にくるかもしれないというワクワク感が詰まっているところです。
これまでのVRとはまた一味違うARの世界観や、様々な人間関係など、見どころがたくさんある作品なので、楽しんで頂けると思います!

松岡さん:この『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』という作品は、本当に『ソードアート・オンライン』の集大成と言える作品です!アフレコから3ヶ月ほど経った今も余韻が残っていて、こんなに動くのかというくらい、丁寧に描かれています。作画の方々も「寝るよりも描きたい」というほど熱量を込められた作品ですので、どうぞお楽しみください!

伊藤監督:ようやくこの瞬間を迎えられるのだという気持ちでいっぱいです!約2時間、エンドロールの最後の最後まで、しっかりとお楽しみください!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫?? その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

***********************************

[STAFF]
原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)/原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:伊藤智彦 /脚本:川原 礫・伊藤智彦/キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾/モンスターデザイン:柳 隆太/プロップデザイン:西口智也/UIデザイン:ワツジサトシ/美術監督:長島孝幸/美術監修:竹田悠介/美術設定:塩澤良憲/色彩設計:橋本 賢/コンセプトアート:堀 壮太郎/撮影監督:脇 顯太?/CG監督:雲藤隆太/編集:西山 茂/音響監督:岩浪美和/音楽:梶浦由記 
制作:A-1 Pictures 配給:アニプレックス 製作:SAO MOVIE Project

[CAST]
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞/アスナ(結城明日奈):戸松遥/ユイ:伊藤かな恵/
リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈/シリカ(綾野珪子):日高里菜/リズベット(篠崎里香):高垣彩陽/
シノン(朝田詩乃):沢城みゆき/クライン(壷井遼太郎):平田広明/
エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴/茅場晶彦:山寺宏一
ユナ:神田沙也加/エイジ:井上芳雄/重村:鹿賀丈史

[主題歌]
LiSA 「Catch the Moment」


『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』ローソンとタイアップ決定!


映画情報どっとこむ ralph 2017年2月18日(土)、川原礫氏の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の全国ロードショー。

あと一か月・・・待ち遠しいあなたに!

この度、本作の公開を記念して、大手コンビニチェーン店のローソンとのタイアップキャンペーンを実施することが決定致しました。本キャンペーンでは、対象商品をお買い上げ頂くと先着・数量限定でオリジナルグッズがもらえる企画や、ローソン限定描き下ろしイラストを使用したオリジナル商品を発売致します。ここでしか手に入らない、限定商品の数々はファン必携のアイテムです!

映画情報どっとこむ ralph ★数量限定 ローソン限定オリジナル商品
ローソン限定で『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』オリジナル商品を、数量限定で発売。
販売期間: 2017年1月24日(火)~商品がなくなり次第終了
※一部お取り扱いのない店舗がございます。

■劇場版 ソードアート・オンライン チケットクリアファイル(全5種)
本体価格 各350円(税込 各378円)
※商品がなくなり次第終了

★数量限定 ローソン限定オリジナル菓子
ローソン限定『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』オリジナル菓子を、数量限定で発売致します。
販売期間: 2017年2月21日(火)~商品がなくなり次第終了
※一部お取り扱いのない店舗がございます。

■劇場版 ソードアート・オンライン ポスターガム
本体価格 278円 (税込300円)
※1箱にミニポスター1枚とガムが入ったオリジナルセット商品です。

映画情報どっとこむ ralph ★先着・数量限定でもらえる!プロダクトコード付きクリアブックカバー(全5種)

キャンペーン期間中に対象商品のドリンク剤を1本購入すると、先着・数量限定で「プロダクトコード付きクリアブックカバー(全5種)」1枚をプレゼント致します。

また、PlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』のゲーム内で使える衣装(ナイトウェア ローソン限定Ver.)を先着・数量限定でプレゼント。

キャンペーン期間:
2017年2月28日(火)AM7:00~3月13日(月)

※または景品がなくなり次第終了
※ゲーム内で使える衣装(ナイトウェア ローソン限定Ver.)は、PlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』のゲーム内でのみご使用いただけます。
※プロダクトコードの有効期間は2017年2月28日(火)から2018年2月28日(水)までとなります。

■プロダクトコード付きクリアブックカバー(全5種×各3枚 各店合計15枚)
サイズ:(約)381mm×152mm

■PlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフト
『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
ゲーム内で使える衣装(ナイトウェア ローソン限定Ver.)

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』

原作者 川原礫先生書き下ろしの完全新作オリジナルストーリーは!

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫?? その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。

アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。
***********************************

STAFF
原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)/原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:伊藤智彦 /脚本:川原 礫・伊藤智彦/キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾/モンスターデザイン:柳 隆太/プロップデザイン:西口智也/UIデザイン:ワツジサトシ/美術監督:長島孝幸/美術監修:竹田悠介/美術設定:塩澤良憲/色彩設計:橋本 賢/コンセプトアート:堀 壮太郎/撮影監督:脇 顯太?/CG監督:雲藤隆太/編集:西山 茂/音響監督:岩浪美和/音楽:梶浦由記
制作:A-1 Pictures 配給:アニプレックス 製作:SAO MOVIE Project

CAST
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞/アスナ(結城明日奈):戸松遥/ユイ:伊藤かな恵/リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈/シリカ(綾野珪子):日高里菜/リズベット(篠崎里香):高垣彩陽/シノン(朝田詩乃):沢城みゆき/クライン(壷井遼太郎):平田広明/エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴/茅場晶彦:山寺宏一/ユナ:神田沙也加/エイジ:井上芳雄/重村:鹿賀丈史

[主題歌]
LiSA 「Catch the Moment」
©2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


劇場版 ソードアート・オンラインメインビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2017年2月18日(土)、川原礫先生の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の全国ロードショーが決定。世界中のファンがその日を待ち望んでいます。

そのメインビジュアルが解禁!
大きく描かれたアスナと、キリトの前を見据えた表情は、キリトにとってのアスナという存在の大きさを表した非常に印象的なビジュアルとなりました。

映画情報どっとこむ ralph さらに本作の第3弾特典付き全国共通前売券のビジュアルと特典イラスト詳細も解禁!こちらの前売券は1月21日(土)より発売開始となります。

第3弾特典付き全国共通前売券
1月21日(土)発売
価格:1,500円(税込)
特典:B3ポスター 2枚セット
→メインビジュアルポスター+キャラクターポスター(全3種)
※当日一般 1,800円の処。
※特典は数に限りがございます。なくなり次第前売券のみの販売となります。
※全3種類のうち、いずれかをお渡し致します。中身をお選び頂くことは出来ません。

前売券情報はこちら!

映画情報どっとこむ ralph 原作者 川原礫書き下ろし完全新作オリジナルストーリーで映画化!

<ストーリー>
2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫?? その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。

アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

オーディナル・スケールとは
≪オーグマー≫専用ARMMO RPG。
最新技術を用いた次世代的ゲームとして話題となり、発売と同時に世間を席巻した。現実世界をフィールドとして、各所に出現するアイテムの蒐集、モンスター討伐などを経てプレイヤーの≪ランク≫を上げていく。≪オーディナル・スケール(OS))の特徴はこの≪ランキング・システム)で、全てのプレイヤーのステータスは、基数(カーディナル数)ではなく序数(オーディナル数)であるランクナンバーによって決定される。ゆえに、ランク上位のプレイヤーには圧倒的な力が与えられ、ソロのPvPにおいては、ランクの順位が勝敗の大きな要因となる。

AR(拡張現実)型情報端末《オーグマー(Augma)》とは
小型のヘッドホンのような外見の次世代ウェアラブル・マルチデバイス。そのコンパクト性はVRマシン≪アミュスフィア≫をはるかに凌駕する。フルダイブ機能の代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた。覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込むことが可能で、フィットネスや健康管理をゲーム感覚で楽しんでいるユーザーも増えている。

***********************************

STAFF
原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)/原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:伊藤智彦 /脚本:川原 礫・伊藤智彦/キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾/モンスターデザイン:柳 隆太/プロップデザイン:西口智也/UIデザイン:ワツジサトシ/美術監督:長島孝幸/美術監修:竹田悠介/美術設定:塩澤良憲/色彩設計:橋本 賢/コンセプトアート:堀 壮太郎/撮影監督:脇 顯太?/CG監督:雲藤隆太/編集:西山 茂/音響監督:岩浪美和/音楽:梶浦由記
制作:A-1 Pictures 配給:アニプレックス 製作:SAO MOVIE Project

CAST
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞/アスナ(結城明日奈):戸松遥/ユイ:伊藤かな恵/リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈/シリカ(綾野珪子):日高里菜/リズベット(篠崎里香):高垣彩陽/シノン(朝田詩乃):沢城みゆき/クライン(壷井遼太郎):平田広明/エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴/茅場晶彦:山寺宏一/ユナ:神田沙也加/エイジ:井上芳雄/重村:鹿賀丈史

[主題歌]
LiSA 「Catch the Moment」

©2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』公式アプリ配信開始!


映画情報どっとこむ mari 第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説が原作となる、謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いたシリーズ。
2017年2月18日(土)、川原礫氏の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の全国ロードショーが決定。

世界中のファンがその日を待ち望んでいます。

映画情報どっとこむ mari そして!この度!

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の最新情報や毎日楽しめるコンテンツをお届けする公式アプリが登場!
映画館情報やチケット情報はもちろん、今後のSAOの予定も簡単にチェックできたり、スマートフォンの位置情報を利用して、日本中の特定の場所や、特定のマーカーからAR(拡張現実)を使ってキャラクターやモンスターを手に入れることができます。

さらにそのキャラクターやモンスターはカメラフレームとして使用することも!


劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 公式アプリ(無料アプリ)
「これはアプリ、そう思っていた??」
・映画の最新情報をチェックしよう!
・毎日アプリを使って、カメラフレームやキャラクター壁紙を手に入れよう!
・AR(拡張現実)で、キャラクターやモンスターを集めよう!

アプリ特設ページ

Google Play
App store

映画情報どっとこむ mari ◆ニュース/カレンダーで最新情報を配信!
最新ニュースの配信の他、「上映館情報」や「チケット情報」で映画情報、「カレンダー」では作品の今後の予定をチェックできます。

◆スタンプを貯めて、カメラフレームを手に入れよう!
毎日、最初の起動時にスタンプが1つ貯まります。
スタンプ3つ毎に、カメラフレームを1種プレゼント。
公開されているカメラフレームの中から選べます。
※カメラフレームは不定期で追加されます。

◯スタンプ帳
スタンプを15個集めると、スタンプ帳をコンプリート!特典としてキャラクター壁紙が貰えます。スタンプ帳をコンプリートした翌日には新しいスタンプ帳が選択できます。新しいスタンプ帳のコンプを目指そう!


◆手に入れたカメラフレームを写真を撮影しよう!
カメラフレームを使えば、自分だけのオリジナル写真が撮影できます!
色んな楽しみ方を探してください!カメラフレームは150種類以上あります。


◆もう一つのカメラフレーム手に入れる方法はAR(拡張現実)で!
特定のマーカー(画像)や、場所で「ARチェック」することでキャラクターやモンスターが出現します。
そのまま撮影すれば、そのキャラクターやモンスターのカメラフレームが手に入ります。
※撮影しなければ、カメラフレームは手に入りません。※場所をチェックするため、GPSを有効にしてください。

◯マーカースキャン
特定の画像(マーカー)をスキャンするときに選びます。
正しいマーカーがスキャンできれば、キャラクターやモンスターが出現します。
※不定期で公開されます。※決まった場所でのみ有効になるマーカーもあります。

◯スポットチェック
GPSを使って特定の場所をチェックするときに選びます。スポットは全国1000箇所以上設定されています。皆さんで協力して探してみてください!
※GPSを有効にする必要があります。※歩きながらや、自転車、車などを運転しながらの操作は絶対避けてください。

◯スポットリスト
マーカー情報や、一部のスポット情報を確認できます。

◯たくさん集めて、報酬に応募しよう!
ARで手に入れたキャラクターやモンスターの数に応じて、豪華な報酬に応募できます。応募期間がありますのでご注意下さい。規定数毎に応募ができます。

映画情報どっとこむ mari 『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』

2017年2月18日(土)全国ロードショー 配給:アニプレックス
劇場版公式サイト
公式Twitter

<ストーリー>
2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫?? その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

第3弾特典付き全国共通前売券が来年1月21日(土)より発売!
第3弾特典付き全国共通前売券
1月21日(土)発売
価格:1,500円(税込)
特典:B3ポスター2枚セット
※当日一般 1,800円の処。
※特典は数に限りがございます。なくなり次第前売券のみの販売となります。

***********************************

[CAST]
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞
アスナ(結城明日奈):戸松遥
ユイ:伊藤かな恵
リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈
シリカ(綾野珪子):日高里菜
リズベット(篠崎里香):高垣彩陽
シノン(朝田詩乃):沢城みゆき
クライン(壷井遼太郎):平田広明
エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴
茅場晶彦:山寺宏一
ユナ:神田沙也加
エイジ:井上芳雄
重村:鹿賀丈史

原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:伊藤智彦
脚本:川原 礫・伊藤智彦
キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾
モンスターデザイン:柳 隆太
プロップデザイン:西口智也
UIデザイン:ワツジサトシ
美術監督:長島孝幸
美術監修:竹田悠介
美術設定:塩澤良憲
色彩設計:橋本 賢
コンセプトアート:堀 壮太郎
撮影監督:脇 顯太?
CG監督:雲藤隆太
編集:西山 茂
音響監督:岩浪美和
音楽:梶浦由記
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO MOVIE Project
[主題歌]LiSA 「Catch the Moment」
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project


神田沙也加が劇場版『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』公開アフレコ


映画情報どっとこむ TJ ARの極み!
2017年2月18日(土)、川原礫氏の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の全国ロードショーとなります!

この度、作中で初のAR(拡張現実)アイドルとして人気を博す《歌姫》ユナ役に、神田沙也加さんが出演することが決定。

sao%e7%a5%9e%e7%94%b0%e6%b2%99%e4%b9%9f%e5%8a%a0
2015年には第9回声優アワード主演女優賞を受賞する神田沙也加さんが公開アフレコを実施し、コメントも到着しています!

映画情報どっとこむ TJ さらに他のゲスト声優も解禁!

sao%e4%ba%95%e4%b8%8a%e8%8a%b3%e9%9b%84%e3%83%bb%e9%b9%bf%e8%b3%80%e4%b8%88%e5%8f%b2
謎の青年剣士・エイジ役に井上芳雄さん

《オーグマー》開発者・重村役に鹿賀丈史さん

が参加しています!

映画情報どっとこむ TJ <神田沙也加コメント>
ユナ:劇場版での新キャラクター。作品内では初のAR(拡張現実)アイドルとして人気を博す《歌姫》。今回登場するARゲーム《オーディナル・スケール》の各ステージにて彼女が登場し、遭遇すると特殊な効果を得ることができる。
yuna
Q:ユナというキャラクターについて
私が演じたのはユナというARアイドルの《歌姫》で、劇中で5曲も歌わせて頂きました。小悪魔っぽい可愛らしさもある役柄でキャラクタービジュアルも可愛くて、決まった時はすごく嬉しかったです。

Q:アフレコを終えた感想について
『ソードアート・オンライン』はすごく人気のあるシリーズなので、その中の世界に入れることが嬉しかったです。実際の生活でアイドルになったことがないので、映画の中でアイドルのキャラクターを存分に楽しませて頂きました。今まで『ソードアート・オンライン』を作ってこられた、監督をはじめとするクリエーターの方々やスタッフの皆さんにご意見を頂きながら演じさせて頂きました。

Q:声優業について
声優として全然まだまだなのですが、これだけ人気のある作品にプロフェッショナルの声優さんの中でやらせて頂くということは、ゲストキャラクターであってもきちんとやらないと、と身を引き締めました。
バラエティに富んだ曲を歌わせて頂いたので、映画の中で聞いて頂きたいです。

Q:『ソードアート・オンライン』の魅力について
『ソードアート・オンライン』は仮想現実での冒険と現実世界での実生活の両方が描かれたアニメです。今、ARのゲームが実際にとても流行っているなか、今回のゲームのシステムは本当にそういう時代が来そうな感じのものになっていて、本当にやってみたいなと思いました。

Q:アフレコに挑むにあたって
ユナはARアイドルですが、いろいろな種類の歌を歌ったので、誰か特定の三次元の方を参考にしたということではなく、私が私にしか出来ないユナを追求しました。


映画情報どっとこむ TJ <井上芳雄コメント>
エイジ
劇中で、キリトたちの前に現れる謎の青年剣士。《オーディナル・スケール》内で高いランクを誇っている。
eiji
Q:アフレコを終えての感想
マイクを前に入れ代わり立ち代わり入っていくのが、舞台でのお芝居とはまたひと味違い、驚きの連続でした。アフレコでの演技は秒数で決まっているので、セリフを間違えず言うことと、感情を入れるタイミングを合わせるというのは職人技なんだと、自分で演じてみてそう思いました。監督に演技を相談させていただいたとき「エイジは余裕たっぷりで」と言われたのが印象に残っています。作品の中の1ピースとして、できれば何かいい影響を物語に与えられるような声の演技が出来ればと思いながらお芝居をさせていただきました。

Q:本作の見どころについて
ARやVRといった専門用語があり、最初はとっつきにくい印象を受けますが、本質的には人と人の感情がぶつかることでまた何か生まれて人が変化していく……そんな人間を描いたお話になっています。そこをぜひ観ていただければと思います。エイジはとても人間臭い素敵な人物です。彼の人生、彼の気持ちというのがしっかり画面に出るようにお芝居をさせていただいたので、ぜひ楽しみに劇場にお越しください。お待ちしております。

映画情報どっとこむ TJ <鹿賀丈史コメント>
《オーグマー》の開発者・重村教授
AR(拡張現実)デバイス《オーグマー》の開発者であり、日本における非侵襲式(生体を傷つけない)ブレイン・マシン・インタフェース研究の第一人者。東都工業大学電気電子工学科教授。先鋭的すぎる研究スタイルから、電気生理学界では異端扱いされている。
shigemura
Q:アフレコを終えての感想
専門用語が多かったので、そこはいろいろ勉強させていただきました。やはりセリフで難しい単語などがでてくるときはすごく集中力がいるので、その部分が印象的と言いますか、注目している部分です。

Q:本作の見どころについて
この作品に参加して最新のアニメーションはこんなにすごいのかと驚きました。見どころはお話やキャラクターなど、観る方によって注目される部分があると思いますので、ご覧になったみなさんがそれぞれに感じていただければうれしいです。また『SAO』の新しい一作ができました。おもしろい作品になっていますので、ぜひ期待感を込めて劇場に足を運んでいただけたら思います。


映画情報どっとこむ TJ sao<ストーリー> 
2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫?? その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

<オーディナル・スケールとは>

sao_≪オーグマー≫専用ARMMO RPG。
最新技術を用いた次世代的ゲームとして話題となり、発売と同時に世間を席巻した。現実世界をフィールドとして、各所に出現するアイテムの蒐集、モンスター討伐などを経てプレイヤーの≪ランク≫を上げていく。≪オーディナル・スケール(OS))の特徴はこの≪ランキング・システム)で、全てのプレイヤーのステータスは、基数(カーディナル数)ではなく序数(オーディナル数)であるランクナンバーによって決定される。ゆえに、ランク上位のプレイヤーには圧倒的な力が与えられ、ソロのPvPにおいては、ランクの順位が勝敗の大きな要因となる。

<AR(拡張現実)型情報端末《オーグマー(Augma)》とは>
小型のヘッドホンのような外見の次世代ウェアラブル・マルチデバイス。
そのコンパクト性はVRマシン≪アミュスフィア≫をはるかに凌駕する。
フルダイブ機能の代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた。
覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込むことが可能で、フィットネスや健康管理をゲーム感覚で楽しんでいるユーザーも増えている。


劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-
2017年2月18日(土)全国ロードショー
  
劇場版公式サイト:
http://sao-movie.net/ 

公式Twitter:
@sao_anime

***********************************

キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞/アスナ(結城明日奈):戸松遥/ユイ:伊藤かな恵/
リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈/シリカ(綾野珪子):日高里菜/リズベット(篠崎里香):高垣彩陽/
シノン(朝田詩乃):沢城みゆき/クライン(壷井遼太郎):平田広明/
エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴/茅場晶彦:山寺宏一
ユナ:神田沙也加/エイジ:井上芳雄/重村:鹿賀丈史

[主題歌]
LiSA 「Catch the Moment」

原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)/原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:伊藤智彦 /脚本:川原 礫・伊藤智彦/キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾/モンスターデザイン:柳 隆太/プロップデザイン:西口智也/UIデザイン:ワツジサトシ/美術監督:長島孝幸/美術監修:竹田悠介/美術設定:塩澤良憲/色彩設計:橋本 賢/コンセプトアート:堀 壮太郎/撮影監督:脇 顯太?/CG監督:雲藤隆太/編集:西山 茂/音響監督:岩浪美和/音楽:梶浦由記 
制作:A-1 Pictures 配給:アニプレックス 製作:SAO MOVIE Project
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project