「戸塚純貴」タグアーカイブ

真野恵里菜 主演映画「青の帰り道」ドイツ:第18回「ニッポン・コネクション」出品へ!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月29日から6月3日までドイツのヘッセン州フランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に、真野恵里菜主演映画「青の帰り道」(洋題:We are)が出展することが決定しました。


ニッポン・コネクションでは、藤井道人監督と出演者を代表して横浜流星がワールドプレミアで舞台挨拶をおこないます。

「ニッポン・コネクション」は世界最大の日本映画専門の映画祭で、18回目の開催を迎える今年は「ニッポン・シネマ」、「ニッポン・ヴィジョンズ」、「ニッポン・アニメーション」、「ニッポン・レトロ」、「ニッポン・キッズ」、「ニッポン・カルチャー」の6部門、合わせて100本以上の長編短編映画が上映される予定。同映画祭は上記の映画部門の他にも、日本文化を紹介するワークショップ、コンサート、パフォーマンスやアート展示など多彩な文化プログラムが展開されることから、ヘッセン州の最も大規模で重要な文化イベントの1つと言われています。

映画情報どっとこむ ralph 映画「青の帰り道」(洋題:We are)は、群馬県前橋市と東京を舞台にした7人の若者達の青春ドラマで、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいくストーリーです。

主人公のカナを演じるのは、映画「坂道のアポロン」「不能犯」「君と100回目の恋」への出演の他にドラマ、CMなどマルチな活躍が著しい真野恵里菜さん。

舞台「新世界ロマンスオーケストラ」や劇団新感線「修羅天魔~髑髏城の七人season極」など大型舞台へも出演し多方面にて活躍中の清水くるみさん、映画「兄友」「虹色デイズ」「愛唄」と主演作が控えている横浜流星さんなど、脇を固める若手俳優陣の演技も注目の作品です。

映画情報どっとこむ ralph この度の「ニッポン・コネクション」への出展に伴い、本作でメガホンをとった藤井道人監督はじめ、主要キャスト7名のコメントも到着しました。


藤井道人監督コメント
この映画を完成させるための、想いや、苦労、喜び、その全てを吸い込んで「青の帰り道」は完成しました。時代が変わっても、変わらないでほしいことがある人たちの話を描きました。それはタラレバでしかないかもしれないけれど、そう強く願う気持ちを純粋に描くことでしか信じられない世界があると僕は思います。この作品が完成するまでの長い道のりを応援してくださったすべての方々に感謝しております。

真野恵里菜さんからのコメント
作品の完成がとても嬉しく、皆さんに観ていただけることが何よりも幸せに感じられる作品になりました。この作品に携わってくださった全ての方にとても感謝しています。
学生時代一緒にいた7人には、それぞれの道・幸せ・困難があるのですが、その中で夢を追うこと、仕事をすること、家族を想う気持ち、仲間の存在、懸命に生きようとする姿に「何か」を感じていただきたいです。

清水くるみさんからコメント
今まで色々な作品に出会ってきましたが、年月が経てば忘れ去られてしまう作品もあります。この「青の帰り道」は、1人でも多くの人の心の中に残ってほしいと思う作品です。ストーリーにも演じた役にも自分と重なる部分がたくさんあり運命を感じた作品でした。
映画祭も決まり、これから色々な方のもとにこの作品が届くのかなと思うと非常に楽しみです!

横浜流星さんからコメント
監督、キャスト、スタッフ一丸となって創った、自分にとって忘れられない大切な作品です。今回「ニッポン・コネクション」への出展が決まり、とても嬉しいです。お邪魔させて頂くことになったので、1人でも多くの方にこの作品が届く様、携わって下さった方々の思いを胸に責任を持って届けたいと思います。

森永悠希さんからコメント
本当に沢山の方の助力や、並々ならぬ熱意、愛情で出来上がったこの作品を、日本だけでなく、日本以外の方々に見て頂けることが、嬉しいです。国を越えてこの作品を見た方々がどう思い、どう感じとってくれるのか…今からとても楽しみです。

戸塚純貴さんからコメント
「青の帰り道」がこういった形で日本のみならず世界の方々に届くこと、大変光栄に思います!この作品がドイツでの上映で観て下さる方々がどういった反応するのかとても興味深いです。これからも沢山の輪が広がることを心から願っています。

秋月三佳さんからコメント
今年、ドイツのニッポン・コネクションで『青の帰り道』が上映されるという、この幸せな、少し衝撃的な機会に感謝しています。ドイツの人がどう思うのかすごく興味があります。この映画は、私が今置かれている”現実”とは何なのかを見つけている時に、答えを教えてくれました。今を生きる人、未来を生きていく人の心に、深く残る作品だと思います。‬

冨田佳輔さんからコメント
今回ニッポン・コネクションに出品される事を聞き、こんなにも早く皆さんに観て頂けるのか。と思うと同時に、やっと観て頂けるのかと思ってしまうほどこの映画の上映を心待ちにしていました。それもドイツで日本の方のみならず海外の方々にも観て頂けることがとても嬉しいです。
あの夏の僕らの想いを少しでも、心で感じてもらえる事を楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 真野恵里菜 主演映画『青の帰り道

公式サイト:
aono-kaerimichi.com

***********************************


出演:真野恵里菜
清水くるみ/横浜流星/森永悠希/戸塚純貴/秋月三佳/冨田佳輔
工藤夕貴/平田満

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人
アベラヒデノブ
製作プロダクション:and pictures
製作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」制作委員会
© 2018 Nippon Connection


イケメンバスケチーム完成『走れ!T校バスケット部』追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が今年秋に公開。

古澤健監督がメガホンを取り、弱小バスケットチームの成長を通し17歳の高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描きます。

主演は、そのルックスを活かし、世の女性を悶えさせる甘い役柄から、チャラいホスト、謎の用心棒、トランスジェンダーの主人公と幅広い役柄を演じ、アクションもできる演技派として注目を集めるし志尊淳。
そんな志尊演じるたどころ田所陽一と同じチームの仲間であり、恋のライバルにもなるキャプテン・矢嶋俊介に、佐野勇斗。
映画情報どっとこむ ralph この度、そんな本作に、魅力的なキャストが追加発表されました!

T校バスケット部のマネージャーであり、陽一(志尊)・俊介(佐野)と三角関係となる佐藤浩子役には、早見あかり。

チームのムードメーカー的存在で寿司屋の息子・川崎裕太(ガリ)役に、AmazonプライムのCMで、おばあちゃんをバイクの後ろに乗せ、ひまわり畑を走る孫役で世間を感動させ、戸塚純貴。

女子大好きのチャラ男だけど、身体能力はバツグンの牧園浩司(ゾノ)役に、劇団EXILEのメンバー佐藤寛太。

そして、陸上部と掛け持ちしつつも、持ち前の俊足でチームを引っ張る川久保透役には鈴木勝大。

その他、後輩・根来修(コロ)役に西銘駿、陽一がチームにスカウトする201㎝の長身を持ちながらもビビりな斎藤健太役にお笑い芸人の阿見201と個性豊かなイケメンバスケットチームが完成しました!

映画情報どっとこむ ralph さらに、そんなチームをやさしく励ますがバスケットの知識はまったくない顧問・小山先生にYOU。陽一を心配しつつも温かく見守る父親・正道に椎名桔平。他界した陽一の母親・かよ佳代に真飛聖。合宿先の怪しい管理人役に、青春映画のキーパーソンとしてかかせない竹中直人とフレッシュからベテランまでバラエティ豊かな役者陣が揃いました。


弱小バスケットチームが仲間と周りの大人達に支えられ、笑い合い、ぶつかり合いながらも強豪校に挑みます!撮影前には元日本代表の半田圭史氏からバスケットの猛特訓を受け、技術を習得。

練習~撮影を通しチームワークも抜群となった若手キャスト陣が体当たりで挑んだ、最高の青春映画

『走れ!T校バスケット部』

2018年秋全国ロードショー!

物語・・・
中学時代、バスケットボール部キャプテンであった田所陽一(志尊淳)は、強豪私立である白瑞(はくすい)高校に入学するが、部内で激しいイジメにあい、自主退学する。「二度とバスケはしない」と誓い、通称T校と呼ばれる多田野(ただの)高校に編入した陽一だが、連戦連敗の弱小バスケ部から勝負を挑まれ、そのまま入部することに。そこで陽一は、キャプテンの矢島俊介(佐野勇斗)をはじめ、個性的なチームメイトと出会い、仲間とのバスケの楽しさを思い出していく―。そして迎えたウィンターカップ。因縁のライバル・白瑞を相手に、弱小バスケ部は勝利を手にすることが出来るのか!?

***********************************

作品概要■撮影期間:2017年9月~11月
配給:東映㈱ 
企画製作幹事:テレビ朝日
原作「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)
(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会


戸塚純貴 映画『ケアニン』、中国・ドイツでも上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 第 4 回シルクロード国際映画祭、 第 12 回デュッセルドルフ日本映画週間に選出

映画『ケアニン』製作委員会は、新人介護福祉士の成長を描いた映画『ケアニン~あなたでよかった~』が、2017年11月28日から中国・福州(福建省)で開催されている第4回シルクロード国際映画祭の日本映画週間、及び 2018年1月12日からドイツ・デュッセルドルフで開催される第12回デュッセルドルフ日本映画週間での上映作品に選出されました。また、デュッセルドルフ日本映画週間ではオープニング作品として上映されます。

映画『ケアニン~あなたでよかった~』は、2017 年 6 月に劇場公開。先進的な取り組みで注目を集めている神奈川県藤沢市の施設「おたがいさん(株式会社あおいけあ)」をはじめ、複数の介護業界団体への取材を元に作り上げたオリジナルストーリーが「介護の本質を前向きに描いている」と話題になり、2017 年 10 月から始まった自主上映会は既に全国 150ヵ所以上での開催が決まっています。そんな中、評判は国内に留まらず、日本と同様に高齢化が深刻な問題となっている中国やドイツでも注目を呼び、上映が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 出演者・スタッフからのコメント

主演:戸塚純貴
中国、ドイツと名誉ある映画祭への参加をとても光栄に思います。この映画で国を超え、形を変え、拭えない高齢化の深
刻な問題とその向き合い方を考えるきっかけになれたら幸いです。
全ての心優しき「ケアニン」へ…

監督:鈴木浩介
この映画のお話をいただいて直ぐにモデルとなった介護施設を見学した時、職員さんと利用者さんの笑顔がとても素敵で
した。そしてその施設のご近所さんも一緒になって人生の先輩たちを見守る。これこそ世界モデルとなって世界中が笑顔
であふれることでしょう。本作もその空気感を少しでも感じてもらえれば幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ケアニン~あなたでよかった~

全国順次公開中!!

公式HP:
http://www.care-movie.com

物語・・・
大森圭(男性・21)は新人の介護福祉士。高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、漠然とした理由で介護
の専門学校へ入学。
卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模介護施設。
認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、悩む日々が続くなか、圭が初めてメインで担当をすることに
なったのは、認知症の星川敬子 79 歳。
試行錯誤しながらも、先輩スタッフたちの協力もあり、少しずつ敬子との関係性を深めていく。「なんとなく」で始めた介
護の仕事に、いつしか本気で向き合うようになっていく圭だったが…。

***********************************


キャスト: 戸塚純貴、松本若菜、山崎一、水野久美、藤原令子、菜葉菜、小市慢太郎
監督 : 鈴木浩介
初公開日: 2017 年 6 月 17 日
上映時間: 105 分
制作国 : 日本
©映画『ケアニン』製作委員会
     


戸塚純貴 誕生日!!『ケアニン~あなたでよかった~』東京舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画「ケアニン~あなたでよかった~」の東京での公開記念舞台挨拶が丸の内TOEIで行われ、主演の戸塚純貴をはじめ共演の水野久美、松本若菜、山崎一、鈴木浩介監督、本作の監修を務めた加藤忠相、主題歌を担当した香川裕光が舞台挨拶に登壇した。


映画『ケアニン~あなたでよかった~』東京舞台挨拶
日時:7月22日(土)
場所:丸の内TOEI
登壇:戸塚純貴、水野久美、松本若菜、山崎一、香川裕光(主題歌)加藤忠相(映画監修)、鈴木浩介監督

映画情報どっとこむ ralph 主人公の新人介護福祉士・大森圭を演じて

戸塚さん:介護というものに対して前向きなイメージがあまりなかった、仕事が忙しいから人に預けちゃう、色々な家庭の事情とか窮屈なイメージがあった。

と率直に介護へのイメージを語った。続けて、
戸塚さん:ですが撮影を通して、実際に加藤さんが藤沢で運営している小規模介護施設『あおいけあ』さんに伺ったところ、普段と変わらない生活をしているおじいちゃんやおばあちゃんがいて、介護のイメージが前向きなイメージにガラリと変わりました。

と自身の作品を通しての心境の変化を語った。


認知症という難しい役どころを演じた水野さん。感想を聞くと、

水野さん:何も考えないでやりました!たまたま自身の年齢と演じた星川敬子の年齢が同じで、もし本当に自分が認知症になればどんな風になるのかな?と不思議な感覚で演じました。

と撮影を振り返りました。さらに

水野さん:皆様がこの映画をご覧になって心に残る大切な何かを感じて頂きたかったので、一生懸命演じました。もし、認知症になっても頑張りましょう!、とっても素敵ですよ!

と会場の笑いを誘いながらも作品への熱い思いを語った。

圭の先輩介護福祉士を演じて

松本さん:最初に台本を読んだ時、両親のことが思い浮かび涙が止まらなくなった。この作品は介護する側の人を演じるために松本若菜の部分を押し殺して望みました。

と役作りにおける葛藤を語った。また敬子の息子役を演じた山崎さんは

山﨑さん:親子のシーンの台本を読んだだけで、泣けて泣けて、自分は全国の息子の代表としてこの役を演じようと決意した。

と役作りを振り返った。

映画情報どっとこむ ralph また、監修を務めて

加藤さん:この映画は介護の作品という特別なものではなく、自分の映画として持ち帰ってほしい。介護の仕事と聞くと専門職であり、ものすごく難しい仕事という認識になりがちだが、実際の目の前のじいちゃん、ばあちゃんにとっては仕事ではなく生活。その生活をちゃんと支える仕事。この映画はその感覚をしっかり持っている作品になっていると思います。

と熱く映画に関して語りました。

鈴木監督:自分も年齢を重ねるごとに様々なジャンルの作品を取ってきた、この作品はこの年齢になったからこそ、両親のことなど色々な思いを重ねて完成することができた。この歳でこの作品を撮れて良かったと思います。

と本作への率直な思いを語った。

実は本日7月22日は主演を演じた戸塚さんの誕生日ということもあり、会場には本作で圭と敬子の心を通わせるキッカケにもなったオレンジをあしらったバースデイケーキと花束が運び込まれ・・・・。
それに本作の主題歌を担当した香川のギターによるハッピーバースデイソングも加わり会場は一気にお祝いムードに包まれました。


最後に

戸塚さん:この映画は是非、沢山の若い世代の方たちに観て欲しい。そして普段なかなか考えないような身の回りの人の大切さを考えるキッカケになる作品になってほしい。

と作品への熱い思いを語り舞台挨拶を締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph “介護”というテーマに縛られず、すべての人が共感し、笑って泣けて人生に前向きになれる作品。

映画『ケアニン~あなたでよかった~

は、2017年、初夏公開予定。

公式サイト:
http://www.care-movie.com

大森圭(男性・21)は新人の介護福祉士。高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、漠然とした理由で介護の専門学校へ入学。卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模多機能施設。認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、悩む日々が続くなか、圭が初めてメインで担当をすることになったのは、認知症を発症した星川敬子79歳。試行錯誤しながらも、先輩スタッフたちの協力もあり、少しずつ敬子との関係性を深めていく。

「なんとなく」で始めた介護の仕事に、いつしか本気で向き合うようになっていく圭だったが・・・。

***********************************

出演:戸塚純貴 藤原令子 山崎一/水野久美
松本若菜 菜 葉 菜 小市慢太郎 ほか

監督:鈴木浩介
原案・エグゼクティブプロデューサー:山国秀幸
脚本:藤原磨実也
プロデューサー:吉見秀樹/金延宏明/長田安正/柳瀬太郎
特別協力:加藤忠相(あおいけあ)
特別協賛:UAゼンセン日本介護クラフトユニオン
協力:全国社会福祉法人経営者協議会/全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会/公益社団法人 全国老人福祉施設協議会/公益社団法人 全国老人保健施設協会/公益社団法人 日本介護福祉士会/公益社団法人 日本介護福祉士養成施設協会/NPO法人 未来をつくるkaigoカフェ/一般社団法人『民間事業者の質を高める』全国介護事業者協議会

製作:「ケアニン」製作委員会(ワンダーラボラトリー、HORIZON、ノブピクチャーズ、ユナイテッドエンタテインメント、ライブラリーコンテンツサービス、
)配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
©2017「ケアニン」製作委員会
2017年/日本/カラー/104分
   


主演の戸塚純貴が介護の現場に衝撃を受けた!『ケアニン』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 映画「ケアニン~あなたでよかった~」の完成披露試写会が行われ、主演の戸塚純貴さんをはじめ共演の水野久美さん、松本若菜さん、鈴木浩介監督、本作の監修を務めた加藤忠相さん、主題歌を担当した香川裕光さんが舞台挨拶に登壇しました。

映画『ケアニン~あなたでよかった~』完成披露試写会
日時:6月12日(月)
場所:日本消防会館(ニッショーホール)
登壇:戸塚純貴、水野久美、松本若菜、鈴木浩介監督、加藤忠相(映画監修)、香川裕光(主題歌)

映画情報どっとこむ ralph 主人公の新人介護福祉士・大森圭を演じた戸塚さん。

戸塚さん:介護というものに対して前向きなイメージがあまりなかった、自分じゃ難しいから人に預けちゃう。

と率直に介護へのイメージを語った。続けて

戸塚さん:加藤忠相さんが代表を務める(神奈川県の小規模多機能型居宅介護サービス)『あおいけあ』にうかがい、実際に介護を体験させて頂き、職員の方がすごく楽しそうでおじいちゃんおばあちゃんが互いにケアしあっている姿が衝撃的でした。今回自分が受けたその衝撃をこの作品に投影していきたいと思っていました。

と、介護のイメージが劇的に変わったことを明かました。

映画情報どっとこむ ralph 認知症の女性を演じた水野さんは

水野さん:60年の芸能生活で始めての認知症の役で、台本を頂いた当初は、どう演じようか悩みもしたが、作りこみすぎてはいけないと、ありのままの自分で演じました。

と撮影を振り返った。また共演シーンの多かった戸塚に対し

水野さん:かわいい坊やでしたよ(笑)。すごく成長していました。

とベテラン女優ならではのねぎらいの言葉を掛け会場を笑いに包んだ。また圭の先輩を演じた松本さんは

松本さん:いただいた台本の台詞の中で何度も涙が出てしまうような場面があったが、先輩の役として主人公の背中を押す強い姿を演じるようにしました。

と作品への思い入れと役作りの難しさを振り返っていました。



また、監修を務めた加藤さんは

加藤さん:介護の仕事はイメージが悪い。高校の先生達もやるもんじゃないと言ってしまうくらい。ただ、介護を受けている人、預ける家族、提供する職員が不幸になっていくという連鎖は断ち切りたいと思う。子どもたちや介護の職員はもちろん、できれば高校生や専門学校生にも見てほしい。

と介護に対する熱い思いと本作への思いを述べました。

イベントでは、香川さんが主題歌「星降る夜に」を歌唱する場面も。
元介護職員である香川さんは、同曲制作のため被介護者たちに話を聞きに行ったという。会場は香川の優しい歌声に包まれ、客席には涙を流す人も見られた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

鈴木監督:撮影期間中はずっと嵐で大変でしたが、逆にそれが現場の集中力を生み、いい空気感を生み出した不思議な嵐でした。もし映画を見ている最中に嵐の被害が垣間見えても内緒にしてください。

と冗談を交えながら現場を振り返り・・・

戸塚さん:普段生きているだけでは気づけない周りの大切な人、家族への気持ちを改めてこの作品を通して感じました。是非、沢山の若い世代の方たちに観ていただきたいです。

と作品への熱い思いを語り完成披露試写会を締めくくりました。

映画『ケアニン~あなたでよかった~』

は6月17日(土)より全国順次公開。

***********************************

出演:戸塚純貴 松本若菜 山崎 一/水野久美 藤原令子 菜 葉 菜 小市慢太郎 ほか
監督:鈴木浩介 主題歌:「星降る夜に」香川裕光
原案・エグゼクティブプロデューサー:山国秀幸 プロデューサー:吉見秀樹/金延宏明/長田安正/柳瀬太郎 共同プロデューサー:小川明日香   特別協力:加藤忠相(あおいけあ)脚本:藤村磨実也 音楽:遠藤浩二 撮影:西村敏彦 照明:宮尾康史 美術/装飾:都留啓亮 録音:重松健太郎 編集:佐野由里子 技術プロデューサー:瀬戸井正俊 監督補:綾部真弥 ラインプロデューサー:平山高志 介護指導:鈴木 真 スタイリスト:田中トモコ/網野正和 ヘアメイク:遠山直美
製作:「ケアニン」製作委員会 配給・宣伝:ユナイテッド エンタテインメント 推薦:厚生労働省 神奈川県 文部科学省特別選定作品 後援:藤沢市 ©2017「ケアニン」製作委員会 2017年/日本/カラー/ステレオ/105分