「成田瑛基」タグアーカイブ

健太郎、山田裕貴、栁俊太郎ら11名のイケメンが特攻服で登壇『デメキン』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 12月2日(土)に映画『デメキン』の初日舞台挨拶が行われました!

主演の健太郎さんや山田裕貴さん、栁俊太郎さんらイケメン俳優総勢11人が特攻服で登壇!そして、主人公のモデルであり原作者の佐田正樹さんと山口義高監督も登場!男だらけの初日舞台挨拶となりました!
そして、メンバーからお客さんに「俺と付き合わないか!(日本語訳)」のサービスも!

映画『デメキン』初日舞台挨拶
日程:12月2日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:健太郎、山田裕貴、栁俊太郎、髙橋里恩、田中偉登、三村和敬、藤木修、岩永ジョーイ、神永圭佑、成田瑛基、笠松将、佐田正樹、山口義高監督

映画情報どっとこむ ralph 会場中イケメン層ぞろいの舞台挨拶を見るべく集まった女性で埋め尽くされた劇場。熱い声援の中、キャストが登場!

健太郎さん:皆さん今日は!今こうして、初日をこの仲間たちと迎えられて兎に角うれしいです。いろんな人に観ていただきたい作品です。僕は気合を入れて髪をできる限り赤くしてきました!何?
山田さん:髪プラモデルみたい!
とのツッコミからイベントスタート。


山田さん:皆さん楽しんでいただけましたか!?BARに誰も居ませんし、錬金術も使えないけど。熱いハートが燃え上がるような映画を選んでくれてうれしいなと思っています!

と舞台挨拶なれしている山田さん。

栁さん:寒くて風の強い中、足を運んでくださいましてありがとうございます。熱い映画になっています!

髙橋さん:1997年75生まれかに座です!純情な役をやりました!

田中さん:(飴をもって)飴ちゃん舐めてますけど悪態は尽きません!最年少で参加させていただいて年上の先輩にもまれていい演技が出来たと思います。

ここで、ど緊張の三村さん
三村さん:えーえー
健太郎さん:特攻服着てるのにまじめ!さっきまであそこでふざけてたのに!

三村さん:しっかり目に焼き付けて帰ってください。

藤木さん:(佐田さん:怒:髪伸びとる)すみません。

岩永さん:約一年ぶりの特攻服。皆さんと会うと何故か精神年齢が下がるという・・・楽しいメンツに会えてうれしいです!

神永さん:寒い時期に撮影をして、熱い想いをぶつけ合った作品が公開。嬉しく、そしてホッとしています。

成田さん:28歳で特攻服。これが最後かもしれませんのでテンションが上がってます。思い切り青春させていただいた作品です!

笠松さん:一人だけ衣装が違いますが、今日は来ていない仲間の分まで、隙あればかましたろうと思ってます!

ここで、原作者の佐田さん。

佐田さん:初日は暴走族のお兄ちゃんたちが来るかと思っていましたが、女性の皆さんにこんなに来ていただいて。楽しんで帰ってください!

山口監督:日本を背負って立つ俳優の皆さんと作った作品です。楽しんでください。

映画情報どっとこむ ralph 健太郎さんは初主演。デメキンと言う作品のオファーを受けての感想を聞かれ
健太郎さん:漫画は知っていて、凄くうれしかったです。総長と主演(座長)で携われること嬉しかったです。プレッシャーはないと言えばウソですが、佐田さんの半生なので気合を入れましたし、楽しい雰囲気を作り上げる気持ちの方が大きかったです!

と、座長ならではの感想。一方山田さんは

山田さん:佐田さん御人生を僕らが代わりに生きたわけですから、漫画が実写化したのではなく、本当にあったことを僕らが見せなきゃという気合がありました。成長ストーリーでもあるので、健太郎のいい奥さんになれたらなと言う気持ちで演じました。寄り添いました!

健太郎さん:・・・好きだよ。

そして、監督はこだわったところを

監督:バイクのシーンはこだわりました。ロビーに展示していますが横浜のミスティーの古橋さんに全面協力いただいて、佐田さんが当時乗っていたバイクを再現しました。
佐田さん:ロケットカウルの高さ、バンダナ、RPMのマフラー・・・・・
と熱い説明に会場が引き潮状態に!皆に止められる事態に!

映画情報どっとこむ ralph 先行上映している佐田さんの地元福岡。既に、この映画のメンバーの元になった仲間が映画を観ているそうで、中には山田君で俺の役撮り直してと要求する友達もいたそう。

佐田さん:博多弁がみんな上手くて。俳優の皆さんに感謝です。藤木君は相方の清人の弁当を食べる動画を見たり、一人漫談とか覚えてくれたりね。

そして、博多弁がうまい陰には現場で怒号練習していたそうで、

健太郎さん:博多弁を、皆で佐田さんの言った後に復唱してました。授業みたいでした。

佐田さん:方言指導の先生は、暴走族言葉を知らないので。

そして再現・・(記者(T T)難しく聞き取れず、違ったらごめんなさい)
オメーキサン ドコチュウヤ!オメーキサン ドコチュウヤ!
ボテクリコカシタロウカネ!ボテクリコカシタロウカネ!
オマエラノコト、アイシトーケンネ!オマエラノコト、アイシトーケンネ!
オレトツキアッチャナ!オレトツキアッチャラン!(オレと付き合わないか!)

と、イケメンから告白!!

この後、健太郎さんと山田さんの謎の告白タイムがあり

最後に・・・

健太郎さん:キャストスタッフの熱い想いと愛が詰まった作品です。デメキン盛り上げたいのでSNSで拡散してください!

映画情報どっとこむ ralph 映画『デメキン』

2017年12月2日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://demekin-movie.com/ 

物語・・・
幼少期からデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷしが強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラーメン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返していた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛んな敵が待ち受けていて…。

***********************************

出演:健太郎  山田裕貴
栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修 
岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン(水玉れっぷう隊)  坂田聡 
原作:佐田正樹『デメキン』/監督:山口義高/脚本:足立紳/音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)
製作:東映ビデオ、AMGエンタテインメント
製作プロダクション:ステアウェイ 配給:AMGエンタテインメント 2017/日本/115分
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (C)2017映画『デメキン』製作委員会


『セトウツミ』成田瑛基ら個性的キャラの場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph クスッと笑えてクセになる。瀬戸と内海の放課後無駄話。
シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作コミックを映画化した『セトウツミ』が7月2日(土)より新宿ピカデリー他全国公開となります。
セトウツミ
そしてこの度、劇中に登場する強烈な印象を放つ個性豊かなキャラクターたち場面写真が解禁となりました! 演じているのは成田瑛基、岡山天音、宇野祥平、鈴木卓爾。

映画情報どっとこむ ralph 今回到着した画像は・・・・

内海と瀬戸が恐れる先輩でヤンキーの鳴山。陰では鳴山に対して強気な二人も遭遇すると委縮してしまう。派手な髪形でひと際目立つこの役を演じるのは成田瑛基。
ヤンキーの鳴山(成田瑛基)
執拗に内海につきまとうクラスメイトの堤。妙にサッカー部の内情に詳しく、内海に相手にされてないにも関わらずサッカー部のことをしゃべり続ける変わり者。堤を演じる岡山天音。
クラスメイトの堤(岡山天音)
河原の欄干でピエロの恰好をしてバルーンアートの練習をしている大道芸人バルーンさん。ピエロの恰好ながらバリバリの関西弁を話すギャップは見物!演じているのは宇野祥平。
バルーンさん(宇野祥平)
ある日、河原の欄干にくだびれた身なりのおじさんが佇む。直立不動のまま川のほうを見つめ続ける怪しさから離れたところで好き勝手に言う瀬戸と内海。そこへ、ある人物がおじさんのもとに近づいてくる。この怪しさ満点のおじさんを演じる鈴木卓爾。
くたびれたおじさん(鈴木卓爾)
映画情報どっとこむ ralph 「喋る」だけの青春。

『セトウツミ』

7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式HP:www.setoutsumi.com
セトウツミ 第二弾ビジュアル
『セトウツミ』というタイトルは、主人公の瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。

クールな塾通いの内海役には池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役には菅田将暉。ヒロインの女子高生、樫村役には人気急上昇中の中条あやみと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気・実力派若手キャストが集結!

監督は『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣。最高のキャスト・スタッフが全力で作り上げた“放課後無駄話”が話題沸騰中です!



***********************************

監督:大森立嗣 『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』 
原作:此元和津也 (秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
出演:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ
鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美 / 宇野祥平
配給:ブロードメディア・スタジオ 
(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 
(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会

    


池松壮亮x菅田将暉『セトウツミ』予告編&第二弾ビジュアル解禁!!


映画情報どっとこむ mari 池松壮亮x菅田将暉のシニカルな「会話」でつづった映画『セトウツミ』が7月2日(土)より新宿ピカデリー他全国公開となります。

そしてこの度、本編映像初披露となる第二弾ビジュアルと予告編が解禁となりました。

第二弾ビジュアル・・・
互いに背を合わせ、こちらを見ている第二弾ポスタービジュアルは気だるそうながらクールな雰囲気も。背景は原作の舞台であり、本作のロケ地でもある大阪府堺市の河原。キャッチコピーに“ケンカもしない。部活もしない。壁ドンもない。”が加わり、“喋る”だけの作品内容を主張しつつ、他には類を見ない新しい青春映画の確立を感じさせる仕上がりになっています!
セトウツミ 第二弾ビジュアル
映画情報どっとこむ mari 気になる予告編は・・・

クールなインテリメガネ〝内海″とちょっとおバカなツンツン頭〝瀬戸″が繰り広げる「喋る」だけの青春ムービー、初の本編映像を収録した予告編が到着しました!撮り下ろしショートムービー特報「けん玉」「タイミング」「スタンディングオベーション」を発表させていただくと、本作の世界観がSNS上でも大きな話題を呼び、「セトウツミ特報の2人話してるだけで最高」「セトウツミみたい もう特報だけで笑える。(笑)」「セトウツミ観たい‼絶対面白い‼予告でもはや面白い‼」と、ほぼ「会話」だけの映画とは思えぬほど注目が集まっております!秀逸な間、オフビートのボケとツッコミにクスッと笑えること間違いなしの映像にぴったりの音楽が合わさり、絶妙な雰囲気を作り上げています。学校のマドンナ樫村(中条あやみ)を含めた個性豊かなキャラクターが映像初登場。樫村と内海、瀬戸の三角関係を伺わせる映像にはなにやら小さな事件の予感。 一流のキャストとスタッフが作り上げた壮大な無駄話には笑いは勿論、青春のほろ苦さが何だか懐かしくもあり、しんみりと胸を打つ贅沢な作品となっています!二人が喋っているだけの映画がどうしてこんなに面白いのかとクセになること間違いなしの予告編です。



映画情報どっとこむ mari ちなみに!

『セトウツミ』というタイトルは、主人公の瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。

クールな塾通いの内海役には池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役には菅田将暉。ヒロインの女子高生、樫村役には人気急上昇中の中条あやみと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気・実力派若手キャストが集結!

監督は『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣。最高のキャスト・スタッフが全力で作り上げた“放課後無駄話”が話題沸騰中です!

セトウツミ

待ち遠しい公開は7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

公式サイト:www.setoutsumi.com

***********************************


監督:大森立嗣 『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』 
原作:此元和津也 (秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
出演:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ
鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美 / 宇野祥平

配給:ブロードメディア・スタジオ  
(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  
(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会
セトウツミ ポスター監督:大森立嗣
『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』 

原作:此元和津也
(秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)

出演:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ

鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美 / 宇野祥平

配給:ブロードメディア・スタジオ  

(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  
(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会


   
   


いよいよ今週末公開!永瀬匡が正統派な不良を演じる映画『ズタボロ』


いよいよ!今週末5月9日(土)から全国公開なのが
ズタボロポスター 映画『ズタボロ

「ズタズタ」に引き裂かれ、「ボロボロ」になるまで闘う、青春不良群像劇

人気作家、ゲッツ板谷の中学生時代を描いた自伝的小説「ワルボロ」の映画化から8年。

その後脳出血という苦難を乗り越え、渾身の力で書き上げた「メタボロ」「ズタボロ」(幻冬舎文庫)は自身の不良高校生時代を赤裸々に描いた傑作であり、その2冊の小説がこの度、『ズタボロ』として誕生!!!

主演の板谷コーイチには若手俳優最注目株の永瀬匡さん。

「仮面ライダーウィザード」や「好きっていいなよ。」では三枚目キャラを演じていた彼が、本作ではゴリゴリの正統派な不良を演じています。
ズタボロ1
共演には、コーイチの恋人で身の上に深い影を持つテキ屋の清美役に清水富美加さん。

喧嘩っ早く女好きな植木役に堀井新太、誰よりも強く頼れる男、鬼役に成田瑛基さん。

コーイチの中学時代からの憧れの男ヤッコ役に荒井敦史さん。

ズタボロ3
そして、コーイチらのケンカ相手となるピカイチ役に石田卓也さん。
物語のキーとなるヤクザな大人達には、猛身役に木村祐一さん。
竹脇役に佐藤二朗さん。満役に平田満さんらが名を連ねています。

さらに、誰よりもコーイチの事を思い親戚中ヤクザだらけといった特殊な環境の中で、息子だけは真っ当な道に進ませようと奮闘する勝気な母親を南果歩さんが熱演しています。

ズタボロ2
監督は映画『探偵はBARにいる』シリーズや『臨場 劇場版』、『王妃の館』など立て続けに話題作を撮り続けている橋本一。
脚本は『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞し注目された高橋泉が担当しています。

怒り、悲しみ、恐怖、孤独、、全ての感情と己にケリを付けるべく、“コーイチ”という一人の男の戦いが始まる!!

映画『ズタボロ

5月9日(土)全国公開です。

公式サイト:http://www.zutaboro.com

********************************************************************

キャスト:
永瀬 匡

清水富美加 堀井新太 成田瑛基 荒井敦史
大江健次(こりゃめでてーな) Kaito 
小久保寿人 中西晶 吉村界人
石田卓也 菅田 俊 伊藤洋三郎 
木村祐一 佐藤二朗 平田 満 南 果歩
原作:ゲッツ板谷「メタボロ」「ズタボロ」(幻冬舎文庫)
脚本:高橋泉(「高」は、はしご高です)  
監督:橋本一

(c)2014東映ビデオ