「成島出監督」タグアーカイブ

『ソロモンの偽証』卒業式 藤野涼子感涙!初日舞台挨拶


遂に“ソロモン”卒業!!佐々木&夏川&監督のサプライズに藤野涼子号泣の初日舞台挨拶

宮部みゆきの傑作長編を原作とした、ヒューマンミステリー超大作

ソロモンの偽証

その完結編『後篇・裁判』が遂に公開初日を迎えました!

初日舞台挨拶。
主演・藤野涼子をはじめ1万人の中から選び抜かれた新鋭7名に加え、佐々木蔵之介、夏川結衣ら日本を代表する豪華俳優陣が登壇。

サプライズで行われた成島監督による中学生キャストへの卒業証書贈呈。両親役の佐々木蔵之介&夏川結衣からの藤野涼子への花束贈呈で涙涙の初日舞台挨拶となりました。
ソロモン後編初日舞台挨拶
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 初日舞台挨拶

日付: 4月11日(土)
場所:新宿ピカデリー スクリーン1

登壇者:
藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩
佐々木蔵之介、夏川結衣、成島出監督

MCの呼び込みでキャストと監督が登壇。

藤野さん:本日はお足元が悪い中ご来場いただきましてありがとうございます。作品はいかがでしたか?(会場より拍手)前篇・事件をご覧いただいてから今までの間のモヤモヤがすっきりしたと思います。
藤野涼子
板垣さん:後篇・裁判には僕らのすべてが詰まっていますのでご覧いただきありがとうございました。
板垣端生
石井さん:本日はお集まりいただきましてありがとうございます。後篇・裁判は私たちの集大成であり、スタートだと思います。皆さんの心の中に一生残り続ける作品になることを願っています。
石井杏奈2
清水さん:本日はお越しいただきましてありがとうございます。最後までご覧いただきすがすがしさを感じてもらえたと思います。皆と一緒の舞台挨拶は、もう最後と思うと寂しいですが、最後まで楽しんで下さい。
清水尋也
富田さん:清水君が言っていたように皆様の前で話すのが最後というのは寂しいです。後篇・裁判で石井さんが演じる樹理ちゃんを「本当はそんなに悪い子じゃないんだよ」と思ってしまいました。松子と心を一つにして演じられたと思います。
富田望生
前田さん:前篇・事件の公開から一カ月あまり、後篇・裁判の公開が待ち遠しくて、人生で一番長い一カ月だったと言っても過言ではないと思います(笑)。初日にお越しいただきありがとうございます。
前田航基
望月さん:本日はお越しいただきありがとうございます。劇中の神原君(板垣さん)にひどいことを言ってファンの方すいませんでした。後篇・裁判までご覧いただけたので、命の大切さを考えていただけるとありがたいです。
望月歩
佐々木さん:本当にこの子たちが全身全霊で向き合った作品が、公開初日にこんなにたくさんの方にご覧いただけて、親心として嬉しいです。藤野涼子と父と娘として会えるのは今日が最後だと思うと寂しいですが、誇りに思っています。現場では劇中以上に泣いていて、悔し涙をたくさん流したと思います。最後は笑顔でお疲れさまでした、という涼子の姿に、キャスト・スタッフ皆が引っ張ってもらったと思います。覚悟をもって藤野涼子という役名を芸名につけて臨んでくれたから他の現場でも涼子と呼べることが楽しみです。卒業おめでとう、そしてありがとう。
佐々木倉之助
夏川さん:やっと後篇・裁判の公開を迎え、沢山の人にお集まりいただいているので、舞台に上がる前に皆が、「緊張する!」と言っていたのでうつっちゃいました。本日ご覧いただいて、何か感じていただけたらまだご覧いただいていない人を連れて二度三度と楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。涼子に対しては佐々木さんが仰っていたことと同じなのですが、本当にこれからも涼子と言えて嬉しいです。母親として一生懸命頑張っている姿を横で見ていたので、やりきったことを誇りに感じました。
夏川結衣
成島監督:雨の中、初日の朝からご来場いただきましてありがとうございます。皆様にお詫びと御礼がございます。もともと私は前・後篇の二部作は好きでは無くてできれば一本にしたかったのですが、プロットに起こした段階で映画化したら10時間になってしまうところ、泣く泣く半分くらいにしました。学生の方も多くきていただいているので、チケットを2回買っていただきありがとうございます。沢山の方に来ていただき感無量です。
成島監督
一言挨拶の後、トークの筈が・・・・

サプライズの卒業証書授与式に!
監督から本日登壇の中学生キャストに卒業証書と一言が。
涙涙です。
藤野さんへ成島監督からの卒業証書授与時のコメント
本日で卒業ということですが、初めはお芝居が出来なくて辛い思いもしたと思います。だけど頑張ってやりきった結果は皆さんご覧いただいているのでおわかりのことでしょう。(会場から拍手)これからもたくさんの苦難が待ち受けていると思いますがその時はこのソロモンの偽証をやりきった勇気と仲間たちのことを思い出して、がんばってもらえればと思います。ありがとう。
ソロモン後編初日卒業証書 藤野涼子涙 板垣さんへ成島監督からの卒業証書授与時のコメント
板垣君もはじめはお芝居ができませんでした。藤野さんと二人、お芝居はできなかったけれど真っ直ぐな眼差しと、瞳にかけて重要な役をやってもらいました。難しいエチュードを鼻水たらしながらやってもらったり、苦しい芝居を乗り越えて、しっかりとやり気ってくれました。ありがとう。
ソロモン後編初日卒業証書2
涙も乾かないうちに、藤野さんの両親役の佐々木さんと夏川さんから花束を贈呈。藤野さん涙が止まりません。

感涙2
そして、最後に・・・

成島監督:この前安全第一の日本映画界で、高速道路を逆走するような企画だと『ソロモンの偽証』を評してくれたことがありましたが褒め言葉だと思っています。新人を起用して、二部作という無茶を一人でやるのは怖かったですが、スタッフ・キャストそして関係者の皆さんが全力をつくしてくれたので、この日を迎えることができました。この子たちのがんばりを観ていただけたと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。

藤野さん:先ほど卒業してしまい。公開と共に寂しい気持ちもありますが、こんなに沢山の皆さんが後編を観たいと思って来ていただいて本当に嬉しく思っています。この映画で成長させていただいたのはスタッフ、監督、キャストの皆さんのおかげです。今日はありがとうございました。
ソロモン後編初日舞台挨拶last
ソロモンの偽証
<前篇・事件>大ヒット上映中!!
<後篇・裁判>4月11日(土)

公式HP:www.solomon-movie.jp

********************************************************************

【ストーリー】
クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。
その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。
目撃者を名乗る匿名の告発状、新たな殺人計画、
マスコミの過剰報道、そして犠牲者がひとり、また一人。
何が嘘で、何が本当なのか?保身しか考えない教師たちに見切りをつけ、
ひとりの女子生徒が立ち上がった。もう大人たちに任せておけない…。
隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷される――。

原作:宮部みゆき(新潮文庫刊)
監督:成島出
主題歌:U2「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」
出演:藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 清水尋也 富田望生 前田航基 望月歩
佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 小日向文世 黒木華 尾野真千子

(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会
配給:松竹


真っ直ぐな心にかけた『ソロモンの偽証 後篇・裁判』舞台挨拶


 4月11日(土)の

ソロモンの偽証 後篇・裁判

の公開を目前に控えながらも、前篇を鑑賞した方々からは「早く後篇・裁判を観たい!」という声が多数あがっており、来たる4月4日(土)と4月5日(日)の両日 後篇・裁判の先行上映がおこなわれました。

さらに『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の先行上映を記念して、1万人の中から主演の座を勝ち取った藤野涼子、成島監督に“藤野と板垣に賭けた”と言わしめ、後篇・裁判の大きなカギを握る神原和彦を演じた板垣瑞生、そして成島出監督が登壇する舞台挨拶を4月5日に実施いたしました。

0405『ソロモンの偽証』後篇上映イベント1
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』先行上映記念舞台挨拶 
イベントレポート

日時:4月5日(日) 
場所:新宿ピカデリー スクリーン1
登壇者:藤野涼子、板垣瑞生、成島出監督

舞台挨拶内容

藤野涼子さん:本日はあといよいよ公開が1週間後に迫った『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の先行上映にお越しいただきましてありがとうございます。
後篇はどうなっているのだろうというモヤモヤが一足早く晴れたことだと思います。

板垣瑞生さん:若い方も大勢劇場に来ていただけて嬉しいです。ありがとうございます。

成島出監督:皆さんにひとつお詫びがあります。本当は前後篇にしたくなかったのですが、初めのプロットでいくと10時間位になってしまうところでした。なんとかインターバルを入れてでも一本にしようとおもったのですが、宮部みゆきさんの原作を半分くらいしか入れ込むことが出来なくなってしまうので2部作という形にさせていただきました。若い方も大勢、貴重なお小遣いのなかから来てくれてありがとうございます。


MC:後篇は裁判のシーンが特に見どころですが、印象に残っているシーンなどありますか?

藤野さん:特に最後のシーンです。そこに居ない人に対して想いを伝える、表現するということはとても大変だなと思いました。何度もNGを出しましたが、監督やスタッフのおかげで最後は自分でも納得できる演技ができたと思います。

板垣さん:300人を前にした長回しシーンです。プレッシャーが凄かったです。

成島監督:藤野さん、板垣君は子役からやっている子とかに比べて一番演技ができませんでした。演技としては最下位と言っていいほどでしたが二人の真っ直ぐな眼差しと、真っ直ぐな心にかけてみようと思いました。間に合わないと反対するスタッフもいましたが、結果的に二人が見事やり気ってくれました。

MC:後篇・裁判の公開も間もなくですが、今の心境はいかがですか。

藤野さん:オーディションも含め1年以上携わってきた作品がようやく公開されるという想いと、寂しいなという想いがあります。

板垣さん:現場で色々な方と出会えて、そして公開されて作品を沢山の方に観ていただけるというのはとても嬉しいです。一生で一度あるかないかの貴重な現場に参加させていただき、ありがとうございました。MC:作品をご覧になった周りの方々からの反応はいかがですか?

藤野さん:前篇良いところで終わるので、「後篇を早く観たい!」とよく言われますね。

成島監督:映画をご覧になった方は是非原作も読んでみてください。キャラクターの背景など映画で描き切れていないところもありより一層楽しんでいただけると思います。映画化には、原作の宮部みゆきさんも太鼓判を押してくれています。

MC:それでは最後に一言お願いいたします。

藤野さん:今日はお越しいただきまして本当にありがとうございました。
みなさん、最後までご覧になったので作品の結末はおわかりだと思いますが、そこは秘密にしていただいた上で周りの方に薦めていただければと思います。よろしくお願いします!

0405『ソロモンの偽証』後篇上映イベント2
後篇見たい度 98.4%!!

『ソロモンの偽証 前篇・事件』絶賛公開中
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』4月11日(土)公開!


公式HP:www.solomon-movie.jp

「ソロモンの偽証」後篇メイン
********************************************************************

【Story】
校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。誰がなぜ、嘘をついている?
被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。
ソロモン後篇ポスター意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。
また、死亡当夜の柏木卓也の足取りを追う中で、卓也の自宅にそれぞれ異なる場所の公衆電話より4回電話があったことが判明、涼子はこの4本の電話こそが事件の真相の鍵を握ると確信する。校内裁判で告発状の真相を語りたいと出廷を表明する樹理、また時を同じくして、凄惨な過去を背負いながら真っすぐに生きようとする神原の姿勢に感化され、大出も出廷を決意する。
朗報に心躍らせるクラスメートたち、しかし涼子はある人物への疑念が拭えない。
 遂に開廷される前代未聞の校内裁判、生徒・保護者ほか多くの傍聴人が押し寄せ、会場となった体育館は、異様な雰囲気に包まれる。
告発状、卓也死亡当夜の4本の電話ーそれらに隠された驚愕の真実が次々と判明していく。なぜ、あなたは嘘をついたのか。その嘘に隠された思いとはいったい―。

原作:宮部みゆき(新潮文庫刊)/監督:成島出
出演:藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 
清水尋也 富田望生 前田航基 望月歩
佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 小日向文世 黒木華 尾野真千子

配給:松竹
(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会
  


『ソロモンの偽証』成島監督が中学生を招待!夜回り先生トーク&試写会


『ソロモンの偽証 前篇・事件』が3月7日(土)より公開され

4月11日(土)の後篇・事件への期待も高まっているはず。
記者の間でも学生の演技が凄いと話題です。

今回、成島監督の「主人公たちと同じ中学生のみなさんに、ぜひともこの映画を観てほしい」という熱い想いから中学生限定のトークイベント付試写会がおこなわれました。

0326『ソロモンの偽証』1春休み特別試写会
ソロモンの偽証 後篇・裁判
夜回り先生トークイベント付中学生限定試写会 イベントレポート

日時:3月26日(木)
場所:新宿ピカデリー 試写室
登壇者:水谷修【夜回り先生】、成島出監督

『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の上映が終わると成島出監督、水谷修さんが呼びこまれ早速トーク開始。

夜回り先生こと水谷修氏
夜回り先生こと水谷修氏

水谷さん:皆さん自分と重なるキャラクターはいませんでしたか?自分はどのキャラクターに近いかなって観た人もいると思うけど、誰でしたか?僕は間違いなく柏木卓也君でした、正義を追求するタイプでした。」

と場内に問いかけると

成島監督:僕も柏木君みたいに、未来に希望を抱いていなかったけど、10代後半に映画と出会ってから180度変わりました。

と続けました。

本作でも描かれている“いじめ”について

水谷さん:いじめを体験したことはある人?

と場内に問うも手が挙がらず。

水谷さん:いじめは全く無いことは無い。人間だから好き嫌いもあるし、苦手な相手もいるはず。皆仲良くという言葉にウソがある。

と学校教育のありかたに提言すると共に

水谷さん:いい子がいじめられる。我慢しちゃダメで時がたつと傷はより大きくなる。とにかく親でも、なんでも巻き込んで大騒ぎすること。自分で立ち向かっていかないで戦うのは、大人の仕事。

とアドバイス。また司会からいじめを傍観するのは悪いことかと問われ

水谷さん:悪い場合もあればそうでない場合もある。正義というものはそう簡単ではないし、それは皆さんが一度考えを咀嚼してみることが大切です。

と語りました。また最近の川崎市の事件に関して

水谷さん:戦うことは君たちには求めない、大人に委ねてほしい。

成島監督:問題を一人で抱え込まず、大騒ぎすること」としながらも近年の日本のテレビや映画について「以前『バトルロワイヤル』が公開される頃には国を挙げて暴力表現が問題となったが、最近はゲームのように人がバタバタ死んでいくものも多く目に余るし、作り手側もちゃんと考えていかなければならない。

とそのありかたに警鐘も。


ソロモンの偽証 成島監督
ソロモンの偽証 成島監督


トークの後半には、会場の中学生から質問を受け付け

Q:ホラー映画のような演出があったのはどうしてですか?

成島監督:ホラー的な演出というよりは本人たちが見たリアルな描写で、現実に起こりうることだから怖いと感じたのではないでしょうか。人が死ぬのは痛いし、血も流れるんだということはきちんと表現しなければいけないなと思っています。

Q:良い映画監督になるにはどうしたから良いか?

成島監督:とりあえず先人の作品を沢山観て自らの礎にして踏み台にしていってほしいです。

Q:役者さんに対してどこを心がけて演出しましたか?

成島監督:とにかく生きた目にしたかったので、ワークショップでは、役柄を変えて全員の痛みをわかってもらえるようにしました。中学生のキャストたちは大変だったんじゃないかと思います。


最後の挨拶で

成島監督:私は学校という教育の場でというよりも、色々な本や映画からたくさんのものを学びました。映画監督の中にも良い学校を出ている人は大勢いますが、学歴が通用するのは最初の3、4年であとは実力に依ってきます。私もここまで映画を撮り続けられてきたので、今は何とか人の役に立ちたいと思っています。この映画を観て救われる人が一人でもいてくれると良いなと思っています。

水谷さん:私は夜回り先生として知られていますが、実は物書きで52冊の本を出しています。皆さんに言えることは好きなこと、一つのことを長く続けてほしいということです。私は哲学、物書きを長らく続けています。長く続けているとしゃべることや、書くことは生きるより楽だと思える位です(笑)。はじめのうちは大変かもしれませんが、慣れていくとどんどんと早くなるものですし、楽しくなっていきます。最後に一つだけ、監督に言って大丈夫と確認をとったので言わせて下さい。この映画は前・後篇ありますが、全てフィルムで撮影しているのです。今はデジタルで撮影することが多く費用も手間もかかってしまいますが、こだわって全編フィルムです。今のことをふまえてもう一度劇場の大スクリーンでお金を払って観て下さい(笑)。

と挨拶を締めました。

『ソロモンの偽証 前篇・事件』絶賛公開中!
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』2015年4月11日公開!


公式HP:www.solomon-movie.jp

********************************************************************


物語・・・

クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。

その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。

目撃者を名乗る匿名の告発状、新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者がひとり、また一人。何が嘘で、何が本当なのか?保身しか考えない教師たちに見切りをつけ、

ひとりの女子生徒が立ち上がった。もう大人たちに任せておけない…。

隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷される――。

作品名:『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
公式HP:www.solomon-movie.jp

原作:宮部みゆき(新潮文庫刊)/監督:成島出
出演:藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 清水尋也 富田望生 前田航基 望月歩 佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 小日向文世 黒木華 尾野真千子

(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会
配給:松竹


『ソロモンの偽証 前篇・事件』総勢16名登壇!完成披露イベント


宮部みゆきx成島出監督
ソロモンの偽証』。

本作の完成披露試写会が実施され主演・藤野涼子、佐々木蔵之介、夏川結衣、尾野真千子ら豪華俳優陣・総勢16名が華々しく登壇しました!
ソロモン完成披露
日時:2月23日(月)
場所:国際フォーラム ホールA
登壇者:
藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩/佐々木蔵之介、夏川結衣、黒木華、田畑智子、塚地武雅、松重豊、小日向文世、尾野真千子、成島出監督

「校内裁判、開廷!」の声で幕が上がり盛大な拍手の中16人が横一列で現れました。
ソロモン完成披露0
先ずは生徒から挨拶。

藤野さん:こんなに沢山の傍聴人の方がいらっしゃると思っていなかったのでとてもうれしく思っています。皆さんに映画を楽しんでいただけると嬉しいともっています。
藤野涼子1
板垣さん:皆さんこんばんは!この映画にかかわれて本当に幸せだと思っています。仲のいい子供キャストと。凄い大人のキャストさんと最高のスタッフさんとお仕事が出来たことは幸せです。
板垣瑞生1
石井さん:今回の前篇では、愛情表現などを見ていただけたらと思います。
石井杏奈
清水さん:このような素晴らしい会場で完成披露が出来て幸せに思っています。
清水尋也
富田さん:私自身この役に出会い、生きていく上での考え方や人を思う気持ちとか凄くいい方向で成長できたと思っています。
富田望生
前田さん:こんない沢山の方に来ていただきありがとうございます。一昨年の11月ぐらいからオーディションが始まったんですけど、ようやくたくさんの方に観ていただけることが出来て幸せです。
前田航基
望月さん:やっと皆さんに観ていただくことが出来て、僕自身ワクワクしています。
望月歩
大人キャストの皆さん
佐々木さん:ここから大人が話すんですけど。子供たちの立派なご挨拶。。
現場でも彼らはまっすぐで直向きできれいな心で芝居をしていました。なので僕たちも全身全霊を込めて演じました。
佐々木蔵之助1
夏川さん:この映画では子供たちが本当に成長して、頑張って歯を食いしばって作品作りをしていただきました。その中に自分も参加出来て、いろんな刺激を受けました。
夏川結衣
黒木さん:久しぶりに会った生徒の皆さんが成長していて、映画の中で先生をしていたことが凄く遠い昔に思えました。子やって5千人の皆様に観ていただけるのは楽しみです。
黒木華
田畑さん:中学生の純粋な役者さんに出会い、自分が仕事を始めた当初の事を思い出しました。素敵な映画に出させていただいていろいろな人たちに出会えました。
田畑智子
塚地さん:ここーこーこーこー。5千人いますのでやらせていただきました。この映画は子供のまっすぐな子供たちの才能と、それをオーディションで見抜いて丁寧に演出した監督の才能と・・その2つの才能を理解できている僕の才能が合わさった素晴らしい映画です。
塚地武雅1
松重さん:監督と中学生のみんなが凄い映画を作った。そこに立ち会えたことは幸せでした。試写の時自分の演技が皆の足を引っ張っていないかドキドキしてしまいました。
松重豊
小日向さん:監督の誠実さ粘り強さ。人に対する優しさ。それがこの映画に色濃く反映されていると思います。この作品に参加でき監督と出会えたこと誇りに思っています。
小日向文世
尾野さん:23年後なので、ほとんど出ていませんが、この作品に参加させていただけたことを嬉しく思っています。
尾野真千子
成島監督:ほんとうにみんなで。最高のチームで仕事が出来たと思います。原作との出会いから今日こうやってお披露目が出来る日が出来て感激です。
成島監督
MC:本作の偽証にちなみまして、今までついた中で一番大きな嘘を教えてください。

藤野さん:一番大きな嘘は・・母が食器を集めるのが好きなんですけれど。私が洗っていて・・大切なコップを壊してしまったんです。でも、お母さん怖いので。思いついたのがお父さんが壊したことに・・・お母さんにそう言ってしまいました。今はじめて告白したので・・
藤野涼子3
MC:今日大丈夫ですか?

藤野さん:帰ってから謝ります。

MC:藤野さんのお母さん役の夏川さんは?

夏川さん:数えたらきりがないですね・・・ただ、涼子ほどの衝撃的なものはないので他の方で!

MC:それでは、大人になった藤野さん・・尾野さんは?

尾野さん:えーっつ来ると思ってなかった!売れてない頃実家に帰って「3日ぐらいで帰るわ!」っていったら、お母さんが「仕事は言ってんのか!?」っていうので「入ってる!」って嘘をつきました!
尾野真千子2
MC:撮影中この人、有罪だなと思ったことを。
板垣瑞生板垣瑞生 板垣さん:清水君ですね。殴られるシーンで終わった後に。優しくしてくれるんです。ズルいです。これは罪です。でも、真逆の性格の役をやれるのは凄いなと。

清水さん:何上げればいいの?

板垣さん:チロルチョコを!

前田君:また、清水君で。景気づけに一発ギャグをやれと。しかも毎日。どんなに頑張ってもみんなで無視するっていう。なので、毎日僕だけ落ち込まされる。。。有罪です。

佐々木さん: CMとかで見るとクリスマスの次の日で雪が降っている設定。でも、撮影は去年の夏です。藤野家は冷房は音が鳴るからつけれないし、冬だから締め切る。そして、こたつ付けてちゃんちゃんこ着て。雪は綿とCG。あーっつ寒い!って撮ってました。
佐々木蔵之助2
塚地さん:うちの娘役富田さん。監督の演出でもあるんでしょうが・・悲しいシーンの前に手紙を書いてきて読んでそのままはけてから、撮影が始まる。そりゃー泣けるでしょ。罪でしょ。変な男につかまらないでちゃんと育ってほしいです。
塚地武雅2
MC:最後にメッセージを

藤野さん:皆さん傍聴人。映画を観ていく中で真実とは何か、真実と嘘とはどういうことなのか深く考えてみてください。今日はありがとうございました!
藤野涼子2
********************************************************************

『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
公式HP:www.solomon-movie.jp
【ストーリー】
クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。
その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。
目撃者を名乗る匿名の告発状、新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者がひとり、また一人。何が嘘で、何が本当なのか?保身しか考えない教師たちに見切りをつけ、ひとりの女子生徒が立ち上がった。

もう大人たちに任せておけない…。

隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷される――。

原作:宮部みゆき(新潮社刊)/監督:成島出
出演:藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 清水尋也 富田望生 前田航基 望月歩
西村成忠 西畑澪花 若林時英 加藤幹夫 石川新太
佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 小日向文世 黒木華 尾野真千子

(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会
配給:松竹

  
  


藤野涼子×成島出監督トーク ソロモンの偽証試写会


宮部みゆき原作
ソロモンの偽証 前篇・事件』はいよいよ3月7日(土)より公開となります。

そして2月19日(木)に応募者1万人の中から選び抜かれ、芸名と役名を同じくしてデビューした主演の“藤野涼子”と成島出監督を迎えてトークショー付の試写会が行われました。

ソロモンの偽証_藤野涼子×成島出監督
『ソロモンの偽証 前篇・事件』藤野涼子×成島出監督トークショー付試写会
日 程:2月19日(木)
場 所:松竹 試写室
登壇者:藤野涼子、成島出監督

藤野涼子さん:こんばんは、藤野涼子役を演じました藤野涼子です。『ソロモンの偽証』はさまざまなキャラクターが登場するので自分がどの役に共感できる部分があるのかを考えて役の気持ちを感じながら観ていただくことができると思います。中学生から大人まで楽しめる作品だと思いますのでよろしくお願いします。

成島出監督:監督の成島出です。映画好きの皆さんにご覧いただくということでドキドキしています。撮影もフィルムで撮っていて、古い手法を用いていますのでスクリーンじゃないと迫力が伝わらないところもあると思います。これを言ったら商売あがったりなのですが、できることならDVDは出したくないくらいです(笑)。

映画らしい映画と自負していますので、気に入っていただけたら是非広めて下さい。

ソロモン藤野涼子×成島出監督
MC:役名・芸名を同じく藤野涼子として参加されましたが、撮影はいかがでしたか?

藤野さん:周りの皆さんの方が演技経験があるので、精一杯やるだけでしたが充実した時間を過ごさせていただきました。

成島監督:撮影の進行とともに皆がどんどん成長して強くなっていったのでドキュメンタリー的な要素もあると思います。

MC:偽証という“ウソ”もテーマの一つですがウソをついて反省したことなどありますか?

藤野さん:母親が食器を集めるのが趣味なのですが、私が壊してしまったのを父親に濡れ衣を着せようとしてしまいました(笑)。

成島監督:監督なんてウソをついて映画をつくっているようなもんですから。ヒッチコックが女優が悲鳴を上げるシーンが上手くいかずに、自分のズボンを下ろして女優が悲鳴を上げたテイクをOKにしたというような話もあるくらいですからね。

ソロモンの偽証第二弾ポスターMC:最後にこれから作品をご覧になる方に一言お願いします。

藤野さん:私は監督みたいに面白いことは言えないのですが、全身全霊で藤野涼子になりきって演じ涼子を生きたと思っていますので、作品を気にっていただけましたらこの想いを皆に伝えてほしいと思います。よろしくお願いします。


『ソロモンの偽証 前篇・事件』3月7日(土)より公開です!

公式HP:www.solomon-movie.jp

********************************************************************

ストーリー
クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。
その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。
目撃者を名乗る匿名の告発状、新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者がひとり、また一人。

何が嘘で、何が本当なのか?保身しか考えない教師たちに見切りをつけ、ひとりの女子生徒が立ち上がった。もう大人たちに任せておけない…。

隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷される――。

作品名:『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
原作:宮部みゆき(新潮社刊)/監督:成島出
出演:藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 清水尋也 富田望生 前田航基 望月歩
西村成忠 西畑澪花 若林時英 加藤幹夫 石川新太
佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 小日向文世 黒木華 尾野真千子
配給:松竹
(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会