「愛がなんだ」タグアーカイブ

「活弁シネマ倶楽部」上半期の映画作品総括 『翔んで埼玉』は中国なら戦争が起きる!?


映画情報どっとこむ ralph 「活弁シネマ倶楽部」は、映画に関するコアな話題を、さまざまなゲストを迎え、独自の視点ざっくばらんに語りつくすマニアックな番組だ。

8月3日(土)20:30より、“映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」が放送された。
映画評論家の森直人(もり・なおと)と映画ジャーナリストの徐昊辰(じょ・こうしん)が2019年上半期に公開された映画作品を総括し、独自の視点で討論を行った。
徐氏&森氏_活弁シネマ倶楽部
異彩を放った話題作『翔んで埼玉』や、興行収入でアベンジャーズを上回った『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』など、豊作ともいえる上半期の映画産業の話は、最後まで語り尽くせない程の内容となった。

今回は、2019年の上半期に公開された映画作品を、日本映画事情に詳しい二人が過去作や海外作品との対比などをもとに語った。

今年は、東宝が配給する映画作品の興行収入が過去最高の数字を叩き出したことについて、『コンフィデンスマンJP』や『マスカレード・ホテル』など、去年に比べて実写化映画のヒット作が多かったことに起因すると分析し「旧来型の日本映画の巻き返しという感じがする」と2人とも声を揃えた。

また、森氏は、『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』が爆発的なヒットとなった2018年を、人気ドラマ実写映画化の大きな流れをつくった『踊る大捜査線 THE MOVIE』が大ヒットした1998年との類似を指摘し、“1998年モデル”と称した。一方、『翔んで埼玉』や前述の実写映画など、様々な作品がヒットした2019年上半期を“2006年モデル”と称し、『LIMIT OF LOVE 海猿』や『嫌われ松子の一生』など、王道作品から実験的な作品まで幅がありつつ、興行収入的にも“邦高洋低”の流れが始まった豊作の年である2006年と重なるという分析をした。

そして、2人が考える上半期の「大賞」を与えるとしたら、『翔んで埼玉』を挙げ、徐氏は「中国だったら、ネットで戦争が起きる(笑)」と笑い交じりにコメントし、森氏も「普段、煮え切らないとも言われる、忖度する感覚とかが活きている」と日本文化との見事なマッチ評価した。

“邦高洋低”とは、国内において、邦画作品が洋画作品よりも高い興行収入・評価を得ている状態のことを指す。2019年上半期に“邦高洋低”を顕著に示す例として、『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』についてトークが及んだ。徐氏は「公開後2週間の興行収入の統計を出すサイトで、全世界で『アベンジャーズ』だが、なぜか日本だけが『名探偵コナン』だった。すごいことです。中国でもとんでもなく報道されました。小学生がアイアンマンに勝ったって。(笑)」と興奮気味に海外での反応をもとにコメントした。

他にも、『愛がなんだ』の今泉力哉監督について、今年『アイネクライネナハトムジーク』の公開も控えるなど、今泉力哉の年になるかもしれないといった話題であったり、『岬の兄妹』の片山慎三監督は、カンヌに行くのではないか?などここでしか聞くことのできないトークが収録されている。


活弁シネマ倶楽部


活弁シネマ倶楽部公式ツイッター:
@katsuben_cinema

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『愛がなんだ』第22回上海国際映画祭「パノラマ部門」正式招待!今泉力哉監督、2作品出品に!


映画情報どっとこむ ralph 今泉力哉監督が主演に岸井ゆきのさんを迎え、共演に成田凌さん、深川麻衣さん、若葉竜也さん、江口のりこさんなど、多彩な俳優陣が名を連ねて映画化した『愛がなんだ』。ミニシアター系ながら20万人以上を動員して大ヒット上映中です!
そして!

中国で唯一国際映画製作者連盟公認の映画祭であり、かつアジア最大級の規模を誇る映画祭「第22回上海国際映画祭」(6/15-6/24開催)のパノラマ部門に正式招待されることが決定しました!

今回本作が出品するのはパノラマ部門の中でも世界中の映画祭で数々の賞を受賞した映画だけが出品される「VIVA LA FESTIVAL」という出品枠。

しかも本年度の「VIVA LA FESTIVAL」の中では唯一の日本映画であり、すでに同じく今泉力哉監督の「アイネクライネナハトムジーク」も日本映画唯一のコンペティション部門での出品も決まっているなど、同監督作品として2作品での参加予定となっております。

なお、本映画祭での『愛がなんだ』の上映は6月22日(土)(現地時間)に決定、今泉監督と前原プロデューサーによる舞台挨拶も予定しているそうです。

映画情報どっとこむ ralph 今泉監督からコメントが届いています!

コンペティション部門に選ばれた「アイネクライネナハトムジーク」に続いて「愛がなんだ」もパノラマ部門に招待されたと聞き、非常に喜んでおります。このまっすぐな愛の物語が上海の観客にどのように届くのか。海外でも見た人たちの中でも自分語りが起こるのか。賛否が生まれること望んでいる自分もいます。どきどきです。
―今泉力哉

(写真:『愛がなんだ』公開記念舞台挨拶より

映画情報どっとこむ ralph 『愛がなんだ』

公式サイト:http://aigananda.com/



主人公・28 歳の OL テルコ(岸井)は友人の結婚パーティで偶然出会ったマ モル(成田)に一目惚れ。
「全部が好き。でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない」

***********************************

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
監督:今泉力哉  脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
配給:エレファントハウス
©2019映画「愛がなんだ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岸井ゆきの、成田凌のキスにクレーム『愛がなんだ』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 主人公は28歳のOLテルコ。彼女はマモルに想いを寄せている。
マモルのためなら仕事も友達もそっちのけ。自分の時間のすべてをマモルに捧げてしまうテルコ。
しかし、マモルはテルコのことが好きではない。本作は、完全なる一方通行の“片思い”を描いた恋愛映画がついに4月19日(金)より、公開となり、その公開記念として、“正解のない恋の形”恋愛映画の旗手、今泉力哉監督、好きになってくれない男性を一途に追いかける主人公・テルコ役:岸井ゆきの、テルコが一方的に想いを寄せるマモル役:成田凌、そして。深川麻衣、若葉竜也が登壇してて舞台挨拶が行われました。

日時:4月20日(土)
会場:テアトル新宿
登壇:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 見終えたばかりの観客の前にキャスト&監督が登場すると、温かな拍手がわき起り、一言挨拶。
今泉監督:今日は沢山映画がある中この映画を選んでくれてありがとうございます。

と謝意を述べ、初めてとなる上映後の舞台挨拶に、

成田さん:朝から見る映画じゃないよね!って空気になってる?(笑)

と、愛がなんだかわからなくなりそうな余韻の中での舞台挨拶に若干戸惑い気味?。な空気に。

今泉監督:満席で迎えられてうれしいですし。ようやく劇場公開で観てもらえて。昨日からの反響も聞いていて。すごくまちまちな感想が挙がっていて。今日のお客さんの感想も楽しみです。
と、うれしそうな監督。

それぞれ、あくの強い恋愛グセが違う役を演じている皆さんですが、

岸井さん:原作者とお話しする機会があって、原作読んでみたら全然違うものになってるので。テルコはマモちゃんのストーカーだったら見習たほうがいいとか言ってて、ちょっと違うなと。原作読んでない方は、読んでみたら面白いと思います。

成田さん:演じてるときは入り込んでるので、何も間違ったことしてないと思っていましたが、色々な人の感想聞いても・・・・やっぱりよくない人なんですよね。でも、本当にやばいのは岸井さんの方だよと!言いたい。(笑)

岸井さん:見た友達が、成田君のこと嫌いになりそう!って。でもよく考えると、テルコもおかしいよ!ってい言ってます!

と、成田さんをフォローする、岸井さん。

深川さん:撮影の時と大きくは変わりませんが、映画になっての2時間の中でこれだけ個性豊かな人が登場してる中で、誰も悪者に見えないのはすごいなと。どのキャラにも意外と共感できると思います。
と、客観的に見ている深川さん。そして、

若葉さん:(撮影)結構前で・・あまり覚えてないんですよね・・・(成田さん:それを思い出して言うのが今日!)・・なんか、やって恥ずかしかったんで、自分に近かったんだと思います。全裸見られてる感覚でした。こんなこと言ったことあるな・・・とか、言われたことあるなと。

と思い返す若葉さんの役は映画館で確認。(記者仲間に評判がいい若葉さんの演技)

映画情報どっとこむ ralph 印象的なシーンは、
岸井さん:一杯ありますが、追いケチャップのシーンは思い出します。成田さんのアドリブに監督が「成田が出ちゃったな」と、言ってました。でも、あの反応は岸井が出ちゃったなと。

今泉監督:マモルだったら、あんなかっこいいセリフ出ない。だから成田、出ちゃったなと。

実は、監督がなかなかカットをかけないので、出た奇跡のシーンだそう。

一方、成田さんは、冷蔵庫の前のキスシーンが印象的だったそうで。

成田さん:今のキスじゃ、岸井さんは芝居ができねえって、言ってるって監督から言われました。

今泉監督:一発OK出したら、あの一か所だけ岸井さんから愛情がないのはいいけど、肉体としても求められてる気がしない!って。だから、そこから調整して何回か撮りました。求めても、目だけ死んでてと演出しました。
と驚きの舞台裏をあかす監督。

成田さん:嫌われ過ぎてもいけないし。匙加減難しかったです。

とかなり繊細に演じたとのこと。

深川さん:原作にない写真店のところ。好きなシーンです。

と上げ、思い出さないと。。。な、若葉さんは
若葉さん:・・・バーベキューの撮影。成田君が蚋に刺されて。血が出てて、それを覚えてます。僕は耳刺されました。

成田さん&岸井さん:他あったでしょうよ!
と、シーンでない話をするおとぼけ若葉さんに総突っ込み。


原作物を映像化するにあたり
今泉監督:テルコの心の声を、どう表現するかは考えました。13年前の原作ですが、恋愛の寂しさは変わらない。むしろ、よりSNSがあったりして、今は違う孤独があるので、変わらないですよね。

と、話す監督。

共感できたキャラは?

若葉さん:僕は中原。通じるところあります。

岸井さん:テルコは、へこんでも、ご飯だけはちゃんと食べる。そこは一緒。
成田さん:江口さんの役は共感するかな・・・・

深川さん:自分の役に思い入れあります。負けず嫌いだったり。テルちゃんのことは言うのに、自分のことは見えてないとか。通じるところあるなと。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

今泉監督:内容が刺さったという⼈もいるし、すすり泣いたという感想も聞きました。泣かせたい、笑 わせたいという意識のないささやかな演出だが、そこから何かを感じ取ってもらうというのが理想でした。それ が届いたのが嬉しい。このキャストでなければ厳しかったはずです。

岸井さん:みんなで、愛がなんだを完成させるために頑張ってきました。こうやって満席で迎えられてうれしい気持ちでいっぱいです。映画は続きますので、ぜひ周りの方に劇場で見てねと言ってくれると嬉しいです。

と、PRしてイベントを閉じました。

舞台挨拶でも話題になった追いケチャップ入り予告をどうぞ。


過去記事:こちらもチェック!
今泉力哉監督と若葉竜也が『愛がなんだ』制作秘話を明かす「活弁シネマ倶楽部」
http://eigajoho.com/149512


4/19(金)『愛がなんだ』テアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://aigananda.com/

***********************************


原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)

監督:今泉力哉
脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
配給:エレファントハウス
©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

今泉力哉監督と若葉竜也が『愛がなんだ』制作秘話を明かす「活弁シネマ倶楽部」


映画情報どっとこむ ralph 本日(4/19)21:00より話題の映画作品『愛がなんだ』の今泉力哉監督と若葉竜也が、“映画を語る”WEB番組「活弁シネマ倶楽部」にゲスト出演。今話題の映画作品を、監督・俳優の目線でその裏側を語った。MCは月永理絵氏が務めた。

本番組は、毎回映画に携わるゲストを招き、制作の裏側や作り手のこだわりについてほぼノーをカットでトークすることで、“映画を語る”楽しさを提供し、映画業界を新たな側面から盛り上げていくことをテーマにしている。

『愛がなんだ』は、直木賞作家の角田光代の小説が原作となっており、好きになった男に自らの全てを捧げる女・テルコと、テルコの好意を取り合おうとしない男・マモの不毛な片恋ストーリーと、2人の物語に並行して、周囲の人物達の恋愛模様が群像劇的に描かれている。本番組に出演した若葉は、テルコの友人・葉子(深川麻衣)の恋人役で、テルコと同じように無条件の愛を捧げる男・ナカハラを演じている。彼ら周囲の物語もテルコの心情描写に大きく関わっている。
番組冒頭で本作の企画経緯について月永より、“一瞬、今泉監督の原作かと思った”と述べられると、若葉は「僕も最初、今泉さんのオリジナルかなと思うぐらい、“ああ、今泉さんの映画だな”と思いながら読んでたんですけど、原作があると聞いて、“あ、こんなに今泉さんに合う本があるんだな”と思った」と、今泉監督と原作の相性の良さを語った。

そんな若葉さんと今泉監督は『愛がなんだ』が初のタッグとなる。今泉監督は、『南瓜とマヨネーズ』に出演していた若葉を初めて観た時の印象を、「これが若葉か!みたいな。これはすごいぞ。」と語り、キャスティングの背景を明かした。

映画情報どっとこむ ralph また、登場人物の心の機微が繊細に描かれる本作だが、番組では、演技のリアリティについてトークが展開された。今泉監督は、フィクションであるにも関わらず、人物を自由に動かさないことについて批判を受けた経験があるとして、それを認めつつも、似た作風の作品を観た時に「これが生っぽいと言われて、これが世に出ているのが一番ヤバイ“生っぽさ”ってすごい感じることがあって、それはやっぱ作られた生っぽさというか、口語っぽい型だったりとか、“すごいこれはお芝居っぽくなっちゃってるな”って思う。それはやっぱり違うものにしたいというか、くずしたい気はあります。」と自身が考える演技のリアリティについて語った。また、撮影時も、ワンシーンをぶつ切りで撮らず、必ずシーンの最初から最後まで演じてもらう自らの方法論を明らかにした。これに対して、若葉も「圧倒的に(シーンの)最初からやらせてもらえる方がやりやすい。その方が可能性を探れるし、監督がいいところつまんでくれるかなと思うし(笑)」とスタジオを笑わせた。
今泉監督独自のキャラクターの描き方について解説する場面も展開された。映画に登場する “悪役”の作り方について、「悪気のない悪さでも悪人は作れると思ってて、相手を傷つけるとかも良かれと思って空回りして余計相手を傷つける、そういった言葉とか行動を思いつけないかと、オリジナルのときにはいつも思っている。」と語った。実際にあった例として、「嫁が作った料理がまずかったときに、“まずっ”て言えばいいのに“どうやったらこういう味になるの?”って言っちゃったんですよ。これって“不味い”っていうより二段階くらい刺しにいってる(笑)こういうことを書けないかなといつも思う(笑)」と実体験を交えて、今泉監督独特の台詞の生み出し方が明かされた。



映画情報どっとこむ ralph 「活弁シネマ倶楽部」は、映画の制作陣がゲストに登場する貴重な番組であり、ネタバレの縛りもなく想いを吐き出せる場として制作側の支持が熱いそうだ。独自の目線で作品を 選定し紹介しているため、まだまだ視聴者に知られていない作品やその内容について十分に語られていない作品にも出会えるチャンスかもしれない。WEB 配信での特別番組だが、引き続き定期的に配信され、今後は生配信の可能性もあるとのことで、映画好きにとっては、必見の番組だ。

「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 『愛がなんだ』
http://aigananda.com/

4月19日 テアトル新宿ほか全国ロードショー

イントロダクション&ストーリー
猫背でひょろひょろのマモちゃんに出会い、恋に落ちた。その時から、テルコの世界はマモちゃん一色に染まり始める。会社の電話はとらないのに、マモちゃんからの着信には秒速で対応、呼び出されると残業もせずにさっさと退社。友達の助言も聞き流し、どこにいようと電話一本で駆け付け(あくまでさりげなく)、平日デートに誘われれば余裕で会社をぶっちぎり、クビ寸前。大好きだし、超幸せ。マモちゃん優しいし。だけど。マモちゃんは、テルコのことが好きじゃない・・・。

角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が見事に映画化。
テルコ、マモちゃん、テルコの友達の葉子、葉子を追いかけるナカハラ、マモちゃんがあこがれるすみれ… 彼らの関係はあまりにもリアルで、ヒリヒリして、恥ずかしくて、でも、どうしようもなく好き… この映画には、恋のすべてが詰まっています。



【監督・脚本:今泉力哉 プロフィール】
1981年生まれ。福島県出身。数本の短編映画を監督した後、2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。翌2011年『終わってる』を発表後、2012年、“モト冬樹生誕60周年記念作品”となる『こっぴどい猫』を監督し、一躍注目を集める。2013年、こじらせた大人たちの恋愛群像劇を描いた『サッドティー』が第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品。『知らない、ふたり』(2016)、『退屈な日々にさようならを』(2017)も、それぞれ、第28回、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されている。他の長編監督作に『鬼灯さん家のアネキ』(2014)、深川麻衣を主演に迎えた『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)など。新作に伊坂幸太郎原作&三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』(2019年9月公開予定)が待機中。

【若葉竜也 プロフィール】
1989年生まれ。東京都出身。陰のある役から、アクの強い役まで幅広い演技力で、数多くの作品に出演。2016年公開の映画『葛城事件』で、第8回 TAMA映画賞にて最優秀新進男優賞を受賞。主な出演作に映画『雷桜』(2010)、『GANTZ』(2011)、『DOG×POLICE 純白の絆』(2011)、『明烏』(2015)、『葛城事件』(2016)、『美しい星』(2017)、『南瓜とマヨネーズ』(2017)、『サラバ静寂』、『素敵なダイナマイトスキャンダル』、『曇天に笑う』、『パンク侍、斬られて候』(すべて2018)など多数。近作にドラマ「ブラックスキャンダル」、「過ちスクランブル」、WOWOW連続ドラマW「コールドケース2~真実の扉」、NHK―BS「ワンダーウォール(すべて2018)、舞台「流山ブルーバード」(2017)など。

***********************************


出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 穂志もえか 中島歩 片岡礼子 筒井真理子 / 江口のりこ
原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
監督:今泉力哉




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

成田凌が岸井ゆきのの口元に 優しく“追い”ケチャップ 映画『愛がなんだ』本編映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家、角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を “正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が主演に岸井ゆきのを迎え、共演に成田凌、深川麻 衣、若葉竜也、江口のりこなど、多彩な俳優陣が名を連ねて映画化した『愛がなんだ』は 4/19(金)よりテアトル新宿ほかにて 全国公開!
主人公は 28 歳の OL テルコ(岸井)。彼女は一目ぼれしたマモル(成田)にずっと想いを寄せている。自分の時間のすべて をマモルに捧げ、その結果、仕事を失いかけても、親友に冷た い目で見られても、マモルがいてくれるならテルコはこの上な く幸せだと思っていたが。。 この度解禁するのはマモルがテルコの口元に優しく「“追い”ケチャップ」をする超・スウィートな本編映像!

半年前、出会った頃は頻繁に連絡してきたマモルだったが、いつの間にか疎遠になっていた。しかし“負担にならないよ うに”テルコからは連絡をすることもなく、ただただ時間は経過していた。しかし、ある日突然マモルからの連絡が!し かも久しぶりに会ったマモルは嘘のように優しく、2 人で朝まで飲み明かすことになり、そのままマモルの部屋へ。その日 以降、テルコが夢にまで見た、まるで恋人同士のような甘い時間がスタート。仲良くくっつきながら料理をする最中、つ まみ食いした料理を頬張ったテルコに口元に、マモルがさらに追加でケチャップを優しく食べさせてあげる=「追いケチ ャップ」をするという、テルコにとってこれ以上ないほど幸せで、甘い時間を描き出したシーン。



映画情報どっとこむ ralph 本シーンに関して

今泉監督:テルコが普通に惚れそうになる空気を成田さんは出しくれてましたね。『追いケチャッ プ』とか……。あれに関してはマモちゃんじゃなく、成田凌ですが。成田凌が出ちゃってる。もちろん脚本にはないセリ フだし、あんなことはモテる人にしか言えないでしょう?(笑)音楽を足したら意外と馴染んじゃいましたけど、最初に 「追いケチャップ」を見た衝撃ったらなかった(笑)。追いケチャップ、流行るといいなぁ。

と、本シーンが監督や岸 井ゆきのにも全く予告せず行われた、成田凌のアドリブの台詞だったことも明かしています。

終電がなくなれば当たり前のようにマモルの部屋に泊まり、マモルに誘われれば平日の朝からなんのためらいもなく動物園にいく。マモちゃんのためだけに存在するテルコの日常はこれから果たしてどうなるのか?予想もしない方向に走り始 めるこの恋の行方を象徴するようなシーンとなってます。


4/19(金)『愛がなんだ』テアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://aigananda.com/

***********************************


原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)

監督:今泉力哉
脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
配給:エレファントハウス
©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ