「恵比寿ガーデンプレイス」タグアーカイブ

関根麻里登壇!蓄電池エネルギーで野外映画祭「THE POWER OF CINEMA charged by GUERNICA」レポ


映画情報どっとこむ ralph 「蓄電を、もっと身近に。未来のエネルギーを、もっと豊富に。」をテーマに、エネルギーで世界を変えることを目指す株式会社ゲルニカ。

「蓄電」の技術を極め、最終的に新しいエネルギーを生み出すことにチャレンジしたいと考え動き出しました。その第一歩となるプロジェクトとして開催されたのが、蓄電池エネルギーですべての電力を供給する世界初の野外映画祭「THE POWER OF CINEMA charged by GUERNICA」です。

7月7日(日)に東京・恵比寿ガーデンプレイス センター広場特設会場にて開催された本イベントは、映画上映機器や飲食の電気供給までのすべてを、太陽光で作られた蓄電池エネルギーを使用したお昼の野外映画祭。会場で存在感を放っていたオリジナルトラック・無料充電スポット『ゲルニカ チャージステーション』では、スマートフォンやタブレットの充電を試す来場者の姿もたくさん見られました。

THE POWER OF CINEMA charged by GUERNICA ~映画がココロにみちてゆく~
日程:7月7日(日)
場所:恵比寿ガーデンプレイス センター広場特設会場
登壇:関根麻里、MC RIO、教来石小織(NPO法人 World Theater Project 代表)、サトウダイスケ(森の映画祭実行委員会)

【上映作品】
短編映画『Charged by GUERNICA』
短編映画『映画の妖精 フィルとムー』
映画『アイアンマン』(吹替版)
映画『ニュー・シネマ・パラダイス』(字幕版)

映画情報どっとこむ ralph 「蓄電を、もっと身近に。未来のエネルギーを、もっと豊富に。」をテーマに、エネルギーで世界を変えることを目指す株式会社ゲルニカ。この度、蓄電池エネルギーですべての電力を供給する世界初の野外映画祭「THE POWER OF CINEMA charged by GUERNICA」を開催いたしました!


7日7日は七夕。小雨降る中での開催となりましたが、静岡の庭師クリエイターチーム『Branches』による美しい庭のオブジェも出現。笹に飾られた願い事の書かれた短冊が風に揺られ、庭で楽しく遊ぶお子様たちのはしゃぐ声や笑顔に満ちた空間は、映画祭を素敵に盛り上げていました。また、七夕企画として、願い事を書いた短冊の写真を撮影し、インスタグラムに「#ゲルニカ」「#七夕」とハッシュタグをつけて投稿した方の中から抽選で1名様の願い事を叶えるという特別企画も実施。さらに、抽選で10名様に9月1日発売予定のモバイルバッテリー『GUERNICA Battery No.6』をプレゼントといううれしい企画でも来場者をよろこばせていました。
芝生の緑が鮮やかな会場内には、フード&ドリンクのケータリングカーも登場。関西ビブグルマンの名店が、スパイシーカレーホットドッグ、麻婆丼、いろいろなお味が楽しめる唐揚げ、フライドポテト、さらに、季節のフルーツを使った七夕らしいカクテル『彦星オレンジロード』『織姫グレフルセレナーデ』を提供。ノリのよい関西の名物店主によるおもてなしで、楽しいフードコーナーとなっていました。

オープニングには、主催者の株式会社ゲルニカCEO伊勢木博貴、スペシャルゲストの関根麻里さんが登場。現在第二子妊娠中の関根さんは、ふんわりとしたラベンダー色のドレスに身を包み、まるで織姫様のような出で立ち。会場を見渡しながら「私も映画が大好きなので、素敵なイベントに呼んでいただいてとてもワクワクします」と笑顔で挨拶。その後、映画祭開催までの経緯をおさめたショートフィルムも上映され、ナレーションを務めたりゅうちぇるさんからのコメント映像も披露されました。ここでショートフィルムに登場した森の映画祭実行委員会代表サトウダイスケさん、ワールドシアタープロジェクト代表の教来石小織さんも加わり、野外そして蓄電池での映画祭開催の難しさや期待することやそれぞれの想いについて語っていました。
スクリーン横に設置された蓄電池のチャージ率を示す掲示板を見ながら「まだたっぷりと充電があるので安心ですね」と笑顔になる関根さん。さらに、教来石さんによるカンボジアなど電気のない村の子どもたちに映画を届ける活動については「どんな作品を上映しているんですか?」などと興味津々の様子で質問をする姿が印象的でした。オープニング最後のあいさつで関根さんは「素敵な映画祭をぜひ楽しんで、パワーをチャージしてください」と映画祭のコンセプトぴったりなコメントで締めくくりました。

この日上映されたのはストーリー原案・脚本を齊藤工さんが務めた『映画の妖精 フィルとムー』、関根さんも「大好きです!」と熱く語っていた『アイアンマン(吹替版)』と『ニュー・シネマ・パラダイス』というこだわりのラインナップ。上映後も会場内には来場者がフードやドリンクで映画の余韻に浸る姿があちこちに見られ、世界初のチャレンジ、蓄電池のパワーだけで上映する映画祭は幕を閉じました。

ゲルニカ独自のカーボンテクノロジーが生み出した地球に優しいバッテリー。従来のリチウムバッテリーよりも発熱、発火の心配が少なく、安心して長く使用することができます。電気がボタン一つで使える便利な世の中ですが、そのためにたくさんの資源や地球を犠牲にしている状況を打破するために、エネルギーへの考え方をもう一度見つめ直してみませんか。
ライフスタイルに欠かせない大切な電気は使うだけでなく貯める。「蓄電」という考え方の浸透を目指し、地球に優しく、人々の生活を豊かに。ゲルニカはこれからもエネルギーで世界を変えていきます。

***********************************


【主催】 株式会社ゲルニカ 
guernica.jp
【企画・制作】 株式会社東急エージェンシー / DENBAK-FANO-DESIGN / 森の映画祭実行委員会


8月の恵比寿マルシェは映画『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』とコラボ!


映画情報どっとこむ mari オーガニック&ナチュラルをテーマに、恵比寿ガーデンプレイス毎週日曜日のつくる人と食べる人をつなぐ都市型市場YEBISU Marche(恵比寿マルシェ)
恵比寿マルシェ
8月はインドを旅する映画 『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』とコラボレーション!

同敷地内の映画館YEBISU GARDEN CINEMAにて9月3日(土)より上映される映画『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』とのコラボが実現!南インドを旅してヨガのルーツを学ぶ本作にちなんで、カレーのキッチンカーやスパイス専門店、アップリンクが運営するカフェレストランTabelaのパティシエによるお菓子などが出店されます。

◆YEBISU Marche
毎週日曜日 各日11:00~17:00予定
コラボ日程:2016年8月7日(日)、14日(日)、21日(日)、28日(日)

会場:恵比寿ガーデンプレイス 「シャトー広場」(目黒区三田1-13-1)

公式FB:
YEBISUMarche

映画情報どっとこむ mari 映画『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』
前売り券も販売します!是非お立ち寄りください。




9月3日(土)YEBISU GARDEN CINEMA
9月10日(土)渋谷アップリンクほか全国順次公開

現代ヨガの源流T.クリシュナマチャリアの教えを辿る旅に出たヨガ初心者の映画監督。高名な弟子であるK.パタピジョイスとB.K.S.アイアンガーや子供たちのもとを訪ね、彼らから直接レッスンを受ける。

聖なる呼吸_第一弾POSTER_s本作は、ドイツ人映画監督ヤン・シュミット=ガレが、ヨガの起源に興味を抱き南インドを訪れ、“近代ヨガの父”ティルマライ・クリシュナマチャリア(1888 – 1989年)の軌跡を追った記録。

旅の中でシュミット=ガレ監督は、クリシュナマチャリアの直弟子で現代ヨガの最大流派の一つであるアシュタンガーヨガの祖・K.パタビジョイスから太陽礼拝を学び、アイアンガーヨガの祖・B.K.S.アイアンガーからアーサナ(ポーズ)の指導を受ける。そして旅の最後に、クリシュナマチャリアの三男から“命をすくうヨガ”を施される。
今やヨガ人口は世界で3億人と言われるが、20世紀初頭、インドでヨガは少数の年配者や僧侶だけにしか知られていなかった。当時、大学でヨガの実践と哲学を教えていたクリシュナマチャリアは、マイソール王国の君主に雇われ、身体能力を高めるための古典ヨガを発展させた新たなヨガの方式を確立し、これが現代ヨガの源流となった。
南インドの美しい風景と貴重な映像を交え綴られる、ヨガのルーツに出会うドキュメンタリー。
  

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/seinaru/

***********************************

監督:ヤン・シュミット=ガレ
出演:T.クリシュナマチャリアの子供たち、K.パタビジョイス、B.K.S.アイアンガー

字幕監修:ケン・ハラクマ
配給・宣伝:アップリンク

2011年/ドイツ、インド/105分/カラー、モノクロ/英語、カンナダ語、テルグ語、タミル語
     
    


鈴木保奈美さん登壇!『間奏曲はパリで』YEBISU GARDEN CINEMAオープン記念


3月28日(土)大人の街・恵比寿ガーデンプレイスに新たに誕生する「YEBISU GARDEN CINEMA」。

そのオープンを記念し、いち早く新しい映画館で本作を観ることができるプレミアムな試写会が行われました。上映されたのは、オープニング作品

間奏曲はパリで

『8人の女たち』『愛、アムール』のイザベル・ユペールを主演に、恋の都パリを舞台に、新たなる出会いに喜び、迷いながらも、本当に大切なものに気づいていく大人のラブストーリーです。

本イベントには、初の映画イベント登壇したのは、女優の鈴木保奈美さん。YEBISU GARDEN CINEMA新支配人に花束を贈呈。

間奏曲はパリで花束贈呈
トークショーでは、2009年より芸能界に復帰され、現在TVドラマや映画に活躍、家庭と仕事を両立されている鈴木保奈美さんに、映画のテーマである大人のロマンスや、女性として輝き続ける美の秘訣などについて語りました!

『間奏曲はパリで』YEBISU GARDEN CINEMAオープン記念プレミア試写会 概要

実施日:2015年3月25日(水) 19:00~

会場:YEBISU GARDEN CINEMA
(渋谷区恵比寿4-20-2 恵比寿ガーデンプレイス内)

登壇者:鈴木保奈美

トークショー 内容

MC:映画をご覧になっていかがでしたか?

鈴木さん:フランス映画というと難解なイメージですが、そんなことなくとても見やすい映画でした。知人の佐藤可士和さんが「夫婦だからといって黙っていてわかるということはない」といったのが印象的で覚えているのですが、ちゃんと表現して伝えることの大事さを感じました。アバンチュールというといやらしい感じがしますが、イザベル・ユペールがやると全然いやらしくなくてステキでした。大人の美しいエロって感じで。

間奏曲はパリで-鈴木保奈美
MC:映画では若い男性とちょっといい雰囲気になりますが、若い男性ってどうですか?

鈴木さん:大好きですよ、嵐とか! かなり歌います。車の中で聞いて娘と一緒に歌います。櫻井翔さんと共演したとき、私があまりにも曲を知っているのでびっくりしていました。


MC:ご結婚して16年になるのですよね、いまもとてもいいご夫婦という感じです。

鈴木さん:もうそんなになるんですね。そう言っていただくわりに、何かの夫婦賞とかもらったことないですけど(笑)。

MC:お仕事とご家庭の両立について

鈴木さん:全然両立できていないです。頑張ろうとして「キー」ってなることもありますし、頑張りすぎて具合が悪くなって周りに迷惑をかけることもありますよ。


MC:お子さんが大きくなられて、ご自分の時間ができたのでは。

鈴木さん:こういう映画館で自分だけの時間をつくるっていいですよね。昔は恵比寿ガーデンシネマもよく来て映画を見ました。子供達が小さい頃は一緒に見る映画はジブリやディズニーになってしまっていたので。この恵比寿は大人の映画館ということで、R指定の大人の映画もたくさん上映してほしいです。

MC:他にどんなことをこれからしてみたいですか?

鈴木さん:女友達と一緒に旅行に行きたいですね。たとえば子供が部活で遅い時に京都に日帰りとか。旦那さまとは、大きくて目立つので、ちょっと国内では難しいかも…笑。


MC:主演のイザベル・ユペールはとても美しいのですが、なんと62歳だそうです。

鈴木さん:えーっ、50代かと思った!でも映画だからそう思うのかもしれない。実際に見たらそれなりかもしれませんよ。自分もいろんなマジックを使っているので(笑)


MC:美しさの秘訣って、なにかありますか?

鈴木さん:45歳を過ぎたら、足が長いとか胸が大きいとかはもう関係ないんじゃないかな。元気があって楽しそうな人が素敵だな、と、とみに思うようになりました。その日会う人にそう思ってもらえるような人になりたいと日頃思っています。見た目はね、今はいろんな技術がありますから。


MC:映画の舞台がパリですが、何かパリの思い出はありますか?

鈴木さん:何度も行っている街です。学生の時ですが、旅行中に思い立って突然ピアスの穴をあけたんですが、日本と違って夜は薬局が全部閉まっていて、ホテルの人に相談したら、地下の警備室みたいなところに案内されて、囲まれて薬をもらったことですね。冒険したな!と記憶に残っています。

間奏曲はパリで-鈴木保奈美2
間奏曲はパリで

4/4(土)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー
オフィシャルHP:kansoukyoku-paris.jp

ストーリー
ノルマンディーの夫婦、ブリジットとグザヴィエ。子供が巣立ってからというものの、穏やかで幸せだけど平凡な毎日。いくつになっても夢見る心を忘れないブリジットに、無骨な夫は無関心。ある日、パーティで出会った魅力的なパリジャン・スタンとの楽しい時間が、彼女の心に火をつける。ひとりパリ行きの手配を始め、未知なる期待を胸に、人生を変える休日へ出かけるのだったー。

********************************************************************

監督・脚本:マルク・フィトゥシ
出演:イザベル・ユペール、ジャン=ピエール・ダルッサン、ミカエル・ニクヴィスト、ピオ・マルマイ

2014/フランス/カラー/ビスタ/99分/5.1ch/字幕翻訳:高部義之

配給/KADOKAWA
(c) 2014 Avenue B et Vito Films, Tous droits réservés.