「恒松祐里」タグアーカイブ

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』いよいよパッケージ発売!高鴨穏乃モデルジャージ同梱も!


映画情報どっとこむ ralph 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』いよいよパッケージ発売!
完全生産限定版Blu-rayには約180分超!“役満級”の特典映像を収録!

映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」
Blu-ray & DVD 2018年7月18日(水)発売
※ゲオにて同日より先行レンタル開始

さらに“本編着用”高鴨穏乃モデルジャージ同梱!

Amazonでは、限定特典として【スペシャルメイキングDVD】も付いてくる!

●完全生産限定版Blu-ray(ジャージ同梱)
価格:12,900円(税抜)
品番:VPXT-71623(JAN:4988021716239)
形態:デジパック+身フタ箱(ギフトボックス)
本編113分+ドラマ特別編22分+予告編+特典映像(本編1枚+特典1枚)/片面2層/COLOR/JASRAC/複製不能/日本国内向/レンタル禁止/16:9 <1080i High-Definition>/dts-HD/MPEG4 AVC 1)日本語リニアPCM 2.0chステレオ
2)日本語DTS-HD Master Audio 5.1ch(本編のみ)

映像特典:映画本編メイキング/キャスト登壇イベントダイジェスト映像
音声特典:オーディオコメンタリー(予定)
封入特典:ブックレット(56P予定)、“本編着用”高鴨穏乃モデルジャージ

ジャージ サイズ:着丈:70cm/身丈:52cm/肩巾:48cm/袖丈:65cm

★全形態共通応募特典:キャストの直筆サイン色紙又はサイン入りポスターが当たるキャンペーン応募ハガキ封入(公式ビジュアルガイド連動企画)

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画の内容は・・・

21世紀の麻雀ブームをリードする青春コミック『阿知賀編』
美少女てんこ盛りで映画化!

麻雀に懸ける少女たちの情熱を描いた、『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス刊)連載のベストセラーコミックを映画化し、原作ファンのみならず多くの観客を魅了した『咲–Saki–』。それに連なる新たな青春ストーリーが、ここに誕生!

『咲–Saki–』で描かれた長野県・清澄高校のドラマと同時進行し、時に交差する、奈良県・阿知賀女子学院麻雀部の物語。

先行放映されたTVシリーズでは県予選の模様が描かれたが、映画では県予選を突破し、インターハイに駒を進めた無名校・阿知賀の女子生徒5人と、全国の強豪との対決が描かれる。阿知賀はもちろん、他校の生徒たちにも絶対に負けたくない理由があった。仲間の気持ちを背負って対局に臨む、彼女たちの激闘の行方は?麻雀を愛してやまない少女たちのピュアな思い、意地と知力とプライドがぶつかり合うバトル、壮絶な戦いを経たからこそ強固になる友情。

原作コミックのそんな魅力を踏まえて描かれる、ドラマはネクスト・ブレイク必死の新進女優、アイドル、タレントの豪華競演によってエキサイティングに盛り上がる。前作『咲–Saki–』のキャラクターのサプライズ登場も見逃せない。

美少女たちの熱い闘志を体感して!

映画情報どっとこむ ralph <原作情報>

「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」
原作:小林 立 作画:五十嵐あぐり

全6巻好評発売中
定価:本体各552円+税

麻雀の全国大会を目指す、元気いっぱいの女子中学生・穏乃。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
もう一度、親友と麻雀を打ちたい……女子高生たちの熱い思いが、ここにスパーク!

全国高校麻雀大会・奈良県予選で強豪を打ち破り、インターハイ団体戦への出場を決めた阿知賀女子学院・麻雀部の5人。
高鴨穏乃は長野県代表・清澄高校の主力選手、原村和と子どもの頃に麻雀を打ったことがある幼なじみ。
彼女ともう一度対局したい。強くなった自分を見て欲しい。そして、あの頃の麻雀の楽しさをもう一度、感じたい……。
その一心で、ここまで勝ち抜いてきた彼女たちだったが、清澄と戦うためには決勝に駒を進めねばならない。
準決勝に進出した彼女たちの前に、全国レベルの強豪校が立ちはだかる。中でも西東京代表の白糸台高校は清澄高校の大将、宮永咲の姉で、無敗を誇る絶対王者、宮永照率いる優勝候補チーム。無名校の阿知賀にとって、それはあまりにも高い壁だった。大将の一年生、高鴨穏乃をはじめとする阿知賀の面々はこの強敵にどう挑むのか?
運命の戦いが、ここに幕を開ける……。

***********************************

キャスト
桜田ひより 伊藤萌々香 恒松祐里 渡邉幸愛 中山莉子
咲良菜緒 小倉優香 水春 島崎莉乃 新井愛瞳 ・ 岡崎紗絵 岩崎春果 琴海りお 高田里穂 矢野優花
志田友美 日比美思 RaMu 岩田華怜 / 工藤美桜 天木じゅん 其原有沙 北村優衣 川津明日香 岡崎百々子
浅川梨奈 永尾まりや 菊地麻衣 岡本夏美 あの / 東 亜優 やのあんな 川口智美
南沢奈央 浜辺美波

スタッフ
原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
コミック作画:五十嵐あぐり(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
脚本:森ハヤシ 音楽:T$UYO$HI
オープニングテーマ:「笑顔ノ花」/エンディングテーマ:「春~spring~」阿知賀女子学院麻雀部(Astro Voice)
制作プロダクション:ダブ 宣伝:MUSA 太秦 配給:ティ・ジョイ
製作:VAP AMUSE MBS A-Sketch DUB SQUARE ENIX TOHAN PFLUG
監督:小沼雄一
©小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト


三浦春馬主演「アイネクライネナハトムジーク」第2弾キャストに多部未華子、原田泰造・・・ら発表!


映画情報どっとこむ ralph 2008年「ゴールデンスランバー」で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞など、数多くの賞を受賞している人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集で、現在に至るまで42万部(電子書籍を除く)を売り上げるベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」が、今冬公開予定で映画化される運びとなりました。

監督はこれまでもリアルで新しい恋愛群像を描いてきた“ダメ恋愛映画の旗手”とも称される今注目の新鋭監督今泉力哉さん。今回、原作者・伊坂さんからの熱烈なラブコールを受けての大抜擢となった。

先日発表した主演は三浦春馬さん。

三浦春馬: 佐藤(サトウ)役・・・「劇的な出会い」を待つだけの男。マーケティングリサーチ会社勤務。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度本作より、新たに追加キャストが発表!!

多部未華子さん、原田泰造さん、矢本悠馬さん、森絵梨佳さん、恒松祐里さん、貫地谷しほりさん、MEGUMIさん、濱田マリさん、八木優希さんが参加し、更に本作の舞台となる仙台出身のお笑い芸人サンドウィッチマンの伊達みきおさん、富澤たけしさんも参加するなど豪華かつ個性豊かな顔ぶれが揃い、早くも期待が高まります。

<今回発表のキャストのみなさん> 

●多部未華子(29):本間紗季(ホンマサキ)役・・・偶然、佐藤と出会う女性。通称シャンプーさん。

多部未華子さんからのコメント
伊坂先生の作品でまたお声がけいただいて、とても嬉しく思っています。三浦さんとも、4年ぶりの共演になるので、今からとても楽しみです。原作の世界観に馴染めるように頑張ります。


●原田泰造(48):藤間さん(フジマ)役・・・佐藤の会社の先輩。妻と娘に逃げられる。

原田泰造さんからのコメント
今回この映画に出演できることが本当に嬉しいです。僕が演じるのは、妻に逃げられたサラリーマン藤間の役です。
全力で頑張ります!

●矢本悠馬 (27) :織田一真(オダカズマ)役 ・・・佐藤の学生時代からの友人。変わり者。
●森絵梨佳 (29):織田由美(オダユミ)役・・・一真の妻。学生時代モテモテのマドンナ。
●恒松祐里 (19) :織田美緒(オダミオ)役・・・成長した一真と由美の生意気な娘。高校生。
●貫地谷しほり(32):美奈子(ミナコ)役・・・織田由美の同級生。美容師。声しか知らない男に恋をしている。
●MEGUMI (36) :板橋香澄(イタバシカスミ)役・・・美奈子の美容室の常連。何かと美奈子を気にかけている。
●濱田マリ(49):久留米マリ子(クルメマリコ)役・・・織田美緒と亜美子のクラスメイトの母親。
●八木優希(17):亜美子(アミコ)役・・・織田美緒の親友。高校生。
●サンドウィッチマン 伊達みきお(43)・ 富澤たけし (43) :(秘)

映画情報どっとこむ ralph 作家・伊坂幸太郎がアーティスト・斉藤和義からのオファーで、“出会い“をテーマにひとつの短編を書き上げたことから始まった

原作に、また新たな”出会い“が重なり、この4月から仙台オールロケでの撮影が開始される本作に、引き続き、ご注目下さい!

「アイネクライネナハトムジーク」

Eine kleine Nachtmusik 
【アイネ・クライネ・ナハトムジーク】
ドイツ語で、【小さな夜の曲】の意味。モーツァルトの有名な楽曲のタイトル。

今冬、全国ロードショー

物語 

ギターの弾き語りが心地よく響く仙台駅前。大型ビジョンからは、ボクシング世界戦のタイトルマッチに沸く声。「劇的な出会い」を待つだけのボク・佐藤(三浦春馬)は、街頭アンケートを実施中だ。今時なかなか相手にしてもらえない中、珍しく快く応えてくれたのはリクルートスーツの女性(多部未華子)。手には「シャンプー」の文字。これって運命?そういえば居酒屋で雇われ店長をやってる親友が言ってたっけ「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」って。確かに、そんな彼には分不相応なほど美人の奥さんと可愛い娘がいて、幸せそうにやってる。運命って、奇跡って、幸せって?音と音がつながってメロディが生まれるように、誰かと誰かがつながって物語が生まれる――それは、恋とか愛にまつわる物語。新しい恋愛映画、誕生!

***********************************

監督:今泉力哉
キャスト:三浦春馬
多部未華子、原田泰造、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、貫地谷しほり、MEGUMI、濱田マリ、八木優希
サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)
配給:ギャガ


映画『虹色デイズ』 EDテーマは降谷建志が書下ろし!予告映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星 4人主演!

映画『虹色デイズ』が、7月6日(金)より全国公開することが決定しました!!

本作は、たった一度だけの青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリーです。

映画情報どっとこむ ralph そして、映画のエンディング・テーマは、降谷建志(Dragon Ash)がソロとして書下ろした新曲「ワンダーラスト」に決定しました!

映画からインスパイアを受けて制作された「ワンダーラスト」。日々の出来事から明日へ向かう旅立ち、青春から次の世界への旅立ちなど、さまざまな物事を抱え乗り越えながら先へ進んでいく、この世代特有の心情を楽曲に映しこんでいます。

降谷建志さんからのコメントが到着しました!

作品の始まりから終わりまで、その全てを観て感じて曲を創らせてもらいました。
この映画と出会わなければ決して生まれる事のない、選ぶ事のない旋律や言葉を見出してくれてありがとうございます。
晴々としたエンディングから、観る人の劇場を出るまでの歩調がほんの少し軽やかになれば幸いです。    

映画情報どっとこむ ralph さらに、劇中の様々なシーンに散りばめられる挿入歌には、豪華アーティストたちの楽曲を使用。オープニングには映画タイトルにも繋がる、フジファブリックの「虹」。そして同じくフジファブリックの「バウムクーヘン」や、阿部真央の「17歳の唄」、さらに劇伴を手がける海田庄吾が作曲・飯塚健監督自ら作詞し、Leolaが歌う新曲「群青」、 SUPER BEAVERの「your song」など、男子高校生の青春を虹色に彩ります。

エンディング・テーマ「ワンダーラスト」の楽曲も今回解禁となり、フジファブリック「虹」と共に流れる予告編映像も完成!

男子たちの友情だけでなく恋の要素も加わったことで、10代には憧れや共感を、20代以上には心地よかった仲間との青春時代を思い出す、甘酸っぱくも楽しい映像となりました。
 


原作は″男子の本音がわかっちゃう“No.1青春コミック「虹色デイズ」(水野美波/集英社マーガレットコミックス刊)。少女コミックながら<主人公が男子高校生>という斬新な設定が人気を呼び、累計発行部数は300万部を突破。その実写映画化を手掛けるのは、『大人ドロップ』の新鋭・飯塚健監督。若者たちのリアルな感覚と青春の輝きを〝今しか撮れない”映像で紡ぎます。笑って、悩んで、恋をしてーーいつだってみんながいた。あふれるほどの【友情】と【恋】を駆け抜ける、たった一度の青春。いつもの毎日に、七色のキセキが輝く。この夏、男子だって本気で恋をする、新しい青春映画のバイブルが誕生します。

いつもの毎日に、七色のキセキが輝く
笑っって、悩んで、恋をして――いつだってみんながいた。
[友情]と[恋]を駆け抜ける、男子高校生4人の感動青春ストーリー!

物語・・・
ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

***********************************

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星
     吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希(E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊) 
監督:飯塚健
脚本:根津理香/飯塚健
音楽:海田庄吾
エンディング・テーマ:「ワンダーラスト」降谷建志(ビクターエンタテインメント/MOB SQUAD)
挿入曲:フジファブリック/阿部真央/Leola/SUPER BEAVER
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社


神田沙也加が魔法少女に!『3D 彼女 リアルガール』新​キャスト情報が解禁


映画情報どっとこむ ralph 那波マオ先生原作『3D 彼女 リアルガール』(全12巻)がついに主演:中条あやみ × 共演:佐野勇斗​ × 英勉監督で実写映画化!

4月からは、日本テレビ AnichU 枠ほかにてアニメ放送がスタートすることも決定し、ますます注目が高まっています!

主人公の派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉を演じるのは中条あやみ。

そして、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルの世界に没頭するオタク高校生“つっつん”こと筒井光を演じるのは佐野勇斗(はやと)。

メガホンをとるのは映画『ヒロイン失格』『未成年だけどコドモじゃない』などで若者の心を掴んで離さない、英勉。映画『ヒロイン失格』のスタッフが再集結し、パワーアッ プしたラブコメがスクリーンに帰ってきます!

そして!​新​キャスト情報が解禁です!


映画情報どっとこむ ralph オタク高校生・筒井(佐野勇斗)が愛してやまない本作オリジナルのアニメキャラクター『魔法少女 えぞみち』の声優に、神田沙也加さんに決定なんです!

えぞみちは、“二次元にしか興味が無い”筒井にとって、心の支えとも言える重要なキャラクター。

「~~べさ」という北海道弁を彷彿とさせる(?)語尾が特徴的な魔法少女で、筒井の部屋にはえぞみちのフィギュアやポスターがずらりと飾られているという設定。色葉と筒井が二人で『魔法少女 えぞみち』を鑑賞する他、本作の重要なシーンで度々登場するという役どころです。


これまで映画『アナと雪の女王』など数々の人気アニメーション作品で声優を務めてきた神田さんですが、今回は実写映画で劇中アニメキャラクターの声を演じるという異色の試み。今回の出演について

神田さん;オファーを頂いて、すごく嬉しかったです。実際に原作も読ませて頂きましたが、『実写にしたらすごく新しい試みなんじゃないかな』と思って、アフレコをすごく楽しみにしています。えぞみちも可愛くて、ファンになりました!まず、ツインテールという時点で、私の中でかなりポイントが高いです!えぞみちとして、二人の恋路をからかいつつ見守れたら良いなと思います。

と期待感高まるコメントを寄せています。なんと今回の声優出演は、英勉監督からの熱烈なラブコールによって実現し、オファーにあたっては神田さんに手紙を送ったそうです。

映画情報どっとこむ ralph また、二次元にしか興味が無い息子の将来を心配し騒々しく見守る筒井の家族に、映画『ヒロイン失格』での味のある演技が記憶に新しい、竹内力さん(父)&濱田マリさん(母)&荒木飛羽さん(弟)が決定。

映画『ヒロイン失格』チームが再び贈るラブコメに、個性的すぎる一家が彩りを添えます!

さらに物語の重要な鍵を握る色葉の主治医・間淵慎吾役に三浦貴大さんの出演が決定しています。


映画『3D彼女 リアルガール

2018年・秋、全国ロードショー

公式 HP:3dkanojomovie.jp
公式 Twitter:3Dkanojomovie

チームが再び贈る 3次元リアル美少女×恋愛経験ゼロの2次元オタク男子による大純愛スペクタクル!

あらすじ・・・
“つっつん”こと筒井光は、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルな世界を愛する高校生。

オタク仲間の伊東と、愛するアニメのヒロイン・魔法少女えぞみちのおかげでこれまで何とか生きてきた。 ある日、プール掃除を一緒にやるハメになった、 派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉から突然の告白!

18年間バーチャルの世界に居場所を求め、リアルなコミュニケーションを避けてきたつっつんと、 色葉の恋の行方とその先に待ち受ける衝撃の展開から目が離せない!

3次元リアル美少女×2次元オタク男子による、 笑って泣いてキュンとする「美女とオタク」のラブストーリー誕生!!

キャスト/役名
中条あやみ/五十嵐色葉(いがらし いろは)
佐野勇斗/筒井 光(つつい ひかり)
※佐野勇斗さんのお名前の読みは「はやと」さんです※
神田沙也加/えぞみち
竹内 力/筒井 充(つつい みつる)
濱田マリ/筒井紀江(つつい きえ)
三浦貴大/間淵慎吾(まぶち しんご)
荒木飛羽/筒井 薫(つつい かおる)
※荒木飛羽さんのお名前の読みは「とわ」さんです※

***********************************

中条あやみ 佐野勇斗 清水尋也 恒松祐里 上白石萌歌 ゆうたろう 三浦貴大 / 神田沙也加(声の出演) 濱田マリ 竹内 力

原作:那波マオ 『3D彼女 リアルガール』(講談社「KC デザート」刊) 累計120万部突破!デジタル版が驚異的な売り上げ伸長率で話題沸騰! 映画化を記念して、新装版全12巻 2017 年8月10日より刊行開始!!
監督:英勉
配給:ワーナー・ブラザース
ⓒ2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ⓒ那波マオ/講談社


桜田ひより、浜辺美波!シャッター音が鳴りやまない美少女祭!『咲-Saki-阿知賀編』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大人気コミック「咲-Saki-」が実写ドラマ・映画化プロジェクト第2弾として制作されたもうひとつのガールズマージャンストーリー本格美少女麻雀物語『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』劇場版。

本日1月20日に初日を迎え、新宿バルト9にて美少女10名(阿知賀女子学院から桜田ひより、伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛、中山莉子、白糸台高校から浜辺美波、志田友美、日比美思、RaMu、岩田華怜)と監督が登壇する舞台挨拶が行われました。

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』初日舞台挨拶
場所:新宿バルト9
日時:1月20日(土)
登壇 :
阿知賀女子学院:桜田ひより、伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛、中山莉子
白糸台高校:浜辺美波、志田友美、日比美思、RaMu、岩田華怜
小沼雄一監督
MC:川口智美

映画情報どっとこむ ralph 会場を埋め尽くしたファンは、ほぼほぼ男性!記者も心なしか男性比率が高い気が。

阿知賀女子学院の高鴨隠乃役の桜田さんは主演作の公開に
桜田さん:『咲』のCDもそうだし、PVもドラマ主演も映画も、すべてに初めてが詰まった作品。5年、10年経った後にも、いくつになっても初心に戻れる作品になった。このメンバーでまた仕事ができるように頑張りたい。

と感無量のご様子。

前作で咲役を務めた浜辺さんは今作では姉の白糸台高校の宮永照役で出演していて2作連続
浜辺さん:前作で咲、今作で照という役柄で出演するという貴重な経験ができた。初日を迎えられて嬉しいです。

と喜びをファンに向けて話しました。

映画情報どっとこむ ralph 浜辺さん:高校一年生の時に咲、高校2年生で照を演じて、このシリーズは私にとっての青春のようなもの。私の夏は毎年咲に捧げているので、3本目は18歳になって労働基準法がゆるくなったら、もう今昼?夜?みたいな感じで台本を変えてもらって、しかも1日で撮りきっちゃったりして、そんな『咲』の3年目があればいいですね。

とさらなる続編を希望。

そんな浜辺さんに

RaMuさん:みんなでモニターを見ながら『可愛いわ~!』と。本当に浜辺美波さんが美しくて、美しくて。

と美貌絶賛で、ほかの共演者からも「もはや異次元」との声が上がった。それに対して

浜辺さん:私もみんなを見ながら『この角度を耐えられるのはこの子しかいない』と見ていました

と話すと、全員一斉の「いやいやいやー!」の総ツッコミ状態に!
映画情報どっとこむ ralph 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』への思いについて

阿知賀女子学院
伊藤さん:あと5年したら、ひよりちゃんは20歳。そこに驚くけれど、その時はこのメンバーで集まって思い出話をしたい。
恒松さん:ひよりちゃんが20歳になったら、お酒を飲み交わしながら祝福したい。この作品でそれだけのいいメンバーに出会えたから。
とシミジミ。

渡邉さん:夢を叶えてもらった作品。忘れられない思い出になった
中山さん:このドラマで演じたように、大人になったときに綺麗なスン!とした顔になれるよう、作品から学んでいきたい!
と既に皆将来を見つめる女優陣。

映画情報どっとこむ ralph 白糸台高校

志田さん:この作品で20歳の夏の1か月をマージャンに捧げた思い。それを5年後くらいに改めて今の自分に、『しぶいことしてるね!』と言ってあげたい
日比さん:この作品でアーチェリーに挑戦したので、将来はアーチェリー選手かも。
アーチェリーにハマった?ビックリ発言。

RaMuさん:将来この作品の自分の演技を見て恥ずかしいと思ったら、それは成長。5年後くらいに恥ずかしがって見ながら、お酒を飲みたい!
岩田さん:2作目を上映できるのはありがたいこと。この作品は、萌え系ファンタジー漫画を原作にしたレジェンド的映画になるのではと期待。出演したことは自分の誇りになりました。
と黒髪バッサリ、染めた甲斐があったと口にしました。

映画情報どっとこむ ralph 小沼監督:こういったジャンルの映画がシリーズとして作られ、このように初日を迎えられるのは奇跡。前作をファンの方が後押ししてくれたことで実写化できたし、ファンの方々の思いと、キャストの皆が仲良く真摯に取り組んでくれたことが大きい。

と数多くのエールに感謝。


最後に・・・
桜田さん:最初は不安で緊張したけれど、わからないことがあっても、現場のスタッフ・キャストの皆さんが温かく迎えてくれた。だから伸び伸びと演技ができたと思います!

そして!フォトセッションと
『咲』恒例、サイン入り牌投げの儀が行われて
桜田さんジャンプ投げ!!!
初日舞台挨拶を終えたのでした。


***********************************

原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
コミック作画:五十嵐あぐり(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
制作プロダクション:ダブ
©小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト