「応援上映」タグアーカイブ

中村ゆりか、岡本夏美 登壇!『映画 賭ケグルイ』応援上映舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒットコミック「賭ケグルイ」。スピンオフも数多く発表されそのシリーズ累計500万部を突破。2018年1月には実写ドラマ化され、続編となる「賭ケグルイ season2」も若手キャスト陣の振り切った演技が大きな話題となりました。そして、原作者・河本氏がシナリオ原案・監修を務めた完全オリジナルストーリーとなる『映画 賭ケグルイ』がまだまだ、大ヒットロングラン上映中です!さらに、副音声上映も好評を博すなど公開後もなお、“賭ケグルイ”旋風が吹き荒れる本作。

この度、吉祥寺オデヲンにて2回目の応援上映が実施され、応援ゲストに五十嵐清華(いがらしさやか)役の中村ゆりかさん、西洞院百合子(にしのとういんゆりこ)役の岡本夏美さんが登壇!今だから話せる撮影秘話などエピソードトークを披露しました。
『映画 賭ケグルイ』応援上映舞台挨拶イベント
日程:6月29日(土)
場所:吉祥寺オデヲン
登壇:中村ゆりか、岡本夏美

映画情報どっとこむ ralph 6月15日に実施された『映画 賭ケグルイ』の応援上映舞台挨拶が好評につき、第二回目が、同じく吉祥寺オデヲンで開催された。浜辺美波演じる蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)らと敵対する生徒会メンバーとして、ドラマseason1から作品に参加する五十嵐清華(いがらしさやか)役の中村ゆりかさん、西洞院百合子(にしのとういんゆりこ)役の岡本夏美さんが応援ゲストとして登壇!今だから話せる撮影秘話などエピソードトークを披露しました。

登壇するや否や場内は既に大盛り上がりのなか、応援ゲストとして登壇した中村さんと岡本さん自身は応援上映の存在は知っていたものの、こうして応援上映の現場に足を運んだのは初めてだそう。

岡本さん:今回「賭ケグルイ」のイベント自体の参加が初めてなので、うれしいです。楽しみます。

と語るなか、突如MCによる「せーの!」の合図に続き、会場の観客から「お誕生日おめでとうー!」と2日後に21歳の誕生日を迎える岡本さんにお祝いコールが向けられる一幕も(岡本夏美さん誕生日:7月1日)。突然のサプライズに動揺するなか、中村さんからも自身が選んだプレゼントを渡し、

岡本さん:こんなに大勢の方から一度に祝われるのは初めて。

と感激している様子。


ドラマseason1、season2、そして本作、『映画 賭ケグルイ』と撮影に参加していた中村さんと岡本さん。
家族や友人からも多くの反響があったそうで、その中で中村は家族からは「いっぱいしゃべってるね(笑)」と言われたことに対し、

岡本さん:私もずっと目瞑ってるねって言われた(笑)

と明し、会場の笑いを誘った。

さらに、「賭ケグルイ」の撮影を振り返る質問で

中村さん:セリフが多いので、セリフが飛んだらどうしよう、とプレッシャーを感じながらやってました。

と当時を振り返る一方で他のキャストのアドリブ合戦について

中村さん:羨ましかったです。木渡さんと芽亜里さんペアが特に。私も入りたくでちょっとそのアドリブの輪に入ってみたことがあるんですが、監督から即座にダメと言われてしまいました。

と明かした。岡本さんは目をつむるキャラについては、

岡本さん:目をつむりながらの演技は難しかったです。映画版では目をつむったまま早歩きをするという演出を監督から頂いて、目をつむりながら早歩きしたんですが、スタッフさんからは次は自転車乗れるんじゃない?と冗談言われたりして(笑)

と語り、

中村さん:西洞院さんが自転車って急に生活感でますね。

と笑いを誘った。

映画情報どっとこむ ralph さらに、MCからそれぞれ応援したいキャラクターが聞かれると、中村さんは柳美稀さんが演じる、生志摩妄(いきしまみだり)を挙げ、

中村さん:ぶっ飛んだキャラクターが個人的にセクシーだと思っていて、同じ現場で彼女が演じている時、私はずっとモニターを見ていました。

少々歪んだ妄への愛を語る一方、

岡本さん:やっぱり・・・夢子ですね。“賭け狂いましょう”は私も一緒に言いたいですね。

と主演浜辺美波演じる蛇喰夢子を挙げた。

妄の登場シーンの掛け声案を中村さんが問われると

中村さん:“撃って~”はどうでしょうか?

と掛け声を提案する一幕も。

イベントの最後に

中村さん:どういう気持ちでお客さんが賭ケグルイを応援して楽しんでくださっているのかが伝わってきてうれしいです。もっと応援上映増えたらいいなと思います。

岡本さん:一人でしっぽり見る映画も良いですが、みんなで楽しむ映画も素敵だな思います。そんな作品に携わらせていただきてとても うれしいです。

本作への愛を語りイベントは幕を閉じた。

そして、応援上映がスタートすると前回にもまして冒頭から会場のボルテージは最高潮に!タンバリンが鳴り、サイリウムの光が煌々と輝く中、各キャラへの応援やツッコミが炸裂!最後にはお決まりの夢子コールがまき起こり、大盛り上がりの応援上映となった。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 賭ケグルイ』

大ヒット公開中!
公式サイト: http://kakegurui.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/kakegurui_jp

『映画 賭ケグルイ』本ポスター
≪ストーリー≫
創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。
勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。
この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。
一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない
常軌を逸したギャンブル狂だった。
学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客を送り込むも次々と撃破。
学園は夢子を中心に大きく動き出そうとしていた。
生徒会はついに、全校生徒を巻き込んだ百花王学園史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する―


***********************************


出演:浜辺美波 高杉真宙 森川葵 宮沢氷魚 福原遥 伊藤万理華 松田るか 岡本夏美 柳美稀 松村沙友理(乃木坂46) 小野寺晃良 
池田エライザ 中村ゆりか 三戸なつめ 矢本悠馬

監督:英勉
脚本:高野水登 英勉
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
シナリオ原案:武野光・河本ほむら(小説:「賭ケグルイ戯」より)
シナリオ監修:河本ほむら ゲーム監修:オインクゲームズ
主題歌:そらる「アイフェイクミー」(Virgin Music) オープニングテーマ:PassCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
配給:ギャガ
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『名探偵コナン 紺青の拳』期間限定 応援上映決定!!


映画情報どっとこむ ralph 4月12日(金)に公開した劇場版23作目『名探偵コナン 紺青の拳』が、公開から38日間で、観客動員651万人、興行収入83億円を突破(興行通信社調べ)!公開から一か月以上たった今でも昨年比115%で推移を続けるなど、驚異の成績を打ち出し続け、去年社会現象を巻き起こし、最終興収91.8億円を記録した『名探偵コナン ゼロの執行人』を超えるペースでの上映が続いています!

そしてこの度、沢山のコナンファンからの熱いリクエストを受けて、5月30日(木)に全国13都市20劇場にて『名探偵コナン 紺青の拳』応援上映が決定しました!!

その名も「根性の応援上映」。

コスプレOK、うちわ・ペンライトOK、もちろん声援や声掛けOKで、実際にコナン達と一緒にシンガポールへ【出国】した気持ちになれること間違いなしの上映となっております。

シンガポールを舞台に巻き起こるド派手なアクションシーンのほか、いつも余裕な怪盗キッドが追い詰められる姿や400戦無敗の空手家・京極真の会心の一撃など、大スペクタルな映像満載の本作はまさに応援上映にぴったりです!
名探偵コナン紺青の拳
日程:5月30日(木) 
劇場:TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ渋谷、池袋HUMAXシネマズ、TOHOシネマズ川崎、TOHOシネマズららぽーと船橋、MOVIXさいたま、TOHOシネマズ仙台、TOHOシネマズ浜松、札幌シネマフロンティア、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、TOHOシネマズ鳳、TOHOシネマズ西宮OS、TOHOシネマズ二条、広島バルト11、Tジョイ博多、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、ミッドランドスクエアシネマ  
(全国13都市20劇場)

※「応援上映」の販売・上映スケジュール等の詳細につきましては、随時、各劇場のHPにて発表して参ります。

映画情報どっとこむ ralph 『名探偵コナン 紺青の拳』

全国東宝系にて大ヒット公開中!

公式サイト:
http://www.conan-movie.jp

名探偵コナン紺青の拳 名探偵コナン紺青の拳 STORY 
19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた―。一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!? そして、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

かつて海底に葬られた【伝説の秘宝】が時を経て、“獅子の国”に蠢く巨大な闇を呼び覚ます!
名探偵コナン怪盗キッド. 名探偵コナン京極真 名探偵コナンアーサー・ヒライ(江戸川コナン)
***********************************


原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:永岡智佳
脚本:大倉崇裕
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝
(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『映画 少年たち』応援上映 全国155館でライブビューイングも実施


映画情報どっとこむ ralph 1969年の初演から50年― 伝説として語り継がれる舞台を映画化した『映画 少年たち』。3月29日(金)に公開し、ぴあ映画初日満足度調査では1位を獲得(3月30日ぴあ調べ)、現在も大ヒット公開中です。

そしてこの度、大反響だった<映画と実演>を、全国のファンからの熱い要望に応え「映画と実演 アンコール上映会」を実施しました。

SixTONES(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、Snow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、向井康二)、なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、 長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)、室龍太、宮近海斗(Travis Japan)、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者ら、総勢53名が登場し、映画上映とともに集大成ともいえるコンサートさながらのライブ・パフォーマンスを披露!!

会場は熱狂と大歓声に包まれました。さらに、このイベントの模様は全国155館でライブビューイングされ、全国一体となるイベントとなりました。
『映画 少年たち』 映画と実演 アンコール上映会
日時:4月15日(月)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:赤房(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)
青房(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)
黒房(西畑大吾、向井康二、室龍太)
宮近海斗、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也
HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者

映画情報どっとこむ ralph 上映後の実演では、最終カットが終わるや否や、劇中でも歌われている「君にこの歌を」の曲と共に少年忍者が登場すると会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こりました。続いてHiHi Jets、美少年、さらにSixTONES、Snow Man、なにわ男子、向井康二、室龍太、宮近海斗、7 MEN 侍と続き、会場のボルテージは最高潮に!最後には53名全員がステージに上がり、「Tokyo Experience」を披露。計18曲の豪華なパフォーマンスが披露されました。

 続く上映前の実演では、曲を変えてグループごとにパフォーマンスを次々と披露。最後には再び53名全員が登場し、本編でも歌われている楽曲を含む計16曲が披露され、映画と実演の豪華なショーとなりました。

 初日から数えて計36回の実施となった<ジャニー喜多川が贈る『映画 少年たち』映画と実演>。もう一度見たいという要望と全国からも「観てみたい!」という声が高まった本アンコール上映イベントは、北海道から沖縄まで、全国155館でライブビューイングされました。 それを受けて、各グループが全国の地域に呼びかける場面も。

田中樹さん:大好評につき、こうやって大人数でアンコール上映会をさせていただくことができました。皆さんのおかげです。ありがとうございます!

とコメント。

京本大我さん:皆さん、少年たちをこれからも盛り上げていきましょう!

と声がけ。
更に深澤辰哉より、本作が第9回北京国際映画祭で上映された話があがると、

ジェシー:昨日映画祭に代表して参加させていただきましたが、世界にも『映画 少年たち』を知ってもらえるのは本当に嬉しいです。今後もこの勢いで日本ももちろんのこと、世界で広まっていってほしいなと思います。

とコメントしました。


映画情報どっとこむ ralph 最後に、

岩本照さん:半世紀に渡って演じられてきた『少年たち』は、ジャニーさんの愛が詰まった作品です。これからも皆さんに応援していただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

ジェシーさん:皆さん本日はありがとうござました。こうしていろいろな形でお仕事をさせていただけることはとても嬉しいことです。今後も僕たち、ジャニーズ、そして『映画 少年たち』をよろしくお願いいたします。

と締めくくり、<映画と実演>アンコール上映会は日本中を巻き込んだかつてない大イベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 少年たち』

オフィシャルサイト:
http://shonentachi-movie.jp/

【STORY】
2012年、とある少年刑務所。ここは犯罪に手を染めた少年たちがそれぞれの事情を抱えて収監される場所。刑務所内にはいくつかの房がある。赤房と青房の少年たちは互いをライバル視して喧嘩を繰り返し、黒房はそれを面白がって傍観している。常に監視され抑圧された刑務所ではあるが、それでもシャバよりはましだ。 ある日、刑務所に一人の新入りがやってくる。身寄りのない彼は誰とも馴染もうとせず、いつも独りぼっちで日記を書いていた。そんな頃、新しい看守長が赴任してくる。徹底的にお前たちを鍛えなおす、と高圧的に告げ、少年たちを暴力で支配し始める看守長。以来、地獄のような日々が少年たちを待っていた。新入りは、いじめを受けた自分を庇い、懲罰を受ける同じ雑居房の少年に心を寄せるようになっていく。いつしか二人は親友になり、仲間も増え、夢を語るようになる彼ら。しかし、看守長の圧制はいよいよ厳しさを増し、我慢の限界にきていた少年たちは団結し、密かにある計画を練るが…。

***********************************

ジェシー 京本大我 髙地優吾 松村北斗 森本慎太郎 田中 樹 / SixTONES
岩本 照 深澤辰哉 渡辺翔太 阿部亮平 宮舘涼太 佐久間大介 / Snow Man
西畑大吾/なにわ男子 向井康二/Snow Man 室 龍太 正門良規/Aぇ!group 小島 健/Aぇ!group
宮近海斗/Travis Japan 大西流星/なにわ男子 嶋﨑斗亜/Lilかんさい 中村嶺亜/7MEN 侍 川﨑皇輝/少年忍者
HiHi Jets 美 少年 7 MEN 侍 少年忍者 Jr.SP なにわ男子 関西ジャニーズJr.
戸塚祥太(A.B.C-Z) 山下リオ 森口瑤子 伊武雅刀 横山 裕

製作総指揮:ジャニー喜多川
監督:本木克英 脚本:石川勝己 脚本協力:川浪ナミヲ 高見健次 音楽:長谷川雅大
撮影:南野保彦 照明:江川敏則 美術:須江大輔 録音:栗原和弘 松本悟 編集:川瀬功(J.S.E.) 助監督:井上昌典 振付:SANCHE
特別協力:法務省
企画協力:ジャニーズ事務所
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:松竹
ⓒ映画「少年たち」製作委員会  





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

成瀬瑛美もゲスト登壇!歴代プリキュア大ヒット記念!~ミラクルライト応援上映イベント~


映画情報どっとこむ ralph 2018年、15周年アニバーサリーイヤーを迎え、大きな話題となったプリキュアシリーズ。これまでファンと共に築いてきた15年分の歴史を引き継ぎ、2019年プリキュアは新たなステージへと踏み出します!!

このたび、劇場版最新作『映画プリキュアミラクルユニバース』の公開に先立ち、前作『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』の歴代最高となる大ヒットを記念いたしまして、「大ヒット記念!~ミラクルライト応援上映イベント~」を新宿バルト9にて行われました!


「大ヒット記念!~ミラクルライト応援上映イベント~」
日付: 2月21日(木)
場所:新宿バルト9
登壇:宮本浩史(監督)、神木 優(プロデューサー)、内藤圭祐(プロデューサー)
スペシャルゲスト:成瀬瑛美(キュアスター/星奈ひかる)

映画情報どっとこむ ralph 平日の遅い時間にも関わらず、会場は満席!!
『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』の宮本浩史監督と神木優プロデューサー、「HUGっと!プリキュア」の内藤圭祐プロデューサーが登場すると、会場は大きな拍手に包まれました。

宮本監督:本日は、今まで振ることができなかったミラクルライトを力いっぱい振っていただけると嬉しいです!本日はよろしくお願いします。

と挨拶をすると、会場からは笑いがこぼれました。

歴代55人のプリキュアが登場したことでも大きな話題となり、”プリキュアイヤー”となった15周年の集大成ともいえる作品にふさわしく、歴代最高の大ヒットを達成した今の気持ちを聞かれると、

宮本監督:まさか歴代最高記録を越えられるとは思っていなかったので、びっくりしました。この映画単体でというよりも、タイトルにメモリーズ、とついているように、15年間皆様が愛してくださったメモリーがあったからこその記録だと思っております。本当にありがとうございます。

神木プロデューサー:観てくださった一人一人の方がたくさん周りに口コミしてくださったおかげだと思っております。本当にありがとうございます、お疲れさまでした!

と笑顔で語りました。



この日は、限定入場者プレゼントとして、通常は中学生以下の子どもにのみ配布している応援アイテム“ミラクルライト”を入場者全員に配布!

プリキュア映画史上初の試みに、会場は大興奮となりました。そこで、大人と子供のミラクルライトでの応援上映の楽しみ方の違いを問われると、

宮本監督:劇中の応援ポイントとしては、昨年のコメンタリー上映の際に音楽担当の林ゆうき先生が命名した“ハム演説”の部分ですね。「HUGっと!プリキュア」のハリーが応援を呼びかけるシーンです。大人と子どもの違いというと、大人の方は15年前から応援してくださっているということで、各世代それぞれとの想い出を噛みしめながら応援していただけるのが大人ならではだと思います。

神木プロデューサー:今日は大人の方が多いので、目一杯叫んで、声援のボリュームの最高記録を更新してください!

と呼びかけ、会場の笑いを誘いました。

一方、「HUGっと!プリキュア」を1年間終えた感想を聞かれ

内藤プロデューサー:本当にホッとしました。

と正直な想いを口にし、「HUGっと!プリキュア」チームの成長を感じた点を聞かれると、

内藤プロデューサー:この映画では、CGパートを先行してプレスコで録ったのですが、その後の作画パートのアフレコでは、はぐプリチームの成長が感じられました。プレスコ部分を成長したギリギリの状態で演じてもらうために、録り直したりもしました。1年という長丁場なので、そういった成長を感じられるところも楽しんでいただけると思います。

と語りました。

また、映画と連動してTVシリーズにも歴代のプリキュアを登場させた経緯については、

神木プロデューサー:監督となんとなく、TVと連動させたいねという話はしていたのですが、まさか本当に実現できるとは、という感じでしたね。

内藤プロデューサー:TVでやる内容ではない、と周囲に怒られながらもなんとか実現しました。

と語り、意外な制作の裏話に会場からは驚きの声があがりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、この日のスペシャルゲストとして、3月16日(土)公開の『映画プリキュアミラクルユニバース』より、「スター☆トゥインクルプリキュア」でキュアスター/星奈ひかる役を演じる成瀬瑛美が映画プリキュアの応援アイテム・ミラクルライトを振りながら登場!会場もミラクルライトを振って応え、ボルテージは一気に最高潮に!!本作のプロデューサーも務めている内藤プロデューサーとともに、最新作の魅力を語りました。

本作のポイントについて、

内藤プロデューサー:各世代のコラボレーションは秋の映画でやっていたので、ちょっと別の方向で攻めたいなと考えまして、今回は今まで以上に参加型で、劇場の一体感を感じられるような映画を目指したいなと思いました。そこで、子どもたちとプリキュア、みんなの想いをつなぐこの“ミラクルライト”に焦点をあてたストーリーで制作を進めております。

と語りました。


今回「スター☆トゥインクルプリキュア」で初めて声優を務めた成瀬さんは、「HUGっと!プリキュア」「キラキラ☆プリキュアアラモード」とも共演した映画のアフレコについて

成瀬さん:憧れの先輩方と和気あいあいとアフレコをさせていただけて、本当に夢のようで、キラキラでミラクルな現場でした!スタプリチームとしても絆が深まりましたし、私がくじけそうなときにチームのみんなや先輩が励ましてくださったり、みんなで協力しながら作り上げた、私たちにとってもミラクルで想い出がいっぱい詰まった映画になったと思っております。

と興奮気味に初めての映画への想いを語りました。

さらに、いつも劇場でプリキュア映画を鑑賞しているという成瀬さんは、

成瀬さん:いつもは劇場の後ろのほうの席で小さくなってプリキュアを応援しているんですが、今日は皆さんが一生懸命声を出して応援している姿を見て、私もプリキュアを応援したくなりました。次の春映画でも、またこうやってたくさん応援して頂けると嬉しいです!!

と語りました。

春映画の楽しみ方について問われると、

内藤プロデューサー:スクリーンとの一体感を感じていただきながら、映画館で、アトラクションのような、また来たくなるような、そんな想い出を持ち帰っていただきたいなと思っています。

成瀬さん:映画としてだけじゃなく、遊びに行くような感覚で楽しんでいただける素敵な作品になっています。ひとりでもみんなでも、いろんな楽しみ方を見つけて、皆様に全力で楽しんでいただきたいなと思っております。一緒に楽しもう!!

と呼びかけ会場を盛り上げました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

宮本監督:プリキュアが今後は100人を越えてほしいと思います!本日は思いっきり楽しんでいってください。ありがとうございました。

神木プロデューサー:皆様の応援が全部つながってこの場があるということを、改めて感謝しております。私たちも今から一緒に応援しますので、頑張りましょう!

内藤プロデューサー:この秋映画が15周年記念の映画ということで、春映画は16年目のスタートとなります。全力で楽しんでいただけるような方向性で、目下制作中でございます。(会場からは「頑張れー!」の声が。)春映画のほうも、どうぞよろしくお願いいたします。

成瀬瑛美:プリキュアの映画は、とにかく楽しいです!観て楽しい、応援して楽しい、そんな映画なので、一緒に楽しみましょう!!応援よろしくお願いします!!

舞台挨拶終了後の応援上映では、劇場に集まった全員が「ミラクル♡メモリーズライト」を手に、心をひとつにプリキュアを応援し、大盛り上がりとなりました。


『映画プリキュアミラクルユニバース』 

2019年3月16日(土)ROADSHOW

■ストーリー
ふしぎいっぱい☆キラキラ星の世界へ大冒険!!わたし、星奈ひかる!ある日星をみていたら、宇宙にワープしちゃった!?キラやば~☆この宇宙のどこかにミラクルライトを作る惑星があるって本当?あれ?えぇ~!?いきなり光が消えて、星たちが闇に包まれていく!?このままじゃ世界が真っ暗になっちゃう…大ピーンチ!!でも、宇宙の光を取り戻す為に絶対にあきらめない!だからみんな、応援して!

公式サイト:
http://www.precure-miracleuniverse.com/

***********************************

原作:東堂いづみ
監督:貝澤幸男
脚本:村山 功
声の出演:
成瀬瑛美 小原好美 安野希世乃 小松未可子 木野日菜 吉野裕行
引坂理絵 本泉莉奈 小倉 唯 田村奈央 田村ゆかり 多田このみ 野田順子 福島 潤
美山加恋 福原 遥 村中 知 藤田 咲 森なな子 水瀬いのり かないみか 水島 裕

ゲスト声優:田中裕二(爆笑問題) 梶 裕貴 小桜エツコ ゴー☆ジャス 脳みそ夫
主題歌:「WINくる!プリキュアミラクルユニバース☆」 (歌:北川理恵)
©2019 映画プリキュアミラクルユニバース製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

“超”盛り上がる応援上映『ドラゴンボール超 ブロリー』特別映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 12月14日(金)より全国467スクリーン(通常版:360sc/IMAX版:31sc/MX4D版:20sc/4DX版:56sc)にて公開された、映画『ドラゴンボール超 ブロリー」』(監督:長峯達也)、シリーズ初の応援上映の盛り上がりの様子を伝える特別映像を公開します。

1月15日に発表となった第42回日本アカデミー賞では、前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』に続き 2 作品連続で、優秀アニメーション作品賞を受賞し、1月14日まで興行収入は36億円を突破、前作の記録を超えるシリーズ最高興行収入の樹立が確実視され、さらには現地時間1月16日より北米でも公開が始まり続々と絶賛の声が聞こえている、まさに世界で盛り上がりをみせる本作。

そんな本作では1月10日(木)に北海道、東京、愛知、大阪、福岡の 5 大都市で「ドラゴンボール」劇場版シリーズ初となる応援上映会“カカロット!ベジータ!ブロリー!限界突破応援上映”を開催!2度や3度に留まらず、最高14回も本作を鑑賞しているという熱狂的なファンが集まり、上映中もバトルシーンで流れる歌に合わせて「GO!ブロリー!GO!GO!」という大合唱、さらに悟空たちが必殺技を放つシーンでは全員が「かめはめ波!」「フュージョン!ハッ!!」叫ぶ声が響いた。


東京会場では、上映前の舞台挨拶に登壇した孫悟空役・野沢雅子の「東映マークが出た瞬間から、『ドラゴンボール!!』って叫んでほしい」という声に応えるように冒頭から大盛り上がり。会場は終始ファンの大きな声につつまれていました。
過去記事:東京会場 
http://eigajoho.com/137753


この上映会の好評、及び全国より多数の希望の声を受けて、1月19日(土)、1月20日(日)に全国の映画館にて、応援上映の追加開催が決定している。

今回公開となった映像は、今週末の応援上映に向けて、盛り上がるポイントや楽しみ方を予習できるような、実際の劇場の熱量が伝わるものとなっております。



応援上映の実施劇場・日程は映画公式HPにて公表、各映画館でのスケジュール及びチケット購入に関しては、各劇場HPにて順次発表されます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』

公式サイト :
http://www.dbmovie-20th.com/

【STORY】
これは、新たな“サイヤ人”の物語。
「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ??。



***********************************


原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
監督:長峯達也
作画監督:新谷直大
音楽:住友紀人
美術監督:小倉一男
色彩設計:永井留美子
特殊効果:太田 直
CGディレクター:牧野 快
製作担当:稲垣哲雄

製作:「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
配給:東映
配給協力:20世紀フォックス映画
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ