「志田彩良」タグアーカイブ

船橋のロケ地紹介!金井浩人・池脇千鶴『きらきら眼鏡』


映画情報どっとこむ ralph 『夏美のホタル』『ふしぎな岬の物語』など映画化が続く森沢明夫の小説「きらきら眼鏡」を原作に、『つむぐもの』の犬童一利監督がメガホンをとった『きらきら眼鏡』が9月7日(金)より、舞台となった千葉県船橋市のTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開、9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります。

『きらきら眼鏡』あのシーンがよみがえる船橋のきらきら名所7選実際に撮影された場所とそのシーンで放たれた台詞から、船橋の町を巡る映画の旅

◎明海『名刺、はさんでおきました…』
●ロケ場所 モナリザ 千葉県船橋市本町2-11-32 明海とあかねが喫茶店で初めて会うシーン。 あかねは誤って手放した大切な本が戻ってきたことを奇跡だと喜んだ。 レトロな雰囲気が漂う「モナリザ」は地元で長く愛され続けている純喫茶。

◎あかね『ごめんなさい、空です』
●ロケ場所 海老川 八千代橋付近 千葉県船橋市本町3-12 付近 晴れ渡る夏空の下、二人が海老川沿いを歩くシーン。 あかねはふと空を見上げ「見て、きれい」と目を輝かせる。 だが、そこには何もなく不思議に思う明海に、あかねは夏の空が大好きだと話し た。

◎明海『それ…ぼく助けてないですよね』
●ロケ場所 北習志野駅 千葉県船橋市習志野台3-1-1 事務的な対応の駅員、松原弥生に対して客は怒り出し暴れた。騒動のあと、弥生が 「助けてくれたお礼に」と明海を食事に誘うシーン。だが明海は助けたつもりはな かった…。北習志野駅は深夜撮影が多くエキストラが一番苦労したロケ地。

◎小山田『未希ちゃんも心配すんぞ!』
●ロケ場所 デキシークラブ 千葉県船橋市藤原5-6-7 パチーノヒノ4F 小山田は女の子を紹介すると言うが明海は興味がない様子でビリアードを続ける。 今でも未希(恋人)の死を引きずっている明海に「未希ちゃんも心配すんぞ!いつ までもそんなんだと」と小山田は普段見せない真剣な顔をした。

◎あかね『カンパイ!』
●ロケ場所 居酒屋 一九 千葉県船橋市西船4-26-3 あかねイチオシの「小松菜ハイボール」で乾杯するシーン。明海はその独特な色に 驚くが、一口飲んですぐに気に入る。昼間の店内を暗幕で覆い夜を演出。熱気がこ もるなか撮影が行われた。

◎正枝『明海くんに会ってみたいな』
●ロケ場所 SHIRASE 千葉県船橋市高瀬町 船橋東ふ頭 うれしそうに明海の話をするあかねを見て、正枝は明海に会ってみたくなった。 そこで明海、あかね、小山田、正枝の4人で船橋港へ出かけることに・・・。 「SHIRASE」を見学するシーンはエキストラが300名を超え撮影最大の山場だっ た。

◎弥生『それなんでしたっけ?
●ロケ場所 Bar 篠崎 千葉県船橋市本町1-8-29 FSビル2階 明海と弥生はバーのカウンターにいた。弥生は一生懸命に話しかけるが無表情で黙 ったままの明海。しばらくすると明海は、弥生の手を握り外へ連れ出した…。明海 のセリフが一切ないシーンだったので現場は張り詰めた緊張感が続いた。

映画情報どっとこむ ralph 一冊の古本がきっかけで出会った、それぞれの恋人の死に向き合う男女―。

きらきら眼鏡

9月7日(金)TOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開/9月15日(土) 有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
「最後の1ページまで切ない・・」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化!
「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。
恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。
いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。
だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。
過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく―。
「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された森沢明夫原作の恋愛小説「きらきら眼鏡」を『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利監督が映画化。

期待の大型新人金井浩人と、多数の名作に名を刻んできた池脇千鶴がW主演を務める。

さらに、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美ら旬な共演陣が脇を固める。

***********************************

クレジット
金井浩人 池脇千鶴/古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良/安藤政信
鈴木卓爾 大津尋葵 成嶋瞳子 菅野莉央 大西礼芳 長内映里香 山本浩司 モロ師岡

原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫) 
エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江 

監督:犬童一利
脚本:守口 悠介  
プロデューサー:相羽浩行 アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子 キャスティング:前信介 
撮影:根岸憲一 照明:左納康弘 録音:根本飛鳥 美術:吉川都和 助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一 スタイリスト:阪上秀平 ヘアメイク:徳田芳昌 スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生 音楽:神村 紗希 音響効果:勝亦さくら
協力:船橋市/船橋ロケーションガイド「ふなばし撮ぉりゃんせ」/勝浦市/勝浦ロケーションサービス/
   千葉県/千葉県フィルムコミッション
制作:Chaos Entertainment/「きらきら眼鏡」制作実行委員会
配給:S・D・P 宣伝:アゲハテイル/エレクトロ89
製作: 「きらきら眼鏡」製作委員会/NPO法人船橋宿場町再生協議会
©森沢明夫/双葉社 ©2018「きらきら眼鏡」製作委員会 


深川麻衣、伊藤沙莉ら6人<パンバス女子会>『パンとバスと2度目のハツコイ』イベント


映画情報どっとこむ ralph 2月17日(土)より全国公開され、一ヶ月以上たった現在でも話題がつきない映画『パンとバスと2度目のハツコイ』。

公開から4週目を迎えた3月10日(土)に、本作キャストを中心とした<パンバス女子>勢揃い主演の深川麻衣をはじめ、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、音月桂、そして主題歌を歌ったシンガーソングライターのLeolaが登場しての”女子会トークイベント”が、シアタス調布にて行われました。

日付:3月10日(土)
場所:シアタス調布
登壇:深川麻衣、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、音月桂、Leola
今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph イベントには、急遽参加の決まった伊藤も含めた6人の豪華な顔ぶれの登場に、会場に集まったファンからも大きな歓声が!!

深川さん:今まで3~4人でやってきたので、こんな大勢いる舞台挨拶にワクワクしています!

と嬉しそうに挨拶した。今回のイベントでは、撮影を振り返った撮影の裏話から、それぞれの素顔が伺える女子会トークが全開。映画の冒頭、音月さん演じる川村久美がフランスパンで、安倍さん演じる高野理紗子の頭を殴るシーンがあり、当時を振り返って

安倍さん:撮影の時はアドレナリンが出ていたからか、むしろもっとやってくださいというくらいなんともない気持ちだったんですが、次の日、起きたらたんこぶができてたんですよ(笑)

とまさかのエピソードを話すと、殴った張本人は

音月さん:ハードなことして申し訳ない気持ちです!このシーンの撮影は20テイクくらい撮ったので。

との話に会場騒然!

映画情報どっとこむ ralph また、本作で初めての映画主題歌に挑戦したLeolaさんは

Leolaさん:映画館で自分の声を聴くというのは憧れだったので、大切な作品になりました。

と話し、これに対し

深川さん:歌詞が本当に映画に合っていて、あんなに素敵な歌詞はどこで考えるんですか?

と質問。

Leolaさん:脚本を読んで、ラッシュを見たり、その後監督に質問もさせてもらったりして書きましたね。この歌詞の冒頭は、電車の中で書いていた時に、外を眺めていたら、空と浮かんでいる雲が見えたので、そこから着想を得ました。

と見る人に余韻にハマる歌詞の制作秘話を話してくれました。

映画情報どっとこむ ralph さらにキャスト同士の質問タイムが始まると、深川さんから伊藤さんに

深川さん:カフェのシーンで、お昼からビールを飲んでいましたが、実際は強いんですか?

と一般人顔負けのシンプルな質問が飛び出し、

伊藤さん:強くはないけど、好きです!でもビールだけは呑まないので、撮影の時は手慣れているように見えるよう、演技に工夫しました。

と意外な一面も。さに音月さんからの「パン屋に行ったら、どんなパンを買いますか?」という質問や、志田さんからの「この映画のキャラクターで、もし男女関係なく好きな役を演じられるとしたら、どのキャラクターにする?」という質問、さらにLeolaさんからの「たもつという男が(恋愛対象として)アリかナシか?」という質問など、女子会ならではの質問が展開され、女子トークに花を咲かせました。

そしてサプライズで本作の監督を務める今泉力哉が登場。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

深川さん:今回が27回目の舞台挨拶で、劇中でも揃うことのなかった女子メンバーで話すことができて本当に嬉しかったです。公開から3週経ちましたが、これからもさらにロングラン目指して、たくさんの方に作品が届くように頑張ります!

と語り、イベントを締めくくりました。


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

本作は「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と独自の結婚観を持つ市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日まさかの再会、妹や同級生など周囲を巻き込みながらも“恋愛こじらせ女子“の恋愛模様を描く“モヤキュン”ラブストーリー。

恋愛映画の旗手として注目を集める監督・今泉力哉が個性的でありながら共感を生むキャラクター描写と独特の空気感で描く完全オリジナル作品で、切なくも笑える新しい恋愛群像劇となっている。

公式サイト:
www.pan-bus.com

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:Leola「Puzzle」(Sony Music Associated Records)

配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
   


モヤキュン映画『パンとバス』舞台挨拶で深川麻衣、志田彩良に胸キュン!


映画情報どっとこむ ralph 現在大ヒット中の映画『パンとバスと2度目のハツコイ』。
その大ヒットを記念し、2月25日(日)に劇中で姉妹役の深川麻衣さんと志田彩良さんの“コンビ”が登壇してのほんわか舞台挨拶が行われました。
映画『パンとバスと2度目のハツコイ』トークイベント
日時:2月24日(土)
場所:シアタス調布
登壇:深川麻衣、志田彩良

本作は「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と独自の結婚観を持つ市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日まさかの再会、妹や同級生など周囲を巻き込みながらも“恋愛こじらせ女子“の恋愛模様を描く“モヤキュン”ラブストーリー。

映画情報どっとこむ ralph 2月17日(土)より全国公開され、”モヤキュン”という独特な空気感が話題の映画『パンとバスと2度目のハツコイ』。
舞台挨拶では、始めに本作の印象について

志田さん:大きな事件が起きるわけでもなく、普通の日常を切り取ったシーンが多いのに、凄く余韻に浸れる素敵な映画。監督の手腕が凄いです。普段は考えない日常の出来事を改めて考えさせてくれる映画です。

分析コメント。

深川さん:観てくださった皆さんの感想をチェックしているのですが、皆さんの感想を見て毎回新しい発見をしています。この映画は言葉や登場人物の“間”など、観ている人にすべて委ねているような映画。こんなに観ている人に自由な考え方を与えてくれる映画は中々ないと思います。

と魅力を語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph また、今回2人が、姉妹役を演じるに当たり意識したことは

志田さん:姉妹の距離感は掴むのが難しくて大変でした。二胡にとってふみは、ただのお姉ちゃんではないということ。憧れの気持ちや心配な気持ちなどを出せるよう意識しました。

と撮影を振り返りながらコメントする志田さん。一方で実際に兄がいる深川さんですが

深川さん:同性でしかも、年下の妹がいる役なので、姉妹の距離感ってどんなものだろうと考えました。ふみにとっての二胡は本当に可愛い妹。だけど二胡が後ろからふみを見つめるシーンは、ふみの危うさなど、お姉ちゃんを心配している様子がわかる、非常に良い距離感を持った姉妹だと思いました。

距離感を大切にしたそう。


劇中の「異性の友だちはどっちかがどっちか好きなんだよ」という台詞について、

志田さん:私は必ずしもそう思わないです。男女の友情はあると思っているのですが、友達には『絶対ない!』って良く言われます。でもふみとたもつのシーンを見て、そういう考えもあるなと共感してしまいました。

と監督の演出に影響を受けた一面も。

深川さん:絶対(男女の友情は)あるよ!

と自信満々に肯定!!。

また印象に残る「妹二胡が姉ふみの絵を描く」シーンについて聞かれ

深川さん:ふみにとっては羨ましいと思っていたと思う。自分が諦めた絵を二胡が描き続ける姿を尊敬している。

とコメントすると、

志田さん:二胡にとっては、絵を描くのは日常の一つであり、お姉ちゃんと繋がるために描いていたんだと思う。

と説明した。

映画情報どっとこむ ralph お客さんから質問コーナーでは《恋愛・孤独・人間関係など、考えさせられたことは?》という質問が飛び出し、

深川さん:「付き合ったり結婚したりしないから一緒にいられるのかな。」という台詞があるんですけど、今まで一緒にいるために付き合ったり結婚したりするのにと考えていたので、なんか価値観をひっくり返されるたような感じです。

と本作での影響が多々あったことを告白。

最後に・・・
《もう一回やり直したいシーンは?》との質問には、

志田さん:お姉ちゃんとふざけ合うシーンは楽しかったからもう一回やり直したい!

と妹らしい可愛いらしい回答をしたところ、

深川さん:胸キュン!!

と、まるで本物の姉妹のような仲の良さが伝わるやり取りでトークイベントを締めくくった。
映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

公式サイト:www.pan-bus.com

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:Leola「Puzzle」(Sony Music Associated Records)
配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
    


こじらせ系主人公は深川麻衣から生まれた!?『パンとバスと2度目のハツコイ』


映画情報どっとこむ ralph 昨年、第30回東京国際映画祭に特別招待作品として出品され、乃木坂46を卒業した深川麻衣さんが映画初出演にして初主演を務め、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する山下健二郎さんと共演する映画としても注目を浴びている、『パンとバスと2度目のハツコイ』が2月17日(土)より全国公開。絶賛公開中です。

この度、本作の主演を務めた深川麻衣さんが役柄との共通点を語ったコメントと合わせてメイキング&場面写真が解禁となった。

本作は「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と独自の結婚観を持つ市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日まさかの再会、妹や同級生など周囲を巻き込みながらも“恋愛こじらせ女子“の恋愛模様を描く“モヤキュン”ラブストーリー。

恋愛映画の旗手として注目を集める今泉力哉監督が個性的でありながら共感を生むキャラクター描写と独特の空気感で描く完全オリジナル作品で、切なくも笑える新しい恋愛群像劇が誕生した。

映画情報どっとこむ ralph 深川さんが演じる市井ふみのキャラクターは、今泉監督が事前に深川さんと話した彼女の人生を反映している部分が多く《①出身地が静岡、②過去に美術を習っている》、本人との共通点が多い。

また、年齢も深川さんと合わせており、ふみが結婚や孤独について悩むことについては

深川さん:20代で私の周りの友達とかも結婚している子とか結婚を考えている子っていうのがすごく増えてきていたので、自分にとっても自分の周りにとってもすごくリアルに感じられて共感できる

と今の自分の周囲の環境とも共通していると語った。いわゆる“恋愛こじらせ女子”なふみとの共通点については

深川さん:あんまり思っていることをそのまま表に出すタイプじゃないって所が似ているんじゃないかって思っています。ふみは結構心の中では思っていることがあっても、冷静でいてそんなに喜怒哀楽が激しいタイプではなかったのでそこが普段の自分と似ているのではって思います。

と役柄を振り返っています。

映画情報どっとこむ ralph また、今回合わせて解禁となった写真は、たもつが働くバス会社の前でパンを食べながら佇むふみの姿を捉えた場面写真と、カメラに向かってピースサインを向ける深川さんのお茶目な一面を魅せる貴重なメイキングカットの2点。

自身の役柄が投影されたキャラクターを演じ、本人にとって非常に大切な作品になった本作。

2月17日(土)よりイオンシネマにて絶賛公開中。

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)
公式サイト:www.pan-bus.com
©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
   


深川麻衣『パンとバスと2度目のハツコイ』志田彩良と伊藤沙莉と共演!!


映画情報どっとこむ ralph 2月17日(土)より全国公開とな深川麻衣と山下健二郎が共演する『パンとバスと2度目のハツコイ』。

今回解禁された写真は、深川麻衣演じる市井ふみと妹の市井二胡を演じる志田彩良との姉妹の仲の良さが伝わる一枚。
志田はティーン向けファッション誌「ピチレモン」専属モデルを経て、『ひかりのたび』(17年)で長編映画初主演を飾るなど今注目の若手女優。市井姉妹の貴重なパジャマ姿も披露されており、まるで本当の姉妹のようにリラックスした様子が伺える。


また、もう一枚の解禁写真は、伊藤沙莉演じるふみとたもつの中学時代の同級生・石田さとみとふみが、学生の時以来の再会を果たし喫茶店で談笑している様子を切り取っている。
伊藤はNHK連続ドラマ「ひよっこ」の演技で注目を集め、2018年は本作を含め『榎田貿易堂』、『寝ても覚めても』など3本の公開待機作がある売れっ子女優。さとみとふみは思い出話や卒業後のそれぞれの生活の話に花を咲かせ、空白の時間を埋めるように話に夢中になる姿が映し出されている。ふみは自身の恋愛観や既に子供を持つさとみの結婚観について話しながら、偶然再会した初恋相手のたもつの思わぬ近況を聞き、その後のふみの心境を変える重要なシーンとなっている。


本作で映画初出演にして初主演という大役を担い、まさに若手注目女優としての一歩を踏み出した深川。

志田・伊藤と共に今後の活躍に期待がかかる3人が出演する本作

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

2月17日(土)よりイオンシネマにて公開
公式サイト:www.pan-bus.com

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)
配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会