「志水淳児」タグアーカイブ

吉川晃司がエンディングテーマだゼット!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』


映画情報どっとこむ ralph 今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ /INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開いたします。

このたび、本作のエンディングテーマに、吉川晃司の書き下ろし楽曲「The Last Letter」に決定しました。
タイトルには全ての終わりでありながら始まりという意味も込められている“Last Letter=最後の文字=Z”だそうです。


オリジナル「マジンガーZ」のテレビ放送を少年時代に見ていた吉川氏が、主人公・兜甲児とマジンガーZに想いを馳せ、ロボットとパイロットの域を超えた互いの絆、そして哀愁をイメージして楽曲を制作。

吉川氏が「持てる力は全て出した」と言うほどに想いの詰まったこの「The Last Letter」。永井氏が「ハートに染み入る」とその感動を明かすほど、作品の世界観と見事にマッチした極上のパワーバラードとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 吉川晃司さんと永井先生からコメントが届いています!

吉川晃司さんからのコメント

吉川さん:(お話しをいただいた時)とても嬉しい反面、身を引き締めて臨まねば、という思いで自分の持てる力は全て出しました。マジンガーZを見て、大いに影響されて育ったガキも50を越え、彼らと同じように生きてきたこの道のりや、マジンガーZと(主人公)兜甲児が今復活したらこんな話をするんだろうな、マジンガーZを一人の男として捉え、二人の会話や、二人肩を並べて空を見ている背中、そんな情景を想いながら彼らの男の哀愁や生き様を描きました。


永井豪先生からのコメント

永井先生:昔の作品(オリジナルのマジンガーZ)に夢中になった世代の方々が、良い時代のことを思い出せるような、ハートに染み入るとても素敵な曲です。ありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph 全世界注目の、永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の続報に、乞うご期待ください!

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

mazinger-z.jp

2018年1月13日(土)全国ロードショー

物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

声優:
森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治

原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸 オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎 
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 
    


『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』ローマ国際映画祭10月28日ワールドプレミア決定


映画情報どっとこむ ralph 搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られる「マジンガーZ」はロケットパンチなど多彩な武器や、出撃シーン、合体シーンなど、その後のロボットアニメの特徴を全て含んだ、原点にして伝説のロボットアニメです。
今年画業50周年を迎える永井豪先生のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開いたします。

このたびは、復活を遂げた「マジンガーZ」の堂々たる勇姿を切り取った、躍動感満載の劇中カットを含む<新場面写真>を一挙大解禁いたします。

今回解禁する場面写真では、復活を遂げた「マジンガーZ」の躍動感溢れる激闘シーンを中心に、「マジンガーZ」のパイロットであり、かつての英雄、

主人公・兜甲児、
弓さやか、
兜シロー、
新キャラクターのリサの姿、
そして、荒廃した大地にそびえ立つ”謎の巨大シルエット”をも捉えており、ストーリーの行方がますます気になる劇中カットが一挙に公開です!
映画情報どっとこむ ralph ローマ国際映画祭で世界最速上映<ワールドプレミア>実施決定!
日本公開に先駆けて〈世界先行公開〉が決定している本作。世界最速となるイタリア公開日が10月31日(火)に決定!

さらにイタリアで人気の高い本作、イタリアのローマで行われる「第12回ローマ国際映画祭」の公式招待作品に選定!

10月26日より開催されるローマ国際映画祭で、10月28日(土)に実施する特別上映にて、本作の世界最速上映となるワールドプレミアを開催することが決定いたしました!新生「マジンガーZ」の初お披露目となる会場には、永井豪も駆けつける予定。
さらに先日アヌシー国際アニメーション映画祭も開催された<フランス>では、11月22日(水)から劇場公開が決定!世界中から愛される伝説のスーパーロボットアニメ「マジンガーZ」が、着々と世界へ飛び立ち出撃します!

また、現在【僕らの夢、みんなで創ろう 超巨大マジンガーZ プロジェクト!】
実施中!リターンコース追加!あなたもマジンガーの活躍を支える新時代の光子力研究所のスタッフになろう!!
プロジェクトサイト

全世界注目の、永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の続報に、乞うご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』

2018年1月13日(土)全国ロードショー

mazinger-z.jp

物語・・・
あれから10年¯。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。

再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 石塚運昇

原作:永井豪
監督:志水淳児 脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之 キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸 
オープニングテーマ:水木一郎 
制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 


復活『劇場版マジンガーZ』(仮題)追加キャスト発表映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 1970年代一世を風靡した永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が、映画で超復活します!
搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られる「マジンガーZ」は、ロケットパンチなど多彩な武器や、出撃シーン、合体シーンなど、その後のロボットアニメの特徴を全て含んだ、原点にして伝説のロボットアニメです。今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版マジンガーZ』(仮題)は、2018年1月13日(土)より全国公開となります。

このたび、本作を彩る個性豊かなキャラクターたちを演じる<追加キャスト発表映像>が解禁!

今回解禁するキャラクター特別映像では、セリフとともに各キャラクターの劇中シーンが映し出され、キャラクターを演じる声優が大発表されました。

映画情報どっとこむ ralph 前線を退き、研究者となったかつての英雄・兜甲児の声優を務める森久保祥太郎。新しい光子力研究所所長でもあるヒロイン・弓さやか役の茅野愛衣に加え、本作に参戦する9人。

物語の鍵を握る謎の美少女・リサ役に上坂すみれ。兜甲児の実弟であり、現在は若き天才パイロットとして活躍する兜シロー役に花江夏樹。兜甲児の戦友たち、頼れる兄貴・ボス役に高木渉。ボスの子分その1・ムチャ役に山口勝平。ボスの子分その2・ヌケ役に菊池正美。かつては光子力研究所所長を務め、現在は確固たるリーダーシップで日本を率いる弓さやかの父・弓首相に森田順平。超スローな科学者・のっそり博士に島田敏。研究大好きな科学者・せわし博士に塩屋浩三。そして、世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.ヘルも再び登場。その役に石塚運昇といった豪華声優陣の参戦が超決定!!

TVシリーズから10年後を舞台にした本作でのキャラクターたちのデザインに加え、豪華声優陣がそのキャラクターたちに新たな魂を吹き込んでおります。



映画情報どっとこむ ralph また、現在クラウドファンディング【僕らの夢、みんなで創ろう 超巨大マジンガーZ プロジェクト!】実施中!あなたもマジンガーの活躍を支える新時代の光子力研究所のスタッフになろう!!

プロジェクトサイト


劇場版マジンガーZ

公式HP
mazinger-z.jp

物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
それは神にも悪魔にもなれる― 
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 石塚運昇
原作:永井豪 
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之 
キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 音楽:渡辺俊幸 オープニングテーマ:水木一郎 
制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
      


厚生労働省×劇場版マジンガーZ 麻しんがZero


映画情報どっとこむ ralph 1970年代一世を風靡した永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が映画で超復活します!搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られる「マジンガーZ」はロケットパンチなど多彩な武器や、出撃シーン、合体シーンなど、その後のロボットアニメの特徴を全て含んだ、原点にして伝説のロボットアニメです。今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、「マジンガーZ」が45年の時を経て復活します。

このたび、本作『劇場版マジンガーZ』(仮題)と厚生労働省が、麻しん(はしか)予防のためにコラボレーションすることが決定しました!
海外渡航者に対して世界中で報告されている麻しんの感染予防に関心を持っていただくため、本コラボでは、「マジンガーZ」の力強いビジュアルに、『みんなで目指そう「麻しんがゼロ」』のキャッチコピーを掲げた啓発ツールを作成します。コラボポスター及びリーフレットの作成、さらにSNSなどを通じて啓発活動を行います。


麻しんについて・・・
感染力が非常に強く、麻しんウイルスは簡単に人から人に感染し、免疫が不十分な人が感染すると高い確率で発症します。2016年には全世界で約19万人の報告があり、現在日本で報告された麻しんは海外で感染した方が発症する「輸入症例」に由来しています。
※肺炎や中耳炎になることがあり、先進国であっても患者1,000人に1人が死亡すると言われています。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
それは神にも悪魔にもなれる。
 
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

劇場版マジンガーZ』(仮題)

2018年1月13日(土)全国ロードショー
mazinger-z.jp

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣
原作:永井豪 
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 
音楽:渡辺俊幸 
オープニングテーマ:水木一郎 
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
    


45年の時を経て復活『劇場版マジンガーZ』日本公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 永井豪画業50周年プロジェクト始動!
“元祖”にして“伝説”のスーパーロボットアニメが映画館で復活!!

劇場版マジンガーZ』日本公開日が2018年1月13日に決定!

★アヌシー熱狂!ついに待望の日本公開決定!

アヌシーでの原作者の永井豪
日本アニメ世界進出の先駆者であり、欧州で根強い人気を誇る「マジンガーZ」。

本作は、日本に先駆けた世界先行公開が決定しており、先日は、世界最大規模のアニメ映画祭として名高い、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭に原作者の永井豪が初登壇

熱狂的なファンの見守る中、盛大なプレゼンテーションを敢行するなど、着々と世界へ向けても「マジンガーZ」超復活の狼煙を上げています。

そして満を持して、待望の日本公開日が<2018年1月13日(土)>に決定しました!!

映画情報どっとこむ ralph ★新ビジュアルにパイルダーON!!

また、公開日の決定に併せて新ビジュアルを解禁!漆黒の闇の中に浮かび上がるマジンガーZの上空を旋回する、ホバーパイルダー(操縦席)。出動の時を静かに待つマジンガーZの薄っすらと光が射した頭部にめがけ今まさに“パイルダーオン”するような、マジンガーZ超復活への期待と緊張感を煽る洗練されたビジュアルが完成した。
このビジュアルを用いた劇場版チラシは7月15日(土)より、東映系劇場ほかにて順次設置されます。

映画情報どっとこむ ralph ★クラウドファンディングで巨大マジンガーZ実体化プロジェクト始動!

さらに、45年の時を経て超復活する「マジンガーZ」の劇場公開を記念して、マジンガーZをファンの皆さんの手で、超巨大に実体化させようというプロジェクトが立ち上がります!完成の暁には主要劇場・イベントなどに出現予定!「僕らはマジンガーの活躍を支える新時代の光子力研究所のスタッフだい!」という、息込みたっぷりなファンはこぞって参加して魅力的な特典メニューをゲットだゼーット!
◎「僕らの夢、みんなで創ろう!超巨大マジンガーZプロジェクト」

7月15日(土)12:00より開催、サイトオープン!!
詳細は映画公式HPをチェック!!

mazinger-z.jp

物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
それは神にも悪魔にもなれる。

再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

2018年1月13日(土)全国ロードショー

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣
原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之 
キャラクターデザイン:飯島弘也 
美術監督:氏家誠(GREEN) 
助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸 
オープニングテーマ:水木一郎 
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会