「志尊淳」タグアーカイブ

『HiGH&LOW THE WORST』志尊淳が、塩野瑛久が、雄叫び‼どこよりもアツい!男だらけのイベント


映画情報どっとこむ ralph 「HiGH&LOW」シリーズと、累計7500万部突破・不良漫画 の金字塔「クローズ」・「WORST」(原作:髙橋ヒロシ)との奇跡のクロスオーバーが実現!!

『HiGH&LOW THE WORST』が、10月4日(金)に全国公開を迎えます。
0922『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST』
公開に先立ち、9月22日(日)に『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST男祭りと題した特別イベント付試写会を開催!

鳳仙学園のキャスト陣である志尊淳さん・塩野瑛久さん・葵揚さん・小柳心さん・荒井敦史さん・坂口涼太郎さん、そして本作の宣伝応援プロデューサー・やべきょうすけさんも登場!さらにサプライズゲストとして「クローズ」「WORST」の大ファンであるTKO・木本武宏さん、木下隆行さんも登場し、上映後の熱気冷めやらぬ男性ファンと<鳳仙トーク>で大いに盛り上がりました!

『HiGH&LOW THE WORST』「クローズ」「WORST」男祭り
日時: 2019年9月22日(日)
場所: ららぽーと豊洲内 ユナイテッド・シネマ豊洲 スクリーン1
登壇: 志尊淳、塩野瑛久、葵揚、小柳心、荒井敦史、坂口涼太郎/やべきょうすけ
サプライズゲスト:TKO・木本武宏、木下隆行&スキンヘッド軍団(10名)

映画情報どっとこむ ralph 「男祭り」の名の通り、この日のイベントには約250名の熱い男性ファンが会場に集結!
上映後のトークイベントで、本作の宣伝応援プロデューサーであり「クローズ」「WORST」といえば欠かせない存在である男・やべきょうすけと、鳳仙学園キャスト陣が登場!会場からは「おおおおおおおぉぉぉぉぉ!!」という野太い歓声があがり、男性ファンならではの熱い空気に包まれた!


客席からの歓迎を受け、上田佐智雄(うえださちお)役を演じた志尊淳さんは

志尊さん:こんなに迎え入れてもらえるとは思っていなかったので嬉しい気持ちでいっぱいです!
0922『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST』男祭りイベント と語り、共に登壇した小田島有剣(おだじまゆうけん)役・塩野瑛久さん、沢村正次(さわむらしょうじ)役・葵揚さん、仁川英明(じんかわえいめい)役・小柳心さん、志田健三(しだけんぞう)役・荒井敦史さん、サバカン役・坂口涼太郎さんとともに笑顔でファンに応えた。


本作で登場した鳳仙学園・新キャラクターたちの魅力について、

やべP:一人ひとりのキャラクターを理解して、それをアクションで表現しきれるかというのがすごく難しいんですが、みんな今回の役どころをしっかり把握していて、劇中には実はすごく細かいお芝居があったりするんですよ。そういう部分にも気付いてもらうためにも(今日試写で見た方々にも)是非公開したらもう一度劇場に観に行ってもらいたいですね!

と、話し出したら何時間も語れそうな程の熱意で語った!



現場では毎日のように、芝居についての話を熱心にしていたという鳳仙学園のメンバー。

志尊さん:事前に、こういう演技でどうか?というのをキャストの中で話し合って、こういう風に演じたいと思っていますと伝えた上で実際にやってみて、それがOKかダメか、と判断してもらう感じでしたね。

と語り、それを聞いて

やべP:現場に入る前から鳳仙してるんだね!

と思わず感嘆の声をあげた。

さらに

志尊さん:なんのために戦っているかの共通目的が必要だと思って。闘う時に、(傷ついた仲間の)血まみれの制服を着たいと提案したんです。そういうところをしっかりやることが鳳仙の強さに繋がるなと思っていました。

と続け、それに対して後輩・サバカン役を演じて

坂口さん:この5人(志尊・塩野・葵・小柳・荒井)が現場でお芝居に関する話をずっとされてて、本当に俳優として素晴らしいことだなと感じていました。僕は(後輩役なので)それを聞いて着いていけると思ったし、身を任せられるなと心の底から思っていました。

と、強固な鳳仙学園の関係性を感じるエピソードとなった。


さらにここで、「クローズ」「WORST」大ファンだと語るTKO木下・木本さんが、鳳仙学園さながらの迫力(?)を醸すスキンヘッド軍団を率いてサプライズゲストとして登場!憧れの鳳仙学園の衣装も着用し現れ、会場は驚きと爆笑に包まれた。

TKO木下さんは撮影時に小柳さんが実際に使用していた衣装に腕を通しており、

木下さん:(この衣装)素材がとっても良いんです!ストレッチ効いてる!だからアクションがしやすいんだな。まったく新しい、見たことのないアクションがまだまだあるんですね。

と、語った。さらに

TKO木本さん:もう僕はおじさんなので、どうかな!?と思ってたんですが、歳は関係なく忘れかけていた男の部分がウワッと出てきて。見終わって、もう一度あの時代に戻りたいなと思いましたね。面白くて、映像もかっこよくてシビれました。後半のクライマックスシーンでのアクションは、戦国時代の城攻めとシンクロしてますよね。ああいう部分でも、男だったら何歳でも燃えるというシーンですよね。

と興奮気味に本編の魅力を語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・、

志尊さん:髙橋先生の原作を背負っている中で、<悪い>や<強い>は表面的じゃないなと思いました。内側にもっている強さ、一枚岩の強さを表現していくことを大切にしながら、約80名のみなさんで今回の鳳仙学園をつくっていきました。単純に<喧嘩>と、とられる方もいるとは思うのですが、もっと内側にある強さを感じ取ってもらえたら嬉しいなと思いますし、年齢男女問わず色んな観点からみていただける映画になっているので、是非観て気に入った方は周りの方々にも薦めていただけたら嬉しいです。

とアピール。
0922『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST』男祭りイベント イベントの最後には公開に向けた気合の一発として、志尊の「10月4日、鬼邪高潰すぞ!!」という掛け声を合図に会場に集まった男性ファンたち全員が「シャー!!」 と太い声で雄叫び!!ついに2週間後に迫った本作の公開初日に向け、気合いに溢れた熱いイベントとなった!!

『HiGH&LOW THE WORST』鳳仙ビジュアル
映画 『HiGH&LOW THE WORST』

10月4日(金) 全国ロードショー!

***********************************


企画プロデュース:EXILE HIRO 監督:久保茂昭(「HiGH&LOW」シリーズ)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW」シリーズ/「るろうに剣心」シリーズ)
脚本:髙橋ヒロシ 平沼紀久 増本庄一郎 渡辺啓
出演:
鬼邪高校・全日制…川村壱馬・前田公輝・吉野北人・佐藤流司・神尾楓珠・福山康平・龍・鈴木昂秀・うえきやサトシ・中島健
鳳仙学園…志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎
希望ヶ丘団地…白洲迅・中務裕太・小森隼・富田望生・矢野聖人
鬼邪高校・定時制…山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・清原翔・青木健・陳内将
市川知宏  落合モトキ / 箭内夢菜 / 佐藤大樹  佐藤寛太 / 塚本高史    小沢仁志
企画制作:HI-AX 配給:松竹
製作:「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会
©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『HiGH&LOW THE WORST』“殺し屋軍団・鳳仙学園”のトップ=佐智雄(志尊淳)の殺気立ったアクショントレーラー解禁


映画情報どっとこむ ralph 「HiGH&LOW」シリーズと「クローズ」「WORST」(原作・髙橋ヒロシ)との、奇跡のクロスオーバーの実現で話題となっている映画「HiGH&LOW THE WORST」が10月4日より全国公開となります。

この度、鬼邪高校と共に熾烈な頂上争いを巻き起こす鳳仙学園の本編未解禁アクションシーンを使用したスペシャルトレーラーと、「クローズ」「WORST」の原作者・髙橋ヒロシの描き下ろしキャライラストと実写キャスト陣が一同に並ぶスペシャルポスター2種が解禁!

1枚目は、「クローズ」「WORST」の原作者・髙橋ヒロシ描き下ろしイラストのキャラビジュアルと鳳仙の実写キャストビジュアルが並んで睨みを効かせる迫力のコラボビジュアル!
『HiGH&LOW THE WORST』鳳仙&高橋ヒロシコラボビジュアル志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎 さらに2枚目は、トップの佐智雄と後ろに控える鳳仙四天王、そして戦いの時を待ちわびる恐ろしいスキンヘッド軍団が立ち並ぶ。「鬼邪高潰すぞ」という殺気に満ちたコピーが、劇中で巻き起こる激しい頂上<テッペン>決戦を予感させるビジュアルとなっている!
『HiGH&LOW THE WORST』鳳仙ビジュアル 志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎
映画情報どっとこむ ralph そして!

今回解禁されたスペシャルトレーラーは、別名【殺し屋軍団】と呼ばれるほど圧倒的戦闘力を誇る有名不良高校<鳳仙学園>の最強バトルシーンを、彼らのテーマソングであるEXILE THE SECONDの「Top Down」にのせて描いたアクション満載の映像!

ボルテージが高まる曲のイントロと共に、トレードマークは灰色の学ラン・幹部以外全員スキンヘッドという独自のルールが特徴である鳳仙学園の面々が登場する。

睨みつけるだけで狂暴性を感じるその不良たちを完璧に統率している圧倒的トップが、上田佐智雄(志尊淳)だ。壁を破壊するほどのパワーある拳、相手のナイフを目に見えぬ速さで奪い取るスピード、リーチを生かしたスマートな蹴りで相手をひれ伏させるテクニック…どれをとっても圧倒的な戦闘力を見せつけるキャラクターであり、佐智雄を支える鳳仙四天王=小田島有剣・沢村正次・仁川英明・志田健三<通称:小沢仁志>を引き連れて鬼邪高校に対峙するシーンは過去最強と謳われる鳳仙学園の貫禄十分だ。

髙橋ヒロシが「クローズ」「WORST」で描く力強い鳳仙学園が現実(リアル)に存在している!!!

今回の映像には、本作の見どころアクションである河川敷での鬼邪高校VS鳳仙学園シーンも描かれている!!何十組ものファイトが同時進行で繰り広げられる大乱戦は思わず
「こんなアクションシーン見たことが無い!」と唸りたくなるほどの迫力。本編でのアクションクオリティが大きく期待できるスペシャルトレーラーとなっている!


映画情報どっとこむ ralph 映画『HiGH&LOW THE WORST』 

10月4日(金)全国ロードショー

***********************************

企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭(「HiGH&LOW」シリーズ)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW」シリーズ/「るろうに剣心」シリーズ)
脚本:髙橋ヒロシ 平沼紀久 増本庄一郎 渡辺啓
出演:
鬼邪高校・全日制…川村壱馬・前田公輝・吉野北人・佐藤流司・神尾楓珠・福山康平・龍・鈴木昂秀・うえきやサトシ・中島健
鳳仙学園…志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎
希望ヶ丘団地…白洲迅・中務裕太・小森隼・富田望生・矢野聖人
鬼邪高校・定時制…山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・清原翔・青木健・陳内将
企画制作:HI-AX
配給:松竹
製作:「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会
©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭 林遣都 吉田鋼太郎・・・『劇場版おっさんずラブ 』初日を全員でお祝いしたお


映画情報どっとこむ ralph 待ちに待った初日を全員でお祝いしたお♡
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開初日。
『劇場版おっさんずラブ-~LOVE-or-DEAD~』11キャラ 主演の田中圭さんはじめ、主要キャストたち全員が初日舞台挨拶に登壇し、「おっさんずラブ」を愛して公開を心待ちにしてくれていたファンへの感謝を次々に語ったほか、劇場版のキャッチコピー「ラブが、とまらない」にちなみ登壇者それぞれが愛してやまない「●●が、とまらない」が発表され、まさかの珍回答から感動の回答!

さらにこの舞台挨拶の模様は全国131カ所の会場にも生中継されており、日本列島を「おっさんずラブ」一色に染めあげる大盛り上がりのイベントとなりました!

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶
日時:8月23日(金)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎 / 瑠東東一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 連続ドラマ最終話の放送から約1年2ヶ月、待ちに待ったこの劇場版で完結となるとあって、上映終了直後の余韻冷めやらぬ会場。

興行収入30億円超を狙える大ヒットスタートを切った本作の初日舞台挨拶として、田中圭さん、林遣都さん、内田理央さん、金子大地さん、伊藤修子さん、児嶋一哉さん、沢村一樹さん、志尊淳さん、眞島秀和さん、大塚寧々さん、吉田鋼太郎さん、瑠東東一郎監督が、劇場内の後方通路から登場!
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭) 満員の観客とハイタッチしながら練り歩く嬉しいサプライズ演出に、喜びのあまり涙を流すファンも多数、会場の興奮は一気に最高潮!

田中さん:初日にこんなにたくさん、全国131カ所も生中継で!本当にありがとうございます!おっさんずラブという作品を僕たち以上に愛して、応援してくださった皆さんのおかげで、僕たちが”映画化”のプレゼントをもらったので、ちゃんとお返ししなくてはと思っていました。映画としてパワーアップして、恩返しできる作品になったと誇りに思っています。また皆さんが大切に、いい感じにしてくれると嬉しい(笑)。感謝しかないです!

と高らかに挨拶し、ブチョー!の声援を照れ臭そうに受け止めて・・・・

吉田さん:ヒロイン・黒澤武蔵を演じた、オオシマです!

と続けたところすかさず

児嶋さん:こじまだよ!やり方違うむちゃくちゃ!吉田だよ!!

とさっそく伝統芸?で会場を沸かせ、

林さん:皆さんの熱気を受けて、改めてすごい作品に参加していたんだと実感しました。

と喜びのコメント。
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 林遣都 沢村一樹) 劇場版からおっさんずラブに参戦を果たして

沢村さん:こんなに公開にドキドキするのは初めて、待ち遠しかった。僕はこの作品ではじめて、一人二役。難しかったー。

と謎の告白を始め、キャストも観客も大きくザワつくのもお構いなしに

沢村さん:気が付かなかった?狸穴役と、ゆいP役の二役やってたんです!楽しんでいただけましたかね!思い残すことは何もありません!

とエスカレートする一方。同じく本作から参戦して

志尊さん:ちょっと私情になるんですが…。今年のはじめに応援して下さるファンのお父様から、『亡くなった娘の生きる糧が志尊君でした。ありがとうございました』と手紙をいただきました。すごく胸を打たれたときにこのジャスティス役のお話をいただいて、皆さんの愛に触れることができて、この役を通して感じた気持ちを胸に後悔のないよう生きようと思いました。皆さんも少しでも想いを伝えようと思ってくれたら嬉しいです。

と、この作品への特別な想い入れを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 本作のキャッチコピー「ラブが、とまらない」にちなみ、登壇者それぞれが愛してやまない「●●が、とまらない」を発表することに!
事前に記入したパネルが配られる中、まず

監督:皆さんが深く深くやってくださったお芝居を見返すと、新たな発見がたくさんある。あの時の感情ってこうだったのかな、とたくさん想像してもらえる作品なので!

ということで【想像が、とまらない】と披露。

続いてMCから「ではオオシマさん!」と振られ「こじまだよ!でもいい振りありがとうございます!」と再びツッコんだ児嶋が書いたのはなんと【こじまだよが、とまらない】!

児嶋さん:森三中の大島に振ったのにこじまだよ!ってツッコんじゃったり、正しく紹介されてるのにこじまだよ!ってツッコんじゃったり、とにかく止まらないんです!

と盛り上げました。

続いて伊藤さんが発表した【香港映画熱が、とまらない】に、

田中さん:ご覧になった皆さん気づきましたかね?伊藤さんが香港ロケのシーンで春田の後ろにいるの。

とファンも気づかなかった衝撃発表に会場も騒然!

伊藤さん:どうしても香港で観たい映画があって、その日に香港でロケをやっていると聞いて軽い気持ちで見学に行ったらエキストラ参加に…(笑)

と振り返りました。


金子さんは、眞島さんを見つめながら【眞島愛が、とまらない】と告白し、

金子さん:撮影中に眞島さんがふわっといなくなるところが背中だけ見えたのでついていったら、見せ場のシーンをめっちゃ練習してて!もう止まらない!と思いました!

と金子さんに暴露され

眞島さん:言わなくていいから!影の努力は!

とタジタジ。


大塚さんは【キュンキュンが、とまらない】と発表し、

大塚さん:この作品はドラマでも映画でも皆さんのお芝居に心を動かされて、細胞からキュンキュンする。おっさんずラブはキュンキュンする映画です!

とアピール。

眞島さんは【ソフトクリームが、とまらない】としたため

眞嶋さん:最近ものすごくおいしいところを見つけて通るたびに買ってしまう。甘すぎずさらっとしていて、今日はどうかなと思っても食べると美味しい。本当に止まらないものはこれです!

と宣言し、内田さんもゲームセンターの【ゾンビ倒しが、とまらない】と個人的なブームの披露が続いてきたところで、

吉田さん:本当にソフトクリーム?好感度を気にして?

と一つ前の眞島さんにツッコんだり、内田さんにも

吉田さん:どこでゾンビ倒してるの?ゲームセンターよく行くの?

と話がとまらなくなり周囲から「もういいよ!」と制止される一幕も。

『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (志尊淳) 志尊さん:競走馬のドキュメンタリーを観てから【お馬ラブが、とまらない】。最近は血統とかいろんなことを探るのが趣味になってきたまし!

と明かした際にも、

吉田さん:ほんとにそのまま?裏はないの?

ととまらず会場は笑いの渦に包まれました。


沢村さん:さっきも言ったんですが役作りが大変だったのでなかなか抜けなくて。

と満を持して【おかすクラブが、とまらない】とまさかの”天丼”で笑いを誘いながら、

沢村さん:ゆいP役で助演女優賞を獲れると思っています!
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』速水薫子(ゆいP) とブレず、

田中さん:本当に沢村さんがゆいPをやっていたら賞獲って世界に出られると思います(笑)

と乗っかってしまう始末。

林さんは【感謝が、とまらない】と出し、

林さん:本当にファンの皆さまあっての作品で、連続ドラマからここまで応援していただいて、自分の頑張り以上のご褒美を経験させてもらいました。おっさんずラブには感謝してもしきれないです。

と感慨深げに述懐。それを見つめていた吉田さんは「お世辞でも何でもない」と言いながら【田中圭が、とまらない】と書き上げ、
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 吉田鋼太郎) 吉田さん:3年前の単発ドラマから、エゴサーチをしてみたら物凄い数の反響が入り始めていて、そこまでのことはこれまでなかった。連続ドラマになって社会現象を巻き起こして、いま映画になって、と、この仕事に携わっているものとして夢のよう。その中心に田中圭がいる。田中圭はひょっとしたら、全国の人に愛された寅さんのようになってくれるんではないかと思っているんです。この映画が何本も続いて、代表作としてずっと演じ続けていってくれたらいいなと。田中圭はとまらない、とまってほしくない!

と座長へのアツい言葉を投げかけながら、「僕もついでにずっと出させてほしい(笑)」と抜け目なさを発揮。


最後となった田中さんは【おっさんずラブが、とまらない】とこれ以外には考えられないフレーズを披露し、
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 林遣都 吉田鋼太郎) 田中さん:みんなもっとボケ倒してくるかと思ってた…最後は真面目に、と思ってたのに…(笑)劇場版おっさんずラブをより大切な作品にしてほしい思いを込めたのと、おっさんずラブの公式の場でこのメンバーが集まれるのはきっと最後ですが、また会えると思える大切な仲間をくれたのもおっさんずラブ。おっさんずラブに出会えてよかったと言って下さるたくさんのファンの皆さんにとっても、心が元気になるきっかけとして一緒に育ってくれればといいなと思う。そして、これからもとまらないところまで行けばいいな、と願ってこれにしました!

と力を込めました。

おっさんずラブがとまらない会場は終始、登壇者も観客も全員とびきりの笑顔がとまらず、

映画情報どっとこむ ralph 最後には・・・

「みんなに出会えてよかった。」のメッセージを1文字ずつ持ちあうさすがのチームワークの良さも見せつけた一同。熱狂的な「O(おっさんず)L(ラブ)民(ファン)」、
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶 通称”OL民”待望の映画化ということで、名残惜しまれながらもこの先の大ヒットへむけて大いに期待高まる舞台挨拶となりました。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

全国東宝系にて大ヒット公開中!

映画公式サイト 
ossanslove-the-movie.com

***********************************


監督:瑠東東一郎
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)

製作:テレビ朝日ほか ©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

川村壱馬・山田裕貴・志尊淳・白洲迅ら16名『HiGH&LOW THE WORST』最速プレミアレッドカーペット&舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「HiGH&LOW」シリーズと、「クローズ」・「WORST」(原作:髙橋ヒロシ)との奇跡のクロスオーバーが実現した『HiGH&LOW THE WORST』が、10月4日(金)に全国公開となります。

そんな本作の公開に先駆け、19日(月)に東京・豊洲で最速プレミア試写会を実施。豪華キャストを中心とするキャスト・スタッフ総勢16名が集結し、レッドカーペットセレモニーと舞台挨拶が行われた。
『HiGH&LOW THE WORST』RC集合s[1]
『HiGH&LOW THE WORST』最速プレミア試写会イベント
日程:8月19日(月)
場所:
レッドカーペットセレモニー(ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ)
最速プレミア試写会 舞台挨拶(ユナイテッド・シネマ豊洲)
登壇:
【鬼邪高校・全日制】川村壱馬・前田公輝・吉野北人・神尾楓珠・龍・鈴木昂秀
【鬼邪高校・定時制】山田裕貴・一ノ瀬ワタル
【鳳仙学園】志尊淳・葵揚・小柳心・荒井敦史
【希望ヶ丘団地】白洲迅・中務裕太・小森隼
久保茂昭監督

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットセレモニー
 「HiGH&LOW」シリーズからは、全国から札付きの不良が集まる“鬼邪高校(おやこうこう)”、「クローズ」・「WORST」シリーズからは、幹部以外全員スキンヘッドの殺し屋軍団“鳳仙学園”がそれぞれに登場することで、早くも話題沸騰の本作。ららぽーと豊洲 シーサイドデッキに設置されたレッドカーペットには400名を超えるファンが集まり、開演前からボルテージは最高潮!満を持して豪華キャスト陣が登場すると、会場のボルテージは一気にMAXに!

それぞれチームごとのテーマソングと共にファンの前に登場したキャスト陣!
まず初めに登場したのは【鬼邪高校・全日制】キャストの、川村壱馬、前田公輝、吉野北人、神尾楓珠、龍、鈴木昂秀。
『HiGH&LOW THE WORST』
さらにシリーズお馴染みキャラである【鬼邪高校・定時制】キャストの、山田裕貴、一ノ瀬ワタルが続く。
『HiGH&LOW THE WORST』RC山田裕貴、一ノ瀬ワタル
次に登場したのは 「クローズ」「WORST」の原作者、髙橋ヒロシが生んだ新キャラクター達・希望ヶ丘団地生まれの【幼馴染】キャストの、白洲迅、中務裕太、小森隼。

そして最後に、最強の不良高校【鳳仙学園】のキャストの、志尊淳、荒井敦史、小柳心、葵揚が登場し、豪華キャスト総勢15名が登壇!
『HiGH&LOW THE WORST』RC葵揚、荒井敦史、志尊淳、小柳心


「HiGH&LOW」 VS 「クローズ」・「WORST」 の奇跡のクロスオーバーから誕生し、原作者の髙橋ヒロシも自ら脚本に参加し、まさに髙橋ヒロシワールド全開の本作。今回が『HiGH&LOW』シリーズに初参戦となった川村さんは、

川村さん:『HiGH&LOW』プロジェクトが発足するタイミングから、事務所のスタッフさんやHIROさんにも絶対関わりたいと言い続けていたんです。『クローズ』も大好きで、漫画も読んでいるし実写映画も見させていただいていて将来絶対参加したい!と本気で夢を語っていました。こうして自身にとっての夢と夢のコラボという素晴らしい形で出演できて嬉しいです!

と熱烈な作品愛を語った。

鬼邪高校の番長として『HiGH&LOW』シリーズを長らく支えてきた山田さんは

山田さん:今回、鬼邪高にスポットを当てて頂けるということは長くシリーズに関わってきた中でとても嬉しいことでした。今日は会場に来られていませんが、土屋役の鈴木貴之くんを初め、4年間ずっと同じ人が一緒に鬼邪高生として演じてくれたりしていて。沢山の方たちとずっと一緒にやってきたからこそだと思っています!

と、念願の鬼邪高ストーリーに対して喜びを噛みしめた。

そして、以前から不良のリーダーを演じることが憧れだったと話す志尊さんは、“鳳仙学園”最強のリーダーを演じた感想を

志尊さん:小中学校の頃から原作を読み、映画化された作品も見て『クローズ』の世界に憧れていた自分にとって、本当に夢のような時間でした。撮影中は鳳仙のトップとしてしっかりしないと、という気持ちがすごく強かったです。鳳仙学園のメンバーとして一緒に演じてくれた仲間たちが本当に頼りになる素晴らしい仲間たちで。自信を持って、皆さんに楽しんでもらえる作品になったんじゃないかと思っています。

と語りました。

レッドカーペットセレモニーの最後には、豊洲の海を背景に記念撮影!
会場に集まった熱気あふれるハイローファンと共に「この秋は『HiGH&LOW THE WORST』!」という掛け声を会場に響かせ、総勢15名がずらりと並んだ圧巻フォトセッションとなった。

映画情報どっとこむ ralph 『HiGH&LOW THE WORST』舞台挨拶集合s
最速プレミア試写会 舞台挨拶

レッドカーペットセレモニーの後は、ユナイテッド・シネマ豊洲にて最速プレミア披露試写会が行われ、キャスト陣と監督が舞台挨拶に登場した。

鬼邪高校の全日制に身を置きテッペンを目指す転入生・花岡楓士雄(はなおかふじお)を演じた川村壱馬さんは、

川村さん:初めてこの映画を観ていただける機会すごく嬉しく思いますし、心待ちにしていた瞬間なので、ぜひ楽しんでいただけたら!

と満面の笑みでコメント。

鬼邪高校全日制ナンバー1の実力者・と轟洋介(とどろきようすけ)役の前田公輝さんは、

前田さん:鬼邪高生として、轟一派として帰ってこられたことを嬉しく思うと同時に、ここにいられることを感謝しています。『ハイロー』が好きな皆様に少しでも届けられるように務めさせていただいたので、ぜひ楽しみにしていてください。

と意気込みを語った。

轟を支える孤高の2人組のひとり・芝マン(しばまん)を演じた龍さんは、

龍さん:轟一派としてずっとシリーズに携わってきましたが、公開が近づきワクワクしています。

同じく轟を支える辻(つじ)役の鈴木昴秀さんは、

鈴木さん:ドラマから轟一派として撮影させていただいていましたが、歴史ある『ハイロー』と『クローズ』・『WORST』のコラボ作品に出演させていただけて光栄です。

とそれぞれ作品への思いをコメントした。



続いては、俳優陣が作品やそれぞれ演じたキャラクターへの熱い気持ちを

まずは、嵐を呼ぶ男・楓士雄の転入で激動の時代を迎える鬼邪高校。

川村さん:楓士雄が人に対して熱くなるところなど、僕自身にない部分がたくさんあったので、自分にないものを演じる上で振り切ってやらないと演じ切れないと思いました。僕はアーティストも俳優も120%でやっていますので、役者として楓士雄に本気で向き合おうと思い、試行錯誤しながらがんばらせていただきました。

と、役作りに対する熱い思いを吐露。
楓士雄の相棒・高城司(たかじょうつかさ)を演じた吉野北人さんは、

吉野さん:司はクールで、周りを見過ぎて葛藤したりするキャラ。演じる上では、堂々と立ち振る舞って表情ひとつもすごく意識しました。

とこだわりを明かした。

最大人数の中中(チュンチュン)一派を仕切る中越(なかごし)役の神尾楓珠さんは、

神尾さん:僕の中に不良というものがなかったのですが、髪型など奇抜なビジュアルの中越役で、神尾楓珠とバレないぐらいになれたらと思って演じていました。別人になることを意識していましたね。

とコメントした。


映画情報どっとこむ ralph そんな鬼邪高校の全日制トップ・轟を演じた前田さんは、本作での激しいアクションシーンについて言及。

前田さん:村山vs轟戦は、人生で一番多くのアクションをこなしました。大変でしたがやりがいがありましたし、360度カメラで撮った迫力の映像も楽しんでいただけるかなと。

と自信をのぞかせた。

鬼邪高校の定時制で“鬼邪高の絶対的リーダー”村山良樹(むらやまよしき)を演じた山田裕貴さんは、まさに鬼邪高校の集大成ともいえる本作について

山田さん:愛がすごいです!集大成や世代交代…観たらなるほどなと思うポイントがあるので、ぜひ見て楽しんでもらえたら、という気持ちで臨みました!!

とコメントし、会場を盛り上げた。

鬼邪高校最年長で村山を慕う関虎太郎(せきこたろう)役の一ノ瀬ワタルさんも、

一ノ瀬さん:本当に俺たちの中で、ずっとこの役を演じてきて、ラストシーンでは胸を打たれました。ぜみ見てほしいし、皆さんの胸を打ちたいです!

とコメントし、会場からは割れんばかりの拍手が!

また、男たちの熱いバトルアクションとあわせて、「希望ヶ丘団地」の幼馴染たちの絆の物語も見どころである本作。
楓士雄の幼馴染にして、唯一優等生的な立ち位置ながら熱いハートを持つ桐原誠司(きりはらせいじ)を演じた白洲迅さんは、

白洲さん:誠司は喧嘩をしませんし、アクションシーンもありません。でもその分熱い思いを内に秘めていて、誰よりも仲間思いで、誠司なりの言葉は表情で熱を表現できたらと思い演じました!

と、熱い思いをコメントした。

GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーとして活躍しながら、本作が俳優デビューとなった中務裕太さんと小森隼さん。喧嘩最強のオロチ兄弟・兄の尾々地真也(おおちしんや)役の中務さんは、

中務さん:(「HiGH&LOW」シリーズの人気キャラクター)雨宮兄弟に次ぐ兄弟・オロチ兄弟を演じさせていただけるなんて、夢にも思いませんでした。雨宮兄弟はスタイリッシュでかっこよくて“神”だけど、オロチ兄弟は“石”。泥くさい感じでいきたいなと思って、普段は抜けてるけど、守りたいものを守る時は男らしいキャラクターを目指しました。

と語り会場を沸かせた。

同じくオロチ兄弟・弟の尾々地正也(おおちまさや)役の小森さんは、

小森さん:演技について何もわからない状況で、監督や脚本家の皆さんと演技レッスンを重ねて役を作っていきました」と語りつつ、「今日一日だけで、人生で初めてレッドカーペットを歩いたり舞台挨拶をしたり、初めてのことが起きすぎてドキドキが止まりません!

と大興奮の様子で、あまりの微笑ましさに会場も大盛り上がり!


「クローズ」・「WORST」でおなじみ、鳳仙学園最強のトップ・上田佐智雄(うえださちお)役の志尊淳さんは、もともと大の原作ファン。

志尊さん:『クローズ』・『WORST』の看板を背負って、僕ら鳳仙学園、全力を尽くしたのでぜひ見ていただけると嬉しいです!佐智雄をどうやって立たせようかというのを、鳳仙メンバーが考えてくれた。一枚岩が特長な学校らしく、みんながこの役を作ってくれました。

とチームワークの高さを語った。

鳳仙四天王の切れ込み隊長・志田健三(しだけんぞう)を演じた荒井敦史さんは、

荒井さん:『クローズ』と『WORST』二つの歴史を背負っているから、全員ぶっつぶしてやろうという気持ちでやりました!

とキャラクターらしくコメント。鳳仙四天王で鳳仙実力ナンバー2の仁川英明(じんかわえいめい)役の小柳心さんは、

小柳さん:佐智雄がうちの頭なので!そこが立てば、という気持ちで僕らも演じました。

と志尊の熱い気持ちに応えた。
鳳仙四天王で佐智雄の同級生・沢村正次(さわむらしょうじ)役の葵揚さんは、

葵さん:『ハイロー』シリーズと『クローズ』・『WORST』の世界観で、お腹を一杯にしていただけたら嬉しいです!

とコメントし、これにはキャスト陣も思わず優しい笑みを浮かべていた。


そして本作でメガホンを取って

久保監督:鬼邪高を背負ってくれている村山も本当に素敵に描けたし、轟もキレイでかっこいいですし、新たに鬼邪高に入る楓士雄や司も男らしく描けたと思います。それに対抗する鳳仙も、たとえば佐智雄役の志尊君は今まで見たことのない志尊君になっているので、期待してもらえたら。希望ヶ丘団地の幼馴染たちの物語も感動的だし、芝居に初挑戦した(中務)裕太や(小森)隼のオロチ兄弟も、本当に愛すべきキャラになっています。俳優みんなの雰囲気がグループごとに出ている映画だと思います。鬼邪高目線、幼馴染目線、鳳仙目線など、色んな目線で楽しんでもらえる映画なので、ぜひ何度でも楽しんでください!

と作品をアピールした。

舞台挨拶の最後には、川村さん、山田さん、志尊さんからファンたちへメッセージが送られた。

川村さん:本当にこの映画は熱い作品になっています。喧嘩だけじゃなくて、人間として何が大事か、友情や愛などメッセージ性が込められた青春ともいえるような作品になっているので、集中して楽しんでください!

とコメント。

山田さん:思いをラストのシーンに、文字で込めました。これは村山の思いでもあり、僕の思いでもあります。『ハイロー』や鬼邪高を愛してくださったみなさま、僕らをこの世界に入れてくれたみなさまへの感謝を込めましたので、一瞬ですがじっくり目を凝らして見ていただければと思います。監督がおっしゃった通り色んな目線で楽しめる作品なので、全てを愛していただければ嬉しいです。感想も“轟かせて”やってください!

と噛み締めるように語った。

志尊さん:キャラクターのビジュアルなど表面的な部分で強さや弱さを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、映画を観て、そこではないところに強さを感じてくれたらすごく嬉しいなと思います。今日ここに来ていないたくさんの役者やスタッフたちも含めて、そうした人々のもとでこの作品が作り上げられています。良い作品だと感じたら、SNSや色んなところで発信してくれると嬉しいです!

と笑顔を向けた。

映画情報どっとこむ ralph 映画 『HiGH&LOW THE WORST』

10月4日(金) 全国ロードショー!

『HiGH&LOW-THE-WORST』希望ヶ丘ビジュアル 【STORY】
頂上[テッペン]は、ふたつもいらない。

荒れ果てた街<SWORD地区>の中で通称“漆黒の凶悪高校”と呼ばれる鬼邪高校。そこは定時制と全日制に分かれ、定時制の番長・村山が鬼邪高校の頭を張っていた。そんな鬼邪高校の全日制に転入した花岡楓士雄は、いつか村山にタイマンを挑む為、全日制の天下をとる野望を持っていた。
全日制は、実力的にトップの強さを誇る轟と芝マン、辻の轟一派。二年を仕切った中越と一年を仕切った中岡が率いる中・中一派。
狂った戦い方で成り上がる泰志、清史が率いる泰・清一派。楓士雄とかつて同じ団地に住んでいた司と手下のジャム男が仕切る司一派ら、新世代の覇権を争う一大戦国時代を迎えていた。
一方、SWORD地区からやや離れた街・戸亜留市では、幹部以外全員スキンヘッドの最強軍団、鳳仙学園が勢力を強めていた。
過去最強と謳われる鳳仙は、リーダー・上田佐智雄を筆頭に、小田島、沢村、仁川、志田の四人からなる鳳仙四天王、幹部のサバカンら、最強の布陣を揃えていた。
そんな中、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちに突然襲撃され、時を同じく鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件が発生。
仲間が襲撃されたことをきっかけに、両高校は互いに敵対心を抱き、殺気立っていく。
楓士雄を筆頭に個性派揃いだが圧倒的力を持つ鬼邪高校。佐智雄を筆頭に一枚岩に組織化された鳳仙学園。
夕暮れの河原で両校ぶつかり合う、世紀の頂上決戦が幕を開ける。



***********************************

企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭(「HiGH&LOW」シリーズ)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW」シリーズ/「るろうに剣心」シリーズ)
脚本:髙橋ヒロシ 平沼紀久 増本庄一郎 渡辺啓
出演:
鬼邪高校・全日制…川村壱馬・前田公輝・吉野北人・佐藤流司・神尾楓珠・福山康平・龍・鈴木昂秀・うえきやサトシ・中島健
鳳仙学園…志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎
希望ヶ丘団地…白洲迅・中務裕太・小森隼・富田望生・矢野聖人
鬼邪高校・定時制…山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・清原翔・青木健・陳内将
市川知宏  落合モトキ / 箭内夢菜 / 佐藤大樹  佐藤寛太 / 塚本高史    小沢仁志
企画制作:HI-AX 配給:松竹
製作:「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会
©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭ら浴衣で全員集合おっさんずフェスに大興奮だお!スキマスイッチライブも!


映画情報どっとこむ ralph モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでド S な後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』の8月23日全国公開となります。

その公開が目前に迫る中、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』のレッドカーペットイベント“おっさんずフェス”が8月13日、東京の六本木ヒルズアリーナで行われ、田中圭さん、林遣都さん、内田理央さん、金子大地さん、伊藤修子さん、児嶋一哉さん、沢村一樹さん、志尊淳さん、眞島秀和さん、大塚寧々さん、吉田鋼太郎さん、瑠東東一郎監督が登場! スキマスイッチのライブも!
『劇場版おっさんずラブ-~LOVE-or-DEAD~』イベント
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』おっさんずフェス イベント
日時:8月13日(火)
場所:六本木ヒルズアリーナ
登壇:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 沢村一樹 志尊淳・眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎 / スキマスイッチ(ライブイベントのみ)、瑠東東一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 約700人のファンが待ち受ける中、キャスト&監督全員が艶やかな浴衣姿で、しかもそれぞれが人力車に乗っての豪華登場に会場は冒頭からヒートアップ。田中らキャストも、振りかぶってファンたちに向かってカラーボールを投げ入れるなど大いに盛り上げてイベントスタート。

映画情報どっとこむ ralph ドラマ版の大ブームから1年2ヶ月。
平成最後の春に行われた映画版ロケを振り返って
劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (田中圭) 田中さん:本当に毎日が楽しかった。特にお泊りロケが楽しかったよね。初めて真面目な話をしたよね。

と林さんに対して話を振ると、

林さん:平成最後の満月の夜でしたよね。

とロマンチックモード。すると

吉田さん:俺は泊っていない。いつも2人が仲良くしているんだよねぇ。。。。

と物語さながらの嫉妬劇を繰り広げていた。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (林遣都) 林さん:全シーン皆さん120%でやっているので、どんな映画が完成するのか楽しみでした。見どころは花火のシーン。エキストラのみなさんが『おっさんずラブ』愛を持っていてくれて、作品の一部として細かい演技を披露してくれています。

と参加したファンに感謝した。

吉田さん:僕と圭と遣都と沢村さんと志尊が出ているサウナのシーンは、ある意味で大変でした。撮影後は凄くやり切った感があって。そのサウナシーンはお楽しみに…。色々な意味でね。

と意味深。すると

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (沢村一樹) 沢村さん:そのシーンはDVD化の際にモザイクが入るけれど、劇場版ではモザイクなしでお届けします。だから絶対に映画館に足を運んだ方がいいよ!劇場版はノーカット。R18指定にならないように頑張りました。

とエロ男爵を降臨させ、

田中さん:適当なこと言わないの!

と柔らかく注意されていた。

新参者の志尊さんは
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (志尊淳) 志尊さん:サウナシーンの前に僕と鋼太郎さんと圭君の3人芝居があるのですが、そこで僕は『おっさんずラブ』の洗礼を受けたと思うほど、面白いシーンになりました。

とシミジミし

志尊さん:僕と鋼太郎さんの愛が田中さん演じる春田さんに向かって行くのですが、そこで何かが起きます。それがとても面白くて…。鋼太郎さんのアドリブには度肝を抜かれました。

と衝撃を予告した。

内田さん:劇場版で『わんだほう』が新装開店しました。無駄に広くなって多国籍感が凄い。あと椅子が座りにくくなりました。

と謎情報を提供。

眞島さん:劇場版のお話をいただいたときから、ストレッチを開始しました!

と肉体改造で役作り。

大塚さん:この作品で役としても自分としても新しい一歩を踏み出せたかな?というところがあります」と報告。金子は「男としての覚悟を持って演じました。それを見てほしい。

と緊張気味に打ち明けた。


劇中で繰り広げられる金子さんと大塚さんとの恋愛模様に対して

田中さん:鋼太郎さんは部長として、大塚寧々さんとの2人の恋は応援するの?

と聞くと、すかさず
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (7) 吉田さん:個人的に大塚寧々さんのファンなので、焼きもちを妬いています!

と嫉妬していた。

伊藤さん:私がどんな楽器を演奏しているか、お楽しみに。

とニヤリ。劇中で歌唱シーンがあるという大嶋さんも

児嶋さん:長渕剛さんが好きで中学時代に始めたギターがここで活きるとは…。長渕さんの曲をパクッて作曲もしました。ぜひ長渕さんに観てほしいです。

とダイレクトにラブコールを送っていた。

劇場版について

瑠東監督:120%の熱量ある芝居が撮れたという手応えがある。笑いにしろ、愛情にしろ、熱すぎるくらいに楽なく演じてもらった作品です」と自信。田中はレッドカーペット参加の倍率40倍、試写会の倍率250倍という驚きの事実に触れて「皆さんに支えられて成長して1年2ヶ月のときを経て、誰も欠けることなくパワーアップして戻って来られました!劇場版は僕らのできるすべの笑いと愛情を詰め込みました。去年のドラマのように劇場版も大きくなっていけば日本ももっと温かくなるのではないかと本気で思います。早く観てもらいたい!そして僕らの想いを皆さんに託します!

と公開後の反響に期待を込めた。
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント
映画情報どっとこむ ralph その後行われた、ドラマ版&劇場版主題歌を担当しているスキマスイッチ(大橋卓弥・常田真太郎)のライブにも900人の観客が詰めかけ大盛り上がり!
劇場版おっさんずラブ_スキマスイッチ_ライブ 劇場版おっさんずラブ_スキマスイッチ_ライブ
さらにキャスト陣が飛び入り参加。
劇場版おっさんずラブ_スキマスイッチ_ライブ 劇場版おっさんずラブ_スキマスイッチ_ライブ
舞台袖でライブの熱気を体感した

田中さん:最高ですよ!スキマさんとは『おっさんずラブ』と共に歩んできたわけで、僕はずっと歌っていました。遣都のモノマネで…。

とジョーク。また劇場版について

吉田さん:僕は『おっさんずラブ』の中で唯一の本物のおっさんです」と饒舌で「劇場版はスキマスイッチさんの歌がガンガン盛り上げてくれています!

と嬉しそう。

金子さん:おっさんずラブを愛してくださる皆さん、アリよりのアリですっ!

と演じる栗林歌麻呂が放つキメ台詞でさらに盛り上げると、

志尊さん:皆さんジャスティース!

と山田正義(ジャスティス)の代名詞ともいえる台詞で応戦!そして

田中さん:スキマさんのお陰で“おっさんずフェス”最後のイベントも大盛り上がり。改めて音楽の力を感じました!映画の公開がもうすぐなので…“すぐだお”なので、映画館に…行ってみ~

と演じる春田創一役風にアピール。

映画情報どっとこむ ralph 最後にスキマスイッチの大橋さんは

大島さん:本当に劇場で楽しんでほしい!僕らは音楽という形で少しだけ支えているけれど、映画はメチャメチャ面白いです!

と集まった大勢のファンに向けて猛プッシュしていた。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
ラブコメディ『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

8月23日(金) 全国東宝系にてロードショー

映画公式サイト:
ossanslove-the-movie.com

***********************************

監督:瑠東東一郎 脚本:徳尾浩司 音楽:河野伸
出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)
公開日:2019年8月23日(金) 
製作:テレビ朝日ほか




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ド派手×熱すぎる!!川村壱馬x山田裕貴x志尊淳『 HiGH&LOW THE WORST 』本予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画「HiGH&LOW THE WORST」が10月4日より全国公開となります。

この度、待望の本予告映像&ポスタービジュアルを解禁!

今回の映像では、新しく全日制に転入した花岡楓士雄(川村壱馬)や、シリーズでもおなじみの定時制の番長・村山良樹(山田裕貴)といった<HiGH&LOW>鬼邪高校の面々と、 絶対的なトップである上田佐智雄(志尊淳)率いる<クローズ・WORST>史上最強の鉄の結束軍団・鳳仙学園が、それぞれの仲間を守るため、熱く激しくぶつかり合う!

大人数×ド派手×熱すぎる!!斬新なカメラワークによって、迫力満点のバトルアクションが見どころとなっております。そして今回の映像で遂に村山も「行くぞ、てめぇら!」と吠える!

また、鳳仙学園のテーマソングとして、EXILE THE SECONDが歌う「Top Down」も初解禁となり、映像のボルテージを更に高めます!


また、先日出演解禁となり本作が俳優デビューとなるGENERATIONS from EXILE TRIBEの中務裕太、小森隼の本編映像も初解禁!パフォーマーとして活躍する二人の高すぎる身体能力がアクションシーンでも発揮されています。

さらに!映像冒頭には、「HiGH&LOW」×「クローズ」「WORST」の奇跡の最強コラボにふさわしく、「クローズ」「WORST」原作の髙橋ヒロシ先生が本作の鳳仙学園のトップである佐智雄ほか幹部キャストたちを描き下ろしたイラストも初登場!

そして映像のラストには「まさか今度は鈴蘭とやろうとかではないですよね…?!」といった「クローズ」で大人気の鈴蘭高校を匂わせるセリフも。
「クローズ」「WORST」ファンにとっても目が離せない映像になっています!!

映画情報どっとこむ ralph そして本ポスタービジュアルも初解禁。
「頂上[テッペン]は、ふたつもいらない。」のコピーが印象的な群雄割拠のビジュアルが完成。
鬼邪高戦国時代と、鳳仙学園の幹部以外全員スキンヘッドのド迫力なビジュアルとなっております。
『HiGH&LOW THE WORST』本ポスター
映画『HiGH&LOW THE WORST』 

10月4日(金)全国ロードショー

『HiGH&LOW THE WORST』
***********************************

企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭(「HiGH&LOW」シリーズ)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW」シリーズ/「るろうに剣心」シリーズ)
脚本:髙橋ヒロシ 平沼紀久 増本庄一郎 渡辺啓
出演:
鬼邪高校・全日制…川村壱馬・前田公輝・吉野北人・佐藤流司・神尾楓珠・福山康平・龍・鈴木昂秀・うえきやサトシ・中島健
鳳仙学園…志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎
希望ヶ丘団地…白洲迅・中務裕太・小森隼・富田望生・矢野聖人
鬼邪高校・定時制…山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・清原翔・青木健・陳内将     
企画制作:HI-AX               配給:松竹
製作:「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会     
©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』タキシード&ドレスで決めた11人のキャラビジュアル完成だお♡


映画情報どっとこむ ralph モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでドSな後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』待望の映画化『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』。

この度、大人気メンバー11人の個性が光る、ファン垂涎の超尊いキャラクタービジュアルが完成しました!

前代未聞の五角関係を巻き起こし熱い恋の火花を散らす5人、春田創一(田中圭)、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、牧凌太(林遣都)、狸穴迅(沢村一樹)、山田ジャスティス(志尊淳)をはじめ、おっさんずラブの世界を取り巻くお馴染みのメンバーたちが大集合!
『劇場版おっさんずラブ-~LOVE-or-DEAD~』11キャラ 男性陣はタキシードやスーツ、女性陣はドレスの華やかな装いを身に纏い、みな結婚式を思わせる白い薔薇のブーケを手にした神聖な雰囲気漂う尊い瞬間ばかりで、さらに彼らの切なげな表情やとびきりの笑顔、そしてそれぞれ大切な相手をまっすぐに想うピュアな言葉が重なり、1枚1枚がひたすらビビビっときちゃう胸アツな仕上がりです!

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

映画公式サイト:
ossanslove-the-movie.com


<ストーリー> 
永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一。
久しぶりに戻ってきた天空不動産第二営業所では、黒澤武蔵をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。
そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たに、アジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太の姿も…。
何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてゆく。
一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突然“記憶喪失”に…!
しかも忘れたのは春田の存在のみ。…え、どゆこと?そんな記憶喪失あんの!?
混乱する春田をよそに、黒澤は“生まれて初めて”春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまい…。
そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生!それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る。
果たして、春田の運命は…!?笑って泣けるこの夏最高のエンタテインメント!
おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>が、ついに幕を開ける。

***********************************

監督:瑠東東一郎

脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)

出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎

撮影時期:2019年3月末~4月末 都内近郊、香港ほか

公開時期:2019年8月23日(金)
製作:テレビ朝日ほか
配給:東宝
配給協力:アスミック・エース
©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

志尊淳、藤井美菜、夏帆、伊藤万理華ら登壇!制作者集団“分福”プロジェクト「潤一」初日


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する映画監督、是枝裕和。その彼を中心に設立された制作者集団“分福”が手がける渾身のプロジェクト「潤一」がついに始動!フランス・カンヌの国際ドラマの祭典“カンヌシリーズ”のコンペティション部門に日本作品として初めて出品され、公式上映がされると現地の関係者から絶賛を浴び、注目を集めた「潤一」がドラマ配信・放送に先駆け、6/14(金)より1週間期間限定で丸の内ピカデリーにて公開となります。

このたび映画の公開を記念し、舞台挨拶が行われました。舞台挨拶には主演の志尊淳をはじめ、藤井美菜、夏帆、原田美枝子、蒔田彩珠、伊藤万理華と各話で共演した女優陣と北原栄治監督、広瀬奈々子監督が出席。
「潤一」志尊淳、藤井美菜、夏帆、原田美枝子、蒔田彩珠、伊藤万理華、北原栄治監督、広瀬奈々子監督
日時:6月14日(金)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:志尊淳、藤井美菜、夏帆、原田美枝子、蒔田彩珠、伊藤万理華、北原栄治監督、広瀬奈々子監督

映画情報どっとこむ ralph 原作は直木賞作家の井上荒野の連作短編集、監督は「歩いても歩いても」以降の是枝作品を支えてきた北原栄治と、是枝の愛弟子「夜明け」の広瀬奈々子が務める。脚本は同じく分福の砂田麻美(「エンディングノート」)と日本映画界最高峰のキャストスタッフが集結!志尊は6人の女性たちを虜にする妖艶な青年”潤一”を華麗に演じ、自身初となるヌードに挑戦、そして官能的なベッドシーンを惜しげも無く披露し、新境地を切り拓く。“潤一”の虜となる女性陣には、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子。人気絶頂の志尊淳×豪華6人の女優陣の競演も話題でカンヌが絶賛!日本最高峰の制作集団が圧倒的映像美で贈る、センセーショナルな官能世界が話題となっている本作。カンヌでの高い評価を受けて、急遽期間限定で劇場先行公開が決定!

共演した女性陣に囲まれステージに登壇した志尊は「良い気持ちですね(笑)。ドラマといえ短編映画のように。いつか映画館にかけられたらいいねと話を撮影途中からしていたので、幸せですね。」と万感の様子。「大きなスクリーンで観ていただけて嬉しい」と藤井も話せば、原田も「最初はTVで放送されると話を聞いていたので、劇場で公開されると聞いて驚きました」と劇場公開に嬉しそうな様子。

志尊は自身初となるヌードに挑戦し、新たな一面が垣間見える作品となったが「(依頼をいただいて)小説を読ませていただき、今まで感じたことがない感情だったり、自分の中で強く感じていたものを覆される瞬間がありました。僕が感じたイメージの潤一を遥かに超えるものを、このすばらしいキャストとスタッフのみなさんと作り上げられたら」と出演を決意したときの心境を告白。藤井は志尊との競演について「お若いのにとてもしっかりされていて、結構引っ張っていただいて」と振り返った。夏帆の撮影初日はインパクトのあるシーンから撮影が始まったそうで「初日からなかなか飛ばしていましたね(笑)」と笑い、志尊も「夏帆さんとは一番最初に会ったシーンは衝撃的なシーンで。『はじめまして。よろしくお願いします』って言った10分後には『うわ~』みたいな(笑)」と会場を驚かせた。志尊との自転車の二人乗りのシーンを見せた原田は「楽しかったですね。いつまででも続けばいいなと思いました」と照れ、「この作品は詩のような作品で言葉にならない感覚が映像にぴったり」と作品の出来に満足の様子。

本作は対応の違う6人の女性たちの前に風のように現れて、一瞬で心をつかみ、満たし、また雲のように去っていく主人公の潤一が一番の魅力になっている。志尊自身は「ぜんぜん違うタイプ」と語るが、ここで共演した女性陣に潤一と志尊さんの共通点を質問
「ギャップが多い方で可愛らしい方かなと思っていましたが、男っぽい方。ギャップが魅力的な方だなと思いました」とコメント。
この撮影では役柄的にコミュニケーションをあまり交わさなかったという志尊。初共演となった夏帆も「潤一=志尊さんというイメージがありますね。今日はよく喋っているな、こんなに喋っているところ初めて見ました!」と驚きの様子。原田は「観る度に顔の印象が違うので、この役はすごくあっていると思います」と原田が絶賛すると、志尊は照れて「最後まで聞きますか?」と困り顔。観客の大きな要望に応え続けることになると、蒔田は「現場での志尊さんは常に周りを見ていて、さーと来てさーと帰る。本当に潤一だなと思いました。」とコメントし、伊藤も「潤一みたいな方と思っていましたが、どうなんでしょう(笑)。ねこっぽい。動物的で本能的な潤一そのままのイメージ」と女優陣からの絶賛が続いた。

最後に志尊はファンに向けて、「この作品を観てくださいって想いは僕には一切なく、みなさんが感じ取ったそのままの気持ちで感じ取ったものを楽しんでいただけたらと思います。官能的な部分が先行していますが、人間ドラマの部分や登場する女性の方々も本当に美しいので、魅了されていく作品だと思います」とメッセージを寄せ、舞台挨拶が終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『潤一』は6月14日(金)より丸の内ピカデリーにて1週間限定上映。

Amazonプライムビデオ、iTunes他にて6月26日(水)よりデジタルセル先行配信開始。
ドラマ「潤一」は関西テレビにて7月12日(金)25:55~放送、放送終了後国内プラットフォームにて見逃し配信。
日本映画専門チャンネルにて7月13日(土)23:00〜放送。

***********************************

出演:志尊淳 藤井美菜 夏帆 江口のりこ 蒔田彩珠 伊藤万理華 / 原田美枝子

エグゼクティブ・プロデューサー:河村光庸「あゝ、荒野」 企画:分福 / 北原栄治 是枝裕和 「万引き家族」

原作:井上荒野『潤一』 監督:北原栄治・広瀬奈々子 「夜明け」 脚本:砂田麻美「エンディングノート」

音楽:Koji Nakamura 制作プロダクション:スターサンズ 配給:スターサンズ

放送情報:関西テレビにて2019年7月12日(金)25:55〜放送。日本映画専門チャンネルにて2019年7月13日(土)23:00〜放送。

配信情報: 【デジタルセル先行配信】6月26日(水)よりAmazonプライムビデオ、iTune他にて

【見逃し配信】放送終了後から、国内プラットフォームにて配信(予定)

製作:2019「潤一」製作委員会 コピーライト:©️2019「潤一」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ