「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」タグアーカイブ

漫画家:押見修造原作 こじらせ青春映画3選


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の公開日が9月27日(金)より全国公開致します。

原作者である押見修造はこれまで、思春期の少年少女を題材に思春期特有の生きづらさ、悩み、葛藤を独創的な世界観で描き続けてきた、まさにこじらせ青春漫画の名手。

映像化された作品も多く、9月27日に映画が公開される「惡の華」は、主人公の春日に自身の体験を投影し描いた、非常に思い入れのある自叙伝的作品であると語っています。

この映画『惡の華』の公開を記念し、独特の観点で思春期の少年少女の青春を描く、唯一無二の「押見作品」の内、映像化された3選を御紹介!

映画情報どっとこむ ralph 原作者の経験を基に綴られる、心と心の共鳴。

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

伝わらなくてもいい。

伝えたいと思った━。

高校一年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。ひとりぼっちの学生生活を送るなか、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子、菊地が参加することになり・・・。
志乃ちゃんは自分の名前が言えない
2017年/監督:湯浅弘章
出演:南沙良 蒔田彩珠
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会



映画情報どっとこむ ralph 誰しもが感じる“毛”の悩みに斜め45°から挑んだ傑作

「スイートプールサイド」

わたしの毛を・・・剃ってくれない?

男子なのに毛が生えないことに悩む高校1年生の太田年彦は、同じ水泳部の毛深い女子・後藤綾子をうらやましく思っていた。そんなある日の放課後、綾子から毛深いことに対する悩みを相談され、「私の毛を剃ってくれない?」と依頼されたことから、年彦は綾子の腕の毛とスネ毛を毎週剃るという秘密の関係を結ぶ。やがて年彦は綾子に対して特別な感情を抱くようになるが……。
スイートプールサイド
2014年/監督:松居大悟
出演:須賀健太 刈谷友衣子
(C)2014松竹株式会社



映画情報どっとこむ ralph 絶望の青春を突き進む、少年少女。二人が目指すその先は・・・

「惡の華」

あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。

山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。

仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

9月27日(金)、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
akunohana-movie.jp
twitter:
@akunohana_movie

『惡の華』本ビジュアル
***********************************


伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ

北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか

高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾


原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
監督:井口昇
脚本:岡田麿里

主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」(Office Augusta / Bandwagon)

製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)

配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会


新人女優賞 平手友梨奈クールに登壇!第28回日本映画批評家大賞授賞式


映画情報どっとこむ ralph 今年で 28 年の歴史を数える『日本映画批評家大賞授賞式』。

映画批評家ならではの視点で選ばれる各賞を祝いに大勢の映画人と、映画ファンが集まり、豪華な受賞者を迎えて授賞式を行ないました。

第28回日本映画批評家大賞授賞式
開催日:2019 年5月30日(木)
場所:スパイラルホール(東京・青山)

映画情報どっとこむ ralph 作品賞 ファントム・フィルム『焼肉ドラゴン』
鄭義信監督

監督賞 白石和彌『孤狼の血』 代理

主演男優賞 柄本佑『素敵なダイナマイトスキャンダル』

主演女優賞 石橋静河『きみの鳥はうたえる』

助演男優賞 寛 一 郎『菊とギロチン』

助演女優賞 友近『嘘八百』

新人男優賞(南俊子賞) 佐野勇斗『ちはやふる-結び-』

新人男優賞(南俊子賞) 濱津隆之『カメラを止めるな!』

新人女優賞 (小森和子賞) 南沙良『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

新人女優賞 (小森和子賞) 平手友梨奈『響-HIBIKI-』

特別新人賞 滝川広志(コロッケ)『ゆずりは』

新人監督賞 枝優花『少女邂逅』

ドキュメンタリー賞 松竹株式会社『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』

編集賞(浦岡敬一賞) 川瀬功『空飛ぶタイヤ』
恒例の浦岡夫人の頭なでなで。

特別賞(松永武賞) TAMA 映画フォーラム実行委員会
第28回日本映画批評家大賞授賞式
特別作品賞 株式会社ザフール『STILL LIFE OF MEMORIES』

シルバー賞 小川欽也

アニメーション作品賞 ギャガ株式会社『若おかみは小学生!』

***********************************



クランクアップは〈卒業式〉南沙良、蒔田彩珠、萩原利久へ監督から卒業証書!映像到着『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』


映画情報どっとこむ ralph この度、新宿武蔵野館ほかで大ヒット上映中の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の、感動のクランクアップ映像が公開となりました。

「血の轍」「ハピネス」など連載を抱える人気漫画家・押見修造氏の同名作の映画化である『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。

SNS上では、映画ファンは勿論のこと「原作も大好きだけど、映画も素晴らしかった。間違いなく今年のベスト」「自分にとって大切な漫画が、自分にとって大切な映画にもなった。多くの人に観て欲しい!」と原作ファンも大絶賛。

更には、押見修造自身も映画化の出来に「100点満点以外言いようがない」と太鼓判を押しています。

この度、映画を観終えた観客なら、落涙必至の撮影のクランクアップ時の映像が公開に!


上手く言葉が話せず一人で高校生活を過ごす志乃。音痴でコミュニケーションが苦手な加代。
人と関わりたいのに空気が読めず空回りする菊地…物語では、誰もがどこかしら共感するようなコンプレックスを抱えた3人が、ぶつかりながらも少しずつ成長していく姿を描く。

公開されたクランクアップを映したメイキング映像では、全身全霊で撮影に挑んだ南沙良(志乃役)、蒔田彩珠(加代役)、萩原利久(菊地役)へ向けて、湯浅弘章監督が卒業証書を一人一人に手渡す〈卒業式〉が映し出される。卒業証書には、押見修造によるそれぞれのキャラクターが描かれ、受け取った南、蒔田、萩原も感涙を堪えつつ、満面の笑み。

本編では描かれない卒業式の情景に、胸が熱くなるメイキング映像となっています。


映画情報どっとこむ ralph 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない

新宿武蔵野館ほか大ヒット上映中!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/


物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。

高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…




***********************************

出演:南沙良  蒔田彩珠 萩原利久
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ 
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


蒔田彩珠のギターで、南沙良が熱唱!『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』練習風景映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、初日から2週間が過ぎた現在も口コミが口コミを呼び、満席の回がでるなど、新宿武蔵野館ほかで口コミヒット中!!

悩み、もがきながらも自分自身と向き合っていく主人公たちの姿に、原作ファンは勿論、映画ファンも大納得の熱い言葉が並ぶ。

この度、そんな映画を観終えた観客たちの胸を熱くするメイキング映像が公開された。



南沙良&蒔田彩珠の猛特訓!
一から練習したギター、渾身の歌声…感動のワンシーン誕生の舞台裏

上手く言葉が話せず一人で高校生活を過ごす志乃。音痴でコミュニケーションが苦手な加代。
そんな二人は、〈音楽〉を通して、徐々に心を通わせていく…。
志乃と加代が路上で、海辺で、様々な場所で演奏していく青春のきらめきを感じさせるシーンは、映画の見所の一つだ。

公開されたメイキング映像では、“ギターが好き”という加代役を演じた、蒔田の猛特訓ぶりの一端が垣間見える。
たった2か月で、演奏をマスターした蒔田。そして、その演奏にあわせて、澄んだ歌声で熱唱する志乃役の南沙良との掛け合いは、練習時から既に息がぴったり!

二人の練習の成果が存分に発揮されている、感動のワンシーンを是非、劇場でチェックしてほしい。

映画情報どっとこむ ralph 志乃ちゃんは自分の名前が言えない

新宿武蔵野館ほか大ヒット上映中!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/


物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。
そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…


***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /

小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲

山田キヌヲ  奥貫 薫

監督:湯浅弘章 
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 押見修造のライブペインティング映像公開!


映画情報どっとこむ ralph 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 が、7/14から新宿武蔵野館 にて公開となり、満席の回も続出する大ヒットスタートを切りました。

SNS上では、いち早く作品を観た観客からの熱い感想に溢れ、「今年の最重要 邦画の一本。久々にがっつり泣かされた。必見!」「140字では全然足りない くらい素晴らしい映画」「生ぬるい架空の青春映画なんて何本まとめてかかって きてもこの映画にはかないっこない。傑作青春映画」「原作も大好 きだけど、 映画も素晴らしかった。間違いなく今年のベスト」「音楽映画としても100点満点!」と悩み、もがきながらも自分自身と向き合 っていく主人公たちの姿に、原作ファンは勿論、映画ファンも大納得の熱い言葉が並ぶ。

映画情報どっとこむ ralph 大ヒットスタートを祝福するかのような、笑顔の志乃ちゃん。 押見修造のライブペインティング映像公開! 普段、一般の方は入ることができない新宿武蔵野館の控室は、これまでの歴代公開 作品のキャストたちのサインが壁一面にずらりと広がっている。そのなかに、14 日の初 日舞台挨拶の際に、しっかりと「志乃ちゃん」チーム(南、蒔田、萩原、湯浅監督、 脚本・足立)もサインを追加!
さらには、原作者の押見修造が、大ヒットスタート を祝福するかのような笑顔の「志乃」をその場で描き上げることに!

真っ白な壁をキャンパスに、徐々に浮かび上がる志乃にキャスト並びに湯浅監督ほかスタッフも興奮気味。本格的に描かれた 大きな志乃は、歴代の武蔵野館の公開作品のサインのなかで、一際存在感を放っている。『血の轍』『ハピネス』など連載を抱え る人気漫画家・押見修造のライブペインティング映像というだけでファンにとっては、コミックス発売から 6 年の月日が経ち、描かれた 志乃ちゃんは何とも感慨深い。元々の動画の尺は5 分と丁寧に描き込まれており、映画を観た後に見ると感慨深いイラストに。 ここでしか見られない、超お宝映像となった。

***********************************

出演:南 沙良 蒔田彩珠/萩原利久/小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲/山田キヌヲ 奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社
製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク) 2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会