「忍成修吾」タグアーカイブ

ホラー映画『シライサン』に忍成修吾 谷村美月 江野沢愛美 染谷将太 出演決定&コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph “その名“ を知った者のもとに現れ、目をそらしたら殺されてしまうという新たな怨霊の恐怖を描く映画『シライサン』は2020年1月公開となります。主演は飯豊まりえさん。そして、稲葉友さんの出演が発表となっていましたが・・・

この度3度目となるキャストが解禁!!

それは・・・
忍成修吾さん、谷村美月さん、江野沢愛美さん、染谷将太さんさんの4名。
映画情報どっとこむ ralph 忍成さんが演じるのは雑誌記者の【間宮幸太】。乙一(安達寛高)原作の映画『手を握る泥棒の物語』(04)にも出演しており、本作では間宮の陰影深い人物像に惹かれ参加を決意。「シライサン」の呪いと連続不審死の関係性を追う記者を好演します。

<間宮幸太 役>
忍成修吾さんからコメント 
久しぶりのホラー映画への出演でした。最初は事件を調べていたはずだったのに、徐々に人外の存在に気づき始めて巻き込まれていく男の役です。大事な人を守りたくて暴走してしまうのが、いけないものと思いつつ。。。とても共感出来ました。自分の出演しているシーンは昼間が多かった印象です。それがまた不気味なのかなと思いつつ、どの様に仕上がってくるのか楽しみにしています。



谷村さんが演じるのは間宮(忍成修吾)の妻【冬美】。乙一(安達寛高) 原作の『死にぞこないの青』(08) へも出演しており、本作ではある事故によってつらい記憶を抱えるミステリアスな役どころに挑みます。

<間宮冬美 役>
谷村美月さんからコメント
物語を読んで、出来るだけ自分の中で想像を膨らませて作品に取り組んでいたものの、 実際に撮影をして、少しばかりの映像を見させて頂いたとき、自分の想像を遥かに上回り、 そこには不気味さが際立っていました。早く多くの皆さんに見て頂き、この恐怖の連鎖を味わって頂きたいです。



江野沢さんが演じるのは主人公・瑞紀(飯豊まりえ)の友人であり、あるきっかけでシライサンに運命を狂わされていく【加藤香奈】。同じくモデルとして活躍する飯豊とは今回が初の映像共演であり、本作への出演や役作りに対して大いに意気込みを見せています。

<加藤香奈 役>
江野沢愛美さんからコメント
最初は全く経験のない役柄だったのでとっても難しくて不安でした。
ただ本読みの時に自分が用意していった香奈を相談したところ監督がすごく褒めてくださったのでとても安心して撮影に臨めました。特殊メイクのクオリティも素晴らしいので、そちらにも注目していただきたいです。
この映画は1シーン目の私がきっかけでストーリーが進んでいくため、本当に私にとって1番難しいシーンで、撮影日もとっても悩みました。そのくらいそのシーンは特に大切に演じました。なのでしっかり見ていただけたら嬉しいです。
あと私の撮影初日が旅館で怖い話をするシーンだったんですが、染谷さんが素晴らしすぎて全員が本当にビビってたところをぜひ見て欲しいです。笑



染谷さんが演じるのは山奥の旅館に出入りする酒屋店員の【渡辺秀明】。安達監督の初監督作品『一周忌物語』(09)に出演していたことから本作への出演を決意。2度目のタックにも注目が集まります。

<渡辺秀明 役>
染谷将太さんからコメント 
およそ10年前に安達組の短編に出演させて頂きました、そして初長編映画に呼んでいただき、自分を忘れないでくれた!と感謝感激でございます。すごい濃厚な後味の残る「シライサン」、映画館に異様な寒けと空気が流れるこの映画を、是非劇場で感じて欲しいです。


映画情報どっとこむ ralph 「夏と花火と私の死体」で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、以降「GOTH」「暗いところで待ち合わせ」など多数の人気「夏作を生み出してきた乙一(安達寛高)の完全オリジナル作にして長編映画初監督作品となる本作。

映画『シライサン』は2020年1月に公開予定!

公式HP:
shiraisan.jp 

公式Twitter:
@shiraisan_movie

眼球破裂と心不全による連続不審死が発生したことを発端に、被害者に関係する人々の周辺でも次々に奇妙な現象が起こり始める。どこからともなく感じる視線、通り過ぎる影、誰かがいるかのような気配…、すべてのきっかけは〝ある名前” を知ってしまったことが始まりだった…。「その名を知ると、呪われる―」 よくある怪談話と軽視していた都市伝説が本物の呪いだと確信していく人々を襲う、いつ訪れるかも分からない死の恐怖。次第に錯乱し、極限状態へと追い込まれていく様が描かれ、観る者を恐怖のどん底へと陥れていきます。

***********************************


出演:飯豊まりえ  稲葉友  忍成修吾  谷村美月  染谷将太  江野沢愛美  ほか 

脚本・監督:安達寛高(乙一)   
配給:松竹メディア事業部
公開:2020年1月 全国公開
©2020松竹株式会社   


松坂桃李が危険!手首ペロリにアゴクイ衝撃画像解禁『不能犯』


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』2月1日(木)より公開となります。



この度、松坂演じる宇相吹のセクシーすぎて危険すぎる衝撃の写真が解禁!


頻発する変死事件の容疑者として、警察はようやく宇相吹(松坂)の身柄を確保し、ベテラン刑事の夜目(矢田)が任意で取り調べる。すると、「僕は、やってません」という宇相吹の言葉にピクリと反応する夜目。

以前、夜目が電車で痴漢した高校生を現行犯逮捕したのだが、彼は無実を主張した末に、留置所で自殺してしまった。それは、夜目の心に影を落としている自殺した高校生が何度も繰り返し訴え続けた言葉だったのだ。

次に宇相吹は、夜目の手首に虫がついていると指摘。
動揺する夜目だが、側にいた多田(沢尻)には何も見えなかった。

「あー…噛まれましたね…」と呟いた次の瞬間、夜目の手首をベロリと舐め上げる宇相吹。

結局、何の証拠も掴めぬまま宇相吹が帰った後、夜目の手首が腫れ上がる。

その後、夜目の身に降りかかる悲劇とは…?


またもう一方の写真では、夜目の唇を押さえつけながら、アゴクイをする姿も押さえられており、今後の展開が気になってしまう。

映画情報どっとこむ ralph 原作の宇相吹のビジュアルを徹底的に作り込み、宇相吹のトレードマーク(?)である「ニタァ」という不気味な笑い方も日々研究するなど、役作りに余年のない松坂さん。
現場では、直前まではいつも通り穏やかにスタッフと談笑しているものの、いざ宇相吹モードに入るとその雰囲気は激変。カメラが回り始める瞬間に宇相吹のスイッチが入る松坂の怪演は、日々迫力を増していったそう。

白石監督:松坂さんは実際はとても好青年なので、今回はカッコ良くセクシーで、でも怖いキャラクターでいて欲しいとお願いしました。結果彼の持っている優しさと、私の思っていた宇相吹の邪悪さがいい感じに中和していると思います。

と大絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 是非動いている松坂さんを劇場で。

『不能犯』

2018年2月1日(木)、全国ロードショー
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。


公式サイト:funohan.jp/
公式twitter:@FunohanMovie
Instaglam:funohan_movie

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也
岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士  
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 
    


7年を経てパッケージ化『ヘヴンズ ストーリー』瀬々監督のインタビュー


映画情報どっとこむ ralph 公開から7年を経てパッケージ化された4時間38分の衝撃作『ヘヴンズ ストーリー』瀬々敬久監督のインタビューを公開

映画『64 -ロクヨン-』などで知られる瀬々敬久監督の衝撃作『ヘヴンズ ストーリー』ブルーレイ&DVDが、2010年の公開から7年を経て今月6日にリリースされた。
実際に起きた事件をモデルに、家族を殺された幼い娘、妻子を殺された夫など、20人以上の登場人物が複数の殺人事件をきっかけにつながる全9章4時間38分の巨編。

国内外の映画祭で高い評価を受けつつも、これまでソフト化されなかった本作について瀬々監督のインタビューが届きました!

映画情報どっとこむ ralph
●『ヘヴンズ ストーリー』の初のパッケージ化を迎えて、現在の心境をお聞かせください。

瀬々監督今でも映画館で上映を続けていて、そこにこだわって始まっていたわけですが、『ヘヴンズストーリー』は4時間以上ある非常に長い映画でもあるので、自宅でDVD鑑賞となると中座することにもなりますよね(笑)。そういう意味ではまず映画館で4時間38分を過ごすという、そういう連続性のなかで映画を観ていただくことが、この作品にとって一番いい鑑賞法だと思っていました。ただそれも、時代とともに変化し始めたかなと。

●映像特典も豪華ですね。特にインタビューなど、時の流れを感じて、感動してしまいます。

瀬々監督村上淳さん、忍成修吾さん、長谷川朝晴さん、菜葉菜さん、山崎ハコさんにインタビューを行いました。あとは、寉岡萌希さん、栗原堅一くんを連れて、ロケ地を訪ねるという。この映画に渡し船のシーンが登場しますが、そこで初めて二人は出会うわけですね。そこにもう一度行ってもらって、僕がインタビューをしました。もう撮影当時とは景色がまったく変わってしまったので、そういう見方も楽しいですよね。

●みなさん、どういう話をしているのでしょうか?

瀬々監督忍成さんは普段無口なのですが、自分の本心を語ってくれました。長谷川さんは、この映画のご自身への重要性を。村上さんも映画にかかわってきて、10年に1本くらい思い入れできる作品に出会えるが、その1本だと。山崎ハコさんはミュージシャンとしてのDVDを今まで出してないので、DVDで残っている唯一の自分の映像は、『ヘヴンズ ストーリー』だと言われていました。

●撮影当時、ある程度撮って編集して、ストーリーを練り直すという作業をされていたそうですが、そういうスタイルで撮影することが映画にとって最良の方法だったと思いますか?

瀬々監督いろいろな映画があっていいと思うんです。1時間でも3時間でも、1日で作った映画があってもいいし、1年で撮った映画があってもいい。今ならスマホで撮った映画があってもいい。ツールも含めて、もっと自由であればいいと思います。そういう意味では、『ヘヴンズストーリー』は自由度への挑戦であったとも思うわけです。自由であることへの証明にもなり得ていたと思います。

●BDやDVDのパッケージになることで、より多くの映画ファンの観る機会が増えますよね。

瀬々監督総合的な世界観を描きたかったわけでもあるので、決して臆せず観ていただきたいです。4時間38分という時間の長さなので、こういう加害者と被害者という題材はヘビーかもしれませんが、そういうことに触れてほしいなという想いはありますよね。世界は広いですし、見たくない部分もあると思いますが、食わず嫌いじゃなく観ていただくといいと思います。

映画情報どっとこむ ralph ■■Blu-ray・DVD商品情報■■

「ヘヴンズ ストーリー Blu-ray」(PCXP-50532) / ¥5,800+税 / Blu-ray2枚組
「ヘヴンズ ストーリー DVD」(PCBP-53669) / ¥4,800+税 / DVD2枚組

発売日:2017年12月6日(水)Blu-ray&DVD発売 (DVD上・下巻 同時レンタル開始)
収録時間:本編278分+特典映像42分(予定)

【Blu-ray・DVD共通封入特典】
●特製アウターケース
●60Pスチル写真集ブックレット
【Blu-ray・DVD共通映像特典】 
●「ヘヴンズ ストーリーの10年」 (瀬々敬久 構成・演出映像作品/42分)

公式サイト:
http://heavens-story.com/


物語・・・
8歳の少女サトは、両親と姉を殺され、祖父に引き取られる。
サトはテレビ画面の中で「法律が許しても、僕がこの手で犯人を殺してやります」と強く言い放つ人を見た。妻子を殺されたトモキだった。
その日から、サトにとってトモキは英雄になった…。

出演:寉岡萌希(サト役)、長谷川朝晴(トモキ役)、忍成修吾(ミツオ役)、村上淳(カイジマ役)、山崎ハコ(恭子役)、菜葉菜(タエ役)、栗原堅一(ハルキ役)

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C) 2010ヘヴンズ プロジェクト

***********************************

キャスト:
寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、山崎ハコ
菜葉菜、栗原堅一、江口のりこ、大島葉子、吹越満、片岡礼子、嶋田久作、菅田俊、光石研、津田寛治
根岸季衣、渡辺真起子、長澤奈央、本多叶奈、佐藤浩市、柄本明、人形舞台 yumehina、百鬼どんどろ ほか

スタッフ:
監督:瀬々敬久 脚本:佐藤有記 音楽:安川午朗 撮影:鍋島淳裕、斉藤幸一、花村也寸志 照明:福田裕佐
美術:野々垣聡、田中浩二、金林剛 録音:黄永昌、高田伸也 整音:鈴木昭彦 編集:今井俊裕
助監督:海野敦、菊地健雄 製作担当:藤川佳三 エンディング曲:Tenko「生まれる前の物語」
企画:浅野博貴 
製作:小林洋一、吉村和文、岡田博、林瑞峰、須田諭一 
プロデューサー:朝倉大介、坂口一直
製作:ヘヴンズ プロジェクト 助成:文化芸術振興費補助金 
配給・宣伝:ムヴィオラ


市原隼人『サムライせんせい』薩長土肥初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画「サムライせんせい」が、11月18日(土)より薩長土肥での上映をスタートさせました。

映画史上初の北上公開と銘打ち、本作の主人公・武市半平太の生誕の地、高知に加え、山口県、佐賀県、鹿児島県の4県が、平成の連合を組み、幕末維新150周年記念作である本作を盛り上げます。
記念すべき、4県の初日舞台挨拶には、主演の市原隼人と渡辺一志監督が登壇しました。

日時:11月18日(土)
場所:TOHOシネマズ高知
登壇:市原隼人、渡辺一志監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は、幕末・明治維新150周年記念作品として製作されます。原作は、黒江S介の同名漫画「サムライせんせい」(原作:黒江S介/リブレ刊)。物語は、歴史の教科書でお馴染みの幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太がタイムスリップした現代日本で学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快なストーリーです。

サムライ姿ではなく、平成スタイルで登壇した市原隼人さんは、半平太を演じるにあたり、事前に武市半平太の書籍を片っ端から読破したという裏話を披露してくれた。本作での半平太役について聞かれると、

市原さん:いきなり半平太が現代にやってきて、犬を連れているおばちゃんに驚いたり、お巡りさんに追いかけられたりと、現代の様子に戸惑うシーンは楽しく演じました。時代ものという点では、“大儀”を持って生きてきた人物なので、そこがとても好きでした。天命というか<やるべきことがある>という生き方に惹かれるところがありました。半平太は絵に描いたような武士で、古き良き日本人の誇りを持っている人物だと思いながら演じていました。

と半平太への思いを馳せるような表情を見せながら静かに語りました。

映画情報どっとこむ ralph 坂本竜馬を演じた忍成修吾さんについては

市原さん:17年間の知り合いなので、お兄ちゃんのような感じでとても楽しかったです。」と旧知の関係であったことを明かし、半平太を助ける佐伯老人を演じた橋爪功については「橋爪さんが居酒屋をやっていたら、行ってみたいな。じっくり話を聞いてみたいなと(笑)。現場では、勉強させていただける佇まいでいらっしゃって、背中を見ながらついていこうと思っていました。

と述べました。

一転、半平太の妻を演じた奥菜恵さんについては、中学生の頃からファンだったことを明かし、終始照れ笑い。

市原さん:実はファンでして、今回初めて共演させていただき、しかも妻役ということで、一番緊張しました。とても嬉しかったです。

と語り、会場の女性ファンは嫉妬!?

また、若手の押田岳さん、武イリヤさんに関しては、

市原さん:とても真っすぐで、ピュアで、いろんなことを話しながら仲良くやりました。もう一度、彼らのような真っすぐな世代に戻りたいなと思ってしまいました。

と優しい先輩としての感想も。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

市原さん:映画は作られているときは監督のもの、カメラの前では役者のものですが、皆さんに見ていただいた瞬間に観客のものとなります。まずは高知の皆さんにご覧になっていただき、胸の中に大切にしまい、可愛がっていただけることを願っています。

と述べ、深々と頭を下げた。
映画『サムライせんせい

は絶賛北上上映中!大阪、来春公開決定!!

公式サイト:samuraisensei.com


物語・・・
幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。

尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。

半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。

平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

***********************************

出演:市原隼人 / 忍成修吾、奥菜恵、押田岳・武イリヤ / 橋爪功 他

監督:渡辺一志
製作:ヴァンブック
配給:ピーズ・インターナショナル
ⒸMovie ver. Master SAMURAI. and ⒸEsusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.
    


幕末150周年 市原隼人 主演『サムライせんせい』場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 東京公開を2018年新春に控える市原隼人主演最新映画『サムライせんせい』より、場面写真が最速解禁です。

今回解禁される場面写真は、メインビジュアルを含め3点。

メインビジュアルとしてセレクトされたのは、現代に迷い込んだ半平太が見たこともない<掃除機>を覗くシーン。
正に過去と現代が融合した瞬間の場面写真です。果たして半平太は、掃除機の管の中に何を見たのか?!
サムライせんせい
さらに本作でキーとなる坂本竜馬を演じた忍成修吾と、

半平太を助ける佐伯老人を演じた橋爪功との場面写真。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。

尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。

半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。

平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

映画『サムライせんせい

公式サイト:
samuraisensei.com

***********************************

出演:市原隼人 / 忍成修吾、奥菜恵 / 押田岳・武イリヤ / 橋爪功 他

監督:渡辺一志
原作:「サムライせんせい」(著者:黒江S介/リブレ刊)
製作:ヴァンブック
配給:ピーズ・インターナショナル 上映時間:93分(予定)
ⒸMovie ver. Master SAMURAI. and ⒸEsusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.