「徳江かな」タグアーカイブ

後藤郁、橘花凜、園田あいか コメント 映画と舞台のコラボ第4弾!朗読劇『Grief』スタート!


映画情報どっとこむ ralph これまで、元NMB48の市川美織を主演に起用した『放課後戦記』や、韓国アーティスト「MYNAME」のジュンQと、舞台や映画で活躍中の村井良大を主演に好評を得た『最果てリストランテ』、看取り士という職業を通じて紡がれる命の話を描いた『命のバトン』(映画タイトル『みとりし』)など、アイエス・フィールドが仕掛けてきた映画と舞台のコラボレーションプロジェクト


第4弾のテーマは、グラビア撮影会を通じて夢を追い掛ける主人公を描いた作品『Grief』を東京公演は12月20日(木)~23日(日)、千本桜ホールで上演中。

朗読劇上演後には、出演者のアフタートークやチェキ会などのファンの皆様が参加できるイベントも開催します。

【Greif】とは、
夢を見ながら一生懸命にグラビアやアイドル活動をしているタレントの人生模様をイメージした造語です。タレントだけではなく、タレントを支えるファンの皆様も一緒に作品作りから応援出来る制作体制が組まれるプロジェクト。

映画情報どっとこむ ralph 12月20日の本公演を前にゲネプロが千本桜ホールで行われました。
公演初日に出演する後藤郁、橘花凜、園田あいかに舞台の意気込みを語りました。

後藤郁:ゲネプロで舞台と同じ動きをやるので、その後、みんなで良い部分、悪い部分を指摘しあい、みんなで作り上げて行く舞台をお客様に見ていただけるのは、とても嬉しい事ですし、そのためにずーっとお稽古をしてきました。熱のこもった面白いものを見せれるのではないかなと思っています。

橘花凛:朗読劇は初めてなので、読むだけで、いろいろな感情や心情を表現しないとならないので、舞台は動きながら表現するので、その違いに難しいなぁと思っていたのですが、稽古をしていくうちに、読む事って感情を開放できると実感してやって良かったです。私が思った感動をお客さんに伝えられたら良いなと思いました。

園田あいか:台本でセリフを覚えて演じる舞台は何度も出ていますが、朗読劇は初めてで、本を読んで演じるので、毎回、書いてある事を同じようにするって、お芝居が同じになったり、見ている人に面白くないと思われないように毎回違うような雰囲気やその役に自分しかできない演技をしたいと思います。

◎公演日程:
2018年12月20日(木)~23日(日)(4日間7回公演)(アフタートーク・チェキ会有り)
◎公演番号:
千本桜ホール
(住所:東京都目黒区鷹番3−8−11 第3エスペランス 3F 最寄り駅:東急東横線 学芸大学駅)
◎出演者:
後藤郁、大貫彩香、橘花凛、夏本あさみ、園田あいか、徳江かな、麻亜子、咲良七海、池尻愛梨、桐生桜来、木戸楓(日替わり出演)
◎公式サイト:
https://greif.localinfo.jp/
◎公演日程:
2018年12月20日(木)~23日(日)(4日間7回公演)(アフタートーク・チェキ会有り)

映画情報どっとこむ ralph Grief

本作を企画したのは、現在産休中のグラビアアイドルのカリスマ森下悠里!!
彼女が、若い世代のタレント達にどんどん夢を実現して欲しいと本作を企画!このプロジェクトに参加するのは、デジタル写真集月刊後藤郁「残香」や主演映画「ナニワノノア」(12月15日より大阪先行公開中)の後藤郁を主演に迎え、今年、サンスポGoGoクィーン初代グランプリに輝いた大貫彩香、AbemaTV「私の年下王子さま」に出演中の橘花凛、12月20日にセカンドDVDが発売される夏本あさみ、4人組アイドルラップユニット「校庭カメラアクトレス」のメンバー、園田あいか、園子温原案の公開中の映画『レッド・ブレイド』に出演、徳江かな、ミスFLASH2018グランプリの麻亜子、デビューグラビアがネットをざわつかせて話題の咲良七海、ファーストグラビアDVDが話題の池尻愛梨、来年公開の今関あきよし監督作『恋恋豆花』に出演の桐生桜来、来年主演映画が控えている木戸楓。女優、アイドル、グラビア界で注目され、今後の活躍から目が離せないメンバーが勢揃い!!

ストーリー
物語の主人公である真鍋莉子は、母・妹(綾乃)の3人家族で育つ。父がいない事以外はどこにでもある普通の家庭だった。莉子は、日々の生活に嫌気がさし、大学を中退。そして会社の事務として働きだした。毎日、働いて疲れて寝て、そしてまた働いての繰り返し。そこでいきなり事務所マネージャー・小鳥遊知世に声を掛けられる。莉子を見た小鳥遊は、手を引き、ある場所まで連れて行く。その場所の名前は『Greif撮影会』。水着を着たグラビアアイドル達がお客と楽しそうに撮影をしている。莉子は、自分とは住む世界が違うと、撮影会を後にしようとするが、小鳥遊に止められる。小鳥遊が莉子に言った一言から莉子の人生は思わぬ方向へと動き出していく。
「あなたの人生変えてあげる」―果たして、莉子はグラビアアイドルとして成功するのか!? 莉子が歩むグラビアライフとは。

***********************************

スタッフ
企画:森下悠里
演出・脚 本:池畑暢平
プロデューサー:諸江亮 舟橋清美 瀧水和生 
製作:アイエス・フィールド
キャスティング:クリエイターズ・フィールド
制作:アイエス・フィールド 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森下悠里企画!後藤郁 主演 朗読劇「Greif(グライフ)」キービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 元NMB48の市川美織を主演に起用した『放課後戦記』や、韓国アーティスト「MYNAME」のジュンQと、舞台や映画で活躍中の村井良大を主演に好評を得た『最果てリストランテ』、看取り士という職業を通じて紡がれる命の話を描いた『命のバトン』(映画タイトル『みとりし』)など、アイエス・フィールドが仕掛けてきた映画と舞台のコラボレーションプロジェクト。

その最新作品『Greif』のキービジュアルが解禁になりました。

テーマは、グラビア撮影会を通じて夢を追い掛ける主人公を描いた作品。

【Greif】とは、夢を見ながら一生懸命にグラビアやアイドル活動をしているタレントの人生模様をイメージした造語です。タレントだけではなく、タレントを支えるファンの皆様も一緒に作品作りから応援出来る制作体制が組まれるプロジェクト。

本作を企画したのは、現在産休中のグラビアアイドルのカリスマ森下悠里!!彼女が、若い世代のタレント達にどんどん夢を実現して欲しいと本作を企画!

このプロジェクトに参加するのは、主演の後藤郁の他、大貫彩香、橘花凛、夏本あさみ、園田あいか、徳江かな、麻亜子、咲良七海、池尻愛梨、桐生桜来、木戸楓、女優、アイドル、グラビア界で注目され、今後の活躍から目が離せないメンバーが勢揃い!!

朗読劇『Greif』は、女優、タレントで奮闘するアイドルたちの等身大の姿を描く作品です!朗読劇上演後には、出演者のアフタートークやチェキ会などのファンの皆様が参加できるイベントも開催!

グラビアアイドルのリアルをモチーフに笑い有り、涙有りの朗読劇「Greif」東京公演は12月20日(木)~23日(日)、千本桜ホールで上演。

映画情報どっとこむ ralph ◎公演日程:2018年12月20日(木)~23日(日)(4日間7回公演)(アフタートーク・チェキ会有り)
◎公演番号:千本桜ホール (住所:東京都目黒区鷹番3−8−11 第3エスペランス 3F 最寄り駅:東急東横線 学芸大学駅)
◎上演時間:90分を予定しております。
◎出 演 者:後藤郁、大貫彩香、橘花凛、夏本あさみ、園田あいか、徳江かな、麻亜子、咲良七海、池尻愛梨、桐生桜来、木戸楓
     (日替わり出演)
<一般販売>
◎チケット販売:
http://confetti-web.com/greif
◎チケット料金:S席6.800円(写真・サイン付きペン&フォト&スタンドクロックプレゼント付き) 
A席3,800円(プライベートチェキ付き(プライベートチェキはお選び頂けません))
※アフターチェキ会の料金は別途1,000円が掛かります。
◎公式サイト:
https://greif.localinfo.jp/

映画情報どっとこむ ralph 物語
物語の主人公である真鍋莉子は、母・妹(綾乃)の3人家族で育つ。父がいない事以外はどこにでもある普通の家庭だった。莉子は、日々の生活に嫌気がさし、大学を中退。そして会社の事務として働きだした。毎日、働いて疲れて寝て、そしてまた働いての繰り返し。そこでいきなり事務所マネージャー・小鳥遊知世に声を掛けられる。莉子を見た小鳥遊は、手を引き、ある場所まで連れて行く。その場所の名前は『Greif撮影会』。水着を着たグラビアアイドル達がお客と楽しそうに撮影をしている。莉子は、自分とは住む世界が違うと、撮影会を後にしようとするが、小鳥遊に止められる。小鳥遊が莉子に言った一言から莉子の人生は思わぬ方向へと動き出していく。
「あなたの人生変えてあげる」―果たして、莉子はグラビアアイドルとして成功するのか!? 莉子が歩むグラビアライフとは。

***********************************

企画:森下悠里
演 出・脚 本:池畑暢平
プロデューサー:諸江亮 舟橋清美 瀧水和生
製 作:アイエス・フィールド
キャスティング:クリエイターズ・フィールド




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

園子温×坂口拓×小倉優香 映画『レッド・ブレイド』ポスタービジュアル&予告映像到着!


映画「レッド・ブレイド

12/15(土)シネマート新宿ほかで公開です!

物語・・・
いじめられっ子の高校生・マコ(小倉優香)は、この世界に嫌けが差していた。学校の図書室で忍者の児童書「雷風刃」を読むことが唯一心安らぐ瞬間で、巨大な悪に立ち向かう忍者たちに憧れていた。ある夜、下校途中のマコの前に「雷風刃」の忍者・ヒロ(搗宮姫奈)とユウ(花影香音)が現れる。時空を切り裂き、導かれるようにタイムスリップした先に待っていたのは伊賀の世界。伝説の忍者・才蔵(TAK∴)指南のもと、強さを求めマコの忍者修行が始まる。ところが、マコと同様に、「雷風刃」の悪人・原田勘助(岩永ジョーイ)が現実世界に出現してしまい・・・。

映画情報どっとこむ ralph 映画『レッド・ブレイド』が2018年12月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開となります。

この度、ポスタービジュアル&予告映像&場面写真が解禁です!

本作は、『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』など海外でも高い評価を受ける園子温原案によるストーリー。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督、『RE:BORN リボーン』主演で知られる坂口拓と“ミスター・バイオレンス”と称され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015正式上映作品『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋のメガホンで映画化。さらに、ド迫力のオープニングアクション監督を『いぬやしき』『BLEACH』などを手掛けた下村勇二が担当。今までの忍者の常識を覆す、世界初の忍者映画がここに誕生しました。

映画初主演にして本格アクションに挑戦する小倉優香。“リアル峰不二子”と絶賛されるスタイルでグラビア界を席巻し、最近は、ドラマ「チア☆ダン」や「恋のツキ」などに出演するなど女優として開眼。

共演には、舞台『MIRRORION(ミラリオン)』の搗宮姫奈や『アズミ・ハルコは行方不明』の花影香音。


“踊る次世代の裕次郎”の呼び声高い、『孤狼の血』の岩永ジョーイなどアクションに特化した実力派若手俳優が小倉の脇を固める。

また、総合演出の坂口拓が、TAK∴名義で伝説の忍者として登場する。

「哀しみの刃は、心を宿す。」というコピーが添えられたポスタービジュアル。

予告映像では、坂口指導の下、極限まで鍛えぬかれた小倉の殺陣などアクションシーンがふんだんに切り取られている。

映画情報どっとこむ ralph

***********************************

小倉優香
搗宮姫奈 花影香音 岩永ジョーイ 美音咲月 徳江かな 咲村良子 榊英雄 TAK∴

原案:園子温 総合演出:坂口拓
監督:石原貴洋
脚本:龍一朗 
サウンドデザイン:小野川浩幸
音楽:中森信福
プロデューサー:木村俊樹
ラインプロデューサー:真山俊作 撮影:富田伸二 照明:太田博 録音:杉本崇志 
オープニングアクション監督:下村勇二 TAK∴ 稲川義貴(トリプルクラウン)
アクション監督:坂口茉琴
アクション監修:匠馬敏郎
主題歌:『moi-même』(AMG MUSIC)
制作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMGエンタテインメント
協力:アミューズメントメディア総合学院 
製作:「レッド・ブレイド」製作委員会
(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森下悠里企画 映画と朗読劇舞台コラボ『Greif』 後藤郁、大貫彩香、橘花凛コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph アイエス・フィールドが仕掛ける映画と舞台のコラボレーションプロジェクト。その最新作品『Greif』が、いよいよ始動します!!

次のテーマは、グラビア撮影会を通じて夢を追い掛ける主人公を描いた作品。

【Greif】とは、夢を見ながら一生懸命にグラビアやアイドル活動をしているタレントの人生模様をイメージした造語です。

タレントとだけではなく、タレントを支えるファンの皆様も一緒に作品作りから応援出来る制作体制が組まれるプロジェクト。

本作を企画したのは、現在産休中のグラビアアイドルのカリスマ森下悠里!!

彼女が、若い世代のタレント達にどんどん夢を実現して欲しいと本作を企画!

企画・森下悠里:コメント
産休中に仕事から離れて色々考える時間を頂きました。これからの私が出来ること…それは何だろうって考えてました。グラビアという枠でひょんなきっかけで始めた芸能活動でしたが、その枠を超えて様々な活動をさせて頂いていました。今思うとすごく自由で幸せな時間だったなと感謝してます。
私はもう結婚して、子供も生まれて、、育児に専念してる日々なので、今の私が後輩の皆さんの為に何か出来ないかなって考え、思い付いたのがこの企画です!
DVDや雑誌の撮影、バラエティ、撮影会、色々な活動をしているタレントさん達、まだ新人さんで出る機会こそ少ないけど大きな夢を持ってる人たち素敵な子たち沢山いるから、もっともっと大きく羽ばたいて欲しい!活躍してほしい!って心から思ってます。そこで、新人の皆さんも活躍できる場として映画と舞台を企画してみようと思ったんです!今回は、すごくアカデミックに朗読劇を選びました!
グラビアにしてもバラエティにしても身体いっぱい表現しているタレントさん達が、声だけの演技で一体どう表現してくれるのか、個性を出してくれるのか、とっても楽しみですね♡皆様、素敵なメンバーで頑張ってますので応援宜しくお願い致します!!

映画情報どっとこむ ralph このプロジェクトに参加するのは、主演の後藤郁の他、大貫彩香、橘花凛、夏本あさみ、園田あいか、徳江かな、麻亜子、咲良七海、池尻愛梨、桐生桜来、木戸楓、女優、アイドル、グラビア界で注目され、今後の活躍から目が離せないメンバーが勢揃い!!

後藤郁:コメント
今回挑む舞台は、初めての試みということもあり多少の不安もありますが、どんな仕上がりになるのか、期待を抱きながらお稽古に勤しみ、しっかりイメージを持っていきたいと思います。また波乱な幕開けから、どの様な展開が待ち受けているのか、皆さんお耳ケア万全の状態でご来場お待ちしております。

大貫彩香:コメント
朗読劇に初めて出演させて頂きます。声だけの表現は未知との遭遇。これから始まる稽古に今からわくわくしています。このわくわくをお客様と共有出来たら嬉しいです。皆さんと劇場で同じ空気を吸い、笑い有り、涙ありのこの朗読劇の舞台を一緒に作って行きたいと思っています!

橘花凜:コメント
グラビアのお仕事とは違う、本格的な演技での表現を身につけたいと思っております!この朗読劇をどこまで盛り上げる事が出来るのか少し心配ですけど、精一杯自分の限界まで挑戦してみようと思います!今からとても緊張しておりますが、この朗読劇でまた一歩自分で前進したいです!不安いっぱいですけど、みなさまの応援をお待ちしています!!

映画情報どっとこむ ralph 朗読劇『Greif』は、2018年に朗読劇として公演後、映像化され、劇場公開、配信など更に大きく広がり、女優、タレントで奮闘するアイドルたちの等身大の姿を描く作品として世界に発信できる作品です!

朗読劇上演後には、出演者のアフタートークやチェキ会などのファンの皆様が参加できるイベントも予定。東京公演を皮切りに、地方公演⇒映画×ファン×出演者が、共に作り上げるコラボレーションプロジェクトの発進です!

グラビアアイドルのリアルをモチーフに笑い有り、涙有りの朗読劇「Greif」東京公演は12月20日(木)~23日(日)、千本桜ホールで上演。

◎公演日程:2018年12月20日(木)~23日(日)(4日間7回公演)(アフタートーク・チェキ会有り)
◎公演番号:千本桜ホール (住所:東京都目黒区鷹番3−8−11 第3エスペランス 3F 最寄り駅:東急東横線 学芸大学駅)
◎上演時間:90分を予定しております。
◎出演者:後藤郁、大貫彩香、橘花凛、夏本あさみ、園田あいか、徳江かな、麻亜子、咲良七海、池尻愛梨、桐生桜来、木戸楓
(日替わり出演)

<一般販売>
◎チケット販売開始日:11月14日(水)19:00~
チケット販売:
http://confetti-web.com/greif

◎チケット料金:S席6.800円(写真・サイン付きペン&フォト&スタンドクロックプレゼント付き) 
A席3,800円(プライベートチェキ付き(プライベートチェキはお選び頂けません))
※アフターチェキ会の料金は別途1,000円が掛かります。

◎公式サイト:
https://greif.localinfo.jp/
 

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
物語の主人公である真鍋莉子は、母・妹(綾乃)の3人家族で育つ。父がいない事以外はどこにでもある普通の家庭だった。莉子は、日々の生活に嫌気がさし、大学を中退。そして会社の事務として働きだした。毎日、働いて疲れて寝て、そしてまた働いての繰り返し。そこでいきなり事務所マネージャー・小鳥遊知世に声を掛けられる。莉子を見た小鳥遊は、手を引き、ある場所まで連れて行く。その場所の名前は『Greif撮影会』。水着を着たグラビアアイドル達がお客と楽しそうに撮影をしている。莉子は、自分とは住む世界が違うと、撮影会を後にしようとするが、小鳥遊に止められる。小鳥遊が莉子に言った一言から莉子の人生は思わぬ方向へと動き出していく。
「あなたの人生変えてあげる」―果たして、莉子はグラビアアイドルとして成功するのか!? 莉子が歩むグラビアライフとは。

***********************************

<スタッフ>
企画:森下悠里
演 出・脚 本:池畑暢平
プロデューサー:諸江亮 舟橋清美 瀧水和生 
製作:アイエス・フィールド 
キャスティング:クリエイターズ・フィールド




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

原案:園子温 × 監督:石原貴洋 映画初主演・小倉優香 くノ一 (くのいち)になる映画『レッド・ブレイド』


映画情報どっとこむ ralph 園子温原案 映画『レッド・ブレイド』が2018年12月15日(土)より公開致します。

本作は、『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』など海外でも高い評価を受ける園子温原案によるストーリー。


『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督、『RE:BORN リボーン』主演で知られる坂口拓と“ミスター・バイオレンス”と称され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015正式上映作品『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋監督が手掛けます。

物語は、いじめられっ子の高校生・マコが図書室で見つけた忍者の児童書「雷風刃」に導かれ、江戸時代の伊賀へタイムスリップ。

伝説の忍者・才蔵や仲間たちとともに、修行に励みながら現実世界と仮想世界に忍び寄る巨大な悪に立ち向かう姿を描く極限ニンジャ・アクションエンターテインメント。

映画情報どっとこむ ralph 主人公のマコを演じるのは、“リアル峰不二子”と絶賛されるスタイルでグラビア界を席巻中の小倉優香。
最近は、ドラマ「チア☆ダン」や「恋のツキ」などに出演。

小倉優香(おぐら・ゆうか/20)さんからのコメント

Q1:作品の見所、どんな方に観てほしいか。ご覧になる方へのメッセージ。
本格的なアクションや忍術。アクションや日本の忍者について興味のある海外の方にたくさんみていただきたいです。もちろん日本の人にも。短い期間での初めてのアクションへの挑戦でできる限り特訓をうけたので新しい挑戦をした私を見てほしいです!

Q2:映画初主演のご感想
念願のアクション映画、そして主演というやりがいと責任のある場をいただいてとても嬉しくおもいます。

Q3:総合演出・坂口拓さん、石原監督からどのような演技指導などございましたか。
坂口さんと他の役者さんは面識があり撮影の序盤から厳しい指導があったのですが私にはそれがなく、もっと厳しく言ってほしいと言った覚えがあります。石原さんは優しい物言いですがはっきりと意見をくださり質問にも答えてもらえたので助かりました。

共演には、舞台『MIRRORION(ミラリオン)』の搗宮姫奈

搗宮姫奈(つきみや ひめな/21)さんからのコメント
アクション!アクション!アクション!!まずは1番の見所いえばやっぱりこれだと思います。特に私自身が楽しみにしているところが2つ、まず1つめは私は出ていないのですが(笑)、1番初めのアクションシーン。 坂口拓さんのリアルを体感できる素敵なシーンになっていると思います。2つめは私自身のワンカットで撮ったラストのシーン。そのシーンを撮り終えた後、満天の星空の下にいました。ヒロの気持ちと同化したような気持ちでした。全てのアクションの1つ1つの動きにちゃんとそれぞれのキャラクターの心があります。私自身も大好きな映画です!是非楽しんで観て下さい。

『アズミ・ハルコは行方不明』で少女ギャング団リーダーを演じた花影香音。

花影香音(はなかげ かのん/21)さんからのコメント
キャストそれぞれの個性が光るエネルギッシュなアクションシーンはもちろん、忍者風情溢れるロケーションにも注目です。さらに食事のシーンでの食べっぷりは一番自信があるので、そのモグモグシーンにも注目してみてください。私が演じたユウは、底抜けに明るくて演じていけばいくほど愛おしくなるような女の子でした。この作品を通して、アクションの本当の楽しさを知ることができました。それと同時に本当の恐ろしさも身に染みて感じました。私の平成最後の夏はこの映画に全て捧げました。大切なこの作品が多くの方々の心に残りますように。

“踊る次世代の裕次郎”の呼び声高い、『孤狼の血』の岩永ジョーイ。

岩永ジョーイ(いわなが じょーい/24)さんからのコメント
「海外の人たちにサムライとニンジャの違いを正しく理解して貰えるような映画を創りたい!」と坂口拓さんからお話をいただいた時、「遂に来た!」と興奮したのを覚えています。僕が育ったアメリカを含め海外では日本のイメージは未だにサムライとニンジャが圧倒的に多い中その根本的な違いを分かっている人が少ないことを僕自身日本人としてとても残念に思ってきました。その思いを覆せる映画が「遂に来た!」しかも僕自身がその一役を担える! ストーリーはファンタジーですが、忍者の内容とアクションは全てリアルです。数々のやりがいあるアクションシーンがありますが、特にヒロとの闘い(長回しワンカット)シーンはアクションファンの方々にはぜひ見ていただきたいです。「忍者とは、、、」このメッセージがこの映画を通して世界中に届くことを願っています。

さらに総合演出を務める坂口拓さんが伝説の忍者として登場します。
その他、仮面女子の美音咲月さん、人気グラビアアイドルの徳江かなさん、咲村良子さんも出演しています。

坂口拓さん指導のもと、約1ヶ月間取り組んだトレーニングで鍛え上げられた本格アクションに是非ご注目下さい。

映画情報どっとこむ ralph 映画『レッド・ブレイド』

物語・・・
いじめられっ子の高校生・マコ(小倉優香)は、この世界に嫌けが差していた。学校の図書室で忍者の児童書「雷風刃」を読むことが唯一心安らぐ瞬間で、巨大な悪に立ち向かう忍者たちに憧れていた。ある夜、下校途中のマコの前に「雷風刃」の忍者・ヒロ(搗宮姫奈)とユウ(花影香音)が現れる。時空を切り裂き、導かれるようにタイムスリップした先に待っていたのは伊賀の世界。伝説の忍者・才蔵(坂口拓)指南のもと、強さを求めマコの忍者修行が始まる。ところが、マコと同様に、「雷風刃」の悪人・原田勘助(岩永ジョーイ)が現実世界に出現してしまい・・・。

***********************************

小倉優香
搗宮姫奈 花影香音 岩永ジョーイ 美音咲月 徳江かな 咲村良子 榊英雄 坂口拓

原案:園子温
総合演出:坂口拓
監督:石原貴洋 脚本:龍一朗
制作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMGエンタテインメント
製作:「レッド・ブレイド」製作委員会
(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ