「役所広司」タグアーカイブ

役所広司、チャン・ジンチューら上海国際映画祭登壇!『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界を代表する名優・役所広司と、巨匠ジョン・ウーのハリウッドデビューを後押しし、『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサーのテレンス・チャンが初タッグを組んだ、日中合作の圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメント『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(原題『Wings Over Everest』(中国題:氷峰暴)が、今年11月より全国公開となります。

この度、6月15日(土)より開催中の第22回上海国際映画祭に、主演の役所広司をはじめ、テレンス・チャン(プロデューサー)、チャン・ジンチュー(共演)、リン・ボーホン(共演)、ユー・フェイ(監督)ら本作の豪華キャスト・スタッフ陣がレッドカーペットに登壇!

翌16日(日)には記者会見が行われ、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、極限のアクションシーンに挑戦した役所広司の口から、壮絶な撮影現場秘話が語られました。


『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』上海国際映画祭 レッドカーペット・記者会見
日時:6月15日(土):レッドカーペット / 6月16日(日):記者会見    
場所:レッドカーペット:上海オペラハウス(上海大劇院)
記者会見:ハイアット・ザ・バンド
参加:役所広司(主演)、テレンス・チャン(製作)、チャン・ジンチュー(共演)、リン・ボーホン(共演)、ユー・フェイ(監督)

映画情報どっとこむ ralph 役所さんら一同がレッドカーペットに登壇すると、会場はひと際眩いフラッシュに包まれた。初の本映画祭への参加となった役所は、感慨深い表情を浮かべながらカーペット上をゆっくりとした足取りで闊歩。多くの海外メディアが集う中、日本メディアに対して笑顔で手を振る場面も見られ、テレンスさんらと共に本映画祭ならではの雰囲気を楽しんでいた。
登壇を終え、

役所さん:上海国際映画祭は、“待つ映画祭”だと聞いていましたが、今年はスムーズだったようです(笑)

と振り返り

役所さん:僕たちの映画タイトルを始めて知っていただく機会ですから、皆で励まし合いながら頑張りました。

と、主演としての責務を全うした充実感を見せ、会場を後にした。

映画情報どっとこむ ralph 翌日の記者会見では、こちらも200人を超える多くの海外メディアが集まり、会場は熱気に包まれた。“ヒマラヤの鬼”と呼ばれ、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる隊長・姜(ジャン)を演じた役所さんが、開口一番、

役所さん:役所広司です。今回、姜を演じました。

と流暢な中国語で挨拶すると、場内は盛大な拍手に包まれた。本作のオファーを受けた時の心境について、

役所さん:(出演の)お話しをいただいた際、脚本にテレンス・チャンというビッグネームがあったことに驚きました。

と明かし、脚本を読んだ当時の想いを振り返り、

役所さん:これほどスケールの大きい作品は日本では体験できないと感じました。ぜひ、チャレンジしたいという気持で臨みました。

と力強く語り、会場を沸かせた。

 
続いて、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に繰り広げられる、濃密なドラマに触れ

役所さん:劇中、私が率いるヒマラヤ救助隊“Wings”は、72時間という厳しい制限時間の中で、あるミッションを達成しなければいけない。標高8848Mのエベレストは、登るだけでもたった72時間では厳しいのですが、劇中、我々のチームは、大自然の厳しさに耐えながら実際に登っていくんです。

と、本作の見どころを力説。一方で、

役所さん;私は隊長役ですが、わがままな隊員たちばかりで大変苦労しました。72時間苦労しっぱなしの映画です(笑)

と役としての苦労を吐露すると、会場は大きな笑いに包まれた。

そんな役所に対し、中国で大ヒットを記録し第83回アカデミー賞外国語映画部門中国代表作品に選ばれた『唐山大地震』のヒロインで注目され、最近では『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などハリウッド超大作への出演も続くチャン・ジンチューは、

ジンチューさん:役所さんと組むのは、夢のコラボでした。

Hey! Say! JUMPの山田涼介主演ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」や映画『オーロラの愛』に出演のリン・ボーホンも、

ボーホンさん:私の役はヘリコプターパイロットだったので、危ない場所での撮影などはありませんでした。なので、危険な場所で撮影をした役所さん、チャン・ジンチューさんは本当に尊敬します!

と役所らに賛辞を送った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

名匠テレンス・チャンとの初タッグに加え、国際色豊かなキャスト・スタッフらとの現場は多くの刺激もあったと語る

役所さん:アジアの中で、映画を通して力を合わせて作品づくりをするというのはそう沢山機会はないと思うので、本当にいい機会をいただいたかなと思います。

と充実した撮影期間を振り返り、日中合作ならではの本作の見どころを力強くアピール。盛大な拍手に包まれながら会見は終了した。

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』
日本が誇る名優・役所広司が、極限地帯での濃密なドラマを彩る演技と共に、これまでのイメージを覆すような激しいアクションシーンにも挑戦した本作。世界中から大きな注目を集める中、本映画祭を通して完成作に強い自信を見せた役所の熱演に期待が高まるばかりだ。『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は11月より全国公開です!

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』

公式HP:
http://over-everest.asmik-ace.co.jp/

***********************************


役所広司 チャン・ジンチュー リン・ボーホン
ビクター・ウェブスター ノア・ダンビー グラハム・シールズ ババック・ハーキー プブツニン
監督・脚本:ユー・フェイ プロデューサー:テレンス・チャン
撮影監督:リ・ヨウキ
美術監督:パク・イルヒョン チー・セバク
音楽:川井憲次
編集:デビッド・リチャードソン ジョーダン・ディーセルバーグ ゾア・ジュイン
視覚効果スーパーバイザー:ユー・ジャン ジ・レイレイ
視覚効果コーディネーター:ジョウ・イェンチュン
提供:バップ
配給:アスミック・エース
©Mirage Ltd.


役所広司✖テレンス・チャンが初タッグ!映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』を今年11月に全国公開することが決定しました。

原題『Wings Over Everest』(中国題:氷峰暴)として日中合作で制作された本作。標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントです。

主演を務めるのは日本映画界を代表する名優・役所広司。“ヒマラヤの鬼”と呼ばれ、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる隊長・姜を演じます。極限地帯でのドラマを彩る確かな演技力はもちろん、これまでのイメージを覆すような激しいアクションシーンも必見です!
『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』
そんな役所広司と初タッグを組んだのは、名監督ジョン・ウーのハリウッドデビューを後押しし、『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサーのテレンス・チャン。昨年の東京国際映画祭に来日した際、本作での役所広司について「役所広司さんの大ファンで、彼のことを世界で一番優秀な俳優だと思っていたので、いつか一緒に仕事がしたいと思っていました。ファンタスティックだった!」と評し、日中映画界の最高峰2人の化学反応に期待が高まります!!

また、役所演じる姜が率いる「Wings」隊のメンバーとして、中国で大ヒットを記録し第83回アカデミー賞外国語映画部門中国代表作品に選ばれた『唐山大地震』のヒロインで注目され、最近では『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などハリウッド超大作への出演も続くチャン・ジンチューや、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」や映画『オーロラの愛』に出演の台湾人俳優リン・ボーホンらが出演。国際色豊かな俳優陣の共演にも注目です。

さらに、6月15日に開幕し、今年で22回目となる「上海国際映画祭」に役所広司の参加が決定!!テレンス・チャン、チャン・ジンチュー、ユー・フェイ監督とともにレッドカーペットイベント&記者会見に臨みます。

映画情報どっとこむ ralph オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁

公式HP:
http://over-everest.asmik-ace.co.jp/


【STORY】
ヒマラヤ周辺国家は地域の平和のため地域会議を開催し、『ヒマラヤ公約』を締結することに。会議開催前、機密文書の乗った一基の飛行機がエベレスト南部に墜落。その文書はヒマラヤ地区の得難い平和的局面を脅かす可能性のあるものだった。インド軍側が緊急で派遣した特別捜査官だと自称する二人の男、ヴィクターとマーカスは、ヒマラヤ救助隊“Wings”を探し出し、エベレストに登って機密文書を取り戻す手伝いを依頼する。その依頼に懸念を覚えるWings隊長・姜(役所広司)だったが、隊は深刻な財政難に陥っていたため、再三迷った後、エベレストガイドの任務を引き受ける。しかし、過酷な雪山の頂・デスゾーンで待ち受けているものが何かを知る者はいなかった―。
かつてエベレストで遭難した恋人の遺体を探し出すためにWingsに入ったシャオタイズー(チャン・ジンチュー)の無謀ともいえる行動に亡くした娘を見るような思いに駆られつつ、隊長の姜はヘリパイロットのハン(リン・ボーホン)らとともに世界最高峰を登り始める。様々な思いと世界規模の陰謀がからまり、物語は思わぬ方向へ―

***********************************

役所広司 チャン・ジンチュー リン・ボーホン
ビクター・ウェブスター ノア・ダンビー グラハム・シールズ ババック・ハーキー プブツニン

監督・脚本:ユー・フェイ プロデューサー:テレンス・チャン
撮影監督:リ・ヨウキ
美術監督:パク・イルヒョン チー・セバク
音楽:川井憲次
編集:デビッド・リチャードソン ジョーダン・ディーセルバーグ ゾア・ジュイン
視覚効果スーパーバイザー:ユー・ジャン ジ・レイレイ
視覚効果コーディネーター:ジョウ・イェンチュン
提供:バップ
配給:アスミック・エース
©Mirage Ltd.


アジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード」日本映画勢が多数受賞!!


映画情報どっとこむ ralph アジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード」日本映画勢が多数受賞!!

『万引き家族』 最優秀作品賞・作曲賞受賞
役所広司さん(『孤狼の血』)最優秀主演男優賞受賞
塚本晋也さん(『斬、』)最優秀編集賞受賞


3月17日(日)夜、香港TVB Cityにて東京国際映画祭が香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共に共催するアジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード(以下AFA)」セレモニーが開催され、『万引き家族』が最優秀作品賞・作曲賞(細野晴臣さん)をW受賞した他、役所広司さんが『孤狼の血』にて最優秀主演男優賞に加え、アジア映画界・アジア文化における業績と貢献を称えるExcellence in Asian Cinema Awardを、塚本晋也さんが『斬、』にて最優秀編集賞を受賞と日本映画勢が主要部門で多数最優秀賞に輝きました。

セレモニーでは、AFA Next Generation Awardを受賞したキム・ジェジュンさんがパフォーマンスを披露。特別審査委員として渡辺謙さんが主演女優賞のプレゼンターを務めるなど、アジア全域よりスターが集まる大変華やかな式典となりました。

映画情報どっとこむ ralph <是枝監督受賞コメント>
「ありがとうございます。AFAの授賞式は賞の結果よりも、尊敬するアジアの映画人たちと再会し、交流を深めることができることを一番の目的だと思って来ていますが、やはり賞を頂けると嬉しいものですね。昨年の9月に亡くなった樹木希林さんと最初に映画祭に参加したのもこの香港の映画祭だったことを先ほど思い出していました。来ることができなかったスタッフ、キャスト、そして樹木希林さんにも、戻ったらお墓参りをして報告をしたいと思います。本当にありがとうございました。」

<役所広司さん受賞コメント>
最優秀主演男優賞受賞時
「この賞を頂けるとは思いもよらなかったことで、なんだかこんなにAFAで幸運を頂いてしまったら、僕の人生の幸運を使い果たしてしまったのではないかと怖くてしょうがありません。でも日本で『孤狼の血』を作った仲間がびっくりするだろうし、喜んでくれると思います。本当に今幸せでいっぱいです。この受賞で『孤狼の血』をアジアの皆さんが見てくれるかもしれないということが、尚更嬉しくて仕方ありません。ありがとうございました。」

Excellence in Asian Cinema Award受賞時(英語にて)
「このような華やかな場に慣れていないので、人混みに隠れてしまいたい気持ちです。しかし、私も年を重ねてきているので、自分に受け入れるよう言いきかせています。私はこのような賞を頂くのに相応しいのでしょうか?逆の受け止め方になってしまうのかもしれませんが、頂いた賞にふさわしい俳優となるためにも、これからもより一層努力していくつもりです。このようなモチベーションを下さったAFAに心より感謝いたします。」

<塚本晋也さん受賞コメント>
「本当にびっくりしています。長いこと編集をしており、(編集は)映画の最後の楽しい作業ではありますが、いつが終わりかわからず、今回もとても難しかったです。実は30年間ずっと一緒に音楽を作って頂いていた石川忠さんが、この作品の編集の前にお亡くなりになってしまいました。石川さんがこれまで作ってくれた曲を全部聞いて、それを編集して、足りない分は石川さんの部屋にあった音楽を使いつくったものです。石川さんはこの作品を見ていないのですが、音楽は石川さんがつくってくれました。長い編集の期間、しみじみ石川さんと静かに対話できたことを思い出しています。ありがとうございます。」

<細野晴臣さん受賞コメント(英語/中国語にて)>
「ありがとうございます。とても驚いているとともに、この場にいられることを嬉しく思います。『万引き家族』の音楽はとても少なく、とてもシンプルなのに、(AFAが)私を見つけてくれて、とても幸運でした。これからもしっかり頑張っていきます。ありがとうございました。」


***********************************

©Asian Film Award


第31回東京国際映画祭レッドカーペット その3


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭の10月25日(木)開幕。
レッドカーペットイベントが行われ、多くのゲストが登場 その3

<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 中国週間


≪アジアの未来部門≫
ソン・ランの響き:
レオン・レ監督、リエン・ビン・ファット


アジアの未来 審査員:
ジェレミー・スゲ、ピート・テオ、山下敦弘

≪Japan Now 部門≫
Japan Now 部門 <映画俳優 役所広司> :役所広司、沖田修一監督、白石和彌監督

カメラを止めるな!:上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、秋山ゆずき

菊とギロチン:韓英恵、仁科あい、和田光沙、川瀬陽太

≪アニメーション特集≫
アニメーション監督 湯浅政明の世界:
湯浅政明監督、氷川竜介東京国際映画祭プログラミング・アドバイザー)、井上伸一郎(株式会社KADOKAWA代表取締役専務執行役員)、ちびまる子ちゃん(キャラクター)、フィン(キャラクター)、ジェイク(キャラクター)

≪コンペティション部門≫

半世界:
阪本順治監督、稲垣吾郎、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦

愛がなんだ:
今泉力哉監督、岸井ゆきの、深川麻衣、若葉竜也、福嶋更一郎(エグゼクティブ・プロデューサー)、 成宏基(エグゼクティブ・プロデューサー)、前原美野里(プロデューサー)、服部保彦(プロデューサー)

翳りゆく父:
ガブリエラ・アマラウ・アウメイダ監督、プロデューサーのロドリゴ・サルティ・ウェルトヘイン

堕ちた希望:
エドアルド・デ・アンジェリス監督、ピーナ・トゥルコ

ヒストリー・レッスン:
マルセリーノ ・イスラス・エルナンデス監督、ベロニカ・ランガー、アンドレア・トカ(プロデューサー)、ダニエラ・レイヴァ・ベセラ・アコスタ(共同プロデューサー)、カルロス・A・モラレス(ポスト・プロダクション・スーパーバイザー)

三人の夫:
フルーツ・チャン(陳果)監督、クロエ・マーヤン

詩人:
リウ・ハオ(劉浩)監督、ソン・ジア、チュー・ヤーウェン

ザ・リバー:
エミール・バイガジン監督

ホワイト・クロウ(原題):レイフ・ファインズ監督、松岡茉優
ずっと喋ってる松岡さん楽しそう。

コンペティション部門国際審査委員 ブリランテ・メンドーサ、ブライアン・バーク、タラネ・アリドゥスティ、スタンリー・クワン、南果歩

映画情報どっとこむ ralph «クロージング作品≫
GODZILLA 星を喰う者:
宮野真守、櫻井孝宏、ゴジラ、静野孔文監督、瀬下寛之監督

≪オープニング作品≫
アリー/ スター誕生 寺島しのぶ(スペシャルゲスト)



その1はこちら

その2はこちら

***********************************

PHOTO:TJ
©TIFF


司馬遼太郎の名著、初の映像化!主演:役所広司 映画『峠 最後のサムライ』


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数284万部以上!
歴史小説の大家・司馬遼太郎の名作が54年の時を経て、映画『峠 最後のサムライ』初映像化!

世代を超えて熱烈なファンを数多く持つ歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた、越後長岡藩家老・河井継之助を描いた作品『峠』。

壮大な野心を藩の運命に賭して幕末の動乱期を生き、最後には武士として、新政府軍に対抗する道を選んだ英雄の悲劇。彼の生涯を通して、改めて「サムライ」=日本人の生き方、リーダーとしてのあるべき姿を問う超大作が遂に公開!!

黒澤組の系譜を継ぐ名匠とキャストが集結!これこそが日本映画の決定版だ!!
監督・脚本には黒澤明監督の助監督として数々の名作に携わり、初監督作品『雨あがる』で第24回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか、計8部門で最優秀賞を受賞。その後、『阿弥陀堂だより』『博士の愛した数式』『明日への遺言』『蜩ノ記』と、常に上質な日本映画を送り出してきた、日本映画界の名匠・。

小泉堯史監督コメント
司馬遼太郎さんは「峠」のあと書きに記している。
「幕末期に完成した武士という人間像は、その結晶のみごとさにおいて人間の芸術品とまでいえるように思う」
私もこの映画において侍とはなにか、捉えてみたい。
自然に、爽やかに、そして美しく。

映画情報どっとこむ ralph そして気になるキャストは・・・・


実力ゆえに一介の武士から越後長岡藩の筆頭家老に抜擢される、“知られざる偉人”河井継之助を演じるのは、日本映画を代表する俳優・役所広司。

役所広司コメント
美しい映画を求め続ける小泉監督作品に再度参加できることはこの上ない幸運です。世界中で知られている「サムライ」という美的人間の代表でもある河井継之助を背筋を伸ばし、気持ちを引きしめて撮影に臨みたいと思います。

その継之助をいかなる時も信じ、支え続けた妻おすがには松たか子。継之助を最後まで想い続けた、その夫婦愛も本作の見どころとなります。

松たか子コメント
出演させていただけること、大変光栄に思っています。継之助さんの夢の邪魔をせぬよう、役所さんの足を引っ張らぬよう、、、先輩方から学べることに感謝しながらつとめさせていただきます。

映画情報どっとこむ ralph 継之助の父・代右衛門は田中泯。母・お貞には香川京子。継之助の良き相談相手となる小山良運に佐々木蔵之介、良運の息子、正太郎は坂東龍汰。従者の松蔵に永山絢斗、なじみの娘、むつに芳根京子、継之助と生死を共にする川島億次郎に榎木孝明、側近の花輪求馬に渡辺大。幕府軍松平定敬に矢島健一、継之助に戦争の虚しさを思い知らせる老人に山本學、月泉和尚には井川比佐志。徳川家最後の将軍となった徳川慶喜に東出昌大、敵対する官軍の岩村精一郎には吉岡秀隆。

そして、継之助を重用した前藩主・牧野忠恭(雪堂)には、日本映画界・演劇界における長年の功績により文化勲章など数々の賞を受賞、まさに日本が誇る名優・仲代達矢。主宰する無名塾から、役所広司をはじめ第一線で活躍する俳優たちを輩出、自身も今なお、舞台に立ち、映画でも主演を務めるなど、精力的に活動を続ける大御所が『雨上がる』以来の小泉組に参加します。

映画情報どっとこむ ralph 撮影は9月中旬から約3か月間、継之助の故郷・長岡市をはじめ新潟県を中心に茨城や京都での撮影を予定しております。また、維新史上、最も壮烈な北越戦争を描くに当たり、約5,000人規模のエキストラを募集、迫力ある撮影を予定しております!

峠 最後のサムライ

公式HP:touge-movie.com

ストーリー
徳川慶喜による大政奉還も奏上され、260年余りに及んだ江戸時代が終焉を迎えた幕末。そんな動乱の時代に、幕府にも官軍にも属さず、小藩・越後長岡藩の中立・独立を目指した男、河井継之介。彼の壮大な信念は、混沌を迎えた日本を変えることができるのか?藩の運命を賭けて混乱期を生きた“最後のサムライ”と、彼を支え続けた妻との深い愛情。そしてリーダーとしての彼を信じ、運命を共にしようとする男たちの熱い絆。
56年ぶりに東京でオリンピックが開催される2020年。リーダー不在が謳われるこの時代にこそ、必要とされる“知られざる偉人”のすべてを、圧倒的な迫力と共に描く、大型時代劇が誕生する!



***********************************

出演:役所広司 松たか子 田中泯 香川京子 佐々木蔵之介 坂東龍汰 永山絢斗 芳根京子 榎木孝明
渡辺大 矢島健一 山本學 井川比佐志 東出昌大 吉岡秀隆 / 仲代達矢
監督・脚本:小泉堯史  
原作:司馬遼太郎「峠」(新潮文庫刊)
製作:『峠 最後のサムライ』製作委員会
製作:松竹撮影所、ディグ&フェローズ
配給:松竹、アスミック・エース