「役所広司」タグアーカイブ

独ニッポン・コネクションにて『オー・ルーシー!』が大賞受賞&寺島しのぶ「ニッポン名誉賞」


映画情報どっとこむ ralph この度、ドイツ・フランクフルトにて開催されている「ニッポン・コネクション」にて 映画『オー・ルーシー!』が大賞を受賞し、主演の寺島しのぶさんが現地へ渡航し、 女優として「ニッポン名誉賞」も受賞、授賞式に参加。

今年で第18回となる「ニッポン・コネクション」は、ドイツ、フランクフルトで5月29日~ 6月3日まで開催され、2017年の第17回映画祭での上映作品数は100作品を超え、 16,000人を超える来場する世界最大の日本映画祭となっている。大作からイン ディーズ作品交えながら、幅広いジャンルの最新日本映画を集めた上映プログラム となっており、寺島の出演作品としては、『オー・ルーシー!』((18’)監督・平栁敦子)、 『幼な子われらに生まれ』(( 17’)監督・三島有紀子)、『裏切りの街』((16’)三浦大輔 監督)、『ヴァイブレータ』((03’)監督・廣木隆一監督)が上映されました。

寺島さんは、日本映画界に特別な功績を残した人物に贈られる、「ニッポン名誉賞」を受賞し、Mousonturm,Saalで行われた映画祭クロージングの舞台に登壇。会場に集まった500名の観客の前に登場すると、熱狂的な日本映画 ファンからは歓声が上がり、

寺島さん:まだ発展途上の私がこのような賞を頂いて良いのかと思いましたが、これからの 私への期待だと思い、有り難くお受けしました。ベルリン映画祭で銀熊賞をいただき、今回名誉 賞を頂きました。ドイツで二度も素敵な賞を頂き心から嬉しく思っています。ドイツ大好きです!

とニッポン名誉 賞受賞の喜びを表現。又、映画祭開催中上映された作品の中で、観客によって選ばれるニッポン・シネマ部門 の最優秀作品賞である「ニッポンシネマアワード」には自身の主演作である、映画『オー・ルーシー!』が選ばれ

寺島さん:“観客賞”は作り手にとって本当に嬉しい賞です。これはロスにいる平柳監督に頂いた賞だと思いますので、 すぐ連絡します。益々ドイツが大好きです!

と興奮した様子でドイツでの評価を喜びました。
写真:©Jumpei Tainaka

映画情報どっとこむ ralph オー・ルーシー!
公式HP:
http://oh-lucy.com/

あらすじ
43 歳、独り身の節子は職場では空気のような存在。通い始めた英会話教室でアメリカ人の ジョン先生に出会い、ハグされたことから一気にフォーリン・ラブ!ところがジョン先生は節子の姪 の美花とまさかの逃避行⁉ 仕事もうっちゃって節子は愛しのジョンを追って一路 L.A.へ!英 会話教室のクラスメート・トムこと小森も登場して、節子の恋と旅の行方はいったいどうなる

***********************************

出演:寺島しのぶ 南 果歩 忽那汐里/役所広司/ジョシュ・ハートネット
エグゼクティブ・プロデューサー:ウィル・フェレル アダム・マッケイ『マネーショート』
プロデューサー:ハン・ウェスト 木藤幸江 ジェシカ・エルバーム 平栁敦子
共同脚本:ボリス・フルーミン
配給:ファントム・フィルム
日本・アメリカ合作/カラー/ビスタ/95 分
映倫R15+
(c) OH LUCY,LLC. All Rights Reserved.


広島7000人が役所広司 松坂桃李 江口洋介らを出迎え! レッドカーペット『孤狼の血』初日広島篇


映画情報どっとこむ ralph この映画ぶち面白い映画じゃけぇ、みんなたくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ!

役所広司 松坂桃李 がバディの刑事!映画 『孤狼の血』が、5月12日(土)に公開を迎え広島県広島市中区えびす通り商店街にて、映 画『孤狼の血』公開記念広島凱旋レッドカーペットを行いました!

先ず、映画公開初日の5月12日(土)に東京で初日舞台挨拶を終えその足で、役所広司さん、松坂桃李さん、江口洋介さん、音尾琢真さん、阿部純子さん、白石和彌監督が広島へ移動!

さいねい龍二さん、沖原一生さんが合流し、広島の街のど真ん中で8 人のキャストと監督がレッドカーペットに登場するイベントが行われました!


映画『孤狼の血』
「公開初日記念レッドカーペット」
日付:5月12日(土)
場所:えびす通り商店街(広島県広島市中区)
登壇:役所広司 松坂桃李 江口洋介 音尾琢真 阿部純子 さいねい龍二 沖原一生 白石和彌(監督)

映画情報どっとこむ ralph 当日レッドカーペットイベントの優先観覧エリアに招待されたのは、公開初日に早くも『孤狼の血』を鑑賞した、先着560(コロウ)名の広島の地元の方々。

しかし当日レッドカーペットが行われるのは、広島の中心部の活気あるえびす通り商店街!

19時開始にも 関わらず豪華キャストが登場することを聞き駆けつけた一般客の皆様が、約2時間も前からえびす通り商店街に集まり始め、 約7,000人にも膨れ上がりキャストが出てくる前にも関わらず、会場は熱狂の渦に包まれていました。

映画情報どっとこむ ralph そんな中、キャストが満を持して登場。

会場はキャストの声が聞こえないほどの大歓声!その時の歓声の大きさを

阿部さん:広島カープが優勝した時と同じぐらいの歓声の大きさだったと聞き感激しました!

とコメント。
主演の役所さん、松坂さん、江口さんも 「商店街でのレッドカーペットは初めてです。」とコメントし、

役所さん:今フランスではカンヌ映画祭がおこなわれていますが、 そのカンヌのレッドカーペットも、今日のレッドカーペットにはかなわないんじゃないでしょうか1

とコメントすると会場は大興奮!
そして約70メートルものレッドカーペットを歩き切ったキャスト陣を代表し、役所、松坂、江口がこの日集まってくれた約 7,000人もの広島の人々に、それぞれ感謝の気持ちを述べました。

役所さん:この映画は広島の皆様のご協力があって完成しました。撮影のときは大変お世話になりました。どうかこの『孤狼の 血』を応援してください!

と感謝の気持ちを述べ、

松坂さん:撮影から1年経ちました。撮影中も広島のみなさんの愛を感じていましたが、本日のレッドカーペットでも改めてその愛を感じました。やっとこの映画を皆様に届けることができてとてもうれしい です。まさに“広島じゃけぇ、何をしてもええんじゃ”というほどの熱量を感じました。是非この映画を観てくださるとうれしいで す。」とコメント。さらに江口は「撮影中に呉の街に繰り出すと、どれだけ広島の方々にこういった“極道の映画”が根付いて いるかということが実感できました。この土地でなければこの映画はできなかったと思いますし、この映画をやっと広島に 持ってこられたことをうれしく思います。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして最後の挨拶を求められた

役所さん:この映画ぶち面白い映画じゃけぇ、みんなたくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ!

と広島弁で挨拶!会場は盛大な歓声に包まれました。

映画『孤狼の血

公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介 

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕
照明:川井稔 録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
    


『孤狼の血』初日舞台挨拶 東京篇 役所広司 ・ 松坂桃李ら10名登壇じゃけ!


映画情報どっとこむ ralph 熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画 『孤狼の血』。

公開初日となる5月12日(土)に丸の内TOEIにて、「初日舞台挨拶」を開催。

役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、江口洋介など豪華キャストの共演が話題の映画『孤狼の血』。

そんな 映画『孤狼の血』の公開を記念し白石和彌監督と総勢8人のキャストに加えて原作者柚月裕子先生が登壇!
東京:銀座・丸の内 TOEIにて行われました。


映画『孤狼の血』初日舞台挨拶
日付:5月12日(土)
場所:丸の内TOEI
登壇:役所広司 ・ 松坂桃李 真木よう子 中村倫也 音尾琢真 阿部純子 ピエール瀧 ・ 江口洋介 柚月裕子(原作者 ) 白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手の中、登壇者が登場!10名が並ぶと圧巻の豪華さ!

役所さん:初日ありがとうございます。放送コードに引っかからない話を皆さんお願いします(笑)。

松坂さん:作品は放送コードに引っかかる作品ですが楽しんで帰ってください。

江口さん:刺激的な作品になりました。ゆっくり楽しんでください。

真木さん:想像を超えた新しいかっこよい映画が出来ました!

ピエールさん:将来的にここまで有りにして良いんじゃないかと言う基準になる作品だと思います。

中村さん:こんな映画を待ってたと映画ファンが思う作品だと思います。関われて光栄です。

音尾さん:パンチパーマにサングラス。白いスーツそれだけで放送コードにひっかりそうな姿で出ています(笑)。今日こんな普通の姿ですみません!

阿部さん:今までこんな映画観たことないような、男達の火祭りのような映画です!

白石監督:1年前に、最高のキャストに出ていただいて、魂を削って作った映画です!今日はありがとうございます。

柚月先生:この映画をこれから観る皆さんが羨ましいです。終わった後必ず推しが見つかる掘れる映画です。あなたの人を見つけてください。

との挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 役所さんは役者生活40年。
役所さん:役者生活40年。ぎりぎり体力が持ったかなと。幸せでした。松坂君も40周年の時は全裸で。

松坂さん:個人的に30になる都市の節目で、役所さんとご一緒出来、また白石監督と仕事ができて、僕の中では忘れられない作品となりました。

江口さんがヤクザ役は珍しいところ、
江口さん:仁義をテーマにしたような昭和のヤクザは初めてでしたね。深作監督の昔の仁義ない戦いをもう一度全部観て、「凶悪」の白石さんが監督と言うことで受けました。バイオレンスは描きづらいですが、今こう言う映画をやるのは新しい突破口になって、ひりひりするような演技ができる作品が増えればと。

この面々が憩うクラブのママがめちゃピッタリの真木さんですが
真木さん:共通するところがないと呼ばれなかったので・・・クラブのママと言うことで、着物の所作は気にしました。ただ子供の頃は喧嘩は止めないで一緒にやる方だったので・・・

と、役との共通点と違う点も披露。白石組常連のピエールさんは
ピエール:白石さんはショッキング作品を撮られていて、グロいシーンもあります。その時に一番楽しそうなのが監督、僕は鬼畜ドングリとあだ名をつけてます!(笑)物騒なところを撮りますが、可愛らしさも引き出してくれるのが監督の凄いところですね。

普段の中村さんとは全然違う役
中村さん:緊張で緊張で・・眠れなかったです。8時間ぐらいしか(笑)先輩方と若い世代の差は意識して演じました。特に先輩方に埋もれないように。白石さんは脚本にない事提案したりして面白いです。役者魂がうずく監督です。

と話します。

音尾さんはパンチパーマは自分発信かと問われると
音尾さん:ドSな鬼畜ドングリさんから、出来る?って、ドMなのではい!と。凄い痛いんです。2時間。これに耐えるのがまず極道への道なのかと。。。

実はほかの方たちは、パンチでないので、音尾さんの姿がリアリティーを出すのに貢献しています。

映画情報どっとこむ ralph 阿部さん:緊張しましたが、どうにかしてついていかなくちゃと。脚本いただいて、白石監督からオリジナルキャラとして委ねて頂いたので考えるのも楽しかったです。雲の上の存在なのに松坂さん、役所さんともに居心地のいい場所をフランクに作ってくださっていたのが嬉しかったです。役所さんは私のセリフまで入れていて感謝しています!
と、やりやすい環境を整えてくれていたと明かしてくれました。


白石監督:身を削って、皆さんに良い映画を届けられるようにつくりました。最初にシーンから目を覆いたくなりますが。。。最初を乗り越えちゃえば最後まで観られるエンターテインメントになっていますので安心してください!大丈夫ですよ。
役所さん:こういう映画、僕の脇頃は沢山ありました。男たちが映画館を出ていく時と違う気持ちを味わえる映画です。男に牙が生えてくるんじゃないかと。松坂君は格好いいですからね。。繊細に役をプランを持ってるまっすぐな目の力は頼もしいですね。
松坂さん:恐れ多いです。役所さんとは二本目。バディなので、親のような師匠のような、大きく分厚く遠いいなと感じました。

と、役所さんの大きさを実感したご様子!

映画情報どっとこむ ralph ここで時間に!フォトセッションではバズーカで締めました!
役所さん:孤狼の血!

観客:全国制覇じゃ!

この後、広島でのレッドカーペット&挨拶に向かいました!
http://eigajoho.com/109935

映画『孤狼の血

公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介 

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕
照明:川井稔 録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
    


寺島しのぶ主演映画『オー・ルーシー!』一夜限定!! 待望の英語字幕版上映決定


映画情報どっとこむ ralph 43 歳のおひとり様 OL がアメリカ人英会話講師に恋したことで巻き起こる騒動を描いた 映画『オー・ルーシー!』が4月 28 日(土)からユーロスペース、テアトル新宿他にて公開 中の本作が、この度ユーロスペースにて英語字幕版追加公開が決定致しました! 本作は日本人監督作品として 10 年ぶりにカンヌ国際映画祭批評家週間に選出される 快挙を成し遂げ、“裏”アカデミー賞として知られるインディペンデント・スピリット賞において 新人作品賞と主演女優賞にWノミネートされ、海外メディアも絶賛の注目作! 千葉県出身、17 歳から渡米し各国を渡り歩き現在はサンフランシスコ在住という異色の 経歴を持つ平栁監督がグローバルな視点から見た、本作の絶妙なカルチャークラッシュは 世界は元より日本公開後も大反響を頂いております!

この度お客様のリクエストに応え、洋画と邦画の両方の魅力が詰まった本作を日本在住の外国人の方々や英語に興味がある方により多くご鑑賞頂けるよう、急きょ英語字幕上映が決定しました。

劇場上映情報
場所:ユーロスペース (東京都渋谷区円山町1−5)
日時:5月17 日(木)
最終回 18:50~

映画情報どっとこむ ralph オー・ルーシー!
公式HP:
http://oh-lucy.com/

あらすじ
43 歳、独り身の節子は職場では空気のような存在。通い始めた英会話教室でアメリカ人の ジョン先生に出会い、ハグされたことから一気にフォーリン・ラブ!ところがジョン先生は節子の姪 の美花とまさかの逃避行⁉ 仕事もうっちゃって節子は愛しのジョンを追って一路 L.A.へ!英 会話教室のクラスメート・トムこと小森も登場して、節子の恋と旅の行方はいったいどうなる

***********************************

出演:寺島しのぶ 南 果歩 忽那汐里/役所広司/ジョシュ・ハートネット
エグゼクティブ・プロデューサー:ウィル・フェレル アダム・マッケイ『マネーショート』
プロデューサー:ハン・ウェスト 木藤幸江 ジェシカ・エルバーム 平栁敦子
共同脚本:ボリス・フルーミン
配給:ファントム・フィルム
日本・アメリカ合作/カラー/ビスタ/95 分
映倫R15+
(c) OH LUCY,LLC. All Rights Reserved.


東京国際映画祭 今年のJapan Now 部門は役所広司!アニメは湯浅政明監督を特集!


映画情報どっとこむ ralph 10 月 25 日(木)~11 月 3 日(土・祝)開催の第 31 回東京国際映画祭では、日本映画をより世界へ強く発信していく企画として、2 つの大きな日本映画の特集を実施することが決定しました。

<第 31 回東京国際映画祭 開催概要>

第 31 回東京国際映画祭
開催期間: 2018 年 10 月 25 日(木)~11 月 3 日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト: http://www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 1つ目は近年の日本映画を振り返り、現在の日本を代表する作品の数々を、映画祭独自の視点でセレクションする Japan Now 部門。

本部門では、今一番海外へ紹介したい映画人として、これまでに原田眞人監督、岩井俊二監督、また昨年は特別編として女優の安藤サクラさん、蒼井優さん、満島ひかりさん、宮﨑あおいさんの 4 名を特集いたしました。

本年度は国内外で幅広く活躍し、日本を代表する映画俳優、役所広司さんを特集。

昭和の時代の貴重な作品から最新作までを紹介する初の大規模上映となります。東京国際映画祭最優秀男優賞受賞作『CURE』(97/黒沢清監督)、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞作『Shall we ダンス?』(96/周防正行監督)、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『うなぎ』(96/今村昌平監督)、米アカデミー賞作品賞ノミネート作『バベル』(06/アレハンドロ・ゴンサレス・イリャニトゥ監督)など、出演作の多くが国内外を問わず、国際的に高く評価されています。

日本映画の「顔」と言っても過言ではない名優のこれまでの軌跡を辿りつつ、常に新しい挑戦を続ける役所広司さんの魅力を世界に発信します。

役所広司さんコメント
芝居に興味を持って、今年で40年。子供の頃から何一つ長続きしたものがない僕にとって、40年同じことを続けられるなんて奇跡です。役者という仕事は不思議で、どんなに恥をかいても、失敗だらけでも、一つの作品が終ると「ひょっとしたら、次は上手くいくかも知れない…」と思ってしまうのです。それがこの世界の毒なのでしょうかね?今回の特集上映、とても光栄です。そして、今まで自分に影響を与えてくれた全ての人に感謝します。

映画情報どっとこむ ralph 2つ目は、今年のアニメーション特集として、国内外で多くの賞を受賞し、世界中から注目を集めるアニメーション監督、湯浅政明さんを特集。昨年発表したオリジナル長編映画『夜明け告げるルーのうた』(17)は、世界最大級のアニメーション映画祭・アヌシー国際アニメーション映画祭にて、長編部門グランプリにあたるクリスタル賞を受賞。宮崎駿監督、高畑勲監督に次ぐ、日本人史上 3 人目となる快挙を果たし、これからの日本アニメを牽引する存在として期待されています。また、湯浅監督は『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』、『ドラえもん』など、日本を代表するアニメシリーズにも数多く携わっています。2017 年に公開された『夜は短し歩けよ乙女』は、第 41 回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。さらに第 41 回オタワ国際アニメーションフェスティバルでは、日本人として初めて長編部門グランプリを受賞するなど、その作品群に世界の注目が集まっています。今最も新作を待望される湯浅政明監督の特集にぜひご期待ください。

★湯浅政明監督コメント
世界中から作品が集まる国際映画祭で、まさか自分の名前のついた特集上映が実施される日がくるとは思いもしませんでした。このような機会をいただき、大変光栄ですし、とてもびっくりしています。いままで制作に携わってくださったスタッフ・キャストの皆さんの仕事が再び日の目を見る事も嬉しいですし、ぜひこの機会に、未だご覧になった事のない多くの皆様に観ていただく事ができればとても嬉しく思います。私自身も作品を振り返る機会をいただいたと思い、楽しみたいと思います。

(c)2017 ルー製作委員会

***********************************