「廣木隆一」タグアーカイブ

さよなら歌舞伎町




さよなら歌舞伎町


内容
ラブホテルで交錯する男たち、女たち
身も心も触れ合うとき、きっと何かが見えてくる
不器用で愛おしい人々へ

染谷将太×前田敦子×実力派俳優陣×監督:廣木隆一×脚本:荒井晴彦 旬なキャスト、一流のスタッフが紡ぐ、笑って泣ける大人の群像ドラマ

新宿・歌舞伎町のラブホテル。
店長の徹は一流ホテル勤務とウソをつき仕事をしている。彼はミュージシャンを目指す沙耶と同棲しているが、ちょっぴり倦怠期ぎみ。徹の働くラブホテルにはさまざまな人々が集まってくる。ベテランの掃除人、その夫で時効を待つ指名手配犯、彼氏に内緒で働くデリヘル嬢、その娘に入れあげるサラリーマン、風俗嬢のスカウトマン…。ある日徹は、 客から連絡を受けて向かった客室で、沙耶に出くわし…。
情報 出演: 染谷将太, 前田敦子, イ・ウンウ ロイ, 樋井明日香, 我妻三輪子
監督: 廣木隆一
形式: Color, Dolby, Widescreen
言語: 日本語
リージョンコード: リージョンフリー
画面サイズ: 1.78:1
ディスク枚数: 2
販売元: Happinet(SB)(D)
発売日 2015/09/03
時間: 135 分
関連ビデオ
********************************************************************


福士&有村究極片想いホワイトデー公開『ストロボ・エッジ』


あと10日。
ストロボ・エッジ_ポスター
ホワイトデーな3月14日公開の

ストロボ・エッジ

全員が片想い―。

別冊マーガレットで連載され、全10巻で累計490万部突破の咲坂伊緒(さきさかいお)による大ヒット少女コミック「ストロボ・エッジ」待望の映画化!!。

≪登場人物たちの切ない片想い≫を丁寧に描き、今もなお幅広い世代に愛され続けている“ピュアラブストーリー”。

キャストは・・・

クールに見えるが、優しくて繊細、最強の笑顔を持ち主。一ノ瀬蓮(いちのせれん)役に福士蒼汰さん。

福士さん自身、原作の大ファン。実は、生まれて初めて読んだ少女漫画が、「ストロボ・エッジ」だそうです。これまでのインタビューでも理想の男性像に、“皆が気付かないようにさりげなく気を遣える”一ノ瀬蓮のような男を挙げていたんですって。

ストロボ・エッジ

一方、そんな蓮に想いを寄せ、一度は振られつつも、叶わぬ恋に一途な女の子・木下仁菜子(きのしたになこ)役に有村架純さん。

有村さんも役作りで、ロングヘア20cmカットしたことで話題になりましたよね。

ストロボ・エッジs1
その他、安堂拓海(あんどうたくみ)役の山田裕貴さん、是永麻由香(これながまゆか)役の佐藤ありささん、是永大樹(これながだいき)役の入江甚儀さん、杉本真央(すぎもと・まお)役の黒島結菜さんという若手俳優陣が集結しています。

ストロボ・エッジs5 福士&有村 W主演による究極の片想いラブストーリーが、日本中をキュンキュンさせます!!

ストロボ・エッジ

3月14日全国東宝系にてロードショーです。

公式サイト:http://www.strobe-movie.com/


********************************************************************

【ストーリー】
まだ恋をしたことのない、高校1年生の木下仁菜子(有村架純)。ある帰り道の電車の中で、学校中の女子から人気を集める同級生の一ノ瀬蓮(福士蒼汰)と出会う。少しずつ会話を交わすようになる蓮と仁菜子。クールに見える蓮の優しい言動、笑顔に今まで感じたことのない気持ちを感じる仁菜子は、自分が蓮に恋をしていると気付く。しかし、蓮には中学の時から付き合っている年上の彼女・麻由香(佐藤ありさ)がいた……。それを知ってもなお、仁菜子は自分の想いをただ伝えたくて、蓮に告白するが、振られてしまう。
どこか背伸びして麻由香と付き合いながらも、仁菜子の真っすぐな想いに触れるうちに、心の中にある変化が生まれ始める蓮。友だちというポジションにいながら、蓮を好きだという気持ちがどんどん積もっていく仁菜子。仁菜子を本気で好きになる安堂(山田裕貴)。蓮よりも先に大人の階段を上り始めた麻由香。仁菜子に想いを寄せるも振られてしまう大樹(入江甚儀)。安堂の元カノの真央(黒島結菜)。全員が誰かに片想い―。それぞれ切ない恋が加速していく―。

キャスト・スタッフ
福士蒼汰 有村架純
山田裕貴 佐藤ありさ 入江甚儀 黒島結菜

原作:咲坂伊緒「ストロボ・エッジ」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:廣木隆一
脚本:桑村さや香
(C)2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社



『さよなら歌舞伎町』meg & sweepが歌う主題歌の特別動画到着!



2015年1月24日(土)に全国公開される

映画『さよなら歌舞伎町

監督:廣木隆一、主演:染谷将太、前田敦子の主題歌「Believe in love」のプロモーション映像が公開されました。

この映像は主題歌を歌うmegさんとSWEEPさんによる歌唱映像に加えて、映画本編の映像や舞台となる歌舞伎町の街並みを盛り込んだ内容となっています!

さよなら歌舞伎町
編集は「さよなら歌舞伎町」のチーフ助監督である久万真路(クマシンジ)さんが担当!なので、本編の色を反映させています。

廣木組他、西川美和監督、李相日監督作品など手掛けた同氏による初の音楽ビデオ作品となっています。

映像概要
・曲名:「Believe in love」
・アーティスト名:meg with SWEEP…プロフィールは後述
・監督:久万真路(クマシンジ) …プロフィールは後述
・タイアップ:映画「さよなら歌舞伎町」主題歌…作品詳細は後述
・公開HP:meg 公式HP www.megvoice.com/believeinlove/
・動画アップロードYoutbubeアドレス:http://youtu.be/9mQxLCH2aJE

Megさんからのメッセージ

megこの「Believe in love」は6thシングル「サヨナラマタイツカ」に引き続き、SWEEPさんから楽曲提供を頂いたもので、私のCD制作では初となるデュエットに挑戦しました。

曲が持つ広大な世界観や、SWEEPさんの素晴らしい歌声に沢山刺激をもらいながら、「人は出会いと別れを繰り返しながら、優しさや愛を知ることが出来る…」というこの曲が発信するメッセージに共感して、自分を強くしてくれたかけがえのない経験を重ねて歌うことが出来ました。

映画『さよなら歌舞伎町』の主題歌としてはもちろんですが、私にとって大きな挑戦となったこの曲を沢山の方に聴いて頂けたら嬉しいです。

公式HP:www.megvoice.com

SWEEPのメッセージ

sweepこの度映画『さよなら歌舞伎町』主題歌「Believe in love」の作詞作曲並びにデュエットをさせて頂きましたSWEEPです。

最近国内のテレビやネットで目や耳にする凄惨な事件、また世界に目を向けても未だ続く戦争や紛争、武力衝突等々…

時代が変わっても中々これらの問題は無くならないどころか技術の進歩も手伝って、その質を変え次第にエスカレートしているような印象を受けます。

視点を我々の日常レベルに戻すと、結果的に普段の生活の中で起こる小さな心のすれ違いが怒りや悲しみと言ったネガティヴな感情を生み、それが拡散しているのではないかと僕は考えていました。そこで生まれたのがこの曲「Believe in love」です。
家族、恋人、友人に対し大きな意味での愛を持てれば、きっといつかは笑顔に溢れた世の中になってくれる…

そんな願いが込められた曲になっていますので、是非そんな想いを皆さんと共有出来たらと思っています。映画の中でも歌舞伎町を舞台に、様々な事情を抱えた人々がそれぞれ精一杯生きています。本編を見終わってこの曲が流れた時に僕のこのメッセージを少しでも思い出して頂ければ幸いです。
I believe in love….SWEEP

公式HP www.sweep-web.net

物語は・・・
新宿 歌舞伎町のラブホテル。
『さよなら歌舞伎町』ポスタービジュアル 愛が見つからない大人たち、男と女が交錯する、かけがえのない1日 一流ホテルマンと周囲に偽るラブホテルの店長・徹。彼は有名ミュージシャンを目指す沙耶と同棲しているがちょっぴり倦怠期。ある日、徹は、勤め先の歌舞伎町のラブホテルでいつもの苛立つ1日を過ごすはずだった。そこに集 まる年齢も職業も違う訳アリな男と女たち。彼らの人生が鮮やかに激しく
交錯した時にあらわれる欲望や寂しさ、そして秘密とはー。

一流キャスト・スタッフが紡ぐ極上の群像劇
映画『さよなら歌舞伎町』

2015年1月24日(土)、テアトル新宿ほか全国順次公開!

公式HP: http://www.sayonara-kabukicho.com/

********************************************************************

作品概要
主演の徹役には、若手実力派として『寄生獣』など次々と話題作に出演する染谷将太。

相手役・沙耶にはトップアイドルから本格派女優の道を歩む前田敦子。

そして群像劇を彩るのは、大森南朋、村上淳、田口トモロヲ、松重豊、南果歩など豪華俳優陣。

キム・キドク監督に見いだされた注目の韓国人女優イ・ウンウも体当たりで参加している。
監督は官能的な映像で男女の心の機微をすくいとってきた廣木隆一。
本作では、人生にもがく人々の姿、その希望と再生をユーモアを交えながら、
リアルに温かく描く。

脚本は日本映画を挑発する数々の名作を生み出してきた荒井晴彦。
日本映画史上に名を残す二人の名匠が、3度目のコラボレーションを果たす。

出演:染谷将太 前田敦子 イ・ウンウ/大森南朋/松重豊/南果歩 
監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦 中野太 
R15+
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 



前田敦子の「ねぇ、しよ。」で始まる『さよなら歌舞伎町』予告編解禁!


2015年1月24日(土)より公開となります廣木隆一監督、染谷将太主演の

『さよなら歌舞伎町』

初の映像素材となります予告編、ポスタービジュアルが到着いたしました。

予告編は「ねぇ、しよ。」

というプロのミュージシャンを目指す沙耶を演じる前田敦子のドキっとする一言ではじまります。



自分は一流ホテルマンだと嘘をつく歌舞伎町のラブホテルの店長・徹を演じるのは染谷将太。徹は沙耶と同棲しながらもマンネリな関係が続いてます。徹の勤めているラブホテルに沙耶が見知らぬ男性と偶然訪れ、徹と出くわしたことから、物語は一気に動き出します。

歌舞伎町のラブホテルを舞台に南果歩、松重豊、大森南朋、村上淳、忍成修吾、田口トモロヲ、イ・ウンウらが演じる一癖も二癖もある個性的なキャラクターが繰り広げる、男と女たちの悲喜交々……。

徹と沙耶がみせる涙の理由も気になる珠玉の予告編となっております。

世の中の不条理をも飲み込む刹那的な町・歌舞伎町、身も心も触れ合えるラブホテルだからこそ、人間の性に泣いて笑い、不器用で迷える大人たちの滑稽さが可笑しくもある。

歌舞伎町のとある1日に起きた、不思議で切ない夜が明けたあと、男と女はが何を想い、どこへ向かっていくのか。

『さよなら歌舞伎町』ポスタービジュアルそして、本ポスターのビジュアルは・・・

ラブホテルを被写体に作品を制作し続けているフォトグラファー TAKAMURADAISUKE(NANOOK)が新宿の街で、撮り下ろした繊細ファンタジックかつ力強いポスターとなっています。

染谷・前田の背景にある歌舞伎町の夜景が・・・

何かが起こりそうな夜を演出しています。

特典付き前売券販売内容は・・・

『さよなら歌舞伎町』全国共通特別鑑賞券(1,500円税込)を劇場窓口でお買い求めの方に“歌舞伎町ポストカードセット”をプレゼント(先着限定)。

11月8日(土)よりテアトル新宿ほかにて販売します!一部劇場は順次販売となります。

ポストカードは染谷と前田の自転車二人乗りの本編見どころシーン、
2人が新宿の街で撮りおろしたそれぞれの写真です。

『さよなら歌舞伎町』

2015年1月24日(土)より公開です。
公式HP:http://www.sayonara-kabukicho.com/
『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太
©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 

********************************************************************


作品概要
主演の徹役は、若手実力派俳優として『寄生獣』など次々と話題作に出演する染谷将太。
相手役・沙耶にトップアイドルから本格派女優の道を歩む前田敦子。
群像劇を彩るのは脚本の面白さに集結した南果歩、松重豊、大森南朋、村上淳、忍成修吾、田口トモロヲほか豪華個性派揃い。

衝撃のキム・ギドク最新作『メビウス』出演の女優イ・ウンウも体当たりで参加!

監督はメジャーからインディペンデントまで多彩な作品を手掛け、官能的な映像で男女の心の機微をすくい取ってきた廣木隆一。

脚本は日本映画を挑発する数々の名作・衝撃作を生み出し、『共喰い』『海を感じるとき』が話題を呼んだ荒井晴彦によるオリジナル。

日本の映画史に名を残す二人の名匠が、『ヴァイブレータ』(03)、『やわらかい生活』(05)に続き3度目のコラボレーションを果たし、大人が楽しめるエンタテインメントが完成!

ユーモアを交えつつ、リアルで温かい極上の群像ドラマが誕生した。

『さよなら歌舞伎町』
監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦/中野 太
出演:染谷将太 前田敦子 イ・ウンウ 大森南朋 松重豊 南果歩  
音楽:つじあやの(スピードスターレコーズ) 
主題歌:「Believe in love」meg with SWEEP(Gambit Entertainment)
配給・宣伝:東京テアトル
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会  
R15+


『さよなら歌舞伎町』トロント国際映画祭で廣木監督登壇!


映画『さよなら歌舞伎町』第39回トロント国際映画祭!質問続出!廣木監督が描く歌舞伎町に世界が絶賛!!

『さよなら歌舞伎町』トロント映画祭
廣木隆一監督、染谷将太主演の『さよなら歌舞伎町』(2015年1月公開)が9月7日、ただいま開催中の第39回トロント国際映画祭「Contemporary World Cinema」部門にて、ワールドプレミア上映が行われました。

上映前舞台挨拶とQ&Aに廣木隆一監督が登壇しました。

第39回トロント国際映画祭「Contemporary World Cinema」部門
日 程:モスクワ現地時間9月7日 日本時間9月8日
会 場:Scotiabank(キャパ387) 
登壇者:廣木隆一監督

公式上映前のプレス試写では

「人間の心情がよく描かれていて、想像力豊かなインディー&アート的作品であり素晴らしい!」

と評判を呼んでいた本作。


ワールドプレミア上映では作品に寄せる観客の関心の高さを表すような長蛇の列。

老若男女問わず多くの観客が上映に駆けつけ、387席の会場は満席!!

『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 
『さよなら歌舞伎町』前田敦子x染谷将太©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 

廣木監督は、プログラマーのGiovanna FULVI(ジョバンナ・フルヴィ)さんからステージに迎えられました。キャスト起用について聞かれると、

廣木監督:染谷さんとは以前からずっと一緒に映画をやりたかったので、今回オファーしました。その(有名ミュージシャンを目指す)彼女役には、本当に歌が歌える人が良いと思って、前田敦子さんにオファーした。難しい役柄だし、まさか受けてもらえるとは思わなかったが、受けてくれて実現したキャストです。

と秘話を語りました。また、

廣木監督:映画を観終えたら、皆さん必ず歌舞伎町に行きたくなるはず。

とコメントすると観客からは笑みが。

廣木監督:エンドロールの後に、作品の希望(ホープ)が隠されているので、最後まで作品を観て欲しい。

とメッセージを送りました。

上映中は笑いが起こるなど、作品のもつ温かさもあって非常に良い雰囲気。

上映後に行われたQ&Aにはほとんどの観客が残り熱心に監督の話に耳を傾けていました。映画監督を目指す観客から、監督志望の若者へのメッセージを求められると

廣木監督:ほとんどないのですが・・・

と始めながら、本作品が2週間程で撮影される中、ロケバスもなく機材も持って移動、ほぼ寝ない日々が続いた現場の様子を語り

廣木監督:そんなこともやってみた方がいいかな。そうしたら、色んな映画ができる。

と締めると会場から笑いが起こりました。

『さよなら歌舞伎町』トロント映画祭監督
歌舞伎町を舞台にした理由について

廣木監督:映画を始めた頃はよくお酒を飲んだり仕事をしたりと、色々と教えてくれた町。そこを舞台に映画を撮りたかった。

と。また、周りのアドバイスを受けて歌舞伎町を避けてきたというかつて日本に住んでいた観客は、本作品を観て、歌舞伎町に行かなかったことを後悔したと語ると、

廣木監督:惜しかったなぁ。

とコメント。本作品のキャラクターは皆、歌舞伎町から出て行きたいが、歌舞伎町への愛着心を持っているようにも感じる。監督も同じかと質問がでると、

廣木監督:今ある歌舞伎町を愛しており、町が変わっていくことを寂しく思ってる。

と答えました。

トロント国際映画祭プログラマー Giovanna FULVI(ジョバンナ・フルヴィ)さんの『さよなら歌舞伎町』選定理由についてのコメント。プログラマーって映画祭で上映作品を決める人のことです。

ジョバンナ:今季有数の日本映画といえる『さよなら歌舞伎町』で、廣木隆一監督は様々な人物が交錯する或るラブホテルでの24時間を赤裸々に描いています。この特異な施設に出入りする、それぞれのキャラクターの内面を、深い想いを込めて繊細に描き、あたたかくも洞察力のある作品へと仕立てています。国際的な成功を収めた『ヴァイブレータ』からあまたの時を経て、今年トロントで本作品のワールドプレミアをさせていただけることをとても嬉しく、光栄に思います。

『さよなら歌舞伎町』メイキング写真(廣木監督と染谷将太)
『さよなら歌舞伎町』メイキング写真(廣木監督と染谷将太)
映画『さよなら歌舞伎町』
2015年1月 テアトル新宿ほか全国順次公開!

公式HP: sayonara-kabukicho.com

********************************************************************


ストーリー

新宿 歌舞伎町のラブホテル。
迷える大人たちの人間模様が交錯する、かけがえのない1日一流ホテルマンと周囲に偽るラブホテルの店長・徹。

彼は有名ミュージシャンを目指す沙耶と同棲しているがちょっぴり倦怠期。

徹は、勤め先の歌舞伎町のラブホテルでいつもの苛立つ1日を過ごすはずだった。

そこに集まる年齢も職業も違う訳アリな男と女たち。

彼らの人生が鮮やかに激しく交錯した時にあらわれる欲望や寂しさ、そして秘密。徹の人生もまた予期せぬ方へ変わっていく・・・・・・。

本作はメジャーからインディペンデントまで多彩な作品を手掛け、官能的な映像で男女の心の機微をすくい取ってきた廣木隆一監督がメガホンをとり、脚本は日本映画を挑発する数々の名作・衝撃作を生み出し、昨年『共喰い』が話題を呼んだ荒井晴彦によるオリジナル。

日本の映画史に名を残す二人の名匠が、『ヴァイブレータ』(03)、『やわらかい生活』(05)に続き、3度目のコラボレーションを果たした。

主演は『寄生獣』など次々と話題作に出演する若手実力派NO.1の染谷将太。

相手役にトップアイドルから本格派女優の道を歩む前田敦子。

脇を彩るのは脚本の面白さに集結した南果歩、松重豊、大森南朋、村上淳、忍成修吾、田口トモロヲほか豪華個性派揃い。染谷・前田が演じる不器用で愛おしい倦怠期の同棲カップルを軸に、新宿 歌舞伎町のラブホテルで交錯する男女5組のある1日を切り取った、リアルで心にそっと温かさをもたらす極上の群像ドラマが誕生した。

映画『さよなら歌舞伎町』
出演:染谷将太 前田敦子 大森南朋 松重豊 南果歩 
監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦 中野太 
配給:東京テアトル
R15+
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会