「廣木隆一監督」タグアーカイブ

主演初日に瀧内公美「女優を選んだことは間違いじゃない」


映画情報どっとこむ ralph 『さよなら歌舞伎町』、『ヴァイブレータ』など、自分の居場所を探し求める大人たちの衝突や愛を、時に鋭く時に温かく描いてきた廣木隆一監督。

どうしても描きたかったという自身の処女小説の映画化であり、文芸作品の映像化に定評がある廣木監督の真骨頂ともいえる新作映画『彼女の人生は間違いじゃない』が、7月15日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他にて全国順次公開となりました。

週末になると高速バスで渋谷に向かい、円山町でデリヘルのアルバイトをする主人公みゆき。週末が終わって彼女が戻る先は、父と二人で暮らす福島の仮設住宅だ。ふたつの都市を行き来する日々に、彼女が求めたものとは─?

初日舞台挨拶が舞台の一つの渋谷で行われ、主演の瀧内公美さんをはじめ、光石研さん、高良健吾さん、廣木隆一監督、そして主題歌を歌うジャスシンガーmegさんが登壇しました。

映画『彼女の人生は間違いじゃない』初日舞台挨拶
日付:7月15日(土) 
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:瀧内公美、光石研、高良健吾、廣木隆一監督、meg

映画情報どっとこむ ralph 満席の劇場に

瀧内さん:暑い中、ありがとうございます。宜しくお願いいたします。

光石さん:今日は本当にお暑い中ありがとうございます。何かを見て感じて、どうぞ宣伝してください!

高良さん:この映画が原作として生まれる時から話を聞いていたので、映画の公開まで立ち会えて嬉しいです。

そして

廣木監督:今ここに居れることが嬉しく、興奮しています。

とようやく公開初日を迎え、笑顔を見せました。

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影を振り返り、

瀧内さん:経験したことのない感覚だけど、実際に起きたことでもあるから、(そういった感情を)表現しないといけないことは難しかったけれど、廣木監督とスタッフの皆さんに助けてもらいました。

主人公のみゆきに共感する部分を問われて、

瀧内さん:みゆきは前に進む力がある、自分の失った居場所を探す力があって、すごく強い人だなと思いました。

と振り返った。

オーディションで瀧内さんを抜擢した事について

廣木監督:最初にあった時に、この人しかいないと思った。瀧内の抱えている悩みが、主人公に通じるなと。でも現場ではなかなか手強かったね(笑)

と現場での様子を語った。

瀧内さん:廣木さんは怖い部分もあるけれど、ちゃんと現場で、(みゆきの)感情が出てくるまで待ってくれる優しい人。温かく見守ってくれる監督には、今まで出会ったことがなかったです。

と監督との出会いに感謝。

光石さん:70年代に映画の世界に入った時の匂いを残している現場。映画の現場という感じ。瀧内さんが全身全霊でぶつかっている姿を見て、一生懸命やらないといけないと思わされましたね。

と振り返った。

廣木監督作品に数多く出演している高良さんは

高良さん:今まで大切にしてきたものを現場で出し切った。普段、ご飯はよく食べに行くけど、仕事の現場は久しぶりだったので、今の自分はこれですいう感じを全て出しました。

と語ると、

廣木監督:とても成長したなと思った。とても助けられましたね。」と高良を讃えた。高良は「出会って12~3年経ってるんで、成長していないとね(笑)

と笑顔を見せました。

福島を舞台にしていることについて尋ねられた

廣木監督:福島のというより日本のどこかにある風景だと思って撮った。原作ものの映画もよく撮っているが、原作と映画はそれぞれのものと思ってやってきた。映画で感じたことをそのままやれれば良いと考えている。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 映画のタイトルにちなみ、各々の「私の○○は間違いじゃない」を発表。

瀧内さん:この仕事を選んだことは間違いじゃない。
作品を通して、お世話になった人たちに自分の成長を見せられるのはこの仕事ならではと思うんです。実は今日、両親が来ているんです!

と話すと、会場から大きな拍手が起こり、客席の両親に手を振った。

光石さん:もう梅雨明けは間違いない。

と断言。

高良さん:“こうら”は間違いじゃない。

と、自身の苗字のイントネーションが「こうら(語尾上げ)」でも「こうら(語尾下げ)」でも気にならなくなったと告白。

そして、

廣木監督:ボクの女好きは間違いじゃない。

とぶっちゃけ、さもあらん会場からは笑いが起こった。

高良さん10代の頃からずっと知っているけど、ご飯に行く度に毎回連れてくる女の人が違うんですよ。

と暴露。


また、本作の主題歌を担当したmegさんが花束プレゼンターとして登場。
主演の瀧内からは「作品すべてを包むような主題歌で、とても助けられました。」と主題歌への思いを語り、

megさん:廣木監督のふるさとへの思いを強く感じ、出演者のお芝居に心掴まれました。登場人物に少しでも寄り添えるようにと思って歌いました。

と語った。

11月に開催されるフランス最大の日本映画祭「KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭」のコンペティション部門に出品されることが発表されると、瀧内さんや廣木監督らは「嬉しいです、行きたい!」と喜んだ。

最後に、

瀧内さん:ここにいるキャストと廣木監督とみんなで真摯に、思いを込めて作った作品。どうやって伝わるかは分からないし、否定されるかもしれないけど、すべてを肯定してくれる映画だと思います。

と思いの丈を語り、

光石さん:しっかりと見ていただき、宣伝してやってください。
高良さん:映画の表現で福島の今、残された人や残った人々を優しい眼差しで描いている作品だと思います。ぜひ多くの方に観てもらいたい。

と本作への思いを語った。そして

廣木監督:現地のスタッフがたくさん協力してくれた映画。皆さんに応援してもらえると嬉しいです。

と締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 週末になると高速バスで、福島から東京へと向かう。

円山町のアルバイト先のデリヘルに向かうために。

人は与えられた運命から逃げ出したくなることがある。そんな時みゆきは、仮設住宅で父と二人で暮らす福島から高速バスに乗り、渋谷へ向かう。円山町のアルバイト先のデリヘルに向かうために。

2つの都市を行き来する日々に、みゆきが見たものとは?
戻る場所もなく進む未来も見えない者たちは、もがきぶつかり合いながらも光を探し求める――。


***********************************

監督:廣木隆一『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』
原作:廣木隆一「彼女の人生は間違いじゃない」(河出書房新社)

出演:瀧内公美 光石研 高良健吾 柄本時生 篠原篤 蓮佛美沙子 他

主題歌:meg「時の雨」(Gambit Records)

提供:ギャンビット、ギャガ 
配給:ギャガ 
(C)2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会
R-15


7/15公開『彼女の人生は間違いじゃない』廣木隆一監督コメントが到着


映画情報どっとこむ ralph 「さよなら歌舞伎町」「ヴァイブレータ」など、自分の居場所を探し求める大人たちの衝突や愛を、時に鋭く時に温かく描いてきた廣木隆一監督。

監督が、どうしても描きたかったという自身の処女小説を瀧内公美さん主演で撮った『彼女の人生は間違いじゃない』が2017年7月15日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他にて全国順次公開となります。

廣木隆一監督のコメントが到着しましたのでご紹介!

廣木監督からのコメント

『RIVER』(12)で今の東北(被災地)の姿を入れたいという想いに駆られ、東北に行った。でも、撮影はしたものの心の整理がつかなかったんです。自分がどんな感情なのか。じゃあ、小説に書いてみようかなと思ったのがきっかけでした。

小説が完成し、映画化することになりロケハンで5年ぶりにいわき市を訪れ、平坦なまま放置されている土地を見て、人の心も上っ面だけ地ならししているのかと、ショックを受けました。5年前とは全く違う風景で、自分の小説に縛られず、今の姿を描かねばと気持ちを引き締めました。

映画を撮るということのスタンスは変わらず、題材と向き合うことも今まで通りにそう違っていませんでした。ただ、クランクインしてからは、「なぜ俺はここにいるのか」と、自身に問いかけられる日々が続いたことは違っていたように思えます。撮りたかったのは、現在の日常です。何かが欠落したまま、決して満たされることのない日々の暮らしを撮影することで、福島だけでなく今の日本が抱えている矛盾を描きたいと思いました。

どこにいても、満たされて生きている人なんて、実はそんなに多くはいない。人生には様々な矛盾がある。この映画を観て、何かを感じてもらえればうれしいです。
映画情報どっとこむ ralph 彼女の人生は間違いじゃない

7月15日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

帰る場所はなく、未来も見えない者たちに、光は届くのか?

週末になると高速バスで渋谷に向かい円山町でデリヘルのアルバイトをする、市役所勤務の主人公みゆき。
週末が終わって彼女が戻る先は、父と二人で暮らす福島の仮設住宅だ。
戻る場所もなく進む未来も見えない者たちは、もがきぶつかり合いながらも光を探し続ける。
渋谷と福島、ふたつの都市を行き来する日々に彼女が求めたものとは─? 



廣木隆一監督プロフィール

1954年、福島県郡山市出身。

『性虐!女を暴く』で映画監督デビュー。主にピンク映画を手がける。米サンダンス・インスティテュートに留学し、帰国後に発表した『800 TWO LAP RUNNERS』(94)で文化庁優秀映画賞を受賞。その後、03年『ヴァイブレータ』で、第25回ヨコハマ映画祭の監督賞など数多くの賞を受賞。近年は『余命1ヶ月の花嫁』(09)、『きいろいゾウ』(13)、『娚の一生』(15)、『ストロボエッジ』(15)、『おおかみ少女と黒王子』(16)、『PとJK』(17)など、若手アイドル俳優を主演に迎え、確かな演出力でメジャー規模の青春感動作を手がける一方、『M』(07)、『軽蔑』(11)、『さよなら歌舞伎町』(14)など男女の情愛をテーマにした作品も並行して発表している。本作は、自身の故郷である福島を舞台にした処女小説を原作としている。

***********************************

監督:廣木隆一『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』
原作:廣木隆一「彼女の人生は間違いじゃない」(河出書房新社)

出演:瀧内公美 光石研 高良健吾 柄本時生 篠原篤 蓮佛美沙子 他

主題歌:meg「時の雨」(Gambit Records)

提供:ギャンビット、ギャガ 
配給:ギャガ 
(C)2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会
R-15



有村架純、愛情の深さを感じとって!『夏美のホタル』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 廣木隆一監督と⼥優・有村架純が再タッグを組んだ『夏美のホタル』がいよいよ6月11日(土)公開初日を迎え、有村架純、工藤阿須加、光石研、吉行和子、廣木隆一監督、そして原作者の森沢明夫先生が登壇した舞台挨拶が行われました。
夏美のホタル初日 また、本作にちなんで、ベテラン勢が世代を導く一言・次世代へと想いを繋ぐメッセージを有村架純さん、工藤阿須加さんへと送りました。

『夏美のホタル』初日舞台挨拶
日時:6月11日(土)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:有村架純、工藤阿須加、光石研、吉行和子、森沢明夫、廣木隆一監督

映画情報どっとこむ TJ 暖かい拍手の中、登壇者が登場。初日第1回目の上映後の舞台挨拶。

夏美のホタル初日_有村架純有森さん:皆さん、朝から優しい気持ちになりましたか?(拍)人と人との触れ合いを描いていて、今日一日穏やかな気持ちで過ごしていただけたらと思います。思い出のシーンは、慎吾との部屋のシーン。距離感が難しくて記憶に残っていますね。

工藤さん:人と人とのつながりを大切にしたくなる優しい映画です。僕もそのシーンを撮って夏美との感情などがわかった部分なので、印象に残ってます。

と、挨拶と思い出のシーンを語ったお二人に続き、ベテラン勢には撮影現場の雰囲気を質問。

光石さん:廣木監督の映画の時間が流れている現場でその中でのお芝居楽しかったです。

吉行さん:撮影場所がとても良いところで、みんなが新鮮で自然で良かったですね。架純ちゃんはお芝居とは思えないぐらい自然で、とても楽しい時を過ごしました。気持ちの良い映画だと思います。

森沢先生:原作の持っている温かさをそのまま映像にしていただけたと思います。そして、原作も読んでみてください。

監督には、今回の森沢先生の原作を映画化への質問がされると、

廣木監督:初日にこんなに集まっていただき安心しました。嬉しく思っています。家族のひと夏の話なんですけど。あるシーズンに人が出会ってって大好きなので。いいなと映画化しました。

と回答。

映画情報どっとこむ TJ 思いをつなぐということで、次世代に思いを込めてお二人に

光石さん:工藤君、真面目さはかけがえないものなので。忘れないように。お父さん役には光石とお願いします。

吉行さん:二人とも自然でいいですね。この新鮮さを持って、冒険してたくましくなってほしいですね。

それに対して、

夏美のホタル初日_工藤阿須加工藤さん:一つのことに集中し過ぎるのもどうかとは思っていますが、真面目さを忘れず頑張っていきます。お父さんは光石さんに頼みます。

有森さん:直接お言葉をいただけるのは凄い嬉しいです。現場では皆さんの演技を食い入るようにみました。その場の空気を全部巻き込むのは凄いなと感じました。勉強させていただきます。

森沢先生:1冊で1人の人生のクライマックスを感じられますので浴びるように本を読んでみてください。

廣木監督:いまのまま、役者を続けていってください!そして、監督は廣木でお願いします(会場爆笑)

映画情報どっとこむ TJ 最後に、撮り終えた時の気持ちを聞かれ、有村さん、

「夏美のホタル」有村さん:親がどう思っているのか再確認できました。そして、より深く愛していきたいなと感じました。この作品を見て、家族や人とのつながり、愛情の深さを感じ取っていただけたら嬉しいです。

と、締めました。

『夏美のホタル』

6 月1 1 日( 土) 全国ロードショーです。

***********************************

出演:有村架純、工藤阿須加、淵上泰史、村上虹郎、中村優子、小林薫、光石研、吉⾏和子
監督:廣木隆一
原作︓森沢明夫「夏美のホタル」(角川⽂庫刊)
脚本︓片岡翔、港岳彦
企画:プロジェクトドーン
制作:ダブ
製作:「夏美のホタル」製作委員会2016年
日本/カラー/108 分/ビスタ


山﨑賢人が人生初の金髪に!映画『オオカミ少女と黒王子』


八田鮎子原作の嘘つき少女とドS王子の“ドキドキ ラブコメ”の映画化。

二階堂ふみ・山﨑賢人W主演作。
メガホンを取ったのは、『ストロボ・エッジ』の廣木隆一監督、そして鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒とフレッシュな豪華キャストが集結している映画『オオカミ少女と黒王子』。

この度、原作ビジュアルをリアルに再現した、二階堂ふみ演じる恋愛経験ゼロの女子高生エリカと山﨑賢人演じる学校一モテるが、実はドS王子の男子高校生の恭也のビジュアルが解禁となりました!
『オオカミ少女と黒王子』縦イチ_(C)八田鮎子/集英社-(C)2016-映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員並び
また5月28日(土)より新宿ピカデリー他全国ロードショーが決定しました。

今回到着したビジュアルで、黒板の前で腕組みしながらちょっと困った表情を浮かべるエリカとオレ様顔の恭也の2人。

『オオカミ少女と黒王子』横イチ_(C)八田鮎子/集英社-(C)2016-映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員 
これまで『ヒミズ』や『地獄でなぜ悪い』、『私の男』でも制服姿を披露してきた二階堂さんですが、本作では、胸元には女子高生を象徴するアイテムの赤いリボン、そしてミニスカートにベストと、外見も中身も“平凡な”女子高生という初の役柄に挑戦!

そして、山﨑さんは今までのイメージをガラリと変える自身初の金髪姿を披露しています!さらに、ビジュアル解禁に合わせて、二階堂さんと山﨑さんからコメントも到着しています!

★二階堂さんコメント
少女漫画のテーマである相手の王子様が個性的でカッコいいところに凄く惹かれて、またエリカの誰かに対する真っ直ぐさにも惹かれて、自分がこの漫画を基に映画ができることは凄く嬉しかったです。またドS王子・恭也のカリスマ性が山﨑君と近いものがあり、今までに観たことのない山﨑賢人が観られると思います!

☆山﨑さんコメント
ヒロインを犬のように扱うドSプリが面白いし、男からか見てもカッコいいキャラですね、自分とは真逆ですが(笑)ふみちゃんとの共演は久しぶりで色々な話をしたり凄く楽しいです。髪色をこんなに明るくしたのは初めてなので、すごく新鮮な気持ちです。
外見から原作の恭也に近づけることで、更に身が引き締まりました。外見含めて、今までに見せたことのない僕を見ていただけると思います。本当に大事なところは純粋な恋の気持ちだと思って頂ける作品になると思います。皆様に楽しんでもらえる作品にしたいです。

物語・・・
高校に入学したばかりの篠原エリカ(二階堂ふみ)は、恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”。
彼氏がいないのでは?と友達に疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を友達に見せてその場をしのごうとする。

ところが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也(山﨑賢人)だった事が判明。

イケメン同級生・佐田に事情を打ち明け、彼氏のフリをすることを承諾してもらえるエリカ。だが実は彼、見た目は王子だが中身は超ドSの“黒王子“だった!

契約彼氏の条件は、恭也への“絶対服従”!ウソから始まる恋の行方は?

オオカミ少女と黒王子

公式サイト:ookamishojo-movie.jp 
公式Twitter:@ookamishojo_m 
公式ハッシュタグ:#オオカミ少女と黒王子

********************************************************************

原作:八田鮎子作「オオカミ少女と黒王子」
集英社「別冊マーガレット」連載
キャスト:二階堂ふみ 山﨑賢人/鈴木伸之  門脇麦 横浜流星 池田エライザ 
玉城ティナ 吉沢亮/菜々緒
監督:廣木隆一 『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』 
製作:映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画  
(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会 



二階堂ふみ×山﨑賢人でオオカミ「少女と黒王子」実写映画化


見栄っ張り女子とドS王子のラブコメディー

二階堂ふみさん・山﨑賢人さんW主演作『オオカミ少女と黒王子』(監督:廣木隆一)の実写映画化、2016年5月全国公開が決定しました。

日本中の片思いをしている女子に共感してもらえる映画のメガホンをとるのは「ストロボ・エッジ」「娚の一生」など少女コミックの映画化に定評のある廣木隆一監督です!

映画『オオカミ少女と黒王子』(C)八田鮎子/集英社
映画『オオカミ少女と黒王子』(C)八田鮎子/集英社
物語・・・

高校に入学したばかりの篠原エリカは、恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る「オオカミ少女」。

彼氏がいないのでは?
と友達に疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を友達に見せてその場をしのごうとする。ところが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也だった事が判明。イケメン同級生・佐田に事情を打ち明け、彼氏のフリをすることを承諾してもらえるエリカ。

だが実は彼、見た目は王子だが中身は超ドSの「黒王子」だった!彼氏のフリの代わりに、エリカは恭也の「犬」となることに・・・・・。

偽装カップルからスタートしたエリカと恭也に、一体どんな展開が待ち受けているのか…!?

映画化へのコメントが届いてます!

篠原エリカ役 二階堂ふみさん
「恋に恋して嘘をついた女の子を演じる事にとてもワクワクしています。原作のトキメキをスクリーンでもお届けできるよう頑張ります。」

佐田恭也役 山﨑賢人さん
「少女マンガのキャラクターでこんなにも人を犬のように扱う男はあまりないと思うので、僕の中のドS部分を最大限に引き出し、佐田恭也を演じ切りたいと思います。
デビュー作以来の二階堂ふみさんとの共演が今からとても楽しみです。」

廣木隆一監督
「少女漫画から映画に興味を持ってもらえるような広い世代に愛される作品にしたいと思います。主演、2人のコラボレーションも楽しみです」

原作・八田鮎子先生
「『オオカミ少女と黒王子』を実写映画化していただけるとのことで、大変ありがたく思います。漫画とまた違った新しい魅力を私自身も楽しみたいし、楽しんでもらいたいです。」


実写化でも、エリカ目線で、平凡だった彼女の高校生活が恭也の存在で一変し、つれない態度に振り回されながらも、たまに見せる恭也の優しさにドキドキしたり、毎日学校に行くのが楽しくなっていったりと彼女の一生懸命恋する気持ちを丁寧に、かつワクワク感満載で描かれます。

恋する女子の心を鷲掴みにする映画が誕生します。

オオカミ少女と黒王子

公式サイト:ookamishojo-movie.jp
公式Twitter:@ookamishojo_m

2016年5月、全国ロードショー

********************************************************************

キャスト
二階堂ふみ  山﨑賢人

原作:八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」(集英社『別冊マーガレット』連載)
監督:廣木隆一   
製作:映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会  制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会