「廣木隆一」タグアーカイブ

橋本愛、廣木隆一監督登場!『ここは退屈迎えに来て』 バンクーバー国際映画祭ワールドプレミア


橋本愛、廣木隆一監督登場!『ここは退屈迎えに来て』 バンクーバー国際映画祭ワールドプレミア

映画情報どっとこむ ralph 「R‐18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化!10月19日(金)より全国公開する。

この度9月27日から、カナダのバンクーバーにて開催されている北米最大の映画祭の一つ、第37回バンクーバー国際映画祭のゲートウェイ部門に本作が正式出品され、現地時間9日(火)のワールドプレミア上映に主演の橋本愛、廣木隆一監督が登壇する舞台挨拶が行われた。


『ここは退屈迎えに来て』 バンクーバー国際映画祭ワールドプレミア上映 
日時:日本時間10月10日(水)10時~ (*現地時間:10月9日(火)19時~)
場所:カナダ バンクーバー(International Village 10)
登壇:橋本愛、廣木隆一監督

映画情報どっとこむ ralph 今回が2年ぶり3度目の海外映画祭への参加となった橋本は、上映前の舞台挨拶にて、堂々とした態度で流暢な英語のスピーチを披露!

さらに、上映後に行われた観客からのQ&Aコーナーでは、映画を観終わったばかりの観客から、多くの質問が寄せられ、橋本さんと廣木監督が終始笑顔で答えている姿が印象的。


観客から地方都市を舞台とした本作にちなんだ質問で、

「(橋本さんが)東京に行くことが自分の意志ではなかったとのことですが、今の東京にはどのような想いがありますか?

と聞かれると、

「今は東京のことがすごく好きで、楽しみ方も見つけられていると思います。ただ、ここが私の居場所だというふうに、腰を据えられるかというと、違うような気もしていて、世界中のどこにもここだという場所が見つからないかもしれないですが、今自分がいる環境を充実させるようにしているので、毎日楽しいです。

と東京への想いを彼女らしい文学的な表現でコメントしていた。

映画情報どっとこむ ralph また、本作で最も好きなシーンを聞かれ

廣木監督:全シーンと答えるしかないです(笑)。

と即答してごまかし、観客の笑いを誘ったのに対し、

橋本さん:監督が1番好きなシーンが気になります。

と重ね、会場に笑いが広がる場面も。
上映終了後に大きな拍手が巻き起こった後ということもあり、上映後の舞台挨拶は、終始和やかな空気の中行われ、アットホームな雰囲気で終了しました。

舞台挨拶終了後に映画祭の感想について聞かれ

橋本さん:他の映画祭と違い、日本と近いものをすごく感じました。質疑応答の時も反応を見て、見たばかりのお客さんの反応を肌で感じられたのもいい経験でした。地域を感じるというかアットホームな感じをとても受けました。

と満足気に語っていた。


映画情報どっとこむ ralph 『ここは退屈迎えに来て』


本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。主人公<私>を演じるのは、その透明感のある演技で高く評価される女優・橋本愛。

元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、体当たりの演技で注目を浴びている若手実力派女優・門脇麦。

そしてみんなのあこがれの的だった〈椎名くん〉を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じている他、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作が後を絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。

監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。

***********************************

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会


「ここは退屈迎えに来て」主題歌フジファブリック「Water Lily Flower」MV解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 「R‐18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化!10月19日(金)より全国公開する。

この度、本作の主題歌を務めるフジファブリックの成田凌も出演する「Water Lily Flower」MUSIC VIDEOが解禁となった。

【楽曲コンセプト / MVコンセプト】
成田凌出演!!映画では描かれない“過去”を描いたMUSIC VIDEO
Mini Album『FAB FIVE』表題曲「Water Lily Flower」は橋本愛、門脇麦、成田凌が出演する事でも既に話題となっている10/19に全国公開の映画「ここは退屈迎えに来て」主題歌。

そんな主題歌「Water Lily Flower」MUSIC VIDEOは今回の映画の監督でもある廣木隆一が監督を務め、更には、映画でもキーマンとなる“椎名”を演じる成田凌が出演。

映画では学生時代いつでも話題の中心となり皆の憧れの存在だった[過去]の“椎名”、そして月日が立ち、大人になった [今]の“椎名”の姿が描かれている。今回のMUSIC VIDEOでは、“椎名”の[過去]から「今」までの[間]の歴史の一部、皆の憧れだった椎名の“特別”ではない“普通”の日常を描き、[過去]から[今]へ繋がる、映画の“アナザーストーリー”とも言える映像が完成した。
そして、今回はフジファブリックのメンバーも“初”MUSIC VIDEOでのカメオ出演を果たし、成田凌とも共演。メンバーの演技も見ものとなっている。映画ファン、フジファブリックファンにもぜひ期待してご覧頂きたい。

フジファブリック 『Water Lily Flower』



♪Water Lily Flower (ウォーターリリーフラワー)
10/3 RELEASE New Mini Album「FAB FIVE」から先行配信中

あらすじ
マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本愛)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達サツキ(柳ゆり菜)と久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田凌)に連絡し、会いに行くことに。道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇るー。元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇麦)。元カレの友達と腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれている。

***********************************


出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 


橋本愛 門脇麦 成田凌「ここは退屈迎えに来て」バンクーバー国際映画祭出品決定!


映画情報どっとこむ ralph
「R‐18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」がついに映画化!10月19日(金)より全国公開となります。

この度、9月27日から、カナダのバンクーバーにて開催される第37回バンクーバー国際映画祭のゲートウェイ部門に正式出品されることが決定。それに併せて場面写真も解禁になりました。


今回の出品に際し、廣木監督は、

「誰もが通る時間、通った時間。自分は何者でもない時間。そんな悲しく煩わしく素敵な時間を一緒に体現できる映画だと思います。何者でもない自分を共有出来る映画だと思います。久々のバンクーバーでどんな反応かまた皆さんと出会えるのも楽しみです」

と喜びのコメントを寄せてくれました。

なお、10月9日、10日には、橋本愛、廣木隆一監督が登壇する舞台挨拶の実施予定です。

映画情報どっとこむ ralph また、併せて解禁となった場面写真では、

橋本愛演じる<私>と柳ゆり菜演じる、親友<サツキ>にとって、特別な1日として思い出に残っている、憧れの<椎名くん>たちにゲームセンターに誘われ、ワクワクする気持ちが隠せない、初々しい表情の2人のカット。
そして、もう一枚では、制服姿がまぶしい<私>が、水しぶきを上げながらプールで全力ではしゃぐ、瑞々しい青春の1ページ
が映し出され、誰もがあの頃を思い出し、胸が締め付けられるシーンが満載となっている。


ここは退屈迎えに来て

10月19日(金) 全国公開

本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。主人公<私>を演じるのは、その透明感のある演技で高く評価される女優・橋本愛。元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、体当たりの演技で注目を浴びている若手実力派女優・門脇麦。そしてみんなのあこがれの的だった〈椎名くん〉を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じている他、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作が後を絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。監督はこれまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督が、メガホンをとった。
【あらすじ】
マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本愛)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達サツキ(柳ゆり菜)と久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田凌)に連絡し、会いに行くことに。道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇るー。元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇麦)。元カレの友達と腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれている。

***********************************

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 


『ここは退屈迎えに来て』第二弾キャスト 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 村上淳 コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 「R‐18文学賞」を受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし同世代の絶大なる共感を呼んだ山内マリコ・著「ここは退屈迎えに来て」を鮮烈に廣木隆一監督で映画化!

この度、本作の第二弾キャストが発表。


「私」が訪れた思い出の場所で出会う同級生・新保くん役を黒猫チェルシーの渡辺大知。

渡辺さん:脚本を読んだ時、自分の地元を思い出して胸が苦しくなりました。懐かしい日々がキラキラと輝いて見え、戻ってみたいと思った自分に切なくなりました。でも、今が不幸せな訳ではない、と思いたい。
撮影に打ち込み、この気持ちを昇華出来た気がします。この映画は心にモヤモヤを抱えたまま大人になった、何者にもなれない人々の救いになると思います。

親友に密かな憧れの気持ちを持ち、ファミレスで恋愛話にふける山下南役を岸井ゆきの。

岸井さん:ふとやってくる退屈の中で思い出した青春が、ひとつのきっかけで再び交錯していきます。過去を探すひと、乗り越えようとするひと、忘れたひと、そういうひとたちの想いが重なった映画だと思います。



南の親友で、芸能界での夢が叶わず、地元に帰ってきた雑誌の元専属モデルの森繁あかね役を内田理央。

内田さん:田舎独特の閉鎖感、女の子のもつ空気感、ファミレスでの何気ない会話、誰もが経験した事あるようなそんな平坦な日常をリアルに感じて頂きたいです。幸せとはなんのか、私自身も考えさせられました。


主人公「私」の学生時代からの友達で、東京への憧れを持つサツキ役を柳ゆり菜。

柳さん:女の子という生き物は、10代の青春真っ只中でも、20代の拗らせ真っ只中でも変わらず何かを探していて、きっとどこかに行けると信じている事を実感しました。富山の澄んだ空気の中、閉塞感や心のヒリヒリとした痛みを感じながらサツキを演じました。刺激的なキャスト、スタッフ、廣木監督とこの作品に感謝しています。


地元のタウン誌をメインに、主人公「私」と仕事をしているフリーカメラマン須賀さん役を村上淳が演じている。

村上さん:廣木組という僕の中での”頂”。どういう導線を描くのか。そしてそれらすべてを、そして身体を投げうる覚悟はあるのか。あの独特の緊張感の中、ただ相手を反射するようにキャメラの前へ立てるのか。そして譲りたくないと強く思うハートに火がついているか。そんなことです。

映画情報どっとこむ ralph 本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出し、血が通った物語に昇華してきた名匠・廣木隆一が、数々の作品を手がけてきた熟練の手腕により、新世代スター達をまだ見ぬ更なる飛躍へと導く!

ここは退屈迎えに来て

10月19日(金) 全国公開です。


あらすじ・・・
マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本愛)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達サツキと久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田凌)に連絡し、会いに行くことに。

道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇るー。元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇麦)。

元カレの友達・遠藤と、腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれている。

***********************************

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳

原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会



桜井日奈子 × 吉沢亮 W主演『ママレード・ボーイ』SPインタビュー映像&メイキング映像到着!


映画情報どっとこむ ralph ママレード・ボーイ」が遂に実写映画化!

4月27日(金)に晴れて公開を迎え絶賛公開中の本作にトキメキ発生中!

この度、本作の公開を記念致しまして特別映像が解禁となりました!
小石川家&松浦家が勢ぞろい!豪華キャストインタビューと秘蔵メイキング映像です!

「自分もあったなっていうか、懐かしかったです。素敵でした」と筒井道隆(小石川仁役)。檀れい(小石川留美役)が「キュンキュンポイントが多くて。クローゼットの中に隠れてとか…もう“ヤダー♡”って思って(笑)こっちが恥ずかしくなっちゃう」と話すと、両親S全員が大きく共感を示し、「まさに私が(クローゼット)を開けて“恥ずかしー♡”って(笑)本当に可愛かったですね」と中山美穂(松浦千弥子役)と胸キュンシーンについて意気投合!谷原章介(松浦要士役)「すごい好きなとこ(シーン)で、後半の方なんですけれど、二人(光希と遊)でいるときに“私はいいんだよ”っあの一言がギュってきてね!あれもう…どこかは観てのお楽しみ!!」と気になるコメントを。

両親Sの白熱ぶりに、光希と遊を演じた桜井日奈子と吉沢亮は思わず照れを隠せず。


更には、インタビュー映像に続いて、メイキング秘蔵映像も公開!



ママレード色の外壁・グリーンの屋根・赤い玄関ドア!とこの映画の為だけに建てられたおしゃれな一軒家のシェアハウスでの撮影模様と、レストランで光希と遊が初めて出会う二つの家族の顔合わせのシーンのメイキングが。

廣木監督の“何気ないシーンこそしっかり描きたい”というこだわりから、本作では食事のシーンが数多く登場。

全編を通して“食事”、“食卓”が大事なキーワードとなっており、それは青春ラブストーリーの中に大人を登場させる上でこだわった点でもある。


映画情報どっとこむ ralph ママレード・ボーイ

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 

Twitter:
@marmalade_movie

ハッシュタグ:
#ママレードボーイ

物語・・・
本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。
旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?
更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。
一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。
甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。
でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

***********************************

出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子  廣木隆一
音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会