「広瀬アリス」タグアーカイブ

食と性をテーマに自分を味わいつくす「食べる女」特報映像・ティザービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年9月公開予定、映画「食べる女」にて、特報映像・ティザービジュアルが解禁、そして公開が9月21日に決定。
小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と今を代表する豪華女優 陣の共演が大きな話題となっている映画『食べる女』。 <食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす“ことの大切さを、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描いてい る、筒井ともみ著『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)の短編集を、筒井自身が脚本化した本作。

今回解禁になった特報では・・・

恋に、仕事に悩みながらも奔走する女性陣に向けて、小泉今日子演じる敦子(トン子)が

「人ってね、おい しいゴハン食べてる時と、愛しいセックスしてる時が一番、暴力とか差別とか争い事から遠くなる。セックスは相手がいないとできない けど、ゴハンはいつでもできる。だから、手抜きをするな、女たちよ!」

と投げかけ、それに合わせて豪華女優陣が“卵かけごはん”を 食べる!食べる!食べる! そして合わせて解禁になるティザービジュアルでは、

「例えばセックスも味覚だと思う。」

というセンセーショナルなコピーと共に、またもや今にも割れ落ちそうな生卵が…。

「おいしいゴハンを食べて、いい恋をして、“おいしい女”になって“私”を味わい尽くそう!」

という メッセージが込められた、食欲旺盛な女性たちの心と体を満たす、“おいしい”映画ができあがりました!


こちらの特報とティザービジュアルは6月30日(土)より順次劇場にて公開・掲出されていきます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『食べる女

9月21日(金)おいしいROADSHOW

公式HP:
http://www.taberuonna.jp/

***********************************

キャスト:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田 優 壇 蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人

監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ『食べる女 決定版』(新潮文庫・8月末刊行予定)
音楽:富貴晴美
© 2018「食べる女」倶楽部
区分:PG12


福士蒼汰『旅猫リポート』追加キャスト発表! 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉 コメントも!


映画情報どっとこむ ralph 2012年の発売以来、有川浩作品の中でも1,2を争うほど評価が高く、舞台、ラジオドラマ、絵本、朗 読劇と、数多くメディアミックス展開された「旅猫リポート」。
原作者の有川浩自身も、過去のインタ ビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れの強い作品で、自ら脚本開発にも参 加しています。 猫が主要なキャラクターとして登場し、全編にわたって高度な演技が求められることから、映像化困難 とされてきた本作ですが、満を持して主人公の悟を福士蒼汰、猫(ナナ)の心の声を高畑充希が演じる ことで完全実写化いたしました。そしてこの度、この秋、最注目の映画「旅猫リポート」の追加キャス トが発表となりました。

今回新たに出演が決定したキャストは、ナナの新しい飼い主候補で、悟が信頼している大切な人たちで 本作において、悟の過去を知る非常に重要な役どころです。

映画情報どっとこむ ralph
悟の高校時代の同級生で初恋の人・千佳子役には人気実力を兼ね揃えた若手女優の一人、広瀬アリスさんに決定。動物を愛し正義感が強い役柄をまっすぐに演じています。広瀬自身が持つ柔らかいイメージも 加わり、千佳子がより一層魅力的な存在になっています。

広瀬アリスさんコメント
広瀬さん:台本を読んで泣くって事はあまりないのですが、ポロポロと… ペットを飼っているので絆、そして人と人との繋がり、全てが温かく、そんな作品に参加させていただけてとて も光栄でした。 撮影現場は動物も出演するのでなかなか上手く進むことが少なかったのですが、とても和やかで猫ちゃんや わんちゃんに癒されながら撮影しました。 ナナさんはまず、可愛い。綺麗。(笑)空き時間はよく一緒に遊んでいました。映画は台本の雰囲気そのままで、動物がとても可愛く、美しく描かれていてスッと映画の世界に入れました。 動物達のかわいさに癒され、人との繋がりをとても感じる作品です。 見終わった後に大切な人に会いたくなる作品になっていると思います。

同じく悟の高校時代の同級生・杉修介役には、 映画・ドラマ・舞台・ミュージカルにと、役柄も幅広く演じ分けて活躍する大野拓朗。千佳子とは夫 婦で、彼女の尻に敷かれながらも、ペットと宿泊できるペンションを営み、彼女を支える優しい男を熱演。大野さんはドラマ「三匹のおっさん」シリーズに続いての有川作品の出演となり、原作の世界を本作で も見事に体現しています。

大野拓朗さんコメント
大野さん:子供の頃からずっと実家で犬を飼っているので、僕は動物が大好きです。 撮影現場では、共演した犬のバブがとにかく大きくて、すっごく迫力がありました! 撮影の合間は一緒に野原を駆け回って遊んだりして楽しかったです。都心ではなかなかできないことですか ら。 ある映画での「猫」との共演をきっかけに、最近では「猫」にも興味津々ですが、ナナはなかなか抱っこさせてく れなかったので寂しかったです。 有川先生や、動物プロダクションの北村さんが「ナナが素晴らしいよ!」とおっしゃっていたので、映画の中で ナナがどんなお芝居をしているか楽しみです。
また、広瀬アリスと僕のやり取りにキュンとなって、懐かしい感覚に浸って欲しいです。 多くの人が、青春時代に経験した「初恋」と重なって、甘酸っぱさで胸がキューってなるかな。 わろてんかでの関係とは一転、全く違う顏をふたりとも出しているのでお楽しみに。

映画情報どっとこむ ralph 小学生時代に悟が猫と一緒に暮らすきっかけを作り、現在は実家の写真館で働いている旧友・澤田幸介役にお芝居だけでなく、メンズノンノモデルとしても活躍している山本涼介が決定。ナナの一番最初の 新しい飼い主候補となり、本作の導入を担う役どころです。

山本涼介さんコメント
山本さん:台本を読んだだけで、こんなにも涙がこぼれる作品は初めてでした。 僕も猫を飼っていたことがあるので、悟のナナやハチに対する気持ちに重なる想いがありました。 ナナを演じていたネコちゃんは、人間顔負けの表情や仕草で、素敵なお芝居をしてくれています。 現場でもみんなの癒しの存在で、本当に素敵な“役者”さんでした。 観るときはハンカチ必須!ですが、見終わった後にはきっと暖かい気持ちになれる、そんな作品です。 楽しみにしていてください。


そして、人にも動物にも優しい男で、2番目の新しい飼い主候補として登場する悟の中学生時代の友 人・吉峯大吾役に前野朋哉。物語に広がりを与える重要な役どころを持前のキャラクターで見事に演 じきっています。

前野朋哉コメント
前野さん:僕は短い期間での撮影でしたが、猫のナナが現場でのムードメーカーになってくれて助かりました。 ナナの機嫌が良いとみんな機嫌が良いし、なかなかお芝居出来ない時はスタッフが全力でお芝居できる環 境を作ろうとします。中でも原作の有川さんが猫じゃらし片手に最前線でナナのご機嫌を取っていたのが印 象的でした。 そんなみなさんの努力と愛が集結してどんな作品になっているか今から楽しみです。

偶然にも、広瀬、大野、前野は昨年秋から今年の春にかけて放送されたNHKの連続テレビ小説「わろ てんか」で共演。「わろてんか」よりも前に撮影された本作から息のあった演技を見せています。中で も広瀬と大野は今回は夫婦役ということで、二人の掛け合いに要注目です。

映画情報どっとこむ ralph 映画「旅猫リポート

は10月26日(金)より全国公開です。

公式HP:
http://tabineko-movie.jp/

公式twitter:
@tabineko_movie

ナナのインスタ:
nana_tabineko

物語・・・
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。

とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。 「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねて いく。それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは。。。

また、この度、映画のもう一人の主役・ナナの顔を全面にした原作本のスペシャル猫帯の発売も決定い たしました。ナナの力強い視線に思わず吸い込まれるデザインになっています。裏表紙の可愛い後ろ姿 にも注目です。 スペシャル猫帯付きの文庫は7月から、全国書店にて展開予定です。

***********************************

『旅猫リポート』
原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰 高畑充希(声の出演) ナナ 広瀬アリス 大野拓朗 山本涼介 前野朋哉 / 竹内結子
監督:三木康一郎
脚本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹
2018年10月26日(金)全国公開

©表記:©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社


広瀬アリス、生野監督登壇!映画「食べる女」上海国際映画祭GALA部門上映舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年秋公開予定の映画「食べる女」にて、第21回上海国際映画祭GALA部門への公式出品、さらに上映後の舞台挨拶に、広瀬アリス、生野慈朗監督が登壇。

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と豪華 女優陣が集い、先日の製作発表のニュースが大いに話題となった、映画『食べる女』。

<食>と<性>をテーマ に“自分を味わいつくす“ことの大切さを、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描いていきます 。

そしてこの度『食べる女』が中華圏で最大規模の映画祭、第21回上海国際映画祭へ公式出品。
本作品が 出品されたのは、他作品とは一線を画する“GALA”部門。

GALA部門で上映された作品は、全体出品数500本のうちのわずか数作品!本映画祭のメイン会場である、「SFC Shanghai Cinema Hall1」で日本に先駆け、世界で最速で上映されました。

映画「食べる女」上海国際映画祭 上映&舞台挨拶
上映部門:GALA
上映会場: Shanghai FILM ART CENTER HALL 1
登壇:広瀬アリス、生野慈朗監督

映画情報どっとこむ ralph チケット販売後即完売し、当日はなんと約2,000名もの観客が映画を鑑賞。

英語、中国語の字幕付きで上映された本作。スクリーン内では、コミカルな場面で笑いが起きる場面も。

上映が終了すると、満員の客席から は会場が割れんばかりの拍手が起こりました。
広瀬アリスと生野監督が冒頭、中国語で挨拶すると、現地の観客から歓声が上がり、実際に映画を見た観客から の質問を受け付ける場面では、主演の小泉ファンだという若い女性から質問が飛ぶ一幕も。

生野監督コメント
「まずはこんなにたくさんの上海の方に見てもらえて光栄です。この映画は、事件も起こらない、犯人も探さない、ごく平 凡な女の日常を描いています。8人の女たちが一生懸命生きることである奇跡を起こす話。普段何気なく過ごしているこ とを、大切にしてもらいたいと思って作りました。」

広瀬アリスコメント
「こんなにたくさんの方の前に舞台挨拶でたつのは初めてです。わたしが演じたあかりは、唯一恋愛がうまくいく役。皆さ んに共感してもらえるところがあるのではないかと思ってます。」

帰り際、100名を超えるファンに、サインや握手、写真を求められ、ボディーガードが出動する場面も見られましたが、舞台挨拶は無事和やかに終了。日本での公開に先駆け、上海での熱気は最高潮を迎えました!



映画情報どっとこむ ralph 映画『食べる女

2018年秋公開

料理でつながり、紡がれる“おいしい”関係

料理をこよなく愛す敦子(小泉今日子)の家には夜な夜な迷える女たちが集まってくる。その1人、沢尻エリカ演じる編集者圭子(通称・ドド)は30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男などよせつけまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女が出会うのは、ユースケ・サンタマリア演じる、一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベ。教習所の食堂でひょんなことから顔見知りになった2人。特別な関係になどなるはずもない彼らをつないだのは、本作のテーマの一つでもある“料理”。抜群の腕前を持つタナベを演じるために、ユースケはクランクイン前から料理学校に通うなどして、腕を磨くなど精力的に役作りに挑みました。そうして取り組んだ撮影では、太刀魚のムニエルといったフレンチから鯒のお造りといった日本料理まで幅広く挑戦しており、劇中でも華麗な腕前を垣間見ることができます。また、一見冴えない風貌に見え、脱ぐと実はいい体をしているという設定もあり、ドドとタナベが紡ぐエロスがどのように展開されるのかにもご期待ください。

男女の関係が“料理”によってつながり、紡がれる、意外な男と女の人間模様が見どころの本作。小泉今日子演じる敦子や、そのほかの“食べる女”たちは、どんな意外な男性と、どんな意外な場所で、どんな関係を築いていくのでしょうか。その関係はお互いの人生を充実させることができる“おいしい”関係になりうるのでしょうか。
***********************************

キャスト:
小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田 優 壇 蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人

監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ『食べる女 決定版』(新潮文庫刊)
音楽:富貴晴美
© 2018「食べる女」倶楽部


映画『食べる女』上海国際映画祭GALA部門への公式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年秋公開予定、映画「食べる女」にて、第21回上海国際映画祭GALA部門への公式出品、さらに上映後の 舞台挨拶に、広瀬アリス、生野慈朗監督が登壇することが決定。

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と豪華女優陣が集い、先日の製作発表のニュースが大いに話題となった、映画『食べる女』。
<食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす“ことの大切さ を、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描いていきます 。筒井ともみ著「食べる女・決定版」(新潮文庫刊)のセン セーショナルな短編集を、筒井自身が脚本化!

映画情報どっとこむ ralph そんな本作が公式出品されることが決定した上海国際映画祭は、中華圏で最大規模 を誇る映画祭。

第21回目となる今回は、2018年6月16日(土)~6月25日(月)の10日間開催。そんな栄誉ある上海国際映画祭で、映 画『食べる女』が他作品とは一線を画する、”GALA”部門で公式出品されることが決定しました。


GALA部門で上映される作品は、 全体出品数500本のうちのわずか数作品。また本作が上映されるのは、本映画祭のメイン会場である、「SFC Shanghai Cinema Hall 1」。

上海最大の客席数を誇る約2000人規模の会場で、映画『食べる女』が全世界で初めて上映されます!

そして本作の公式出品を祝うため、広瀬アリス・生野慈朗監督が上海国際映画祭に駆けつけ、映画上映後の舞台挨拶に登壇。世界 に向けて初めて映画『食べる女』 。なんと本上映のチケットは発売開始後、即完売だったとのことで、昨今日本映画への注目が高い中国で、どのような反響があるのか見逃せません!

【イベント名】上海国際映画祭
【上映部門】GALA
【上映スケジュール】6/17(日) 18:30:GALA公式上映 上映後に広瀬アリス、生野監督登壇の舞台挨拶実施
【上映会場】 Shanghai FILM ART CENTER HALL 1

映画情報どっとこむ ralph 映画『食べる女』

2018年秋公開

料理でつながり、紡がれる“おいしい”関係

料理をこよなく愛す敦子(小泉今日子)の家には夜な夜な迷える女たちが集まってくる。その1人、沢尻エリカ演じる編集者圭子(通称・ドド)は30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男などよせつけまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女が出会うのは、ユースケ・サンタマリア演じる、一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベ。教習所の食堂でひょんなことから顔見知りになった2人。特別な関係になどなるはずもない彼らをつないだのは、本作のテーマの一つでもある“料理”。抜群の腕前を持つタナベを演じるために、ユースケはクランクイン前から料理学校に通うなどして、腕を磨くなど精力的に役作りに挑みました。そうして取り組んだ撮影では、太刀魚のムニエルといったフレンチから鯒のお造りといった日本料理まで幅広く挑戦しており、劇中でも華麗な腕前を垣間見ることができます。また、一見冴えない風貌に見え、脱ぐと実はいい体をしているという設定もあり、ドドとタナベが紡ぐエロスがどのように展開されるのかにもご期待ください。

男女の関係が“料理”によってつながり、紡がれる、意外な男と女の人間模様が見どころの本作。小泉今日子演じる敦子や、そのほかの“食べる女”たちは、どんな意外な男性と、どんな意外な場所で、どんな関係を築いていくのでしょうか。その関係はお互いの人生を充実させることができる“おいしい”関係になりうるのでしょうか。

***********************************

出演:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人

監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ


森川智之、手塚秀彰ら最強“吹替声優チーム続投!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』


映画情報どっとこむ ralph 映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ第6弾!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT)が、8月3日(金) 日本公開(全米公開7月27日)となります。

公開を前にして早くも今年No.1期待作として注目を集めるなか、先日、シリーズ史上初めて豪華日本人キャストが日本語吹替版声優を務めることが発表!トム・クルーズ演じるイーサン・ハントの前に立ちはだかるライバルの敏腕CIAエージェント、オーガスト・ウォーカー役(ヘンリー・カヴィル)にバラエティ・ドラマと国民的な人気を誇るロックミュージシャンのDAIGOさん、イーサンを翻弄する美しすぎる女暗殺者ホワイト・ウィドウ役(ヴァネッサ・カービー)には、NHKドラマ「わろてんか」での好演が記憶に新しい女優の広瀬アリスさんが決定し、ますます期待が高まる本作ですが、この度、IMFメンバーや重要キャラクター達の吹替声優続投が決定しました!!
これまで数知れない不可能なミッションを、イーサンたちと乗り越えてきたお馴染みの”吹替声優キャスト”が続投し、シリーズ史上最大のミッションに挑みます!!

映画情報どっとこむ ralph 主人公イーサン・ハントには、トム・クルーズの吹替にはこの人以外いない!と日本全国が絶大な信頼を寄せ、トム本人の公認も受ける森川智之さんが続投!

◎イーサン・ハント役(トム・クルーズ)/声:森川智之さんからのコメント
今回の「フォールアウト」はシリーズ作品としての醍醐味を最高に楽しめるのではないでしょうか。今まで散りばめられてきた数々のピースが化学反応を起こすような映画になると思います。どんなストーリーになるかも今から気になるところですが、トムのノースタントによるアクションには、これまで以上に大注目しています。そんなトム演じるイーサン・ハントを、皆さんがおもいっきり楽しんでもらえるように頑張るのが、私のミッションです!期待してください!


またシリーズ三作目での初登場以後、チームのガジェット担当かつお茶目な相棒的存在として活躍するベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)役には根本泰彦さん。

◎ベンジー・ダン役(サイモン・ペッグ)/声:根本泰彦さんからのコメント
映画館で予告篇を見て「来た~!!」と思いましたね。サイモン・ペッグは知性に溢れ喋りも速く、毎回収録では悲鳴を上げていますが、完成品を家族で楽しむ幸福で全ては報われます。ガンガン行ってくれ~、ベンジー!!


イーサンに次ぐシリーズ最多登場、頼れるベテランエージェントのルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)役には手塚秀彰さん。

◎ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)/声:手塚秀彰さんからのコメント
またルーサーに会える喜び。今回はどんな展開を見せてくれるのかワクワク・ドキドキ!自分自身も楽しみながら収録を向かえたいと思います。是非、劇場の大画面で心ゆくまで楽しんで下さい!


前作で初登場すると一躍シリーズトップクラスの大人気キャラとなった美しき女スパイのイルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)役には甲斐田裕子さん。

◎イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)/声:甲斐田裕子さんからのコメント
「カサブランカ」。私が『ローグ・ネイション』を見ながら最初に思い出した往年の映画です。イルサ・ファウストはイルザ・ラントを彷彿させました。古風で異国情緒のある、とてもミステリアスな美女。イーサンの敵かと思えば、助け助けられ、仲間かと思えば、謎かけのような言葉を残し離れていく。今回はどんな姿を、活躍を見せてくれるのかワクワクしています。彼女の魅力を日本語版でも損なわないよう、収録に挑みたいと思います。

と、お馴染みのチームメンバーに鉄板の豪華声優メンバーが勢ぞろい!


また、四作目『ゴースト・プロトコル』のラストシーンで姿を見せて以来登場が無く、本作で夫イーサンと再会を果たすことが予告編で明かされている妻ジュリア・リード(ミシェル・モナハン)役に岡寛恵さん、前作でシリーズ最大の敵として登場した悪のスパイ組織「シンジケート」のボス、ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)役に中尾隆聖さん、前作で新IMF長官に就任を果たしたアラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)役に田中正彦さんが続投。

2018年、最大の注目作に相応しい盤石の布陣が実現し、史上最難関のミッションを迎え撃つ続投声優陣と、本作から参戦するゲスト声優陣との新たな化学反応も大きな見どころとなっています!日本語吹替版にもぜひご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph ミッション:インポッシブル/フォールアウト
原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT

8月3日(金)日本公開 2D/3D/IMAX/4D

公式HP:http://missionimpossible.jp/
公式Twitter:
@mimovie_jp 

ハッシュタグ:#mijp

何者かに複数のプルトニウムが盗まれた。標的は<3つの都市>。イーサン・ハントとIMFチームは、その“同時核爆発を未然に防ぐミッション”を受ける。猶予は72時間、だが手がかりは薄く、“名前しか分からない正体不明の敵“を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。
タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMFに立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェントのウォーカーで、イーサンは彼との対決を余儀なくされる。
そして、いくつもの<フォールアウト(予期せぬ余波)>が絶体絶命のイーサン・ハントに降りかかる。
今度のミッションの不可能は一つではなく、連鎖してたたみ掛けるようにIMFに迫る!!

***********************************


日本公開:8月3日(金)
全米公開:7月27日(金)予定
監督・製作・脚本:『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』
製作:J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・トレック』シリーズ、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、
ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセットほか
CV:森川智之,根本泰彦,手塚秀彰,甲斐田裕子,岡寛恵,中尾隆聖,田中正彦,DAIGO,広瀬アリス
TM,(R) & Copyright (C)2006 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2015 Skydance Productions and Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.(C) 2016 Paramount Pictures.
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.