「広瀬アリス」タグアーカイブ

村上虹郎、広瀬アリスら&ちょい遅れてリリー・フランキー登壇『銃』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 11月17日(土)、東京・テアトル新宿にて、映画『銃』の初日舞台挨拶が行われ、村上虹郎さん、広瀬アリスさん、日南響子さん、リリー・フランキーさん、新垣里沙さん、岡山天音さん、後藤淳平(ジャルジャル)、原作者の中村文則さん、武正晴監督、奥山和由プロデューサーが登壇しました。


初日舞台挨拶
日程:11月17日(土)  
場所:テアトル新宿 
登壇:村上虹郎、広瀬アリス、日南響子、リリー・フランキー、新垣里沙、岡山天音、後藤淳平(ジャルジャル)、原作者の中村文則先生、武正晴監督、奥山和由プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶が始まると・・・重要人物一人が足りない・・・。

奥山プロデューサー:リリーさんがもうすぐ来るはずです。

と、リリー・フランキーさんの遅刻を暴露し、全員が不在のリリーさんをいじるところから舞台挨拶はスタート。

開始から5分ほど経過し、拍手を浴びながら姿を現したリリーさん

リリーさん:すいません!!12時からだと思っていました。

と弁明。

奥山Pは、原作の『銃』について

奥山P:リリー自分のバイブル。誰一人欠けても出来ていない運命の作品。

と自信のコメント。

その原作者の中村先生は、恐縮しながらも、

中村先生:お礼とお詫びを言いに来ました。

作品について聞かれ
村上さん:ニコチンとカフェイン。肉体的にも精神的にも中村文則ワールドで、蟻地獄のように引きずり込まれて、いつ抜け出せるのかと。

とハードな役柄だったことを振り返ります。


そんな村上さんに対し、

広瀬さん:(村上さんは)現場では怖かったですね。近くにはいたくなかった(笑)。
と距離を置いていたそうですが、その後の取材で一緒になって

広瀬さん:本性というか、性格がしっかりわかりました。

と、撮影時の印象とは違うことを明かしました。そして、今日の独特のファッションについても、

リリーさん:新宿で3時間で2回職務質問される。

とリリーさんが表現。

映画情報どっとこむ ralph ワンシーンのみの出演ながら舞台挨拶に登壇した後藤さんは、クランクイン前の本読みでの村上さんについて

後藤さん:入り込んでいて、机バーン!と叩いたり、びびりながら、そのまま役をやらせていただきました。

と、こちらもびびっていた様子です。

村上さん:『M-1』がんばって!
と、12月2日に放送される『M-1グランプリ2018』へのエールを送られると、

後藤さん:関係ないわ!(笑)

とツッコむシーンも。
また、後藤さんがビートルズ好きだと事前に調べて、ビートルズを聞いていたといったとして「気が使える」と後藤さんが人柄を讃えていました。

広瀬アリスさんからは、以前、リリーさんと会った際、今日の舞台挨拶では両胸の部分に穴が空いた服で登壇しようと計画していたことが明らかに。

遅刻したこともあり、図らずも話題の中心となったリリーさんですが、

最後は・・・

リリーさん:こういう映画が日本でちゃんと作られていることがいい!虹郎は親のいいところだけもらったな!

と絶賛。村上さん苦笑い!?

映画情報どっとこむ ralph 『銃』

11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイトURL
http://thegunmovie.official-movie.com/  

twitter
@GunMovie


物語・・・
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には 魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリル が増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。 そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、 あることを決意するが。

***********************************


キャスト
村上虹郎 広瀬アリス
日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平(ジャルジャル)
中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹
村上淳 リリー・フランキー

スタッフ
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本:武正晴・宍戸英紀
制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do 太秦
製作:KATSU-do
2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分
レイティング R15+
Ⓒ吉本興業


福士蒼汰、広瀬アリス 猫と一緒にレッドカーペット『旅猫リポート』第31回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 本作が、第31回東京国際映画祭 特別招待作品として上映されることを記念し、主演の福士蒼汰、主演猫のナナ、三木 康一郎監督登壇の舞台挨拶を行いました。

また、福士が主演猫のナナと一緒に、東京国際映画祭開幕して以来史上初、猫と一緒にレッドカーペットを歩きました!

『旅猫リポート』第31回東京国際映画祭レッドカーペット
日時:10月25日(木)
場所:六本木ヒルズアリーナ
登壇:福士蒼汰、広瀬アリス、ナナ、三木康一郎監督

大勢の人で溢れた六本木ヒルズアリーナに、オープニングイベントとしてレッドカーペットが敷かれ、映画祭に出品・招待される作品のキャス ト・スタッフが続々と登場しました。

ほどなくして、けやき坂通りに停められた車より、悟を演じた福士蒼汰、杉千佳子を演じた広瀬アリス、 そして三木康一郎監督が登場すると、場内は歓声に包まれました。ステージまで上がり、フォトセッションブース等を通った後に、本作の主 演猫であるナナもサウンドバイツエリアから参加!

福士に抱きかかえられたり、お利口に座って待つ姿に、観客のみならず、マスコミからも 「かわいい…!」の声が漏れました。 東京国際映画祭公式インタビューの部分では、福士は自身が演じた悟という役柄に対して「悟はとてもやさしい人物で、自分自身も猫 が大好きなので、猫に対してや動物に対する接し方は、自分自身を反映させた部分が多いです」と語りました。男気のある杉千佳子役 を演じた広瀬は「福士さんと大野拓朗さんと3人のシーンが多かったのですが、千佳子が2人を引っ張っていた部分が多かったです。自分 自身も男っぽい部分があるので、自分と似てるなと思いながら演じていました」と話しました。 レッドカーペットを歩き終えた福士は、ナナについて「大勢の人がいたので、緊張している素振りもあったが元気でした」と話しました。

映画情報どっとこむ ralph また、 初めての東京国際映画祭のレッドカーペットについても「(レッドカーペットでのインタビューやスチール撮影が)意外と長くてびっくりしました が、初めての東京国際映画祭のレッドカーペットはとても楽しめました!」と愉しそうに語り、レッドカーペットを後にしました。

旅猫リポート

10月26日(金) 全国ロードショー

物語・・・
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。 「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。 それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

公式HP:
http://tabineko-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/tabineko_movie

***********************************


原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介 前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂 橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子 竹内結子
監督:三木康一郎
脚 本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社


第31回東京国際映画祭レッドカーペット その2


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭の10月25日(木)開幕。
レッドカーペットイベントが行われ、多くのゲストが登場 その2

<第31回東京国際映画祭 開催概要>
イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph ≪日本映画スプラッシュ部門≫

海抜
高橋賢成監督、田村太一(製作)、名取佳輝(製作)、阿部倫士、松﨑岬、佐藤有紗、奥田誠也、三森晟十朗

漫画誕生
大木萠監督、イッセー尾形、篠原ともえ、稲荷卓央、モロ師岡、とみやまあゆみ、森田哲夫、東ブク ロ、新井美和


武正晴監督、村上虹郎、広瀬アリス、日南響子、岡山天音、奥山和由(企画/製作)

鈴木家の嘘
野尻克己監督、岸部一徳、原日出子、木竜麻生、加瀬亮、岸本加世子、大森南朋

月極オトコトモダチ:
穐山茉由監督、徳永えり、芦那すみれ、野崎智子、山田佳奈、三森麻美、入江陽(音楽)

僕のいない学校:
日原進太郎監督、鋤﨑智哉(共同脚本)、嶺豪一、矢柴俊博、木田尊大、吉川諒、鎌滝勇樹、松本雄士朗

あの日々の話:
玉田真也監督、鈴木徳至(プロデューサー)、大高健志(エグゼクティブ・プロデューサー)、山科圭太、近藤強、前原瑞樹、木下崇祥、野田慈伸、高田郁恵、長井短、菊池真琴

メランコリック:
田中征爾監督、皆川暢二、磯崎義知、吉田芽吹、羽田真、矢田政伸、浜谷康幸、ステファニー・アリエン 、新海ひろ子、山下ケイジ、大久保裕太、蒲池貴範

日本映画スプラッシュ 審査員
パオロ・ベルトリン、ノア・コーワン、入江悠


国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA

めくるめく愛の詩:
ガリン・ヌグロホ監督、アニサ・ヘルタミ

リスペクト:
トレブ・モンテラスII監督 、アブラ

輝ける日々に(『サニー』ベトナム版):
グエン・クアン・ズン監督、ホン・アィン

音楽とともに生きて:
ビサル・ソック監督、ケイリー・ソー監督


«特別招待作品部門≫

えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~ :
横澤夏子、緒方直人、児玉宜久監督、河合広栄(プロデューサー)

あまのがわ:
森武彦(プロデューサー)、古新舜監督、吉藤オリィ(製作)、井上孝之(製作)、ロナ(製作)、福地桃子、生田智子

ギャングース:
入江悠監督、加藤諒、渡辺大知、山本舞香、伊東蒼、菅原健


jam:
SABU監督 劇団エグザイル

旅猫リポート:
福士蒼汰、三木康一郎監督、ナナ、広瀬アリス

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~ :
市村正親

その3へつづく

その1はこちら

***********************************

PHOTO:TJ
©TIFF


福士蒼汰 愛猫ナナと特別招待作品『旅猫リポート』舞台挨拶に登場! 第31回東京国際映画祭イベント


映画情報どっとこむ ralph 本日から始まった第31回東京国際映画祭特別招待作品として『旅猫リポート』が上映されることを記念し、主演の福士蒼汰さん、主演猫のナナさん、三木康一郎監督登壇の舞台挨拶を行いました。そして、その後、福士蒼汰さん初めての東京国際映画祭レッドカーペットへ!


第31回東京国際映画祭イベントオフィシャルレポート
日付:10月25日(木)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:福士蒼汰、ナナ、三木康一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後、まだ、涙をぬぐうお客様の姿もある中、主演の福士さん

福士さん:今日は上映後ということで、(会場のお客様を見渡し)皆さんのお 顔を見るとそれぞれいろんなことを考えていらっしゃるのかなと思います!

と話し、続けて、

三木監督:本日は集まっていただきありがとうございます。映画いかがだったでしょうか?

とお客様の様子を伺うと、客席からは拍手喝采が!

三木監督:ありがとうございます。とても優しい映画になったと思います。今日はたくさん映画の話しが出来ればと思います。

とお客様のリアクションを受け、感謝の思いを伝えました。


本作が東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれたと聞いた際のことを、

福士さん:非常に嬉しかったです。自分が出演している作品が東京国際映画 祭に出品されたのは初めてなので、このような機会にたくさんの方に映画を観ていただけてとても光栄です。

とその気持ちを語った福士さん。

三木監督:撮影中は必死だったけど、映画祭に出品されるなんて思ってもなかったので、こういった場で上映していただけるのは、俳優とスタッフの皆さんが頑張ってくれたおかげだと思うので感激しています。

と話しました。東京国際映画祭だけではなく、カナダのファンタジ ア映画祭での上映や、現在7ヵ国での配給も決定しており、海外にも広がっている本作の上映。そんな状況を

福士さん:僕はこの映画は、普遍的なものがあると思っています。動物や人に対する愛情だとか、全世界の人が愛せる、同じ感覚があるものが作品の題材であることが、世 界中の皆さんに観ていただける理由にあるのかなと思います。

三木監督:猫の人気が世界的なんだなと思いました。世界中の人が猫が好きなんですね。

と自身の想いを話しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、猫好きな心優しい青年を演じた福士さんは、

福士さん:悟はとても穏やかで優しい青年なので、その優しさは何で何だろうと考えていくうちに、ただ優しいだけじゃなくて、彼の持っているネガティブな心がポジティブに変わっていく、そんな彼の心情を意識して演じました。人とある 一定の距離を取ってしまう彼にとって、ナナだけは心から信頼できる存在、そんな気持ちも大切にしていました。監督からも『福士くんのまま でいいから』と言ってもらえたので、僕自身の中にある悟に共感できる部分も意識して演じていました。

と話し、

三木監督:すごいちゃん と考えてくれてたんだね。ありがとうございます。

と福士さんの演技を改めて振り返りました。 また、本作で有川浩さん原作の映画で監督を務めるのは二本目の監督は

三木監督:猫を撮影するということが初めてだったんですが、 有川先生からは、猫の気持ちを何よりも優先して撮影を行ってくださいと言われていました。なのでナナが嫌そうだったら撮影も中断。作品 もナナ中心に描かれているので、ナナが映画を観る人の心をしっかりつかむことができる表情なのか、撮影中はナナの顔をずっと見てました。

と、有川さんのナナ愛を明かしつつ、自身が作品に込めた想いも語りました。

さらに、劇中で名演技を見せたナナに関して

福士さん:最近仲良くなったんじゃないかなと実感します。やっぱり猫が何を考えているのか はわからないので、僕のことを覚えていてくれているのかちょっと不安だったんですけど、最近はずっと顔を見てくれたり、抱っこした時に落ち着いてくれたりするので、ちょっと仲良くなれたのかなと思いますね。

と仲の良さをアピールしました。 この後、オープニングイベントのレッドカーペットにナナと登場する予定の福士さんは

福士さん:猫がレッドカーペットを歩くのは初めてらしくて、放し飼い で歩かせてみたいですけどね(笑)。なかなかない機会をいただけたと思うので、特別な時間を1秒1秒感じてしっかり歩きたいです。

と、 その意気込みを明かしました。 舞台挨拶最後、フォトセッションに登場したナナを抱き

福士さん:ナナちゃん皆さんを前にちょっとドキドキしてますけど、今日も元気です!

とナナの様子を語ってくれた福士さん。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

福士さん:明日から映画が公開になります。たくさんの人に観ていただきたいです。今日という日を大事に、この後レッドカー ペットも頑張ります!

とお客様へメッセージが語られ、大盛況のままイベントは幕を閉じました。



「旅猫リポート」は10月26日(金) 全国ロードショー

公式HP:
http://tabineko-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/tabineko_movie


物語・・・
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。 「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。 それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは。

映画情報どっとこむ ralph <第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭 
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************



原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介 前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂 橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子 竹内結子
監督:三木康一郎
脚 本:有川浩 平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹

©表記:©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社
    


村上虹郎主演『銃』父・淳の出演情報解禁!親子を越えた一役者どうしの熱演に注目!!


映画情報どっとこむ ralph 11 月 17 日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショーとなります映画『』。10月25日より開催となる第 31 回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門へ出品、この機がワールドプレミア上映となります。


<第31回東京国際映画祭上映日時について>

【上映日時】

10/28(日)
21:05(開演)
*上映後トーク:武正晴監督、奥山和由プロデューサー

11/1(木)
16:05(開演)
*上映後トーク:村上虹郎、武正晴監督、奥山和由プロデューサー


上映会場 TOHO シネマズ六本木ヒルズ スクリーン1番
(両日、同会場です。)

映画情報どっとこむ ralph そして!

このたび、村上淳さんの出演情報が解禁になりました。


村上淳さんと村上虹郎さんの親子共演は、映画では河瀬直美監督作品『2つ目の窓』以来。

本作での村上淳さんは、 村上虹郎さん演じる主人公と対峙する、ある男の役を務めています。一役者どうしとしてぶつかり合うこの 1 シーン では、身震いする衝撃を目にすることでしょう。

村上淳さんコメント:
正直”親子共演”ということを意識しないかというとそうはいかない。 しかし今回出演を決めたのもオファーをいただきそれに向き合った結果であり、武組の空気を感じられる機会をいただいたことへ のアンサーです。 いち役者といち役者がなにかしらの縁で同じ座組になることは、そんなに珍しいことではないということです。 みなさまどうぞよろしくお願いいたします。傑作”銃”をお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph 村上虹郎主演『銃』

2018年11 月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
thegunmovie.official-movie.com

twitter
https://twitter.com/GunMovie


ストーリー
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には 魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリル が増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。 そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、 あることを決意するが。

***********************************


村上虹郎 広瀬アリス 日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平(ジャルジャル) 中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹 リリー・フランキー
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本:武正晴・宍戸英紀 制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do 太秦
製作:KATSU-do
2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分/ R15+
Ⓒ吉本興業