「広瀬すず」タグアーカイブ

映画『ちはやふる-結び-』につながる『ちはやふる-繋ぐ-』Huluで先行配信!


映画情報どっとこむ ralph 3月17日(土)に全国公開される映画『ちはやふる-結び-』のスペシャルエピソード『ちはやふる-繋ぐ-』(全5話)、『ちはやふる-学び-』がこのたび、オンライン動画配信サービスHuluで先行配信されることが決定しました。
映画『ちはやふる』シリーズは累計2100万部を超える国民的大ベストセラーの同名漫画(末次由紀/講談社『BE・LOVE』)を実写映画化した作品。2016年に公開された2部作([上の句][下の句])は200万人を超える観客動員数を記録し、数々の映画賞を受賞。主演の広瀬すずさんを筆頭に、野村周平さんや新田真剣佑さん、上白石萌音さんら今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気若手俳優陣の知名度を全国区に一気に押し上げた。

その注目映画の最新作にして堂々の完結編となるのが、今回公開される映画『ちはやふる-結び-』です。

映画情報どっとこむ ralph そして!

『ちはやふる-繋ぐ-』では、主人公の千早(広瀬)や、太一(野村)をはじめとした瑞沢高校競技かるた部のメンバー、幼馴染の新(新田)はもちろん、『結び』から登場する新メンバーも含めた主要キャストが総出演!かるた部で行われたある日のサプライズの様子や、千早たちが高校2年生の頃のエピソード、かるた名人・クイーン位決定戦直前の様子など、[下の句]から最新映画につながる印象的な物語が全5話にわたって繰り広げられる。

この『繋ぐ』について

広瀬さん:映画を見る前にも見てもらいたいですし、見た後にも繰り返し見てもらいたいです!

とアピール。さらに

広瀬さん:映画を通して生まれたみんなとの絆を感じていただけるものになっていると思います。これを見た後に最新映画を見ていただくと余計にグッと来るものがあると思うので、ぜひ最新映画の前に見てもらえたらうれしいです。

と語る。

また毎話の後半には映画の貴重なメイキング映像も収録。キャストインタビューやクランクイン・アップの様子など、合わせて見ることで映画への興味がさらに深まること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph そして『ちはやふる-学び-』では、瑞沢高校競技かるた部の新入部員・菫役の結城美青と秋博役の佐野勇斗が、競技かるたの基本的なルールについて説明。2人の初々しくも分かりやすい解説を通してルールを把握しておくことで、映画本編での試合風景がより迫力のあるものに感じられるはず!!


広瀬すず(綾瀬千早 役)からのコメント
前作の撮影の際、キャストのみんなで「千早が自分の誕生日会で名前の書かれたプレートをパクッと食べるこの原作の場面、カワイイよね」と話していたことがあって。そのシーンが今回のスペシャルエピソードで、ちょうど描かれることになったんです! それを知ったときは「これはやるでしょ!」とみんなで大盛り上がりになりました。あとこの誕生日会の時に撮った写真は部室の写真コーナーに貼ってあって、実は映画本編の中にも少し写り込んでいるんです。そこはぜひチェックしてもらいたいなと思います。

このスピンオフドラマの中には[上の句][下の句]や今回の『結び』での印象的なシーンが盛り込まれていたり、かと思えばフザケ倒していたりと(笑)、映画を通して生まれたみんなとの絆を感じていただけるものになっていると思います。これを見た後に映画を見ていただくと余計にグッと来るものがあると思うので、ぜひ映画の前に見てもらえたらうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph そして!映画情報サイトですので!

ちはやふる-結び-

2018年3月17日(土)全国東宝系にて公開です。

物語・・・
いつも一緒に遊んでいた、幼なじみの千早・太一・新。家の事情で新が引っ越してしまい、離ればなれになってしまうが、高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、太一とともに仲間を集め、瑞沢高校かるた部を作った。

「新に会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」創部一年目にして、全国大会に出場した瑞沢かるた部だったが、千早は個人戦で史上最強のクイーンに敗れ、さらに強くなることを部員たちと誓った。あれから二年―、かるたから離れていた新だったが、千早たちの情熱に触れ、自分も高校でかるた部を作って、全国大会で千早と戦うことを決意する。

一方、新入部員が入り、高校三年最後の全国大会を目指す瑞沢かるた部だったが、予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまう。動揺と悲しみを隠せない千早…。

千早、太一、新は、再びかるたで繋がることができるのか?今、一生忘れることのない最後の夏が始まる。

★映画『ちはやふる』:
公式サイト:
http://www.chihayafuru-movie.com/

★映画公式Twitter :
@chihaya_koshiki

***********************************

原作:末次由紀『ちはやふる』(講談社「BE・LOVE」連載)
監督・脚本:小泉徳宏
音楽:横山克
主題歌:「無限未来」 唄:Perfume 作詞・作曲:中田ヤスタカ(CAPSULE) UNIVERSAL MUSIC

出演:広瀬すず 野村周平 新田真剣佑

上白石萌音 矢本悠馬 森永悠希 清水尋也 優希美青 佐野勇斗 清原果耶

松岡茉優 賀来賢人/松田美由紀 國村隼

©2018映画「ちはやふる」製作委員会 ©末次由紀/講談社
©末次由紀/講談社


生田斗真、広瀬すず、三木孝浩監督が『先生! 、、、好きになってもいいですか?』撮影を振り返った


映画情報どっとこむ ralph 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』のブルーレイ&DVDを2018年3月14日(水)より発売・レンタル開始となります。

プレミアム・エディションには、メイキング&インタビュー、イベント映像集、本編ではやむなくカットされたシーンやNGシーンの他、 豪華映像特典として、主演の生田斗真と広瀬すず、三木孝浩監督による、観たらもういちど本編をみかえしたくなる、作品の魅力がたっぷり詰まったビジュアルコメンタリーが収録されます。

幅広い読者から愛され続けている、河原和音による累計発行部数600万部の伝説の少女コミックを遂に映画化した王道ラブストーリー映画 『先生! 、、、好きになってもいい ですか?』。

ブルーレイ&DVDのプレミアム・エディションの特典映像となるビジュアルコメン タリー収録に、ぶっきらぼうな性格だが、生徒思いの教師・伊藤先生を演じた生田斗真さんと、伊藤先生に“初恋”をしてしまうごく普通の女子高校生・響を演じた広瀬すずさん、そして、三木孝浩監督が臨みました。

映画情報どっとこむ ralph 当時、撮影の合間に行ったクリスマスパーティを再現した現場には、たこ焼き器やお絵かきグッズが用意され

生田さん:(撮影当時、広瀬が)たこ焼きを焼いてくれたよね!

と言うと

広瀬さん:今日はわさびないですね!

とノリノリ!

生田さん:ロシアンルーレットみないなのはやめてよー!笑

とが返すなど、 ホームパーティのような和やかな雰囲気で収録はスタート。


本編がスタートしてまもなく、冒頭のシーンに「光が本当にきれい」と広瀬さんが反応すると、三木さんは「”女の子は逆光で撮れ”と教わった からね(笑)」と話し、「感情の揺れを風やカーテンの揺れで表してるんです」と細かな撮影の工夫が散りばめられていることを明かします。

また、公開当時話題になった伊藤先生が響の頭に辞書をのせる【辞書ポン】のシーンには「きゃー!」と広瀬から思わず黄色い声があがり、男性陣が驚く場面も。

そんな 2 人に向かって広瀬さんは「きゅんときます!!」と断言。

リハーサルの時は“ポン”が少し強めだった よね、という三木監督に「(ポンじゃなくて)辞書”ボーン“!」と 2 人が返し、「【辞書ポン(JP)】【肘グイ(UG)】【こめかみツンツン(K T)】でしょ!」(生田さん)と次々登場する胸キュンシーンに一同盛り上がった。本格的な恋愛映画初挑戦となった広瀬は、ラブストー リーの演技に「目の動き一つでも意味がありますよね」と振り、生田さんも大切なのは「いつ視線が合うのか」だと話した。


広瀬さんがマヨネーズで書いた名前入りたこ焼きが、完成したときには「すごく美味しい!」と生田さん、三木監督ともども絶賛。「おかわりー」と声がかかるなど、終始仲の良いアットホームな 雰囲気で収録は進行。

中盤、三木監督から「実は、伊藤先生と藤岡君(健太郎)が 図書館で会っていたシーンを撮ったけど、本編には入れなかった」との解説もあり、 こちらは映像特典として「未公開シーン集」に収録されています。

本編が終盤に差し掛かると、広瀬から「ここのシーンはグッときました」と。伊藤先生が響の 同級生、浩介(竜星涼)に殴られ、初めて本音を吐露する場面には3人とも見入り、 「大人もハッと気づかされる」と共感を語り合った。

作品について、

生田さん:リアルな感情を丁寧に描いています。

広瀬さん:少女漫画の実写化は多いけれど、特に感情移 入ができる素敵な作品!

と語った。
さらにビジュアルコメンタリー収録中に行われた 3 人の似顔絵対決では、生田さんが描いた絵に 「ひどくない!?」と広瀬さんは爆笑。「超画伯」と称された生田画伯渾身の絵は、本商品特典で。

映画情報どっとこむ ralph そんな 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は3月14日(水)にブルーレイ&DVDリリース!

商品情報は以下の通り!是非!

◆2018 年 3 月 14 日(水) ブルーレイ&DVD リリース 【初回仕様】 先生! 、、、好きになってもいいですか?

ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組) ¥5,990+税/品番:1000707260 /本編 113 分+映像特典 264 分 プレミアム・エディションには、主演の生田斗真と広瀬すず、三木孝浩監督による ビジュアルコメンタリーを始め、メイキング&インタビュー、イベント映像集、そして本邦 初公開となる未公開シーン集など 4 時間半におよぶ豪華映像特典を収録!
【映像特典(264 分)】
※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。
<本編ディスク(73 分)>
●ナビゲート番組 (この映像は、映画公開前後に放送された特番を再編集したものです)
●ブランチ インタビュー (この映像は、TBS「王様のブランチ」にて放送されたものを再編集したものです)
●予告編集 <特典ディスク(191 分)>
●ビジュアルコメンタリー(生田斗真&広瀬すず&三木孝浩監督)
●メイキング・オブ 先生!、、、好きになってもいいですか?
●未公開シーン集
●イベント映像集:完成披露試写会/恋愛応援スペシャル試写会/岡山学芸館高等学校サプライズ試写会/ 恋愛成就&ヒット祈願イベント/初日舞台挨拶/大ヒット御礼舞台挨拶 <初回仕様>ポストカードセット 5 枚組(生田斗真/広瀬すず/竜星涼/森川葵/健太郎)/ブックレット(24P)/スリーブケース


【初回仕様】 先生! 、、、好きになってもいいですか? DVD プレミアム・エディション(2枚組)
¥4,990+税/品番:1000707261/本編 113 分+映像特典 264 分
※映像特典及び仕様はブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)と同じ内容になります。

DVD(本編ディスク1枚)
¥3,990+税/品番:1000707262/本編 113 分+映像特典 73 分
【映像特典(73 分)】
●ナビゲート番組(この映像は、映画公開前後に放送された特番を再編集したものです)
●ブランチ インタビュー(この映像は、TBS「王様のブランチ」にて放送されたものを再編集したものです)
●予告編集

同日 ブルーレイ&DVDレンタル開始

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会
公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/sensei/

***********************************



Perfume『ちはやふる -結び-』主題歌 「無限未来」映画ver.MV 「GYAO!」にて先行配信決定!


映画情報どっとこむ ralph 映像配信サービス「GYAO!」は、3月17日(土)公開の映画『ちはやふる -結び-』の主題歌である Perfumeの『無限未来』映画ver.MVを2月13日(水)より先行配信することが決定。

Perfumeが実写の劇場映画へ主題歌を提供するのは、前作『ちはやふる -上の句・下の句-』の主題歌 『FLASH』以来、今回で2度目です。 自身たちも熱狂的な“ちはやファン”だと公言しているPerfumeは、『ちはやふる -上の句・下の句-』公開後も、今年3月に開催された日本アカデミー賞授賞式で優秀主演女優賞を受賞した広瀬さんと優秀助演男優賞を 受賞した新田さんを祝いに会場に駆けつけるなど交流が続き、今回の再タッグが実現しました。

『無限未来』 はPerfumeの今年第1弾を飾る25枚目のシングルであり、シングルはCDのみの通常盤、DVD付きの初回限 定盤と“期間限定 ちはやふる盤”の3形態で3月14日(水)に発売されます。

映画情報どっとこむ ralph <映画主題歌『無限未来』MV(ちはやふる盤)配信概要>

gyao配信サイト
配信期間 :2018年2月13日(火)~2018年5月17日(木)
※GYAO!での先行配信期間は2月13日(火)、2月14日(水)の2日間。
(C) 2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

<リリース情報>

『無限未来』※シングル 3月14日(水)発売。
○初回限定盤 ¥2250+税 UPCP-9018 【3曲収録CD+特典DVD_A+スリーブケース】
○通常盤 ¥1343+税 UPCP-5011

【3曲収録CD】 <CD収録曲> #1:無限未来 ※映画『ちはやふる -結び-』主題歌 #2:FUSION ※NTTドコモ「FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 docomo×Perfume 距離をなくせ。」 タイアップソング #3:無限未来 -Original Instrumental○期間限定 ちはやふる盤 ¥1574+税 UPCP-9019【ちはやふるCD+特典DVD_B】

≪ちはやふるCD収録曲≫
#1:無限未来 ※映画『ちはやふる -結び-』主題歌
#2:FLASH ※映画『ちはやふる -上の句・下の句-』主題歌
#3:無限未来 -Original Instrumental


映画情報どっとこむ ralph 『ちはやふる-結び-』

2018年3月17日(土)全国東宝系にて公開


物語・・・
いつも一緒に遊んでいた、幼なじみの千早・太一・新。家の事情で新が引っ越してしまい、離ればなれになってしまうが、高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、太一とともに仲間を集め、瑞沢高校かるた部を作った。「新に会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」創部一年目にして、全国大会に出場した瑞沢かるた部だったが、千早は個人戦で史上最強のクイーンに敗れ、さらに強くなることを部員たちと誓った。あれから二年―、かるたから離れていた新だったが、千早たちの情熱に触れ、自分も高校でかるた部を作って、全国大会で千早と戦うことを決意する。一方、新入部員が入り、高校三年最後の全国大会を目指す瑞沢かるた部だったが、予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまう。動揺と悲しみを隠せない千早…。千早、太一、新は、再びかるたで繋がることができるのか?今、一生忘れることのない最後の夏が始まる。

★映画『ちはやふる』公式サイト:
www.chihayafuru-movie.com

★映画公式Twitter :
@chihaya_koshiki

***********************************

原作:末次由紀『ちはやふる』(講談社「BE・LOVE」連載)
監督・脚本:小泉徳宏
音楽:横山克
主題歌:「無限未来」 唄:Perfume 作詞・作曲:中田ヤスタカ(CAPSULE) UNIVERSAL MUSIC

出演:広瀬すず 野村周平 新田真剣佑

上白石萌音 矢本悠馬 森永悠希 清水尋也 優希美青 佐野勇斗 清原果耶

松岡茉優 賀来賢人/松田美由紀 國村隼

©2018映画「ちはやふる」製作委員会 ©末次由紀/講談社
©末次由紀/講談社


広瀬すず、池田エライザ、山本舞香で最強コギャル!『SUNNY(サニー) 強い気持ち・強い愛』キャストに!


映画情報どっとこむ ralph 斬新でポップな映像表現で常に話題をさらう鬼才・大根仁が映画化を熱望し続けた最新作『SUNNY(サニー) 強い気持ち・強い愛』。大根監督と川村プロデューサーは『モテキ』(11)、『バクマン。』(15)に続き3度目のタッグとなります。

かつて青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーは、約22年の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた…。

強い気持ちと強い愛で、再び友情のと人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの物語を描く本作。

夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代が交差して紡がれる、笑いと涙がつまった最高の青春音楽ムービーです!“サニー”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を篠原涼子、奈美の高校生時代を広瀬すず、かつての“サニー”メンバーたちに板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美と超豪華女優陣の競演も話題の本作!!

そしてこの度、高校生時代の“サニー”キャストがついに解禁!いま旬の若手女優が集結しました!
奈美(広瀬すず)にとって憧れの存在で、とにかく美人でクールな奈々を池田エライザ、板谷由夏が演じる“サニー”のリーダー・芹香の高校生時代を山本舞香、小池栄子が演じる裕子の高校生時代を野田美桜、ともさかりえが演じる心(しん)の高校生時代を田辺(たなべ)桃子(ももこ)、渡辺直美が演じる梅(うめ)の高校生時代を富田(とみた)望生(みう)が演じます。

それぞれ現代の大人“サニー”たちの面影を感じられる、見事な配役が実現しました!彼女たちの舞台となる90年代は、まさに女子高生が日本の中心にいた時代。最強女子高生コギャルたちが、全力で青春を謳歌し時代を楽しむ、夢と刺激に溢れた日々を描きます。

映画情報どっとこむ ralph 広瀬すず【奈美役】さんからのコメント
高校生サニーチーム、まさに元気の塊でした。 エネルギーがすごくて…!!必死でついていこう!って思いました。 ほとんど知っているみんなだったので、心を許しているからこそ仲良くなるのが早かった気がします。今回コギャルに挑戦ということで、いまを全力で楽しむというコギャルの心意気がとにかくすごくて。こんな風に女子高生が生きている時代があったということを知って、少し羨ましく思いました。いまは撮影も終わり、大変だったなぁ…と正直思うのですが、絶対面白くなっているし、そこにいちファンとして期待しているので、今は楽しみで仕方がないです。撮影中は、大根監督に「ブスだなー」と言ってもらえるシーンが日に日に増えていって。全然嫌じゃない…むしろあざーす!!てなってました(笑)。 大根ワールド、最高でした。是非是非是非是非!お楽しみに!!

池田エライザ【奈々役】さんからのコメント
とても大切に温められてきたこの作品に参加できることがとても幸せです。監督が時代背景や当時の価値観をクランクインまでに学ぶ機会をつくってくださったので、みんな良い感じにコギャルになれました。奈々でいる時間は担わなければいけないものが多すぎて少し複雑な時もありましたが、物語の中で、奈々が変化していく瞬間がとても愛おしかったです。クランクアップ後、SUNNYロス。それくらい私にとっても大切な作品になりました。

山本舞香【芹香役】さんからのコメント
この作品が決まった時は、素直に嬉しかったです。大根監督の作品愛をとても感じたので、それにしっかり答えないと!という気持ちにすごくなりました。今は撮影を終えて少しさみしい気持ちもありますが、それ以上に完成がとても楽しみです。高校生サニーチームはみんな自分の役を演じる上で、大人サニーチームの方々に負けないよう一生懸命向き合い、毎日笑顔が耐えなくて楽しい現場でした!大人の芹香役の板谷由夏さんとは2回目の共演だったのですが、ご一緒の撮影の時は、いつも色々と話しかけて下さり、緊張せずとても楽しく撮影させて頂きました!きっと皆さんに満足して頂ける作品になると思いますので公開を楽しみにしていて下さい!

野田美桜【裕子役】さんからのコメント
夢が叶いました!中学生の頃からずっと観ていた大根監督の映画に、自分が出演させていただく日が来るなんて、信じられないくらい嬉しいです。しかも、こんなに豪華でキラキラしたキャストの皆様とスタッフの皆様とご一緒させていただいて、今もドキドキですが、本当に幸せ者だと感じています。撮影期間中、カメラが回っていないときも、高校生サニーのメンバーが「裕子ー!」と呼んでくれて、たくさん話してたくさん笑って、表情筋と腹筋がかなり鍛えられました(笑)。また、同じ裕子役の小池栄子さんから、女優としても裕子としても、多くのことを学ばせていただきました。きっと、自分にとって大切な思い出や大切なひとへの強い気持ち・強い愛を改めて感じられる最高の映画になっていると思います。完成を誰よりも楽しみに待っています!


田辺桃子【心(しん)役】さんからのコメント
「あなたは心(しん)役です」と聞いた瞬間から、全力で心(しん)として生きなくてはという思いに掻き立てられたのを覚えています。大根監督はどんな時も的確で愛のある助言をくださって、それがあったからこそ最後まで走り抜けられました。高校生サニーメンバーは、とにかく全員キャラが濃ゆい(笑)。その中で、心(しん)として過ごせたこと、自分が心(しん)を演じられたこと、良かったなぁと感じます。ともさかりえさんは、優しさ溢れる素敵な方で、同じ心(しん)を演じられて本当に光栄でした。最高の脚本と最強のスタッフ・キャストの方々の中でこの作品に携われたこと、心から幸せでした!撮影が終わり、サニーとして生きた時間がまさに青春のように輝いていて、懐かしいなぁとしみじみ思います。誰かの心がほっと温まったり、パワーが漲ってきたり、そんな作品になったら嬉しいです。


富田望生【梅役】さんからのコメント
原作の大ファンで、リメイクすると聞いたときは、衝動的に絶対に私がこの子を演じます!と思ってしまいました。引っ張られるように巡り合った作品です。コギャル梅ちゃんの爆発的な魅力を大根監督やサニーのメンバーに引き出していただき、撮影中は人生で1番楽しい!が、毎日更新されていく感覚で、とても濃い時間を生きさせていただきました。渡辺直美さんのコギャル時代と言うことで…もう、これは、負けてられないな、と(笑)。梅さんと梅ちゃんの最高にファンキーな競演、きっと皆さんも興奮が止まらないと思います。お楽しみに!!

大根仁監督からのコメント
90年代中盤~後半の自分たちが生まれた時代の女子高生=コギャルを演じることは、かなり難しかったと思いますが、すずちゃんをはじめとする高校生サニーメンバーは見事に演じきってくれました。撮影現場で、ルーズソックス・細眉・茶髪の彼女たちを見ているうちにあの時代にタイムスリップしたような錯覚に陥りました。

映画情報どっとこむ ralph
≪ストーリー≫
阿部奈美、40歳。仕事ができる夫と高校生の娘を持つ専業主婦。
家族の世話に明け暮れる生活に不満はないが、心のどこかで物足りなさも感じている。
伊藤芹香、39歳。カリスマ性あふれる独身女社長。ガンで余命1ヶ月。
壮絶な闘病生活の中、果たせていない一つの約束を心残りに思っている。
ある日、奈美と芹香が約22年ぶりに再会。芹香は奈美に告げる。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」
“みんな”とは高校時代の仲良し6人グループ“SUNNY(サニー)”
約22年前、「ある事件」がきっかけで音信不通になった。その時、芹香は約束した。
「絶対にまた集まろう。私たちの友情は永遠だ!!」
奈美は闘病中の芹香のために“サニー”のメンバーを捜し始める。
豊胸セレブ妻の裕子、ポンコツ不動産営業の梅、生活苦で風俗勤めの心、
そして「ある事件」の中心人物である奈々。
少女たちはいま、それぞれ問題を抱える大人へと変貌を遂げていた――
果たして、奈美は芹香との約束を叶えることが出来るのか?
約22年の時を経て、強い気持ちと強い愛が再び彼女たちを輝かせる――


「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

8月31日(金)より全国東宝系にて公開!!!
***********************************

監督・脚本:大根仁
企画・プロデュース:川村元気
原作映画 :「サニー 永遠の仲間たち」(監督:カン・ヒョンチョル)
出演:篠原涼子 広瀬すず
小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美
池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生 / 板谷由夏
製作プロダクション:東宝映画 オフィスクレッシェンド
配給:東宝
©2018「SUNNY」製作委員会


主演 櫻井翔! x 広瀬すずx 福士蒼汰『ラプラスの魔女』最新映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 2015年に執筆30周年を迎えた東野圭吾が発表した『ラプラスの魔女』。「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」という自身の発言、発売前から話題沸騰となり、原作権の獲得に十数社が競合した超人気作。

その異色かつ野心的な内容は、多くの読者を驚愕とさせ、そして今年、この規格外のベストセラーを映画化した『ラプラスの魔女』がついに公開を迎えます!


謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介を演じるのは、4年ぶりの映画単独主演となる、櫻井 翔。自然現象を予言するヒロイン・羽原円華には、広瀬すず。円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人に、福士蒼汰。人気絶頂の3人の俳優が本作で初共演を果たす。

さらに、豊川悦司、玉木 宏、リリー・フランキー、高嶋政伸、檀 れい、志田未来、佐藤江梨子、TAOといった実力派人気キャスト達が集結。

監督は、鬼才・三池崇史。

映画情報どっとこむ ralph そんな『ラプラスの魔女』最新映像が劇場放映前に解禁!



最新映像には、今回が初共演となる櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰に続き、豊川悦司、玉木宏など全員が主役級のキャストが勢揃い!"未来予測で殺人は可能か”、“犯人は魔女なのか”など、東野ミステリーの進化系とも言える本作を象徴する迫力ある映像に仕上がっています。最新映像は1月27日(土)より全国劇場で放映予定。

かつて誰も観たことのない最大の衝撃をもたらすミステリー超大作が遂に動き始めます!

映画情報どっとこむ ralph 『ラプラスの魔女』

2018年5月4日(金・祝)全国東宝系にて超大型ロードショー!


ストーリー

かつてフランスの天才数学者ピエール=シモン・ラプラスは言った。
ある瞬間の全物質の力学的状態とエネルギーを知り、計算できる知性が存在するならば、その知性には未来が全て見えているはずであると。
全てを知り、未来を予見する者…神にも等しいその存在を、のちの学者は[ラプラスの悪魔]と呼んだ。

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。

もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所」へと「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。[ラプラスの悪魔]でもない限り…。
青江は封鎖された事件現場の地形や地質、気象などを念入りに検証し、自然科学的見地から事件性を否定する。ところが、事件現場に現れた1人の女・羽原円華(広瀬すず)が、青江の目の前で、その場で次に起こる自然現象を言い当てていく。それは奇跡か、偶然か…。なりゆきで円華と行動を共にすることなった青江は、彼女が失踪した甘粕(福士蒼汰)という青年を探していることを知る。一方、警察は「円華には、なにか不思議な力が備わっている」として事件への関与を疑い始めた。そして、ついに第三の事件が発生する…。

映画公式サイト:
www.laplace-movie.jp/

***********************************

出演:櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO/玉木宏
高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司 

監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
原作:東野圭吾「ラプラスの魔女」(KADOKAWA 刊)

配給:東宝(株)
制作プロダクション:東宝映画 OLM
制作協力:楽映舎
撮影期間:2017年3月中旬~4月末(東宝スタジオほか)
Ⓒ2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会