「広瀬すず」タグアーカイブ

広瀬すずコメディ映画初出演!『一度死んでみた(仮)』コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph このたび、ソフトバンクの「ホワイト家族」シリーズや家庭教師のトライ「ハイジ」シリーズ、トヨタ自動車の「企業 ドラえもん」シリーズなど、名だたるCMを手掛けてきた日本を代表するCMプランナーで、『ジャッジ!』や『犬と私の10の約束』など 映画の脚本を手がけるほか、PV、小説、作詞など幅広い世界で活躍している澤本嘉光さんによるオリジナル脚本作品『一度死んでみた(仮)』が映画化されることが決定しました。

父のことが死ぬほど嫌いな女子大生と、「少しだけ死ぬ薬」で死んで“おばけ”になってしまった父親を巡って巻き起こる騒動を描くコメディ。次々と繰り広げられる笑いとギャグの応酬、予測不能なスピード感ある展開に、息つく暇もない怒涛のコメディ映画が誕生します。

大学4年生の野畑七瀬は、製薬会社の社長である父親の計(はかる)と二人暮らし。
研究に没頭する仕事人間 で母親の死に際も立ち会わず、何かと口うるさく干渉してくる計のことが大嫌いな七瀬は、「一度死んでくれ!」と日々毒 づいている。ところがそんなある日、計が本当に「一度死んで」しまう。

実は計の会社で偶然出来上がった「一度死んで2 日後に生き返る薬」を飲んだためだった。計の会社を乗っ取ろうとする計画が企てられていると知り、真犯人をあぶりだす ための秘策だった。事情を知らず動揺する七瀬の前に、なんと計が”おばけ”となって現れる。計の会社の社員で、存在 感が薄すぎるせいで”ゴースト”と呼ばれている松岡から、ライバル会社と通じるスパイ社員の陰謀、そして父の死の真相 を聞かされた七瀬は、”おばけ”の計、”ゴースト”松岡とともに、その計画を阻止し、計を無事生き返らせようと乗り出すが、 事態はさらに思いもよらぬ展開に…!?

映画情報どっとこむ ralph
主人公の野畑七瀬役には、広瀬すずさん。
広瀬にとって今回がコメディ初出演!青春映画、社会派作品など、これまで様々なジャ ンルに挑んできた彼女が、今作でまた新たな魅力を爆発させます。演じる七瀬は、父・計のことが嫌いすぎて、計の似顔 絵を描いたサンドバッグを「クソオヤジ!」と日々殴り、「臭い!」と言っては計の顔面に消臭スプレーを吹きかけるほどの徹 底ぶり。彼女が過去に演じたピュアでまっすぐな女子高生や、心に闇を抱えた影のある少女から一転、これまでに見たこ とのない、テンション高く毒を吐きまくるハジけたキャラクターを演じます。

広瀬すず(主人公・野畑七瀬 役)さんからのコメント
コメディ作品にずっと憧れがあったので、今回挑戦させて頂けると聞いて楽しみではありますが、 面白くできるかどうか、楽しめる余裕があるか不安です。 キャストの皆様もとにかく濃厚な方ばかりですし、もう、必死についていきたいと思います。 七瀬役の決めポーズとして、人差し指を立てる仕草があるのですが、 普段、中々自分自身で人差し指を立てることがないので、役作りとして、毎日撮影前に人差指を立て、 気持ちをあげる練習をしたいと思います(笑) この七瀬役を満喫したいと思います。 きっともの凄くファンキーな映画になると思いますので、ぜひお楽しみに!!


七瀬の父親で、製薬会社を経営するゴリゴリの理系、仕事に夢中過ぎて家庭が後回しになってしまう計(はかる)役には、堤真一さん。

広瀬さんと堤さんは本作が初共演となり、2人の〈最強に仲の悪い親子ぶり〉にも期待が高まります。

堤真一(七瀬の父・野畑計 役) さんからのコメント
今回お話をいただいて、まず脚本を拝読したのですが、とにかく面白かった! “一度死んでみる”という奇抜な設定、軽快なテンポの会話劇、笑えて泣ける父娘のドラマ。 野畑計という男を演じるなら?と想像しながら読み入ってしまいました。 そしてTVCMでご一緒してきた浜崎監督の初映画監督作と知って、出演させていただくことを決めまし た。 独特の世界観をおもちの浜崎監督と、どんな父親像をつくれるか、是非ご期待ください!!



そして計の会社の社員で、存在感が薄いために“ゴースト”と呼ばれている松岡役に、昨年、今年と連続して毎年5本以 上の出演作が続き今最も勢いのある吉沢亮。

これまで眩いほどの存在感を放ってきた吉沢さんが、どう”存在感を薄 くするか”にも注目!

吉沢亮(野畑製薬社員・松岡卓 役) さんからのコメント
台本を読んで、テンポの良いユーモアあふれるセリフと、愛情の示し方を知らない親子の不器用さに引 き込まれました。 僕の役は存在感が無く、隣に居るのに気づいてももらえない可哀想な男ですが、個人的には存在感バリ バリのキラキラした男より、こういったみんなから無視されるような、ザコキャラのほうが性に合って いるので、撮影が今から楽しみです。 この作品で、浜崎監督に気に入ってもらい、CMにも呼んでもらえるように頑張ります!!

映画情報どっとこむ ralph 話題性と演技力とコメディセンス、すべてがそろったこれ以上ない夢の豪華キャスティングが実現!一癖も二癖もある個 性的なキャラクターたちが繰り広げる、かつてないコメディ・エンターテイメントが誕生する!

監督には、KDDI auの「三太郎」シリーズや、堤真一も出演する日野自動車「ヒノノニトン」シリーズなどユニークで話 題のCMを数々手掛け、広告賞も多数獲得している浜崎慎治。本作が満を持しての映画初監督となります。

本作品は2018年9月上旬よりクランクインし、関東近郊での撮影を経て10月上旬にクランクアップの予定です。

『一度死んでみた(仮)』

物語・・・
大学4年生の野畑七瀬は、野畑製薬の社長である父親の計(はかる)と二人暮らし。研究に没頭する仕事人間で 母親の死に際も立ち会わず、何かと口うるさく干渉してくる計のことが大嫌いな七瀬は、「一度死んでくれ!」 と日々毒づいている。ところがそんなある日、計が本当に「一度死んで」しまう。実は計の会社では「若返りの 薬」を開発しており、その途中で偶然出来上がった「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んだためだった。会社 乗っ取り計画を知った計は、「一度死んでみる」ことで、社内のスパイ社員を突き止めようとしたのだ。 社長が死んでしまったと会社は大騒ぎ。遺言により、七瀬は社長を継ぐはめになる。事情を知らず動揺する七瀬 の前に、なんと計が”おばけ”となって現れる。野畑製薬の社員で、存在感が薄すぎるせいで”ゴースト”と呼ばれて いる松岡から、ライバル会社と通じるスパイ社員の陰謀、そして父の死の真相を聞かされた七瀬は、”おばけ”の 計、”ゴースト”松岡とともに、その計画を阻止し、計を無事生き返らせようと乗り出すが、なんと、計の“遺体”が 予定よりも早く焼かれてしまうことに!果たして、3人の行方はどうなるのだろうか…!?

***********************************

出演:広瀬すず 吉沢亮 堤真一
脚本:澤本嘉光 ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズ、映画『ジャッジ!』
監督:浜崎慎治 KDDI au「三太郎」シリーズ、日野自動車「ヒノノニトン」シリーズ
配給:松竹 松竹・フジテレビ共同幹事作品
撮影:2018年9月上旬~10月上旬 関東近郊を中心に撮影予定
公開:2020年 全国公開
  


完全コピ!サンリオ ポチャッコ サニーSUNNY「強い気持ち・強い愛」ダンス動画解禁


映画情報どっとこむ ralph 斬新でポップな映像表現で常に話題をさらう鬼才・大根仁の最新作『サニーSUNNY 強い気持ち・強い愛』が8月31日より公開され、全国の映画館で大ヒット上映中です。

そしてこの度、劇中に90年代と言えば忘れることのできないサンリオの人気キャラクター・ポチャッコが登場することから映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とサンリオ「ポチャッコ」の夢のコラボレーションが実現!

本編のラストで篠原涼子、広瀬すずら女優陣が小沢健二の「強い気持ち・強い愛」に合わせて踊るクライマックスシーンのダンスをポチャッコが完全コピー!



ノリノリな音楽に合わせてキレッキレながら、愛くるしさも忘れないラブリーで完璧なダンスを披露しています!

また映画の公開を記念して豪華賞品がプレゼントされる『SUNNY 強い気持ち・強い愛』公開記念ダンスコンテストも開催中。

応募締め切りは9月14日(金)までで、現在もダンス動画の投稿を受け付け中です。

映画情報どっとこむ ralph 篠原涼子、広瀬すず、そしてポチャッコも踊ったラストシーンの「強い気持ち・強い愛」ダンスは必見!

SUNNY 強い気持ち・強い愛

全国東宝系にて大ヒット上映中!!!

映画公式サイト:
http://sunny-movie.jp/


物語・・・
日本中の女子高生がルーズソックスを履き、空前のコギャルブームに沸いた90年代、そんな時代に青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、22年の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた…。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。裕子、心、梅、そして奈々…、かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのか?夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代が交差して紡がれる物語は、ラスト、“強い気持ち”と“強い愛”によって、予想もしていなかった感動を巻き起こす!!

***********************************

監督・脚本 大根仁
音楽 小室哲哉
企画・プロデュース 川村元気
出演 篠原涼子 広瀬すず
小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美
池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生
三浦春馬 ・ リリー・フランキー / 板谷由夏
製作プロダクション 東宝映画 オフィスクレッシェンド
配給 東宝
映画のマルシー ©2018「SUNNY」製作委員会
公開 8月31日(金)


小室哲哉手掛ける最後の映画音楽「SUNNY 強い気持ち・強い愛」サウンドトラックの発売日決定!


映画情報どっとこむ ralph 篠原涼子さん、広瀬すずさんでおくる映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は2018年8月31日より全国公開されます!



そしてこの度、今年1月に引退を表明し、6月には全100曲(2形態)の作品集「TETSUYA KOMURO ARCHIVES」が話題となっている、小室哲哉が手掛けた「SUNNY 強い気持ち・強い愛」オフィシャルサウンドトラックが8月29日にリリースとなることが決定しました。

氏が手掛けた最後の映画音楽となっています。

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は珠玉の90年代J-POPと超豪華キャスト陣の競演で贈る最強の“笑って泣ける青春音楽映画”となっており、「モテキ」をはじめ、多くの作品で俳優の新しい魅力を引き出すことに定評のある大根仁氏が監督・脚本を担当し、ヒットメーカー・川村元気氏が企画・プロデュースで参画。そして、音楽は“TKサウンド”で90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当している。映画音楽となる劇伴25曲を完全オリジナルで制作し、音で映画の世界を彩っています。

小室哲哉最後の映画音楽作品となる本サウンドトラック、映画と一緒に是非注目です!

【商品情報】
AVCD-93961
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」Official Sound Track / 小室哲哉

発売日:8月29日(水)
価格:¥2,500(税抜)
収録楽曲:全25曲



小室哲哉オフィシャルサイト
https://avex.jp/tk/

映画情報どっとこむ ralph SUNNY 強い気持ち・強い愛
2018年8月31日全国ロードショー

オフィシャルサイト
http://sunny-movie.jp

あらすじ
90年代に青春を謳歌した女子高生グループ<サニー>の6人。
20年以上の時を経て、彼女たちはそれぞれ問題を抱える大人になっていた。
メンバーのひとりだった専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた……。

「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」

芹香の願いを叶えるため、止まっていた時が動き出す――

***********************************

監督・脚本:大根 仁
音楽:小室哲哉
原作:「Sunny」CJ E&M CORPORATION
キャスト:篠原涼子 広瀬すず 小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美
池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生 三浦春馬 リリーフランキー / 板谷由夏

©2018「SUNNY」製作委員会


岩井俊二監督が松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治で紡ぐ珠玉のラブストーリー『Last Letter』公開決定!!


映画情報どっとこむ ralph このたび、数々の名作を世に送り出してきた映画監督・岩井俊二によるオリジナルのラブストーリー『Last Letter』の映画化が決定しました。

夏の宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描くオリジナルストーリーです。名作『Love Letter』(1995年)を感じさせる世界観でありながら、全く新しいエンタテインメントとして作り上げます。

監督・原作・脚本・編集を務めるのは、岩井俊二監督。
20年以上ものキャリアの中で、巧みにその時代を切り取りながら様々な愛の形を表現し、いずれも熱狂的なファンを生み出してきた岩井が、自身の原体験を詰め込んだ集大成として、初めて出身地である宮城でのロケーションで本作に挑みます。

【コメント】
かつて「Love Letter」という映画を作りましたが、当時は手紙のやりとりのあった時代でした。あれから通信手段は激変し、SNSでやり取りできてしまうこの時代にあって、手紙を使った物語は現代においては不可能だと思っていましたが、ある日それを可能にするアイディアを思いついてしまったところからこの物語の構想がスタートしました。ある夏休みの間に起きた世代を超えた手紙物語です。今回初めてロケーションを故郷宮城に設定しました。劇映画としては初の試みです。今回は川村元気プロデューサーとのお仕事ということでこのユニットのコラボを楽しもうと思っています。ご一緒するのが初めての俳優さんもいるし以前お仕事をしたことのある俳優さんもいます。プロの俳優さんもいればそうでない方もいます。そこからどういう化学反応が起きるか今から楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 主人公である岸辺野裕里を演じるのは、松たか子。裕里の姉・未咲の高校生時代と、未咲の娘(裕里の姪)である遠野鮎美という“母娘”を一人二役で演じるのは広瀬すず。同級生であった未咲に恋をし、再会を願って同窓会に参加。ひょんなことから裕里と文通を始めることになる乙坂鏡史郎役には福山雅治。岩井俊二が、「この役は福山雅治しかいない」と出演を熱望したことから、待望の岩井組初参加が実現しました。そして、高校生時代の鏡史郎役を務めるのは神木隆之介。神木も、岩井組には初参加となり、憧れの存在でもある福山との二人一役を演じます。さらに、数々の美少女を発掘してきた岩井俊二が出会った新人・森七菜。松演じる裕里の娘・颯香と高校生時代の裕里の二役を演じ、新人ならではの瑞々しさで作品を彩ります。また、数々のアニメーションや実写映画で監督を務める庵野秀明、歌手として活躍する水越けいこ、小室等といった様々な分野で活躍するユニークなキャスティングが実現!

●きしべ岸辺の野ゆうり裕里(43)
松たか子
遠野未咲の妹で、夫:宗二郎と、娘:颯香、息子:瑛斗の四人暮らしをしている主婦。

【コメント】 
岩井監督と仕事をするのは、本当に久々で、『四月物語』から時間を経て、再びお話しをいただけてとてもうれしかったです。このお仕事をしていて、新しい方と出会うことも面白いことではありますが、一度ご一緒した方に声をかけてもらえると「あっ、嫌われてはいなかったのかな」とも思ったりします(笑)。でも時間は経っているので、”今”の仕事になるよう、一生懸命頑張りたいと思っています。だいぶ大人になって岩井さんとまたお仕事できる楽しみが今回の役にはあるのかなと思っています。この作品には切ない気持ちみたいなものが溢れていますが、決して岩井さんがそれだけを思っているのではないのかも、とも思います。回想シーンがまるで“今”のように描かれていますので、うまくそれがつながっていくといいなと思います。緊張したまま終わるのかなって思いますが、それでもいいかなって思っています(笑)。


●とおの遠野あゆ鮎み美(16) とおの遠野みさき未咲(18・回想)
広瀬すず
遠野鮎美:母親である未咲が亡くなり、祖父母の過ごす未咲と裕里の実家に身を寄せている。
遠野未咲:裕里の姉。学校のヒロイン的存在。

【コメント】
 岩井さんの作品に参加させて頂けることが、とにかく嬉しいです。 岩井さんの作られる映画の空気が大好きなので、カメラの前で感じられた空気、温度を大切に、
嘘なく、演じられるよう頑張ります。 キャストの皆様もご一緒させて頂いたことがある方が多いので、楽しみです!


●おとさか乙坂きょう鏡しろう史郎(18・回想)
神木隆之介
裕里・未咲の高校に転入してきた転校生。

【コメント】
岩井監督の作品に初めて参加させて頂くことになりました。過去作品も拝見しており、人間味溢れる暖かい作品が多い印象なので、今回演じる乙坂鏡史郎として、岩井監督が撮られる世界観の中で精一杯生きたいと思います。そして、僕にとって憧れでもある福山雅治さん。今回は福山さんの学生時代を演じさせて頂くので、嬉しさとプレッシャーでいっぱいですが、先輩の胸をお借りするつもりで丁寧に演じたいと思います。広瀬すずさんは、以前ドラマでご一緒させて頂きましたが、また共演することが出来て嬉しいです。素敵な共演者の皆さんに囲まれて芝居が出来る喜びを噛みしめながら、日々撮影に励みたいと思います。



●おとさか乙坂きょう鏡しろう史郎(44)
福山雅治
小説家として活動するも、デビュー作以降、全く書けていない。

【コメント】
唯一無二の美しさで描かれる岩井監督作品への初参加、そして、松さんとはおよそ20年ぶりにご一緒させていただけること、それぞれの出会いにとても興奮しています。監督からオファーをいただいた「乙坂鏡史郎」という役柄は、監督自身のドキュメントを色濃く反映しているキャラクターだと感じています。その役を、監督の故郷である夏の仙台で撮る。岩井監督が平成最後の夏に『Last Letter』という作品を撮られることの意味、そしてその現場に立ち会えることの幸運を全身で感じながら撮影に臨ませていただきます。


●きしべのそよ岸辺野颯か香(14)/とおの遠野ゆうり裕里(回想)
森七菜
岸辺野颯香:裕里と宗二郎の娘。

●きしべ岸辺のそう野宗じろう二郎(48)
庵野秀明
裕里の夫で漫画家。

●きしべ岸辺の野あきこ昭子(72)
水越けいこ
裕里の義母

●はとばしょうぞう波戸場正三(79)
小室等
岸辺野昭子の学生時代の教師

映画情報どっとこむ ralph 『Last Letter』

2019年全国東宝系にて公開!

物語・・・
岸辺野裕里(松)は夫と子供二人の四人暮らし。裕里は姉・遠野未咲の葬儀で、未咲の娘・遠野鮎美(広瀬)と久しぶりに再会する。母親である未咲の死を受け入れられず、気持ちの整理がつかない鮎美は、母親から残された“一通の手紙”を開ける事が出来なかった。

裕里は未咲宛に来ていた同窓会の知らせを見つけ、後日、未咲の死を伝えるために同窓会に参加することに。未咲の同級生へ真実を伝えられずにいると、学校のヒロインだった未咲と間違われ壇上でスピーチをする羽目に。真実を伝えられずにその場を乗り切ってしまう裕里だが、そのことがきっかけで、自身の初恋の相手であり、小説家として暮らす乙坂鏡史郎(福山)と再会する。鏡史郎は裕里を未咲と誤解したままで、連絡先を交換。“君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?”鏡史郎から未咲宛のメッセージを受け取る裕里の胸中は複雑。だが、未咲と間違われながらも初恋の人との交流に胸を躍らせ、鏡史郎へ手紙を送る。しかし、夫にやりとりが知られぬよう、手紙には自分の住所、返信先を載せないでいた。
一方、返信先の無い手紙を受け取った鏡史郎は、昔の卒業アルバムを引っ張り出し、未咲の実家に返信を送る。だが今そこに住んでいるのは未咲の娘の鮎美。亡き母宛に立て続けに送られてくる手紙には、学生時代の鏡史郎(神木)と未咲(広瀬)の淡い思い出話が綴られていた。葬儀以降気持ちの沈んでいた鮎美は、自分の知らない母に触れられる鏡史郎からの手紙に返信を書き、文通を心待ちにするようになっていく―。


名匠・岩井俊二のもとに、超豪華キャスト、クリエイターが一堂に集結。
いまだ読めずにいる“最後の手紙”に込められた、初恋の記憶———
日本映画史に残る珠玉のラブストーリーは2019年公開!

音楽を務めるのは小林武史。
『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など多くの作品で岩井俊二とタッグを組んできた小林が、今回も岩井監督ならではのストーリー、映像美を汲み取った楽曲によって、唯一無二の世界観を作り上げます。企画・プロデュースは、『告白』『モテキ』『君の名は。』など数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気。川村自身、念願の岩井監督とのタッグとなります。


***********************************

配給:東宝(株)
撮影期間:2018年7月~8月(仙台市内を中心とした宮城県内各所、東京都内)
ⓒ2019「Last Letter」製作委員会


広瀬すず・池田エライザ・山本舞香らコギャル姿で写ルンです!『SUNNY 強い気持ち・強い愛』


映画情報どっとこむ ralph 『モテキ』の大根仁が、日本での映画化を熱望した映画『サニー 永遠の仲間たち』。

その舞台を日本に移し、90年代に流行した音楽やファッションをきらびやかに散りばめて再構築。

創り上げたのが『SUNNY 強い気持ち・強い愛』。

企画・プロデュースは川村元気、音楽は“TKサウンド”で90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当!

自身最後の映画音楽となる劇伴24曲を完全オリジナルで制作し、音で映画の世界を彩ります!

映画情報どっとこむ ralph “サニー”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を篠原涼子、奈美の高校時代を広瀬すずが演じ、現在のサニーメンバーを板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美が担い、90年代に青春を謳歌した高校時代のサニーメンバーを池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生が演じています。

最強の“笑って泣ける青春音楽映画”がこの夏、スクリーンに登場します!! 

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、“写ルンです”で撮影したメイキングカットが解禁となりました!

90年代女子高生カルチャーの代表格“写ルンです”。
解禁された写真は、広瀬すず、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生。
本編撮影中にキャストたちが撮り合ったレアなオフショットで、独特な味を持つ“写ルンです”で切り取られた高校生サニーたちは、まさに90年代に生きるコギャルそのもの!

クランクイン前に「コギャル講座」を受け90年代を学び、現場では元コギャルの方々に「コギャル指導」をされた彼女たちからは、見事に90年代の空気感が漂っています。ルーズソックスやショップバックなどのアイテムはもちろん、肌や髪の色、眉の細さなど気合いのコギャル完コピに注目!

なお、本日より映画公式インスタグラムが開設され、“写ルンです”で撮影された写真が随時アップされていく予定です!

公式インスタグラム:
@sunny_movie0831

映画情報どっとこむ ralph 青春を経験した誰もが共感して泣ける、青春音楽映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、8月31日(金)公開となります!

SUNNY 強い気持ち・強い愛

物語・・・・
日本中の女子高生がルーズソックスを履き、空前のコギャルブームに沸いた90年代、そんな時代に青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、22年の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた…。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。裕子、心、梅、そして奈々…、かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのか?夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代が交差して紡がれる物語は、ラスト、“強い気持ち”と“強い愛”によって、予想もしていなかった感動を巻き起こす!!

***********************************

監督・脚本 大根仁
音楽 小室哲哉
企画・プロデュース 川村元気
出演 篠原涼子 広瀬すず
小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美
池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生
三浦春馬 ・ リリー・フランキー / 板谷由夏
製作プロダクション 東宝映画 オフィスクレッシェンド
配給 東宝
映画のマルシー ©2018「SUNNY」製作委員会
公開 8月31日(金)