「平 祐奈」タグアーカイブ

「みせコド」×「White Love」コラボMV解禁!


映画情報どっとこむ ralph いよいよ明日!12月23日(土・祝)に公開を迎える本作。
クリスマスにぴったりの本作は、すでにティーンを中心に“みせコド旋風”が巻き起こっているそう。

その中でも特に主題歌として大きな話題を呼んでいるHey! Say! JUMP「White Love」。予告映像解禁時から楽曲人気が高く、Hey! Say! JUMPが歌番組で歌唱を披露すると必ずTwitterのトレンドランキングに上がるなど、各所で大きな反響を呼んでいます。
歌詞の中でも「最初で最後の恋を始めよう」とあるように、高校生の結婚からはじまるラブストーリーにピッタリな純愛ラブソングです。
そんな「White Love」と本邦初公開の「みせコド」メイキング映像&劇中映像を組み合わせた『みせコド』バージョンのプロモーションビデオが完成いたしました!キャストたちの仲の良さとチームワークが伝わるメイキング映像は必見!ところどころ歌詞と映像がリンクしており、楽曲ファンも『みせコド』ファンも見逃せないプロモーションビデオとなっています。

「みせコド」×「White Love」スペシャルプロモーションムービーは

映画公式サイトにて確認!http://misekodo.jp/

映画情報どっとこむ ralph 冬のデートは外は寒いので映画館で笑えて泣ける“みせコド”はいかが?

「未成年だけどコドモじゃない」

2017年12月23日(土・祝)全国東宝系にて公開!
公式サイト

Story
成績優秀、スポーツ万能な鶴木尚(中島健人)は、高校の王子様。そんな尚にひとめぼれした世間知らずなお嬢様・折山香琳(平祐奈)。

ある日、香琳が16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは、片想いの尚との“結婚”だった!
大好きな尚とのふたりきりの新婚生活に心ときめかせる香琳。しかし尚は、学校では決して見せない冷たい表情で香琳に言い放つ。

「顔で結婚決めるような女、大っ嫌いなんだ。結婚してることは絶対に秘密にして」

一途な香琳は尚を振り向かせようと慣れない家事や勉強に果敢に挑戦。尚も少しずつ一生懸命な香琳に心を開いていく。

しかし“絶対秘密の結婚”が、香琳に想いをよせる幼馴染の海老名五十鈴(知念侑李)にばれてしまい、五十鈴が尚に香琳との“離婚”を迫る!

「俺が香琳の望み、全部叶える」

果たして尚と香琳の結婚×高校生活はどうなってしまうのか!??

***********************************

配給:東宝(株)
撮影期間:2017年8月~9月(都内近郊、東宝スタジオほか)
キャスト:中島健人(Sexy Zone) 平 祐奈 知念 侑李(Hey! Say! JUMP)
Ⓒ2017 「みせコド」製作委員会 Ⓒ2012 水波風南/小学館


Sonar Pocketによる書き下ろし楽曲「108~永遠~」が映画『honey』主題歌に!


映画情報どっとこむ ralph 不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんのギャップが、中高生に圧倒的な支持を集めた大人気コミック「honey」(目黒あむ著)が、遂に実写映画化。

赤く染めた髪と鋭い眼で〝超〟不良と恐れられるが、実際は思いやりに溢れる料理上手な好青年。主人公の鬼瀬大雅(おにせ・たいが)を演じるのは、平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)。映画初主演で、ラブストーリーに挑みます。


この度、映画『honey』の主題歌が決定しました!

聴くだけで幸せになれるものから、誰もが心打たれる切ないものまで、様々なラブソングを歌い続けるSonar Pocketによる書き下ろし楽曲「108~永遠~」(読み:とわ)。本作の優しく透明感のある世界観を表現し、優しくキュンとくるメロディと、ピュアで一途な歌詞が、史上最高に甘い初恋の物語を彩ります。

11月10日、11日に実施されましたSonar Pocket自身初の2Days武道館公演のラストにて、約8000人のファンに向けてサプライズで初披露しました。映画の本編映像とのコラボレーションに期待が高まります。

★Sonar Pocket コメント
何度も台本を読み、映像も繰り返し拝見し楽曲制作に入りました。「永遠の愛」をテーマに作品の持つ甘酸っぱさや温かさもしっかりと詰め込みました。どこかで忘れていた甘酸っぱい気持ちを思い出し、あの日の自分も重ね、大好きな人を想う気持ちを真っ直ぐに表現しました。
映画と共に多くの人達に愛される楽曲になってくれたら嬉しいです。Sonar Pocketの原点の様な一曲に仕上がりましたので、映画と合わせて是非ともお楽しみ下さい。


映画情報どっとこむ ralph 「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズからの告白!?

幼いころに両親を事故で失い、優しい叔父・宗介に見守られて育った女子高生・小暮奈緒は、ビビりでヘタレ、そして不良が大の苦手!あろうことか、奈緒は入学式の日、上級生と新入生とのケンカに遭遇してしまう。

その新入生とは、真っ赤な髪と鋭い目つきをした“超”不良と恐れられる鬼瀬大雅だった。

ある日突然、奈緒はその鬼瀬から、体育館裏に呼び出される。放課後、奈緒がそこに向かうと…「俺と、結婚を前提につき合ってください!」と、突然のプロポーズ!?からの告白。叔父の宗介に憧れながらも、ビビッて断れなかった奈緒は、鬼瀬とつき合うことに。しかし奈緒はギャップに戸惑いながらも、徐々に鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということに気付いていき…。遂に奈緒は鬼瀬に嘘をついていることが心苦しくなり「怖くて告白を断れなかったけど、本当は他に好きな人がいる」と打ち明ける。奈緒の為に悲しい気持ちをかくして「あらためて友達になろう」と優しく笑う鬼瀬。

そんな中、友達が出来ずに悩んでいた超かわいい転校生・雅と鬼瀬が急接近!?

はじめての嫉妬、はじめての気持ち、はじめての…恋…? 
奈緒の中に、今までに感じたことのない想いが溢れはじめる。

映画『honey』

公式サイト:
honey-movie.jp

***********************************

出演:平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.) 平 祐奈 
横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRL) 
佐野 岳 臼田あさ美 中山 忍 高橋 優
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平 監督:神徳幸治 
配給:東映/ショウゲート ©目黒あむ/集英社 ©2018「honey」製作委員会 


平野紫耀 初主演! 『honey』高橋 優 映画初出演!


映画情報どっとこむ ralph 演じるヒロイン・奈緒の叔父 宗介役に!

この度、2012年9月〜2015年12月まで、集英社 別冊マーガレットにて連載され、女の子なら誰もが憧れる史上最高に甘い〝初恋〟を描き、不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんのギャップが、中高生に圧倒的な支持を集めた大人気コミック「honey」(目黒あむ著)が、主演 平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)とヒロイン 平祐奈で実写映画化致します。

この度、本作のヒロイン、平 祐奈演じる奈緒の叔父・小暮宗介(こぐれ・そうすけ)役を、シンガーソングライターの高橋 優が務めていることが解禁されました。小さい頃に両親を亡くした奈緒とずっと一緒にいるために、仕事を辞め、奈緒の両親の喫茶店を継ぎ、毎日奈緒に「おかえり」を言い続ける奈緒のたった1人の家族となります。平野紫耀演じる鬼瀬大雅と出会うまで、奈緒は小さい頃からずっとそばにいてくれた宗介に憧れを抱き続けていました。

今回、高橋 優は映画初出演となります。

映画情報どっとこむ ralph 小暮宗介役 高橋 優(33)コメント 

今回、はじめて映画に出演させていただきました。撮影現場は自分が思い描いていたよりも、はるかに楽しかったです。出演者の皆さんも、スタッフの皆さんもコミュニケーションがとれているし、笑顔の絶えない現場で、僕がいつも音楽の現場でそういう雰囲気作りを心がけてきたので、すごく溶け込みやすかったし、「自分もここにいていいんだな」という気持ちになれました。
(音楽と映画の違いは)普段、歌を歌うときは、僕は作詞作曲をしていて、ステージングまで結構、僕が意見を言ってやらせてもらっている部分が多いんですけど、映画に関しては完全に監督の思い描いているものに自分が近づいていく作業だと思っていて、今までの自分の人生でそういうことをやったことがなかったので、できるだけ、自分がどうやりたいかよりも、監督がどうしたいのかを聞きながら、演じるようにしました。

演じている分には楽しかったんですけど、撮影中、自分のシーンをあんまりチェックしていないので、自分がどういう芝居をしたか、どう映っているか、わからないので気がかりです(笑)なにぶん結果(完成)を見てないのですが、見るのも楽しみにしています!

『honey』は、鬼瀬大雅と小暮奈緒の出会いと恋愛模様が主軸になる作品だと思いますが、それだけでなく、奈緒のバックグラウンドというか人柄、鬼瀬大雅の方にもバックグラウンドがあって、
ひとりひとりの人間物語もしっかりと構築されているお話だと思うので、ただ一概に恋愛の物語という風に限定せずに、ヒューマンドラマとして見ても楽しんでいただける作品なんじゃないかなと僕は思っています。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズ!?
ヘタレでビビりの女子高生、小暮奈緒(こぐれ なお)の前に現れた、誰もが恐れる真っ赤な髪の目つきが鋭い〝鬼S不良男子〟鬼瀬大雅(おにせ たいが)。
奈緒は彼の告白を断ろうとするけど、怖さにビビって断れない。
「…ヨロシクオネガイシマス…」その瞬間から、二人の甘い!?
関係が始まった!??最初は、鬼瀬の一挙一動にビビりまくっていた奈緒も、少しずつ鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということを知り、今まで感じたことがないはじめての想いが芽生え始める。


映画『honey』

2018年 春 鬼キュン♥ロードショー

公式サイト: honey-movie.jp
公式Twitter:honey-movie2018 #映画honey

***********************************

出演:平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.) 平 祐奈
   横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRL) 佐野 岳 
   臼田あさ美 中山 忍 高橋 優
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平 監督:神徳幸治
配給:東映/ショウゲート 
映画クレジット:(C)2018「honey」製作委員会
原作クレジット:(c)目黒あむ/集英社マーガレットコミックス



平野紫耀 x 平祐奈『honey』追加キャスト解禁 横浜流星が三咲渉役に決定!!


映画情報どっとこむ ralph 大人気コミック「honey」(目黒あむ著)が、主演 平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)さんとヒロイン 平祐奈さんで実写映画化。

不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんにギャップ萌え必須!
たくさんの「はじめて」に鬼キュン!!絶対恋がしたくなる、もどかしい「青春」と「初恋」のすべてが詰まった史上最高に〝甘い〟ラブストーリーが誕生します!撮影は6月5日に無事クランクアップを迎え、2018年春の公開に向けてポスプロ作業に入っているそう!

この度、平野演じる主人公・鬼瀬大雅のクラスメイトで、後に親友となっていく三咲 渉(みさき・あゆむ)役に、注目の若手俳優・横浜流星さんが決定しました!

「烈車戦隊トッキュウジャー」(2014)や大ヒット映画『キセキ ーあの日のソビトー』に出演し、「グリーンボーイズ」としてCDデビュー。現在放送中のドラマ「怪獣倶楽部から空想特撮青春記~」に出演するなど注目を集める横浜さんが、見かけはすごくかわいらしいのに、素直になれないあまりに自分の想いとは違う言動をしてしまう、ちょっぴり毒っ毛のある男の子を演じます。

映画情報どっとこむ ralph 横浜流星コメント

僕が演じる三咲渉(みさき・あゆむ)という役は、かわいらしいんだけど、なかなか素直になれない毒っ毛のある男の子です。
平野(紫耀)くん演じる鬼瀬とは真逆のタイプの男の子で、素直になれないあまりに、自分の想いとは違う行動をとってしまったりするんですけど、鬼瀬や奈緒や仲間たちと出会って、少しずつ心を開いていきます。その心情の移り変わりを丁寧に演じました。
今回の現場では、鬼瀬役の平野くんとは初共演でしたが同じ年で、すごくリラックスして撮影ができたと思います。監督から最初に、「(出演者)みんなに真っ直ぐにお芝居をしてほしい」と言っていただき、それをずっと心がけていました。この「honey」という作品は少女漫画原作なんですが、登場人物がまっすぐに恋をして、色んなことに悩んでもくじけずに向き合っていく姿が、男子から見ても女子から見ても、すごく素敵なんじゃないかなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『honey

2018年 春 鬼キュン♥ロードショー

公式サイト:
honey-movie.jp
公式Twitter:
honey-movie2018
#映画honey

ストーリー
「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズ!?
ヘタレでビビりの女子高生、小暮奈緒(こぐれ なお)の前に現れた、誰もが恐れる真っ赤な髪の目つきが鋭い〝鬼S不良男子〟、鬼瀬大雅(おにせ たいが)。奈緒は彼の告白を断ろうとするけど、怖さにビビって断れない。「…ヨロシクオネガイシマス…」その瞬間から、二人の甘い!? 関係が始まった!??

最初は、鬼瀬の一挙一動にビビりまくっていた奈緒も、少しずつ鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということを知り、今まで感じたことがないはじめての想いが芽生え始める。

***********************************

出演:
平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)
平 祐奈
横浜流星
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平 
監督:神徳幸治
配給:東映/ショウゲート 
映画クレジット:(C)2018「honey」製作委員会
原作クレジット:(c)目黒あむ/集英社マーガレットコミックス


野村周平、仲間の手紙リレーに・・・『サクラダリセット 後篇』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 遂に完結する『サクラダリセット 後篇』の初日舞台挨拶が行われ、野村周平、黒島結菜、平 祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里、吉沢 悠、丸山智己、深川栄洋監督が登壇!

昨年9月の撮影からずっと、物語を背負ってきた主演・野村周平さんに共演者たちからサプライズで手紙リレーを披露しました!

公開初日舞台挨拶
日付:5月13日(土) 
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:野村周平、黒島結菜、平 祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里、吉沢 悠、丸山智己、深川栄洋監督

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の前にキャストが現れると割れんばかりの歓声!

野村さん:楽しい舞台挨拶になればと思っています。

との挨拶からイベントがスタート。いよいよ後編スタート。浅井ケイを演じて・・・

野村さん:僕と真逆の役。台詞も膨大で・・・でも、思い返すと楽しかったな~と。それから疲れたなと。ある意味で壁。セリフが膨大で。カルネアデスが俺を苦しめました。

黒島さん:感情が表に出ない役で、どう演じるか細かい表現で大変でしたが、作品を通して成長できたのではないかと思います。

平さん:一人になると複雑で寂しがりだけど、強がってたり、でも自由に演じさせていただきました。(監督:面白い女優さんです)

健太郎:ギターも歌もやってこなかったので、練習しました!でも、歌のシーンでは皆人見知りで、静かで。結構きつかったです。

野村さん:平ちゃん以外は皆人見知り!最近の若い奴らは先輩から話しかけないと話さないみたいでね!

健太郎:野村君話しかけずらい時が・・・ちょいちょいヤンキー出すんで。。(笑)
と、仲の良さが垣間見える先輩後輩!?。

映画情報どっとこむ ralph 玉城さん:本読みから監督に指示をもらって、前編の最後の部分から撮ったので、そこで、役の設定が固まりました。

と、順どりでない撮影が功を奏したエピソードを語りました。
私の役どうでしたか?と観客に聞く恒松さんに観客「怖かった!」と大勢が答えると
恒松さん:私も金髪で赤コンタクトは怖かったです。かなりぶっ飛んだ役だったので難しかったです。変な笑い方が大変で、寝る前に練習したんです。

と語る恒松さんに

野村さん:ご両親心配しなかった?

とフォローする野村さん。


吉沢さんは能力を持った学生達の先生
吉沢さん:僕だけ能力ないんですよね。みなさん魅力的にキャラクターを演じられてたので素晴らしいなと思いました。野村君は、今までにない若手で、懐に入ってくる感じが気持ち良かったですね。

そして、もう一人の大人組の丸山さんは台本が衝撃的だったそう。
丸山さん:最初にマネージャーから聞いたのは、能力者の話ですと。そこで???。役はロックをかける役と言われて。能力で音楽を掛ける???と。台本読んで驚きました。


映画情報どっとこむ ralph ここで、後編公開を記念してくす玉が!サクラダリセット遂に完結!
出てきた幕には野村周平さんがしゃべったセリフは230頁。番組出演53、取材媒体85!とかなりハードだったことが明かされ・・・

ここで、野村さんにサプライズが!と言うMCに

野村さん:続編とか嫌だよ!

と、相当苦労したことがわかるリアクション。でしたが、労をねぎらって仲間たちからの手紙リレースタート!
丸山さん:芯のある男 野村周平 かっこよかった!
恒松さん:チョット危なっかしいけど。本当はしっかりしている野村さんは勉強になりました!

健太郎さん:沢山いじられましたが。。いじめられましたが。野村さんの性格でみんな楽しみながら撮影が出来ました。
黒島さん:現場で色々助けていただいて、感謝しています。私のこと忘れないでください!

平さん:場を和ましてくださった、ムードメーカー。たくさん、何回も合わないと野村さんの魅力は伝わりません。また共演できるといいなと思ってます。
玉城さん:現場明るく盛り上げて下さって、オンオフの切り替えができる野村さんから沢山学ばせていただきました!

吉沢さん:これからの活躍に期待です。次はアクションを見たいです!
監督:お疲れ様です。世界へ広げて!

野村さんは、ウルって来てない!と、涙を否定!!
早く帰って犬の世話したい!と照れ隠しも「ちょっとうれしいです!!」と本音も。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

野村さん:ついに完結。2部作主演初めてで、沢山セリフを言って、取材もして、バラエティーも出て。悔いがない作品となりました!周りの方々に広めて下さい。できれば、このメンバーで違う作品も作れればなと思っています。

『サクラダリセット 前編、後篇』

咲良田の未来をかけた、最後の聖戦が始まる―
すべての伏線が美しく収束する、ライトノベルから生まれた贖罪と祈りの青春ミステリー

能力者が集う街・咲良田。浅井ケイ(野村周平)は、圧倒的な「記憶保持」能力を持つ高校生。
彼と行動を共にする春埼美空(黒島結菜)は、「リセット」―世界を最大3日分巻き戻すことができる。そんな2人の取り戻せない過去-それは、2年前に「リセット」の影響を受けて死んだ同級生・相麻 菫(平 祐奈)のこと。ケイは、街中の様々な能力を組み合わせ、相麻の再生に成功する。だが、相麻菫の再生こそが、すべての始まりだった。

今まで平穏だった咲良田市のいたるところで〝能力の暴発事件〟が発生。咲良田の能力者たちを制御・監視する公的機関・管理局の対策室室長 浦地正宗(及川光博)の〝一掃計画〟によって、街から能力がすべて消滅してしまう。

「私は貴方を、覚えていません」リセットを失くした春埼美空

咲良田に能力があった記憶を持つ者は、世界中で浅井ケイただ一人となってしまった。みずからの過去に区切りをつけるため、ケイは初めて咲良田を出る。2年前に相麻がなぜ世界から消えなければならなかったのか?咲良田がどのようにして能力者の街になったのか?すべての謎を解き明かすケイを待っていたのは・・・

映画公式サイト:
sagrada-movie.jp

***********************************

出演:野村周平 黒島結菜 平 祐奈 健太郎 玉城ティナ 恒松祐里
吉沢 悠 丸山智己 中島亜梨沙 大石吾朗 / 加賀まりこ
【後篇】八木亜希子 / 及川光博
監督・脚本:深川栄洋 原作:河野 裕「サクラダリセット」シリーズ(角川文庫/角川スニーカー文庫) 
主題歌:flumpool「ラストコール」(A-Sketch)
後篇エンディングテーマ:flumpool「ナミダリセット」(A-Sketch)
製作:「サクラダリセット」製作委員会
配給:ショウゲート
(C)2017映画「サクラダリセット」製作委員会