「平田満」タグアーカイブ

小林稔侍、映画初主演『星めぐりの町』俳優55年目にして夢を果たす


映画情報どっとこむ ralph 映画やドラマなど、数多くの作品に名バイプレイヤーとして出演する 小林稔侍主演の映画『星めぐりの町』が、2018年1月27日より、丸の内TOEI他、全国公開することが決定しました!

主人公の実直な豆腐屋・島田勇作を演じるのは、76歳にして本作が映画初主演となる小林稔侍。

小林稔侍さんからのコメント
映画初出演の話をもらった時は、夢というか、信じられなかった。 今までも何回か話はあったけど、立ち切れたりしてて、本当に自分が主演の映画を撮れる なんて思ってもいなかったんです。これも人との縁だと思っています。色んな縁が重なって、こうして夢を果たせて本当に嬉 しいですし、黒土監督をはじめ、みなさんに感謝しています。映画の中では、震災で心に傷をもった少年と主人公が出会います。少年は主人公に出 会えたからこそ変わっていけるようになる。そんな少年の成長に、僕は凄く共感したんです 。人との縁が、人生を大きく変えることってありますよね。本作品をみて、一人でも多くの方 に「人の縁の大切さ」や「生きることの素晴らしさ」を感じてもらえると嬉しいです。
映画情報どっとこむ ralph 震災で家族を失った少年・政美に優しく寄り添いながら、心の再生を見守る昔気質の男を存在感たっぷり に演じる。家族を失った少年役は、オーディションで選ばれたシンデレラボーイの荒井陽太。

勇作とふたりで暮らす娘・志保役には壇蜜。

勇作が豆腐を卸している料理屋の女将を高島礼子が演じる ほか、平田満、六平直政、神戸浩ら実力派俳優が脇を固めています。

また本作は、『蝉しぐれ』(05)など数々の映 画を手掛けてきた黒土三男監督が、ものづくりのまち愛知県豊田市全域でロケを行い、人と自然に誠実 に向き合い、額に汗して働き、生きる人々の物語を描いたハートフルヒューマンドラマが誕生しました。
映画情報どっとこむ ralph 予告は、島田勇作が、2011年の震災で家族を全て失った一人 の少年を、不思議な縁で預かることから始まる。しかし、どんなに 気持ちを尽くしても少年は心を閉ざしたまま。うんざりする娘(壇 蜜)だったが、勇作は「この子は想像もできないほどひどい目に あってきたんだ」と娘を諭し、根気強く少年と向き合い続ける。し かし、一台の消防車がサイレンを鳴らしながら走り去る姿に少年 は「幸せが一瞬で、また消える」ことに怯えてしまう。そんな少年 に対して勇作はどんなに辛くても一人で強く生きていく力を持つ ことの大事さを伝える。囲炉裏で炊いた土鍋のご飯や美味しい 手作りお弁当など、見るだけで優しい気持ちになる愛知県豊田 市の食や自然の風景なども必見です!


物語・・・
妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする 主人公の島田勇作。京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっく りと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届け る生活を続けていた。そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、 東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやっ て来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然の不幸により心に傷を 抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。 自然に根差した自給自 足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、 少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている 最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災 の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう…。

***********************************

出演:小林稔侍/ 壇蜜 荒井陽太/神戸浩 六平直政/平田満/高島礼子
脚本・監督:黒土三男『蝉しぐれ』
音楽:羽岡佳 /エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子/プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション/ケイセブン
宣伝協力:プリマステラ
上映時間1時間48分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
(c)2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会


『22年目の告白―私が殺人犯です―』冒頭映像10分GYAO!無料配信開始


映画情報どっとこむ ralph 藤原竜也・伊藤英明の初共演となる新感覚サスペンスエンターテインメント大作『22年目の告白―私 が殺人犯です―』が6月10日(土)より全国公開となります。
この度、映像配信サービス「GYAO!」で は映画の公開を記念して、6月9日(金)~6月11日(日)の3日間限定で“本編冒頭映像10分”を独占無料配信開始となりました!

【GYAO!「22年目の告白-私が殺人犯です-」特集】

内容:映画の見どころをキャラクター紹介映像や記者会見シーン映像など、特別映像と合わせてご紹介。 感覚ピエロが歌う主題歌「疑問疑答」の特別映像もご覧いただけます。 さらに、GYAO!で無料配信中の藤原竜也の過去作品「カイジ人生逆転ゲーム」、「カイジ2人生奪回ゲーム」についてもピックアップ!

本編冒頭映像配信期間:
6月9日(金)0:00~6月11日(日)23:59
特集ページ

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
時効を迎えた連続殺人事件。 その男は、突然現れた――。「はじめまして、私が殺人犯です」

阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした1995年に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させる―その残忍な犯行は世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。そして22年後のある日。一冊の本が日本中を震撼させる。その本のタイトルは、「私が殺人犯です。」それは、95年のあの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより時の人になっていく殺人犯。しかしその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった。

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-

6月10日(土)全国ロードショー

公式サイト:
www.22-kokuhaku.jp

***********************************

監督:入江悠
脚本:平田研也、入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル

Based on the film “Confession of Murder”
原作:「私が殺人犯です」
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会


井浦新・瑛太・長谷川京子・橋本マナミ 大森立嗣監督サスペンス「光」場面初解禁


映画情報どっとこむ ralph 2017年11月下旬から公開の三浦しをん原作・大森立嗣監督による映画「光」につきまして、この度劇中場面写真が初解禁となりました。

本作の原作は「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦しをんの小説「光」。

東京の離島・美浜島で暮らす少年たちに突然襲いかかった天災。直後に発生した津波の猛威は、島での暮らしと共に、彼らだけが知る“ある秘密”をも飲み込んでしまった。そして25年の月日が経ち、舞台は東京へ。大人になった彼らのもとに、消え去ったはずのあの秘密が訪れる。過去の秘密が、新たな秘密を生み出し、人間たちを追い込み、本性をむき出しにさせる人間の狂気が剝き出しなサスペンスドラマです。
大人になり東京で美しい妻と可愛い娘と、どこにでもある幸せな家庭を手にし、平穏に暮らす信之(井浦新)。

その信之の元に25年ぶりに現れ、島で起きた秘密をほのめかす島の幼馴染の輔(瑛太)。

幼少期に信之と交際し、そして大人になった今、女優として大きな成功を収めている美花(長谷川京子)。
夫である信之にある秘密を抱えている美しい妻・南海子(橋本マナミ)。

映画情報どっとこむ ralph 信之役の井浦新さんが

井浦さん:最も化学反応を起こせたのが瑛太くんでした。彼と芝居がしたいと前々から大森監督に言っていた分、この座組でナニかが起きないわけがないとは思っていましたが、彼のポテンシャルは想像以上、互いに後ろを顧みない変化球なしの真っ向勝負の連続は、どのシーンも何が起きるか、どこに向かうのか、まったく予測なんてできません。芝居が終われば心には辛さが残りましたが、微かに全部出し切った心地良さもありました。

と語ると、

瑛太さん:もともと大好きだった井浦新さんとの共演はとにかく刺激的で芝居の新たな面白さを教えていただいた。新さんが演じる信之の内側にある凄まじい熱量と冷酷さは、原作、台本を超越していた。

とお互い長年共演を望み続けた共演が本作にて実現し、計り知れない化学反応が巻き起こりました。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
東京の離島、美浜島。記録的な暑さが続くその島で暮らす中学生の信之は、信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。

同級生は、幼馴染で美しい恋人の美花ただひとりだ。ある夜、美花と待ち合わせた信之は、島の外部からやってきた者に、美花が犯されている姿を見てしまう。美花を救う為に、信之は取り返しのつかない罪を犯す。そして次の日、理不尽で容赦のない自然の圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させる。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。

それから二十五年。 妻(橋本マナミ)と、一人娘とともに暮らしている信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去の事件の真相を仄めかし、やがて、封じ込めていた過去の真相が明らかになっていく。

秘密を握る輔は、記憶の中の信之を取り戻すため、信之と美花を脅し始める、信之は美花(長谷川京子)を守ろうとするが。


公式HP:
hi-ka-ri.com

***********************************

井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ 南果歩 平田満

監督・脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊)
音楽:ジェフ・ミルズ
配給:ファントム・フィルム

©三浦しをん/集英社・©2017「光」製作委員会


映画『くも漫。』公開直前記念のロングバージョン予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2月4日(土)に劇場公開される映画『くも漫。』より、公開直前記念のロングバージョン予告が解禁となりました。



今回解禁される約2分の予告編では、衝撃のくも膜下出血発症から、闘病生活に加え、主人公・学と家族の思いが丁寧に映し出されます。生死をさまよう病に突然倒れてしまった
学の命が助かったとたん、どこで倒れたのかが気になる親族。

真実に気づいた家族は、一体どうするのか?!

皆さん、この<性の恥>を、
どうか大目にみてください!!

映画情報どっとこむ ralph 2月4日(土)に初日を迎え、新宿バルト9にて舞台挨拶が行われます!

【初日舞台挨拶】
日 程:2月4日(土)
場 所:新宿バルト9
登壇時間:18:30~19:00(上映前舞台挨拶)
登壇者(予定):脳みそ夫、柳英里紗、沖ちづる、立石涼子、小林稔昌監督/中川学(原作者)+くもマン

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
中川学、29歳。長年の二―ト生活を経て、父のコネで教育現場の職を得る。初めて人生の歯車が合い始めた高揚感と抑えきれない性欲から、風俗店「オフィスっ娘♥倶楽部」へ繰り出した。そこで出会ったのは№1の風俗嬢ゆのあ。最高のサービスを受け、絶頂を迎えるはずが…。まさにその瞬間、くも膜下出血を発症―。完治率わずか30%の病から生還するも、風俗店で倒れたことを家族にひた隠しにする中川。――笑わずにはいられない!でも、決して他人事じゃない! 死の淵から生還した男の<人生で最も恥ずかしい実録物語>

2月4日(土)新宿バルト9ほか全国順次公開です。

公式サイト:kumoman-movie.com

***********************************

出演:脳みそ夫、柳英里紗、沖ちづる、板橋駿谷、坂田聡、立石涼子/平田満

原作:中川学「くも漫。」(リイド社・トーチコミックス)
監督:小林稔昌
脚本:安部裕之
エグゼクティブプロデューサー:中川幸美
プロデューサー:峰添忠
企画・製作:クリエイティブネクサス
配給:トリプルアップ
©クリエイティブネクサス




生の危機と性の恥『くも漫。』特別映像第2弾


映画情報どっとこむ ralph この度、2017年2月4日(土)に劇場公開される映画『くも漫。』より、主演・脳みそ夫のネタ映像第2弾、そして予告第2弾「私を見捨てないでくださいバージョン」が解禁となります。

本作で映画初出演にして、初主演を果たしたお笑い芸人・脳みそ夫の特別映像第2弾は、本作の弱点(?)を笑いに変えた『くも漫。』オリジナルネタ。大胆にも、ちびっこ石油王は、『くも漫。』を誰に見せたいのか?!

どうか皆さん、拡散してください!とのことです!

映画情報どっとこむ ralph そして、予告第2弾は「私を見捨てないでくださいバージョン」と題し、<生の危機と性の恥>が描かれます。


ラストシーンは思わず笑ってしまうかもしれませんが、他人事ではありません!もし自分の身に起こってしまったら…。同じ体験をしないためにも、ご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
中川学、29歳。長年の二―ト生活を経て、父のコネで教育現場の職を得る。初めて人生の歯車が合い始めた高揚感と抑えきれない性欲から、風俗店「オフィスっ娘♥倶楽部」へ繰り出した。そこで出会ったのは№1の風俗嬢ゆのあ。最高のサービスを受け、絶頂を迎えるはずが…。まさにその瞬間、くも膜下出血を発症―。完治率わずか30%の病から生還するも、風俗店で倒れたことを家族にひた隠しにする中川。――笑わずにはいられない!でも、決して他人事じゃない!

死の淵から生還した男の<人生で最も恥ずかしい実録物語>

公式サイト:
kumoman-movie.com

***********************************

出演:脳みそ夫、柳英里紗、沖ちづる、板橋駿谷、坂田聡、立石涼子/平田満  

原作:中川学「くも漫。」(リイド社・トーチコミックス)  
監督:小林稔昌  
脚本:安部裕之  
エグゼクティブプロデューサー:中川幸美   
プロデューサー:峰添忠
企画・製作:クリエイティブネクサス  
配給:トリプルアップ   
©クリエイティブネクサス