「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」タグアーカイブ

フータロス声優 滝藤賢一 劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』


映画情報どっとこむ ralph 毎年冬の恒例映画として人気を博してきたシリーズの最新作にして平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が遂に12月22日(土)に公開となります。

この度、本作の更なるゲストキャストが決定!それは・・・

変幻自在のカメレオン俳優 滝藤賢一さん!
2018年の締めくくりは声で魅せる!

今回、解禁するのは、既にビジュアルは解禁済みである、映画オリジナルの新イマジン、“フータロス” の声を演じるキャスト。
“イマジン”とはそもそも「仮面ライダー電王」(2007年)で登場する未来からやってきた人類の精神体であり、憑りついた人間のイメージによって怪人としての肉体を得た姿。憑りついた人間との契約を果たすことで契約者の過去へタイムスリップし、歴史を改変するために、契約者に対し「おまえの望みを言え…」と迫ります。敵だけでなく、味方のイマジンも存在し、その個性豊かなキャラクター、そして豪華声優陣がその声を演じていたことから人気を博しており、今回も新イマジン・フータロスのキャスティングに注目が集まっていました。演じるのは、あらゆる役柄を演じ分け、変幻自在のカラーを持つ個性派俳優・滝藤賢一。

ドラマ「半沢直樹」(2013年)で第68回日本放送映画藝術大賞 優秀助演男優賞を受賞して注目を浴び、2018年には映画「孤狼の血」や主演ドラマ「探偵が早すぎる」(NTV)をはじめ映画3本、ドラマ8本と数々の注目作に出演し、いまや日本映画・ドラマに欠かせない存在である滝藤が、遂に仮面ライダーシリーズ初出演となります。滝藤の出演を待望していた仮面ライダーシリーズ制作陣の願いが、この平成最後となる仮面ライダー作品、そしてその中でも物語の鍵となるキャラクターの声の出演という形で成就いたしました。大活躍の2018年の締めくくりはイマジンと“声で契約”し、平成仮面ライダー20作記念映画を彩ります。

映画情報どっとこむ ralph 滝藤賢一さんからコメントが届いています。
滝藤さん:オファーをお聞きした時に、“俳優人生22年。ついに私も仮面ライダーに!”と熱い想いが胸に込み上げました。仮面ライダーの思い出としては、「仮面ライダーゴースト」のショーを家族で見に行った時、悪者が客席から出てきて、まだ幼稚園前だった子供がビビッて、おじいちゃんの膝の上でおしっこを漏らしたことです(笑)
アフレコの中で戦うシーンは、とても難しかったですが、実際に戦われたスーツアクターの方に色々アドバイスをしていただきながら臨みました。

映画情報どっとこむ ralph 果たして滝藤はフータロスにどのように息を吹き込んだかはぜひ劇場でお確かめください。

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

12月22日(土) ROADSHOW 


■―時代が終わる。すべてがはじまる。―20 人の勇姿が今、ここに参上! 「仮面ライダークウガ」から「仮面ライダージオウ」までの「平成仮面ライダー」20 人が一堂 に会した迫力満点の本ビジュアル。堂々と構える仮面ライダーの背景には、幾多の感動を人々に与えてきた名場面の数々 が映し出されています。人々の心に刻まれた彼らの勇姿ははまさに「平成仮面ライダー」の歴史そのものともいえるでしょう。 また、― 時代が終わる。すべてがはじまる。― の印象的なキャッチコピーが示しているように、「平成」という一時代が終わ りを告げる、その先には一体何がはじまろうとしているのか・・・。答えは映画館でお確かめください。 本ポスターは 11 月 9 日(金)より全国の映画館で順次掲出予定です!


■入場者プレゼント!
更に、入場者プレゼントが「レジェンドライダーマグネットコレクション」に決定! 「仮面ライダークウガ」から「仮面ライダージオウ」までの平成仮面ライダー20人のビジュアルを使用し、4人の仮面ライダーが 1 セットになって封入されています。マグネットはそれぞれのライダーで分割でき、個別のマグネットとして使用することができ ます。全 5 種でどのセットが当たるかは開けてからのお楽しみです! ファン垂涎のマグネットコレクション。全国合計 70 万個の限定品をぜひゲットしてください!

***********************************

出演者
奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎 / 生瀬勝久

「ジオウ&ビルド」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


大東駿介が「平成仮面ライダー」の歴史を消し去る!?ティ―ド役に決定!コメントあり!


映画情報どっとこむ ralph 毎年冬の恒例映画「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦」シリーズ(2009年~2015年)。

2016年からは「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」とタイトルを改め、その人気を不動のものとした本シリーズの最新作にして平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が遂に12月22日(土)に公開します。
この度、重要ゲストキャストが決定しました!

「仮面ライダージオウ」におけるタイムジャッカーとは2068年の未来を支配する魔王・オーマジオウにかわる新たな王を擁立するため、過去へ向かい、その時代の仮面ライダーの変わりとなる“アナザーライダー”を作り出している。アナザーライダーが生まれることでその仮面ライダーの歴史は塗り替えられ、存在が消えてしまうのだ。

そして今回映画で登場するのはもはや「平成仮面ライダー」の歴史自体をすべて消し去ってしまおうとするスーパータイムジャッカー、ティード。“スーパー”の名の通り、仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ、仮面ライダービルド/桐生戦兎を圧倒的な力で窮地へと追い詰めます。

そのティードを演じるのは舞台「プルートゥ PLUTO」(18)や映画「曇天に笑う」(18)など2018年だけで舞台2本、映画2本、テレビドラマ5本と幅広いジャンルで活躍している実力派俳優、大東駿介さん。
「平成仮面ライダー」シリーズを好きで見ていたという大東が今回「平成仮面ライダー」の歴史を終わらせようとする強敵として登場です!

映画情報どっとこむ ralph 大東駿介さんからのコメントも到着!

大東さん:子供の頃夢中になって、仮面ライダーに憧れていた自分が平成最後の劇場版仮面ライダーに、しかもそんな憧れの対象の前に立ちはだかる存在として出られると思いませんでしたし、とても興奮しました。平成ライダーの歴史を消そうと目論む裏には、同時にクウガから始まった平成ライダーの風化しない存在感があるんだと思います。平成最後であり、過去作を知らない世代にははじまりのきっかけになる作品だと思います。
今回共演した奥野君、犬飼君をはじめ、彼らは年齢的にも役者としても、今この瞬間の輝きをとても感じました。そんな彼らと対峙するには自分も相当なエネルギーでぶつかっていかなきゃいけないと、ものすごく刺激を受けましたし、ぶっ倒してやろうという気持ちで挑みました。監督をはじめ現場の方々からも”憧れ”を産んでいるという責任と熱量を感じ、改めてこの平成が終わろうとするタイミングで「平成仮面ライダー」作品に参加できたことを嬉しく思います。

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

12月22日(土) ROADSHOW 
***********************************

出演者:奥野壮、犬飼貴丈、東駿介他
「ジオウ&ビルド」製作委員会 
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映