「常盤貴子」タグアーカイブ

常盤貴子 フランス映画祭2018のフェスティバル・ミューズに決定!


映画情報どっとこむ ralph 1993年より日本で開催されているフランス映画祭が、今年も開催されます。

2006年からは場所を横浜から東京に移して開催されていていましたが、26回目となる今年は2005年以来、13年ぶりに横浜での開催(※期間:6月21日(木)~24日(日)の4日間)となります。

今年もフランスを代表する豪華映画俳優や監督が来日を予定、全て日本未公開のフランス映画を楽しめる、フランス映画ファン必見の映画祭です。今年は日仏交流160周年で、フランスとも親交が深い街、横浜での待望の開催となります。

この度、フェスティバル・ミューズに常盤貴子さんが決定しました。横浜出身でもあり、何度もフランスを訪れたことのある常盤さんが映画祭を盛り上げます。

常盤貴子さんからコメントが届いています!

常盤貴子さん:映画は学校では教えてくれない多くの大切なことを、いつも、私たちに教えてくれます。フランス映画は私にとって、ファッション、メイク、ライフスタイルなどにおいて、教科書のような存在でした。映画の老舗国でもある「フランス映画」の祭典を催してくださるというのは、一人のフランス映画ファンとして、とても嬉しいことですし、私が育った街・横浜市での開催とあれば、こんなに誇らしいことはありません。皆さんの、忘れられない一本に出会えますように。

映画情報どっとこむ ralph フランス映画祭 2018
Festival du film français au Japon 2018
期間:6月21日(木)~6月24日(日)
会場:みなとみらい地区中心に開催(横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらい)
主催:ユニフランス
http://unifrance.jp/festival/2018/

フランス映画祭とは・・・
1993年、当時のユニフランス会長で映画プロデューサーのダニエル・トスカン・デュ・プランティエにより横浜で誕生。
2006年に会場を東京に移し、2011年より2016年まで、有楽町朝日ホール及びTOHOシネマズ日劇で開催。
2012年からは、アンスティチュ・フランセ日本の協力により、地方での開催を実施。各地の映画ファンにも喜ばれるイベントとなった。
フランス映画祭を通し、日本国内におけるフランス映画全体の活況を図ること、フランス映画を配給する各社の助けとなること、また、まだ買付のついてないフランス映画、新進の監督や俳優に日本で紹介される機会を作ることがその狙い。
加えて、来日するゲストによるマスタークラスを実施し、日本の未来の映画の作り手との繋がりも重要視されている。
2017年に開催した「フランス映画祭2017」では、フランスを代表する女優のカトリーヌ・ドヌーヴが団長として来日。
ルー・ドゥ・ラージュなどこれからの活躍が注目される若い俳優や、最新作『エル ELLE 』が世界中の映画祭で話題となったポール・ヴァーホーヴェン監督、この作品でゴールデングローブ賞最優秀女優賞を受賞したイザベル・ユベール、日本でも人気の高いトラン・アン・ユン監督(『エタニティ 永遠の花たちへ』)など総勢12名が映画祭を華やかに彩った。さらには第25回という節目の年を記念し、フランスでも大変人気の高い北野武監督が親善大使を務めた。

***********************************



「向日葵の丘 1983年・夏」初日舞台挨拶


映画「向日葵の丘 1983年・夏」が、いよい本日8月22日(土)から公開。

その初日舞台挨拶が行われ主演の常盤貴子さん、田中美里さん、藤田朋子さんの3人と、それぞれの若き日を演じた芳根京子さん、藤井武美さん、百川晴香さんがそれぞれ横に並び、太田隆文監督が登壇しました。
向日葵の丘初日舞台挨拶
映画「向日葵の丘 1983年・夏」完成披露試写会
日付:8月7日(金)
場所:品川プリンスシネマ
登壇者:
常盤貴子(多香子)、田中美里(みどり)、藤田朋子(エリカ)
芳根京子(多香子)、藤井武美(みどり)、百川晴香(エリカ)

太田隆文監督

太田監督: 皆さんいかがでしたか?(大拍手)演技素晴らしかったですよね。映画の思い出を・・・

常盤貴子常盤さん:まれの撮影終わったところで、塚本監督の「野火」を観てきたんですけど。よくぞ今撮ってくださったという、戦争の追体験が出来る映画です。是非、ご覧になってください。(爆笑)本当に良かったんです。映画好きの皆さんがお集まりだと思いますので是非!

完成披露の“鉄好き”発言に引き続き、他の映画の宣伝をしだす、いきなり自由な常盤さん。
出演陣戸惑いの中爆笑!

太田監督:田中さんはどんな映画を観ました?じゃなく思い出や苦労を。

向日葵の丘初日舞台挨拶1
田中さん:高校時代の甘酸っぱい思い出とか、こうしておけば良かった!!と、いうものがギュッと詰まった作品です。それぞれの皆さんの体験してきたものと重なる映画になっているとおもいます。苦労したのは・・入院しているシーンは、凄い病人なのに本当に長いセリフをしゃべったことですね。(監督:ワンカットで6ページね。)弱っている体なのにそんなに喋っていいのかな?って。でも脚本は監督なので。
田中美里
藤田さん:わたしは苦労した点はないですね。金髪に染めたのも痛くなかったですし。
藤田朋子
常盤さん:でも現場では藤田さん金髪にしたらしいよって、みんな騒然としてましたよ。

藤田さん:気にいって、ピンクにしてから元に戻したいなと持ってます。

芳根さん:私はみどりと喧嘩するシーンですね。1か月一緒に居てあのシーンだったので。自然と涙が出てしまって。。。印象的です。
芳根京子
藤井さん:私も多香子と喧嘩するシーンは印象に残ってますが、みどりとしては、ボニーの格好してメイクして出てくるシーンがあって、監督にもっと下手なメイクでってダメ出しされて、最後アンパンマンみたいになって。監督のイメージに合わせるのが大変でした。
藤井武美
百川さん: 私は帰国子女の役だったので、ずっと日本にいた私には英語の発音どうしたらいいんだろうって?苦労しました。でも監督や藤田さんに指導していただいたので。
百川晴香
藤田さん:帰国子女の役難しいよね。

太田監督:この映画を観て欲しい人は?

常盤さん:1回パス。

田中さん:高校時代の友達と10年くらいあってないなと思ったので連絡してこの映画観たいなと思います。

藤田さん:誰と言うのはないですね。さまざまな人に。青春時代に想い出のある人。何かに頑張っていた人とか。若しくは挫折している人とか。色んな人に観てもらいたい。自分の映画だと思えると思います。

太田監督:いいこと言うね。

芳根さん:高校1年生の時に自分で映画を撮ったことがあって、その時のみんなにこの映画を観てもらったら、また不思議な感じになるのかなと思います。

向日葵の丘初日舞台挨拶3 向日葵の丘初日舞台挨拶2 藤井さん:80年代を知らない世代の人にも見ていただきたいですし、80年代を過ごした人たちにも観ていただきたいですね。映画とか髪型とか懐かしいものも出てきますので、その時代に戻った思いで観ていただきたいです。私は親友と観に行きたいです。みどりと多香子になった感じで。

百川さん:小学校2年の時に転向した友達に最近連絡してないなと。映画を観ていて思ったので、連絡してみようかなと思っています。

太田監督:最後に常盤さん。

常盤さん:先ほどの野火のお話は、戦争を追体験できる映画だったんです。映画と言うのはその時代を知らなくてそこに連れていってくれる力があるものですよね。だから向日葵の丘も80年代を知らない人も、知っている人も連れていってくれる映画だなと。

太田監督:繋がってよかった!

常盤貴子1 常盤さん:少しづつ少しづつ繋げていってほしい映画です。今日観てくださった感想をみなさんに広めていただけると嬉しいです。今日はありがとうございました。


涙なしでは観られない感動の青春ストーリー。

映画「向日葵の丘 1983年・夏

8月22日(土)から公開です。

公式HP:http://himawarinooka.net/
公開劇場:http://himawarinooka.net/theater.html

********************************************************************

キャスト:
常盤貴子、田中美里、藤田朋子、芳根京子、藤井武美、百川晴香、並樹史朗、烏丸せつこ、別所哲也、津川雅彦

監督:太田隆文
製作総指揮:井上浩一
プロデュサー、編集:太田隆文
アソシエイトプロデューサー:小林良二
アシスタントプロデューサー:登山里紗 
プロダクションマネージャー:磯野好司

製作・IPSエンタテインメント 
配給協力:渋谷プロダクション
制作プロダクション:青空映画舎
©2015向日葵の丘
 


常盤貴子ら登壇「向日葵の丘 1983年・夏」完成披露


映画「向日葵の丘 1983年・夏」が、いよいよ8月22日(土)から公開となります。

その完成披露試写会が行われ舞台挨拶に主演の常盤貴子さん、田中美里さん、藤田朋子さんの3人と、それぞれの若き日を演じた芳根京子さん、藤井武美さん、百川晴香さん。そしてメガフォンをとった太田隆文監督が登壇しました

向日葵の丘ph
映画「向日葵の丘 1983年・夏」完成披露試写会
日付:8月7日(金)
場所:品川プリンスシネマ
登壇者:常盤貴子、田中美里、藤田朋子、
芳根京子、藤井武美、百川晴香
太田隆文監督

太田監督:映画「向日葵の丘 1983年・夏」完成披露試写会にお越しいただき大変ありがとうございます。

現代を演じた常盤貴子さん、田中美里さん、藤田朋子さん、
1983年の高校時代を演じた芳根京子さん、藤井武美さん、百川晴香さんが登壇。
向日葵の丘
太田監督:一番思い出に残ったことは?

常盤さん:私は鉄が好きなんです。車とか電車とか。大井川鉄道が素晴らしくって乗ったり写真を撮ったりしたことですね。
常盤貴子
太田監督:撮影時に辛かったこと。楽しかったことは?

田中さん:初日に常盤さんと挨拶して、すぐに5ページくらいのセリフっていうのがつらかったですね。3人ちゃんと共演はなかったんですが、一瞬で同級生になったところが不思議でした。そして、多けの中に羊羹がはいったお菓子がいただけて・・・ありがとうって感じですね。
田中美里
藤田さん:役はいるときにアメリカ帰りってことだったんで、髪の毛傷んでる方がいいかなと思って。今日もやってきました!
藤田朋子
太田監督:高校生組。

芳根さん:ずっと1か月ほど静岡でロケで朝から晩まで同じ部屋で過ごしたので、凄く仲良くなりました。今でもご飯いったり、夢の国に行ったり。良い仲間に出会えたなと感じています。
芳根京子
藤井さん:ヤングチームで餃子をスタッフさんに作ったんです。その中のいくつかをからし入りにしてみました。
藤井武美
百川さん:映画役的には映画好きでそれ以外興味がない子の役なんですけど私は昭和のアイドルが大好きなので、レコード屋さんにいったら松田聖子さんが張ってあったりして、嬉しかったです。
百川晴香
太田監督:お薦めは?

常盤さん:ヤングチーム3人の時代が素晴らしいんです。それがあるから、私たちがバトンを受け取れたわけで。彼女たちのキラキラした青春を観ていただきたいです。

太田監督:高校生組が先に撮影だったんですけど、つなぎを考えて、大人組も先に入ってお芝居を見ていたんですよね。なので違和感なく観られると思います。

田中さん:顔が似てくる。特に常盤さんと芳根さんは本当に似てきて。

常盤さん:撮影の時は本当にそっくりで。(芳根さんに)失礼かしら?
芳根さん:いえ。
常盤貴子x芳根京子
藤田さん:撮影は1日だけだったのですが、深い古いお友達感があふれていて。私たちも、その世界に入り込んでいたので、どことは言えないけど観てください。

芳根さん:沢山の方に協力していただいたので、参加された方は自分のシーンを。そして、私たちの楽しさが伝わればいいなと思います。
若手 藤井さん:ヤングチームはオハヨーからオヤスミまでずっと一緒だったので、素で楽しかったのでそれが伝わればと思います。

百川さん:カメラマン役だったんですけど、撮っているシーンはカメラマンとして楽しみました。

太田監督:最後に常盤さん。

常盤さん:83年と言う時代は不便だったかもしれませんが心はとっても豊かだった気がします。この映画を観ることで当時を振り返ってもらえたらなと思います。楽しんでください。
向日葵の丘_常盤_田中_藤田
涙なしでは観られない感動の青春ストーリー。

映画「向日葵の丘 1983年・夏」

8月22日(土)から公開です。

公式HP:http://himawarinooka.net/

公開劇場:http://himawarinooka.net/theater.html

********************************************************************

キャスト:
常盤貴子、田中美里、藤田朋子、芳根京子、藤井武美、百川晴香、並樹史朗、烏丸せつこ、別所哲也、津川雅彦

監督:太田隆文
製作総指揮:井上浩一
プロデュサー、編集:太田隆文
アソシエイトプロデューサー:小林良二
アシスタントプロデューサー:登山里紗 
プロダクションマネージャー:磯野好司

製作・IPSエンタテインメント 
配給協力:渋谷プロダクション
制作プロダクション:青空映画舎
©2015向日葵の丘


常盤貴子x田中美里x藤田朋子「向日葵の丘 1983年・夏」小さな映画館が舞台の物語


映画「向日葵の丘 1983年・夏

が、8月22日(土)から公開となります。

常盤貴子さんが主演。田中美里、藤田朋子の3人をメインに、
向日葵の丘それぞれの若き日の三人を400名を超えるオーディションで決定した芳根京子さん、藤井武美さん、百川晴香さんが好演。

さらに、津川雅彦さん、別所哲也さん、烏丸せつこさん、並樹史朗さんらベテランが脇を固めて、1983年の田舎町、小さな映画館を舞台とした涙なしには見れぬ感動の物語。

監督は大林宣彦さんの愛弟子である太田隆文さん。

USC(南カルフォルニア大学)映画科に学び、日本の美しい地方を舞台に古里映画を撮り続けていて、「親と子に伝える大切なこと」をテーマに、今回も涙と感動の物語を届けます。カンヌ映画祭のフィルムマーケット、アメリカのジャンパン・フィルム・フェスティバルLA等、毎回、映画祭や海外の国々で上映され、国境を超えた高い評価を受けている監督です。

東京で売れないシナリオライターをしている多香子(常盤貴子)の元に故郷で暮らす高校時代のクラスメートみどり(田中美里)から30年ぶりに連絡が届く。

「病気であと数か月の命」との内容に驚いた多香子はもう1人のクラスメート、アメリカ人と結婚したエリカ(藤田朋子)に相談するが、相手にされず。悩んだ末に30年ぶりの帰郷を決意する。高校時代に起きた悲しい出来事を今もひきずっており、一度も帰郷していなかった故郷に向かう多香子の胸を通り過ぎるのは、あの頃の思い出。

地元の名画座に3人で行き、ミュージカル映画を毎週観ていた。学校の帰りはいつも鯛焼き屋でおしゃべり。

片思いの先輩もいて懐かしさが蘇る。だが、30年ぶりに帰った故郷で待っていたのは「悲しい現実」と「別離」だった……。

向日葵の丘main
涙なしでは観られない感動の青春ストーリー。

映画「向日葵の丘 1983年・夏

8月22日(土)から公開です。

公式HP:http://himawarinooka.net/
公開劇場:http://himawarinooka.net/theater.html

********************************************************************

キャスト:
常盤貴子、田中美里、藤田朋子、芳根京子、藤井武美、百川晴香、並樹史朗、烏丸せつこ、別所哲也、津川雅彦

監督:太田隆文
製作総指揮:井上浩一
プロデュサー、編集:太田隆文
アソシエイトプロデューサー:小林良二
アシスタントプロデューサー:登山里紗 
プロダクションマネージャー:磯野好司

製作・IPSエンタテインメント 
配給協力:渋谷プロダクション
制作プロダクション:青空映画舎
©2015向日葵の丘