「布袋寅泰」タグアーカイブ

西川貴教 ✖ 布袋寅泰 がタッグで『映画刀剣乱舞』主題歌!コメント到着!本予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『映画刀剣乱舞』2019年1月18日(金)にスクリーンに登場します。

そしてこの度、本作の本予告が公開!それに合わせ、西川貴教さんの主題歌「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)」が解禁となりました!



さらに、本作のために特別に書き下ろされた主題歌「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)」は、布袋寅泰さんが作曲・ギター、西川貴教さんがボーカルを務め、「最後の最後に最上のタマシイを見せろ 生きざま 死にざま 守るべきもの守るために果てるなら 何度だって何度だって咲き乱れてみろよ」と歴史を守るため命を賭して戦う刀剣男士たちを表現した内容となっています。

映画情報どっとこむ ralph 今回のコラボレーションに対しコメントも到着。

西川貴教 さんコメント
「主題歌を担当するにあたり、これまでにない新たな試みと意気込みの詰まった本映画に相応しい楽曲にすべく、布袋寅泰という最強のサーヴァントを召喚させていただきました!ツアー真っ最中のお忙しい中でしたが、僕のリクエストを快く引き受けてくださったことに感謝しかありません。布袋さんとのレコーディング作業は刺激的で、ギターの音色、フレーズの1つ1つが斬撃、ギターソロはまさに立ち廻りの様でした。その唯一無二のギターに、僕も全力のボーカリゼーションで挑んでおりますので、ぶつかり合う2人のバトルにもご期待ください!」


布袋寅泰 さんコメント
「西川くんとは今まで何度か音楽作りを共にしたが、ここまでガッツリ向き合ってコラボレーションしたのは初めてだ。『刀剣乱舞』の華やかに歌舞いた世界観と、西川くんのパワフルで疾走感のあるシャウトが、嵐に舞うサクラのように妖艶でドラマチックに絡む。僕のギターも忍術のように変幻自在で切れ味の良いプレイができた。様々な顔を持つ西川貴教だが、彼の本気のシャウトを侮ってはいけない。数少ない本物のボーカリストだ。」

映画情報どっとこむ ralph 『映画刀剣乱舞』

公式サイト:
touken-movie2019.jp

Twitter:
@toukenmovie2019

注目の刀剣男士のキャストには、三日月宗近役に鈴木拡樹、山姥切国広役に荒牧慶彦、薬研藤四郎役に北村諒、へし切長谷部役に和田雅成、日本号役に岩永洋昭、骨喰藤四郎役に定本楓馬、不動行光役に椎名鯛造、そして鶯丸役の廣瀬智紀ら、舞台を中心に活躍する若手実力派俳優たちが名を連ねる。さらに追加キャストとして、様々な映画や舞台、大河ドラマやミュージカルなど、あらゆる方面で活躍している実力派俳優の2人、山本耕史と八嶋智人の出演。山本は、絢爛豪華な部屋と服に包まれ、豪快で凄みのある立ち居振る舞いで天下統一を狙う織田信長役として、安定感のある演技を発揮。また、八嶋も織田信長を支える家臣ながら、後に天下統一を成し遂げる羽柴秀吉役を熱演。この超実力派俳優と刀剣男士たちとの共演で、どのような化学反応が引き起こされるのか必見です!!!
***********************************

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
監督:耶雲哉治
脚本:小林靖子
配給:東宝映像事業部
©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 
©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

布袋寅泰、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが登場!『ボヘミアン・ラプソディ』ロンドン・ワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph 伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』がついに11月9日(金)に日本公開を迎えます。

『ボヘミアン・ラプソディ』のワールドプレミアが、現地時間10/23(火)<日本時間10/24(水)早朝>にロンドンのウェンブリー・アリーナにて開催されました。

<『ボヘミアン・ラプソディ』ワールドプレミア概要>
日時:現地時間/10/23(火) PM17:30~ 日本時間/10/24(水) AM1:30~

キャスト:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)/グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)/ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー役)ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)/ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン役)/ エイダン・キレン(ジョン・リード役)/アレン・リーチ(ポール・プレンター役)/トム・ホランダー(ジム・ビーチ役)/マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター役)/アーロン・マカスカー(ジム・ハットン役)

スタッフ:グラハム・キング(製作)/ジム・ビーチ(製作)/アンソニー・マクカーテン(脚本)
スペシャルゲスト:カシュミラ・バルサラ(フレディの実妹)/ジョン・リード(クイーン70年代マネージャー)
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)
日本人ゲスト:布袋寅泰

映画情報どっとこむ ralph 伝説のロックバンド“クイーン”の知られざる物語をドラマチックに描いた本作のワールドプレミアが、現地時間10月23日(水)の夜、20世紀最大の音楽イベント“ライヴ・エイド”が開催された会場 “ウエンブリー・スタジアム”に隣接する“ウェンブリー・アリーナ”にて盛大に行われた。

プレミア会場の広場前に『ボヘミアン・ラプソディ』スペシャル仕様のパープルカーペットがひかれ、クイーンの名曲の数々に彩られた会場には、クイーンメンバーのブライアン・メイ、ロジャー・テイラーやラミ・マレックをはじめとする超豪華なスターたちを一目見ようと、熱狂的なファン500人を超える観客が集まった。

17時30分を回るころ、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックをはじめ、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー役)、ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)ら “クイーン”を演じた4人、フレディが生涯愛した女性メアリー・オースティン役を演じたルーシー・ボイントン、EMIレコードの社長を演じたマイク・マイヤーズ、そしてスペシャルゲストとして、フレディ・マーキュリーの実妹カシュミラ・バルサラなど豪華キャストが続々とカーペットに登場し始めると一気に華やかな雰囲気に。

さらには、本作の音楽総指揮を務めフレディと共に数々の伝説を作ってきた、“クイーン”のバンドメンバー、ブライアン・メイ(ギター)とロジャー・テイラー(ドラム)が登場すると、彼らの登場を待ちわびた世界中のファンから大歓声が沸き上がり、同時に世界各国から集まった取材陣は、カーペットに登場したスターに一斉にフラッシュを浴びせかけ、一言でもコメントを取ろうと激しい取材合戦を繰り広げヒートアップ。


この熱狂ぶりに主演のラミ・マレックは

マレック:僕らはやることをやってきたと思うし、ブライアン・メイさんとロジャー・テイラーさんが来て下さったことを考えると、悪い予感はしないですね!

と述べ、フレディ・マーキュリーについて

マレック:確かに彼はとてもユニークなしぐさの多く、自由な人でしたが、それも彼なりの演出なんだと思います。ただその自由さを表現するのは実に大変なことでしたけどね。フレディには自由でいられることが大切だったんだと思います。そしてこの映画を観た人たちもフレディと同じように、もっと自由で開放された気持ちで色々なチャンスをつかめる気持ちになると思います。

と作品への自信をのぞかせていた。


ツアーで何度も日本を訪れたことのあるロジャー・テイラーは
ロジャー:日本のファンは素晴らしかったね。僕たちが日本に初めて行った時からずっととても温かく迎えてくれた。日本人はビジュアル面が好きだし、僕たちとはちょっと相思相愛だったんだね。だからこそ日本で何度もツアーをやってきたんだよ(笑)

と笑顔で語り、ブライアン・メイは
ブライアン:コンニチハ!長年ずっとクイーンのことを信じてくれて、ドウモアリガトウ!君たちのことを愛しているよ。またもうすぐ会えることを願っているよ。

と日本語でメッセージをくれた。またクイーンが世界中を魅了する伝説のバンドとなった聖地ウェンブリーでのプレミア開催にロジャー・テイラーは

ロジャー:スタジアムでも何度か演奏したことがあるし、アリーナでも何度も演奏してきたんだ。僕たちにとってここは故郷のようなところだよ、

と当時を懐かしみ、ブライアン・メイは

スピリチュアルな意味での故郷だから、僕はとても嬉しいんだ。ありがとう。

と喜んだ。


映画情報どっとこむ ralph そして、日本からは、ブライアン・メイと面識があり、世界のロックシーンをけん引するミュージシャンの布袋寅泰さんが、日本を代表してワールドプレミアに特別招待された。
布袋さん:プレミアに参加出来て光栄です。14歳くらいに初めてクイーンの曲を聴いてから、あの独特の世界観に打ちのめされた一人で、またギタリストとしても、非常にブライアン・メイから影響を受けています。フレディ・マーキュリーが亡くなってからかなり時間が経ちましたけど、今なおイギリスのみならず世界中の人に愛されているフレディ・マーキュリーの人柄や才能に触れる大きな機会だと思いますから、映画をじっくり楽しみたいと思います。

とコメント。続けて

布袋さん:今日のドレス・コードがRock’n!だったので、ロックな衣装着てきました!!

と笑顔で語り、クイーンの聖地ウェンブリーついては、

布袋さん:ウェンブリー・アリーナはフレディの追悼コンサートに来ました。イギリスに住んでいると、どこにいってもクイーンの曲が流れていて、クイーンがローリング・ストーンズやビートルズと並んで、イギリスが誇るアーティストだと実感するんです。だから彼らの本拠地で、イギリスの人たちが映画にどういう反応をするのか、楽しみです。そして一緒に大いなる拍手を贈りたいと思います。

とこれから始まるプレミア上映に期待感を寄せていた。またカーペット上で、ブライアン・メイとの2年ぶりの再会も果たし、笑顔で挨拶をかわしていた。


主演のラミ・マレックらは、その後もレッドカーペットに駆けつけた、ファンたちと一緒にセルフィ―をしたり、サイン攻めにあったりと大忙しだったが、終始笑顔を絶やさずに、たっぷり1時間近くファンサービスをし、カーペットイベントは終了した。

その後アリーナ内にて、世界で最初のお披露目になるファン待望のプレミア上映が始まり、キャスト&スタッフも同席し、ブライアン・メイが本作のためにギター演奏をした冒頭の20世紀フォックスファンファーレから場内は大盛り上がり!!上映中もファンたちは、スクリーンに映し出されるフレディ・マーキュリーやクイーンの姿に熱狂し、エンドクレジットが流れ始めた時には、1万人がスタンディング・オベーションで拍手喝采だった。

いち早く映画を観て

布袋さん:ミュージシャンの視点だと、下積みから成功、仲間の絆などが描かれていて自分と重なりました。これだけ長い間愛されるのはクイーンの、フレディの音楽に対する情熱、音楽の力だと思います。音楽のパワーは時を超え、影響をもたらした、その当時のオーディエンスのファッション、舞台の小道具、などプロのミュージシャンが観てニンマリするシーンもありました。役者たちの演技は見事でした。

と興奮した様子で大絶賛だった。

終映後には製作ジム・ビーチ、グラハム・キングが登壇して、キャストを紹介。


フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが代表して、

ラミ:最高の夜、最高のチーム、最高の作品。そしてバンドメンバーとクイーンに感謝です。

と述べると、マイク・マイヤーズがクイーンの2人を呼び込み、会場はより一層の熱気に包まれた。そして

ブライアン:キャストの演技、この映画を誇りに思う!

の言葉でプレミアの幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph ボヘミアン・ラプソディ

原題:Bohemian Rhapsody



***********************************

監督:ブライアン・シンガー
製作:グラハム・キング/ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)
出演:ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ
全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

本日80歳!カメラマン鋤田正義 デヴィッド・ボウイ~忌野清志郎の一瞬を撮った彼のドキュメンタリ公開間近!


映画情報どっとこむ ralph 世界的な写真家である鋤田正義の軌跡をたどり、彼とセッションで関わった著名人が鋤田の人柄などを語りつくす初のドキュメンタリー映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』がいよいよ5月19日より公開となります。

その鋤田が本日5月5日に80歳(傘寿)を迎えます。
高校生の時に母親に買ってもらった2眼カメラで母親を撮影する前から写真や映像に魅せられ、自然とカメラマンへの道を歩みだした20代、生涯何物にも変えられない出会いのあった30代と鋤田のカメラマンとしての魅力を、彼に関わったアーティストたちが語っています。
映画情報どっとこむ ralph 国内外の名だたるアーティストの“一瞬”を刻んだ鋤田正義が魅了し、魅了された被写体たち。彼らがずらりと勢揃いする映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』は、5月19日(土)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開です。



公式サイト:
sukita-movie.com

デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストの代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手がけてきた日本人写真家がいるーー。鋤田正義、この5月で80歳。ボウイとの親交は40余年に及び、マーク・ボランを撮った1枚は、ギタリスト・布袋寅泰の人生を決定づけた。本作では鋤田自身が写真への情熱を語るだけでなく、錚々たるアーティストたちが貴重な撮影秘話を披露し、彼の人柄や創作活動に迫ってゆく。

***********************************

監督:相原裕美
出演:鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里 
リリー・フランキー クリス・トーマス ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVI PANTA 
アキマ・ツネオ 是枝裕和 箭内道彦 立川直樹 高橋靖子 他 

製作:コネクツ ハピネット スペースシャワーネットワーク パラダイス・カフェ パルコ 鋤田事務所 
配給:パラダイス・カフェ フィルムズ 
2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分 
©2018「SUKITA」パートナーズ 
©All the photos by SUKITA. All rights reserved




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

布袋寅泰、山本寛斎、木村カエラらがコメント!『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』


映画情報どっとこむ ralph デヴィッド・ボウイをはじめとする時代の寵児たちをカメラに収め、代表的なポートレートやアルバム・ジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家・鋤田正義の軌跡をたどる初のドキュメンタリー映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』が5月19日(土)より公開となります。
国内外の数多くのアーティストとコラボレーションし、永遠の一瞬を刻んできた鋤田を敬愛して止まない出演者の面々―布袋寅泰、山本寛斎、永瀬正敏、PANTA、アキマ・ツネオ、箭内道彦、立川直樹、高橋靖子―がコメントを寄せています。

布袋寅泰(ギタリスト)

目の前にあるモノクロームの瞬間が「SUKITA」というファインダーを通すと伝説になる。

彼の眼球と指先にはきっと神通力が宿っているに違いない。電光石火のエレガンス。


山本寛斎(デザイナー/プロデューサー)

鋤田さんはデヴィッド・ボウイをカメラで追いかけていた―――

私はボウイの一番目立つ服を作った―――


永瀬正敏(俳優)

先に誰も走っていない中、鋤田さんが1ショット1ショット紡いでこられた素晴らしい作品、

深い人間関係、歴史に、ただただ圧倒される。

一瞬でもその歴史の中でご一緒出来た事を、改めて心から感謝しています。

【次ページに続く】

PANTA(ミュージシャン)

「歴史から飛び出せ」という自分の歌があるが、

飛び出したのは一瞬を刻み続けたSUKITAそのものではないかと思う。

これからもその冷たいくらいに温かい視線で永遠を刻み続けてほしい、

彼と結んでくれた平田国二郎に感謝して・・・♪



アキマ・ツネオ(ミュージシャン)

ロックンロールが急速に進化しファッションセンスを取り入れ、

聴覚で楽しむモノが視覚も含め楽しむモノになってきた。

そんな時代背景の中、鋤田さんはミュージシャンが求めていた最高の写真家であり、

音楽を立体化させた第一人者だ!



箭内道彦(クリエイティブディレクター)

愛されるって、一番すごい。

デヴィッド・ボウイも、イギー・ポップも、T・レックスも、清志郎も、僕たちも、みんなSUKITAがすき。



立川直樹(プロデューサー/ディレクター)

SUKITAさんの長くて終わらない旅がSUKITAさんの人柄そのままに静かにシンプルにまとめられている。

どこかアンダーグラウンド・フィルムのような趣きがあるのも魅力的だ。



高橋靖子(スタイリスト)

スキタさんは、人を、時代を見つめてきた方だという事を、再認識しました。

暖かくて、時には可愛らしさも垣間見えました。

そして、長年にわたる彼のクリエイションのお手伝いが出来た事を、幸せに思いました。

同じ時代を駆け抜け、共に“永遠の一瞬”を創り上げてきた方、そしてその一瞬に魅せられた方の言葉からは、鋤田に対するそれぞれの想いがひしひしと伝わってきます。


さらに上記の面々に加えて木村カエラからもコメントが到着!

NYLON JAPANでの連載『kaela’s gallery(カエラズギャラリー)』のアーカイヴやインタビューで構成されたアートブック「Session」で鋤田とコラボレーションした木村カエラ。本作鑑賞後に

木村カエラ(歌手)
近くにあるもの全てが愛おしい。そう言ってるように見えた。愛情の深さと、そのまっすぐな瞳で、人の中の中をみて、その人の生きている証を映し出す。アスファルトに咲く一輪の花のように、強く生きる姿を伝えてくれるその写真たちは、永遠に私たちに勇気を与え続けてくれるだろう。

と語ったのだそうです。

映画情報どっとこむ ralph 『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』

5月19日(土)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国ロードショー!

公式サイト:sukita-movie.com

デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストの代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手がけてきた日本人写真家がいるーー。鋤田正義、この5月で80歳。ボウイとの親交は40余年に及び、マーク・ボランを撮った1枚は、ギタリスト・布袋寅泰の人生を決定づけた。本作では鋤田自身が写真への情熱を語るだけでなく、錚々たるアーティストたちが貴重な撮影秘話を披露し、彼の人柄や創作活動に迫ってゆく。

***********************************



【監督】相原裕美
【出演】鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里
リリー・フランキー クリス・トーマス ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVI PANTA
アキマ・ツネオ 是枝裕和 箭内道彦 立川直樹 高橋靖子 他

【製作】コネクツ ハピネット スペースシャワーネットワーク パラダイス・カフェ パルコ 鋤田事務所

【配給】パラダイス・カフェ フィルムズ

2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分 ©2018「SUKITA」パートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アーティストを長年撮影してきた写真家 鋤田正義氏のドキュメンタリー映画『SUKITA』


映画情報どっとこむ ralph 坂本龍一に5年間密着した『Ryuichi Sakamoto:CODA』が公開となりましたが、YMO結成前からの細野晴臣・坂本龍一・高橋幸宏を撮影してきた写真家・鋤田正義氏のドキュメンタリー映画『SUKITA』が2018年5月より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開が決定したそうです。


そして本作品に登場する鋤田撮影の代表的な写真4枚が到着しました。
本作ではYMOの細野、坂本、高橋それぞれと語らう鋤田の姿が映し出されており、アルバム「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」のジャケット撮影時のエピソードを愉しそうに3人が披露し、極め付きの秘話も明かされています。鋤田正義といえばYMO以外にも、2016年に急逝したデヴィッド・ボウイとの40余年に及ぶコラボレーションをはじめイギー・ポップ、マーク・ボラン、寺山修司、忌野清志郎など時代の寵児たちをカメラに収めたことで知られています。1938年に福岡で生まれ、高校生の頃に母親にカメラを買ってもらったことで「もう一つの“時”」があることを知ったと言います。

1970年には活躍の場を日本のみならず世界に広げ、そのフィールドは広告、ファッション、音楽、映画まで多岐にわたり、現在もイギリス、フランス、イタリア、アメリカ等の世界各地で自身の写真展を展開中です。本作は2018年5月で満80歳を迎える鋤田の創作活動から人柄までを追った【初のドキュメンタリー映画】であり、鋤田正義の今後の写真家としての人生をも予感させる作品です。劇中では坂本龍一、布袋寅泰、MIYAVI、ジム・ジャームッシュ、ポール・スミス、山本寛斎など、世界に名だたるアーティストたちが鋤田との仕事や思い出を語っています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『SUKITA』

2018年5月より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
公式サイト:
sukita-movie.com

鋤田正義プロファイル
1938年、福岡生まれ。1960年代から頭角を現し、1970年代には活動の場を世界に広げる。デヴィッド・ボウイやイギー・ポップ、マーク・ボラン、忌野清志郎、YMO等の写真が有名だが、そのフィールドは広告、ファッション、音楽、映画まで多岐にわたる。写真集に「BOWIE×SUKITA Speed of Life 生命の速度」、ボウイ「氣」、「YMO×SUKITA」、忌野清志郎「Soul」等がある。また、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ等の世界各地で自身の写真展を展開中。

***********************************

監督:相原裕美
出演:鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里 リリー・フランキー クリス・トーマス ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVIPANTA 是枝裕和 立川直樹 高橋靖子 他

配給:パラダイス・カフェフィルムズ2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分
©2018「SUKITA」パートナーズ
© All the photos by SUKITA. All rights reserved




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ