「市村正親」タグアーカイブ

「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」第二弾ゲスト声優に小林幸子と山寺宏一!


映画情報どっとこむ ralph 1998年公開、記念すべきポケモン映画シリーズ1作目となる「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」。人間の手によって生み出されたミュウツーが心に抱える「葛藤」、そして自分を生み出した人間への「逆襲」という、ファミリー向けの作品としては異例のテーマを掲げた作品。その伝説の映画がフル3DCGとなり、「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」として7月12日(金)に公開となります。

そしてこの度、第二弾ゲスト声優と最新予告映像が解禁となりました。

先日ミュウツー役のゲスト声優として市村正親さんが帰ってくることが発表となり話題の本作ですが、

なんと小林幸子さんと山寺宏一さんもゲスト声優として参加していることが明らかに!
ポケモン映画第1作目「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」に続き、港育ちのため海のことをよく知っており、波止場を仕切る女性・ボイジャー役を小林さん、世界で最も珍しいといわれている幻のポケモン・ミュウを山寺さんが演じます。

映画情報どっとこむ ralph そして、お二人からのコメントが到着。
21年ぶりの同じ役を演じる思いや、意気込みの詰まったコメントになっています。

ボイジャー/声:小林幸子
港育ちのため海のことをよく知っており、波止場を仕切っている。

小林幸子さんのコメント
21年という時を経て、またこの「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」に参加出来ることを、とても嬉しく幸せに感じております。当時、たくさんの子供たちが、大好きなポケモンと仲間たちの冒険に感動し、優しさや思いやりを育んだ作品です。あの頃の子供たち、そして今を生きている子供たちに、さらに進化した伝説のポケモン映画をぜひ劇場で見て欲しいです!!


ミュウ/声:山寺宏一
全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追う幻のポケモン。

山寺宏一さんのコメント
「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」公開時は、おはスタの司会も担当していたので、映画の出演者としても、伝える立場としてもこの作品が社会現象となっているのを体感しました。今回はフル3DCG化されたことで、まさに原点であるけど新しいポケモンになる気がしていて…非常に楽しみです。当時観たことがある人も、初めてみる子供たちも、心に残る作品になると思いますし、そうなってほしいと願っています。まだあのミュウの声が出るか心配ですが、ハイトーンボイスで頑張ります!!

映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁となった最新予告映像では、その力を制御するためにアーマーを身につけたミュウツー・アーマードミュウツーやコピーされたポケモンたちの姿が初解禁!ミュウツーの野望を止めようと奮闘するサトシたちに、さらに名シーンとの呼び声が高い、サトシのピカチュウの頬をコピーのピカチュウが泣きながら叩くシーンに、子供のみならず大人も胸が熱くなること間違いなしです。


映画情報どっとこむ ralph 「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」

7月12日(金)全国東宝系にてロードショー!

ポケモン映画公式サイト:
www.pokemon-movie.jp

全世界に告ぐ――原点にして、最高峰。
を「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」その二つをもつ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、ついに一人の科学者がミュウの化石発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。「ここはどこだ…。わたしは誰だ…。」最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に生み落とされた伝説のポケモン。その名もミュウツー。存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していく。「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」ついに、あの完全不朽の名作がフル3DCG映像で、2019年夏、世界中にSTRIKES BACK!!

***********************************


キャスト・スタッフ クレジット
声の出演:サトシ/松本梨香 ピカチュウ/大谷育江
ムサシ/林原めぐみ コジロウ/三木眞一郎 ニャース/犬山イヌコ ナレーション/石塚運昇
特別出演/市村正親 小林幸子 山寺宏一
主 題 歌:小林幸子&中川翔子「風といっしょに」(ソニー・ミュージックレコーズ)
原 案 :田尻 智
監 督 :湯山邦彦・榊原幹典(*)
脚 本 :首藤剛志
製 作 :ピカチュウプロジェクト
配 給 :東宝
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト


『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』ゲスト声優・市村正親がミュウツー再び!&最新予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 1998年公開、記念すべきポケモン映画シリーズ1作目となる「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」。

人間の手によって生み出されたミュウツーが心に抱える「葛藤」、そして自分を生み出した人間への「逆襲」という、ファミリー向けの作品としては異例のテーマを掲げた作品だったにも関わらず、公開されるやいなやアニメーション映画として1998年の年間興行収入ランキング1位に輝くなど記録的な大ヒットとなりました。

その後、世界各国で次々と封切られ、日本のみならず世界中が夢中に!全米においては、日本映画興行収入歴代1位の記録を未だに保持するなど、ポケモン映画シリーズの中でも燦然と輝く伝説的な作品となっています。そんな伝説の映画がフル3DCGとなり、「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」として7月12日(金)に公開となります。

そしてこの度、本日より全国の映画館で掲出される最新ビジュアルと最新予告映像が解禁となりました。さらに日本を代表する名優・市村正親がゲスト声優として、帰ってくることが明らかに…!
1998年公開のポケモン映画第1作に引き続き、最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に生み落とされた伝説のポケモン・ミュウツー役を演じます。

予告映像では、今まではその全貌をみることのできなかったフル3DCG版のサトシとピカチュウ、多くのポケモンたちのビジュアルが初解禁となりました!これまでのポケモン映画とは一味違った、新しい姿を垣間見ることができ、当時熱狂した人も、まだ「ミュウツーの逆襲」を観たことがない人も、公開が待ちきれない大迫力の映像となっています。

予告① 


特報② 


映画情報どっとこむ ralph また本発表に際し、市村正親のコメントが到着。
二度目の出演となるポケモン映画への意気込みや、ミュウツー役への思いが詰まったコメントになっています。

市村正親コメント
みなさんの伝説である、あのミュウツーがさらに進化して帰ってきます。今回、新たに自分の中の“ミュウツー魂”を呼び起こして演じました。21年ぶりに蘇った今回の「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」はポケモン映画初となる全編フル3DCGで描かれています。1作目を観た人も、観ていない人も…すべての人に伝説のポケモン“ミュウツー”のパワーをお届けしたい!来たれ、映画館に!

映画情報どっとこむ ralph 「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」

7月12日(金)全国東宝系にてロードショー!

公式サイトURL:ポケモン映画公式サイト 
www.pokemon-movie.jp


ストーリー
全世界に告ぐ――原点にして、最高峰。

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」その二つをもつ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、ついに一人の科学者がミュウの化石を発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。「ここはどこだ…。わたしは誰だ…。」最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に生み落とされた伝説のポケモン。その名もミュウツー。存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していく――。
「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」ついに、あの完全不朽の名作がフル3DCG映像で、2019年夏、世界中にSTRIKES BACK!!

***********************************


キャスト・スタッフ クレジット
声の出演:サトシ/松本梨香 ピカチュウ/大谷育江
ムサシ/林原めぐみ コジロウ/三木眞一郎 ニャース/犬山イヌコ ナレーション/石塚運昇
特別出演/市村正親
原案:田尻 智
監督:湯山邦彦・榊原幹典
脚本:首藤剛志
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト


市村正親登場『 Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~ 』第31回東京国際映画祭公式上映


映画情報どっとこむ ralph 1843 年に出版され、これまでに幾度も映像化、舞台化された英文学の傑作「クリスマス・キャロル」が 生まれる過程を描いた感動ファンタジー『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』が11月30日(金)に新宿バルト9 ほかにて全国公開となります。

11 月の公開に先立ち 10月31日(水)、第 31 回東京国 際映画祭にて特別招待作品として本作が上映され、日本語吹替 版でスクルージの声を担当した市村正親さんが舞台挨拶に登壇! これまで24 年にわたり、舞台で演じてきたスクルージへの思いを語ると共に、ハロウィンにちなんだトークで会場をわかせました。

Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~
第31回東京国際映画祭特別招待作品 市村正親、貴重なレッドカーペット体験に感激! 公式上映舞台挨拶

日程:10 月 31 日(水)
会場:TOHO シネマズ 六本木ヒルズ
登壇:市村正親

映画情報どっとこむ ralph カボチャや墓石が飾られたハロウィン仕様のステージに拍手で迎えられた市村さん。魔女に扮した司会者の姿を見て


市村さん:僕もこういう格好をしてくればよかったかな(笑)?

とちょっぴり残念そうな様子。

東京国際映画祭への参加について

市村さん:僕はいつも見ている側で、参加することなんてないと思っていました。この役で参加できて本当に光栄です。

と喜びを語る。先日、25 日(木)に行われたオープニングセレモニーにも出席し、レッドカーペットを颯爽と歩いたが

市村さん:他の映画の方たちは 2 人とか 3 人とか大人数でしたが、僕はひとりで。階段でこけないようにと気をつけないといけないと緊張していました。

と述懐。
過去記事:レッドカーペットの模様はこちら

今回、スクルージの日本語吹替版を任されたことに関しては

市村さん:僕はかれこれ 24 年間、スクルージをやっていま して、日本でいまスクルージの声をやるのは僕以外にいないだろうってことで。

と誇らしげ。一方で

市村さん:(舞台では) 昔は 1 時間くらいかけて老けメイクをしていたのが、いまは 30 分くらいでできるようになったんですが、この映画で は(スクルージ役の)クリストファー・プラマーさんが 88 歳でほぼノーメイクで演じてらして、僕も彼のようにノーメ イクでやれるようになるまで頑張ろうと思います!

とプラマーへの敬意を語ると共に、さらなる継続への意気込み を口にした。

映画では、主人公の作家ディケンズが、登場人物の名前を思いつくと、彼の目の前にその人物が出現するが、 もし市村さんに同じ能力があったら、誰を出現させたいかを問うと

市村さん:大人になった 2 人の息子たちを出現させたい。 そうしたら一緒に飲めるしね(笑)。僕の後を追って、役者になっているか? 全然違う職業なのか? 早く見 たいですね。

と“父”の顔で語った。 またハロウィンにちなんで、息子さんたちと仮装するなら? という質問には

市村さん:さっき、僕のところに、上の子がチャッキ ー、ママがスパイダーマンになった写真が送られてきました。僕は普段、舞台で仮装みたいなことをしているので、逆に (今日は)なしにしようと思います(笑)

と語り、会場は笑いに包まれた。

最後に・・・

市村さん:スクルージを知っている人は、こういう形で『クリスマス・キャロル』が生まれたのかと楽しめると思います。僕自身、24 年間やってきて、(本作を見て)発見がありました。また いつか、再演があるかもしれません。そのときのためにも参考に映画をご覧いただければと思います。

と語り、舞台挨拶 は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 聖なる夜に家族が集って贈り物を交換し、お互いの幸せを祈る―。現在の世界中のクリスマスのお祝いのルーツには、欧米文学作家の代表格 であるチャールズ・ディケンズの不朽の名作「クリスマス・キャロル」の影響がある。文豪の産みの苦しみとともにディケンズ家の奇跡を描き、大切な 人たちと過ごすクリスマスシーズンを温かく彩ってくれる新たな傑作が誕生いたしました!170 年以上に渡って愛され続け、幾度も映画化されてき た「クリスマス・キャロル」の物語がいかにして誕生したのか、その創作過程とディケンズの心の旅を、御馴染みのキャラクター・スクルージとの出会 いを交えながら、ユニークかつファンタジー感たっぷりに描いた感動作です。


『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』

11 月 30 日(金)、新宿バルト9ほか全国ロードショー

物語・・・
1843年10月、ヒット作に恵まれない中、家族や家の維持費で金欠状態だ った小説家チャールズ・ディケンズは、どうにかヒット作を生み出そうと奮闘する。 新作の執筆に没頭しているうちに小説の世界に入り込んでいき、やがて現実 と幻想の境目が曖昧になっていく――。そこで「クリスマス・キャロル」の登場人 物スクルージらとの出会いを経て、幼少期の隠された記憶や実父との確執と いった自分の問題と対峙していくのだった。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************


日本語吹き替え:市村正親、小野大輔、坂本真綾、江原正士 ほか

【監督】 バハラット・ナルルーリ 【出演】 ダン・スティーヴンス(『美女と野獣』、「ダウントン・アビー」)、 クリストファー・プラマー(『ゲティ家の身代金』『人生はビギナーズ』『サウンド・オブ・ミュージック』)、 ジョナサン・プライス(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、「ゲーム・オブ・スローンズ」) 2017年/アメリカ/104分/カラー/2.35:1/原題:The Man Who Invented Christmas
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES ©BAH HUMBUG FILMS INC & PARRALLEL FILMS (TMWIC) LTD 2017


第31回東京国際映画祭レッドカーペット その2


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭の10月25日(木)開幕。
レッドカーペットイベントが行われ、多くのゲストが登場 その2

<第31回東京国際映画祭 開催概要>
イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph ≪日本映画スプラッシュ部門≫

海抜
高橋賢成監督、田村太一(製作)、名取佳輝(製作)、阿部倫士、松﨑岬、佐藤有紗、奥田誠也、三森晟十朗

漫画誕生
大木萠監督、イッセー尾形、篠原ともえ、稲荷卓央、モロ師岡、とみやまあゆみ、森田哲夫、東ブク ロ、新井美和


武正晴監督、村上虹郎、広瀬アリス、日南響子、岡山天音、奥山和由(企画/製作)

鈴木家の嘘
野尻克己監督、岸部一徳、原日出子、木竜麻生、加瀬亮、岸本加世子、大森南朋

月極オトコトモダチ:
穐山茉由監督、徳永えり、芦那すみれ、野崎智子、山田佳奈、三森麻美、入江陽(音楽)

僕のいない学校:
日原進太郎監督、鋤﨑智哉(共同脚本)、嶺豪一、矢柴俊博、木田尊大、吉川諒、鎌滝勇樹、松本雄士朗

あの日々の話:
玉田真也監督、鈴木徳至(プロデューサー)、大高健志(エグゼクティブ・プロデューサー)、山科圭太、近藤強、前原瑞樹、木下崇祥、野田慈伸、高田郁恵、長井短、菊池真琴

メランコリック:
田中征爾監督、皆川暢二、磯崎義知、吉田芽吹、羽田真、矢田政伸、浜谷康幸、ステファニー・アリエン 、新海ひろ子、山下ケイジ、大久保裕太、蒲池貴範

日本映画スプラッシュ 審査員
パオロ・ベルトリン、ノア・コーワン、入江悠


国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA

めくるめく愛の詩:
ガリン・ヌグロホ監督、アニサ・ヘルタミ

リスペクト:
トレブ・モンテラスII監督 、アブラ

輝ける日々に(『サニー』ベトナム版):
グエン・クアン・ズン監督、ホン・アィン

音楽とともに生きて:
ビサル・ソック監督、ケイリー・ソー監督


«特別招待作品部門≫

えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~ :
横澤夏子、緒方直人、児玉宜久監督、河合広栄(プロデューサー)

あまのがわ:
森武彦(プロデューサー)、古新舜監督、吉藤オリィ(製作)、井上孝之(製作)、ロナ(製作)、福地桃子、生田智子

ギャングース:
入江悠監督、加藤諒、渡辺大知、山本舞香、伊東蒼、菅原健


jam:
SABU監督 劇団エグザイル

旅猫リポート:
福士蒼汰、三木康一郎監督、ナナ、広瀬アリス

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~ :
市村正親

その3へつづく

その1はこちら

***********************************

PHOTO:TJ
©TIFF


市村正親&小野大輔の声も初解禁! 『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 1843 年に出版され、これまでに幾度も映像化、舞台化された英文学の傑作「クリスマス・キャロル」 が生まれる過程を描いた感動ファンタジー『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』が 11月30日(金) に新宿バルト9ほかにて全国公開となります。

メインビジュアルと日本版本予告映像が到着。
スクルージ役とナレーションを務めた市村正親さん、チャールズ・ディケンズ役の小野大輔さんの声が初解禁となります。


「クリスマス・キャロル」の制作秘話が明かされる、クリスマスシーズンの新定番となる傑作が誕生! 聖なる夜に家族が集って贈り物を交換し、お互いの幸せを祈る――。現在の世界中 のクリスマスのお祝いのルーツには、欧米文学作家の代表格であるチャールズ・ディケンズ の不朽の名作「クリスマス・キャロル」の影響がある。文豪の産みの苦しみとともにディケン ズ家の奇跡を描き、大切な人たちと過ごすクリスマスシーズンを温かく彩ってくれる新たな 傑作がここに誕生!170 年以上に渡って愛され続け、幾度も映画化されてきた「クリス マス・キャロル」の物語がいかにして誕生したのか、その創作過程とディケンズの心の旅 を、御馴染みのキャラクター・スクルージとの出会いを交えながら、ユニークかつファンタジー 感たっぷりに描いている。 新作の執筆に挑む若き日のチャールズ・ディケンズを演じるのは、ディズニー映画『美女 と野獣』で脚光を浴び、ドラマ「ダウントン・アビー」「レギオン」などでも絶大な人気を誇る ダン・スティーヴンス。

彼の前に分身のように現われてインスピレーションを与えるスクルー ジを、『人生はビギナーズ』のオスカー俳優、クリストファー・プラマーが偏屈でありながら ユーモアのある人物として造形した。イギリスの実力派俳優たちの個性豊かな芝居を、ド ラマ界でも活躍するバハラット・ナルルーリ監督が見事にまとめ上げた。 日本吹き替え版には、これまでに 5 度も舞台版「クリスマス・キャロル」でスクルージを 演じてきた、まさに“日本のスクルージ”、市村正親、声優界を代表する存在である、小 野大輔&坂本真綾と、豪華声優キャストが揃った。


思わず浮足立ってしまうクリスマス気分を一足お先にお届け!
全世界で一番大きなイベント事であるクリスマス。12 月に入ると町はクリスマス一色に 変わり、気分も高まる人が大勢いるはず。そんな人々を幸せにするクリスマス感がたっぷり 詰まった、本ビジュアルと日本版予告がついに完成! キャラクターが勢揃いした本ビジュアルでは、「クリスマス・キャロル」の主人公、スクルー ジ(クリストファー・プラマー)の不愛想な顔と、そんな彼を作り上げるチャールズ・ディケン ズ(ダン・スティーヴンス)の姿が描かれている。また日本版予告では、ディケンズとスクルージに扮した小野大輔と市村正親の声が初解禁! それぞれキャラクターの雰囲気にあった声を見事に作り上げ、誰もがワクワクするような楽しいクリスマス映画を生み出した。さらに字幕版では文 字だけで表現されていた説明も、吹き替え版では分かりやすいナレーションに変更、市村はそのナレーター役としても声の出演を果たしている。


スクルージとディケンズは一体どのような冒険を経て、名作「クリスマス・キャロル」を生み出したのか?笑いあり、涙ありの新しいクリスマス映画 にぜひご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph 感動ファンタジー『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』
原題:The Man Who Invented Christmas

STORY
1843年10月、ヒット作に恵まれない中、家族や家の維持費で金欠状態だった小説家チャールズ・ディケンズは、どうにかヒット作を生み出そうと奮闘する。新作の 執筆に没頭しているうちに小説の世界に入り込んでいき、やがて現実と幻想の境目が曖昧になっていく――。そこで「クリスマス・キャロル」の登場人物スクルージらとの出会い を経て、幼少期の隠された記憶や実父との確執といった自分の問題と対峙していくのだった。

***********************************

市村正親(スクルージ)、小野大輔(チャールズ・ディケンズ)、坂本真綾(ケイト・ディケンズ)、江原正士(ジョン・ディケンズ) 【監督】 バハラット・ナルルーリ/【出演】 ダン・スティーヴンス (『美女と野獣』、「ダウントン・アビー」)、クリストファー・プラマー (『ゲティ家の身代金』、『人生はビギナーズ』、 『サウンド・オブ・ミュージック』)、ジョナサン・プライス (『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、「ゲーム・オブ・スローンズ」)

2017年/アメリカ/104分/カラー/2.35:1
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
©BAH HUMBUG FILMS INC & PARRALLEL FILMS (TMWIC) LTD 2017