「市川由衣」タグアーカイブ

「月と雷」初音映莉子、高良健吾の大人の色香漂うラブシーン映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・角田光代の同名小説の安藤尋監督作が実写映画化した『月と雷』が、いよいよ10月7日よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

一か所に定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語。「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代の真骨頂ともいえる作品です。
“家族愛”を知らない主人公・泰子役に数々の映画、舞台で活躍する実力派女優・初音映莉子、人懐っこくてなんだか憎めない青年・智を高良健吾が演じています。また、不思議な魅力で男たちから絶えず愛情を注がれるも、継続的で深い関係を築けない智の母・直子を草刈民代が演じました。

そして!

この度解禁となったラブシーン映像には、20年ぶりに再会した泰子と智の一夜の様子が収められています。

幼い頃、半年にも満たない期間だがともに暮らした2人。大人になったある日、突然目の前に現れ、あいかわらず人懐っこい笑顔を浮かべる智を泰子は困惑しつつ受け入れる。​

眠りについていた智に「あれ、したいな。子供んときしてくれたやつ」と、背中をくっつけて寝そべるようねだる。そして離れていた時間を埋めるかのように2人は距離を縮めていく。​

映画情報どっとこむ ralph 本作には数度ラブシーンが登場するが、このシーンについて

安藤監督:女性主導のラブシーンにしたかった。

と語っている。『海を感じる時』『花芯』など、数々の作品で美しいラブシーンを描いてきた監督。


安藤監督:女性が主役の、意思を持った上でのシーンにしたかったんです。個人個人の魂のまじわりというか、感情の交換が現れるシーンなので、男性主体で始まるものではない。家族とは全然違う赤の他人だけれども双子、というようなふたりにしかわからない関係性を意識しながら撮影しました。​

と、本作でのこだわりについてもコメントしています。
『月と雷』

公式サイト:
http://tsukitokaminari.com/
公式Twitter:
@tsukitokaminari
公式Facebook:
@tsukitokaminari/

映画情報どっとこむ ralph あてもないけど、生きていく…。 ​
 “普通”の人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅-。​

「あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を 重ねていく―。」​
結婚を控え、そう考えていた泰子の前に ​
現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人 の息子、智。​
20年前、愛人・直子と智が転がり込んでき たことで、泰子の家族は壊れたはずだった。​
根無し草 のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪 気にかき回し始める。​
「邪魔しないであたしの人生」、 そう普通の幸せを願っているはずなのに……。 ​
泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・ 直子を訪ねて行くことで、​
“普通の幸せ”を求めていたはずの自分の人生が、少しずつ変わっていくのに気づき始める。​

これは、一つどころに定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、 ​
そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語である。​

***********************************

初音映莉子 高良健吾
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己
草刈民代

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋

脚本 本調有香 音楽 大友良英 製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ

制作プロダクション アグン・インク
配給 スールキートス
(C)2012角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会


初音映莉子×高良健吾「月と雷」映画化


映画情報どっとこむ ralph ​直木賞作家・角田光代の同名小説「月と雷」が初音映莉子×高良健吾主演で映画化。

2017年10月7日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次公開となります。

本作「月と雷」は、≪人と出会うこと、そして人を受け 入れることで、人生が予想もしない方向に転がっていく様≫を描き、「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代文学の真骨頂と評されています!

この名作を、『海を感じる時』の安藤尋監督が、『人のセックスを笑うな』の本調有香と『blue』以来のタッグを組み、繊細かつ力強くスクリーンに蘇らせます。

“家族愛”を知らない主人公・泰子役には、『終戦のエンペラー』で華々しくハリウッドデビューし、その後も数々の映画、舞台で活躍する実力派女優・初音映莉子。
人懐っこくてなんだか憎めない青年・智を『横道世之介』『きみはいい子』などで日本を代表する若手 俳優の地位を確立した高良健吾。
さらに世話をしてくれる男性を見つけては、男から男へと各地を流転する智の母・直子を、『Shall weダンス?』『終の信託』の草刈民代が、自由奔放のようでいて深い孤独を漂わせる女性として熱演し、新境地を見せています。​

映画情報どっとこむ ralph あてもないけど、生きていく…。 ​

“普通”の人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅-。​

「あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく―。」

結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。

20年前、愛人・直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家族は壊れたはずだった。
根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始める。​

「邪魔しないであたしの人生」

そう普通の幸せを願っているはずなのに……。
泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・ 直子を訪ねて行くことで、“普通の幸せ”を求めていたはずの自分の人生が、少しずつ変わっていく。​

これは、一つどころに定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、 そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語である。​

公式サイト:
tsukitokaminari.com/

公式Twitter:
@tsukitokaminari

公式Facebook:
@tsukitokaminari​

***********************************

『月と雷』​
初音映莉子 高良健吾​
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 村上 淳 木場勝己 ​
草刈民代​

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋 ​
脚本 本調有香 音楽 大友良英 
製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ ​
制作プロダクション アグン・インク 
配給 スールキートス 
(C)2012角田光代/中央公論新社
(C)2017「月と雷」製作委員会​
     


窪塚洋介ご機嫌!『アリーキャット』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 野良猫のように街の片隅でひっそり生きる男が、ひょんなことからバディとなった男と一緒に、一人の女を守るために奮闘し、アツイ想いを取り戻していく物語。闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつも、人生に躓いた人間の再生が描く「アリーキャット」が7月15日よりテアトル新宿ほか全国ロードショーとなり、初日舞台挨拶が窪塚洋介、市川由衣、品川祐、高川裕也、岡本拓真、川瀬陽太、榊英雄監督が登壇して行われました。

日時:7月15日(土)
会場:テアトル新宿
登壇:窪塚洋介、市川由衣、品川祐、高川裕也、岡本拓真、川瀬陽太、榊英雄監督

映画情報どっとこむ ralph エンドロールが終わると大きな拍手が起こった会場。
どうやら、本作が刺さったご様子の観客の皆さん。

窪塚さん:初日を迎えることができて感激しています。みなさんにこの映画がどう届いたのか楽しみです。

岡本君:今日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます。
との挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 現場はいかがでしたか?の質問に、

窪塚さん:2週間という短い時間の中で、極寒だったんですね。丸とリリーの熱さをみんなで盛り上げました!KJツアー中でこれませんでしたが、彼はいまだに俺のことを丸って呼んでくれていて。ドキッとします。いい時間を過ごせました!

市川さん:本当にみんな気さくで。楽しい現場でしたが・・私の役は息子への愛がないと成り立たなかったので、拓真で良かったです。(思い出のシーン)クランクインが品川さんとのビデオのシーン。凄いお酒臭かったんです!でも、あの役ですが品川さんほんと優しかったんです。

監督:そう、初日遅刻してきた!

窪塚さん:すっげーなー!

と、バラされる品川さん。

品川さん:現場で、はしゃげない役で、KJが現場を盛り上げてくれて。。終わってからも気にかかる現場でした。

窪塚さん:温かい汁を作って品川さん持ってきてくれて、現場あったまったんですよね。温度も純度も高まりました!役柄上八茶けられなかったんで、皆さんの演技を受けて受けて。

岡本君:撮影の時はとっても優しくて。肩車してくれてとっても嬉しかったです。

と、品川さんが優しい攻撃を受けて、にやにや。

映画情報どっとこむ ralph 高川さん:悪い役とかいやらしい役が多いので。普通でした。でも今回は照れました。窪塚さんとの格闘シーンは楽しみましたね。

と、監督の演出につわものでも高川さんが戸惑ったそう。

監督の榊は、プライベートでも進行のある川瀬さんに

川瀬さん:撮影から1,2日はピリピリしてましたよね。

と、暴露され、

監督:最初の2日間くらいはピリピリしてましたが、その先は俳優さんにお任せでした。

窪塚さん:確かに、みんなでアイディア出し合って、作りましたね。監督が話を聞いてくれるんで。一致団結しましたね。

市川さん:そういえばセクシーな時だけ、任せないで監督張り切って実演してました!

品川さん:自由な監督です!

最後に、

窪塚さん:いろんな世代の方が観に来てくれていて嬉しいです。夢とかに一歩進める気掛けの映画になったら嬉しいです!NEXTSTAGEへ!
alleycat-movie.com

***********************************

窪塚洋介 降谷建志
市川由衣 品川祐
柳英里紗 川瀬陽太 森岡豊 馬場良馬 岡本拓真 森本のぶ
三浦誠己 高川裕也 / 火野正平
監督:榊英雄、脚本:清水匡、音楽:榊いずみ
撮影:早坂伸、照明:大庭郭基、録音:日下部雅也
美術:井上心平
編集:清野英樹
助監督:山口雄也
製作:東映ビデオ/アークエンタテインメント/アサツー ディ・ケイ/東京メトロポリタンテレビジョン/ソニーPCL
制作:ファミリーツリー  

制作協力:キリシマ1945  
配給:アークエンタテインメント 

カラー/ビスタ/5.1ch/129分/R15+



妻夫木聡&石川 慶監督『愚行録』ティーチ・イン実施決定!


映画情報どっとこむ ralph このたび、第73回ベネチア国際映画祭<オリゾンティ・コンペティション>部門正式上映作『愚行録』が、3月28日(火)に大ヒット御礼舞台挨拶を行うことになりました!!

待望のトーク&ティーチ・イン第2弾が3月28日(火)に実施が決定しました!主演の妻夫木聡、石川慶監督に登壇します!
当日は本作の撮影にまつわるエピソード、現場での演出などについてトークいただいた後、観客の皆様から映画に関する質問を募りお答えいただくティーチ・インも実施!!

果たしてどんな質問が飛びだすのか!?さらに、大ヒットを感謝して、この回だけのプレゼント大会を実施!抽選に当たったお客様に、キャストサイン入りの映画オリジナルグッズをプレゼントする予定だそうです。


日程:3月28日(火)時間:14:00~の回上映後
場所:新宿ピカデリー
登壇(予定):妻夫木 聡、石川 慶

インターネット販売:3月22日(水)19:00~
新宿ピカデリー 劇場ホームページにて先行販売開始
www.smt-cinema.com/site/shinjuku

劇場窓口及び自動券売機販売:3月23日(木)劇場OPENより販売
※インターネット販売で完売の場合は販売ございません。

映画情報どっとこむ ralph 映画『愚行録』

公式サイト:
http://gukoroku.jp/

大好評、全国公開中!

物語・・・
閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は改めて真相を探ろうと関係者の証言を追い始める。しかし、そこから浮かび上がってきたのは田向夫妻の外見からは想像もできない噂の数々だった-。

***********************************

妻夫木 聡 満島ひかり
小出恵介 臼田あさ美 市川由衣 松本若菜 中村倫也 眞島秀和 濱田マリ 平田 満

原作:『愚行録』貫井徳郎
脚本:向井康介
音楽:大間々 昴
監督:石川 慶
配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
(C)2017「愚行録」製作委員会
         


満島ひかり × 石川慶監督 登壇『愚行録』トーク&ティーチ・イン実施決定!


映画情報どっとこむ ralph 2月18日より全国公開となった『愚行録』が上映78スクリーンながら上映開始11日間で興行収入1億円を突破しました!

老若男女の映画ファンを中心に着々と動員を伸ばしており、満席も続出し、「今年公開の邦画ベストワン」「文句なしの傑作」、「満島さんの演技に圧倒された…」「上映後、しばらくの間立ち上がれなかった。」「脚本が素晴らしくて震えている。」「配役が絶妙で素晴らしい」「鳥肌モノだった。」などSNSを中心に口コミが広がっております!
満島ひかり×石川慶監督

本作のヒットを記念して妻夫木聡演じる週刊誌記者・田中の妹で秘密を抱える光子を演じた満島ひかりと本作で長編デビューを飾った石川慶監督がトークショーと観客とのティーチ・インイベントの実施が決定致しました!

【イベント概要】
・日程:3月9(木)
・時間:18:40~の回上映後
・場所:新宿ピカデリースクリーン③ (東京都新宿区新宿3-15-15)
・登壇者(予定):満島ひかり、石川 慶

・インターネット販売:3月3日(金)19:00 ~
新宿ピカデリー劇場ホームページにて先行販売開始。劇場窓口及び自動券売機販売:3月4日(土)劇場OPENより販売
※インターネット販売で完売の場合は販売ございません。

映画情報どっとこむ ralph 映画『愚行録

公式サイト:
http://gukoroku.jp/

物語・・・
閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は改めて真相を探ろうと関係者の証言を追い始める。しかし、そこから浮かび上がってきたのは田向夫妻の外見からは想像もできない噂の数々だった-。

映画情報どっとこむ ralph 過去記事:
心に爪痕が残れば・・妻夫木『愚行録』初日舞台挨拶で
eigajoho.com/?p=63913
height=”280″ class=”aligncenter size-large wp-image-63914″ />

***********************************

妻夫木聡 満島ひかり
小出恵介 臼田あさ美 市川由衣 松本若菜 中村倫也 眞島秀和 濱田マリ 平田 満
原作:『愚行録』貫井徳郎
脚本:向井康介
音楽:大間々 昴
監督:石川 慶
配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
(C)2017「愚行録」製作委員会 全国大ヒット公開中!