「市山尚三」タグアーカイブ

独立映画鍋×東京フィルメックス~日本の映画行政について考える~ 11/18イベント開催決定


映画情報どっとこむ ralph 今年、映画「万引き家族」(是枝裕和監督)がカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞しました。

受賞直後から、万引きと貧困を題材にした内容が日本のネガティブなイメージを拡散すると懸念した層から、この作品が文化庁の助成を受けていることへの批判が上がり、公権力と文化助成の関係、その正当性について様々な議論が巻き起こりました。

このシンポジウムでは、第19回東京フィルメックス出品監督や審査員も交え、アジア諸国の実情と比較しながら、日本におけるインディペンデント映画と公的支援について考えます。

映画製作に携わる人から、観る人、そして納税者まで、あらゆる立場から意見を出し合いながら、今後の映画行政の可能性、そして映画文化の公共性を探ります。


映画情報どっとこむ ralph 第19回東京フィルメックス 連携企画
インディペンデント映画と公的支援~日本の映画行政について考える~

◆第一部◆
【ゲスト】モーリー・スリヤ(映画監督/インドネシア)
【聞き手】市山尚三(映画プロデューサー/東京フィルメックス ディレクター)

◆第二部◆
【ゲスト】諏訪敦彦(映画監督)、荒木啓子(PFFディレクター)、近浦 啓(映画監督)
【聞き手】深田晃司(映画監督/独立映画鍋 共同代表)

◆第三部◆
会場を交えてディスカッション
【総合司会】土屋 豊(映画監督/独立映画鍋 共同代表)

日時:11月18日(日)
10:00開場 10:30開始 (13:30終了予定)
会場:ビジョンセンター東京有楽町C・D合同ルーム
(東京都中央区銀座1-6-2 銀座Aビル3階)
料金:一 般1000円/映画鍋会員500円
主催:特定非営利活動法人 独立映画鍋
詳細:http://eiganabe.net/2018/11/05/2008

映画情報どっとこむ ralph NPO法人独立映画鍋とは・・・
映画の作り手から劇場、映画ファンまで、映画文化を支えるすべての人に開かれたネットワークです。映画の多様性を確保することで、民主的で豊かな社会形成を目指しています。

***********************************



独立映画鍋 × 第18回東京フィルメックス『インディペンデント映画ってなんだ!?』


映画情報どっとこむ ralph 昨今デジタル技術の進歩によって、インディペンデント映画の制作本数は飛躍的に増加しました。

しかし、改めて“インディペンデント映画ってなんだ!?”と問われた時に、どれだけの人が明確な答えを持ち合わせているでしょうか?もしその定義が国や時代、置かれた立場によって異なるのならば、現代のアジア諸国における“インディペンデント映画”とは何なのか?

日本とアジアの監督の目線から、インディペンデント映画の”いま“を問い直すトークイベントを開催します。第一部では昨年の東京フィルメックスのコンペティションに入選した日本で活動する監督を、第二部では今年の東京フィルメックスに参加するアジアで活動する監督を迎え、自国の課題と展望を語ります。第三部では日本とアジアを相対化しつつ、現代のアジアインディペンデント映画の可能性を探っていきます。
料金:一般1000円 / 映画鍋会員500円 /定員190名・予約不要・先着順

会場候補:東京国際フォーラムガラス棟G7F・G701室 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

開催日時:11/18(土) 13:20開場/13:45 START (16:30時終了)

【総合司会】土屋豊:映画監督/独立映画鍋共同代表/ビデオアクト主宰

映画情報どっとこむ ralph <パート1:日本の監督から>13:45〜14:35

【ゲスト】
内田伸輝:2010年『ふゆの獣』東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞、ロッテルダム、香港、サンセバスチャンなど国内外の映画祭で上映。2012年長編映画『おだやかな日常』は釜山、東京フィルメックス、ロッテルダム、テッサロニキ他、カナリア諸島地球環境映画祭2014にて最優秀作品賞。2013年『さまよう獣』全国劇場公開。最新作は『ぼくらの亡命』東京フィルメックス、サハリン国際映画祭で上映、全国劇場公開中。

庭月野議啓:1981年生まれ。北九州出身。九州芸術工科大学にて映画を撮り始め、九州大学芸術工学府卒業後に上京、フリーランス・ディレクターとして活動を始める。実写ドラマだけでなく、MVやアニメなど多様な作品の演出を手がけ、2010年には短編映画『イチゴジャム』がPFFアワードを始めとする様々な映画祭に入選。この度4年の歳月をかけて完成させた自主制作時代劇『仁光の受難』(2016)は、自身の長篇デビュー作となる。

【聞き手】
深田晃司:映画監督/独立映画鍋共同代表

映画情報どっとこむ ralph <パート2:アジアの監督から>14:45〜15:45

【ゲスト】
エレン・キム(韓国):日仏韓合作映画『涙女』プロデュース。韓国芸術総合学校で教職、2016年から富川国際ファンタステクィック映画祭のチーフプログラマー。本年の東京フィルメックス審査委員。

五十嵐耕平:1983年静岡生まれ。東京造形大学在学中に制作した映画『夜来風雨の声』が Cinema DigitalSeoul Film Festivalに出品し、韓国批評家賞を受賞。2014年、東京藝術大学大学院映像研究科にて制作した修了作品『息を殺して』は第67回ロカルノ国際映画祭新鋭監督部門に出品されたのち全国劇場公開。2017年、ダミアン・マニヴェルと共同監督した新作『泳ぎすぎた夜』は第74回ヴェネチア国際映画祭に正式出品された。

【聞き手】
市山尚三:㈱オフィス北野に在籍。「東京フィルメックス」プログラム・ディレクター。映画プロデューサーとして、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督作品や、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督作品など多くのアジア映画を手がける。


<パート3:全員でディスカッション>15:45〜16:30

【ゲスト】
パート1&パート2のゲストが参加。


***********************************



塚本晋也驚嘆!『エヴォリューション』監督ルシール・アザリロヴィックの創作に迫る


映画情報どっとこむ ralph ルシール・アザリロヴィック監督最新作、映画『エヴォリューション』が2016年11月の公開に先駆けて、6月24日より開催中の「フランス映画祭2016」にて上映回が行われました。

美しくも妖しい少女の世界を描いたガールズムービーの金字塔である前作『エコール』の35㎜フィルム上映と併せてマスタークラスが行われ、ルシール・アザリロヴィック監督と『野火』の塚本晋也監督との対談が行われました。

エヴォリューション_ルシール監督&塚本晋也監督
日時:6月26日(日)14:00~
会場:アンスティチュ・フランセ東京
登壇:ルシール・アザリロヴィック、塚本晋也(『野火』)
司会:市山尚三(東京フィルメックス プログラムディレクター)

映画情報どっとこむ ralph MC:ルシール監督と塚本監督2人の出会いは?

ルシール監督:アヴォリアッツ映画際で初めて会いました。その時は自分の映画ではなく、パートナであるギャスパー・ノエの『カノン』の手伝いで一緒に行ったんですが、そこで初めて『鉄男』を観たんです。ギャスパーと二人で”すごい映画だね!日本人の監督が撮っているんだって、絶対会いにいかなきゃ!”とすぐに飛び着きました。私たちが二人で迫っていったので、塚本監督は怖かったんじゃないのかな(笑)。当時、私は英語が話せなかったんですが、お互いに分かり合えたと思います。

塚本監督:アボリアッツ映画祭は『鉄男2』で初めて招待された海外の映画祭で、そこで最初にあったのがギャスパー・ノエで、一緒にいたのがルシールさんだったんです。こんなに長くお付き合いが続くとはとってもびっくりです。その時ギャスパーの家に泊まったんです。そこでルシールの、『ミミ』(’96)の前に作られた短編集『First Death of NONO』をみせてもらい、”ダークビューティフル”と言ったら、そのフレーズをとても喜んでくれていました。


MC:お互いの作品について!

ルシール監督:塚本さんの作品はほとんど観ています。もちろん新作『野火』も。彼の撮る映画にとても興味がある。というのは、新しいものを発明するような実験的な作品が多くて、そこに面白さも感動もあり、非常に自由に作られてれいるから。更に、塚本監督本人が監督、俳優、撮影、照明、編集、制作もすべて行っている。ギャスパーもそう言っているんですが、彼はまさに”オーケトラマン”。しかも『野火』に至っては配給までも行っていて、それをすべて見事にやりとげるのは信じられないな事だと思っています。

塚本監督:僕も彼女の作品はほとんど観ています。今日上映した『エコール』についてはルシールがそのまま映画になったよう。彼女は本当に少女みたいな人なんです。一緒にカラオケ行っても小さな声で歌うんです。その少女のような感じがそのまま映画になっている。この映画はまさにルシールそのもの。普段は少女のようなルシールだけど、映画作りについてはかなり厳格に映画を作っていて、僕自身励まされます。

ルシール監督:この『エコール』については少女の視線で捉えた世界を描きたかった。外部の大人の目でみたというのではない。そして10歳くらいの子供たちにこの作品を観せたかった。実際子供たちにこの作品を観せると「普通だよ。僕たちのいまみている世界だよ」と答えるんです。一方大人に見せると「変な世界ね」といったように捉えるのがおもしろい。私は映画の中のシーンのように棺に入ったことはないけど、この作品は自伝的なもを含めた映画です。

エヴォリューション_ルシール監督&塚本晋也監督トーク
映画情報どっとこむ ralph 映画の作り方・撮影について

ルシール監督:映画を作る際に自分なりのルールがあります。ストーリーボードは作らないし、カメラは固定で長回し。だから塚本さんのような動く映像に憧れます。作品を作る時はいろいろなものをそぎ落として映画を作っていく。そしてミニマルな映画ができていきます。

塚本監督:新作の『エヴォリューション』を一足先に見させていただきましたが、最初に観た時、あまりに映像が綺麗なのに驚いて「最初の海のシーン、あれどうやって撮ったの?」と開口一番に聞いたんだよね(笑)。

ルシール監督:そうやって言ってくれたのとっても嬉しかったです!

塚本監督:映像のことばっかり言ってると思われるかもしれませんが、映像の持つ力は大きくて、映像が語る。映像が物語を生み出すんだと思います。


「フランス映画祭2016」は6月27日まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催。

ルシール監督の新作『エヴォリューション』は6月27日に有楽町朝日ホールで上映となります。

映画『エヴォリューション

2016年6月27日(月)14:00開映
会場:有楽町朝日ホール
登壇:ルシール・アザリロヴィック監督

詳細・チケット情報:
http://unifrance.jp/festival/2016/

映画情報どっとこむ ralph 映画『エヴォリューション』(2015年/81分)

2016年11月 渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ ほか

『エコール』の監督が贈る、最も美しい“悪夢”。

エヴォリューション_ティーザー_s少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。
「なにかがおかしい」と異変に気付き始めた二コラは、夜半に出かける母親の後をつける。
そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。“エヴォリューション(進化)”とは何なのか…?

ギャスパー・ノエの公私にわたるパートナーであり、森で暮らす少女たちを描いた『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督が贈る、最も美しい“悪夢”。

映画祭で上映されるや否や「初期クローネンバーグを思わせる!」「ルイス・キャロル、グリム兄弟、アンデルセンの死体を掘り起こした」等大きな反響を巻き起こした。

***********************************

監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ
2015年/フランス、スペイン、ベルギー/フランス語/81分/DCP/2.35/5.1ch
配給:アップリンク
© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

2015年 トロント国際映画祭 正式出品
2015年 サン・セバスチャン国際映画祭 審査員特別賞・最優秀撮影賞受賞
2015年 ストックホルム国際映画祭 最優秀撮影賞
2015年 ナント・ユートピア国際SF映画祭 最優秀撮影賞