「市原隼人」タグアーカイブ

薩長土肥先行公開決定!市原隼人主演最新映画『サムライせんせい』


映画情報どっとこむ ralph 幕末を生きた武市半平太が時空を超えて巻き起こす、痛快物語!
この度、東京公開を2018年新春に控える市原隼人主演最新映画『サムライせんせい』がいよいよ薩長土肥(鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県)を皮切りに先行公開となります。
そして先行公開を記念し、主人公・武市半平太を演じる市原隼人が半平太の扮装で本作を紹介するコメント映像が解禁です。

自分の志を決して曲げず、日本国をより良い国にしたいと短い生涯を奔走した武市半平太の熱い思いを背負い、平成の時代にタイムスリップした半平太を演じた市原が本作の見どころについて初めて語りました。


いよいよ映画史上初の北上公開を引っ提げて、半平太旋風を巻き起こします。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。

尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。
ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。
半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。

平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。
楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

映画『サムライせんせい

公式サイト:
samuraisensei.com

11月18日(土)TOHOシネマズ高知他、薩長土肥先行公開
2018年新春、東京公開ほか、全国北上公開

***********************************

出演:市原隼人 / 忍成修吾、奥菜恵 / 押田岳・武イリヤ / 橋爪功 他   
監督:渡辺一志
原作:「サムライせんせい」(著者:黒江S介/リブレ刊)
製作:ヴァンブック
配給:ピーズ・インターナショナル
上映時間:93分(予定)
ⒸMovie ver. Master SAMURAI. and ⒸEsusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.  


幕末150周年 市原隼人 主演『サムライせんせい』場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 東京公開を2018年新春に控える市原隼人主演最新映画『サムライせんせい』より、場面写真が最速解禁です。

今回解禁される場面写真は、メインビジュアルを含め3点。

メインビジュアルとしてセレクトされたのは、現代に迷い込んだ半平太が見たこともない<掃除機>を覗くシーン。
正に過去と現代が融合した瞬間の場面写真です。果たして半平太は、掃除機の管の中に何を見たのか?!
サムライせんせい
さらに本作でキーとなる坂本竜馬を演じた忍成修吾と、

半平太を助ける佐伯老人を演じた橋爪功との場面写真。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。

尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。

半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。

平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

映画『サムライせんせい

公式サイト:
samuraisensei.com

***********************************

出演:市原隼人 / 忍成修吾、奥菜恵 / 押田岳・武イリヤ / 橋爪功 他

監督:渡辺一志
原作:「サムライせんせい」(著者:黒江S介/リブレ刊)
製作:ヴァンブック
配給:ピーズ・インターナショナル 上映時間:93分(予定)
ⒸMovie ver. Master SAMURAI. and ⒸEsusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.


市原隼人『サムライせんせい』TOHOシネマズ高知にて先行公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、6月26日よりクランクインとなる市原隼人主演最新映画『サムライせんせい』が、早くも11月18日(土)よりTOHOシネマズ高知にて先行公開されることが決定しました。

本作は、幕末・明治維新150周年記念作品として製作されます。

原作は、黒江S介の同名漫画「サムライせんせい」。

物語は、歴史の教科書でお馴染みの幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太がタイムスリップした現代日本で学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快なストーリー。

実在の人物・武市半平太とは、優れた剣術家でありながら、黒船来航以降の時勢の動揺を受けて攘夷と挙藩勤王を掲げる土佐勤王党を結成。同じ時代を生きた土佐藩の坂本竜馬とは遠縁にあたる人。

映画情報どっとこむ ralph 歴史上の実在人物が現代にタイムスリップするという奇想天外なストーリーで描く本作の主演を務めるのは、現在NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で傑山役を好演中の市原隼人さん。

市原隼人さんからのコメント
高知の皆様がいらっしゃなかったら、今作品は実現しませんでした。言葉では現せないほどの感謝の思いと敬意を払いこれから撮影に望みます。心身ともに鍛練を怠らず、強い思想家でもある武市半平太に寄り添い、皆様に楽しんで頂ける様に高知県で過ごす時間を大切に致します。古き良き心と共に。

本作でメガホンをとるのは、『キャプテントキオ』(07)、『新選組オブ・ザ・デッド』(15)の渡辺一志監督。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。
尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。
半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。
平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

公式サイト:
samuraisensei.com

***********************************


出演:市原隼人 / 忍成修吾、押田岳、武イリヤ、蛍雪次朗 他

監督:渡辺一志  
製作:ヴァンブック  
配給:ピーズ・インターナショナル  
ⒸMovie ver. Master SAMURAI. and ⒸEsusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.
    


市原隼人・斎藤工・豊川悦司ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶1


映画情報どっとこむ ralph 2年の時を超え・・・遂に、豪華すぎるキャスト陣が様々な”喜怒哀楽”で魅せる映画『ブルーハーツが聴こえる』が4月8日に初日を迎え、新宿バルト9にて舞台挨拶が行われました!

このレポートは『人にやさしく』、『ラブレター』&『1001のバイオリン』の舞台挨拶の模様です。


日程:4月8日(土)
場所:新宿バルト9 スクリーン9(13F)
<第一弾> 10:00の回上映終了後『人にやさしく』&『ラブレター』&『1001のバイオリン』
登壇者
『人にやさしく』:市原隼人、下山天監督
『ラブレター』:斎藤工、山本舞香、井口昇監督
『1001のバイオリン』:豊川悦司、三浦貴大、李相日監督

映画情報どっとこむ ralph 『人にやさしく』下山組

下山監督:ブルーハーツの曲の中から選んだのですが、誰もかぶりがなく、全くどれも違うオムニバスになったのは奇跡だと思います。ブルーハーツの曲が大好きで、インディーズ時代の曲を選びました。(なぜSFか?)ヒロトさんが「初心が」とおっしゃっていたので、僕の初心が何か考えたら、スターウォーズ、ブレードランナー、映画をやろうと思った最初はSFだったんですね。でも、宇宙にずっと行けなくて。これは絶対この企画でと。あえて宇宙に行ってみました。311の後だったこともあり、日本人の結束力、助け合いなどを「人にやさしく」で着地できないかなと。。撮影は 人にやさしくなかったですけどね。

と、曲選びと思いを語り

市原さん:アクションは・・・気が付いたら朝十時とかになっていて。現場は楽しかったんです。やりたくてそこにいたのですから、それが伝わればいいなと思います。何しろ監督と演者のみなさんとご一緒出来たのですから。もっと現場にいたかったです。

と、熱い想いを披露。

映画情報どっとこむ ralph 『ラブレター』井口組

井口監督:この曲を選んだのは、バラードとかラブソングが好きで、でも今までホラーとかばかりだったので、ラブストーリーを女性向けの映画をつくってみた買ったんです。それから人生の復讐できればと。僕の高校生時代を工さんに置き換えてね。

斉藤さん:監督からラブレターのような手紙をいただいたのですが、監督の自主映画「わびさび」があるんです。それのファンで。(監督:今回そのリメークです!僕が彼女を撮っていたのを工さんで・・)

山本さん:その場面は、本当に斎藤さんに撮っていただきました。

監督:リアルに恋してる、顔を撮りたかったんです!僕がとったらね・・・。
山本さん:それはそうですね。全然違うと思います。

と監督をばさっさり。今年一番傷ついた!と監督。。。

映画情報どっとこむ ralph 『1001のバイオリン』李組
李監督:選んだのは・・・・ヒマラヤと消しゴム。から想像力を膨らませしました。ブルーハーツのなかで弦楽器はめずらしくて、映画的にもあっていて。そして、詞が出たときに、その奥にあるものを曲が代弁してくれています。

福島ロケを敢行した本作。

三浦さん:実際福島で作業をしていた人に伺いに行ったり、避難区域のお宅を借りて場所から「人の思いを感じました、不思議な体験でしたね。それが役作りになりました。

と語り・・・

豊川さん;最初に感じたのは生き物・人間の匂いしない。初めての体験、あまり、意識したことがない、人間の臭いって存在してるんだなと強く感じました。撮影初日から、すぐ関係性を作れましたし自分があの世界の人間になった気がしました。エピソードは東京オリンピック・・に立ちしょん。あの場面は偽のおしっこのボトルがうまくいかなくて、あれ自前です。

と驚きの発言!場所は川崎だと判明。ロケ地巡りにどうぞ!と斎藤さん。

ここで1回目の舞台挨拶は終了しました。
2回目は『ハンマー(48億のブルース)』&『ジョウネツノバラ』チームが登壇です。
↓↓↓

未来記事:
『ハンマー(48億のブルース)』&『ジョウネツノバラ』尾野真千子 永瀬正敏 角田晃広 伊藤沙莉 ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶2
http://eigajoho.com/?p=68475



***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/
優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大
監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日
配給:日活/ティ・ジョイ 宣伝協力:MUSA
(c)TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight
  


斎藤工 尾野真千子 市原隼人 豊川悦司ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』プレミア上映


映画情報どっとこむ ralph 映画『ブルーハーツが聴こえる』。
2年の時を経て、クラウドファンディングにより多くの皆様の応援と支援のもと、遂に4月8日から劇場公開が決まり、その公開直前プレミア上映会イベントが3月15日(水)新宿バルト9にて行われ舞台挨拶が行われ

登壇者は、『ハンマー(48億のブルース)』から尾野真千子、飯塚健監督、『人にやさしく』から市原隼人、『ラブレター』から斎藤工、井口昇監督。『少年の詩』から清水崇監督、『ジョウネツノバラ』から工藤伸一監督、『1001のバイオリン』からは豊川悦司、李相日監督


日程:3月15日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:尾野真千子/市原隼人/斎藤工/豊川悦司
飯塚健監督/井口昇監督/清水崇監督/工藤伸一監督/李相日監督

映画情報どっとこむ ralph 実は登壇者はブルーの何かを付けて登壇。(紺色も可)

「ハンマー(48億のブルース)」
尾野真千子×角田晃広(東京03)の掛け合いに笑い、恋愛に悩むアラサー女子をポップに描く
© TOTSU

飯塚監督の脚本ですが女性の心理をわかっている作品、
尾野さん:すっと、台本は読めましたね。共感できたと・・・お・も・い・ま・す。

現場での指示はどのように?との質問に

飯塚監督:凄くテンポを早くしようという感じではなかったのですが、皆さんがやってくれたものがそのままですね。

尾野さん:長いのとかは、本読みの時に練習を重ねてから、作りましたね。なんか良い感じでした。今でも月数回のみに行ってます。

かなりチームワークが良かったそう。


「人にやさしく」
市原隼人×高橋メアリージュンがアクションで魅せ、極限下の人間模様を描く本格SF作品
© Solid Feature

市原さん:この作品が公開できるのは、製作スタッフの情熱と応援してくださった皆様の賜物です。ありがとうございます。何かのために生かされてるのではないかというメッセージが込められています。

アクションシーンが冒頭から激しいものでしたが・・・

市原さん:しっかり共演者もトレーニングして臨みました。全部宇宙船の中です。宇宙と言えばCGと思われるかもしれませんが、特撮です。それは人と向き合うことを表現するのに、味がある表現になっていると思います。監督もスタッフもやりたくて集まった人たちばかりで、楽しかったですね。

と、熱い市原節も飛び出しました。

映画情報どっとこむ ralph 「ラブレター」
斎藤工×要潤×山本舞香によるノスタルジックで、可笑しくも泣ける初恋ファンタジー
© DAIZ

斎藤さん:ドラマティックな2年以上を経て、公開を迎えました。嬉しいですね。

本作は井口監督の高校性の頃の初恋が詰まった作品。MCは斎藤さんに答えをもらおうとしたのですが監督がしゃべり始め、斎藤さんは操り人形状態に・・・つい一心同体に。
(井口監督が斎藤工を後ろから操っている図WWW)

斎藤さん:監督に僕の役が出来るのは斎藤さんしかいないと熱い役者みょうりに尽きるラブレターをいただきまして。即オファーを受けました。僕の高校時代もエッチなことばかり考えてました。男子校だったので女優さんに恋してましたね。井口さんの気持ちよくわかりました。

井口監督:特に演出したのは、太った男の動き方ですね。デブレクチャーをしましたね。走り方とかあごのタプタプを触っちゃうとか。

斎藤さん:難しかったのは・・・呼吸法ですね。少し上を向いて気道を確保することですね。(笑)
井口監督:たたずまいが、太っている人になってるので素晴らしいです。

斎藤さん:山本舞香さんをぼくが撮った映像も使ってくださったので、ご覧ください。


「少年の詩」
優香×内川蓮生×新井浩文が挑むシングルマザーと思春期に差し掛かった少年の絆を描く
© SHAIKER

時代が1987年が舞台、なぜその時代を?
清水監督:ブルーハーツを知った、地元の前橋で撮りたかったんですね。1987年は未だこの曲は生まれていませんが、自分の小学生を思い出して、そのころの世相と事件とかこだわって作りました。おとなには理解できない世界観を出したかったんですね。今回、監督の色がとっても色が出ていると思いますので、つかれるぐらいおなか一杯になると思います。

映画情報どっとこむ ralph 「ジョウネツノバラ」
永瀬正敏×水原希子による、究極の愛を美しく壮大なビジュアルで描いた異色ラブストーリー
©BBmedia

永瀬さんと共同制作の本作
工藤監督:永瀬さんにカメラマンとして作品を使ったことがあって、しばらく機関があいてこのブルーハーツの企画を話して、曲をTOO MUCH PAINとジョウネツノバラとどっちにしようかと悩んで。永瀬さんと原案を話している時にジョウネツノバラだなと。すぐ永瀬さんが脚本を書いてくださって、でも2時間ほどの作品になっていて、それを短編の長さにシンプルに集約させました。


「1001のバイオリン」
豊川悦司×小池栄子×三浦貴大×石井杏奈による、震災に翻弄された家族を描くヒューマンドラマ
© geek sight

豊川さん:原発事故を扱っていて、現実にいる方達がいるので、普段以上に緊張感をもって演じました。役を作るよりも寄り添う形でアプローチしました。

李監督:ブルーハーツというバンドは30年間僕らに諦めるな!と伝えてくれてるバンドだと思います。こうして公開できた良かったです。

フラガールの以来のタッグのお二人は・・・

豊川さん:緊張感の連続。OKを出さない監督で有名のなので。。。

李監督:撮影自体は短くて、震災から3年をどう映像にするか、答えのないような会話を豊川さんとした気がします。

豊川さん:実際、その場所に行くと想像を超えていて。。。大変なことを感じて、そのうえで映画にすること。は真摯にきっちりしたものを作らねばと思いました。

と、映画製作への想いを語りました。

公開にこぎつけたことが本当に嬉しいご様子の登壇者の皆さん。こんなに笑顔の多いフォトセッションは珍しいなと感じた記者でした。そして、クラウドファンディングに万歳!!


映画『ブルーハーツが聴こえる』。

4月8日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー 



公式サイトtbh-movie.com

***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/
優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大
監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日
配給:日活/ティ・ジョイ 
宣伝協力:MUSA

© TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight