「市原洋」タグアーカイブ

『カメラを止めるな!』公開1周年&『ハリウッド大作戦!』DVD発売記念「カメ止め!」ファミリー大集合イベント


映画情報どっとこむ ralph この度のDVD発売、そして6月23日(日)に迎える『カメラを止めるな!』劇場公開1周年を記念して、6月22日(土)にHMV record shop新宿ALTAにてカメ止め!ファミリー大集合の『カメラを止めるな!』劇場公開1周年&『ハリウッド大作戦!』DVD発売記念イベントが開催されました!
『ハリウッド大作戦!』
日時:6月22日(土)
会場:HMV record shop 新宿ALTA
登壇:真魚(主演)、濱津隆之、しゅはまはるみ、秋山ゆずき、ド・ランクザン望、チャールズ・グラバー、市原洋、吉田美紀、藤村拓矢、大沢真一郎、曽我真臣、山口友和、浅森咲希奈、久場寿幸、中泉裕矢(監督)、上田慎一郎(製作総指揮)

映画情報どっとこむ ralph イベントには上田慎一郎監督をはじめ、「ハリウッド大作戦!」の監督で、今夏公開の『イソップの思うツボ』にも共同監督・脚本で参加する中泉裕矢監督のほか、日暮真央役・真魚、日暮隆之役・濱津隆之、日暮晴美役・しゅはまはるみ、松本逢花役・秋山ゆずきの他、「ハリウッド大作戦!」で新たに「カメ止め!」ファミリーの一員となったジョー役・ド・ランクザン望、トム役チャールズ・グラバーを含む、個性豊かなキャストたちが大集合し、総勢16名が「カメ止め!」1週年をお祝いするアツアツのイベントとなりました。


■「カメラを止めるな!」劇場公開から1年経って

【上田慎一郎 製作総指揮 コメント】
 まだ一年なんですね。信じられないです。もう「カメ止め!」から十年くらい生きてきたような気持ちです。それくらい濃密な1年を過ごすことが出来ました!今日は久しぶりの「カメ止め!」イベントであがっています!

【しゅはまはるみ コメント】
 新宿駅から会場へ歩いて向かっている時に、初めて「しゅはまさんですか?」と声をかけられました!(上田監督「一年かけて売れたなー!」)本当にありがたいです。

■トークテーマ:6/19に発売された『ハリウッド大作戦!』DVDを見て
【中泉裕矢監督 コメント】
 今日は久々に上田さんがイベントに来てくれて、やっぱり上田さんがいると、上田さんの「カメ止め!」だと感じるので、今この場でものすごくアウェイを感じています…というのは冗談ですが(笑)
 DVD特典ブックレットにも書きましたが、今回監督のオファーをもらって受けるかどうか悩んでいた時、大沢くん(古沢真一郎役・大沢真一郎)に「中泉さんが監督ならみんな喜ぶんじゃない?」と言ってもらえて、すごく救われました。(大沢「いい話風に盛ってるけど飲み屋で飲んでただけですよ!」)。

【上田慎一郎 製作総指揮 コメント】
 『ハリウッド大作戦!』には撮影は1日だけ、ワンカットシーン撮影のワンテイクだけ立ち会いました。メイキングやコメンタリー収録などには関わらなかったので、純粋な観客として「ハリウッド大作戦!」のDVDを見て、羨ましいなぁ、と思いましたね。本作で真魚を主役にしたのは、また濱津さんを主役にしてしまうとわかりやすく『カメラを止めるな!2』になってしまうので、それは避ける為に真魚で行こうと決めました。真魚は比較的スケジュールも空いていたので(笑)(真魚さん「そういうこと言わないで!(マスコミエリアに向かって)カメラを止めてください!」)

【ド・ランクザン望 コメント】
 『ハリウッド大作戦!』で初めてワンカットシーンの撮影に参加したのですが、本当に楽しかったです!撮影開始前にスポーツの試合みたいにみんなで気合いを入れて、アイコンタクトを取ったり、他にはない団結力を感じました。それを3試合(3テイク)も撮れて、とても幸せな経験が出来ました。

イベントでは松浦早希役・浅森咲希奈が『ハリウッド作戦!』エンディングテーマ「I love youは言えない」の生歌を披露するシーンも。会場に集まった感染者(ファン)たちへの感謝を込めた抽選会や、撮影会も行われ、スタッフ・キャストたちと共にファンも一体となってイベントを盛り上げました。

映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』』は特典映像満載のDVD大好評発売中。

また『カメラを止めるな!』も劇場公開1周年を記念して、K’s cinemaにて6月28日(金)まで復活上映中。
カメラを止めるな!



「カメラを止めるな!」スピンオフ『ハリウッド大作戦!』DVD詳細サイト:
http://vap.co.jp/kametome/hollywood/

【ストーリー】
あの悪夢から、半年。千夏はアメリカ・ハリウッド地区のレストランでウェイトレスをしている。あれ以来声がでなくなってしまい、髪を金髪に染め、”ホリー”と名乗って新しい人生を歩もうとしていた…。そんなハリウッドで、またしても本物のゾンビが襲いかかる!
“ハリウッド版・ノンストップ・ゾンビサバイバル!” ――を撮ったヤツらの話。

過去記事:
全てはここから始まった。飛び入り笠井アナがMC。
上田慎一郎監督と愉快な俳優仲間たち!な舞台挨拶『カメラを止めるな!』初日舞台挨拶
at 新宿K’s cinema
http://eigajoho.com/114903
『カメラを止めるな!』初日舞台挨拶

***********************************

出演:真魚 濱津隆之 しゅはまはるみ 秋山ゆずき ド・ランクザン望 チャールズ・グラバー
細井学 長屋和彰 市原洋 山﨑俊太郎 吉田美紀 合田純奈 藤村拓矢 どんぐり 大沢真一郎 曽我真臣 山口友和
浅森咲希奈 生見司織 久場寿幸 白岡優

製作総指揮・脚本 :上田慎一郎 
監督:中泉裕矢
企画:安藤達也 杉本卓 エグゼクティブプロデューサー:市橋浩治 金子雅也 プロデューサー:和田圭介 宮田幸太郎
音楽:鈴木伸宏 伊藤翔磨 撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉 特殊造形・メイク:下畑和秀 美術プロデューサー:木村文洋 美術:山口貴章 衣装:塩野谷由美 ヘアメイク:高村三花子
編集:栗谷川純 助監督:唐川稔英 スケジュール:加藤文明 制作担当:田山雅也 タイトルデザイン:ふくだみゆき
企画・製作:ENBUゼミナール/サイバーエージェント 制作プロダクション:スタジオブルー
提供:ネスレ日本
2019年/日本 ©「ハリウッド大作戦!」プロジェクト
発売元・販売元:バップ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

上田監督&キャスト勢揃い!『カメラを止めるな!』公開100日記念“アツアツ”御礼!舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『カメラを止めるな!』が 9月30 日(日)に公開 100日目を迎え、東京・池袋の池袋シネマ・ロサにて、絶叫上 映&舞台挨拶が開催。

上田慎一郎監督、しゅはまはるみさん、細井学さん、市原洋さん、山﨑俊太郎さん、大沢真一郎さん、浅森咲希奈さん、吉田美紀さん、秋山ゆずきさん、山口友和さん、藤村拓矢さん、イワゴウサトシさん、久場寿幸さん、白岡優さん、曽我真臣さん、佐渡未来さん、市橋浩治プロデューサーが登壇。涙ながらに観客や関係者への感謝の思いを口にしました。


日時:9月30日(日)18:30の回上映後イベント
場所:池袋 シネマ・ロサ CINEMA ROSA 1
登壇:上田慎一郎監督、しゅはまはるみ、細井学、市原洋、山﨑俊太郎、大沢真一郎、浅森咲希奈、 吉田美紀、秋山ゆずき、山口友和、藤村拓矢、イワゴウサトシ、久場寿幸、白岡優、曽我真臣、佐渡未 来、市橋浩治プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 台風 24 号の接近に伴い、首都圏の JR 在来線が午後 8 時以降は運休となったが、劇場はほぼ満員。

物語や音楽に合わせ て熱い歓声や手拍子が送られ、客席には公開 100 日への祝福や俳優陣へのメッセージをつづった手作りボードも。上田監督、俳優陣が壇上に姿を見せると割れんばかりの拍手と歓声がわき起こった。

新宿 K’s シネマ、そしてこの池袋シネマ・ロサの 2 館から始まった本作だが、観客動員数は 170 万人を突破し、累計上 映決定館数は 326 館(※9 月 30 日時点で上映中の劇場は 245 館)にまで拡大。

この日、上映中に劇場後方からを絶叫上映の様子を見ていたという上田監督は、

上田監督:ロサでの上映の最初の頃を思い出して いました。(劇場来場者数は)1 週目は一日 50 人とか 60 人で、不安で毎日、劇場の後ろに立って反応を見ていたこ と。初めて満席になった時、ツイートを見て、しゅはまさんが泣いていたこと。細井さんが『笑い声がありがたかった』 と泣いていたこと…いろんなことが思い浮かびました。100 日を迎えられたのは、ここにいるみんな、そして客席にい るみなさんのおかげです。本当にありがとうございました。

と深々と頭を下げた。

しゅはまさん:何度も顔を合わせてきたお客さんがたくさんいらっしゃる。みんな友達!

と胸いっぱいの様子。秋山さんも、自身の名前が書かれたうちわを掲げる観客を発見し

秋山さん:まさか自分がうちわになる日が来るとは!

と信じられないご様子!人生はどこでブレークするかわかりません!

この週末で、上田監督らと北海道、仙台などの劇場を回ってきた吉田さんは、シネマ・ロサへの凱旋に

田さん:『ただいま』という気持ちでここに立たせていただいています!

と笑顔を見せた。

山﨑さん:自分は演技に救われた人間。演技があったからこそ、怒られたり、泣けたりしたし、演技って本当に素晴らしいなと思う。俳優になるツールとして演技があるんじゃなく、楽しむために演技はあると伝えたいです。みなさん もぜひ、興味があったらやってみてください!

と熱く訴え、劇場は拍手に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 藤村さんは、この日の絶叫上映の盛り上がりに触れ

藤村さん:最初の頃の絶叫上映では、『盛り上げなきゃいけない!』という感じ で、キャスト陣が集まって、みんなで盛り上げよう! という感じだったけど、今日は皆さんの盛り上がりが凄すぎて、 後ろの方で安心して見ていられました。こんなに熱狂するような熱い夢を見させていただき、ありがとうござい ました。

と頭を下げた。

6 月 23 日の公開からここまでの 100 日間毎日、上田監督、もしくはキャストの誰かが必ずどこかの劇場で舞台挨拶を行なってきた。中でも曽我さんは、1 日も欠かさず 100 日連続で劇場に足を運んできたそう。

曽我さん:6 月 23 日に 2 館で始ま って、K’s シネマは毎回満席でしたけど、ロサさんは最初は 50 人とか 60 人で、なんとか埋めたいと思ってチラシ配りもしてきました。1 週間後に満席を見ることができて、本当に嬉しくて…。

と話すうちにこらえきれずに壇上で号泣!そんな曽我さんに対し、客席からは「曽我さん、ありがとう!」という声が!

上田監督:こんな人、いないですからね。最初の頃に曽我さんに『なんでこんなに毎日、来てくれるの?』と聞いたら、『僕みたいな脇役が毎日、舞台挨拶に来たら、(メインキャストの)みんなも来てくれるんじゃない かと』と…。

と語っている内に、曽我さんにつられたのか、上田監督まで感極まって涙!


そんな姿に客席からは温かい拍手 が沸き起こった。 この日、曽我に対しては観客からのサプライズで“皆勤賞”を称えるメッセージボードがプレゼントされ、さらに上田監督からは、“今後の僕の作品 1 作品に限り、好きな時に出演することができる券(権利)”が贈られた。

「上田慎一郎 監督作品出演券」は、<①クランクイン 3 カ月前までに上田監督に提出 ②1 回限り有効 ③有効期限は 2118 年ま で。ただし曽我真臣本人のみ有効>。上田からのこれ以上ないプレゼントに、曽我は「ありがとうございます」と溢れる 思いを抑えられず、再び泣きだした。

映画情報どっとこむ ralph 上田監督は最後に・・・、改めて

上田監督:とんでもない 100 日でございました。ヘタしたら 20~30 年、誰も経験できない奇跡のよ うな 100 日を僕らは過ごさせていただきました。この 100 日を超えていかないといけないです。この 100 日はなかな か手ごわいですが、次は 200 日を目指したいと思います! そして『カメラを止めるな!』だけでなく、それぞれがま た違う道で、この 100 日を超えて、そしてまた大きなステージで組んで、その作品をみなさんに見ていただいて…と繋 がっていければいいなと思います。

とさらなる飛躍を誓った。


『カメラを止めるな!』は大ヒット中。

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物の ゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!” …… を撮ったヤツらの話。
***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎

出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
特殊造形・メイク:下畑和秀
ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助| 主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治
製作:ENBU ゼミナール
配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール 96 分/16:9/2017 年
©ENBU ゼミナール




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『カメラを止めるな!』サウンドトラック&劇場販売グッズ緊急発売決定


映画情報どっとこむ ralph 6/23に公開されるやいなや、連日チケットは即完売!!
いま最も観たい映画でありながら、最も見ることが難しいといっても過言ではない『カメラを止めるな!』。

新宿K’sシネマでは公開以来全回満席という驚異的な人気ぶりを見せつけ、SNS上では連日、絶賛とおススメのコメントが飛び交い、Filmarks上半期満足度第一位! さらに、週末観客動員数ミニシアターランキングでは3週連続堂々の第一位(7/21~22、7/28~29、8/4~5)を獲得!

さらに、8/16までの動員は40万人を突破!累計上映館数は190館を超える(8/18時点で上映中の劇場は74館)など勢い止まらず、大きな社会現象となっています!

この度、本作のファンの皆さま=感染者のご熱望にお応えし、オリジナル・サウンドトラックCDと劇場販売オリジナルグッズの発売が緊急決定!!
オリジナル・サウンドトラックCDには、上田監督の幼馴染 鈴木伸宏さんとギタリスト・コンポーザーの伊藤翔磨さんからなる謙遜ラヴァーズが提供し、
山本真由美さんの歌う主題歌「Keep Rolling」をはじめ、永井カイルさんが担当した劇伴の数々など全18曲を収録!!

さらに、アナログEPジャケット仕様、B2変形ポスター封入、主題歌「Keep Rolling」の上田監督合いの手バージョン収録など感染者垂涎の激レアアイテムになること間違いなしです!!

また、劇場販売オリジナルグッズは全部で8種類!!
完売が続き入手困難だった公式黒TシャツにSサイズが登場!

さらに白Tシャツも新たにラインナップに追加となり、ステッカー、トートバッグ、アクリルキーホルダー、ポスターと全感染者必携のアイテムが一挙販売開始となります。

映画情報どっとこむ ralph
絶賛感染拡大中!!!

ストーリー
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42 テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲い かかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!” ……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎

出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
特殊造形・メイク:下畑和秀
ヘアメイク:平林純子
制作:吉田幸之助
主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨
音楽:永井カイル
アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二
プロデューサー:市橋浩治
製作:ENBU ゼミナール
配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール 96 分/16:9/2017 年 ©ENBUゼミナール




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

上田慎一郎監督と愉快な俳優仲間たち!な舞台挨拶『カメラを止めるな!』初日


映画情報どっとこむ ralph 試写を観た映画系の記者仲間から、緻密な脚本と展開に絶賛の声が上がっている『カメラを止めるな!』。
本年度1,2を争う作品で、何度も観たくなると言う方もいるほど。

上田監督×無名の俳優達が放つスーパー娯楽作!が6月23日(土)公開となりました!!
そして、初日舞台挨拶には、監督含め12名が登壇。

更に、本作を観に来ていた笠井アナを見つけた、MCを担当が急遽泣きつき、無理やりMC交代!

場所:新宿K’s cinema
登壇:上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、山﨑俊太郎、大沢真一郎、竹原芳子、浅森咲希奈、吉田美紀
MC:フジテレビ笠井アナ

映画情報どっとこむ ralph MCの宣伝さんは、控え通路で始まる前から緊張すると話していましたが、会場でフジテレビの笠井アナが客席にいるのを見つけ、急きょMCをお願い。断るも、観客の拍手に押され・・・
笠井MC:初日おめでとうございます!まずいんですよ。飛び入りで強制で司会に!って書いてくださいよ!ゆうばりでお会いして。その後、軽部さんと一緒にやっている男おばさんにも出ていただいたので。お礼です。

と、言うことで急きょ笠井アナがMCに。

脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。しかも、役者の皆さんは長編映画ほとんど出たことがないのだそう。
濱津さん:雨の中お越しいただきありがとうございます。。沢山の方の応援でこの日を迎えることが出来ました。最初の吹っ切れた監督が大変でした。青子に自分を持っていくのは良い経験となりました!

と言う濱津さんは、普段は小劇場の俳優さんだそう。

真魚さん:監督の娘役。今日を迎えられてうれしいです。

と、監督曰く猫をかぶっているそう。


しゅはまさん:ポンやりました!こんなに多くの方たちに来ていただけて感激です!今日はずっと満席だそうで。もう1回見たい方はリピーター割もありますんで!

と、営業をかける強者の一面も。
さらにポンを実演。

長屋さん:いけ好かない俳優役です!僕は疑問があります・・・・ゾンビって斧使えます?疑問です。

この返しに、監督が本当にめんどくさい奴なんです!と紹介。

映画情報どっとこむ ralph 細井さん:酔っ払いカメラマンです!最初のはフグ雑炊です!

市原さん:37分ワンカット本当にコンタクトレンズが入らなくてテンパりながら演じました。顔出しパネルがロビーにあります。僕の部分が穴が開いてますので、是非顔を入れて写真をSNSにアップしてください!

山﨑さん:・・・・・・人をいじって笑わせる。監督です。傷つきました。でも愛があるんです。

大沢さん:愉快な仲間たちと、こうして舞台に立ててるのが嬉しいです。何度でも足を運んでください。

竹原さん:始まる前はどうなることかと思っていましたが。無事公開できました!前回の上映の時に世界に行けたらいいなと言ってたんですけど。本当に現実になったそうです!ありがとうございました!!!

本作はイタリアとドイツの映画祭に出品されたそうで、上田監督は現地に行かれていたと話しました。

浅森さん:今日上映後初の舞台挨拶凄いなと思っています。もともとワークショップから始まった作品が。知り合いでない方達にも広がっているのが嬉しいです!

吉田さん:ちょうど一年前に廃墟で撮影。体当たりで演じまして、実は取れたシーンは本当で。脳震盪になってました!

とのハプニングも、そのまま映像に収めているという監督さん。

映画情報どっとこむ ralph 上田監督:記念すべき初日の初回。去年の6月21日クランクインしました。半分ぐらい経験のない人たちとワークショップから初めて。選んだ基準はポンコツ。人間として不出来な、不器用な人をキャスティングしました!そういう映画が作りたくて。宣伝活動もみんなでやってきました!

37分一発撮りはテイク6まで。しかしながら、役者原因で止まったことはなく、技術的なものばかりだそうで。それだけ役者人は力を注いでいたと思われます。

最後に・・・
上田監督:今日から新たな一歩です。今日感染したかたは、他にも感染させてください!ゾンビになって(笑) 


最後の最後に・・・

上田監督:カメラを

客席:止めるな!!!
で、イベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph カメラを止めるな!

http://kametome.net/index.html
物語・・・
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき
撮影:曽根剛|録音:古茂田耕吉|助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助|主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治
96分/16:9/2017年




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ