「工藤夕貴」タグアーカイブ

真野恵里菜 主演映画「青の帰り道」ドイツ:第18回「ニッポン・コネクション」出品へ!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月29日から6月3日までドイツのヘッセン州フランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に、真野恵里菜主演映画「青の帰り道」(洋題:We are)が出展することが決定しました。


ニッポン・コネクションでは、藤井道人監督と出演者を代表して横浜流星がワールドプレミアで舞台挨拶をおこないます。

「ニッポン・コネクション」は世界最大の日本映画専門の映画祭で、18回目の開催を迎える今年は「ニッポン・シネマ」、「ニッポン・ヴィジョンズ」、「ニッポン・アニメーション」、「ニッポン・レトロ」、「ニッポン・キッズ」、「ニッポン・カルチャー」の6部門、合わせて100本以上の長編短編映画が上映される予定。同映画祭は上記の映画部門の他にも、日本文化を紹介するワークショップ、コンサート、パフォーマンスやアート展示など多彩な文化プログラムが展開されることから、ヘッセン州の最も大規模で重要な文化イベントの1つと言われています。

映画情報どっとこむ ralph 映画「青の帰り道」(洋題:We are)は、群馬県前橋市と東京を舞台にした7人の若者達の青春ドラマで、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいくストーリーです。

主人公のカナを演じるのは、映画「坂道のアポロン」「不能犯」「君と100回目の恋」への出演の他にドラマ、CMなどマルチな活躍が著しい真野恵里菜さん。

舞台「新世界ロマンスオーケストラ」や劇団新感線「修羅天魔~髑髏城の七人season極」など大型舞台へも出演し多方面にて活躍中の清水くるみさん、映画「兄友」「虹色デイズ」「愛唄」と主演作が控えている横浜流星さんなど、脇を固める若手俳優陣の演技も注目の作品です。

映画情報どっとこむ ralph この度の「ニッポン・コネクション」への出展に伴い、本作でメガホンをとった藤井道人監督はじめ、主要キャスト7名のコメントも到着しました。


藤井道人監督コメント
この映画を完成させるための、想いや、苦労、喜び、その全てを吸い込んで「青の帰り道」は完成しました。時代が変わっても、変わらないでほしいことがある人たちの話を描きました。それはタラレバでしかないかもしれないけれど、そう強く願う気持ちを純粋に描くことでしか信じられない世界があると僕は思います。この作品が完成するまでの長い道のりを応援してくださったすべての方々に感謝しております。

真野恵里菜さんからのコメント
作品の完成がとても嬉しく、皆さんに観ていただけることが何よりも幸せに感じられる作品になりました。この作品に携わってくださった全ての方にとても感謝しています。
学生時代一緒にいた7人には、それぞれの道・幸せ・困難があるのですが、その中で夢を追うこと、仕事をすること、家族を想う気持ち、仲間の存在、懸命に生きようとする姿に「何か」を感じていただきたいです。

清水くるみさんからコメント
今まで色々な作品に出会ってきましたが、年月が経てば忘れ去られてしまう作品もあります。この「青の帰り道」は、1人でも多くの人の心の中に残ってほしいと思う作品です。ストーリーにも演じた役にも自分と重なる部分がたくさんあり運命を感じた作品でした。
映画祭も決まり、これから色々な方のもとにこの作品が届くのかなと思うと非常に楽しみです!

横浜流星さんからコメント
監督、キャスト、スタッフ一丸となって創った、自分にとって忘れられない大切な作品です。今回「ニッポン・コネクション」への出展が決まり、とても嬉しいです。お邪魔させて頂くことになったので、1人でも多くの方にこの作品が届く様、携わって下さった方々の思いを胸に責任を持って届けたいと思います。

森永悠希さんからコメント
本当に沢山の方の助力や、並々ならぬ熱意、愛情で出来上がったこの作品を、日本だけでなく、日本以外の方々に見て頂けることが、嬉しいです。国を越えてこの作品を見た方々がどう思い、どう感じとってくれるのか…今からとても楽しみです。

戸塚純貴さんからコメント
「青の帰り道」がこういった形で日本のみならず世界の方々に届くこと、大変光栄に思います!この作品がドイツでの上映で観て下さる方々がどういった反応するのかとても興味深いです。これからも沢山の輪が広がることを心から願っています。

秋月三佳さんからコメント
今年、ドイツのニッポン・コネクションで『青の帰り道』が上映されるという、この幸せな、少し衝撃的な機会に感謝しています。ドイツの人がどう思うのかすごく興味があります。この映画は、私が今置かれている”現実”とは何なのかを見つけている時に、答えを教えてくれました。今を生きる人、未来を生きていく人の心に、深く残る作品だと思います。‬

冨田佳輔さんからコメント
今回ニッポン・コネクションに出品される事を聞き、こんなにも早く皆さんに観て頂けるのか。と思うと同時に、やっと観て頂けるのかと思ってしまうほどこの映画の上映を心待ちにしていました。それもドイツで日本の方のみならず海外の方々にも観て頂けることがとても嬉しいです。
あの夏の僕らの想いを少しでも、心で感じてもらえる事を楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 真野恵里菜 主演映画『青の帰り道

公式サイト:
aono-kaerimichi.com

***********************************


出演:真野恵里菜
清水くるみ/横浜流星/森永悠希/戸塚純貴/秋月三佳/冨田佳輔
工藤夕貴/平田満

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人
アベラヒデノブ
製作プロダクション:and pictures
製作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」制作委員会
© 2018 Nippon Connection


安田顕 不器用に恋してます『俳優 亀岡拓次』予告編到着!


『俳優-亀岡拓次』ポスター最強の脇役俳優に一世一代の恋の予感!?

2016年1月30日(土)より公開となります、今旬な大人の男、安田顕主演の話題作

俳優 亀岡拓次

第28回東京国際映画祭(会期10/22~31)アジアの未来部門に正式出品されることも決定している本作の予告編&ポスターが到着しました。

山形、モロッコ、三ノ輪・・・呼ばれればどこへでも撮影現場へ飛んでいく名脇役の亀岡拓次(安田顕)。映画やテレビドラマなど、誰もが“どこかで見かけたことのある”役者。だけど名前がでてこない。泥棒、チンピラ、ホームレス・・・・・・演じた役は数知れず。

スポットライトには当たらないが、様々な現場で奇跡!?を呼ぶ“最強の脇役俳優”亀拓(カメタク)が、ロケ先で出会った居酒屋の娘に恋をした!麻生久美子、宇野祥平、新井浩文、染谷将太、浅香航大、杉田かおる、工藤夕貴、三田佳子、山﨑努ら演じる一癖も二癖もある人々と出会い「金なし、女なし、お酒大好き」な亀拓は果たしてどうなるのか!!本編がとても気になる予告編に仕上がっています!



“最強の脇役俳優”の不器用で愛すべき恋と人生。笑って心温まる奇想天外エンタテインメント!!

亀岡拓次、37歳独身。職業は脇役メインの俳優。“最強の脇役”ぶりで仕事が途切れることはないが、プライベートは一人お酒を楽しむ地味な生活。そんな亀岡がロケ先で出会った居酒屋の女将・安曇に恋をして・・・。世界的巨匠からもオーディションの声がかかり、人生に大きな転機が訪れるのか・・・・・・?

俳優 亀岡拓次

2016年1月30日(土)テアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:http://kametaku.com 
Twitter:@kameokatakuji
『俳優 亀岡拓次』画像”安田顕七変化” (C)2016『俳優-亀岡拓次』製作委員会
********************************************************************

出演:安田顕 麻生久美子 宇野祥平 新井浩文 染谷将太 浅香航大 杉田かおる 工藤夕貴 三田佳子 山﨑努
監督:横浜聡子『ウルトラミラクルラブストーリー』
原作:戌井昭人「俳優・亀岡拓次」(フォイル刊) 
音楽:大友良英「あまちゃん」
製作:『俳優 亀岡拓次』製作委員会
配給:日活
(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会
         


安田顕主演『俳優 亀岡拓次』個性的なキャスト9名発表!


安田顕主演の話題作『俳優 亀岡拓次』は2016年1月31日(土)より公開となります。

大ベテランから超個性派、若手イケメンまで錚々たる俳優が集った豪華キャスト陣の発表されました。

安田が演じるのは、TVでも映画でも、時代劇でもドラマでも、見かけたことある役者。見かけたことはあるけど・・・それがどこだったか、何という作品だったか、いわんやぱっと名前が思い浮かぶこともない・・・という脇役俳優・亀岡拓次。泥棒、チンピラ、ホームレス・・・演じた役は数知れず。大作(の脇役)から自主映画(の脇役)まで、声がかかる限りどこにでもどんな役でも駆けつける、監督から重宝される俳優です。
『俳優 亀岡拓次』画像”安田顕七変化” (C)2016『俳優-亀岡拓次』製作委員会
そんな俳優・亀岡拓次が撮影現場で出会うのは、個性的な面々ばかりです。

今回、発表となったのは、亀岡がロケ先の居酒屋「ムロタ」で出会い恋に落ちる安曇(あづみ)を演じる麻生久美子、亀岡の俳優仲間・宇野泰平を演じる宇野祥平、亀岡が参加するVシネの監督・山之上(やまのうえ)を演じる新井浩文、インディーズ映画の監督・横田(よこた)を演じる染谷将太、亀岡が参加した作品の主演をつとめるイケメン人気俳優・貝塚トオル(かいづかとおる)を演じる浅香航大、亀岡行きつけのスナック・キャロットのママを演じる杉田かおる、亀岡のマネージャー・藤井役の工藤夕貴、亀岡が初舞台を踏むことになる陽光座の座長で大女優の松村夏子(まつむらなつこ)を演じる三田佳子、日本映画の重鎮・大御所古藤(ふるどう)監督を演じる山﨑努の9名です。

俳優-亀岡拓次
キャストの皆さんからのコメントをどうぞ

麻生久美子
(居酒屋ムロタ 室田安曇 ロケ先の居酒屋で出会う亀岡が恋に落ちる女性)
監督は、前と変わらず妥協しない姿がとてもカッコよくて素敵で、その姿が見られただけで幸せでした。私の撮影はすぐ終わってしまいましたが、居心地が良く楽しかったです。(安田顕さんは)リアリティを追求する役者さんだなと思いました。お酒を飲んでいるシーンでどんどん酔っていく姿が亀岡さんにしか見えず、素敵だなと思いました。

宇野祥平 (俳優 宇野泰平 亀岡の俳優仲間)
横浜組に参加するといつも映画を超えて自分自身のことも考えさせられます。普段、他人のことをわかろうとしてしまう自分がいますが、他人どころか自分のことも全然わからないということを突きつけられます。とても大事な時間でした。安田さんが劇中の関係性を撮影外でも作ってくれたので、もしかしたら僕だけが知っている安田さんの印象は俳優亀岡拓次そのままなのかもしれません。

新井浩文(山之上監督 Vシネ監督)
幸薄そうな顔の横浜監督が、結婚できたと聞いてほっとしました。

染谷将太 (横田監督 インディーズ監督)
現場には1日の参加でしたが、横浜さんが意図せず作り出すあの現場の空気感は忘れません。っあ、横浜さんの映画の匂いがするって思いました。安田さんは、シャイだけど打ち解けるととてもダンディでお茶目なヤスケンさんが出てくる。(打ち解けるまでに約2年かかりました)またゆっくり呑みましょう。

浅香航大
(イケメン人気俳優 貝塚トオル 亀岡が参加した作品の主演俳優)

とても面白い本だと思いました。横浜監督の穏やかで独特な雰囲気から溢れ出る情熱的な気持ちをヒシヒシと感じました。この作品に参加できた事をとても嬉しく思います。

杉田かおる
(スナックキャロット ママ 亀岡行きつけの店のママ)

横浜監督は、感性が素晴らしく繊細なのに大胆で隅々まで演出が生き生きしていてとても新鮮でした!安田さんとは以前舞台でもご一緒させて頂いたのですが、とても真面目で真摯な姿勢で役に取り組んでいらっしゃるところと底抜けに明るいところが北海道の大地を彷彿とさせる素晴らしい俳優さんだなぁと思います!

工藤夕貴(藤井 亀岡のマネージャー役)
私は横浜聡子監督が好きだ!映像から溢れる独特のオフビート、そこはかとなく子供が唇を突き出して拗ねているようなその世界観には、シュールで荒廃した空気が漂っている。それなのに、なぜだか温かい気持ちになる。監督がちあきなおみの歌を歌うその声も好きだ!私が男なら監督と結婚したい…?!とさえ思っている。この作品にも監督の愛がある。そして私はその中に新しい自分を探しているのだ。

三田佳子 (陽光座座長 大女優 松村夏子 )
(横浜監督は)作家であり演出家でもある横浜監督は、鋭い感性で、確固たる独自の世界を持っていらっしゃる。一方で女性らしい細やかさと柔らかさで、懐深く私の女優人生をまるごと受け止めて頂けた思いが致します。ご一緒できて、ほんとうに嬉しかった。作品の完成を、心から楽しみにしています。
※(安田顕さんは) よくぞ、揉んでくれたわね(笑)安田さんが「俳優 亀岡拓次」を演じているのか、「俳優 亀岡拓次」が安田さんの身を借りてそこにいるのか。衣裳合わせで初めてお会いした時から、オンもオフも、ほんとうに自然体で役に集中し続けていらっしゃったのが印象的でした。また、ご一緒したいですね。


物語・・・

亀岡拓次、37歳独身。職業は脇役メインの俳優。“最強の脇役”ぶりで仕事が途切れることはないが、プライベートは安い居酒屋を一人飲み歩く地味な生活。
そんな亀岡がロケ先で出会った飲み屋の女将・安曇に恋をして・・・。
世界的巨匠からもオーディションの声がかかり、脇役人生に大きな転機が訪れるのか・・・・・・?
不器用だけど愛すべき亀岡拓次が巻き起こす、ユーモアあふれるハートフルな物語。

『俳優 亀岡拓次』

2016年1月30日(土)テアトル新宿ほか全国ロードショー

kametaku.com

********************************************************************

出演:安田顕 麻生久美子 宇野祥平 新井浩文 染谷将太 浅香航大 杉田かおる 工藤夕貴 
三田佳子 山﨑努

監督:横浜聡子『ウルトラミラクルラブストーリー』
原作:戌井昭人「俳優・亀岡拓次」(フォイル刊) 
音楽:大友良英「あまちゃん」
製作:『俳優 亀岡拓次』製作委員会
配給:日活
(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会
  


『りんごのうかの少女』初日舞台挨拶レポ



比類なき才能と映画の奇跡、再び。

『ジャーマン+雨』『ウルトラミラクルラブストーリー』の
横浜聡子監督・最新作。

永瀬正敏と工藤夕貴が再び共演を果たした話題作

『りんごのうかの少女』


が、ついに本日12月7日に劇場公開され渋谷ユーロスペースにて舞台挨拶が行われました。!

リンゴのうかの娘初日舞台挨拶
『りんごのうかの少女』初日舞台挨拶
日程 12月7日(土)
登壇者:横浜聡子監督、永瀬正敏、工藤夕貴
場所:渋谷ユーロスペース

横浜監督
横浜監督:
青森県の弘前市という土地が生み出した映画なんですけど、こうして皆さんに迎えられてとても幸せだと思います。

永瀬さん:
東京で公開できて、嬉しく、横浜監督との出会いも素晴らしいものでまた、是非ご一緒したい監督です。
何度も僕にスクリーンに会いに来て下さい。

工藤さん:
私の父も弘前出身だったので、子供のころ、雪の中に一際赤く取り残されたリンゴを自分の様に見ていたことを思い出して。。この作品の台本いただいた、こんなに日常生活が面白くなるんだと感動をもって。。。こうやって初日を迎えられてラッキーだったなと思います。永瀬君とも久しぶりに共演です。

永瀬正敏
MC:永瀬さんと工藤さんに出ていただけるのは大変珍しい事かと思いますが。
横浜監督:
自分達からお願いしたんですけど、嘘だろと思いました。でも、お二人に決まったことでこの作品がほぼ完成した気分になりました喜びと驚きと恐怖感がありました。

MC:台本をいただいた時の率直な気持ちは
永瀬さん:
写真展をする際に青森で沢山撮らせていただいき弘前の方にもお世話になり、横浜監督のウルトラミラクルを観ていましたし。僕は本読む前にOKでした。

工藤さん:
最初はFAXでリンゴ農家の話を青森で。。どんな映画だろうと。暫くしてモントリオール国際映画祭で作品が受賞するかしないかの所で、マネージャーから時間無いんで直ぐ読んでいただいて直ぐ答えが欲しいって!って感じで、いま?いま!?見たいな感じで。。いい意味でなんじゃこりゃーだったんです。普通の話なのになんて面白いんだろうと思いました。自分で出てなかったら絶対後で後悔しちゃうので直ぐOKしてって。

工藤夕貴
MC:20年ぶりの永瀬さんとの共演いかがでしたか?
工藤さん:
セットに入った時は同窓かみたいな感覚だったんですけど、ちょっと悲しかったのは、前回はやんちゃな時代でロカビリーな恰好だったのに。。。今となっては非行少女を抱えた冷め冷めな夫婦になっているので、これが人生なのかなみたいな。。

永瀬さん:
あのとき17歳。全然変わってなくてびっくりしました。であれから、子供が出来ちゃって、リンゴもあるし。。。あんな2人なんでなんも言えねな見たいな。って言ってましたね。

MC:監督は現場でどのような演出をされましたか?
横浜監督:
太宰治の悲しみとおかしみが共存しているイメージが永瀬さんには合って。どうやって伝えようかなっとしてました。

MC:全編津軽弁でしたがいかがでしたか?

工藤夕貴2工藤さん:
来られない方言指導の先生を携帯電話で職場まで追いかけて聞かせてもらって、本当に必死で覚えました。

弘前には周りに先生がいましたし。

私的には頑張りました。

横浜監督:
永瀬さんは無口な役なので。存在感が必要で方言がどうのって感じではなかったんです。

主役のりんご娘のときさんは15才なのでビデオレターでの挨拶。
ときさん:
初めての主役で大変プレッシャーを感じていたんですけど、現場の皆さん大変優しくて、特に永瀬さんや工藤さんは本当のお父さんとお母さんみたいな存在でした。

『りんごのうかの少女』青森県出身の映画監督・横浜聡子が、オール津軽ロケ&オール津軽弁で鮮烈に描く、少女の思春期と壊れかけた家族のものがたりです。

『りんごのうかの少女』

12月7日(土)より渋谷ユーロスペース他で公開中です。

公式HP: http://littlemore.co.jp/ringo/
横浜聡子監督ツイッター: @yokohamasatoko

********************************************************************


『りんごのうかの少女』

ストーリー
りんごのうかの少女3青森県弘前市、岩木山の麓でりんご農園を営む三上一家。
14歳のりん子(とき)は、仲の悪い母(工藤夕貴)と祖母、仕事もせずに酒ばかり飲んでいる父(永瀬正敏)に嫌気がさし、学校にも行かず家出を繰り返している。
りんごのうかの少女2
ある日、家出の資金が底をつき、久々に家へ戻ったりん子が出会ったのは、亡くなった父の遺影と、父がりん子の誕生日プレゼントにと連れてきた“馬”だったー。


脚本・監督:横浜聡子
企画・製作:弘前市、RINGO MUSIC
出演:
とき(りんご娘)/永瀬正敏(友情出演)/工藤夕貴(友情出演)
永澤一哉、黒滝颯一郎、佐々木(アルプスおとめ)、秋本博子、ギャレス・バーンズ

プロデューサー:樋川新一
撮影:平野晋吾/照明:小川大介
音響:黄永昌/衣装:工藤唯
ヘアメイク:有路涼子/美術:豊川茅
音楽:TEAMaはるよし/編集:奥定正掌
宣伝美術:宮川隆/宣伝イラスト:福嶋舞
配給:リトルモア
c2013弘前市/弘前市フィルムコミッション支援作品

ロンドン・レインダンス映画祭、ソウル国際女性映画祭正式出品作品


『りんごのうかの少女』週末公開!


りんごのうかの少女
比類なき才能と映画の奇跡、再び。

『ジャーマン+雨』『ウルトラミラクルラブストーリー』の
横浜聡子監督・最新作。

永瀬正敏と工藤夕貴が再び共演を果たした話題作

『りんごのうかの少女』


が、ついに今週末12月7日に劇場公開です!

ストーリーは

りんごのうかの少女3青森県弘前市、岩木山の麓でりんご農園を営む三上一家。14歳のりん子(とき)は、仲の悪い母(工藤夕貴)と祖母、仕事もせずに酒ばかり飲んでいる父(永瀬正敏)に嫌気がさし、学校にも行かず家出を繰り返している。

りんごのうかの少女2ある日、家出の資金が底をつき、久々に家へ戻ったりん子が出会ったのは、亡くなった父の遺影と、父がりん子の誕生日プレゼントにと連れてきた“馬”だったー。

『りんごのうかの少女』青森県出身の映画監督・横浜聡子が、オール津軽ロケ&オール津軽弁で鮮烈に描く、少女の思春期と壊れかけた家族のものがたりです。

『りんごのうかの少女』

12月7日(土)より
渋谷ユーロスペース他で公開です。

公式HP: http://littlemore.co.jp/ringo/
横浜聡子監督ツイッター: @yokohamasatoko

********************************************************************


『りんごのうかの少女』

脚本・監督:横浜聡子

企画・製作:弘前市、RINGO MUSIC

出演:
とき(りんご娘)/永瀬正敏(友情出演)/工藤夕貴(友情出演)
永澤一哉、黒滝颯一郎、佐々木(アルプスおとめ)、秋本博子、ギャレス・バーンズ

プロデューサー:樋川新一
撮影:平野晋吾/照明:小川大介
音響:黄永昌/衣装:工藤唯
ヘアメイク:有路涼子/美術:豊川茅
音楽:TEAMaはるよし/編集:奥定正掌
宣伝美術:宮川隆/宣伝イラスト:福嶋舞
配給:リトルモア
©2013弘前市/弘前市フィルムコミッション支援作品

ロンドン・レインダンス映画祭、ソウル国際女性映画祭正式出品作品